【政治家の目線】日の丸外した高野連。武田良太・自民幹事長特別補佐「自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。」【よく言ったと思った人はシェア】


 

 

本日、武田良太先生に携帯で電話して「(産経の記事の件だが)Blogに書いていいか?」と確認をとった。どういう内容を書くかは協議していない。
本件はネットでも話題になっているニュースだが、より踏み込んだ分析をしてみよう。武田先生の歴任した役職を踏まえ、党組織という括りで見ると実はそれなりにインパクトのある話。

産経の記事における発言の部分を紹介する。
「韓国が強要したのなら極めて非常識で失礼だが、強要されていないのに自ら日の丸を外すのはもっと問題だ」と日本高等学校野球連盟(日本高野連)の対応を批判。
舞台は”党本部で開かれた外交部会などの合同会議”である。

武田先生の役職は、二階派の中堅幹部、そして幹事長特別補佐という役職。
年齢は50代に入ったばかりだが、期数は6期。
初めての選挙は25歳、そこから10年の浪人を経て35歳で初当選。10年の滑走路が、武田良太を極めて強固な政治家に育てた。また、極めて若く当選しているため、年齢に比してキャリアが非常に高い。

過去の役職としては、防衛政務官、衆院・安全保障委員長、そして防衛副大臣を歴任してきた。完全に防衛畑を歩んできた政治家。やがて防衛大臣になるとの見立てもある。

その上で、同会議において
韓国で行われた国際観艦式で、韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたために防衛省が海上自衛隊派遣を見送ったことを挙げ、「やっていいことと悪いことがある。自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。そんな気概では勝てない」と述べた。

意味がわかるだろうか。
自民党本部で行われた部会において、党の役職を拝命する政治家がここまで踏み込むインパクト。幹事長特別補佐とは、党組織を代表する幹事長の名代を務めることができる肩書き。発言そのものが、党の意思と同等と言っていい。しかも、(繰り返しになるが)この発言は党本部で行われた。

これに対し、外務省は回答をしている。
文章だけ読むと「足りない」と思うかも知れないが、行間を読むとそういうレベルではない。

武田先生は日韓議員連盟。
所属していることで批判もあることは(私も)承知しているが、どういう経緯で所属しているかは私にはわからない。
ただし、日韓議員連盟に所属している政治家がこのように発言することは、韓国側への強いメッセージになることは(一介の地方議員ではあるが、)一人の政治家として事実であると述べておきたい。

余談になるが、選挙区は福岡11区。
私が市議を務める行橋市は、11区における人口密集地のひとつ。行橋市における、自民党系地方議員の筆頭市議が私だったりする。

このBlogは本人(武田先生)も確実に読むため、あまり書くと怒られるが”極めて喧嘩が上手い”という点は述べさせて頂きたい。
10年の浪人生活も含め、選挙において党の公認を得たことは僅かであり、初当選の直後の解散は郵政解散。一期生にして党に逆らい公認を得られず、刺客を立てられる。数百差で刺客を破り、以降、連続当選。

単に、強い。
異なる立場の方もおられるとは思うが、「強力な政治家」という部分においては、対峙する者こそ認める部分だろう。
根性というか、「戦うこと」へのスタンスが凄まじいまでに特化している。
(本人が読むことを考えると書き方は気を付けるが、ここは私のBlogなのでこう書くけれど)「私よりも、遥かに戦闘経験に長けており、武人みたいな政治家」である。
そもそも完全なまでの防衛族の政治家、自衛隊員への浸透も凄まじい。

武田先生は日韓議員連盟を辞めないだろう。
確かに私だったら議連には入らない。
けれど、恐らく今後、韓国に最もプレッシャーをかけて行く一人になるだろう。

では、解説とともに報道の紹介をしていこう。
繰り返すが、このBlogは本人も読む。なぜなら、SMSでこのBlogのURLを送信するからだ。事務所にも送る。
この際、はっきり言っておくが、ここのコメント欄も読むだろう。アゲアゲで書いてくれとは言わないが、コメント欄そのものが「党組織そのもの」を動かすBlogということも述べておきたい。

さぁ、みんなで政治をやろうか。
地方議員の責務とは、民意の最前線であること。
国政の眼となり、声を国に届けるレーダーであること。このBlog自体も、そうだ。

 

 

 

※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下、報道を紹介する。

 

日の丸外してU18杯、自民・武田氏「参加しなくてよい」

 

韓国で30日から始まる野球のU18ワールドカップ(W杯)に臨む高校日本代表が、日韓関係の悪化を受けて現地入りの際に日の丸などが入っていないシャツを着ていたことについて、自民党の武田良太元防衛副大臣は28日、「韓国が強要したのなら極めて非常識で失礼だが、強要されていないのに自ら日の丸を外すのはもっと問題だ」と日本高等学校野球連盟(日本高野連)の対応を批判した。党本部で開かれた外交部会などの合同会議で語った。

武田氏は、昨年10月に韓国で行われた国際観艦式で、韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたために防衛省が海上自衛隊派遣を見送ったことを挙げ、「やっていいことと悪いことがある。自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。そんな気概では勝てない」と述べた。外務省は「事実関係を確認する」と答えた。

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日の記者会見で「高野連の方針や個別の対応について政府としてコメントは控えたい」と述べた。

 

 

上記はyahooニュースだが、コメント数は6400オーバー。

上位コメントは「高野連は、一度解体すべき。」であり、そう思うが6万4千人。
2位、3位がそれぞれ6万超、および5万超。

注目のニュースである。

 

ただし、記事に書かれていない過去の役職や党組織の序列を鑑みると、この記事は「もっと別のインパクト」がある。
政治家として解説してみよう。

 

 

 

政権与党・自由民主党

この部分は誰しも知る部分であるが、我が国の政権与党は自由民主党である。
最大の議席を有しているという意味であるが、国会の手続きを考えて頂きたい。

国会とは、立法分野であり、国権の最高機関である。
防衛省も外務省も、すべての省庁は「行政機関」である。
この行政トップが総理大臣であり、各省庁においては大臣となる。

行政が「こういう予算にしたいよ」という提案を行い(議案の提出)、
立法分野が「それでいいよ」みたいな決定(議決)を行う。
これは市議会でも同じ手続きだ。
(違いは、行政トップを議員から選出すると言う点。)

 

物凄くシンプルに言うと、「議会の議決が得られなければ、絵に描いた餅」になるのだ。
市において、市長が”あれやりたい、これやりたい”と言っても、議会の議決が得られなければ予算は執行できない。(専決という裏技はあるが、多用はできない。)

で、
もっとはっきり言うと、「政権与党が、ダメだよ」と言うと、官邸が何を言おうと、各省庁が何を言おうと「否決されてドボン」となる。

ゆえに、省庁は「議決を得るため」に、政権与党の影響を強く受ける。
最終的な決定権は、実は議会にあるのだ。

 

もし、議会側の意向とまったく違う動きばかりをしていた場合、下手すれば議案が否決されてしまい、予算そのものが凍結されてしまう。

これらの事前の調整というか、意見の集約が「党本部における部会」で行われる。
今回の発言は、外交部会などの合同会議で行われている。

 

さて、自民党の党組織を見てみよう。
トップは総裁である。与党である場合には、総裁は総理大臣となるため、自民の場合には「総理総裁」と呼称される。厳格に言えば、”総理”をしつつ”総裁”でもあるよという、異なる役職を連続させたもの。

総理は、行政トップとなるため、(野党も含め)「みんなの総理」であり、党務は幹事長が行っていく。
自民党を一つの企業に例えると、幹事長とは社長に相当する。英語で言えばCEOか。

「政高党低」という言葉がいつからか使われており、この意味は(閣僚などの)役職が高いとされ、党の役職が低いというもの。実しやかに言われるが、私はそうは思わない。
党の役職というのは、特に部会においては異常な力を発揮する。

確かに許認可であったり、モデル事業みたいなものは省庁でやるのだろう。
だが、行政に対するプレッシャーは、正式には議会を経由して立法分野で行われるべきであり、政治の本筋で言えばこれが王道。
疑いのない事実だ。

 

武田良太先生の役職は、幹事長特別補佐。
これは武田先生の就任に合わせ新設されたポストであり、幹事長代行などの上位職もあるが、幹事長の側近中の側近であり、「幹事長の名代を務めることができる肩書き」である。

特に。
党本部の部会においては、相当な発言力である。

(※ 産経の記事では「元防衛副大臣」という肩書のみで、現職である幹事長特別補佐についての言及はない。)

 

これら、党組織に対する認識を持った上で記事における発言を見ていくと、全く異なるインパクトがあることに気付く。

 

 

 

与党としての意思

この記事における発言は、与党そのものとしての意思、
つまり、幹事長室の思いとして見た場合、まったく違う衝撃がある。

無論、衆議院議員個人として発言する場合や、政治家ではなく個人としての意見という場面もある。
どういう意図での発言かは、受け取り手がそれぞれが考えること。誤まっているなら、本人が否定する。

とは言え、これが党本部で開かれた部会である点を踏まえれば、対外的には幹事長特別補佐としての発言と認識することは乱暴なロジックではない。

 

>自民党の武田良太元防衛副大臣は28日、「韓国が強要したのなら極めて非常識で失礼だが、強要されていないのに自ら日の丸を外すのはもっと問題だ」と日本高等学校野球連盟(日本高野連)の対応を批判した。

主語を”自民党が”に置き換えると、感じ方は異なる。
党組織の役を帯びていることを踏まえて読むべき記事。

> 武田氏は、昨年10月に韓国で行われた国際観艦式で、韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたために防衛省が海上自衛隊派遣を見送ったことを挙げ、「やっていいことと悪いことがある。自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。そんな気概では勝てない」と述べた。

次に後述するが、冒頭で述べたように防衛畑を歩んできた政治家。
防衛省および自衛隊幹部に相当に顔が効く有力者の発言。

これに対し
>外務省は「事実関係を確認する」と答えた。

 

外務省のコメントは短いものだが、発言の舞台や役職を踏まえて読むと、コメントそのものとは考えないほうがいい。

省庁が「事実関係を確認」というのは、”やらない”という意味に感じる人もいるだろうし、実際そういう場面もある。だが、今回のコメントは違う意味だと私は感じた。

特に、相手が武田良太に対するものである場合、「確認の結果、その報告」はなされるだろう。それは、自民党そのものへの報告と同義。

何の改善もないまま、手ぶらで報告するのは無理。
そんなことをすれば、雷が落ちるどころではない。

ぶっちゃけ、相当、怖い。
私はたまに言い合いになるのだが、私が保障する。
相当、怖い。だから楽しいだのけれど。

 

> 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日の記者会見で「高野連の方針や個別の対応について政府としてコメントは控えたい」と述べた。

官房長官のコメントは、これはこれでいいのだ。
行政は公平であるべきで、各省庁の大臣をまとめる立場が官房長官である以上、個別事案にコメントを控えるのは当然。

だから、党の役職者が発言した、というのが一般的な読み方。

 

 

 

防衛、そして自衛隊に対する思い
武田良太先生の過去の役職を紹介する。
防衛政務官、衆院・安全保障委員長、そして防衛副大臣を歴任してきた。完全に防衛畑を歩んできた政治家。
やがて防衛大臣になるとの見立てもある。

 

私たち、福岡11区には、航空自衛隊の基地がある。
私が市議を務める行橋市、および二町にまたがる。

航空自衛隊 築城基地。
いまはF2のみだが、かつてはF15とF2を同時運用してきた基地。
制空戦闘機と対艦攻撃機を同時に飛ばせるのだが、護衛戦闘機と攻撃機を選爆混合であげることができる。

朝鮮半島有事が勃発した場合には、我が国を守る最前線となる。
西の空の守りの要、そして、国家としての反撃能力そのものである。
ここは、日本の矛。

 

下記は、私の過去の挨拶の動画。

 

第八航空団 築城基地における賀詞交歓会。
通常、市議の挨拶はない。
というか、過去にも例はないと思う。

列席する市長や町長の挨拶もなく、国会議員および基地協力会として首長が一人ぐらい。各議会の議長の挨拶もない。

では、なぜ私が挨拶をしているのか。

 

私が挨拶しているのは、武田良太の代理として。
北朝鮮の水爆実験だったか、何か公務があって突如出席できなかったため、急きょマイクを握った。
撮影は武田秘書。

打合せは、特になかった。
「じゃ、頼むわ」ぐらいの軽い感じのパスだった。
たぶん信頼されているんだと思う。代理原稿とか祝辞の読み上げではなく、好きなように話せ、と。

当然、上記の動画は(武田代理でマイクを握ったため)のち武田先生も見ているのだが、「ふーん、まぁ、話すようになったじゃないか」と。
特に誉めてもくれなかったけど、嬉しかった。

11区の方はご存じだと思うが、武田先生はこれ以上にもっと突っ込んだ話をする。
代打の私が、武田先生以上に踏み込むことは当然できないわけで、武田先生の演説は「これどころではない」のは間違いない。

私自身、相当、演説の練習はしてきた。
だから任されたとは思う。
(国会議員の代理を、代原なしで受ける市議は珍しいとは思う。だが例がないわけでもない。)

けれど、武田先生の演説や挨拶にはかなわない。
まず、場数が段違いに違うけれども、絶対値としてどうしようもないぐらい上手い。

私だって、少々の国会議員の挨拶には負けない自信はある。
てんで駄目なら、代理で話すことは許されない。だから私が目指すレベルは”並みの国会議員以上”であること。

私だって、これでも一応、行橋市においては(自民党系の)筆頭議員。
どこでマイクを握っても、11区の威信にかけて下手な挨拶はできない。

だから、
「ふーん、まぁ、話すようになったじゃないか」は、嬉しかった。
ちなみに、私がこの挨拶をしたときは、私はまだ一期生だった。

 

武田先生の話に戻るが、これ以上に踏み込んだ挨拶を繰り返してきた。

日本の矛である、第八航空団を守る衆議院議員として。
戦闘機を主とした基地であり、爆音の問題もある。沖縄だけではなく、ここ11区も(特に行橋周辺は)名護クラスで右派左派が激闘してきた地域。

その地において、国会議員がこれほど踏み込んで話すことがどれほどの勇気を与えてきたか。

 

幹部自衛官からの信頼のみならず、現場を支える隊員それぞれからの支持も厚い。
今回の件にしても、防衛省の幹部がどれぐらい動きやすくなったことか。

旭日旗の一件、外務省への牽制の効果もある。

> 武田氏は、昨年10月に韓国で行われた国際観艦式で、韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたために防衛省が海上自衛隊派遣を見送ったことを挙げ、「やっていいことと悪いことがある。自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。そんな気概では勝てない」と述べた。外務省は「事実関係を確認する」と答えた。

 

私自身もお付き合いがあるけれど、防衛省の高官と武田先生の距離はかなり近い。

想定の話になるが、仮に外務省が(防衛省に対し)「刺激しないでくれ」みたいな話を持っていった場合、「武田が出撃するぞ」という意味合いには受け取られるだろう。
本人にその意図があったかどうかではなく、外務省にとっては相当なプレッシャーであることは事実。

防衛省にとっては、頼りになる、まさしくバックそのものの議員の発言。

 

>外務省は「事実関係を確認する」と答えた。

これで、外務省は(高野連ではなく)、自衛隊に関する日韓の話が持ち上がった場合、防衛省にゴチャゴチャ言うことはできなくなったと思う。

繰り返しになるが、防衛政務官、衆院・安全保障委員長、そして防衛副大臣を歴任してきた。完全に防衛畑を歩んできた政治家、そして日本の矛を守ってきた政治家。

 

 

 

政局に強い。あと、怖い。
あんまり書くと怒られるが、ちょっと書く。
怖いというか、単に強い。

共に同じ戦線に在ることも多いが、単に「強い」。
私は時々、逆らってみるのだけれども(いや結構な頻度で言い返しているかも。)、ガンガン言われるのは、楽しい。

 

かつて、他の国会議員(政務官)に対し「小坪は市議だが、俺の側近だ」と紹介された。
武田先生から”側近”と呼ばれたわけだが、私は「いや、別に側近じゃないです。」と即答。

おもろいかなーって思った。
なんかボケというか、こう、ね。
まぁ、むちゃんこ怒ってた。
(国会議員、何人かとご飯たべてて何かの会議してたと思う。)

何か案件を抱えてて、ちょっと難航してて。
幹事長室にヘルプ出そうか出すまいか迷って、結局、甘えたくなくて。
そんなとき、まぁ、ちょっと言ってしまった。
(※ これについては私が悪かったと思う。)

 

他、政策上の違いというか、意見の対立があって物凄い言い合いに。
「帰れ!!」と言われて、私は「はい、そうですか」と帰ろうとしたところ、
「帰れと言われて帰るやつがあるか!」と怒られ、
「国会議員ともあろう者が、市議に対して吐いた言葉を五秒で撤回するするか!」と怒鳴り返して帰った。

のち仲直りした。
(※ これは私は悪くない。)

 

良かった思い出。
爆破予告を受けたとき、何も言わずに速攻で動いてくれたのは武田先生。本人から電話かかってきて、「テロに屈するな、負けるなよ。あとのことは俺に任せろ。」と静かに言われた。
やべぇ、恰好いいと思ってしまった。

私が、赤旗の市庁舎の件を取り上げていることも知っている。
けれど、何も言わない。静かに見ている。
そう、見てる。

やれと言われたわけではない。
けれど、絶対に止めなかった。
ただ見ている。

※ ちなみに赤旗は100万部を割り込み、財政問題としても死活問題みたいな談話というか緊急声明を出している。
やったZE☆

 

いまの関係。

私は正直、物凄く危険な政策を手掛けていることは、確かにある。
本当は苦しいときだってあった。(赤旗の件ではない。)
顔に出てたのか、それとも見ていたのか。

東京だった。
武田先生から「何か、言うことあるか。」と。
ちょっとした談笑の最中、突然。
「何か、俺がしてやれること、要望はないんか。」と静かに、
でも真剣な目で言われた。

私は、一瞬だけ待って、
本当は甘えようかとも思ったんだけれど、
「要望は、ひとつだけ。」
「子供の喧嘩に、親が口出しするな。」と、目を見つめ返して言った。

続けて、
「ありがとうございます。」と礼。

頭を下げたまま、
「自分で始めたことだから、自分で戦えないと私はダメになる。」
「やらせてください、最後まで。」
「横に並ぶ気もないけれど、せめて後ろを歩きたい。同じ土俵に私はいれなくなる。」

その時、なんて言われたかはよく覚えてない。
一瞬のことだったから。
確か「死ぬなよ」だったか「やばいときは言えよ」だった。

まぁ、なんとか自分で対処を完了させた。
省庁を6つぐらい横断して動いていたときで、結構シビアなことをやっていた。

甘えたく、ないんだよ。
近いから、そして自分の選挙区だから。
実際、その件については武田先生の力は借りていない。頼らなかったことも、私の誇り。
この頃からだったと思う、私は筆頭議員という自覚が身に着いた。

 

本論に戻るが、武田先生は怖い。
何度も言い合いをしている私が言うのだから間違いない。
目の前で怒られたらむちゃんこ怖い。
私の場合は、「だから楽しい」という部分があり、体格差の在り過ぎるトムとジェリー的な感じ(時に命懸け)だけれど、物凄い迫力がある。

政治家としてのオーラというか、目の前にしたときのプレッシャーは物凄い。
比較対象は多くはないけれども、数十名の国会議員を見てきたが、その中でも群を抜いて高いプレッシャーがある。
(私が余計なことを言うからだけれど。)

 

官僚もよく知っていると思う。
絶対に敵にまわしちゃ駄目なタイプって、いる。

確かに私もそのタイプかも知れないが、武田良太という存在は、さらにレベルが違う。

 

記事だけでは伝わらない部分が、ここです。

”こういう名前の国会議員が、こんなことを言ったよ”という記事ではない。
省庁に対するプレッシャーは相当なもの。

 

 

 

そして、これは政権与党の意思として扱われるべきもの。
党本部で、党の役付きが述べているのだから。

防衛に精通した政治家が、自衛隊に関連するテーマに触れて部会で述べた内容。
その点を重視して頂きたい。

議会が動く、だから行政は動ける。
政権与党が動く、ゆえに国家が動く。

 

 

※ このBlogのURLは、ある程度、コメントがついたのち武田先生本人に送ります。
(正直、怒られないかはヒヤヒヤだ。余計なことを書きすぎた気もするが「読み物として面白くするためです!!!」と強弁しておこうと思う。)

 

 

 

私たちのなすべきこと。

 

これが、与党を代表することができる肩書きを持つ政治家が述べたことを

 

正しく理解し、それを伝えていくこと。

 

党組織の意思ということであれば、地方議員を含め、

 

自民党所属国会議員の、政党人としての動きに影響を与える。

 

さて、静かに物事は動き始める。

 

省庁に対する、党の意思は示された。

 

高野連?何か動きがあったようだけれど、

 

動いていく規模は、そんなレベルじゃないだろう。

 

政治が動いていく、ズシリと言う音が聴こえる。

 

それぞれの立場でなすべきことをなしていこう。

 

これらの背景も含め、広めるお手伝いをして頂ける方は

 

FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

65 Responses to 【政治家の目線】日の丸外した高野連。武田良太・自民幹事長特別補佐「自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい。」【よく言ったと思った人はシェア】

  1. BLACK のコメント:

    本日の小坪氏の記事で武田良太先生たのお話を伺い、武田良太先生のご活躍とお人柄を詳しく教えていただくことが出来、「ほっ」と安堵しました。

    武田良太先生のようなご実績とお人柄・気概を持った方が、日本に、それも九州北部にいて下さった幸運を思います。
    これからの日本は、特に韓半島に最も近い九州北部の護りが最重要になると、一般庶民の私ですが思います。
    九州の軍事防衛
    九州のテロリスト侵入の防御
    九州の韓半島からの難民対策
    それ等のことが非常に心配でしたが、今日の小坪氏の武田良太先生のお話を伺い
    「武田良太先生がおられるなら大丈夫だ」と安堵しました。
    日韓議員連盟におられることも、こうしてお話を伺えば、これからの日本にとってプラス要因、心強いことに思えました。

    今回の高野連の件も、武田良太先生が動いてくださらなければ、どのような結果になっていたか
    国益を害する怖いことでした。
    国民は民意の表現は出来ますが、今回、国民の民意が届く時間は無かったです。
    武田良太先生のように迅速に動いて下さる政治家氏がおられなければ
    高野連または高野連に影響力のある方々の独断だけで日本のことが決められ実行されるところでした。

    武田良太先生
    自衛隊の旭日旗の件
    今回の高野連の日の丸の件
    本当にありがとうございました。
    どうかこれからも、日本の為にお願い申し上げます。
    武田良太先生のご活躍に注目させていただきます。

    武田良太先生
    小坪氏
    ありがとうございます。

    • BLACK のコメント:

      武田良太先生へ

      今回武田良太先生のご発言とご活躍がニュースになり
      日本の新聞をチェックしながらテロ対象者をリストアップしている人物・組織があるとすれば
      武田良太先生が注目されリストアップまたはリストの順位が上がることも推察されます。

      くれぐれも身辺にご注意をお願い申し上げます。
      そして各大臣と安倍総理の安全を
      どうかよろしくお願い申し上げます。
      どうかご自身と各大臣・安倍総理を護ってくださいませ。

      小坪氏の安全もよろしくお願い申し上げます。

      • 鮒太郎 のコメント:

        すみません、本題から逸れて申し訳ないのですが「韓半島」ってなんでしょうか?
        初めて見たのですが朝鮮半島の事ですか?
        (wikiで見たら韓国の反日映画で「韓半島」というのがありました。)
        最近は韓半島と呼ぶことがあるのでしょうか。

        • BLACK のコメント:

          鮒太郎様
          ご指摘ありがとうございます。
          反日などの他意なく使用しましたが
          指摘していただたい通り確かにおかしい表記でした。
          無知故とお許しください。

          小坪氏はじめみなさまのご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしてしまい
          心からお詫び申し上げます。

  2. 書きたかったんです、スミマセン。でも送信する際は消して下さい。 のコメント:

    かっくいー(>∀<)

  3. 琵琶鯉 のコメント:

    昨日、官邸メールをだしました。
    高野連を一度解体すべきと多くのコメントがyahoo に上がっております。
    ピッチャーにしてもそう、消耗品のような扱い。プロ野球選手かの指導を受けてはいけない。
    (少年野球は違います。)
    甲子園開催時には、朝日新聞社の支配地となる周辺地域。
    かなりの利権が動いているようです。一度調査すべきだと思います。

    韓国はオリンピックに旭日旗の全面禁止を要請しているようですが、そんなアホな要求をしているのは韓国だけであり、旭日旗を目にすると溶けて無くなる病が有るのなら、残念では有りますが、参加を辞められた方が良いのではないか?日本は古来より(日出ずる国)であり、朝日が世界中で一番最初に注ぐ極東の島国ですから、旭日旗を排除は無理です。

    とでも韓国にいってほしいですよね。

  4. 山形賢一 のコメント:

    一言。
    そろそろ高校生を食い物にするのは辞めたらいかが?朝日新聞さん

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     

    さぁ、みんなで政治をやろうか。

    このブログの良い所が一言で表現されて居て、非常に良いと考えます。

    嘗て、政治家と言えば雲の上の人と言う印象がありました。
    今にして思えば、話を通すルートが一部に抑えられて居たからなのだろうと感じます。
    ドラマや漫画、アニメに於いても、政治家が登場する際は裏で悪事を働く悪者として登場する事が多かったですし、それを補強するかの様に料亭の密室や高級車と言った小道具も充実させて描かれて来たものです。
    このブログはその様な偏見を埋めるのにも、大いに活躍していると言っても過言では無いでしょう。

    扨て、普段は弱腰外交だと罵られ、最近は経済産業省に押され、害務省等と揶揄される外務省ですが、外務省をそうしたのは我々国民に責任があります。
    長い長い偏ったバーチャル平和教育によって、何故だか外交と軍事が概念上で切離され、外交など無理筋の状況下でここまでの外交を行って来たのです。

    一応は、在外公館に駐在して軍事に関する情報交換や情報収集を担当する武官である防衛駐在官(嘗ての駐在武官)を我が国も設置しておりますが、近年その権限制限が緩和されて来ては居るものの如何せん他国の駐在武官と比べれば制限が多いのも事実です。

    そもそも何故に世界的に在外公館に武官が駐在するのかと言えば、外交と軍事はセットだからです。
    なのに多くの国民は「アタマ無しの牛丼(単なる白飯)」とか「アタマだけの牛丼(単なる牛皿)」を求める傾向が強く、牛丼とは言えない物を牛丼として出して来たのが外務省であり、防衛省(防衛庁)でした。
    それでも、何とか牛丼として外国に食わせて来たのですから、その実力は大したものと言えるでしょう。

    ヤクザの寄合いで相手は颯爽と「おんどりゃ、蜂の巣にされたくなけりゃ、筋通さんかい!」と拳銃をチラつかすのに対して、コチラは丸腰で「まぁ、まぁ」と宥めながら何とか国益を死守して来たのです。

    今回、防衛畑の防衛族議員の発言に対して、外務省が「事実関係を確認する」と答えたのであれば、その確認内容に期待する声がある事が、外務省に伝わって欲しいものだと思います。
    そして、防衛省と外務省との連携強化と、両省の合理的運用を可能とする制度整備のキッカケとなれば、更に国民への利益が増大します。

    ハッキリ言って韓国は、早かれ遅かれ現在の国際的地位を失うと予測して居ます。
    それは武士と名乗っては居ても、所領安堵されて居た石取りの旗本が、現米支給の扶持米取りの足軽に格下げされる位の所までは行くのではないでしょうか。
    最近は手首切り過ぎて、御家断絶にも届きそうな勢いで猪突猛進してますが・・・。

    その意味から言えば、キッカケとして利用する事を目的として韓国を絡めるのはアリでしょうが、どうせほっといても衰退する韓国に我が国が積極的に関わる必要はありません。
    韓国が悪事を働いたらブッ叩いて、後は「シッ、シッ」と追払う程度で良いでしょう。(まぁ、野良犬扱いですね)

    願わくば、将来の我が国にとって財産となる、制度を残して頂きたいものです。

  6. 松沢健壮 のコメント:

    小坪先生、お疲れさまです。雨で九州は大変なことになっているかと思いますが、このようなエントリーをアップしていただいて色々と勇気を頂きました。

    正直、小坪先生も武田良太先生もカッコよくて憧れてしまいます。自分、会社で色々とあり、独立するために単身赴任で家族と離れ、1年はどんなことになっても悪あがきして前に進もうとしているからでしょうか。

    この度の高野連の件は、日本国の誇りである国旗を付けることが出来ないなら、国際試合に出ることは意味がないと考えておりました。右翼と呼ばれる人も左翼と呼ばれる人も、人しく日本国の国民であり、国民代表として国旗を掲げ、試合に臨むのが本来あるべき姿なので、最初にニュースを聞いた時は情けなくて、腹が立つより悲しみが先に来ました。

    これからも日本の為に頑張ってください。小坪先生と同じく派遣法と消費税だけは納得できませんが、これからもご活躍をお祈りしております。

  7. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうございます。
    マスコミが間に入るとミスリードすると、このブログの読者になってからつくづく思います。
    マスコミ側にも色々思いはあるでしょうが、報道の看板を上げる以上、まず、事実は事実として伝え、その上で自らの見解を述べ主張するというおとをして頂きたいです。
    それにしても、武田先生は、頼もしい存在です。
    高野連の件、反応して頂いて嬉しかったです。
    高野連は、配慮の仕方を間違えたと思います。
    危険だと思うなら、そんな危険地帯に子供たちを派遣してはいけない。
    小坪先生は、武田先生の背中を追いかけている感じでしょうか?
    それなら、ますます健康には気を遣って下さい。
    倒れてしまっては近づく事も出来ません。

  8. ブレダ のコメント:

    小坪先生いつも興味深い記事をありがとうございます。

    それにしても武田良太自民党幹事長特別補佐の「自ら日の丸を外す
    のなら、試合に参加しなくてよい」との発言、

    言葉少なくとも深く刺さる、まさに至言です。

    そのとおりだと思いました。

  9. Sinobu Hattori のコメント:

    高校野球の独自競技ルールすら、高野連のご都合ルール。
    高校選手を立場で動かし、自己利益のみもご都合。
    日の丸の今回の件も、ご都合な強要。

    日ノ本と日の丸を背負って挑む誇り高き若人の選手達へ、
    背負う事ならずと押し付けるなどは悪意の輩。

    更に、若人は未成年者でも有り、
    未来をも背負って立つ、資源で有り財産。

    この大きな財産に対し、

    背負う物すら剥奪した上、危険な場に向かえ、など、

    平気で吐き出す口と息すら薄汚く、
    指導者と見ても上司と見ても、
    無価値極まりない汚物。

    上位権力と、中間の立場と、メディアとを組み、
    暴利と権勢を意のままに行う腫物は、

    後まで残さば、醜く酷き病巣へと変貌し、
    誇り高きつわものへの足枷として
    恒久と取り付き残るでしょう。

    未来有る若人と後人の御為に、
    切り離し、取り除き、治す、を 早急に行うのが吉と存じます。

  10. 中道右 のコメント:

    日の丸がだめなら朝日新聞主催の夏の甲子園なので朝日新聞社旗で飾れば旗色がわかったので良かったのでは、赤色か青色か??。くそ熱い真夏に甲子園は選手に拷問を与えているように見える、春は季節的にいいので選抜ではなくてトーナメントで春一本にすべきでは。そもそも危険な反日教育国へ将来の日本の宝を行かすのは愚の骨頂。高野連は朝日新聞の下部にある組織???

  11. 元修羅の国の住民 のコメント:

    韓国で試合をする高校生が、身の安全の確保が保障されないような状況で、
    韓国のような国に忖度して日の丸を外してまで、
    果たして行く必要はあるだろうかと思います。
    そんなことをやってもかえって韓国側から馬鹿にされて
    屈辱や辱めを選手たちに与えるだけです。
    そもそも選手のユニフォームの日の丸を外したところで
    韓国の大衆が反日ヒステリーで暴走している状態では、
    選手の身の安全が保障されるとは到底思えません。

    韓国側の状況を鑑み、選手の身の安全を第一に考えた場合
    「いかない・いかせない」という選択もあったと思います。

  12. さぬきのゆめ のコメント:

    国会であれ地方であれ自分というものがない付和雷同型の人間に議員はやってもらいたくないと思っています。どちらに転ぶか分からないのでは票を入れられませんもの。
    お二方のやり取りは親子のようですね。
    精一杯背伸びをする子供と言いたい事を我慢して見守る親。こういう親子は親の方が器量が大きい場合が多いです。そして器量の大きい親の元では子供は親を追い越せるほどの度量を見せるようになります。

    国旗の件、高野連には怒りを感じていました。日本は他人に配慮して先方が言いだす前に対処してしまう事が多いのですが、いくらなんでもやり過ぎです。
    一歩下がれば二歩も三歩も踏み込んでくる国です。今現在、外国人に対しても旭日旗が入ったものには何でも文句つけている国です。サッカー選手のウソに国民全員がのって日本を貶めるために利用しています。
    日本が彼の国の国民性を慮って自ら国旗を外せば旭日旗だけではなく日の丸も掲げられなくなります。
    国の代表として行くのです。堂々とこれでもかと国旗を付けてください。そうすることが危険というならばそんな国に高校生を派遣しないでください。

    国旗の元に集える自由を捨てないでください。

    小坪さん、眠ってますか? 休んでいますか?
    この記事は3時にはありませんでした。大変な時期だからこそ休養は大事です。

  13. 匿名 のコメント:

    小坪先生いつもありがとうございます。

    武田先生のご発言を素直に嬉しいと思います。ありがとうございます。

    今回の件で旭日旗だけでなく、日の丸にまでガタガタ言われるようになってはかないません。

    その意味では高野連のやったことは、謝っただけでは済まされないと思います。国益に関わる事案です。なんらかの形で責任を取って頂かないといけません。

    朝日新聞が主催する夏の甲子園。日の丸にノーを突きつける高野連。利権を貪り高校球児を食い物にしているようにしか見えません。

    野球が大好きで頑張っている子供達が可哀想です。

    子供達にとって甲子園は憧れの場所です。テレビに出たりして注目されますし、プロ野球への道も開けます。

    それゆえに、あまりにも朝日新聞や高野連に強い権力が集中しているんではないでしょうか?

    高野連解体が難しいなら、別の組織・団体を作り、子供達にチャンスを広げてあげてほしいです。

  14. やくも少年 のコメント:

    高野連の件、ついにここまでヤキが回ったか、との思いです。

    どうせ野球をやるのなら、甲子園のエースでちやほやされてプロで全く活躍できないよりも、テスト生同然で這い上がって甲子園球場を仕事場にして、天皇の御前では先発投手を務め、プロとして320勝した小山正明投手や、その甲子園球場に乗り込んで日本シリーズを戦って、三冠王も獲得し、生涯一捕手として657本塁打を打った野村克也捕手の方が、私としてはよほどいいようにも思っています。
    もちろん、甲子園で活躍したことで、その後野球以外の道に本意不本意を問わず進んだとしても、甲子園で活躍した事実は、本人はもとより周囲にとっても良い関係性を与えることは、多々あるでしょう。
    しかし、あのシステムは、もう改めないといけない。

    プロ野球がすべてではないが、何故、野球に、それも高校生の野球に、とんでもない政治性を持ち込むのか。

    何といっても腹が立つのは、この期に及んで、韓国と友好などとほざくやから。
    仲良きゃいいってものではない。
    それこそ、「なかよし」なら、今はプリキュアで十分足りていますよ(毎週観ています~苦笑)。
    ~もちろん、サンデーモーニングもといサイテーモーニングなんて、スポーツコーナー以外観ていません。要は、プリキュアに「亡命」しているのです(苦笑)。

  15. Ninja のコメント:

    武田良太の御発言、全く正論と思います。
    他人に慮るを美徳とする我々日本人ですが、日本人である事の誇りを失ってまで、他人に慮る必要は、全くないと考えます。ましてや、相手は南朝鮮です。日の丸、或いは日章旗を掲げずに参加という選択肢は、全くないと思います。
    同時に、国旗を掲げることが危険と思える国に、子供を送ろうとする高野連には、激しい怒りを覚えます。
    また、東アジアに関しては、適切な安全情報を発信していない外務省にも、改善を求めたいと思います。
    小坪先生、十分休養なさって下さいね。

    • Ninja のコメント:

      冒頭、武田先生を呼び捨てにしてしまいました。武田良太先生に訂正致します。

  16. NW のコメント:

    何を卑屈になる必要があるのか意味不明。
    堂々と存在感を示すときだ。
    こんな時こそ一歩も引くな。

    渡辺雅隆➡朝日新聞社社長、丸山昌宏➡毎日新聞社社長
    もうこれだけで香ばしい。推して知るべし。

    日本の代表ですので日本国旗をつけて戦うのが当たり前。
    余計な邪念は捨ててスポーツマンシップに専念すればよい。
    以下関係者一同は猛省してくれ。

    公益財団法人 日本高等学校野球連盟
    最高顧問・顧問・理事・監事・評議員 一覧

    (順不同、敬称略)
    (令和元年5月15日 理事改選・評議員一部変更)

    最高顧問(5名)
    松前 達郎 渡辺 雅隆 丸山 昌宏 脇村 春夫
    奥島 孝康
    顧問(7名)
    鵜山  治 佐山 和夫 水野 秀則 越智 隆弘
    村上 和弘 和泉 健守 相澤 孝行
    会長(1名)
    八田 英二
    副会長(3名)
    西岡 宏堂 高橋 順二 井上 康雄
    理事(30名)
    河原 丈久 武井 克時 赤井 淳二 田名部和裕
    竹中 雅彦 北村 雅敏 市村 銑章 内藤 雅之
    日下  篤 北村  聡 寺田千代乃 窪田 哲之
    小笠原敦子 山本 秀明 豊田 啓介 尾上 良宏
    中村 尚登 小倉 好正 磯田 晴久 栗林 創造
    山根  尚
    横山 泰之(北海道) 松本 嘉次(宮 城) 城田 雅人(群 馬)
    北野 幹昌(富 山) 小森 和憲(岐 阜) 大久保雅生(滋 賀)
    東堂 昌治(山 口) 小野 裕作(香 川) 野口 敦弘(福 岡)

    理事定数30名以上35名以内
    監事(3名)
    田井 伸幸 富樫 暁宏 安 江 剛 和

    監事定数3名以内
    評議員(57名)
    桂   等 林  義孝 田中  信 土屋 明生
    小川 信幸 松下 進一 宮前 徳弘 中村 俊孝
    松元  泰 永良 晴彦 松本 清一 鈴木 直哉
    大藤 敏行 柴原 高雄 見﨑 仁志 三好 康嗣
    中村 良太 木村 政彦 相原 洋 外谷 洋樹
    高橋  聡(青 森) 大原 茂樹(岩 手) 久米 信彦(秋 田)
    江口 理博(山 形) 小針  淳(福 島) 榎戸  努(茨 城)
    藤田 光明(栃 木) 小山 友清(埼 玉) 庄司 和彦(山 梨)
    鈴木 博史(千 葉) 栗原 豊樹(神奈川) 依田 和浩(長 野)
    杵鞭 義孝(新 潟) 佐々木 渉(石 川) 田邊 浩之(福 井)
    渡邉 才也(静 岡) 神田  清(愛 知) 鵜飼  治(三 重)
    米川  勲(京 都) 市原 定典(奈 良) 伊藤 誠悟(和歌山)
    伊原  登(大 阪) 福留 和年(兵 庫) 宮武 一士(岡 山)
    田村 嘉庸(鳥 取) 板森 匡祐(広 島) 萬治  正(島 根)
    松浦 彰浩(愛 媛) 須崎 一幸(徳 島) 山﨑 正明(高 知)
    吉冨 壽泰(佐 賀) 黒江 英樹(長 崎) 工木雄太郎(熊 本)
    佐藤 直樹(大 分) 鬼島 秀晃(宮 崎) 中森 敏朗(鹿児島)
    又吉  忠(沖 縄)

    評議員定数48名以上60名以内

  17. 西郷隆盛 のコメント:

    高野連「やっぱり、日の丸使うわ…」この【手のひら返し】の裏には、武田良太代議士の【素早く的確な対処】があったのですね。

    改めて、武田良太代議士に、深く感謝致します。有難う御座います。

    それにしても…『 【自ら國や國民の誇りを捨て去る行為】を、社会の責任有る世代(詰まり決定権を持つ世代)が、國と國民の誇りである【国旗】を、こうもあっさりと捨て去る存念が本当に情けない。本来なら最も『日の丸を背に闘う事を誇りに思っている』スポーツ界関係者の、この様な【軽挙妄動】が目に余る…【日本サッカー協会】然り、今度の【高野連】然り…
    やはり、【左翼戦後民主主義教育の毒】が【総身に廻ってしまった世代】が【我が国の害毒】になって仕舞いました…何とかしなければ…然し名案は浮かばず…

    さて、武田良太さん、【日韓議員連盟】の件です。もし、退会されないのならば、自己矛盾に陥りはしませんか?
    件の組織は、【韓国のメッセンジャーボーイ】の役割しかしていない【売国・亡国組織】でしか有りません。解体するべきです。
    それとも、武田良太さんは、この組織の存続が、『我国益に叶う』とお思いなのですか?ならば、その理由を御説明下さい。
    一万歩譲って、武田さんが【日韓議員連盟】を乗っ取って、【我国の国益】を先方に「強力に」発信して、喧嘩も辞さない組織に【激変】させるならば、貴兄が【会員】である事を我慢します。

    と【悪口】を言いながら、武田良太代議士と小坪市議の力を当てにして、お願いの儀が有ります。
    昨日の【祝!韓国ホワイト國排除】のコメントにも記しましたが、
    【新帝陛下即位の最も重要な神事】である【大嘗祭】が行なわれる【大嘗宮の屋根葺き】が、宮内庁の独断で【1300年の伝統文化の破壊】が、宮内庁の独断で進められています。
    【伝統的茅葺き屋根】が、宮内庁の君側の奸の奸計で【板葺き屋根】に改竄されて、そのまま【大嘗宮造営】が強行されています。
    【8月中】に茅葺き屋根に回復出来れば、【大嘗祭】に間に合います。
    詳細は【前日の小坪ブログのコメント欄】をご参照下さい。

    是非、【皇室】を守る為に、【君側の奸】の奸計を粉砕し、新帝陛下におかれましては、【古式床しい1300年の伝統文化継承の大嘗祭】に臨んで頂きたく、此処に伏してお願い申し上げます。

  18. 神無月 のコメント:

    この様な事を書きますと、パヨクか!と言われそうですが、日の丸を外しての参加記事を読んだ時の私の感想です。

    先ずは、日本の誇りはどうしたの?、優勝の表彰式でも日章旗と君が代を辞退するの?、それとも優勝は韓国に譲る忖度でもするのか?

    もう一つは、選手に万が一の事が起きないよう、忖度かもしれないが、連盟として苦渋の選択をしたのか?(朝日新聞の影響が無いとして・・)です。

    日米韓の歴史やマスコミからの影響を考えれば、連盟の判断も100%間違っているとも言えません。

    武田先生のお言葉も間違っているとは思いません。

    個人的には、この世に正解はありませんので、どちらが正解とも言い切れません。
    諸行無常ですね。

    さて、俯瞰すれば、風でしょう。選挙でも風が吹くと言われますが、国家間の風向きが変わってきました。その風向きに敏感な人、鈍感な人の差が、今のところ微風の為に、大きな差となり表れているのでしょう。

    風が強まれば差は縮まりますが、強風になり過ぎますと被害が大きくなります。

    その辺りは、国の舵取り役の議員さんに投票として委ねます。

    小坪市議も駆逐艦として大きな成果を出されています。その成果には、後ろに戦艦、空母、潜水艦等の艦隊が控えている事も大きいと思います。

    今後も、日本の誇りと世界平和実現の為にご尽力くださる事を願っています。
    .

  19. 波那 のコメント:

    ナザレンコ・アンドリー
    @nippon_ukuraina
    どんな国旗にも、その国旗を守るために命を捧げた人の歴史がある。だからただの布ではない。
    「相手を刺激しないように国旗を下げよう」なんて、今まで国家に尽くして亡くなられた人のお墓につばを吐くような行為。決して許すべきではない。 https://twitter.com/nippon_ukuraina/status/1166598436705198080

    ナザレンコ・アンドリー
    @nippon_ukuraina
    ヴォロジーミル・ルィバク氏の人生最後の写真。2014年、彼が住んでいた町は親ロ派テロ組織とロシア軍に占領され、市役所の上にロシア国旗が揚げられた時、上に登ってウクライナ国旗を戻した。3日後、腹が切られた等、拷問の跡があった彼の死体が川で見つかった。国旗を守るために命を犠牲にした。
    (画像╱https://snjpn.net/archives/155310)

    viral
    @bose_husband
    返信先: @nippon_ukurainaさん
    日本は他国と違い国旗教育も無いし、国旗が軽視されがち。この騒動が他国であれば、生徒は猛反発しただろう。
    15:43 – 2019年8月28日

    エブリデイサンクス
    @isXsiI41mfg4yAD
    返信先: @nippon_ukurainaさん
    生徒の為を思って。

    みたいな言い回しだけどそれなら炎天下での試合中止にしろよ。
    17:54 – 2019年8月28日

    ・そもそも、平気で他国の国旗を燃やして浮かれ騒ぐ韓国に配慮した時点で、日本の負け。そりゃ、何度も韓国の大統領、議員が竹島に上陸して、アピールしますわ。ロシアは北海道侵略を狙ってます。

    ・高野連の浅はかな判断は、韓国を調子付かせるだけ。

    ✳あともう1つ。韓国がIOC に東京オリンピックで応援に旭日旗を使うのをやめさせてくれとアホな申し入れをしたそうですが、もういい加減このアホな国に日本人が舐められるのをやめさせて下さい。早くこのアホな国とは国交を断絶をして下さい。

    韓国が日本を困らしてやりたいの憎しみ、恨みの一心でGSOMIA を破棄したのが連日アメリカで報道され騒がれてるようですが、GSOMIA は韓国に駐留してる米軍を守る為に日本が協力したようなものです。監視衛星の一基も打ち上げられない韓国がどんな機密を提供できると言うのか。当然、アメリカの方が怒っていて米韓同盟解消の声も出始めています。米軍撤退すれば38度線から防衛ラインは台湾を含み対馬から日本海になり我が国が最前線になります。韓国が自らの墓穴を掘ったGSOMIA 破棄で、日本はあのような国とゴタゴタしている場合ではなくなりました。日本海側が最前線になるのだと見据えて気を引き締めましょう。

  20. 一郎 のコメント:

    武田先生の愛国の言葉は心地よいです。

    保守が物言えるようになってきたのは、小坪先生・武田先生・安倍政権・トランプさん・世界の右傾化・日本会議・保守の皆様のおかげだと思っています。

    アメリカを上手く動かして保守の望む政治を実現したい。

  21. 亜太刀メメント のコメント:

    小坪先生こんにちは。

    武田先生を支持します。

    高野連。弱者救済をお題目に自ら問題を創るやり口は、朝日新聞を筆頭とした反日勢力の十八番ですね。こんな屑組織、必要無いと思います。

  22. 異国より のコメント:

    武田先生

    苦しい時の小坪市議を助けて下さってありがとうございます。
    害務省の売国官僚を牽制して下さってありがとうございます。
    炎天下連戦させているその口で「生徒の安全の為」に国旗を下ろしてそんな危険地域に赴かせた、高野連のダブスタを厳しく指摘して下さりありがとうございます。
    でも日韓議連はもう加入し続ける意味は無いのではないかと思います。
    禍の国はpoint of no returnを嬉々として越えましたから。

  23. Kenchibi のコメント:

    小坪先生
    いつも更新を楽しみにしています.

    武田先生かっけーですね.魅力ある政治家が頑張る姿はものすごく頼もしく思います.
    >さぁ、みんなで政治をやろうか。
    この言葉はほんとに痺れました.

    ここに質問とか不安とか書いても大丈夫なのですかね?

    今気になっている点は2点あります.
    韓国のレッドチーム入りを鑑み,特別永住許可を有する?
    在日韓国朝鮮人の方々の今後の在り方についてです.
    情勢不安になると彼らもまた不安で押しつぶされるかと思います.
    帰国事業等を通じて棄民にならないようになんとかならないものでしょうか.

    直近(8/24大阪の難波高島屋)では香港デモに対するカウンターとして,
    大勢の中国人が大阪で中国国歌を斉唱という出来事が起こりました.
    古くはありますが,長野五輪の際も我が国の中で乱闘が生じました.

    こと,朝鮮有事となった際,いやその前にどういう議論がなされている必要があるのでしょうか.
    PCの前の僕らでも何かできることはないのかな?と思った次第です.

    長くなりました.小坪先生,武田先生のご活躍をお祈り申し上げます.

  24. 北麓のジジイ のコメント:

    小坪議員お疲れ様です。
    武田議員の発言はその言やよし。
    日韓議連は九州であれば地域的にも致し方無しで、利権というと語弊があるがメリットも多いんでしょうね。
    テレ朝の玉川が選手は日本国を代表してるのではなく、日本人を代表してとの戯言を言っています。
    そんな詭弁は世間では通用しないし、無理筋にも程がある。
    高野連は朝日・毎日の天下りみたいな組織だし、なぜ「高野連」と野球だけ別組織なのか?
    高校生なら「高体連」があるんだからそこに参加すれば良いだけ。
    朝日が絡むと碌なことはないと皆が感じれば良いねと。

  25. 一国民 のコメント:

    身の回りに溢れる我慢できないほど不合理な出来事の数々。一体自民党は何をやっているのだ、戦後70余年日本国のために何をやってきたのだ、と。選挙では仕方なしに自民党に入れるけど全然信用していない。それでも私たちが頼りにできるのは今の所は自民党政権しかない。最近は韓国への対応の部分ではやや好印象にはなっているものの、でも、消費税増税でこの先もデフレが続いて、本当に日本のことを考えているのか。「失われた20年」への反省はないのか、民主党と同じではないか。「アイヌ新法」にしても自民党は何を考えているのか。数年前に「自治基本条例」が問題になっていた(勿論現在も大問題)頃、自民党の谷垣総裁はニコニコ生中継だったかで質問されて「今から勉強するところです」というような返事だった。一般国民の多くの人が実質的な外国人の地方参政権獲得だとして地方議員に請願をしたり議会傍聴に言ったりしているときに谷垣総裁の返答を聞いて「こりゃダメだ」と思いました。そんな自民党に対する不信感をほんの少しでも払拭してくださるのが小坪先生のこのブログです。長くなりました。言葉に失礼の段があればお詫びいたします。最後に、この度の武田先生のご発言に対し、敬意と感謝を申し上げますとともに小坪先生には健康には何卒ご留意くださいますよう。

  26. 綾瀬市議会議員 笠間のぼる のコメント:

    党の要職にありながら、このような正論をズバリと語ってくれる代議士は、地方で活動する我々保守系地方議員にとって非常に有難い存在です!
    私も自民党の末席にありますが、益々尊敬の念が深まりました😃
    一度、思い切って表敬訪問しようかな?怖いけど(笑)

    小坪議員
    武田先生に宜しくお伝えください😃

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      お、笠間昇先生、きたぁああ!とおもいました!

      神奈川県の愛国・保守の先生方も、ぜひ、正論をどんどん、発信していただきたいです!

    • 琵琶鯉 のコメント:

      笠間先生降臨💓ですね。

      さて、話しは変わりますが、香港デモの参加者が次々と香港警察によって逮捕されています。あの、日本の記者クラブで発言やTiwterで香港の現状を訴えたアグネス・チョンさんも理由なく逮捕されました。心配です。

  27. ロスジェネ兵庫県民 のコメント:

    この件、日本の選手達の移動には、警察の護衛が付いたとも聞きました。
    高野連の幹部は選手達の安全に配慮したつもりかもしれませんが、怒りを通り越して呆れました。そもそも、旭日旗に対する反発からして、全く正当性のない近年の「思いつき」に過ぎません。いわゆる徴用工問題、靖国に対する反発もそうですが、新しく思いついたゆすり・たかりの種にいちいち配慮して、なぜ私達日本人が率先して濡れ衣を着て侮辱されなければならないのか。
    ありもしない罪を着せて日本人を辱める韓国に配慮して、脅されたわけでもないのに自ら日の丸を付けさせないとは、今度は日章旗も問題化して下さいとわざわざ提案したも同然ではありませんか。

    第一、朝日新聞が本体である高野連、また主催する大会自体が、球児達のことを考えているとは到底思えません。日本の高校野球のレベルは高く、大会で活躍した選手にはすぐにでもプロ球団入りが真剣に検討される逸材も少なくないことは、野球に興味がなくても誰もが知る所でしょう。
    だというのに、毎年記録的な酷暑が続いている中で、例えば大会日程の抜本的な見直しが検討されているという話はついぞ聞いたことがありません。鍛え抜かれた全国レベルの選手達でさえ、猛暑では熱中症にかかる危険性が十分にあるのです。応援に来る一般生徒達、お年寄りや幼い子供達も含むご家族の観戦を考慮すれば、真夏の大会開催の是非は最低でも議論くらいはすべきではありませんか。

    下手をすれば命に関わる事態すら想定されるのであれば、日の丸を外すなどという意味不明な忖度でなく、大会参加自体を取りやめるのが当然です。高校球児達は、高野連の私物ではありません。将来を嘱望されるプロ候補の選手達は野球界の宝ですし、それほどの才能に恵まれていない球児達も、その一人一人が親御さんにとっては大切なご子息であり、同じ学校や地域の少年少女達の友人なのです。その安全を守るためなら、危険な場所には行かせないことこそがまっとうな判断であると私は思います。

    韓国が好きで韓国を訪れた日本人女性が後遺症が残るほどの激しい暴力を受け、映像が撮影されていたにも関わらず犯人は「こちらも侮辱された。一方的に暴力を振るっているような映像を捏造された」と嘘をつく。この事件、映像がなかったら一体どうなったか分かりません。暴力を振るわれたのに警察がまともに取り合ってくれなかった、という旅行者の話も聞きます。その真偽は私には確かめようがありませんが、韓国の犯罪率、反日感情、最近の情勢を考慮すれば、大会運営が公正に行われるかどうかも怪しいものですし、選手達が安全に過ごせる保証はないことは明らかです。

    武田先生のことは存じ上げていませんでしたが、小坪先生がおっしゃるような重要な役職の方なら、よくぞこの件を取り上げて下さったと思います。
    スポーツは戦いです。ルールに則ってフェアに、紳士的に行うのが理想ですが、少しでも経験したことのある方なら、相手を倒してやる、という闘志が勝負を分けることも多いということが理解できるはずです。国民の誇りたる国旗をその胸から外すなど、戦う前から闘志を捨てて負けているに等しい。
    少なくとも、未成年の選手達には胸を張って試合を行える環境を整えてあげることが、大人の責務ではありませんか。子供達の安全と誇りを脅かす組織に、その身を託すことはできません。

  28. 親日日本人 のコメント:

    すでに、ご存知かと思いますが・・・。
    「しんぶん赤旗」と党の財政を守るために
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-29/2019082909_01_0.html

  29. 栃の実 のコメント:

    < さぁ、みんなで政治をやろうか。 >

    櫻盛居士様をはじめ、触れられている方々がいらっしゃいますが素晴らしい一文ですね。
    読んだ時に胸が一杯になり不覚にも涙が零れました。
    小坪先生のブログだからこそ書ける言葉だと思います。

    先日の参院選では恥ずかしながら家内と諍いを起こしてしまいました。
    政治や選挙というものに対して嫌悪感を持っているらしく、
    投票率や他サイトのスレッドでも同様の状況を見たことから察するに、
    これが現日本人の政治に対する平均的な立ち位置なのかとも思われます。
    これからも時間をかけて理解を求めていくつもりですが、
    この言葉のように政治が身近になることを願って止みません。

    また、今回のブログで日韓議連の中にも武田良太先生のような方がおられる事を知り、
    日韓議連に関しては武田先生を応援しながら色々と妄想を膨らませて
    楽しませて頂く事と致します。

  30. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、情報ありがとうございます

    武田良太先生(福岡11区)、鬼木誠先生(福岡2区)、そして、行橋の小坪先生・・・

    福岡の愛国・保守の先生がたに拍手を送りたいとおもいます。

  31. 山本瑞教 のコメント:

    昔テレビで、嵐寛寿郎主演の鞍馬天狗を観ていた人間です。最近、小坪先生のブログ、保守速報・余命三年時事日記の前に拝読しています。武田先生のような国士がいらっしゃったのですね。我が本籍は岡山、最近週刊誌を賑している自民逢沢…、今住んでいるのが民主・野田ドジョウの船橋市。N国党に入れるしかない状況です。思えば昭和は、コミンテルン共産党。平成は日教組、在日朝鮮人、創価学会がマスゴミ、司法、行政を壟断してきました。令和の日本、国民に取り戻す鞍馬天狗、武田先生、小坪先生を応援いたします。

  32. ミカンの実 のコメント:

    韓国へ旅行中の女性への暴行事件や、今回の高野連の日本国旗に対するグダグダの対応、しっかりと報道されていますね。これでも韓国へ行ったりするのならもう自業自得です。子供は未成年で判断できないとしても親がいるわけですから。日本国の政治家で、日本人が半分以上いらっしゃるのかしら? 少なくとも武田先生と、小坪議員は日本人なのでしょう。利権があるところは、朝鮮関係の方が必ずいます。ましてや高校野球の利権の塊は美味しすぎて楽しいことでしょう。これからはそういうものもどんどん本物の日本人へ取り戻されていくことと思います。(油断はしませんが。)良いことだと思います。

  33. このような政治家が 国政におられる事 政権与党において役職に就いている事は 地方議員にとっても 本当に安心かつ 信頼できる事でもあります。
    ありがとうございます。

    東大阪市議会議員
    野田 しょう子 拝

  34. hayabu のコメント:

    お疲れ様です。
    日韓議員連盟は、今や逆風の肩書でしょうが、そのような中にいてこその働きも有ります。他にもパチンコ議員連などもそうでしょう。内偵的な存在の議員もちらほら感じています。 いうに言われぬことは察するか、調べて信じるしかないでしょう。
    動きが見えなくなることが一番危険なので、ご活躍を期待しております、とだけエールを送ります。

    議員の健康と、地域の水害の被害が少ないことを祈ります。

  35. うし のコメント:

    いつも読ませてもらっています。今日初めて武田先生の存在を知りました。日本にこのような先生がいらしたこと、うれしく思いますし、心強く感じます。これからも日本の子供たち、若者たちの未来のために私たちを引っ張って下さいますようお願い申し上げます。
    今回の件、高野連の対応は言語道断だと思いましたが、そもそも、日の丸はオリンピックなどのスポーツ選手の対外試合のためにあるわけではありません。私たちの魂の故郷のシンボルとしての日の丸が取り戻せるよう願います。高野連を批判するのは簡単ですが、スポーツ以外に国旗を見ることが少ないように思います。自宅に掲げましょう。

  36. 自民党の要職にある方が、「自ら日の丸を外すのなら、試合に参加しなくてよい」。その通りの正論をよく言ってくれました。
    我が国の戦後は、国旗国歌を否定し国家解体を目論む勢力との戦いの歴史でした。今般の高野連の件も、そのせめぎあいの中で起きた事です。
    我が国の独立の維持と繁栄の為、武田良太先生には、今後とも力を尽くして頂きたいと思います。先生の活動に注目して参ります。

    小坪先生、武田先生の人となりを紹介してくれて有難う^^

  37. 旧新人類 のコメント:

    武田先生、日本を宜しくお願いします!Wikipediaによると、「2016年獲得した党員の数はトップで1万人を超えた」とあります。大勢の方々に慕われておられるのですね。小坪先生の厳しくも頼りになる大先輩とのことで、心強く思います。ネット保守層も増えてきているので、これからはさらに思うところを存分に述べてください。マスゴミが何を言おうと、ばっちり援護射撃いたします。

  38. 尾張小牧 のコメント:

    小坪さん、こんばんは。

    この記事が無かったら、武田先生の事を知る事は無かったと思います。

    ところで、公益財団法人なんですよね?高野連は・・・・
    まさか!?とは思いますが、税金から補助金は貰っていませんよね?

    この件で、公益性が全く無い!事が判明したのですから、
    一般財団法人に格下げ!してもらっては、どうでしょうか?

  39. 匿名希望です のコメント:

    小坪先生、いつもためになる記事をありがとうございます。
    国旗を隠してまで国際大会に参加することには反対です。

    ところで2日前、マスコミが初めて武田先生のこのニュースを報道した際、最初に頭に浮かんだのは武田先生のご発言をマスコミが失言扱いする前段の記事なのではないかという疑念でした。
    幸い、その不安と疑念は現実のものにはなりませんでしたが、もしこれが昭和50年代、60年代でしたらあるいは政治家や政党がスポーツに介入したなどという報道で叩かれるのではと思いました。

    この件で一国民として思いましたのは、保守派の先生方に頼るだけでなく、しっかりと保守派の先生方を応援していかなければならないこと、意見を出していかなければならないことでした。

  40. 漫画喫茶店長 のコメント:

    武田議員を熱く支持します!

    U18日本代表も「侍ジャパン」を名乗っています。
    身分を隠しての行動はサムライスピリッツに反していますよね。

    高野連の竹中という理事がマスコミに出てきていますがただのヒラ理事です。
    決定権者ではないと思われます。
    責任者出てこい、そして辞任しろ!と言いたい気分です。

  41. のコメント:

    政治への声。
    拙くても小さくても、届けることが大事だと考えております。

    自分の声が、真の意味で公に資する活動をされている議員様方の後押しになればと思っております。

  42. ピンバック: 高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸 | おすすめトレンド

  43. まる のコメント:

    日韓議連、パチンコ議員など、
    ネット上でひとまとめに揶揄されていることを目にしますが、
    私自身はその所属の議員様に肯定も否定もないという立場です。

    これまでの時代の流れの中で、日米韓の軍事上の連携もあり、地政学的にも韓国と友好的な関係を築かなければならなかったところがあったことだろう、と思っています。
    所属していることが問題なのではなく、潮流が変わった今後、どのように活動をされていくのかが大切なことだと思っております。

    枠組みで大きく括って否定をしてしまう風潮は、ややもすれば硬直的になり、大切な議員様を見失う危険性があるので危惧しています。

    いいお話をありがとうございました。
    自民の厚みや伸びやかさを感じました。
    武田議員様は
    見守って下さることができる
    大きさな器量をお持ちの議員様なんですね。

    もし見ておいででしたら…
    この度の件に速やかにご対応をして下さいましたことに、心より感謝を申し上げます。

  44. 維新は裸の王様 のコメント:

    防衛族議員で政局に強くて、日韓議連ならさ。

    『みんなで竹島視察行こーZE☆ 』位言ってくれんかのー・・・
    多分ネット保守層!爆支持するんちがう?

  45. 杉並区議会議員 小林ゆみ のコメント:

    杉並区議会議員の小林ゆみです。
    自民党の幹事長特別補佐としての武田良太先生のお言葉の重みが、よく理解できました。
    小坪先生、このようにわかりやすく書いて拡散していただき、ありがとうございます。

    今回の高野連の問題に対する多くの日本人の見解は、武田先生の一言に尽きますね。
    党を背負う立場として、然るべき場所にて毅然とした態度でご発言いただいたことに感謝いたします。

    日本国を背負って戦うと決めた選手達の意気込みが、一部の大人達の誤った判断によって削がれないことを祈ります。

  46. 森 淳一 のコメント:

    武田先生、小坪先生、日本の為に体を張った仕事ありがとうございます。どうぞお身体に気を付けて!(この人たちめっちゃかっこええやん…やべえ( ^ω^ ))
    しかし高野連なんか要るか?
    熱中症で死人が出るような日本のクソ真夏に
    日陰も無いようなところで大運動させて、
    若さが汗が美しいってか?
    これは誰が悪いのかなー、高野連?
    それとも朝日新聞?

  47. こたママ のコメント:

    武田良太先生、小坪市議、大変ありがとうございます。
    今まで武田先生の事を良く存じ上げなかった事が恥ずかしいです。
    今後、どのような動きに発展するのかに期待したいと思います。

    外務省には常々疑問を抱かざるを得ない事案が多いのですが、
    今回の高野連の日の丸問題に際して、
    今でも対韓国の海外危険レベル設定がない事に改めて強い違和感を持ちました。

    元々反日感情が強く衛生状態も悪い国であり、
    「北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。」
    北朝鮮による連続日本人拉致事件も未解決で、
    日本大使館、領事館へのテロ行為まがいの事件も続発しています。

    それでも多くの政治家やメディアが民間交流やK-popを推す風潮は相変わらずで、
    日本人女性が白昼、繁華街で暴行を受けても未だに加害者を擁護する始末です。

    この期に及んでも外務省はその場しのぎの個別の注意喚起を連発するだけで、
    まるで自己責任で行けと言っているように聞こえます。

    両国関係の改善、友好関係の構築は民間が責任を負う事ではないと思います。
    取りあえずは国民の安全確保が第一ではないでしょうか?
    この機会に外務省が適切な対応をしてくれる事を心から希望します。

  48. あき のコメント:

    最近韓国のニュースが立て続けですね。
    この度のお話を聞いた時、
    今度は公益財団法人がまた悪しき前例を作ってしまった!と大きな痛みを覚えました。

    我が国の国旗は隣国では毀損されているような異常な事態ですが、通常、世界では国旗というものは、とても大切に丁重に扱いますよね。

    それを高野連は『韓国人のみなさんの感情に配慮をして前面には出しません』などという理由で、国際大会から国旗を隠し、誤ったメッセージを国際的に発信しようとしてしまいました。(泣

    武田議員様にはこの件にご迅速にご対応をして下さいまして、心よりお礼を申し上げます。
    ありがとうございました。

  49. 微風 のコメント:

    小坪議員様
    少し涼しくなりましたね。
    体調はいかがでしょうか。

    上で吉田康一郎議員様が、
    『我が国の戦後は、国旗国歌を否定し国家解体を目論む勢力との戦いの歴史でした。今般の高野連の件も、そのせめぎあいの中で起きた事です。』
    と教えて下さっているのを読み、深く納得いたしました。
    これからもこういったことがあるやもしれませぬが、冷静にできることをしていこうと気持ちをあらたにいたしました。

    そして小坪議員様
    見守って下さる大きな議員様がいらっしゃってお幸せですね。やり取りを拝読して微笑ましく、また心強くも感じました。
    (『いや、別に側近じゃないです』は、ちょっと…です。笑)

    小坪議員様
    自立心と責任感が強い方で、
    それがよりあなた様の強さに繋がっていることかと存じます。
    それを重々承知の上で、差し出がましいことですが、
    小坪議員様のためになら喜んで手を差し出して下さる方がいるということをどうか心に留め置かれて下さいませ。
    これからはとくに。
    小坪議員様の仰ることもよくわかるのですが、それでも、力を貸したいと思って下さっている方のお心を受け取って下さいませね。
    皆様きっと小坪議員様のお手伝いができることを、甘えているなどと思うどころかむしろ嬉しく思って下さるのではないかと感じおります。

    それにしても、福岡に素敵な先生方がいらっしゃって、私は本当にありがたく、嬉しく思っております。
    今後の皆様のご活躍を願ってやみません。

    (長文になってしまい申し訳ありません。)

  50. 伊丹市議会議員 佐藤良憲 のコメント:

    小坪先生ご無沙汰しております🙇
    武田先生のコメントはニュースで拝見しました。
    最近は多くが感じる正論も批判を怖れて言わない方が増えるなか、武田先生のお言葉を嬉しく感じました。
    私は元自衛官で、自民党の地方議員です。
    自民党は憲法改正が党是のはずですが、消極的な意見を述べる方をニュースで見ると甚だ疑問を感じます。
    それがポーズならよろしいのですが・・・

    引き続き、武田先生のご活躍を期待しまして、小坪先生とともに応援しています。
    機会があれば講演等にも参加させてください‼️

  51. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    アンチ体育会系の僕にとっては猛暑日すら当たり前みたいな状況で野球
    なんてやること自体正気だとは思えないってこともありますがバックに
    朝日新聞もついているのだからこそこのような愚行を正当化したいだけ
    なのでしょうか。

  52. ピンバック: SC101高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | おすすめトレンド

  53. ピンバック: 【祝】武田良太、入閣。小坪しんやの地元から国家公安長【目出度いと思った人はシェア】 | 小坪しんやのHP〜行橋市議会議員

  54. ピンバック: SC101高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸

栃の実 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください