安倍元総理が旅立たれた。これからは反撃を行う。


 

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

悔しい、残念だと言いたい。
しかしそれを口にしすぎれば、安らかにお眠りできないのだろう。

これからは、日本人が皆で我が国を守る。まだ頼りないかもしれないが任せて欲しいと、感謝をもって頭を垂れるのみ。

どうぞ安らかにお眠りください。

 

 

旅立たれてのちは、、、

危害を加えるとか違法行為という意味ではなく、しかしある種の反撃、相手方から見れば報復はなされるべきだ。

やりたい放題だったメディア、警察だって身動きがとりにくい状況が続いていた。
議員だって、きちんと反論をしてこなかった。

どこかで「ほおっておけばよい」という空気もあった。
それは果たして正しかったのだろうか。

 

旅立たれた日に紹介するには不適切かもしれないので、折り畳んでおります。
別日において何か書く可能性もございます。

(反撃の一例)

クリックして下さい!

 

 

 

さらっとだけ。

これを「戦闘力」とは言わないが、議員とは議論で勝負をする者。

大きな番組のメインキャスターなのでしょうけれども、テレビは双方向性のある媒体ではない。

きつい言い方をさせて頂くが、一方的に政治家をなぶる行為をしてきたように感じている。

ならば、実際に同じテーブルで議論をしたらどうなるだろうか、と。

 

「やっていい」というのがメインキャスターの回答。
社としての見解を問うのは問題ないそうだ。

かつ、メインキャスター自らが”わざわざ回答するかは分からない”という問題発言。これは確実に相手方(私)に論拠を与える行為であり、社として否定できないものを渡してしまった。

そもそもになるが、その発言がなされたことを、わざわざ公開の場でメインキャスターが補完していく行為に、組織人としての責任、つまりメインキャスターとしての、社に対する責任を認識しているのか疑問。

議論は、先方から打ち切る形となり、最後は礼で締められている。
よって、本件に関しては、事実の相違は双方には存在せず、例えば訴訟法定などで明確化すべき論点は消滅した。

 

 

情けなくもなった。

これを”テクニック”とは言いたくないが、議論の技術が未熟。
組織を代表しているわけではなかろうが、それでもメインキャスターだ。
これだけ論拠を与えまくること、脇の甘さは指摘したい。きつい言い方になるが、社会人としてどうなのだろう。

「国民に審判を」と私が述べたことは”誹謗中傷”なのだそうだ。
うーん、傷ついた者がいることを彼は理由にしたが、安倍総理を悼む者たちも傷ついたわけで、それを公共の電波に乗せている。しかも事実についての反論は、議論が完了するまでなされていない。

これはオーム返しに言ったわけではないけれども「審判」という言葉が、不当に名誉を貶めるものだと彼が認識しているならば、まさしく彼の発言は問題発言なのだと自らが認めたことになる。

これは、議論として詰んでいるではないか。。。
Twitter上で、大きな番組のメインキャスターが、勝手に自爆してしまう。なんなんだろう。

こういう方々に、様々な政治家が振り回されてきたのかと思うと、情けなくなる。

 

情けなくった、悲しくなった。

いままで政治家は、反論らしい反論はしてきていない。

それは、正しかったのだろうか。

確かに私は、議員ブロガーとしては長らく全国一位であり、もはや国内で最も有名な地方議員の一人ではあるけれども、こんなに議論に脆い存在がキャスターだったのか。。。

今まで、私たちは何をしてきたのだろう。
本件については、また別途、何か記事を書くかもしれない。

 

関西の方は、報道ランナーをご覧ください。
そして、広告を見て欲しい。確実に。

曜日ごとに違うかもしれないが、「○月○日(○曜日)」までを入れて、スポンサーの名前をコメント欄に記載して頂きたい。
先方の対応次第だけれども、何か記事を書く可能性はある。その際に用いる。
(確実に何かをやるとは言っていない。)

ISOとかコンプラに習熟した地方議員は、意外に強いかもしれません。

 

【拡散】メディアがネットに屈した日?スポンサー回答一覧【TBS・ブルーリボン問題】

 

古い読者はご存知だけれども、スポンサー企業に対してIRの観点やコンプラから回答を得て、TBSが謝罪するに至った案件がある。その際のテンプレートを準備したのが私で、これはスポンサー企業側の、またメディア側のリスク対応資料の原形になったはずのもの。

メインキャスターが、私に対して公開の場で返答をするというのが、もはやちょっと理解できなかった。議論の相手としては非常に難しい相手で、特に報道媒体は私には触らないほうがいいと思う。押し紙訴訟においても勝訴をおさめており、このあたりの分野に異常に強い地方議員だって世の中にはいる。

また、私も党籍を有してのち、それなりに「良い子」にはしてきたのだけれど、それもよくなかったのかなって思っています。そういう意味も含め”今後”の在り方はちょっと考えたいと思う。

 

とりあえず。
スポンサーの一覧が欲しい。

特に昨日の番組を録画している方がいたら、「特に広告の部分」も含め全データの保存、および送付をお願いしたい。数日内に揃う予定だけれども。早ければ早い方がいい。

(気分がのらないので、Twitterの応酬だけでやめようかとも思っているが。荼毘にふされた日でもあるので。)

 

 

安倍元総理が旅立たれた。

課題なんて、ほんとはみんな分かっていたはず。けど、言うだけでやらなかった。

 

言っておけば格好いい、言うだけでいい、むしろ(実際には通らずとも)激しいことを言えば言うほど、バズるし売れる。

非現実的主張もあってはいいが、その過激性の結果、実際に実務を取り仕切る先生たちの足も止まったことは事実。
(言いたくはないが。)

そんな、今までのことはさておき、だ。

 

やること、やらしてもらうしかないな。

耳に痛いことを口にせざるを得ないが、現実を実際に動かしていくこと。

本来、なされねばならなかったことをきちんとやる。

多数派工作も含め、だ。ちゃんと通るだけの政策を練り上げること。

私達には、なすべきことがある。
旅立たれてのち、ね。

 

生きている者には、責務が発生すると、そのように私は自覚する。

今日は、または明日は、これにて休ませて頂きたい。

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

23 Responses to 安倍元総理が旅立たれた。これからは反撃を行う。

  1. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    こと安倍元総理暗殺事件に関して言えば、殆どのメディアは殺人教唆の実行犯に近い存在と判断します。
    更には、それらの情報に踊らされて来た者は、山上徹也予備軍である事も。

    今回、あらゆる方面が専守防衛に徹した結果が、この様な事態を招いた事実は、一般人も含めて猛省すべき点です。

    ならば二度とこの様な惨事を繰返さない為には、然るべく攻性防禦を行う必要があるのも実証されました。

    敵はこちらに銃口を向けて居る。
    敵が引金を引く前に、こちらが仕留める必要がある訳です。

    これからは反撃を行う。

    今更ながら、これが足らなかったのが悔やまれるばかりです。
    故にこれからは平面を制圧する事を目的とした、先攻効力射を展開する事には異存はありません。
    効力が引出せて無ければ再び修正射を放ち、射弾観測の後に再度効力射を放てば良いのですから。

    新実彰平さんは、試射目標としてはお誂え向きでしょう。
    この砲撃、全面的に支持します。

  2. BLACK より:

    殺人教唆、または呪いをしておきながら
    「自分たちは悪くない」「自分たちに一切の非は無い」「自分たちは正しい」と主張し
    主張するだけならまだしも、亡くなられた被害者とそれを悲しむ人間に石を投げる。

    そうしないと怖いのでしょう、と思ってもあまりに酷い。あまりに理不尽。

    私は今まで安倍(元)総理が批判され、憎まれ、口汚く罵られるのは大物税
    それだけ稀有な総理大臣の証と思って真剣に怒りませんでした。
    その私のような考え方がこのような事態を招いたのだとも自分で思います。

    言論の自由も、表現の自由、思想の自由もあります。日本では当たり前のことです。
    ですが、口にして良いことと悪いことは、それでもあると思います。

    以下は書くのも憚れますが敢えて書かせていただきます。どうかご容赦ください。
    「死ね」は普通に使う言葉、みんなも普通に使うでしょうと言い張る政治家。
    「後ろから撃たれた」「後ろから撃たれた」と妙に協調する作家。
    増上寺からの沿道で大勢の日本人が拍手して死を祝った、とのツイート。
    鳥葬にしたら鳥が下痢をする、とのツイート。
    まだまだ書けば限もありません。

    これらを、どう解釈すれば良いのでしょう。
    日本の「言論の自由」「表現の自由」「思想の自由」の中で行なわれるこの現象と
    どう向き合えば良いのでしょう。

    侮辱罪は政治家には、安倍(元)総理には免責なのでしょうか。
    公人、と言えども限度はあると私は思います。
    政治家には、安倍(元)総理には何を言っても、何をしても許されるのでしょうか。
    「許される」と言う空気をつくった結果、「死ね」と繰り返した結果が現状です。

    狙撃犯が日本人である、と言う意味では無く
    日本人全員が安倍(元)総理を死なせてしまったのだと私は思います。
    新聞社、裁判官、コメンテイター、ワイドショー、野党、左翼作家、左翼活動家、警察官、映画監督、俳優、ツイッター民、ネット民、庶民、日本人全員です。
    保守も、誰もが安倍(元)総理を護ることが出来なかったのだと私は思います。

    世論が100%一致することは有り得ず、それが一致すればそれは独裁国家だと思いますが
    このような殺人教唆・呪い・侮辱・世論誘導が堂々と、さも「正しい」かのような主張で
    平然と、生前も死後も繰り返される。
    これをどう解釈すれば良いのでしょうか。

    限度を知る人間と、限度を知らぬ人間が向き合えば
    限度を知る人間の負けなのでしょう。

    限度を知る人間と、限度を知らぬ人間が対峙する
    限度の無い言葉の暴力が本当の暴力を呼び起こす。
    それこそが暴力革命の姿なのかも知れません。

    思っていましたが書くこと、言葉にすることを躊躇していたことを
    小坪氏の当ブログを拝読し、書かせていただく気持ちになりました。
    ありがとうございます。

    以上 文責 BLACK

    1. BLACK より:

      他国や他者に対して異常な憎悪のエネルギーを持つ人たち
      中韓や「あべがー」の人たち、または小坪氏に粘着している人たち
      それらの人たちや、それらの言動に対して
      異常な憎悪のエネルギーが不足している人間は
      どう立ち向かったら良いのか、私は途方に暮れます。

      自分を決して良い人間だとか言う意味では無く
      憎悪のエネルギーの湧かない人間はどうしたら良いのか途方に暮れます。
      良い悪い、善悪では無く、私のようなタイプの日本人も多いと思います。

      安倍総理も、エネルギッシュな方でありますが
      その中に憎悪のエネルギーは極々少ない方だと思います。

      良い人は早くに死ぬ。
      決して亡き人へのはなむけの意味では無く、事実でもあると私は思います。

      それで良いのか。
      それは仕方ないことなのか。
      それは変えられないのか。

      小坪氏はその問いに答えてくださる。
      私はずっと小坪氏をそう思っています。

      以上 文責 BLACK

  3. しんのすけ より:

    私は安倍ファンですが、タイトルの
    「安倍元総理が旅立たれた。これからは反撃を行う。」
    は いただけ無いと思います。全然 反撃の力が湧きません。
    しっかりと
    「安倍元総理が殺害れた。これからは反撃を行う。」
    と書いて欲しいです。

    1. しんのすけ より:

      または、
      「安倍元総理が無念の死を遂げた。これからは反撃を行う。」と。

    2. 櫻盛居士 より:

      恐らく、「討たれた」などの表現と迷われた上での、「旅立たれた。」なのではないでしょうか。
      ここは行間を読む所ではないかと推察して居ます。

      【安倍晋三・元総理の訃報に接し】保守の同志には、立って戦え!と心を鬼にして言いたい、自分に対しても。
      https://youtu.be/hhK9WkUXgxo

  4. 甲州保守 より:

    いっそ彼らマスコミの権力を正式に認めましょう!
    彼らは事実上の権力を駆使しながら、我々は民間です、と逃げ続けてきました。
    二度とすっとぼけができないように、現実として存在している無形の権力構造を認めたうえで、野放しになっている危険な権力として、枷を嵌める必要があると思っています。

    マスメディア業界、および業界人(笑)たちは、半世紀以上もの間、世間や国民の声を完全に無視しており、どれだけの批判や指摘がなされても改めることも反省することもありませんでした。
    この手の悪意に基づいて生きている人間は、現実的なリスクしか鑑みません。

    いわゆる大手メディアが国民の代弁者を勝手に自称するのであれば、それを追認してしまい、電波や大手メディアの枠の持ち主を、国民が選挙で決める制度を設けるというのはどうでしょうか?
    フリーや小規模のジャーナリストは別として。

    実現性も公平性も無視で、ただ言っているだけですが……l

    1. 櫻盛居士 より:

      権力として認めるのは、弊害が大き過ぎると考えます。

      司法が取締る根拠法の制定と、その取締体制を確立すれば事足りる筈です。

      そうですね、連中の大好きな人権擁護法案などは参考になるんじゃないでしょうか。
      取締対象を自称ジャーナリストを含むマスコミに限定した、報道放送人権擁護法案とかにして。
      報道放送人権擁護委員会とか報道放送人権擁護局とかを、警察庁辺りの外局に設置して、ここにタレコミが入ると、即座にガセ放送の累計時間の10倍以上の時間を、ゴールデンタイムに限定して訂正放送を行う事を義務付けるとか。
      訂正放送枠はスポンサーを認めない(CMを挟む事は認めない)などの附則付で。
      紙面の場合は、ガセを流し続けた期間の10倍の期間、訂正を掲載し、訂正記事はガセ記事に用いたスペースによらず、第一面と最終面全体を訂正記事に広告無しで割当てる様に義務付けるとか。

      こうすれば、反日勢力に対して保守が交戦して居る事が、マスコミを使って明らかに出来ますし、マスコミからすれば訂正の応酬合戦に振り回されて、疲弊するでしょうから、裏の取れて居無い妄想を報道出来なく成ります。
      スポンサーも付かなく成ります。

      まぁ、報道放送人権擁護法案なんてのも、弊害は大きいのですが、権力として認めるよりはマシでしょう。

      1. 甲州保守 より:

        レスありがとうございます。
        読み返して己でも弊害に関する考えがたいへん甘いことに気が付きましたが、意図を汲んで代替案も考えてくださり、感謝します。

  5. BLACK より:

    「安倍元首相銃撃事件の一因は、「リベラル」が展開した異常すぎる言論空間にもある
    「反安倍」を煽り続けたマスコミの罪」

    『現代ビジネス』7月13日 浅香豊氏寄稿

    以上 文責 BLACK

  6. はちまん より:

    素朴な疑問です。普通はある人の存命中に決着がつかない事柄に対して歴史の審判に委ねるのだと思います。もしも生きている間に審判がくだるとすれば、歴史という表現はあてはまらないでしょう。

    日本語が少しおかしいのではないでしょうか。

  7. 神無月 より:

    安倍晋三氏の遺志が憲法改正なのですから、残された者の御役目は、その遺志を継いで憲法改正を実現することと思います。

    世界情勢は待った無しのようで、残される時間もあまり無いのでしょう。
    日米同盟とは云え、日本が命懸けで侵略国と抗戦していなければ、米国はすぐには動かない事は予想出来ます。

    安倍晋三氏の最後の御役目を、残された者が叶えなければ情け無いと思います。
    .

  8. ロード より:

    あの世というものがあるのなら、
    不本意で遣り残したことがありながらも、天意を受け入れて旅立たれたのだと思います。
    日本人を信じて。

    特権階級を気取って、アウトレンジから叩きまくっていたメディア。
    罪の感覚はもうないのだろうが、命を失った国士を貶めた罪は取り返しのつかないほど大きい。
    そしてメディアでの売名よりも支援者の感謝に走った生稲議員を捏造報道で血祭りに。
    池上氏は袖にされて当然の価値なき男だが自尊心は肥大しているのでしょう。

    生稲事務所は、
    「公共の電波を使って真偽不明の情報を流し、特定の個人を貶める行為は報道倫理にもとるものであり、貴社のメディアとしての姿勢を疑わざるを得ません」と指摘した。

  9. ワイの人 より:

    テロリストの山上がいっていた「安倍総理が統一教会を拡散させて今も付き合いがある」というデマは執拗に組織的になされていた
    やり方や口調の癖から日本国内で活動している某国政政党含む北朝鮮系列の左翼破壊工作組織と私は認識しています
    ただネットだけのそんな工作で人が洗脳されて暗殺までするのはありえない
    私は山上自身もその系統の組織に洗脳されて道具にされたのではないかと思っています

  10. 必殺仕事人@関西 より:

    7月13日(水)スポンサー一覧
    (尚、報道ランナーの番組構成は、17:48~18:09の間は東京の「Newsイット」(フジテレビ)の内容が放送されます。この間のCMは入れておりません。必要であれば、お申し付け下さいませ)
    番組提供:別寅かまぼこ(番組提供表示はこちらの1社のみ)
    NTT docomo、NetEase Games、サントリーホールディングス(株)、三井住友銀行、伊藤園、楽天モバイル、マクドナルド、カーブス、株式会社ラクス、Uber Eats、日本ヒルズ・コルゲート(株)、ソーダストリーム(株)、ソニー損保、(株)池田模範堂、(株)サイエンス、
    (株)Techouse(ジョブハウス工場)、(株)ケーズホールディングス、(株)ジャストシステム、(株)マツモト(理髪館 なんば店)、ロート製薬(株)、(株)カーポートマルゼン、(株)あきんどスシロー、(株)エニグモ(BUYMA)、白元アース(株)、日本KFCホールディングス、(株)サテライトオフィス、(株)Mizkan、(株)オリエンタルランド、
    日清ヨーク(株)、(株)夢グループ
    ※株式会社は略して表記しております。
    複数回CM流れている企業もあり。商品名まで必要であれば、お申し付け下さいませ。

    1. 個別の774人 より:

      感謝感謝

      とりあえずスポンサーお問い合わせ!

  11. 維新は裸の王様 より:

    メディアが負の側面を伝える際に良く使った常套句

    安倍元首相演説中の「こんな人達~~」

    その、こんな人達は実は・・・ と、白日の元に晒す事から反撃は始まるでしょう。
    「こんな人達~~」の下りは各局(キー局 地方局)全てで使ってたかと。
    ハムの人達に監視されてる、ある特定政党の影も見えそうな人達が、良くTVに出る市民団体や、表現言論の自由を好む「市民」ですね。

    以上です
    7/14 文責 維新は裸の王様

  12. 一日本国民 より:

    質問です。
    安倍総理が田布施人脈で朝鮮族だ、天皇が日本人から奪う側の金融資本側だとか、執拗なデマゴーグによる情報操作がYouTube上でありました。

    その都度、中川昭一先生にしても、韓国へのザル出資を止めたこと、中央銀行に対する日本の独立の精神を持たれていたこと、安倍総理、世耕経産大臣で、核ミサイルの原材料のフッ化水素やフォトレジストを無制限に韓国に流さないホワイト国外しを、使用証明なしには出さないとされた事、集団的自衛権やクワッド構築で日本を守ろうとされたこと、日本が拉致されても交戦して日本人を取り戻せない現行占領法改め、自衛権の発動或いは自衛隊の憲法明記をするための憲法改正ができるよう国民投票の足場の法整備をされたこと、国家公務員がスパイしないようにする法律整備、硫黄島の御霊に声をかけられたこと、天皇陛下の御代がわりをメディアに誘導され、逆に世界からの尊崇の念を再確認する場にされた事、、、思い出し、思い出し、騙されないようにしなくちゃ、と心に言い聞かせてきました。

    日本しねや、エノラゲイリターンズや、安倍総理を首切るような外国勢力による仮装行列や、包丁二本や、自宅侵入の危険、そして上皇陛下の最後の参賀の皇居、江戸城、官邸の警備の厳重さを振り返ったとき、

    選挙演説を、警備の観点から、急に、前日に、場所を変える、というのは、振り替えられた先の県警は、果たして準備が間に合うものなのでしょうか?と疑問に思いました。身を挺して守る、は最後の手段で、相当な警備体制が、事前に必要。

    命を狙われている世界的影響力ある要人を、護衛するための、警備には、厳戒態勢あるいはスナイパーの配備などどれくらいの規模と予算が必要でしょうか?

    小坪しんや市議の解説を聞いていて、市議さんたちの、献身で相当カバーされていて、大変さが分かりました。
    ケネディ大統領は、解析で、確か3つ違う音、直前に警護員が変えられていた。伊藤博文一行は、安重根だとされているが、ベルギー銃が使われ、複数犯だったと聞きました。

    なんとなく、最近使われている色、オレンジカラーがオレンジ計画日本滅ぼしを、意図している気がして、背水の陣だと感じています。但し、参政党さんは、あえてご存知故の反撃使用かなと推察します。半島が既に赤いと、朝鮮有事は日本でテロとミサイル着弾があると周知してくださったのは、小坪しんや市議です。岩宿縄文と古代ヘブライの融合たる4万年の日本が、永続しますように。

    ちなみに、レインボーカラー計画は、世界戦争だそうです。
    超限戦は、素人には分かりかねます。分からないが、答え、かも知れません。

  13. BLACK より:

    「限りなく無色透明。なぜ安倍晋三氏は長期政権を維持できたのか?」
    冷泉彰彦氏 7月13日 アップ
    (タイトルの検索で数か所で読めるようです)

    「安倍元首相の下で自民党は「左傾化」、左派野党が壊滅した今の対抗勢力は?」
    上久保誠人氏寄稿 7月14日 ダイヤモンド・オンライン

    保守層としては同意出来ない部分も多いかと思いますが
    私は保守層以外から見た安倍政権と言う意味で非常に興味深く読みました。
    同意出来ない部分もありますが、それよりもうなづける部分が多かったです。

    それだけに、何故一部の人たちが安倍(元)総理をこれ程憎むのか、益々わからなくなります。
    「アベガー」とは、「アベ政治を許さない」「あべ死ね」の正体とは何だったのか。
    政治姿勢でも、イデオロギーでも無いなら、何なのか。
    今も続く安倍(元)総理への憎悪は、リベラルとか左翼と言う意味では理解不能だと改めて私は思います。

    今後、政権は左に向かうと言う見方と、右に向かうと言う見方、両方があるようです。
    何をもって右左なのかと言う定義も難しいかも知れませんが。
    わかっているのは、左に行っても、右に行っても、ストッパーや仲裁役になる安倍(元)総理がいないと言うことだと思います。
    防衛費増額もないまま、方向だけは他国に対して対立方向に向かうこと
    その後の仲裁者・調整者不在のまま、方向だけは他国に対して対立方向に向かうことは
    親中路線・親韓路線と同じくらいに危険なことだと危惧しています。

    私が上記2寄稿を評価しますのは、
    安倍(元)総理は、決してリベラルや左派の敵ではなかった。
    右に対しても、左に対しても、穏やかな政治・平和な舵取りであったと思うのに
    何故憎んだのか、何故これ程憎むのか
    安倍(元)総理を憎む左派と言うのは、実は左派では無いのだと言えるのかも知れませんが。

    保守をも納得させるリベラル政治
    筆者氏が仰られるように、これはもう誰にも出来ないことだと私は完全同意します。

    そして今後、これが出来ない日本の危機を思います。

    リベラルは敵を間違えてしまったのだと私は思います。

    (リベラルの中に外国勢力と言う意味合いを入れても、私の主張は変わりません。)
    (リベラルの中に「親中」「親韓」を入れても、私の主張は変わりません。)

    以上 文責 BLACK

  14. ワイの人 より:

    山下というアベガーの暗殺者が現れたことでアベガーのような、「嘘」を撒き散らして憎悪を煽る犯罪者集団の刑事訴追、民事告発による合法的な遠慮ない取り締まりと処罰が必要だと考えます。
    それが今回の事件の教訓の一つと考えます。
    ✳︎アベガーは安倍総理が統一教会と深い関係を継続しているとか森友学園に便宜を図ったなどの明白なウソを大量に流し続け今も続けています。

  15. 必殺仕事人@関西 より:

    7月14日(木)スポンサー一覧

    番組提供:無し(番組提供表示は本日無し)

    井村屋(株)、(株)ラクス、(株)ウェブシャーク、新日本製薬(株)、第一生命保険(株)、
    (株)テレビショッピング研究所、花王(株)、(株)カーポートマルゼン、ノーベル製菓(株)、
    関電不動産開発(株)、agoda(アゴダ)、(株)ウェザーニューズ、ロート製薬(株)、
    (株)ルミーナ、ソニー損保、大阪ガス(株)、くら寿司(株)、(株)霊園・墓石のヤシロ、
    白元アース(株)、カーブス、Uber Eats、味の素(株)、P&G、上新電機(株)、
    アリナミン製薬(株)、(株)夢グループ、東洋水産(株)、サントリーホールディングス(株)、
    日清食品(株)、伊藤園、(株)井田ラボラトリーズ、サッポロビール(株)、(株)Mizkan、
    Galaxy Mobile Japan

    ※株式会社は略して表記しております。
    複数回CM流れている企業もあり。
    尚、報道ランナーの番組構成は、17:48~18:09の間は東京の「Newsイット」(フジテレビ)の内容が放送されます。この時間帯のスポンサー企業は上記に記載しておりません。こちらの企業も必要であれば、お申し付け下さいませ。

  16. 必殺仕事人@関西 より:

    7月15日(金)スポンサー一覧
    番組提供:別寅かまぼこ(株)(番組開始~17:48の前半部分)、
    (株)ベルコ(18:09~番組終了までの後半部分)
    ※17:48~18:09の間は東京の「Newsイット」(フジテレビ)
    の内容を放送
    ※本日番組提供表記のあった企業は2社のみ

    花王(株) ソニー損保 NetEase Games (株)カーポートマルゼン
    (株)ウェブシャーク (株)リクルート アクサ 白元アース(株)
    (株)サイエンス (株)MTG (株)すき家 (株)ネスタリゾート神戸
    西日本高速道路(株)・中日本高速道路(株) (株)大森屋 
    (株)スマレジ dyson (株)Mizkan Uber Eats 
    TCB東京中央美容外科 キリンホールディングス(株) 
    関電不動産開発(株) (株)なか卯 (株)かねふく 楽天モバイル(株) 
    (株)メガネトップ (株)CyberOwl(テラコヤプラスby Ameba)
    日本KFCホールディングス(株) STAGEX高島 アサヒ飲料(株)
    三菱自動車(株) サンスター(株) (株)池田模範堂 
    (株)Mobility Technologies(GO(ゴー))
    ライフアンドデザイン・グループ西日本(株)(らくおう セレモニーハウス)
    (株)ジャパンパーク&リゾート (株)資生堂 上新電機(株) 
    (株)ヤクルト本社 くら寿司(株) 伊藤園 ダイハツ工業(株) 
    (株)あきんどスシロー (株)トリドールホールディングス(丸亀製麺) 
    エステー(株) Galaxy Mobile Japan (株)ジョリーパスタ 
    味の素(株) 本田技研工業(株)

  17. 黒水仙 より:

    「アベなきキシダ」なら騙せるはずが… 韓国は安倍元首相死去で右往左往

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b5b8ba244f35f55a11ea866756b20ce68895f90

    やれやれ…岸田首相も随分とナメられたもんですね。
    安倍元首相という強力なアドバイザーを岸田首相は失った。だが失われてしまったからこそ、後戻りはできぬと覚悟を強く持つこともある。そうであって欲しい。
    内側の敵に対する戦い方を安倍元首相は熟知していた。韓国とつるむ省庁やメディアこそが真の敵。
    懸念されるのは外務省の暴走。
    外務省の言いなりの目立ちたがりの林は交代させるべき。
    後、松野官房長官と茂木幹事長もね
    次の内閣改造で岸田の覚悟の程がわかるかも
    岸田に「安倍元総理の死」をも利用する覚悟があるのか?
    黄金の三年間の上に今なら「安倍元総理のご遺志ですから」とある意味ボーナスステージ。
    岸田が本気で憲法改正等課題に取り組むなら、安倍元総理は自分の命を使い倒すことを許してくださると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください