【原風景】平成に当選した政治家が、昭和の日に思うこと。


 

 

感慨深いものがあった。
昭和で生まれ、平成に育ち、令和を迎えた。

好景気だったのは、中学ころまでだったかな、
子供心ながらに、当時の大人はキラキラしていたように思う。
世情には希望が溢れていた。

これは平成を否定するわけではないけれども、
私たちが大人になったとき、そこは戦場だった。
いや、戦場とすら言えない。

私が大学を卒業し、社会に飛び出したとき。
国立の四大を卒業した私には、就職はあった。
工学部ということで、内定もいくつかもらったと思う。

上場企業で、幹部候補生として社会人に。
ある意味では、勝ち組と言われる人生だった。

けれど、私は走り屋出身で、まったく経歴を隠していないから書くけれども、
やはり高学歴の者は少ない世界で、私が友達と思っていた仲間たちとは、大きく人生がズレた。

そういうものだと言われれば、そんなものなのかも知れない。
けれども、本人の自助努力ではどうしようもないほどの暴風雨の中、
崖の上から、突き落とされるような状況ばかり、私が見た社会はそれだった。

負い目、だった。
嫌な言い方になることは承知の上で、【自分だけだが勝ち組】になっていったこと。
醜いアヒルの子の寓話があるが、彼は白鳥として北国を目指したかったのだろうか?
それとも、”毛色が違うね”と揶揄されながらも、小さな湖で、アヒルと共に生きたかったのか。

白鳥の群れに会った時、きっと涙を流したろうけれども、
それは喜びの涙だったのか、別れを悲しむ、決別の涙だったのか。

 

いま、必死の思いで、人生を賭すだけの決断をもって、故郷である行橋市にいる。

けれど、あのとき、私は地元を捨てた。

 

捨てたんだ。

昭和で生まれ、平成に育ち、令和を迎える今。
思い出すことは、一度、”地元を捨てた”という負い目、
そして、自らは勝ち組となってしまったことに対する、負い目だった。

それは、私が背負っている業であり、
言い換えれば、いま感じる責任感の本質である。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

ツバサ
アンダーグラフの、ツバサという曲がある。

当時、私が聴いていた曲。
そして、涙した曲。

 

 

私は、地元を去った。

責任を明確化するためというか、自らを追い込むためだろう、
私は意識して「捨てたんだ」と、負い目として言い続けている。

確かに外に出なければ、学べぬことはあった。
議員としても、いまほどには活躍できなかったろう。

 

 

 

夢なんて、なかった。
夢なんて、なかった。

正しくは「夢なんて、見させてもらう機会はなかった」だ。

 

やりたいことは、あった。
なりたいものも、あった。

私だけではなく、誰にもあった。
けれど、やりたいことを選べる世情でもなく、
なりたい自分を描く自由なんてなかった。

 

それは、すでに恥ずかしいこととすら思え、
「おまえじゃ無理だよ」もしくは「俺らじゃ無理だよ」と、自嘲的に笑うしかなかった時代。

世間は、そしてメディアは「自己責任」と私たちを嘲笑したんだ。

 

車が好きだった。

だから、車を作る仕事につきたかった。
私は、夢を叶えた。

私だけだった。

 

 

 

醜いアヒルの子
内定が出たときは、嬉しかった。

一週間もせずに、「内定辞退」を考えた。
地元に残りたかった。友達と別れたくなかった。

 

上場企業の内定をもらった。
私を見る目が、変わった。

アヒルの湖の中で、「おまえは白鳥だ」と言われたことは、決して本人にとっては幸せではないということ。

 

ここで生きて行きたかった。
一緒に年をとりたかった。

 

「行ってこい!」と、出征を見送るように。

思えば、それは特攻隊が出撃するかのように。

最後に背中を押したのは、友達たちだった。

「俺たちのぶんまで・・・」と。

夢なんて描けない、この世界の中で、あんたが希望だよって。

 

忘れられない光景がある。
物凄い台数の車から、パッシングされた日。

私は走り屋のチームリーダーをしていたのだけれど、最盛期は70台ぐらいいたと思う。
お付き合いのあるチームもあって、私の車はそれなりには有名だった。

愛車は、FD3S。
バンパーの色が違うのはご愛敬。
とりあえず、目立つ車だった。

 

私が町を去ること。
3回も留年したから、随分と遊ばせてもらった。
交流だけは広くなっていた。

みんな知っていた、私が県外に行くこと。

 

車を、港まで移す。
地元を出て、福岡空港まで持って行く。

国道、県道、市内、、、
すれ違う車が、何台も何台もパッシングして、手を振ってくれた。

 

「行って、来い!」って。

あぁ、私はこの街を出るんだな、と。
頑張ってくると、固く心に誓って。

 

 

 

私の戦い
それでも、戻りたかった。

 

時代は、製造派遣の解禁。

耳にこびりついて離れない言葉、
後輩の女の子が「しんちゃん、私、派遣社員になれたんだよ!」と、とても嬉しそうな声で言う。
地元に残し来た後輩だった。

当時、派遣社員は相当なエリート職であり、これが壊れたのは製造派遣が解禁されてからだ。
私は、上場企業の幹部社員として技術職、そして社内のことも、製造業の状況も手に取るようにわかった。

賃率のことも。

 

私が心をこめて線を描いても、
治工具に力を入れても、私たちは「人間を、自動機の一つ」として図面を描かざるを得ないことも、生産がたてば高額な自動機を、小ロットであれば「機械として、パーツとして人間を」という方針であったことも、見ていた。

自分の友達を、部品として組み込むように図面を引くことが、苦痛だった。
笑顔は、薄れて行ったように思う。

 

少しでも、高額の製品が求められた。

高付加価値の製品であれば、国内産業として残せる。
安価な製品であれば、海外移管されてしまうからだ。

ここは、私の戦場だった。
新人だったから、何もできなかったけれども。

 

少しでも難易度の高い、高付加価値品を作れば。
国内生産の道が残せると信じて、信じて、身体なんて壊れてもいいから、と思っていたんだ。

ライン一本に、命を懸けて。

 

けれども「技術協力」の美名のもと、技術はCHINAや韓国に流出していく。

友達の笑顔を思い出すことが、やがて苦痛に変わった。
楽しい記憶は、やがてトラウマに。

いまでは、楽しかった時代のことを、よく思い出せないんだ。
本当に記憶が一部、欠落してしまっているんだと思う。

 

戻りたかった。
でも、戻れなかった。

逃げ戻るわけには、行かなかった。
送り出してくれた友達たちに顔向けできない。

 

”戦うために”戻ってきた。

ここに私の政治の原風景がある。

 

 

 

地方議員として
私は、マクロな目線も持っているとは思う。
全体を俯瞰することも必要で、それは確実に必須の能力だ。

 

けれど、私の本当の目線は、ミクロな部分にもある。
というよりも、(この言葉は使い方に気を付けねばならないが)底辺から這い上がってきた。
確かに、キャリアとしては私は勝ち組なのだろう、
だが、単に、いわゆる勝ち組とは毛色が違う。

 

もとから白鳥なんかじゃなかっただよ。

アヒルとして生きていきたかった。
「守るために、戦う」という気概。

 

それは、沈みゆく飛龍の航空隊のように。
政治手腕が、「刺し違えてでも!」とすら感じさせるのは、ここに理由がある。

譲れないものが、ある。
私には、守るものがあった。
そして、捨てたんだ、一度、捨てた。

代わりに得たのは、数字では誰にも負けないスキル、タフネゴシエーターとして戦えるだけのスキル。
皆と生きる時間を犠牲にし、手に入れた、研ぎ澄ませた刃。

どこに向けるか、そして、どの速度で抜刀するかは、
多分、あの日と変わらない。

 

 

 

「どうせ負ける」から、やらない道、それはお利口さんのすること。
けれど、私はお利口さんなんかじゃないんだよ。

 

私を、戦場に駆り立てたのは、誰だったのか。

記憶から欠落してしまった、友達たちの笑顔。
思い出すことすら苦痛を伴うようになってしまった、楽しかったはずの記憶。
忘れ得ぬのは、何十台もの車からのパッシング、あのときの声援。

もしも、「私を白鳥として扱う」者がいれば、アヒル出身の意地を見せてやりたい。
決別の涙、そして音速のアヒルとしてソニックブームで薙ぎ払うぐらいは、やってみせたくもなる。

 

こういう勝負は、勝ちそうだからやるとか、負けそうだからやらないとかじゃないんだよ。
負けそうでも、無理だと思えても、必要だったら戦うんだ。

そういう世界で生きてきた。

 

 

私が行けば、付き従う者も出てきてしまうだろう。

問題は、僚機だ。
彼らの安全までは保障できない。

いまは、きっと私だけの判断ではないんだ。
確実に周囲を巻き込む。

以前よりも判断が重くなったように思う。

 

 

 

ダラダラとした中、ベットの中で考えていた。

 

昭和で生まれ、平成に育ち、令和を迎える。

 

光の渦とも言えるほど、

 

送り出してくれた友達たち。

 

地元を離れてまで、身に着けたスキル、

 

研ぎ澄ませた刃、どこに向けるべきか。

 
 

令和を迎えるにあたり、私はどうすべきか。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

16 Responses to 【原風景】平成に当選した政治家が、昭和の日に思うこと。

  1. 拝読しました。
    本当は書かなければならない書類はあるし、自サイトでWordPressに感染するウイルス「ラッキービジター」について原稿を書きたいところではあります。
    タマにはコメントを、と思った次第ですので、軽く読み流していただければと思います。

    小坪さんとはほぼ同世代ですが、私の方が学年は1~2コ上のようです(私は早生まれなので)。
    ゆえに、私とその同級生の場合、高卒でギリ「バブルの恩恵」があり、専門卒ではかなり怪しく、四大卒では「就職氷河期」となりました。
    私は2年次で高校を中退し、中退して2週間後にはソフト会社にプログラマの正社員として勤務していましたから、ある意味バブル景気とその狂気を目の当たりにしていました。
    この辺に関しては自サイトの記事その他でも書いたので割愛しますが、「未曾有の好景気とは、こうも人を楽天的にするのか」と思いました。

    毎晩事務所で徹夜で仕事をして始発で一旦帰宅し、ひとっ風呂浴びて着替え、メシも食わずに出勤するような毎日であっても、その割に給料がフリーターのそれと変わらないほどの安月給でも、当時の私は「なんとかなるさ」と、無駄に希望がありました。
    第一に、私は当時も今も小学生の頃から憧れた職業に就いており、自分の仕事と職業に誇りを持っています。
    第二に、私は頭がアレなので、超楽天的かつ先のことを考えない性分ですし、好きな仕事(趣味を兼任)をやりながら、好きな本を読んで好きな酒が呑めるだけで幸せでした。

    その後、有限会社を設立&失敗したりフリーランスになったりしてますが、自分のスキルを伸ばす必要から大学の門を叩き、苦学して何とか卒業してみると、正に「私はどうすべきか」と思い悩むようになります。
    明らかに他人とは違う経歴・スキル・年齢で、30歳を過ぎて大学を卒業してしまうと、仕事はいくらでもありましたが、すでに社会は「IT人材(SEやプログラマ)は使い捨て」が常識になっており、IT業界の商習慣とビジネスモデルがそうなっていました。
    私個人もそうですが、数え切れないほどの同僚・先輩・後輩が精神を病み、「うつ病」で休職したり(復職する人の方が稀)、「親の介護」を理由に戦線(職場)を離脱して行きました。

    明らかに、現在の日本社会は異常です。
    私は商学部出身なので、マクロ経済学は必修だし、商学や経営学を専門課程でやってますが、上場企業の貸借対照表を見るに、株による配当や役員報酬は異常なレベルです。
    それでいて企業の経費として大きい人件費を単なる「コスト」として削っている異常さ。
    武田信玄公の言葉を引用するまでもなく、企業にとって従業員は「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」でしょう。
    企業は「社会の公器」ではなくなり、起業家の搾取システムになってしまいました。
    同時に精神科医療の異常さも指摘せざるを得ず、また、「他人(あるいは自分以外の)せいにしたい」弱い日本人像がハッキリします。

    >令和を迎えるにあたり、私はどうすべきか

    自分の正しいと思った道を行くしかありません。茨の道なのは私も同じです。
    小坪さんは、少なくとも仲間がいるじゃありませんか。
    それだけでも非常に羨ましいですよ。

  2. 陸戦型たぬきそば のコメント:

     ところでよく「アメリカが日本を支配している悪意の黒幕」などともいわれるが、その「アメリカ」とは「どのアメリカ(どの部分)」のことなのだろうか? おそらく「アメリカ民主党などの共産グローバリストの悪意」を、アメリカ全体が日本に過剰な悪意を抱いているように誤認識・過剰反応させようとする撹乱誘導プロバイダの側面があるのでないだろうか?(前大戦の共産コミンテルン、紛争を煽って共倒れさせようとする「敗戦革命」工作と同じである)
     たしかに終戦直後ならば、その直前まで日本と死闘していたのだから「手段を選ばず監視させて強力に牽制・抑圧しよう」と思うのは当然の心理だろうが(そのために国内の在日コリアンや共産主義者まで利用したそうだが)、七十年かけて日米の信頼関係と友情が確立した今となっては状況が違う。たとえ盟友親友や夫婦同士ですらそれなりに確執はあるものだが、それを真にリアルな敵対関係(お互いに潰し合うしかない、基本的に共存も協力も不可能の関係)と同一視するのは間違いだろう。
     もっとも、アメリカ側の共産グローバリスト利権のマフィア的な勢力が巨大な力を持っていたために(日本でも野党のみならず与党まで政界全体がシンパ支配されている面があるのでないか?)、日本の安倍などの護国勢力も妥協せざるを得なかった面があるのだろう。これまでの余命などを巡る経緯や過去と現在の自民党の異常売国(最悪の典型は小泉政権)。これから日米双方で同時に掃討することになるのでないか?

    (備考)
    今回の投稿コメントは個人ブログで書いた記事の一部コピペです。日米関係を考える上で、たしかにデタラメや過剰な売国は問題ですが、基本的には友邦・同盟国なのでそれを含めて協議や改善すれば良いだけのように自分は思っています。

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    先生、私達は666の世界から567の時代を経て、369の時代に向かってます。今まで信じていたモノが、足元から崩れ、常識と思い込まされていた事が、ほんとは違っていた。と言う事が間もなく起こるやもしれません。でも私達、日本人は揺らぐ必要などないんです。私達の魂の奥で眠っていりモノを叩き起こし、自分は何が好きでやりたいのか?と尋ねて、好きな事をすればいい。そんな時代がきますよ。

    全てはアメリカで始まり、日本で終わる。
    ワクワクしながら、見えない所で戦っている全ての方々に感謝しましょう。

  4. 私信w(陸戦型たぬきそば) のコメント:

     小坪先生の思い出話のことで。
     ノコノコ地元に帰って自滅するよりマシじゃないですか?(大学は東京でしたが) 東京本社のデカいビル見た後に、帰った地元の地方で派遣工員()に転売(IT)、しかも文系の奴をゴリゴリの機械制御プログラムとか(もっと文系向けのシステムにしてくれw)、プロジェクト経験なしで転売で出向先現場の年配者(ベテラン派遣技師)から「育てる余裕はない、貴様は排除して交換する」とかw
     カタワにされてから逃げても遅い(人情に負けた失敗を「反省」して人間が変わりましたなw)。本心では地元を憎んですらいますし、今では(護国闘争の経緯で)日本や日本人のことも「うえっ!」です(優良な痴呆のロボトミー羊)。
     それにプロ知識層とかも、およそ信頼や尊敬してはダメな連中でしたな(別途に日本史とかについてちょっと調べて「明らかにおかしい」みたいなのを書いたのを、あるいは御覧になったかもですが)。自分には真面目にやる意志など微塵も残ってないです(最後の正気まで磨滅完了)。

    (備考)
    それから何人か、専属スタッフさん(護国支援有志)の方のコメント(解説担当?)が混ざっている気がします。敵方工作員も出没しているようですし、なんだか「コメント欄が小規模局地戦の舞台」のような有様ですね。SFの「戦闘妖精雪風」みたいな監視員とかいそうでは?(原作は小説ですが、アニメ作品の音楽動画もYouTubeで上がってます)

  5. 北九州市民 のコメント:

    同世代だからわかります。

    当時、KO大学商学部の学生だった従兄弟は就職先がないからって大学院に進学してました。
    同じ理由でわざと留年する人間もたくさん。

  6. 波那 のコメント:

    崩御なされた後、みどりの日と制定されていた昭和帝御生誕の日、4月29日が『昭和の日』とされたのはいつの頃からでしたでしょう。戦後の自虐史観から解き放たれて行っている日本人は、昭和帝陛下の本当の御姿に出会い、日本人である事が誇りに思えるようになります。憲法と同様にGHQに変えられてしまった皇室典範も戦前の状態に戻して頂き皇室の権威を取り戻して頂きたいです。我が国の皇室は世界最長の歴史のある王朝です。たった一回戦争に敗けたからと言って70年そこそこで、しかも陛下の権威を蔑ろにしようとしている連中の悪意によって左右されるようなものではありません。
    ……………

    安倍政権の間は憲法改正には応じないとか、ありとあらゆるイチャモンをつけて毎回国会が開かれる度に、誰かが週刊誌に書かせる、野党とマスゴミが騒ぐで毎日毎日、ドブに三億円捨てるだけの茶番劇の日々が3年2ヶ月も続いて来たのでした。28日から国会で、やっと憲法改正論議に入る事になりました。皆さん、国民投票は我々が行使出来る日本国民の権利です。カス野党やクズマスゴミは我々日本国民の権利を妨害して奪って来ました。

    Dappi
    @dappi2019
    自民党「本日、ようやく憲法論議が行われる」
    立憲共産党などが『安倍政権下では議論できない』と主張しサボり続けてた参議院の憲法審査会が3年2カ月ぶりに開催されました。
    #kokkai
    午前10:35 · 2021年4月28日

    Dappi
    @dappi2019
    西田昌司「今の憲法はGHQが占領目的のために作ったもの。主権回復から70年以上経過も占領時代の政策はまともに議論すらせず。9条があるのに自衛隊があるのは憲法の齟齬。どういう経緯で出来た憲法か国民は把握を」

    こういう経緯で出来た憲法が今の時代に沿う筈がない。憲法議論を進めるべき
    #kokkai
    午前11:29 · 2021年4月28日

    🔸西田議員の発言の概要
    「憲法が、いかなる経緯で出来たのか、先ず歴史的事実を共有する事が憲法を議論する上で一番大事なこと。つまり、憲法を作ったのはGHQで、占領中にGHQが占領目的を完遂する為に作ったと言う歴史的事実がある。当時は占領中で一切報じられる事はなかった。事実は伏せられた。昭和27年の4月28日はサンフランシスコ講和条約で日本が主権を回復した日で、それまで議論はされなかったし、主権を回復した後の70年近くもまともに議論はされずに来た。特に問題は九条があるのに何故、自衛隊があるのかという事。作った当時、アメリカは日本に戦争を絶対にさせないと武力放棄をさせたが、朝鮮戦争以降にアメリカは日本に再軍備を要請して来た。そこから憲法と自衛隊の齟齬が生じた。ここも含めて、もう一度、国民と共有する必要があります。」

    Dappi
    @dappi2019
    山谷えり子「憲法の不備・欠陥を考えるべき。憲法に緊急事態条項がないため“コロナ禍でロックダウン不可・クラスターで国会定足数が満たさない恐れ”もある。被害を最小化し危機を克服する議論は国会の務め。日本に主権がない時に作られた憲法が75年も改正なしは異様。毎週、議論を」仰る通り
    #kokkai
    午前11:57 · 2021年4月28日

    Dappi
    @dappi2019
    佐藤正久「国民はコロナで日本は想定外に弱いと感じたと思う。災害対応時も事態発生後に法改正してきたが、想定外や新事態に適切対応&国民の命を守るには憲法に緊急事態条項が必要。想定外発生の可能性があるのに何もしないは無責任」その通り!
    緊急時に即対応出来ない今の憲法は変えるべき
    #kokkai
    午後0:21 · 2021年4月28日

    Dappi
    @dappi2019
    佐藤正久「日本の主権を守る自衛隊は憲法不記載なため最高指揮官の総理が欠けたら誰が代わりを務める規定もない。また海外派遣時に『自衛隊は憲法違反』と言われグサリときた…国会は自衛隊の曖昧さをなくす案を示し、国民に判断してもらうべき」
    命懸けで国民を守る自衛隊が違憲のままではいけない
    午後0:45 · 2021年4月28日

    🔻野党の妨害で3年以上停止していた参院憲法審査会が今日やっと再開 20210428
    https://go2senkyo.com/seijika/165194/posts/234385
    2021/4/28

    総理に何かあったら誰が交代するのか規定が無いとは知らんかった、ダメじゃねそれ

    「毎週議論を」毎日でもええんやで変えるまで
    その他の問題点

    世界6位の実力をいつまでも「これは武力じゃありません」言い張ることは「日本国は嘘つき」と思われ国の恥

    同調圧力の非常に強い日本人がなぜ世界中で日本しか採用してない9条を採用し続けるのか結婚式にステテコで出席してるようなもんで恥ずかしくないか

    自衛隊を国軍と規定してないと万が一捕虜になった場合、民兵あるいはゲリラ兵と見なされて条約規定の扱いを受けられない恐れがある
    緊急事態条項が無いと強権を持った利敵罪や防諜罪を規定しにくいなどなど

    私見
    憲法停止は閣議決定できる
    武力衝突が勃発した時に「当面の措置」で停止せよ70年ぐらい
    皇室指揮下の武力も必要
    近代に共産化や革命や国民投票で君主が廃された国
    イラン エジプト リビア チュニジア ブルガリア ハンガリー ルーマニア イタリア トルコ オーストリア ドイツ ロシア プロイセン フランス ウクライナ ギリシャ などなど

    鳩山菅直人野田佳彦が総理だったこともあり今後も絶対無いとも言い切れないので皇室警護を総理が最高司令官の自衛隊に丸投げは危険
    クーデターや革命が絶対起きない保障も無しなので皇室独自の武力を持つべき
    憲法停止でそれが可能に

    • 波那 のコメント:

      🌟キターー!!ヾ(*’O’*)/ーー東京地検がテクノシステムを家宅捜索

      Nathan (ねーさん)
      @Nathankir…. 18時間
      東京地検が太陽光発電関連会社を家宅捜索 | 共同通信
      小泉孝太郎がCM出て、社長と小泉純一郎との特別対談広告が新聞で打たれたテクノシステムが…
      東京地検が太陽光発電関連会社 を家宅捜索 | 共同通信
      & this.kiji.is

      Nathan (ねーさん)
      @Nathankir. 18時間
      返信先: @Nathankirinohaさん
      前から違法貸し付けに関して問題視されてい て、会社は事実関係を否定していたんですけどね。Techno System

      🔻【速報】小泉純一郎元首相が広告塔、息子・小泉孝太郎がCMに出演している太陽光発電会社「テクノシステム」が融資金詐取か 東京地検特捜部が家宅捜索~ネットの反応「進次郎、どうすんのこれwww」 – アノニマス ポスト
       https://anonymous-post.mobi/archives/8107

      🔻【話題】『語録が増えすぎてきた進次郎』
       https://sn-jp.com/archives/37325

      プラスチックの原料って石油なんですよね。 意外にこれ、知られてないケースがあるんですけど。

      「具体策は?」 に 進次郎氏具体性ない回答
      除染廃棄物の県外処分
      小泉 進次郎 環境大臣
      *30年後の自分は何歳かなと、あの発災直後から考えていました

      小泉大臣セクシー発言
      ニューヨーク 小泉環境大臣
      気候変動問題で 「セクシーであるべきだ」 記者に 「説明すること自体がセクシーじゃない 」

      小泉大臣「今のままでは・・・・」
      ニューヨーク
      小泉環境大臣
      今のままではいけないと思います。だからこそ 日本は今のままではいけないと思っている

      その画像を保存させていただきます。 だからこそ 私はその画像を保存させていただきます。

      🔸【NEW!!】
      くっきりとした姿が 見えているわけではないけど…
      シルエットが浮かんできたんです…
      おぼろげながら浮かんできたんです 46という数字が…

      no name
      …で、レジ袋有料化で効果はあったの?

      no name
      大臣になっていきなりおかしくなった訳じゃないだろ.今までの語録を聞きながら総理大臣候補って言ってた人は名乗り出なさい.
      てか,メディアが総理大臣候補って言ってきた人ってこんなのばっかやな

      no name
      しゃべるな、黙ってろ2代目ルーピー

      no name
      あなたの奥様が身に着けているパンストの材料も石油なんですが。
      あなたが使ってる公用車のタイヤの材料も石油なんですが。
      頭の中にはまぼろししか詰まってないんだろうな。

      no name
      バカだね

      no name
      TBSの神輿にされるようじゃなぁ。リコール!

      no name
      コイツに投じた横須賀市民は目を覚まして下さい。いや他にまともなのがいないて事だろうか?

      no name
      こう言うのを世間にもっと知らしめて
      選挙で当選させない様にしないと
      日本は、アホ政治家で溢れる。

      no name
      いつも酔っ払いながら、何かを言ってるみたいだ… 本当にコレが、未来の総理大臣候補なのか?

      🗣️ 小泉君は毎回発言の度に、SNSで容赦ない事を書かれて炎上してるらしく、もう自分の事が書かれた記事を読まないそうです。そう言えばツィッターを始めたけど、英語でしか発信してないそうで(何で?)、やはり炎上を怖れてのことなのか。日本の大臣が英語で一体、誰に向けて発信しているんだか。意味ないし。

      • 陸戦型たぬきそば のコメント:

         そいつは素敵ですねーwww
         これでとうとう小ネズミ(小泉)ファミリー(ヤクザの「組」の意味w)も、バイデン同様?の爆弾首輪か? 目先の保身と司法取引で自分が助かるためだったら、どんな無慈悲で無恥無惨なことでもやるのでは(だって「良心の全くないパーフェクト・サイコパス」で「純正なる犯罪者」だし)。パヨ味方を売り飛ばして乱射のように撃ったり、韓国切り捨てや在日コリアンの駆逐殲滅にすら平気で賛成しそうな気がしますね。
         たしか都知事の小池とかも小泉と繋がっている説がありますが、飲食店や夜の店(裏社会ともしばしば関係があり在日コリアンも多数含む)に大規模打撃を与えるようなことを(コロナ対策で仕方なく)やってますし。結局、コロナ世界テロで舐めた真似したブーメランは、既に第一波が反日利権勢力にも直撃していたのでは? 第二波・第三波で「ブーメランで完全破滅」になる?(期待)

         あの皇室への詐欺ストーカーの小室とかも、明らかに共産左翼や在日とか組織犯罪利権の工作員ですが、マスコミや芸能人(自身が在日コリアンや左翼)からまで「私はまともです」アピールのための生贄・捨て駒に叩かれている(皇室への誹謗中傷や侮辱工作も継続中ですが)。
         中国の失業二億説や餓死凍死続出危機疑惑とかも、共産党の都合で(買収と連帯で)情報隠しまくって、最後はあらかた日本人に「中国人が死んでよかった」と言いながら手のひら返して寝返るつもりなんでしょう。
         あいつら(プロの腐れ左翼や在日利権)は「そういう連中」ですが、はたして「甘ったれた舐めた話」が通るでしょうか? 最後は全方位から袋叩きリンチで血祭り必至では?

  7. 波那 のコメント:

    閑話休題ですが、最近頓に日本政府は「あっち行け〜、こっち見んな」扱いしていて何かと忘れがちな韓国ですが、それなりに相変わらず、何のお変わりもなく平常運転中です。韓国の潜水艦は一旦潜行したら最後、もう浮かび上がって来ないと言われていた事がインドネシアが韓国から購入した潜水艦で起きてしまったのもその一つ。兎に角、助ける度に返り討ちに合わされて来たあの国を日本は二度と助ける事はないと私達は改めて胸に刻みましょう。

    ★【まとめて悲韓10ニュース】最近韓国ネタが多すぎて困ってます。追いつけません。
    https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12670852526.html

    我々、日本人の思いは一つ。日韓断交💥

  8. 琵琶鯉 のコメント:

    外国製ワクチン、色々言われおりますね。速く国産が出るのを心待ちしています。
    さて、Keen-Aear newsチャンネルが、面白い動画を上げてます。ヨーツベさんが、常にチェックしていてなかなかアップ許可が出ないようです。と言うことは、拡散されたら不味い情報なのでしょう。
    YuoTubeとランブルで皆様にお見せさんのます。

    アメリカでマスクが、危険である実験がされました。マスクにナノワームが仕込まれている事実が発覚。それを紹介した動画です。
    https://youtu.be/StRyA6vmw8s

    何と日本でもC国製のマスクにナノワームが仕込まれていました。マスクは国産をお勧めします。シャープ、パナソニックはネットで購入出来ます。ttps://rumble.com/vg7ug1-breaking-news-masks-with-worms-were-sold-in-japan.html

  9. 福岡 秀憲 のコメント:

    >問題は、僚機だ。
    >彼らの安全までは保障できない。

    ご自身は覚悟あるので良しとして…
    (本当は良くない!! 共産党・産廃業者・その上!CHINA共産党!!艦長がいつ死んでも驚きはしません。遺志をついで戦う人と追悼戦に参加するか… 生延びて下さい…)

    僚機⇒地方議員なら、心配するのが失礼かも…皆さん覚悟持って戦っていらっしゃる。その実力から見てはるかに低い報酬で、戦っておられることに頭が下がります。なのに4年という選挙の洗礼…落選した時の補償や働き方に何とかならないものかなと本気で思います。
    自民党は近代政党で無い一番の問題は、政党が落選しても抱えて仕事ができる状態、次回選挙出れるかどうかではなく職員として堂々と居れるかなのだとも思う。
    地方議員を駆逐艦に例えられています。
    用兵から見て、被弾・撃沈の回避が先に立っての戦術は無い。
    (書いてて悲しい…人生あるよね、帝国海軍でも200の将兵の命が…)
    駆逐艦の損害を無視した戦艦の指揮官が今の国政にいる件は今は横に置いて置く。
    戦艦不要論も置いて置きます。
    全ての艦船が駆逐艦レベルとなって、小坪級はミサイル駆逐艦DDGだと勝手に思っているわけですが…話が逸れまくる…
    僚機⇒地方議員、なら心配ですが、心配していません。(日本語おかしいwww)
    敵のレーダー・攻撃を躱し、接近して水雷戦!
    被弾もいとわぬ姿勢に敵が怯めば…それが抑止力。

    僚機⇒地元の支持者・関係者
    関係者と言えば、ウイグル人の安全などは最優先です。地元の支持者とか関係者はどうなのだろう?
    昨日のブログ爆弾情報!!コロナのように情報が確定的で無く(不安をまき散らす怪情報がメディア・ネットに氾濫)、情報弱者であることの多い老人に死者数が……
    小坪艦長には、公平性の無さを「和泉守兼定」のような切れ味で切り捲って欲しいのですが!!コロナの件はもうしばし待って欲しい…
    総務省の第一弾情報なので、第二弾・第三弾くらい…
    昨日も接種率が3分の1までと書きましたが、全員接種とは言っていません。

    僕らブログファンの知る小坪議員もいますが、地元の行橋市市議会議員小坪しんやの顔もあります。地元にもブログ寄りの支持者がいると思うけど、そうでない地元のおいちゃんおばちゃんもおるのでは??
    「どうなっているの?」この不安感の方がコロナよりコワい…と個人的に思っています。

    僚機⇒ファンなら、無視でいいのでは!?!と、個人的に思いました。

    ファンにもいろいろな考えの方がいるね…と昨日の晩は不謹慎にも酒飲みながら楽しんでしまいましたwww

    悩むのは当然として、信念・志に従って思うがまま戦ってください。
    全ての問題に正解は無い不条理
    それでも戦う艦長を応援しています。

  10. アンチレッド のコメント:

    >自らは勝ち組となってしまったことに対する、負い目だった。
     それは、私が背負っている業であり、
     言い換えれば、いま感じる責任感の本質である。

    この部分が印象的というか、今の日本および世界の構図を象徴しているように思われます。
    そして、現在の日本の原点とも言える幕末開国のエピソードを思い出したので改めて検索して見つけた記事

    ヘンリー・ヒュースケンが見た日本②
    https://ameblo.jp/zennseclub2007/entry-12506353660.html
    より抜粋引用
    無知と孤立の闇が消え、この帝国の誇り高い統治者も己の無力と西洋諸国民の力を認めはじめており、今日まで、思わせぶりな女王のように世界のあらゆる大国の縁組みの申し入れをはねつけてきたこの帝国も、ようやく人間の権利を尊重して、世界の国々の仲間入りをしようとしているのだ。

    しかしながら、いまや私がいとおしさを覚えはじめている国よ、この進歩はほんとうに進歩なのか?
    この文明はほんとうにお前のための文明なのか?
    この国の人々の質撲な習俗とともに、その飾りけのなさを私は賛美する。
    この国のゆたかさを見、いたるところに満ちている子供たちの愉しい笑声を聞き、そしてどこにも悲惨なものを見いだすことができなかった私には、おお、神よ、この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており、西洋の人々が彼らの重大な悪徳をもちこもうとしているように思えてならないのである。
    「ヒュースケン日本日記」 青木枝朗訳 岩波文庫より

    西洋の文明を受容れさせた西洋人としての晴れがましさと、それと同時に失っていくだろう日本の美徳、そして排除しきれないであろう西洋の悪徳。
    ヒュースケンは自分の功績を誇らしげに語りながら、この先に日本がこうむるであろう困難や被害を予測し、さらに心配していたのでした。
    それは、ヒュースケンらしいしっかりした観察力と、的確な洞察力に裏打ちされた「日本賛美と西洋批判」であり、明治維新につきすすみ、先進国へとむかっていった日本という国のある日の姿なのでした。

    こんなことを書き残したヒュースケンを私はとても好きになりました。
    当時の西洋人らしく、日本を見下し、植民地化しようと考える不遜な部分はもちろんあるけれども、その一線をなぜか越えて、日本を愛し、その行く末を心配している。
    ヒュースケンの見た日本は、謙虚で、質素で、秩序だっていて、とてつもなく美しかったに違いありません。
    この日記を残してくれたヒュースケンに感謝します。
    幕末の貴重な資料として、また、外国人から見た日本を描いてくれたことに関して。
    そして、ヒュースケンは、なんと悲しいことに、その日本で最期をむかえてしまうのです。
    以上抜粋引用

    また、最近よく見かける近現代史研究家 林千勝氏の動画
    【林千勝先生登場Vol4】「日本の総理の正体と尖閣問題を暴く!」 – YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=vpajRaHbhBI&list=PLBuOOv7EnwIEOkbd8x5JhaYvgGMVbJoNV&index=14
    林千勝氏によれば、現在の日本の政治と経済の階層構造は、
    中共・政治
    中共・経済
    日本・経済
    日本・政治
    となっており、日本・政治は最下層の位置づけとのこと。
    そして世界は「経済は一つ(マネー主義)、政治と軍事は対立(共産主義vs新自由主義)」になっている。
    しかし、マネー主義が求める「低コスト労働力としての従順な地球市民」を実現させようとすると、共産主義と新自由主義は同じになっていく。
    この構図が完成に向かっている、日本はこの「グレートゲーム」のプレイヤーですらない(搾取されるだけの存在)、と分析されています。

  11. よっちゃん のコメント:

    デフレ環境の中で、インフレ環境で仕事を覚えた上司のスケープゴートになって潰れていく若手…多くが心を病んで辞めていきました。
    もう、阿呆な政策を止めなければいけないと思います。

  12. パコリーヌ(髭) のコメント:

    小泉父や竹中世代は親世代に反抗して馬鹿りだが、やはり昔の人が言っていた事は正しかったね
    子供は自分が幸せになるために産み育てると
    親が子を想い子が親を想う、そして子が孫を想う
    それが加護なら
    子供を得らず40を過ぎたf4女
    離婚して離れ離れになった子供がいると嘘ぶく中年の男
    小泉父と竹中が作り出した奴隷の末路は誰にも想われず記憶から忘れ去られるだけ
    輪廻したが産まれる事の出来ない魂は転生できず腐り果て呪いを産む
    天皇の弟や関東の将軍の呪いなんてたかが数千人規模
    ロスジェネ1000万人の断絶の呪いがどれほどのものか小泉父と竹中も痛みを受けるべきじゃないの(笑)

  13. 北山 のコメント:

    ……やっぱりワクチン配布の異常な偏在は全国的なものではなく、福岡だけの異常事態だったんでしょうか?
    福岡だけの事態だったと仮定したとして、そのきっかけって、もしかしなくても下の件だったりしませんか?

    『福岡県政界「新・三国時代」犬猿2氏、歴史的接近』
    ttps://www.nishinippon.co.jp/item/n/706422/

    この件がきっかけで今回の事態が引き起こされたと仮定した場合、

    ①麻生派の人間で、二階派を攻撃することで会派内の影響力や地位向上、後継者争い?を有利に進めようとしてきた人
    ②記事記載の懸念通りならば『共通の敵』になりかねない蔵内さん
    ③言わずもがな維新
    ④最近雲行きが怪しくなって来たかな?な、人の悪口を言って回る典型的なサイコパスのような国もとい集団が警戒して予防的に(③の維新と一緒にしても良いような気もしますが。)

    の4者の利害が一致して、麻生派と二階派を争わせるために仕掛けた可能性もあるのでお気をつけて。
    まあ、仮定に仮定を重ねた話なので、(自分が)後で恥ずかしさで悶絶する可能性も十分あるんですが。(そもそも自分が上の記事と関連付けて考えたのは、単純に直近でこれぐらいしか福岡の政治的な事件を知らないからですし。)

  14. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    昭和の日ということで云えば令和の時代になってDXも取り沙汰されている最中で
    キャッシュレスは進まずICTに取り残されているものすらあるためこんなアナログな
    ものに執着しているようであればこの国は失われた30年どころじゃないくらいに
    世界から取り残されてしまうのではないかと懸念しています。

    だったらアナログを極めればいいじゃない、などと嘯く者も中にはいるようです
    けどそんな調子でいるものだから他国の後塵を拝してしまうとしか云えません。

    僕自身はといえば実家のある地元のことに対してあまり好意的でなかったため
    真逆のところはあるもののチャラい感じでへらへらしている無神経な同級生や
    同僚みたいにはなりたくないというのはあったため早く逃れたいものはあったと
    してもどうやって信用を勝ち取るかと思うものもある次第です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください