押し紙関係、各会の反応


 

 

下記は私の投稿ですが、リンク先のコメント欄に、原田義昭・前大臣よりメッセージ。
(吹き出しのマークを押すと、実際のコメント欄を表示させることができます。)

>原田 義昭
>小坪君の信念と行動力に心から敬意を表します。信念を行動に移すには、戦略と勇気が必要です。小坪君のさらなる精進と、それを支援する態勢が必要です。コロナで国民が1番折れている時のこの判決に、同志はどんなに励まされたでしょうか。ご苦労さま。

 

 

木原稔先生より。

下記は私の投稿ですが、リンク先のコメント欄に、宇都参議院議員よりメッセージ。
(吹き出しのマークを押すと、実際のコメント欄を表示させることができます。)

 

 

西村こうゆう先生

 

 

谷畑市長(全国市長会・理事)

 

 

他、各投稿に対し地方議員、多数。

また携帯で直接やり取りをした先生たちが複数います。

じわじわと段取りを進めています。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

19 Responses to 押し紙関係、各会の反応

  1. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生のブレずに突き進む信念と行動力そして、体力にもエールを、んで、それを公開で応援する原田義昭先生の矜持にもエールを送ります。最近、自民党にもやれやれとおもう自分ですが、お二人の姿をみているとまだまだ、いけるかな!なんて思いなおしました!

    • 宮崎マンゴー のコメント:

      おかえりなさいませ、団塊です様!
      皆様と共に、案じておりました。
      まだまだ、いける!そうでございますよ…
      大先輩、もっと我々を大和魂のお力でお導き下さいます様お願い申し上げます。
      安心致しました。これからもご活躍を期待致しております。祈

  2. 琵琶鯉 のコメント:

    草莽の団塊です!さまへ
    お久しぶりです。お元気でしたか?

    さて、昨日書いたコメントですが、とても大切な事
    なので申し訳ありませんが、もう一度上げさせて
    下さい。m(__)m

    拡散希望❗️財務省が消費税20%への布石をうち始めました。コロナ増税が最初の一歩です。
    西村大臣が騙されました。

    ttps://youtu.be/J3oaAZTDIX0
    10分程度の動画です。

    東北大震災の復興税は、消費税増税の為の ホップ
    ステップ ジャンプだったんです。
    復興税 消費税5%→8% 消費税8%→10%へ
    財政出動 → 国債発行 → 財政再建 このロジックと同じでコロナ増税から 消費税15% →消費税20%
    を目指す。これが財務省のもくろみです。

    ちなみに復興税に賛同した経済学者のリストがあるそうで、高橋教授、これを英訳して世界に配ったそうです。その時の世界の経済学者のコメントが「クレイジー」だそうです。わたしも検索してみました。
    【伊藤たかとし 復興税賛同リスト】で名簿が出てきました。皆様、このリストに上がっている経済学者は、経済学を理解してません。なんせ世界から「キチガイだ❗️」と呼ばれた方々です。騙されないようお気を付け下さい。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      琵琶鯉様、コメントありがとうございます!すこし体調不良でございました、でも、武漢ウィルスにはやられてはおりません!きりっ!

      さて・・・二点だけ

      (1)💩糞財務省!ほんと、こりないですね!財務省の官僚を高橋洋一先生のような真に経済のことを理解した人々に総入れ替えしなければ、日本のデフレは永遠につづき、やがて、中国の属国になる未来しかないようにおもいます!

      (2)【伊藤たかとし 復興税賛同リスト】
      上記、永久保存版にいま、リストしてまいりました!しかし、なんと、頓珍漢学者がぞろぞろと日本中に徘徊していることに寒気がしてまいりました。

      そうそう、Youtube動画、いまから、視聴してまいります!情報ありがとうございます。

      • ぎん のコメント:

        団塊です!様、おかえりなさい。
        私も安心しました。良かったです。
        (小坪先生、勝手に場所を借りてすみませんでした)

      • M のコメント:

        お元気で何よりです。季節の変わり目には御気をつけ下さいませ。

  3. ぎん のコメント:

    野党の皆さんも「#新聞の横暴に抗議します」で拡散されたら、支持率上がると思いますよ。
    まっとうな政党に近づけると思います。

  4. BLACK のコメント:

    草莽の団塊です!様
    お元気な投稿を拝見出来てとても嬉しいです。

    コロナと一見関係ないように見えて
    押し紙問題は、コロナ問題の最前線かも知れません。
    日本の全ての問題は新聞社の問題とも言えると思うからです。
    日本の全ての問題

    実質逆差別の差別問題
    人種対立への煽り
    人権問題
    国防問題
    憲法問題
    経済問題
    外交問題
    戦後処理問題
    そしてもちろんコロナ対策問題
    コロナ経済対策問題
    コロナ後の国際社会問題
    コロナ後の国内問題

    全ての問題が、新聞をはじめメディアの問題だと私BLACKは思っています。

    ですから、今、地裁一審でこの判決が出たことは
    日本にとって大きな幸い、幸運だと思います。
    「幸い」「幸運」と言っても、天から降ってきたものでは無く
    小坪氏、黒藪氏をはじめ、原告、弁護士、賛同者、協力者、多くの方々の長年の努力・ご尽力
    その結果、引き寄せた大きな幸運・大きな国運だと、私BLACKは感謝しています。

    西村幸祐様が投稿なされておられますように
    「蟻のひと穴」だと思います。
    小さくて大きな蟻のひと穴です。

    谷畑英吾湖南市市長
    拝読してニコニコさせていただきました。

    そして、上記で琵琶鯉様が仰っておられますように
    消費税問題も、経済問題・景気問題・消費問題だけではなく
    大きな、そして重要な国防問題だと私BLACKは思います。
    経済が弱体化すれば、その結果は、実際か実質かの違いはあっても
    国を売ることになる、または国が侵略されることになる
    そう思うからです。
    経済問題・景気問題・消費問題だけではなく
    国防問題として、消費税アップに反対します。
    消費税ゼロ(たとえ時限的であったとしても)を強く望みます。

    コロナ問題の渦中にいる今だからこそ
    押し紙問題と、消費税ゼロパーセント
    協力に進めていただきたいと、心から願っています。
    押し紙問題と、消費税ゼロパーセント
    これがコロナ対策を含めて国防の最前線と認識しております。
    最前線で戦う方々に、心からの感謝を申し上げます。

    コロナ対策でご尽力下さっておられる、医療関係者と医療のバックアップ、ライフライン物流、ライフライン産業、専門家の方々、政治家の方々
    多くの方々に感謝申し上げます。
    みなさまももちろん国防の最前線であられます。
    最前線で戦う方々に、心からの感謝を申し上げます。

    以上 文責 BLACK

  5. 神無月 のコメント:

    トップのコメントが、草莽の団塊です!さんでしたか、二ヶ月ぶりですが、お身体心配していましたので、ご復活はなによりです。

    先生方のメッセージからも、勝訴の価値はとてつもなく大きなものなのですね。
    まさに、蟻の一穴になり得ます。

    押し紙が業界の慣例とはいえ、詐欺行為は犯罪であり、犯罪社の商品に信頼は有り得ません。

    しかし経営が傾いても、倒閣ありきの社風では、偏向、捏造、印象操作は続くのでしょう。
    先生方も、捏造記事の犠牲になりませんように。

    マスコミの問題は日本のみならず、世界中のマスコミが偏向捏造印象操作をしています。
    まさに、マスコミのグローバル化です。トランプ大統領も安倍総理と同じく疑惑だけで叩かれ続けています。

    表現の自由は大切ですが、大きな影響を与える立場であれば、表現の責任も問われます。
    新聞の記事には責任者を明記するべきでしょう。自由と責任は権利と義務と同等です。

    マスコミのグローバル化も、支配グループの思惑ですので、戦いの犠牲は少なくないのでしょう。

    動物の中で、何故か人間だけが持つ能力の多くを無駄使いして、死んで往きます。
    誠に不思議な生き物ですね。
    .

    • 宮崎マンゴー のコメント:

      *神無月様

      今日を明日をと、生きたくても生きられなかった人々、無念を残しお亡くなりになられた方を想えば…こうして生かされている我々には、何らかの役割何らかの番かと存じます。
      この日本に於いて、人面獣心なる生きものも存在しております。人間、日本人としての誇りをいだき、尊き亡き人の無念を引継いで、日本を護る為に互いに邁進してまいりましょう。祈

  6. しんのすけ のコメント:

    押し紙の被害者は配達業者だけではありません。
    新聞に載せる広告やチラシも損害を受けています。

    公称部数と実際に配達される部数が違うからだ。公称100万部の場合、実際に配達される部数が90万部だとしたら、10万部余計に広告掲載費を新聞社に支払う事になる。
    余計に支払った金は新聞社から取り戻すか、損害賠償の裁判を起こすべきだ。

    • ミカンの実 のコメント:

      しんのすけ様、本当にそうですね。どんどん損害賠償の裁判起こして欲しいですね。えぇ、費用は広告費をやめたら十分に捻出できるますね❤️結果が勝訴ならブログやネットで大々的に報告。大丈夫!天下の大新聞社ですからお金は有り余るほどあるはず。まだ倒産していませんしね。お隣の国からもガッポガッポ入金もある様ですし。詳しくは存じませんが。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    本押し紙案件に関しては、今後は水面下の動きよりも、表面上の動きの方が注目を集める段階になったと考えて良いでしょう。
    勿論、敵、味方の双方で水面下の活動は続けられるでしょうが、プラスアルファで表面的な動向が注視される事となります。
    この度の一審は、例えるなら武力衝突が発生した状況で、二審迄の間は互いに睨み合いの状況であるとイメージすれば良いでしょう。
    この睨み合いの間は、双方が水面下での激しい攻防戦を繰り広げる事が予想されます。

    では、この水面下での激しい攻防戦に於いて、敵がどの様に仕掛けて来るかをシミュレートしておく事は、絶対に損にはならないでしょう。

    「都合の悪い者」陥れる官邸のフェイクー『新聞記者』のリアル、望月記者らに聞く(志葉玲) – Y!ニュース
     https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190705-00132919/

    保守陣営からは頗る評判の悪い、あの映画の紹介記事は中々参考になります。
    因みに、小生はこの映画は鑑賞して居ません。
    この紹介記事のタイトルを見れば、どう言う立位置で、どう言う視点で書かれて居るかは、大凡の見当は付くかと思います。

    基本的におパヨク様の脳内は、被害妄想で満ち溢れて居ます。
    そして、その脳内で妄想する”被害”とやらは、実際には御本人達が”加害者”として行って来た悪行です。
    言うなれば、悪者を他に見立てた自己紹介になって居るのです。

    つまり、この紹介記事で書かれて居る方法を使って、マスコミは邪魔者を潰しに来るって事です。

    但しです。
    これは誰しもがそうなのですが、基本的に陥落し易い所を狙って攻撃を仕掛けます。
    これはどう言う事かと言うと、小坪先生や黒薮氏の様に報復攻撃能力を持つ者には、直接手を出し難いと言う事です。
    このブログの常連の方はお気付きになる事も多いでしょうが、このブログでは敵方に対してのトラップを仕掛けまくってあります。
    謂わば、地雷原ブログと言って差し支え無いかも知れません。

    ですが、敵方からすれば何とかして落としたい地点である事も間違い無いでしょう。
    日露戦争に於ける、203高地の様な感じですかね。
    ではこの203高地を攻略する際、敵は何処を狙うかと言うと、当然防御の薄い所を狙う筈です。
    このブログで防御の薄い所となると、それはこのコメント欄がその一つとして挙げられるでしょう。

    直接WEBサーバーを解析して、個人を割出す様な事はそうそう出来ませんが、それでもお得意の揚げ足取りに使われる可能性は無きにしも非ずです。

    従って、我々一人一人が書込む際の表現に気を使い、弱点を見せない様に心掛ける必要があると言えるでしょう。
    これは、小生自身の自戒も込めてではありますが。

    皆様方に置かれましても、努々御用心頂く事をお勧め致します。

  8. 宮崎マンゴー のコメント:

    小坪議員様、いつもお疲れ様でございます。
    ありがとうございます。

    押し紙問題がクロースアップされる事で、其れまで何も知らされていなかった民も、真実を知る良い機会になり、そしてこの日本に蔓延る闇の深さを目の当たりにする事にもなりました。 (無知なるわたくしにも、腐敗しきった状況が伝わりまいりました。)
    何より、前大臣原田義昭様の熱いお励まし、小坪議員様の同志の方々の正義に触れて、我
    々国民もしっかりと難題に尻込みせず一丸となり立ち上がらねば何も解決も構築も無いという事を思い知らされました。
    民間でも、一人一人の微力が集まれば、突き崩せる大きな力となり得ると。
    小坪議員様、全ての関係者の正義なる対峙なさる勇ましい姿勢に感謝でございます。
    これで終わりではなく、氷山の一角かと存じますが…終止符を討つその日迄、気を引き締めて又様々な危険に保身なさって下さいます様。祈

  9. 琵琶鯉 のコメント:

    燃えるあじあ様でレスで共同通信の記事を紹介しておられます。

    辺野古移設も「撤回を」
    沖縄知事がツイッターで

    沖縄県の玉城デニー知事は19日、世論の批判を浴びた検察庁法改正案の今国会での成立見送りを受け、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事についても「国民・県民の理解は得られない。撤回を」とツイッターで訴えた。

    玉城氏は、安倍晋三首相が「『国民の理解なしに進められない』とコメントされたとも」と指摘。同日午後9時時点で1万3千人以上の「いいね」を集めた。

    [共同 2020.5.19]
    https://this.kiji.is/635460531508282465
    引用終わり

    この案件ですが、【検察官定年延長反対】のTwiterの二番煎じを狙ったのでしょうが、この案件は国防にモロに引っ掛かりますし、タイミング的に今は有事ですから、このTwiterに賛同した人間は、外患誘致罪で●刑になりますよ。おパヨさんはやっぱりウマ しかですね。まずは、Twiter社に通報して、スパムを消し去り、あとはスクションを取るべきですね。

  10. パコリーヌ(髭) のコメント:

    そういえば新聞社や旧制世紀の遺物メディアが潰れて全員無職になろうがどうでもいいんだけど
    新聞販売店の雇用はどうなるのかしら
    日本のAI化が牛歩並みに遅いのは決して技術力が低い訳じゃない
    馴れ合い 癒着 票田だから そう言った下らないシガラミを優先してるから何も先に進まない
    保健所がアホみたいに古いデスクトップのCP使ってるのって誰かが近代化にストップをかけてるんでしょ

    販売店の方にとっては先がどうなるか分からないところに
    3億円が舞い込んできたら
    トラップが上手く機能すればいいわね

  11. 琵琶鯉 のコメント:

    新聞販売店さんには、地域の広告塔のような役割をして欲しいですね。スマホを使ってのQR.コードを使っての広告、実際買い物されたら売り上げの何%かが入ってくるとか、何とか、みんなで知恵を出して生き残れ❗️という話です。

  12. 琵琶鯉 のコメント:

    ヤレヤレです。漸くCCP(中共ウィルス)の出口が見えてきて経済対策に集中しようとしている時に、この様な事件が舞い込んでまいりました。保守速報さんのヤフーニュースからの転用です。

    東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

    マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

    マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。

    そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」

    産経新聞広報部は、「取材に関することにはお答えしません」朝日新聞広報部は「社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。弊社として適切に対応いたします」

    黒川氏は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。5月21日(木)発売の「週刊文春」では、2度のマージャンの詳細、もう一つの「不適切行為」、愛犬家でカジノでのギャンブルも好む黒川氏の素顔、昔から続く接待マージャンの詳細を知る元ハイヤー運転手の証言、安倍晋三首相が“黒川検事総長”にこだわる理由など、グラビアとあわせて9ページにわたって詳報している。
    転用終わり。

    コメント欄には、朝日新聞はもう一人の検事総長候補の林さんとズブズブだからどうしても黒川さんを排除したかったのだ。という意見がありました。
    気になるのが、何故もう一人を隠すのか?気になります。私、鯉の邪推ですが、これは朝日の自爆テロでしょう。週刊文春も何かありそうな気がしますね。(中国の工作)
    気の毒なのは、政府です。検察内部の権力闘争に巻き込まれた感じです。

    武田良太大臣は、どうされますか?

  13. 田舎の一国民 のコメント:

    何から何まで小坪市議にしてもらって、敬意を表するだの、ご苦労様だの、歴史的な判決だの・・・
    日本の将来を一市議に丸投げするのでしょうか?何のための国会議員なのかと思います。戦後70余年、特亜のなすがままに日本をほったらかしにしてきたようにも見える。今岐路にたっている日本のために少しは仕事をしてもらいたいものです。

M にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください