大阪港湾・武漢MOUに関するアンケート(印刷・封入作業)


 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

 

本日は、少し事務負荷がかかりましたので、写真のみ。

いま送り状・アンケート(回答書)・報道関係資料の印刷が完了し、ホドメ作業を終えたところです。

いろいろと調整作業が必要でして、オンライン会議が終わったのが24時頃。

そこから事務作業だったので、28時(朝四時)ぐらいです。

 

 

 

少し仮眠して、宛名印刷をかけ、そのまま発送します。

中身については、頂いたコメント欄も少しだけ参考にさせて頂きました。

また、前回の公開内容とはちょっと内容も変わっております。

 

お楽しみに。

ではおやすみなさい。

 

 

やっぱり、一言ぐらいは書いてみよう。

「何かと何か」が連動している可能性については、否定しません。
そのための事前調整であったり協議でありますから。

どのラインまで食い込んでいたのかは、やがて政治事実になるであろう、それなりに”感動的な奇跡”をもって証明してみせたいと思います。

 

じつは海外でも類似の事例があるのです、その外電の報道資料を読み解いていったうえで、中国側の動きの類似性であったり、戦った議会の動きとかは参考にしておりまして、最後はどこがどう動いたのか?という部分も(そのまま同じになるとは思ってはおりませんが)参考にしています。

このあたりでピンと来た人もいるでしょうが、だったら私たち、連携して動いている地方議員は、もう何か所かは別のところにもアプローチしているはずなのです。

そっちのほう、ちょっと衝撃的なレベルまで進められると思う。
奇跡はね、必死の努力で事前に準備するもんだよ。

 

私たち政治家は、起きた事象を論評するのが仕事ではない。
来たるべき未来を、目の前の現実をより良い方向に変えていくことが職責だと信じる。

 

 

【告知】チベット証言集会in大阪 令和4年5月28日、地方議員の会が主催

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

9 Responses to 大阪港湾・武漢MOUに関するアンケート(印刷・封入作業)

  1. k のコメント:

    トンネルを抜ける時、光が見えて一種の感動を覚えるのですが、それに
    似たようなものでしょうか?

    高校卒業の時の夢を見ました。親の横やりと担任のせいで1ランク下の
    高校に入って、最後落ちこぼれて補習受けて卒業して、それでも入った
    大学で出来る限りの勉強と部活動をして単位ギリギリで卒業した思い出が
    蘇ります。

    負けたからって、終わりではないんです。あきらめずに出来ることを
    もくもくとやる。それが、間違っていても。後で見返して全体像が見えた時、
    あそこは本当は間違っていたが、全体の趣旨は間違っていなかった、成果も
    上げた。そうやって意識失って寿命を迎えるのではないかと思います。

  2. BLACK のコメント:

    「どのラインまで食い込んでいたのかは、やがて政治事実になるであろう、それなりに”感動的な奇跡”をもって証明してみせたいと思います。」

    上記の部分が私を含め、多くの保守層、多くの読者が一番案じていることだと思います。

    当ブログの小坪氏のこのお言葉。
    とてもワクワクします。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      BLACK様のコメントを読みながら・・・

      70過ぎの爺(まだ、後期高齢者ではありませんw)も小坪先生の一言!一言!に、とてもとても、ワクワクしています!
      (=゚ω゚)ノ

  3. 波那 のコメント:

    (⊃。•́‿•̀。)⊃ お疲れ様です。

    先日、沖縄で基地反対活動してるのは県民ではない、日本人に成りすましのプロ市民も居ることにも触れたのですが、
    ……………

    RYU¥686@ryu39uzi
    沖縄出身の私から言わせていただきます。
    沖縄で基地反対運動をしている のは共産党、 日教組関係の方々 です。 全て日当が出ています。 これだけ言えるのは、 沖縄県民 で基地を悪く言う人間は見た事がありません。
    アホな芸能人が勝手に署名活動してますが、 迷惑なだけです。

    沖縄に基地は必要です!
    ……………

    数年前ですが、トンデモ騒ぎに発展した「日本人は黙って殺されろ」活動家、在日朝鮮人の辛淑玉の件を狼魔人日記さんが取り上げられていたので面白かったです。

    🔻在日コリアンの反日活動家辛淑玉氏が発言した「若者は死んで来い。ジーさんバーさんは嫌がらせして捕まってこい」と言うテロ指南が話題
    https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/46faface0b63ce7ac035cc91d030bd3d
    22/05/22 05:06

    在日コリアンの反日活動家辛淑玉氏が発言した「若者は死んで来い。ジーさんバーさんは嫌がらせして捕まってこい」と言うテロ指南が話題になった。

    ところが沖縄タイムスはこの文言をソースの曖昧なネトウヨのデマと決めつけた。

    社説[「沖縄ヘイト」番組]真偽不明 悪意むき出し]
    沖縄タイムス 2017年1月12日 07:59

    (「若者は死んで来い。ジーさんバーさんは嫌がらせして捕まってこい」などと辛淑玉は言ってないと言う沖縄タイムスの記事) w

    この記事の下にバッチシ、言ってる動画が載せられてました。笑

    46分頃「若者は死んで来い。ジーさんバーさんは嫌がらせして捕まってこい」

    🔸この「日本人は黙って殺されろ」とは、憲法九条の本質をさすがに、よく理解されてる発言ですね。中国共産党、日本は敵国だとプロパガンダで日本貶めに日々躍起になってる韓国と生活保護で生かして貰っていながら日本と日本人を罵る敵意剥き出しな気持ち悪い在日朝鮮韓国人、それに特ア御奉仕のマスゴミとゴミカス野党が何故、改憲させまいとしているのかが分かりますね?

    ヘイト法とか制定した自治体とか議員とか、何であの人達が人権が〜差別が〜!!と必死なのか、まだ分からないのですか??

    ところで、辛淑玉って最近ネットでも見かけなくなりましたね。被害者ビジネスのライフワークとしていた在日は強制連行されたから日本に居るの大ウソが暴かれて日本人に知られてしまったからなのかしら。

    • 日本女性 のコメント:

      >在日は強制連行されたから日本に居るの大ウソが暴かれて日本人に知られてしまったからなのかしら。

      今は在独じゃないのかな。
      https://websekai.iwanami.co.jp/posts/344

      在独になった理由の一つは、あくまでも私の推察ですが、ゲアハルト・シュレーダー元ドイツ首相が5度目の結婚をした相手が韓国人だったからと見ています。

      シュレーダーは退任後、ロシアの天然ガス会社ガスプロムと関連会社の役員に就任し、プーチンから年間100万ユーロ以上(約1億3000万円)の報酬を受け取っています。今は辞任に追い込まれ、EU委員会からも制裁を受けていますが、元首相の5度目の結婚と辛子玉の渡独は時期的に合っています。物心両面で支援を受けているのかもしれません。

      なお、シュレーダーは訪韓の際、夫人から日本の悪口をたっぷり聞いて、ナヌムの家を訪れ、日本批判をしているトンデモ男です。

      • 波那 のコメント:

        そうですね。時々、ドイツのあちこちに現れる、あのブサイク像の設置で、もしや裏で動いてるのかと思ったことがあります。韓国の整形女って巧みに有名な白人の金持ち男に近寄りますよね。

  4. ミカンの実 のコメント:

    小坪議員、ありがとうございます。ここ数日、心が本当にザワザワして非常に苦しい状態でしたが、昨日の午後からすっきりとしたので、何か良い状況になったのだろうと思っておりました。
    日本国の日本人全員と、外国人でありながらも自国と日本国のことを本当に本当に大事に思っていらっしゃる方々の思いが大きくなっていることを感じます。

    しかしながら、まだまだ油断はできません。
    小坪議員、及び日本国のために大切なお仕事を命懸けでされている地方議員の方々、本当にありがとうございます。どうかどうか無事に必ず良い成果を得られますように。

  5. 神無月 のコメント:

    リアルには接する事が出来ませんが、その木漏れ日に触れる事で感じとれることは有ります。

    一帯一路も、多くの日本人はその深い意味を知らないものでしょう。

    丁度、インフルエンサーの渡邉哲也さんが、その話題を話されていますので紹介まで。

    “一帯一路はデスロード 新興国から中共に怨嗟の叫び‼ / 自由主義国側も黙っていない 中国を罠に陥れた…【渡邉哲也show】
    https://youtu.be/uU9SxvH1JFQ

    日本と新興国の国力の差は有りますが、日本の地方自治体が相手で有れば、危ういのかも知れません。
    .

  6. ロード のコメント:

    奇跡の報告、心待ちにしてます。また泣いてまうかも・・・。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください