夜神楽。守り人としての、地方議員。


夜神楽。

小さい頃は、やっぱり鬼が怖かった。
不思議だな、と思う。

小さな子らが泣きわめいていた。
微笑ましい。

守りたいものは、ありますか?

kagura

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

こういうと怒られそうだけれども
比較するのも変だけども
国旗より、保守などのイデオロギーより
何よりも。

壊れゆく『いま』と
過疎化の進む小さな漁村のため、
私は立ったんだよ。
本当はそれだけ。

行橋市が沈めば、地元も滅ぶ。
福岡県が沈めば、行橋市もただでは済まない。
日本が弱れば、地元を守れない。

だから、ここにいます。
私は大層えらい国会議員ではないし、政治力に溢れたベテランでもない。

滅びゆく地元と、
(嫌な響きだが、事実は直視せねば。)
壊れゆく同世代を見て
『なんとかしたい!』と思って

だから人生も何もかも
親兄弟に迷惑かけて、
地元のおいちゃん・おばちゃんに無理を言って

だから、、、
だから、こうして、ここにいるんです。

 

 

今日は、夜神楽。
小さな頃は、鬼が怖かった。
いまは別のものが怖い。

神楽も、いつまでやれるか。。。
我が子が大人になる頃は、残せるだろうか。
その責任は、私にかかっている。
皆で背負うべきものだが、私の責任は最も重い。

口で『伝統は大事!』と言うだけなら楽だ。
保守!とテキストで入力するだけなら楽だ。

あんなに怖かった夜神楽の鬼を見て
いまは別のものが怖い。
泣く子らを見て、
子らを見て微笑むおいちゃんたちを見て
きっと当時は私もそうだったのだろうと思い、
そして私は笑えない。うまく笑えない。

本当はとても怖い。
その責任と、職権を持つのは、ただ私のみだ。
双肩にのしかかる、重み。

俺は、ただの若い、あんちゃんだ。
実はさ、ただの、普通の人だよ。
背負いきれるものではない。

若い議員をチヤホヤしすぎるのも、どうかと思う。
(自らを否定するわけではないけれど。)

本当に、この若い俺で、足りてるのかな、
社会経験だって浅い、もっと、もっと俺が、、、
そう思う夜を何度も越えて、悩んで苦しんで、いまがある。

本当は怖い、重たい。
だけど、俺がやるんだ。

やるって言って、信じてくれと言って
バッチを預かったんだ。
逃げることは、絶対にない。

私のルーツ。議員としてこの場に在る理由。
【百戦百勝の極意】一人の議員として。「言っちゃった」責任の果たし方。
若手議員として、成人式に思う。

 

 

夜神楽。
泣きわめく子らを見て
微笑ましいな、と思う。

うまく笑えないや。
政治に向き合うことは、とても重い。
とても怖い。

そういう夜だって、ある。
皆が笑う笑顔が、怖く恐ろしく、重たい夜もある。

↓これが地方議員なのだ、と感じた方は応援クリックお願いします。↓


カテゴリー: 市議会議員 パーマリンク

夜神楽。守り人としての、地方議員。 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 私のルーツ。議員としてこの場に在る理由。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  2. 青木明 のコメント:

    本当の自分をさらけ出すって、辛いことです。
    「夜神楽」の話。守るべきもの、日本の古来の伝統。
    少しでも、子供たちに、その大切さを伝えて行きたい。
    傲慢な表現をお許しください。
    この記事を拝読した方は、いるのでしょうか。
    こんなにも本音を語る日本人がいるのに。
    アップされてから久しい記事です。
    最初にコメントすることを光栄に思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です