一日中、寝る。


 

 

逆にぐったりした部分もあるんだが、やはり疲れていたんだと思う。
結局、疲労感については抜けない。恐らく体力的な問題だけではないんだろう。

ちょっと様子を見る。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

14 Responses to 一日中、寝る。

  1. 四時起き のコメント:

    サウナ&水風呂、人工炭酸泉とかにゆっくり浸かって、一日ぐっすり寝る。疲れてるときにはこれが一番です。

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    >一日中、寝る。

    小坪先生、表記了解しました。ゆっくりとお休みください!
    余計なお世話ですが、一日でもいいので、人間ドックにいくってのも、オプションとして
    どこか脳内におさめていただくのもありかとおもいます。では!

  3. BLACK のコメント:

    身体と脳を休める為にも、寝られるだけひたすらに寝てくださいませ。

    小坪氏は、お身体はもちろんのこと、脳の休める時間が短すぎるのだと思います。
    前回の「記憶が抜け落ちる」と言うのは、脳が酷使され過ぎて、脳疲労も溜り過ぎて
    記憶の部分が押し出されてしまうのではないか、もしくは、記憶を維持して行くことが出来無くなっている
    そんな状態なのではないかと、私は全く専門外ですが、素人考えで思いました。

    小坪氏のことですから、考えないようにしていても
    眠りながらも思考は回転しておられるのかも知れませんが
    とにかく、眠れるだけ、ただひたすらに眠って下さいませ。
    その間に、脳は回転しながらも、本当に脳の休める上質な睡眠が確保出来るかも知れません。

    睡眠は「小さな死」とも言うらしいです。
    リセット、フェニックス、ですね。

    以上 文責 BLACK

  4. 神無月 のコメント:

    焼き切れそうな心を、ゆっくりと開放させてください。
    ブログの更新も義務感が有るのでしたら、心の負担になりますので暫くのリフレッシュ休暇も善いと思います。

    地域の皆様も、暖かい目で接して頂ければと思います。
    .

  5. 北九州市民 のコメント:

    医学用語で過集中と呼ばれる特殊能力(症状)です。
    先生はおそらく幼少期からずっとそうだったのでは?

  6. ふぃくさー のコメント:

    休むのもお仕事の内ですよ。ゆっくりと英気を養ってください。
    ところで、パンドラの憂鬱で気になる記事がアップされました。中国で渋谷そっくりの街を作ったとの事です。コメント欄では誰も触れてませんでしたが、有事の際の破壊工作訓練である可能性が真っ先に頭に浮かんで背筋が寒くなりました。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      可能性がありますね。
      アメリカは、世界を50年前の時点に戻して歴史のリセットをするつもりです。
      https://youtu.be/4Iga65WCI3Y
      水間条項TVより
      政治家と企業経営者には、二冊の中国関連の資料本を常に手元に置いて中国と接して欲しいです。 PHP出版
      *ひと目でわかる武士道精神。
      *完結南京問題。
      これで中国人との交渉は、日本人が上位で交渉出来ます。ほんとに正しい歴史観は大事です。特に日本人は優しく、公平であろうとしますから、嘘つき民族には注意が必要です。

  7. ぎん のコメント:

    睡眠は脳を休ませてあげる、ストレスを解消する、一番の方法だと私は思っています。小坪先生、普段から睡眠時間は短くても、目覚めはスッキリしていますか?
    疲れているのに、入眠が困難になってきたら危ないと思います。「一日中、寝る」のはいいことです。
    自他共に認める最強、最速の小坪先生ですが、「討ち取られたいのかも…」とか嫌ですよ。

  8. 水魚 のコメント:

    失礼ながらいささか心配しております。
    個人的な経験で恐縮ですが、要介護5の母をシングル介護した【後】の自分の状態と似ています。人間の心身には限界があり、限界を超えて稼働させ続けると壊れます。そして「壊れる」は「最中」ではなく「終わった後」にやってきます。

    ・心が平板になる
    ・が、日常業務はむしろ普段よりこなせている
    ・疲れているはずなのに休まず動けてしまう or ビックリするほど長時間寝てしまうが、寝ても寝てもスッキリ起き上がれない(←今までのように眠りでエネルギーが充填される感覚がない)

    これらが出そろってきたら腰を据えての休み時。
    車で言えばオーバーホールが必要な状態。突っ走って焼き切って復活……もアリっちゃアリですが、それが出来るのは原則、底なしの体力に恵まれている若い時のみと考えた方が無難です。
    過去と同じ対処が今奏功するとは限りません。

    己が心身の状態(限界)に関して自己認識は常に遅れるもの。

    そろそろ『壊れないを意識した動き方=常に一定の余力を残した動き方』に変える頃合いかもしれません。ご多忙とは存じますが、思い切ってゆっくりたっぷりお休みになられますように。

  9. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生、どこかのお寺の一室にこもって情報を遮断し、ひたすら休養するというのはいかがでしょうか。以前、知人がこの方法で不調から回復しました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    画像診断医k
    @AdultSpotDiffer
    さっきのTweetは炎上覚悟。炎上するくらい広まったら本望です。なので全員返信できるopen状態にしてあります。

    今東京都の介護施設全員PCR検査の動きを封じないと、雪崩を打ったように全国に広がります。

    まごと社員4万人と東京都副◯事(まご関係者)の私利私欲に負けぬため、皆様の力が必要です。

    早川 智@コロナウイルス対策には正しい情報を!
    @francescodamil6
    3時間
    あたり前の事なのですが一般の方には通じない事があります。(*原 英史・高橋洋一共著『国家の怠慢』から引用)
    ・「全員検査」論(国民全員や希望者全員に公的検査)は暴論、
    ・他方で、「検査を増やすべきでない」との主張も極論、
    ・なすべきことは「必要な検査ができるよう検査能力の拡大」

    日本政府は行うべき事をぶれずにやっています。

    画像診断医k
    @AdultSpotDiffer
    その通り。国や自治体のお財布が狙われてます。まごの会社はTVCMのスポンサー。巨大な構造が見えてきます。

    引用
    経済活動再開を強く願う経済界や、検査が収益につながる医療機関や検査ビジネス

    「国民全員にPCR検査を」そう煽りつづける本当の理由(プレジデントオンライン)

    (大阪の某がヨイショするからますます増長しているじゃないですか。本当に迷惑ですね。国民全員にPCRなどまっぴらごめんです。気持ち悪いので断固拒否します。)

  10. 中林進 のコメント:

    何となく疲れたとか落ち着かないとか不安を感じているとかで穏やかな気分になれないときは精神科に行ってベンゾジアゼピン系の抗不安薬を飲むといいでしょう。たちまちにして気分が晴れ晴れ爽快になります。

  11. 琵琶鯉 のコメント:

    大阪都構想について
    11月に住民投票されますが、何故、1度否決されたモノをまた、投票させるのか?理解出来ませんね。大阪維新のお二人は、住民投票で認められるまで、住民投票をトライするのでしょうか?それは、朝鮮、中国マインドではないでしょうか?と、言う疑問がありますが、わたし鯉には、投票権は有りませんので、せめて、都構想についての情報をお渡し致しますので、大阪在住の方は、是非ともご覧下さい。切り口は、財政から問いうてます。
    https://youtu.be/OCwUOz1t8AM

  12. 学のない保守 のコメント:

    激烈なストレスから解放された方(引退、死別)
    私が接してきた、これに当てはまるお客さんは
    高確率で所謂アルツハイマーになりました。
    極限まで張りつめた糸は弛みます。

    これを避けれる僅かな方は、その道に代わる
    生き甲斐を見つけることができた方であります。
    先生が、今の道以外にも、一生を捧げることが
    できるような生き甲斐を見つけることができますように。

  13. 宮崎マンゴー のコメント:

    こんばんは!
    一日中、寝る…果たして、ぐっすりの睡眠なのでしょうか。
    ちょっと様子を見てみる…体力的ではない、御本人しか分からない、いいしれない心身を蝕む様な祓えきれない重圧感が襲い来ているのでは?案じております。
    御自身を追い込む事なく、決して一人ではないということ。苦境の御姿をずっと案じ見護られる人々が、お側におられるかと。無理は禁物とお伝えしても、何のこれしき!と、つい起き上がれる御方が小坪様。御自身を解き放ち、今はゆっくりなさいませ。
    *人は、一冊の本を書き続けるように生きていく…と、何処で聞いた様な。小坪慎也物語の中に於いて現状辛い時かと存じます。なるようにしかならない人生ならば、途中の1ページぐらいは潔く休養に切り替えましょう。
    人生の主人公は、誰でもない貴方様なのですよ、重さに負けないで、諦めないで、命を御身体を大切に生きてゆきましょう。祈

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください