日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】


 

 

(業務連絡)
十二月議会における名誉回復措置に関して、不本意な記事を書く予定なのですが司法関係の用語も多用しているためもう一日ください。できるだけ分かりやすく書き下す努力はしておりますが、思うように進みません。

【今日は何の日】というタグは、敢えてつけない。これは日本として重要だと思った日のエントリにつけてきたタグだからだ。キリスト教徒を揶揄する目的はないが、私はクリスマスイブに対しこのタグをつける気になれないのだ。

クリスマスツリーの数を見るに、
その日の丸の数の少なさを憂う。

クリマスソングばかりは街にあふれ、天長節の歌など街では聴かなかった。
お正月の、古来からの音楽(雅楽などのアレンジ)に期待するばかり。
そのような日だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 

(OGP画像)
12433068_960313584039526_2110226100_o

 

 

 

 

日の丸の数
圧倒的に少ない。
事実であり、現実を直視する。

目の前の現実を正しく受け入れた上で、
すべての議論はそこから始めるべきだろう。

受け入れるというのは、「そのままでいい」というわけではない。
変えるため、是正するため、取り戻すために「現状を正しく把握する」と言った方が適切だ。

また、「クリスマスが悪い」というつもりもないし、
昨日も書かせて頂いたが、「GHQが」とか「日教組が」と言っても始まらないのだ。
それをしたり顔で連呼するのは、やめて頂きたい。

事実、遠因としてあるのは否定しない。
私もそう思う、その側面は確かに在る。
・・・だから、どうしたというのだ?

「GHQ!」「日教組!」と叫んだとして、国旗の数は増えるのか。
あいつが悪い、こいつが悪いと指をさしたところで、貴方だけに免罪符が与えられるわけではない。
まずは、国旗を立てよう。

お正月から、でどうだろうか。
いまの異常性については、昨日同様であるが、ある例え話を再掲したい。

 

 

 

置き換えて考える。
先ほどは、日本人がクリスマスで大騒ぎする構図を論じたが、もしこれが逆であったらどうか。
異常性がよくわかると思う。

クリスチャンが天長節を祝った場合、キリスト教徒が、天長節を祝った場合、それは何か不思議な気がする。
悪いことではないしありがたい話なのだが、置き換えてみると大層ヘンテコなことになっている。

イメージして欲しい。
お洒落なニューヨーカーたちが、デパートで【奉祝】と書いた板を買い漁る。
CNNにて「とぅでぃ、TENCHOUSETU!!!OH!」とか言っている感じである。

白人カップルを想定してみよう。
恋人たちが、天長節デートを行い、ディナーの予約をする。
菊の花と菊花紋章を前に、「KI-MI-GA-YAHHHH!」とか歌って愛を語らうのだ。

海外のおまいらの場合、ネットユーザーたちの動向を考えてみる。
素晴らしいデザインスキルを無駄に投下し「天長節、中止のお知らせ」が毎年作成される。
そしてリア充、爆発しろ!と叫ぶのだ。

家族の場合を考えてみたい。
良い子にしてたら、陛下が玩具を持ってきてくれるのよ?と。
親が子供に諭すのである。
陛下に行ってもらうと、ちょっと構図が崩れるか。。。

じゃ、こうだ。
「いい子にしてたら、ヤタガラスが玩具を持ってきてくれるのよ。」

子供は不安そうな顔で言うのだ。
「ちゃんとヤタガラス、迷子にならずに来てくれるかなぁ」と。

もうちょっと年をとって生意気盛りになった頃。
「本当は八咫烏って、親が買ってきてるんだよ!」と叫ぶ、空気を読めない子が出てくるのだ。

そして
「いるもん!八咫烏はいるもん!」
「私、見たもん!ちゃんと足が三本あったもん!」
って泣き出す子が出てくるのだ。

不毛なる、八咫烏、実在論争を繰り返す子供を横目に。
オモチャメーカーは・・・。
「ここで一年の売上を絶対に立てるのだ!!」
「我が社の荒廃、この一戦にあり!!!」である。

スポンサーについているアニメにおいては、
ここぞとばかりに新キャラ、新メカが登場。
工場も生産拡大で、掻き入れ時である。
経済波及効果もバカにならない。

九州ウォーカー(本州の方はわかるのかな)などの場合。
いわゆる外戸本みたいな、地域版の雑誌である。
「天長節にお勧めの夜景デート特集」とか組むのである。

デパートでは、
「今年の天長節は、肉じゃがでお祝い!」
「日本本国、直輸入!高野豆腐!」とかポップが躍る。

コンビニでバイトしている人なんかは
「あー、今年の天長節、ケーキのノルマがきっついわー」とか言ってるのである。

疲れたサラリーマンたちは
「あぁ、今年の天長節も仕事だったな」とか、
駅のホームで舞う雪を見て「ホワイト天長節か」などと、しみじみとつぶやくのだ。
そしてそれが、なんとも言えぬ風情をもって、しみじみと疲れた大人の共感を呼ぶ。

これが外国人が、天長節を(日本のクリスマスと同様の)祝った場合のイメージ図である。
クリスマスを祝う日本人を、(敬虔なるクリスチャンをはじめ)海外はこのように見ているのではないだろうか。

 

関連

同じ路線から書いた記事です。

 

 

 

それでもクリスマスも楽しむ。
冒頭に述べたように「クリスマスを否定」しても何も生まれない。
大切なのは、自らがどうあるべきか、である。

「GHQが!」とか「日教組が!」と、悪玉論争のみに終始することは
自らには責任がないと、はっきり言えば【なすべきことなどない】と宣言しているかのようにすら見える。

私のエントリを読んで、クリスマスを中止して欲しくなどないし
それはそれで楽しんで頂きたい。

私はそもそも甘党であるし、ケーキが食べれる日と楽しみにもしてきた。
うちは漁村で、普段は魚ばかり。子供の頃は、肉が食べたくて仕方なかった。
最近は、魚の美味しさにも気づけるようになったが。

プレゼントを楽しみにする子供がいても、いいではないか。
恋人たちが楽しくデートすることも否定したくない。
勇気を出して、今夜告白する者もいるのだろう。
ほんのり甘く、素晴らしいことだと思う。
(私は最近は告発ばかりしている気がするが、それに比べればどれほど素晴らしいか。)

日本人の寛容性は、素晴らしいと思う。
ただし、それが良い方向ばかりに向いてきたわけでもない。
それも事実だ。

だけれども、「楽しんでいる人」に向かって、
「楽しむんじゃない!」と言ったところで、何が生まれるだろうか。

私たちがなすべきは、クリスマスの批判でも否定でもない。
GHQや日教組の責任論のみに終始することでもない。

お正月に、国旗を掲げることだ。
他になすべきことはない。

さて、今夜はクリスマスチキンを食べて
(実際は近所の唐揚げ屋さんの唐揚げ)
ケーキでも食べて
(付き合いで回ってきたものだが。)

「そういや、この日って何なんだろ。」
「俺がキリストだったら、多分、怒ってるわ・・・。」
などと漠然と考え、

「告ったり、告られたり」
「ふったり、ふられたり」
「まぁ、みんな忙しいことですなぁ。」
「少子高齢化の話もありますし、ほどほどに頑張って頂きたい。」などと。

また、
「たぶん、あいつは今年も一人やろうな」と男の後輩のことを思いだし
「どうせ夜に『なんしよっすか?』って電話してくるんだろう。」などと考え
例年、果たしてそのようになり。
そんなこんなでクリスマスの夜はふけていくのでありましょう。

そして。
「さて、正月には日の丸をあげにゃね。」と小さな勇気を確認する日でありたい。

 

一回でも笑った人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

6 Responses to 日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】

  1. 波那 より:

    クリスマスがキリスト生誕の日として24日にされたのは、太陽神信仰ミトラ教のローマ帝国が信者が増え続けるキリスト教を受け入れた時に、ミトラ教では冬至が終わった後から日が長くなって行く日、太陽神を迎える日として祝っていたからで、ミトラ教の名残りです。ヨーロッパに行くと立派な教会があちこちにあって宗教は美麗な建築物や美術絵画の発達発展に何とまあ貢献したんだな〜という感慨は湧きますが、それくらいかな。ヨーロッパの歴史って宗教対立と宗派対立の繰り返しなので「こんなん、やってられへんわ」と思うのは私が日本人だからで、陛下が国民の安寧と国の平和を願って祭祀を為される国に生まれたのは特別な事だと有り難く思います。なので、子供が産まれたら神社に宮詣り、結婚式はキリスト教会で、死んだらお寺で御葬式する日本人の緩さ、使い分けする宗教観の無さが好きです。神道は宗教ではないですから。新渡戸稲造が「武士道」を書き著したのはベルギーの法学者ラヴレ氏と話してる時に「日本には宗教がない。では、どのように道徳教育を授けるのか?」と問われたのが発端だったそうで、培われて来た日本人の精神性とは斯くあるものなのかと学びます。

    12月に入ったら途端に今年もまた酷寒の冬になりました。私は地球は寒冷化してる派なので、やはり寒くなるのが毎年早くなって来ていると思ってます。夏に続いて東電が、しつこく節電ポイントに登録するようにメールして来るのを原発動かせば良いのに思ってたら、やぁーっとです。これで小池百合子のウィグル奴隷ソーラーパネル設置義務化の横暴が粉砕されたら良いのに。大体、10年で寿命が来るらしい大量の有害ソーラーパネルを何処に廃棄するつもりなのか。その頃にはもう君は辞めて関係無いし知らないわよ!と思ってるんだろうな~地震の多発する国で屋根にソーラーパネル。怖〜い

    🔻【速報】日本政府、方針転換!!!!!
     https://asianoneta.blog.jp/60040577

    政府は22日、原発の新規建設や60年以上の運転を認めることなどを盛り込んだ「GX(グリーン・トランスフォーメーション)実現に向けた基本方針案」をとりまとめた。来年に閣議決定する。
    岸田文雄首相の検討指示から約4カ月で、2011年の東京電力福島第一原発事故後に堅持してきた政府の方針が大転換する。
    【写真】「安いから原発」は崩れたと話す教授

    政府はこの日、首相官邸で2050年の脱炭素社会の実現に向けた取り組みを議論するGX実行会議を開き、了承された。
    基本方針案では、原発を「最大限活用する」として、大きく二つの政策転換を打ち出した。

    一つは原発の新規建設だ。政府はこれまで「現時点では想定していない」としてきたが、「将来にわたって原子力を活用するため、建設に取り組む」と明記した。
    まずは廃炉を決めた原発の代わりに新規建設を具体化する。政府が「次世代革新炉」と呼ぶ、改良型の原発を想定している。新設や増設についても「検討していく」とした。

    もう一つは、原発の運転期間の延長だ。原発事故の教訓をもとに原則40年、最長20年延長できると定めたルールを変える。
    この骨格は維持しつつ、再稼働に必要な原子力規制委員会の審査期間や、運転差し止めの司法判断などで停止した期間を運転期間から除く。
    仮に10年間停止した場合、運転開始から70年まで運転できるようになる。

    原発事故後の方針を政府が大転換 新規建設や運転延長で最大限活用

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b2f8f1772252a72aa1ad8966234bdf8dda4b34d

    当たり前

    上関原発はよ
    サヨの悔しがる顔見たい

    バンバン動かせ

    止まってるポンコツの処理が大変よな
    何か画期的な捨て方はないもんかね
    宇宙?

    太陽に打ち込めばいいのにな

    電気代タノム
    あと再エネ賦課金をやめてくれ…

    背に腹は代えられない
    そういうこったね

    廃炉したヨーロッパの国からは羨ましがられてるみたいだな日本は動かす原発があっていいなって

    エネルギーに金をかけるのは本当に無駄だから早く原発回して欲しい

    判断遅すぎ

    原発の燃料費ももはやバカ高なんだろ
    もんじゅIIやんないと

    いくらでもフクイチに転がってるだろ
    消費期限なんて数千年なんだから使えるだろうに

    原発再稼働反対

    石炭や天然ガスの値段が高騰してんだわ
    このまま原発を稼働させなければ電気代が2倍3倍になってしまうがその分払ってくれる?
    お前が払ってくれるのなら俺は原発停止したままでもいいぞ

    (*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!
    東芝!IHI!日立!よみがえるぞ!

    日本が貧乏国になったのは原発全部止めたのが原因。

    ウクライナなんかチェルノブイリ原発事故が起こっても一台も原発止めなかったのに。

    お前ら今すぐ借金して東電株全力で買え

    今の岸田政権、政府は日本が最悪の原発事故を起こした事を忘れてるみたいだな
    あれだけの原発事故が起きても日本は原発に頼っていく他に選択肢が無いなど悲しい話だ

    だったらとっとと新型の発電機を考えろよな
    無駄にデモに参加している時間があるならそういう開発に時間を費やせ

    (パヨチン、福一はアメリカのGM社製。ハリケーンの多いアメリカでは電源は下に置くから。宮城の女川原発は津波を受けたけど電源は上に有ったから無事だった。それと注水を止めさせた菅直人のせい。絶対に忘れないから)

    津波で潰れない予備電源確保するだけで100%安全になるのに原発全部止めるなんてヒステリーも甚だしい。原発止めたのは知性ではなくヒステリー。

    これで燃料費調整額が下がって
    電気代も安くなると良いな

    🔻キタサンショウウオが絶滅の危機 背景に太陽光発電の建設ラッシュ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb6b7bef2919e4a8089fca329c47dbbaf2d682a3
    12/22(木) 8:00

    『北海道東部の釧路湿原国立公園(釧路市、釧路町、鶴居村、標茶町)の南側周縁部の原野で、大規模な太陽光発電計画が水面下で進んでいる。予定地の大半は、氷河期の遺存種である両生類・キタサンショウウオが生息する湿原だ。国内でほぼ釧路湿原に生息が限られる種だが、2年前に改訂された環境省のレッドリストで絶滅危惧ⅠB(EN)にランクが2段階引き上げられた。

    絶滅の危険度が一気に2ランクも上がった背景に太陽光発電の建設ラッシュがある。

    国立公園に隣接する貴重な湿原が太陽光発電に侵食され続ける現状に、市民は「このままではソーラーパネルの海になってしまう」と懸念の声を上げる。』

    中国人に土地を買わせて侵略され、自然を破壊され、また新種のコロナなのか死者が増えてる中国から大量の中国人を受け入れてる国。我々には、もう絶望する以外に何も残されていないのか。

    1. 常磐本線 より:

      >あと再エネ賦課金をやめてくれ…

      激しく同意致します。
      空缶の置き土産で、(太陽光)ウハウハした連中に請求しろよと
      (無理だろうけど)純粋に水力・地熱に使用するのであれば、払ってもいいけどね

  2. 冬林檎 より:

    クリスマスに関しては「日本人て逞しいなー」と思う方が大きいですね。
    クリスマスは恋人同士・仲間同士で、とか、クリスマスにケンタのチキンとか、色々。
    完全に自分たちのアレンジを加えて行ってます。
    そのうち外国から「ジャパニーズクリスマスはわけわからん、どうなってんの?」って声が聞こえてきそうです。
    押し付けられて受け入れて染まったように見えて、いつのまにか自分たち流に魔改造してる、それも反抗の意図もなく楽しみながら変えてしまうというのが日本人の強みかと思ってます。

  3. ミカンの実 より:

    今日と明日は私は大好きな曲『ジングルベル』を思いっきり聴く予定です❣️
    小さい頃から大好きな曲です。
    これね、クリスマスの季節にしか聞かないけど、別にキリスト教とは関係ない曲のようです。そり遊びの曲ですからね。
    最近日本ではあまり流れていないみたいだけど、子供たちには大人気の曲ですからね!私も楽しみますよ!
    ※別の意味で大笑いする人もいらっしゃるようですが・・・・、そり遊びの曲ですからね!(←大事なことなので2回rt・・)。

  4. ロード より:

    そもそも裁判の判決は関係なく、市議会は自らの過ちを判断できないのでしょうか?
    小坪市議は行橋市、国のために大きな仕事をしているのであって、
    動議決議文にあるように、市民、国民に迷惑をかけてはいません。真逆です。
    行橋の他の市議で、小坪市議の万分の一でも成果を出している政治家はいるのでしょうか?
    テロに同調した動議で、市民、国民に迷惑をかけたのはどちらでしょうか?
    12月議会では、総務部長が名誉毀損を確認しているし、テロリストの要求に応じることはないと発言されていますよね。

  5. JL より:

    祭りは何度あってもいい、集まって酒が飲めるから、、くらいのノリだと思います(笑)

    旗日(祝日)でさえそのノリな気がしますがまず、揃った日の丸は美しいからみんな出そう!が広まればいいですね。日の丸見るだけでじーんとしてくる気持ちは濃淡あれど誰でも持っていると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください