議会の闇、その暴露。今日もお休み。


 

 

普通に、疲労。
youtubeでもダラダラ聴きながら、のんびりします。

もう2日もすれば、9月議会・一般質問の発言通告日。
今回も激しいやつがあるので、その準備もやっていこう。
(議会の一部について、不正を暴露する内容でそれなりの余波はあると思う。)

例えば、市の管理する土地を「現職の地方議員が取りこんでおり」借地料なども納めず、当然本人の資産ではないので固定資産税なども払っておらず、となった場合はどうなんだろう。

実名を議会で告発する予定。
ここ数年の動きだが「あれが悪い」「これが悪い」と、まるでモリカケ事件みたいに騒いだ野党議員たちだが、明確に私が事実を明らかにした場合には「不正として批判する」のだろうか。

やらなかったら、その不正を共に糾弾しなかったことを私は批判するだろう。
基本的に全員「爆破予告の決議」に賛成した議員たちだもの。

私の名を入れて、辞めろと言わんばかりの決議に賛同したのだから、
一人一人、討ち取られても仕方ないよね?こっちは、まったく許す気ないから。

人を殺しに来たんだから、殺し返しても問題ない。
いわゆる正当防衛ってやつだ。

憲法九条は改正すべきだと思うけれども、陛下の御名御璽があるのだ、現行の憲法も私は遵守する。
さて、私は憲法九条を順守するけれども、あれは反撃まで禁じているわけではない。
個人的な超訳としては「撃たれたら、ちょっと考え、撃ち返す」(心の俳句)みたいなものだろう。

 

私は撃たれたのだから、撃ち返す。
破壊力が違うとか、戦闘力が違うとか、あたかも私が加害者みたいな言い方をする議員も「セットで敵視」するので発言には気を付けて頂きたい。
大人と子供の喧嘩みたいなものだ、もう勘弁してやって欲しいみたいな話はある。

余計なお世話なので、話しかけないでくれ。
ごちゃごちゃ五月蠅く言った場合には、爆発に巻き込む感じで撃つ。
これは俺の復讐だ、ほっといてくれ。爆破予告の決議に立った議員は全員、一人ずつ何かの政治案件で攻撃を行う。

戦闘力の差異には言及しないで頂こう。
これほどの力量差があるにも関わらず、数を頼みに突っ込んできたのはそちらだ。
もう、やっちゃったんだから、あとは清算されるだけだよ。

そういうのも含め、それなりの文書量を精査している。
他の行橋市議とは(ごく少数の味方を除き)会話はない。
そして、必要ない。

休んで、体調を整え、
さらなる破壊力でぶちのめす。
理系の戦い方は、徹底した数字の追い込みと法論拠だ。
絶対に逃がさない。

これを私怨だとか、ただの復讐劇と揶揄する者もいよう。
その側面があることも事実なので、それはそれで構わない。
その上で、そこに犯された市民の公有財産であったり、謎の税制であったり、一部議員の特権が闇として存在することの指摘とは全く軽重が異なる。

水利権同様に、こちらについてもぶち込む。

 

 

 

※ 試験的に、日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 議会の闇、その暴露。今日もお休み。

  1. かわ のコメント:

    曲がった事が是正される様は、素直に心踊るw

  2. M のコメント:

    どうぞご存分に、どんな場面で有ろうと応援します。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    どうぞ!どうぞ!!

    いいね!推しはおまかせをb

  4. 一般人 のコメント:

    お暑い中、貴重な内容の投稿をありがとうございます。
    是非聞きたいです。

  5. やくも少年 のコメント:

    一般論として、述べさせてください。

    明らかな敵を叩くことももちろん大事ですが、中途半端に味方面した敵が、こういう局面では、一番性質が悪いかと存じます。
    そういう手合いは、確かに、
    「力の差がありすぎるのだから手加減を、寛容に」
    などという表現を、多かれ少なかれやってきます。
    「大人と子供の喧嘩みたいなものだから・・・」云々と述べる手合いが、まさに、それに該当すると思われます。
    こういう手合いは、筋道などで反論できないとなると、情緒論を持ち出してじゃれついてきます。
    例「寂しい話だ」「同じ釜の飯を・・・」などなどのフレーズが、その手合いの常とう句です。

    しかし、そんな手合いの言葉どおりに手加減をしたり寛容にしたりすると、必ず、将来に禍根を残します。
    そんな手合いが、味方となって力強いなんてことなど、ないでしょう。
    逆に、敵として、さっさと、断ち切っておくことが肝要かと存じます。
    その点、そういう手合いへの対応策としては、「巻き込むように爆破する」という作戦は、非常に有効かと思われます。

    例えは難ですが、共産党の宮本顕治元議長の言葉
    「分派活動は芽のうちに摘み取る」
    彼ら共産党上層部から見ての「分派活動」以上に、はだかる敵との間で、先ほど述べたような御仁らは、性質の悪い動きをします。

    一見私怨を果たすように見えても、それが公的な問題点をはらむものであれば、大いに叩きのめしておくべきであります。
    9月議会でのご活躍、祈念致しております。

  6. BLACK のコメント:

    なんでしょうね、
    小坪氏のこのようなご投稿を拝見すると「ほっ」とする私って。
    このような投稿内容に心が和むと言うか、安心すると言うか。

    小坪氏はご自分で「理系」と仰いますが、それは確かでありますが
    良い意味での文系と言うか(「文系」と言うとあまり良い意味には使えないような)
    文学的思考も持っておられると思っております。
    だからお書きになる言葉に説得力や人の心を揺り動かす力があるのだと思っております。

    特に地方議員さんには質の差が激しいように感じます。
    地方議員=地域の特権階級、のような勘違い。
    いえ、勘違いではなく、地方では当たり前の事実なのだと思います。
    当たり前の事実に歯向かえば、青天の霹靂、議員仲間への裏切り、地域の慣習への反逆、と解釈されると思われます。

    私怨ですか、復讐劇ですか、大いに結構、良いではありませんか。
    濃くても薄くても、直接でも間接でも、私怨がなければ出来ることとは思えません。
    正当な善の結果を目指し、望んでも
    どこかに怒りがなければ、理想や善意だけで人はそうそう動けるものではないと思っております。
    私怨を、復讐を、どう使うか、ではないでしょうか。

    ご活躍を願っております。

  7. 士魂のかけら のコメント:

    ゴゼの追剥は、わずかな硬貨のために人を殺すこともあります。
    ましてや、利権がらみでは何が起きるかわかりません。
    くれぐれもご注意を。

  8. 旧新人類 のコメント:

    埼玉県知事選でパヨクが当選しました。それから、愛知でもウナギイヌが「あいち宣言」で表現の自由を世界にアピールして自己正当化するみたいです。

    神戸市会議員 岡田ゆうじ
    ‏ @okada_tarumi

    愛知県の大村知事、国際フォーラムを10月に開き、表現の自由を世界にアピールする「あいち宣言」を提案。
     
    この「あいち宣言」の後は、自治体主催の事業に市民は一切口を出せなくなる。

    芸術ゴロや族議員、公金にたかる連中がやりたい放題になる。
     
    何てったって作品の質は一切不問だから。
    19:31 – 2019年8月23日

    事なかれ主義の日本人が多いからこうなるんですよ。行橋市が愛知や埼玉みたいにならないためにも、小坪先生頑張れ!!

  9. 言い出しっぺ のコメント:

    私も思っているその通りのことを、小気味よい文章にしてくれています。大変尊敬しております。残念ながら私は文才はありません。ご活躍を期待してます!

  10. パコリーヌ(髭) のコメント:

    いいわね 流石アタシらのセンセーだわ

    そうよ 戦わなければ 滅びるのみ

  11. りちゃ のコメント:

    役人の保身で道理が曲げられて、どれだけの人が泣いてきたのか。
    個人的な話になりますが、
    私の弟が死んだことに関しても、公務員の保身的行動で
    道理が曲げられた事が関係していると思っています。

    小坪さんの怒りは「泣いてきた国民」の怒りなのです。
    応援します。

  12. 神奈川の若造 のコメント:

    「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」
    ネットによると原典はレイモンド・チャンドラーの小説だそうですが、何にしても名言です

    先生の宣言を読む限り、むしろ「突っ込まれたらマズい瑕疵がある」くせに背中から撃つような真似をした議員に問題が有りますよね。
    むしろ、そんな方にはちゃんと問題点を指摘をして各々方に襟を糺して頂いたほうが(そのレベルで済むのかは存じませんが)行橋市の公益に資するものであろうと思います。

  13. 神無月 のコメント:

    ブログはブログ。本業は本業です。

    因果応報、自業自得、諸行無常。

    撃てば撃たれる。
    助ければ助けられる。

    まともな人間社会の道理です。

    相手が道理を知る人なら逃げ道を残してあげ、コリア思考な人ならばガツンですね。
    .

  14. itibariki のコメント:

    我が国は法治国家のはずです。法曹界も汚染されパヨクのやりたい放題、放置国家のようです。
    法と証拠に基づいてとっちめてください。

  15. 狼と兎 のコメント:

    寄って集って人を不幸に陥れ、甘い汁を啜って我が物顔をしているような外道に情けは無用。
    先生の闘志滾る姿は我々の希望。
    徹底的に潰して下さい。応援しております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください