いっぱい働いたので今日はお休み!


 

 

ま、休みではない。報告書やレポートが大量にあって、事務作業に忙殺されている感じ。
ブルーリボン関係でも大きな動きがあって、そのBlogも書きたい。
あれだけの日程を組んで頂くとなると、協力して頂いた関係者も膨大な数にのぼり、電話とメールで逐一御礼の連絡を。。。

本日、東京を後にして福岡に。
終わらない、仕事が、終わらない。

もうすぐ深夜二時になるみたいだけど、恐らくBlogまで手がまわらないので先にギブアップ宣言。
いまはまだ眠くないから、眠くなるまでは仕事したいと思う。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

9 Responses to いっぱい働いたので今日はお休み!

  1. 波那 より:

    統一協会の”逆襲” 始まったみたいですね。同じ穴の中に居たムジナ同士の醜いガチンコ争いの笑劇。どちらも息絶えるまでやるといい。

    和泉守兼定 💙💛連帯
    @netsensor1
    旧統一教会をとことん叩いていた日本テレビだが、同社が長年会社を上げて番組制作してきた「24時間テレビ」に統一教会関連団体がガッツリとボランティアとして参加して来たことを公表。マスコミの出鱈目さが炙り出される。
    https://ffwpu.jp/news/3921.html

    (ボランティアの名称が映し出された画面画像の中に)
    👉七尾市/世界基督教統一神靈協会能登教会

    Share News Japan@sharenewsjapan1
    【反撃開始】日本テレビ「24時間テレビ」で旧統一教会の女性信徒が7年間ボランティアスタッフの中心的として活躍していた… 教会側が発表

    (同上画面画像)

    門田隆将
    @KadotaRyusho
    旧統一教会の反撃が日本テレビから始まった。24時間テレビに女性信徒が7年に亘って番組ボランティアをまとめる中心的立場で関わったそうだ。参加ボランティア団体として“世界基督教統一神霊協会・能登教会”を番組でも紹介。“魔女狩り”マスコミは自身を魔女狩りできるのか。

    (同上画面画像)

    渡邉哲也
    @daitojimari
    読売テレビの言い分を聞く限り、24時間テレビ中止するしかないでしょうね。RT
    @agata0113
    @daitojimari
    統一側もいきなりデカいのぶっ込んできましたねw(´・ω・`)

    Manami Ichi
    @Manaming1
    日本テレビ「24時間テレビ」、統一協会信徒をボランティアとして7年間起用 番組づくりに密接に関わる =ネットの反応「ボランティアが絡んでもアウトと主張してたんだから24時間テレビもアウトだよね?」 ttps://anonymous-post.mobi/archives/21395
    @daitojimari

    Mi2
    @mi2_yes
    #ミヤネ屋 さん、出番ですよ!

    ●世界平和統一家庭連合
    2022年8月25日 報道機關各位
    世界平和統一家庭適合広報部

    【異常な過熱報道に対する注意喚起 (2)】

    8月21日に当法人より 【異常な過熱報道に対する注意喚起】と題したリリースを配信したばかりでしたが、ついに当法人信 (20代後半女性) による自殺未遂事件が起こってしまいました。

    このような事態は、特定の報道機関による過激な偏向報道が原因であるとみられ、被害者家族および親族は困惑し、極めて深刻な状況です。 現在、 当法人では、 被害者家族に対する精神的ケアをおこなうと同時に、全面的なサポートを行っております。

    前回の注意喚起文において、今後、当法人ないし友好団体等に関わってきた報道機関に対して、順次公開させていただく旨を 申し上げましたが、 以下、 その一例をお伝えします。

    現在、民放の雄と言われる日本テレビが、 同社ネットワークの総力を挙げて毎年取り組んでいる 「24時間テレビ」ですが、 当法人の女性信徒がボランティアスタッフとして7年間にもわたって関わり、番組ボランティアをまとめる中心的な立場で活 躍していたことが分かりました。

    (同上画面画像)
    ……………

    さあ、次はどこかな?

    1. BLACK より:

      和泉守兼定様のことはネットにて(私側の)一方的に存じています。
      お名前からして素晴らしいです。

      ワイドショーを含め、TV局、マスコミは都合の悪いことは
      「報道しない自由」なのでしょう。
      何が目的で、何の為に統一教会問題を報道し、叩いているのか良くわかります。

      >ブルーリボン関係でも大きな動きがあって、そのBlogも書きたい。

      楽しみです。

      1. 波那 より:

        「人を呪わば穴二つ」にある「穴」とは、墓穴を指しているんだそうで、昔、陰陽師が居た時代に「敵を呪い殺せば、自分も同じように呪い殺される可能性がある」として、墓穴を2つ用意させていたのが由来なんだそうです。日本人を騙して金を巻き上げようと日本に入り込んだ朝鮮カルトと半島出自者に乗っ取られてしまってるマスゴミ。日本にはどちらも要らないから、共倒れすればいいんですよ。

        生きとし生けるもの全てに、自然に八百万の神を見て感謝の気持ちを教える神道の国の我々日本人とは、ホント肌が合わないですね。

  2. 波那 より:

    くつざわ 日本改革党代表 元豊島区議
    @mk00350
    日本人は例え敵でも死体蹴りはしません。
    けがらわしいので日本人名を名乗るのと日本語使うのやめてもらえませんかね、けがらわしいので。
    引用ツイート
    ………………
    Share News Japan
    @sharenewsjapan1
    映画評論家・町山智浩氏「わかった。国葬ただし鳥葬、で手を打とう」「獣葬でも可」 https://sn-jp.com/archives/93287

    吉田康一郎
    @yoshidakoichiro
    鳥葬や獣葬、或いは他文化に対する敬意は全くなく、ただただ人を貶めたい、という醜さだけを露呈する帰化人。
    引用ツイート
    ………………
    町山智浩
    @TomoMachi
    · 21時間
    獣葬でも可 twitter.com/TomoMachi/stat…

    日本を憎みながら日本人になりたがった日本人成りすましの半島民族、町山智浩。まあ最も憎んでいるのは自分の半島の血でしょうけど。

  3. k より:

    小坪先生がお休みなので、BLACK様にお話があります。

    前回、「絶望した」話をされたかと思いますが、それよりムカついた話があって、「いつも女子供が犠牲になる」という言葉にムカつきました。

    そこで今日は、BLACK様に、「何もない空間にパンチをしてもらおう」と思います。

    この50年以上の男の人生の中で、「男とは何だろう」「女とは何だろう」と常に考えてきました。その結果、「性別が最初から”ある”と考えるのが間違いだった」と気付いたのです。司法書士受験生としての発想の転換です。契約したのに、相手が履行してくれなかった。つまり、相手は最初から履行する気がなかった。だから、契約の解除、損害賠償の請求、という考え方です。

    「性別のない生き物」を想像してみて下さい。人間のような生き物です。そこでは力仕事も、責任ある仕事も、出産も子育てもある訳です。その代わり得られた利益は全て自分の利益に出来る訳です。しかし、東北大震災、阪神大震災、大東亜戦争みたいな戦争が起これば、多くの命がごっそり持っていかれる訳です。

    そしてその「生き物」は考える訳です。「分業した方がいいのではないか」と。出産・育児する「女」と、力仕事・その他の「男」と分けた。そして「紐付け」した。その方が、生き物としての効率も良い。生き残りやすかった訳です。「性別のない高度な文化の生き物」が実際には存在しないので証明出来ないのですが、サルの進化の歴史は一度途絶えています。「何か」が地球に移植した可能性もあります。

    さて、男と女がある訳ですが、「分離した方はどっち」「分離された方はどっち」ですか? 普通に考えたら、「出産・育児の仕事は温存して、他を相手に任せた。あー楽ちんになった!」と考えるのではないですか? もう一つ、「ルパン三世」が「世界でたった一つの金貨」を盗む時に、「たった一つの金貨を作るなんて、本当は貨幣として何の意味もないんだよね。」と中にお宝の地図を見つけた。だから同じように言えば、「男のような子供を産まない生き物なんて、本当は生き物として何の意味もないんだよね。」と言えてしまう訳です。「分離した」のは「女」の方、「分離された」のは「男」の方なんですね。

    女は「妊娠・出産」の準備をしなければならない、男は「射精」の準備をしなければならない。そうやって更年期を迎えるようになっているんです。「妊娠・出産」が”痛い”のは、それを省略する”必要”がないから。「射精」が毎回”痛かった”ら、そもそも結婚しません。そもそも女に惚れません。男は女に惚れて子宝あげて、お金と役務(サービス)を提供しているんです。

    子供という「袋」に「お金と役務(サービス)」を詰め込むから、人間になるんです。

    最近の事故で、「駐車場の点検中に二酸化炭素が発生して作業員が死亡した」とか「工場で放射線測定器のスイッチが入りっぱなしで作業員が大量に被爆した」とかありますけれど、あれって大抵「男」ですよね? 「いつも女子供が犠牲になる」んですか?

    グーグルにて「婚活市場」って検索すると分かると思いますが、株主代表訴訟のように「悪いことする会社の株は買われない」のです。「男」が不幸になれば、回りまわって「女」も不幸になるのです。「婚活」「就活」という言葉を作った「山口昌弘」「白河桃子」もサヨクの一派です。共産党とサヨクが男女共同参画を進める理由もそこにあります。

    生き物が性別の役割を演じているに過ぎない。「命を握っている女」か「一生懸命走り回っている男」か、どちらが「生き物らしい」ですかね? あなたは「何もない空間にパンチを繰り出している」だけなんですよ。

    1. BLACK より:

      >「いつも女子供が犠牲になる」という言葉にムカつきました。

      k様のお気持ちと云わんてするところ、受け取らせていただきました。
      たぶん、ですが、正確に受け取ったつもりです(もし間違っていたらごめんなさい)

      私の言葉が足らなかったので私の不徳ですが
      「いつも女子供が犠牲になる」と言うのは、犯罪においての傾向のみに限ったことです。
      人生全般や、世の中全てのことではありません。
      人生全般や、世の中の全てのことで言うならば
      男性の方が犠牲になりやすい、男性の方が苦労が多い
      私は常々そう感じています。
      まして、ポリコレ等もあり、現状の男性は不当に扱われていると私は思っています。

      先日
      「子供部屋おじさん」と言う表現は不当だ、男性差別、男性蔑視だと言う記事を読み
      私はその通りだと思いました。
      何故「子供部屋おばさん」と言う表現が無いのでしょうか。

      また
      「♪むっしっしぃ、むっしっしぃ」と言う可愛らしい音楽に合わせて虫のコスプレをした男性多数がタンスから出て来るCMがありますが
      あれが全員女性だったら、世の中はそのCM批判でひと騒ぎになっていたと思います。

      決してk様にご指摘を受けたからの言い訳では無く
      私はババアですが、ババアになるまで生きて来て
      「女はずるいな」「女は得だな」「男性は不利だ」と思ことは
      自分の人生を振り返っても、世の中の女性や世論の在り方を見ていても感じます。

      また
      男児よりも女児が無事に成人女性になれることが難しいことも知っています。
      私ごとですが
      幸運にも逃げることが出来ましたが、小学時代、中学時代と誘拐未遂に2度遭っています。
      他家とのトラブルで「女を殺すのは面白いからな」「お前の家に女の子がいたことを後悔させてやる」
      と脅迫され警察案件になったこともあります。
      これは、私が男児でしたら出会わなかったことだと思います。
      そのような意味では、男性よりも女性の方が犯罪に巻き込まれやすい
      犯罪の標的になりやすいと私は実感として思っていますし、
      世の中を見てみてもこれは事実だと私は思います。

      昨今の行き過ぎたポリコレ、女性に対する逆差別、男性の生き辛さ
      女性が女性であることを利用するあざとさ、強かさ等々には
      女性である私も強い腹立ちと憤りを感じています。

      危険な仕事も、戦争で戦うのも、男性です。
      そのことに女性も世間も疑問を言いません。
      「男女平等」ですのにね。
      ダブルスタンダードだと私はいつも感じています。

      都合の良い時だけ「男女平等」で
      都合の良い時だけ「弱い女性」「女は護られるべき性」なのですよね。
      現状のこの空気は異常だと私は思っています。

      結婚生活においても、現在は男性の立場が異常に弱いことも知っているつもりです。

      ですから
      k様が書いてくださったお気持ちは理解出来るつもりですし
      k様がご指摘なされることは、仰られる通りだと思います。
      (ただ「どちらが生き物らしいか」は私には判断出来ません。どちらが分離したのかも私にはわかりません。答えられない私でごめんなさい。)

      私の中では
      男性の不利な立場も
      女性の犯罪の標的になりやすい立場も
      両方が両立しています。

      以上 文責 BLACK

      1. BLACK より:

        >これは、私が男児でしたら出会わなかったことだと思います。

        小坪氏も誘拐未遂を体験しておられると先日の当ブログで知りましたので
        「男児だったら」とは言い切れませんが。

        長々と私語り、失礼致しました。

        小坪氏、失礼致しました。

        以上 文責 BLACK

    2. 櫻盛居士 より:

      歴史を振返れば、「いつも女子供が犠牲になる」と言う表現は間違いありません。
      日常で起こり得る犯罪であっても、戦争犯罪であっても、それは同様です。

      「男性は犠牲にならないから良いな」と言うコメントは無かった筈です。
      胸糞悪くなる様な残酷な数々の事案を見た場合、男性の場合は拷問の末に殺害、女性の場合は性的に嬲った後に、追討ちを掛けて拷問の末に殺害と言うパターンは多いのです。

      だから、歴史的には女性はなるべく安全な環境に置くと言う事が行われて来ましたし、それが男としての矜持であった訳です。

      ですので、「いつも女子供が犠牲になる」と言う表現に、男である小生はムカつく気持ちが分かりません。

      まぁ、世の中にムカつく女性と言うのは存在するにはしますが、そう言った存在の有名所は、やたらと女性ぶって被害者面してますが、実際は男性からも女性からも女性として見られず、何か別の生物とか異星人的な捉え方されてます。
      大概、顔付きが歪んでますし。

      そう言った意味で、ブチ切れるベクトルが斜めに向いて居る様に個人的には感じるので、逆に面白いなと思った次第です。

      1. BLACK より:

        櫻盛居士様のお心・視点・気概にいつも感嘆しています。
        櫻盛居士様のお心と視点と気概は尊いと私はいつも思います。

        以上 文責 BLACK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください