国家を動かす、ルールを変える。色々なことをやった。


 

 

今日は、色々なことをやった。
国家そのものを動かす準備。
どの部分のルールを変えればいいかの論点整理が完了した。

その協議が整った。
調整も完了した。

現在、脱法的に許されてしまっていることも、
それが現状にマッチしていないのであれば、ルールごと変えればいいのだ。
立法職の通常業務である。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 国家を動かす、ルールを変える。色々なことをやった。

  1. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、日々の発信、ありがとうございます

    >現在、脱法的に許されてしまっていることも、
    >それが現状にマッチしていないのであれば、ルールごと変えればいいのだ。
    >立法職の通常業務である。

    上記を読みながら、行橋市の住民の皆様、そして、行橋市の行政にかかわっておられる皆様、行橋市に小坪先生がいらっしゃるということに、心から羨ましいといったら語弊があるかもですが、行橋市市民がしっかり守られているなと思い、羨ましく思ったのです。

    きっと、今回、小坪先生がとりあげたような案件(産廃関連だけではないかもです)、つまり、脱法的に許されてしまっていて、行政側が手出し、口出しできないような案件は、きっと、日本全国でおきてきた、そして、いまもどこかでおきている。

    行橋市の問題は、日本全国の問題でもあるという認識をもたねばとおもいました。

    • BLACK のコメント:

      「行橋市の問題は、日本全国の問題でもあるという認識をもたねばとおもいました。」

      草莽の団塊です! 様の上記ご投稿のこのお言葉。
      まさにこれに尽きると、私BLACKは思います。

      産廃のことであっても、無くても、日本全国の問題であり
      小坪氏が動かれれば、それは日本全国の利益になると思っております。
      ですから、小坪氏に対しての選挙権が無くても
      地域は遠く離れていても
      小坪氏を応援したいのです。応援するのです。

      以上 文責 BLACK

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    このblogを御覧の経営者や企業にお勤めの皆様、アメリカが中国の企業で取り引きをするには危険な企業名を公表しました。日本メディアは全てを報道していません。アメリカからの制裁回避の為にしっかりと情報収集しましょう。
    参考動画
    ttps://youtu.be/VZ2HXGtPlrg

  3. 大阪のおばちゃん のコメント:

    議員先生は、こうでなくっちゃ!と思います。

    国会が、あおり運転を厳罰化されたくらいのスピードで動く事を
    期待します!

  4. 旧新人類 のコメント:

    何が変わるか楽しみですね!差し障りのない範囲でまたアップデートお願いします!

    宇都宮けんじ 広報
    @utsukenpress
    そろそろ始まります! 15:00~16:00
    宇都宮けんじとZOOM Special対談 
    #宇都宮けんじ ×前川喜平@brahmslover

     ~不屈の2人が都政を変える!

    「都知事選は正直者と嘘つきの戦いになる」

    ご視聴はこちらから!

    小池 晃(日本共産党)
    @koike_akira
    宇都宮「教育行政に通じた前川さんに副知事を」
    前川「ありがたいお言葉です。検討に値するお話ではないかと」
    宇都宮「ぜひアドバイスを。教育問題は都政にとっても日本にとっても非常に重要です。これからもぜひ助言を」

    宇都宮けんじ知事
    前川喜平副知事

    いいですねえ。チェンジ東京
    2020年6月25日

    きもちわりー。。宇都宮って人はビーチなんとかを副知事にしてどんな都政を目指しているんですか?この宇都宮って人がウソつきか正直者かは知りませんが、少なくとも(未成年)女性を食い物にする店に入り浸っていた女性の敵(北朝鮮大好き)に共鳴する女性の敵ですね。善人づらして本当にきもいです。拉致被害者についてはどう思っているんですかね、この自称「正直者」は。

    • ばらねこ のコメント:

      そうですね。この一連のやり取りを文面で見ただけでも、自然と失笑の笑みが浮かんでしまいました。

  5. 神無月 のコメント:

    光速を超えた言葉の意味を理解しました。

    行橋市に起きた難度の高い問題を、あっと言う間に国家が動くレベルに昇華させてしまったのですね。
    しかも、ルールに則り最短ルートの手続きとは、恐れ入りました。

    業者と地域の問題は多々有りますが、産廃業者が土地を取得した経緯にも問題が無いか気になります。

    土地は地目や用途地域など細く決めごとが有ります。
    今回の土地は写真からでは農地ではなく雑種地に見えます。農地は保護の為に転用は難しいですが、雑種地の場合は簡単なのでしょうか?

    産廃処理業者は使用目的不明の工場新設?として入手しているので、登記も簡単に出来るのでしょうか?

    愛車のボディー磨きも途中?のようですので、1日も早く一段落する事を願っています。
    .

  6. パコリーヌ(髭) のコメント:

    イラネッNHK裁判結果次第で、家電業界を巻き込む一大ムーヴメントになるように、
    悪徳業者の騒音、異臭、汚染等の公害で被害を受けている市民にとって住環境を変える救世主になるわ。

    先生のご健闘をお祈りするわ
    皆が幸せに暮らせる世界の為にね

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    水間条項TVより
    TOYOTAが中国から撤退を決めました。
    さあ!他の企業さん達も帰っておいで❗️

    • ミカンの実 のコメント:

      よかったです!日本の企業さんたち、どうか早く日本に帰って来てくださいね❣️
      三峡ダムが決壊すれば、せっかく誘致した工場も教育した優秀な現地の方々も全滅。
      後々で被災地を助けるためにも、日本に帰ってきて下さい。日本国内は地震が怖いですが、それでも防災が世界レベルで高い日本ですからまだマシです‼️(とはいえ、十分ではないし他の危険もいっぱいありますが。)私は同じ死ぬのなら祖国で死にたいです。
      いや、死ぬのではなくて、絶対に生きのびて、子供達を守っていきます‼️❣️
      中国のことは中国の人たちに任せるのです。日本人がいてはかえって迷惑ですよ。
      皆で力を合わせて生きましょうね。
      小坪議員、ご家族の皆様、スタッフの皆様、ブログのファンの皆様、どうかご自愛ください。食料品の備蓄など、できる範囲で良いので、やってください。お願いいたします。

    • ぎん のコメント:

      あちらのメディアの規制は、テレビだけではないのですね?災害対策はしないで、情報操作に必死?

    • 常磐本線 のコメント:

      経団連傘下企業最期まで居残るのは・・・・会長さんのとこかな~はたまた、あHONDAか

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     

    それが現状にマッチしていないのであれば、ルールごと変えればいいのだ。

    この一文の意味を、木下金属は理解する事は出来無いでしょうね。

    単に”産廃業”と言っても業態は様々で、それは金属系産廃業も例外ではありません。
    希少金属を取扱う産廃業などは、既に厳しい国際環境基準に基づいて業務を行って居る所もあります。
    その様な非鉄金属系とは別に、破砕系産廃業が今迄、好き放題して来れたのは、御上の”御目溢し”があったからと言えるでしょう。

    つまり、今回の件で「”御目溢し”を、無くしてやる」と言ってる訳です。

    ぶっちゃけ、国際環境基準に照らし合せれば、破砕系産廃業は縛りが緩過ぎました。
    従って、世界が取組んで居る環境基準に合わせ、各種プロセスを再構築し、関連法を整備するだけで、多くの木下金属の同業者が苦しい状況に追い込まれる事でしょう。

    そもそも、破砕系産廃業は人気のある職種とは言えず、人手を確保する為には敷居を下げ人材を選り好みしないにも関わらず、その割にはそれなりに良い鎬ぎになる給与設定がされて来ました。
    その給与設定が可能だったのは、御上の”御目溢し”によって、操業コストが浮いて居たのも理由の一つでしょう。
    ここを締められれば、当然今迄は考慮しなくても良かった設備や工程が必要となりますから、業務を継続するだけで相当なランニングコストを要するようになります。
    今迄の様な給与設定が、継続出来るのでしょうかね?

    法令や省令、規則の整備ですから直ぐにとは行かないにしても数ヶ月から数年後に、それはまるで報復の様に業界全体を襲う事になるでしょう。
    木下金属は、お仲間から恨まれる事に成り兼ねませんね。
    それと業界のとある事情から、保守層の多くからすればこの戦略は一石二鳥的な要素を含んで居ます。

    これからの流れが、実に楽しみですね。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      産業廃棄物業界は、このコロナ禍後には大きく二つに分かれるでしょう。それは如何に環境に配慮し設備投資をし、新たな資源としての廃棄物を宝の山として理解している経営者が居るか、居ないかが問われる。
      キィワードは【都市鉱山】これは、上念さんからのメッセージです。

  9. 尾張小牧 のコメント:

    小坪さん、お体を大事にして頂きたいです。

    さて、私の居住地は「不倫特区」で有り「産廃銀座」でも有ります…

    産廃業者は半島系の方が多くて
    今迄こちらでもやりたい放題でした…

    今回の出来事を通じて
    日本全国の産廃業者が襟を正せるのか?
    が問われると感じています…

    この書き込み以来…
    他のネタばかりで何が起こるのか?
    ドキドキでしょうね…(黒笑

ぎん にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください