【日教組問題②】民主党を黙らせる手法・日教組の恐れるものは何か。


 

今回、農林水産大臣が辞任する事態となり、民主党はこれを国会で強く指摘。
さらに、下村文部科学大臣に対しても砲火を集中させている。

これらの「敵の砲火」の射点は、日教組である。
そもそも首相の言葉が気に食わないと騒いだのが発端であることは、記憶に新しい。

 

<これより敵を黙らせる。>
私は、教育政策に関しては安倍政権を断固指示する立場だ。
当然ながら下村大臣を支持する。

そもそも論になるが、よくわからぬ事象に議論を空転させ
国家国民の公益に割くべき時間を浪費させている現状を
政治家として忸怩たる思いとして見ると共に
一人の国民として、憤りをもって注視していた次第だ。

今回、西川農相の辞任に飽き足らず
さらに下村文部科学大臣を狙ってきた。
私は、これが許せない。

よって、これより敵を黙らせる。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

<民主党が吠えている理由を分析>
日教組は、民主党の強力な支持母体の一つです。
安倍政権は、第一次において教育基本法を成立させ、「思想的に偏向した」教職員にターゲットとされた。
それらもあり、日教組は民主党に合流しているのである。

先日、紹介した議事録においても、「日教組の組織内議員」の問題が頻発していることを「国会の議事録」で紹介した。
北海道においては違法判決、議員辞職まで。
民主党の一翼を「物心両面で支えている」のが日教組である。

 

<民主党の動きは、日教組の意向?>
「大事な大事な大事な大事な、支持団体」が嫌うのは、安倍内閣であり
そして教育の正常化であったり、
朝日新聞とコンビ撃ちで捏造した「従軍慰安婦の虚構」を暴かれることや
「日本の素晴らしさ」を子供たちに伝える「正しい教育」である。

※安易に「正しい」と用いることを好まない。
ここで用いた意味は「世界標準」に照らし合わせ、左翼も大好きな「グローバルな観点」に基づくものだ。
自らの国を愛する民が消えれば国は亡ぶ、世界史を紐解くまでもない。
これらの常識を踏まえての「正しい教育」である。

ターゲットは、「文部科学大臣」らである。
現在、行われている改革、日教組はこれが面白くない。

よって支持母体の意向に合致し、民主党は動いているのだろう。
そもそも組織内議員らが多数、民主党には在籍している。
今回の動きは、ある意味では「正しい政党政治の形」でもある。

 

<敵の砲火を黙らせる>
で、あるならば。
射点が明らかであるならば。
そこを叩くよりない。

日教組を攻撃することにより、民主党からの砲火は弱まるだろう。
敵は現在、攻勢に出ている。
ここに突出し、反転攻勢、奇襲をかける。

防戦に追い込み、攻勢に回す戦力を「私への防御」に割かせたい。
そして私には、その武器と力がある。

 

<日教組を叩く。>
彼らはそもそも公務員である。
忘れてはならぬことだが、彼ら自身がどうも忘れている節がある。

民間においては非正規雇用が横行し、正規雇用の場合でも立場は危うくなってきた。
しかし公務員にはおいては終身雇用の時代となんら変わらぬ。

彼ら自身も錯覚しているのだろう、
「自らの身が安定している。」と。

残念ながら、そうではない。
忘れているならば、思い出させて差し上げよう。

 

<公務員の給与二重取りは違法>
意外かも知れないが、このようなルール、法律がある。
端的な言葉で言わせて頂ければ「職務専念義務違反」です。

・違法と断じる重み
政治家として「違法」という言葉を用いた。
これは非常に重たい。

政治家は、その頂点が立法府であり法を作る側の人間だ。
「合法・違法」は、司法の分野の話であり、私は冗談ではなく「三権分立」を重視している。
よって、本来「これは違法」と断じることは、滅多にないし、すべきではないと考えている。

その私が「違法です。」と断じている。

 

<職務専念義務とは>
公務員の義務のうち、自らの職務に専念しなければならないという義務のことをさします。

公務員の服務の原則として「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と規定されています。
(国家公務員法第96条及び地方公務員法第30条)

さらに国家公務員においては
「職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」
(国家公務員法第101条第1項前段)

地方公務員においては
「職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」
(地方公務員法第35条)

とそれぞれ規定されており、勤務時間中の職務専念義務は明記されています。

 

<日教組に恐怖を思い出して頂こう。>
今後、数回に分けて紹介するのは「日教組」が最も触れて欲しくない「公務員の給与二重取り」の証明としての「国会の議事録」であり、

その質問のベースとなった「有志からの情報提供」であり、
国政において質問に耐えうるだけの「資料そのもの」である。

 

<改めて自己紹介を>
共産党に対するプレッシャーとして私を見る方がいるが
それは一面に過ぎない。

政党要件を満たした公党である共産党、余裕で振り回す様を見て
地方議員、特に多期生のベテラン県議らは理解している。
「相当に喧嘩慣れしている」とか
「問答無用でなんでもやってくる」こと。

ネット上での私の評価と、、、「もう無理やり言い張った」「一期目の新人市議」という強弁は、リアルでは誰も信じていない。
味方として共に駆けてくれる先生方もだし、敵戦力も、である。

実は、私は「日教組キラー」としても活動した過去実績がある。
彼らが恐怖のどん底に叩き込まれ、「忘れたい」とか「早く風化してほしい」と祈るような案件、

そしてその「本物」を多数所持し、かつ、オリジナルを生み出し続けてきた指揮官級が、私の本来の姿の一面である。

 

 

<拝啓:日教組の政策チームの皆様へ>
お久しぶりです、日教組の皆様。
覚えておいでですか?私費会計マニュアルの紐解き、そして沖教祖のゼロ講時の件、教科書採択の件ではお世話になりました。

皆様は必死に「指揮官を探せ!」と血眼になっていたようですが、こちらのゲリラ戦が奏功したようですね。
最後の最後まで、私に辿り着くことはできませんでした。
そもそも「ただの素人、新人の議員くずれ」という肩書や自己紹介を安易に信じた時点で勝敗は決していたのです。

この度、戦線に復帰させて頂きましたので、正々堂々と挨拶をさせて頂きます。
この界隈からは引退させて頂き、平穏な新人市議ライフを満喫しておりました。
それこそ、まさに新人らしく、時には(わざとらしかったとの評もありますが)オドオドしてみせたり、平和を楽しませて頂きました。

今回、徳永克子(日本共産党・行橋市議)「是非、起きてください」と、何度も何度も揺り起こしますので、仕方なく目が醒めてしまった次第でございます。

子供というのは、寝起きは機嫌が悪い。
無駄に泣きわめき騒ぐものでありまして

大人たちはオロオロと対応に終始するもの。
そして私はとても子供っぽいのです。

もし責任を問うのであれば、私ではなく徳永克子(日本共産党・行橋市議)もしくは日本共産党にどうぞ。

早速ではありますが、用件でございます。
今回の「民主党の騒ぎ」が非常に不愉快ですので、少々そちら方面、参戦させて頂くことに相成りました。
なに、一市議でございますから。
少々で構いませんけれど、「私の対応」に幾ばくかの戦力を割いて頂きたい。
でないと、あの時みたいに防壁を食い破ってしまいますよ?

では、ご機嫌よう。

 

 

<ちょっと力を貸して欲しい。>
話はシンプルだ、拡散だけでいい。
この件が「再度、注目を集めている」となるだけで、彼らは黙る。

言い換えよう、私に砲火を移す。
もしくは「私の対応」に敵戦力、及び負荷を割かせる。

またリスク背負っちゃうな。。。
仕方ないか、前線は手薄だ、今回も囮(または被害担当艦)を引き受けたい。
大臣らの職務を円滑にするため、少々危ない思いをしても、まぁ仕方ないだろう。

「死んでこい」「行ってこい」と。
そのような思いで拡散して頂きたい。

あと。。。
私は、恐らく、皆様が思うよりも、ずっと強い。
その証明として、ここまで動いて「まだ生きてる」ことを挙げたい。

彼らの目に留まるよう、ちょっと力を貸して欲しい。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【日教組問題②】民主党を黙らせる手法・日教組の恐れるものは何か。 への18件のフィードバック

  1. MT のコメント:

     仰せのとおり、国会論議は無駄であり、怒りを感じているところです。
     マスゴミと併せ民主党などを排除したい。
     頑張っていただきたい。応援しています。

  2. 李代桃僵(りだいとうきょう)少しの犠牲を覚悟して大きな利益を取る のコメント:

    「下村博文氏、あしなが育英会、そして、日教組」

    ネットで検索したのですが、下記の内容
    「あしなが心塾レインボーハウス竣工式に寄せて  祝電・メッセージ集」
    について記載がなかったので、この場をお借りしてお知らせいたします。

    わたしは、あしなが育英会に寄付をしておりました。
    毎月小額ではありますが、約10年間継続して寄付をしておりました。

    いままでは詳しいことを知るよしもありませんでした。

    しかし、いまでは、あしなが育英会に寄付することをやめました。
    気づかずにいた自分が情けないです。

    理由はつぎのとおりです。

    2006年2月14日に、東京で、あしなが心塾レインボーハウスという施設の竣工式が催されました。
    その際、「祝電・メッセージ集」というものが配布されました。

    そして、次の内容で、メッセージが並んで記載されていました。

    ↓↓↓↓↓ ここから

    二○○六年二月十四日
    あしなが心塾レインボーハウス竣工式に寄せて
    祝電・メッセージ集

    (順不同・敬称略)

    あしなが育英会「あしなが心塾レインボーハウス」竣工式に寄せて
    自由民主党総裁 小泉 純一郎

    遺児達の人格形成のための学生寮「心塾」と小・中学生の心の傷を癒す家「レインボーハウス」のご竣工を心よりお祝いいたします。

    昨年夏、官邸でお目にかかったインドネシア・バンダアチェの津波で親御さんを亡くされた少年少女の心のケアがここで行われ、希望を取り戻されることを願っています。

    ———
    政治は、子どもたちにチャンスを与えなければなりません
    民主党代表 前原 誠司

    貧しくとも、自力で東京の大学にゆける「夢」をかなえる、みな様のお仕事に心から敬意を表します。
    今、教育現場では就学援助率の拡大、経済的理由による中途退学者の増加など、教育の機会均等が失われ始めています。

    それが「希望の格差」「格差の再生産」に繋がることを危惧しています。
    国会で小泉改革の「光と影」を指摘し、質しても、首相は「影」には目を向けようとしません。
    特に教育の機会均等をかなえるべき政治の役割はないがしろにされています。

    政治は、子どもたちにチャンスを与えなければなりません。
    特に遺児家庭などハンディを持つ人たちにこそ「光」を当てねばなりません。

    そんな中で、あしなが育英会のお仕事は、経済的支援に止まらず、教育を通して世直しできる人材養成までを目指しておられることは偉大です。

    みな様の大きな「志」が実現するために、私たちも全力でご支援させていただきます。

    ↑↑↑↑↑ここまで。

    上記を読んだ2006年2月当時、とても不思議に思った記憶があります。

    1)自由民主党総裁の小泉氏と民主党代表の前原氏が、なぜ並んで祝辞を述べているのか。
    2)並んでいるのに前原氏は、なぜ小泉氏を批判するのだろうか。
    3)二人の祝電を、なぜ、あえて並べて記載しているのだろうか。

    それが、9年経過した今、その理由がわかったのです。

    1)あしなが育英会から、遺児OBである藤村修氏に対し政治献金がかつてあったこと
    2)あしなが育英会は、その当時、朝日新聞、NHK、毎日新聞などのOBの関係者から祝電を受けていたこと
    3)あしなが育英会は、ソフトバンク株式会社人事部長の青野史寛氏が副会長であること
    4)あしなが育英会は、民間の任意団体であり、所得税法上の寄附金控除の対象とはなっていないこと
      また、法律上、収支の公開は義務付けられていないこと
    5)あしなが育英会は、日教組を通じて北朝鮮へ送金している疑惑があること

    ここで本題です。

    下村博文氏は上記のあしなが育英会で奨学金を得て、政治家になられた方です。
    現在、自民党に所属で文部科学大臣であります。

    以前、管直人氏は、薬害エイズ事件にて、政治的なパフォーマンスをされました。
    そして、下村博文氏は、朝鮮学校に高校授業料無償化を適用しない方針を表明しました。

    ここで、注意していただきたい内容があります。

    ※下村博文氏は、あしなが育英会の奨学金を得たのち、政治家になられた方です。遺児OBです。

    これは、いったいどういうことなのか、よく考えなければいけない内容です。

    以下補足です。
    補足1)
    上記の2006年2月には、祝電・メッセージには当然、あしなが育英会の遺児OBである下村博文氏と藤村修氏の祝電が記載されておりました。

    下村博文氏・・・世界に飛躍する人材創りの寮
    藤村修氏・・・あしなが心塾レインボーハウスの竣工を心よりお慶び申し上げます

    補足2)
    岡田克也・民主党代表ら学生寮「あしなが心塾」を視察
    http://www.ashinaga.org/news/entry-997.html

  3. 南畿人 のコメント:

    日教組に対しては、私も思うことがあります。

  4. MAZDA のコメント:

    パチンコ屋の倒産を応援するブログ様の2月27日「そこに事務所はあるのか」は同じく日教組に関する闇を追求する重要な案件になるのではないでしょうか。もしそうでないとしても、小坪議員のようなその実際の行動力自体が素晴らしいと思いました。

  5. 昭和20年生まれの男 のコメント:

    小坪しんや様の勇気に敬意を表します。
    日教組の力はまだまだ衰えておりません。何せ子供を人質にしているですから、ISISと同様卑劣極まりありません。

    北海道では、その日教組(道教組)が現在も力を持っている地域です。民主党の支持団体としてその影響力は大きいものです。

    4月の統一地方選においても早くから活動を始めております。
     
     根拠は下記にあります。

    「秋元克広前副市長」は札幌市長選に無党派を謳って立候補しておりますが、道教組では早くからその支持を決めており全く色が着いていないは嘘です。秋元克広氏はいわゆる一般市民(無党派)として立候補したように見せかけてはいますが、札幌市民の皆様決して騙されてはいけません。

     秋元克広氏は、私の出身校「夕張北高等学校」の後輩になります。

     夕張で小学校、中学校、高校(夕張北高)の同期生が、教員となり道教祖(民主党)に所属して積極的に活動(連合北海道に専従として時期あり)をしていました。定年退職後は札幌近郊の都市の市会議員を2期務めております。当然ながら道教祖のバックアップを得ております。その彼が「秋元克広氏」が候補者として報道され始めたころに既に、彼が住むところではないにも拘わらず高校の同期会に「秋元克広氏」の支持(応援団体)として名前を使わせて欲しいと申し出がありました。同期会はあくまでも同期会であり、政治団体ではありませんので当然断りました。打診があったのは昨年の10月ころでした。
     秋元克広氏は確かに一部経済人の支持もあります(札幌市の経済界の方針は自民党の推す本間奈々氏(前回上田文雄市長に敗退)の指示を決めております)。しかし秋元克広氏本人は、全く自分は無色であり、偏向はない、自分からは特定の政党団体に支持応援は頼まない。ただし勝ってに支持応援してくれることは歓迎(いわゆる勝手連方式)と言っておりますが、真実は連合北海道(道教祖・自治労が主導権を持つ)の支持・応援が確実であることから立候補したことは明らかです。実務担当者のトップ(副市長)として現札幌市長の上田文雄氏を支えてきたうえで後継者として立候補したことは明らかです。
     上田文雄市長はいわゆる人権弁護士として左に偏向しております。「子供の権利条例」を作った問題ある市長でした。市の財政の健全化に貢献したと自画自賛しておりますが、疑問点は多々あります。思って立っては、自分の後任として指名はしていないと言っていますが、どうですか?
    現在は、秋元克広氏を支持するとの立場を鮮明にしております。

     上田文雄市長は、日の丸、君が代が大嫌いの市長です。このような市長の後任として道教組が支持・応援する市長は札幌には不要です。

     北海道知事選もおかしな選挙です。自民(公明?)vs民主・共産・新党大地・維新の会
    「四選阻止」でごちゃ混ぜ、道民のことをどこまで考えているのか、北海道民は怒るべきです。

    日教組(道教組)・自治労の言いなりになるような選択だけはしてほしく無いものです。

  6. 次世代の党支持者 のコメント:

    自民党議員と民主党議員のTwitterに拡散して良いですか?大丈夫ですか?

  7. よっし〜 のコメント:

    今回も、威嚇射撃から当てて行って下さい。応援しています。

  8. ハヤブサ のコメント:

    肉を切らせて骨を断つ。でしょうか。
    少しずつ瓦解させていきましょう。
    しかし、警戒は怠れません。

  9. 生野区民 2 のコメント:

    頑張って拡散してきます。
    反日日教組を攻撃しましょう

  10. 朝日新聞の葬式は日本人の手で のコメント:

    反日政党は不必要半島にお帰り下さい、拡散拡散

  11. Augusta のコメント:

    国会の引き伸ばしですが、統一地方選の準備を遅らせ、攪乱するのが目的と考えます。
    共産党は静かですね。逆に不気味です。

    前回の衆議院選挙の時から引っかかっていたのですが。選挙戦の強者が共産党についていますか?
    それこそ小沢一郎レベルの。

  12. 生野区民 2 のコメント:

    民主党と日教組を日本から排除したい

  13. 菜の花 のコメント:

    行橋市のお隣、みやこ町の豊津中学校の教師がひどすぎると聞いたことがあります。
    やる気のない教師や左翼教師ばかりで、生徒たちが可哀想だと。
    数年前の失明事件はどうなったのやら。

  14. やんちゃごんた のコメント:

    日教組のゴミ教師にモンスターペアレントされた親父です!とことん叩きのめして壊滅してやりましょう!

  15. 櫻盛居士 のコメント:


    <ちょっと力を貸して欲しい。>
    話はシンプルだ、拡散だけでいい。
    この件が「再度、注目を集めている」となるだけで、彼らは黙る。

    言い換えよう、私に砲火を移す。
    もしくは「私の対応」に敵戦力、及び負荷を割かせる。

    砲兵が沢山居れば、砲火の移し様がなくなりますね。

    皆様の底力次第では、敵は戦力分散を余儀なくされます。

    ところが、こちらの攻撃目標は日教組の一点のみ。

    360°取り囲んで集中砲火を浴びせようが、敵は日教組の一点のみです。

    下村文部科学相を守るミッションは、保守層が纏まれば容易いミッションである事を、保守層自身がが認識して頂きたいものであります。

  16. ピンバック: 【日教組問題⑤】地方議会に通用する「書式」~陳情書 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  17. ピンバック: 【日教組問題⑤】地方議会に通用する「書式」~陳情書 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  18. ピンバック: 【日教組問題③】沖縄の怪~公務員の給与二重取り(違法)の証明、PTAからの搾取 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です