川崎、無差別連続殺傷事件。治安について思うこと。指紋押捺の重要性と、メディアの在り方


 

 

まずもって哀悼の意を表します。
亡くなられた被害者の御冥福を心からお祈り申し上げます。治療中の被害者の方々の早期のご回復をお祈り申し上げます。
本事件を知り、ただ恐ろしいと感じた次第であります。

いつも通りの朝、それは永遠には続かないのだと痛感させられました。
何気ない「いっていらっしゃい」の直後、想像しえなかったことでありましょう。

悲しい子供達を襲う事件が後を絶たないという現実、またもや日本の未来を担う宝物である子供の命が、そして子供を見守る大人の命が奪われました。
犯人は、自ら命を絶っており、犯行の動機については現時点では明らかになっておりません。

私が本件において、異常だと感じたのは二点あります。特に、治安維持については、政治家のみならず国民それぞれも考える必要性を感じました。
一つには、安全と思われた手段を全て講じたとしても、通り魔的な犯行を抑止しえないという現実です。いまの子供の登下校の安全性は「できるだけ一人にしない」という方針のもと、スクールバスを活用しての集団登下校です。付近には教員が配置され、また父兄の見守りもありました。

その上で、奇声をあげるでもなく黙って後方より近づき、ある意味では護衛役の大人から殺傷する。そして、小学校一年生の集団に対し、包丁で殺傷を行った。これは、現在の日本のやり方では防ぎようがありません。
結果的には、「集団でいた」ことが被害を拡大させたとも言えてしまうわけですが、ならばどのように安全対策をすればよかったのか。

治安が悪化した、海外のように、有償で警備員を雇用し、必要に応じて武装もさせて警護する。状況によっては、銃火器での武装、もしくは帯刀を許す。常に周囲を警戒し、後方確認も行う。

防犯ボランティアや父兄の見守り、教職員を通学に随行させたうえで生じた事件であります。悲しいことに、通学を見守った父兄からも死者を出してしまいました。
既存の手法では、通り魔には対応のとりようがないのです。

治安について思うことは、指紋押捺の重要性について、です。何か政策的なことを述べることには私の中にも葛藤はございますが、それでも対策を案として示すことが政治家の務めであろうと思います。

特別永住者への指紋押捺は廃止されたままです。
私は、日本人・外国人を問わず、全ての日本に居住する者に対し、指紋押捺を開始すべきではないか?と考えています。写真などで本人確認は可能でありますが、例えば強盗・強姦などの場合、犯人の特定が相当に早くなることは確実であり、結果としてそれは犯行の抑止になりえると考えたからです。

なぜこの話をするかと言えば、
川崎市は、法務省の通知に反し、押捺拒否者を告発しない方針を表明した自治体であったため、思い出した次第です。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

指紋押捺について、もう少し話を続けます。

報道において気になる点がありました。
すでに死亡している犯人でありますが、実際に同一人物であるか、指紋の照合のために住居に警察が入ったとのこと。いままで犯罪歴がゼロであれば、そうやって生前の痕跡を調べる必要もあると思いますが、警察に指紋のデータがなかったということでしょうか。

川崎市で思い出したことがあります。
本件と直接の関係はございませんが、特別永住者に関する指紋押捺制度が廃止されたのは1993年のこと。かつて存在した在日外国人に対する登録に係る制度です。なぜ思いいたったかと言えば、本件では自治体として川崎市が出てくるためです。
当時、指紋捺印は法で定められた義務でありました。外国人登録証明書の公布申請および5年ごとの切替え申請において捺印が義務付けられていました。

韓国からの度重なる要望により、法務省は運用面で緩和しましたが、拒否を続ける者は告発する旨の通達を地方自治体に出しました。これに対し、大韓民国居留民団などは激しく反発し、押捺留保の闘争を展開しました。
ここで出てくるのが、川崎市です。法務省の通達に反し、自治体として拒否者を告発しない方針を表明し、混乱を生じました。
1999年の改正(2000年施行)では、この非永住者の指紋押捺も廃止されました。

のち、米国での同時多発テロを受け、改正。
出入国管理及び難民認定法(入管法)を2006年に改正(2007年に施行)。この改正入管法により、日本に入国する外国人に指紋と顔写真の提供を義務付けることとした。
しかしながら、特別永住者は免除されたままです。
(16歳未満の者、政府が招聘した者も除く。)

 

 

 

日本人も含め、全てに。

私は、日本人も含め、指紋の押捺を全面的に実施すべきではないか、と感じました。
これは誰かを疑うという意味ではなく、せめて考え得る治安維持の方法が、これぐらいしかないためです。いまは顔写真や署名、家族関係(父母・配偶者)で本人確認できるようになっているようですが、これは「本人の特定」のみであります。指紋の場合は、その場に残った証拠との照合が可能なのです。

効果は限定的かも知れませんが、それでも通り魔的な犯行に対しての抑止力にはなるように思います。今回の犯人は自ら命を絶っておりますが、これが強盗・強姦や傷害であれば、「最初から指紋がデータ化されている」ことは、一定の効果があるのではないでしょうか。
さらに空港のデータとも連動させれば、犯罪者を国外逃亡させないための、包囲網にもなる。

 

なぜ、このような議論展開を行うかと言えば、日本が民主主義国家であることの限界を論じねばならなくなるためです。

 

 

 

民主国家の限界
狂人という言葉は差別用語なのかもしれませんが、今回の犯人を狂人と言って、それで差別と騒がれては私は困惑してしまいます。社会に馴染めずというか、まさに社会悪みたいなものは、やはり存在しているわけです。それが極一部であったとしても。

本当の安全は、ある方法で達成できるでしょう。
それは「犯罪を起こすかも知れない」とフラグを立てた者を、一方的に隔離し、つまり未然に拘束するというものです。そして、二度と社会に出さない。

これが可能かと言えば、不可能でありますし、また私個人としては政治家として推進するつもりはありません。かつてのライ病が、政治として正しい判断であったかと言えば(当時を生きた者にも言い分はあるでしょうが)少なくとも今を生きる政治家としては、私は批判いたします。

事前の「強制排除」が不可能である以上、せめて指紋押捺の全面施行ぐらいしか、政策上の解決方法が思いつかない。行き過ぎた監視社会は、ディストピアに続く道でもあり、そのようなことを行いたいわけではありません。

ですが、昨今の異常な事件を前にし、何か対策を講じるとすれば、まだ実現可能性の高い方策として、指紋押捺(繰り返しになりますが、日本人も含めて全員)の再開は議論する意味もあるように思うのです。

 

 

 

報道への嫌悪感

最後に報道について。

私は、見ていて吐き気がしました。
マスコミに対して批判的な立場だからなのかも知れませんが、なんでしょう、もう嫌な気持ちしかしませんでした。

実際に痛ましい事件なのでありますが、「どうにか泣かしてやろう」みたいな、敢えて事件を脚色するかのような報じ方。
女性アナウンサーは、私にはむしろ喜んでいるかのような、もしくは舞い上がっているかのような印象すら受けました。

つまり、(可哀想っていう雰囲気で、いまテレビに映ってるぅ、私、活躍してるぅ)という、そんな性根が滲み出ているかのような、そんな気色悪さ。
ふざけているというか、演じようとして底が見えているかのような、例えば(これは視聴率がとれるわ、うふん)みたいな、そんな印象を抱いたのです。

この事件は、アナウンサーの活躍の場ではありません。
「可哀想ぶってる」演技を、誰が上手いか競う競技でもありません。
あたかも被害者を愚弄している存在かのように思ったのです。

 

それは、私が報道に対して、そもそも疑問を持っている立場だからなのかもしれないと前置きはしますが、ただただ嫌悪感しか覚えませんでした。

それっぽく喪服を着てみていることも、(どう?配慮できてる私は素敵!これで加点1ね!)みたいに見えてしまうわけです。

法は、生きている方しか保証しないからでしょうか、
命を失った瞬間には、被害者の氏名は徹底的に報道されます。
死してなお、報道に加害行為を加えられているようにも感じます。

そろそろ事件報道について、法的な枠組みは作れないのでしょうか。
本来であれば、業界団体自らが内部ルールを策定し、自浄すべきであると思うのですが、それは期待しても無理だと思います。

もう少し、どうにかならないのか、と。
久しぶりにつけたテレビを見つつ、悔しい思いを胸に電源をオフにしました。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

44 Responses to 川崎、無差別連続殺傷事件。治安について思うこと。指紋押捺の重要性と、メディアの在り方

  1. 異国より のコメント:

    同日、埼玉県で刃物を持った男が警察官に襲いかかり、正当防衛で発砲した結果、腹部銃創で犯人死亡との事でしたが、犯罪者と朝鮮人の味方たるマスゴミとパヨクは、喜々としてこの警官を叩くのだろう、と今から反吐が出る思いです。
    警棒や素手で対処していたらこの警官が亡くなったのかもしれないのに。
    刃物を持って暴れる犯人は射殺されても止むなし。な世論も必要だと思いました。

  2. ぽて子 のコメント:

    日本に居住する者全員の指紋押捺、賛成です。
    同様に、日本に居住する者(一人の例外もなく)全ての、DNA情報も登録がなされるほうが良いと思います。

  3. 異議あり のコメント:

    5月末締め切りとあまり時間がありませんが
    「放送コンテンツの製作取引適正化に関するガイドライン」(改訂版)(案)及び同概要版(案)についての意見募集
    https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209299&Mode=0

    こちらに、普段から目にあまるメディアのやり口への意見を書いてきました。
    明日から、メディアは人の痛みを踏みにじるようなインタビューをするんでしょうね。そんなのはもううんざりです。

  4. 東京都56歳 のコメント:

    マスメディアの権威という言葉は、
    すでに過去の遺物。
    日本語教育でいうところの古文レベルで、
    令和の時代には望むべくもありません。
    そのレベルの低さ、直滑降っぷりは、
    冬季五輪なら、ぶっちぎりの金メダル。
    もう、誰にも止められません。

    正直、私は、お手上げだと考えています。
    マスメディアは落ちるところまで落ちて、
    生まれ変わることがあれば、僥倖かとも。

    閑話休題

    全員指紋押印データベース化もそうですし、
    都市部の監視カメラ網構築も含め、
    抑止力も含めた安全対策に大賛成です。

    プライバシー保護と相反するという声も、
    聞こえてきましょう。
    個人情報保護というマジックワードも。
    私の大嫌いな言葉です。

    安全とプライバシーの二者択一なら、
    間違いなく、そして即答で、
    安全を選択します。

    やればできることなんですから、
    ノイジーマイノリティーに屈することなく、
    出来ることはやるしかない、そう考えます。

    川崎市というのは、南北に長く、
    性格の異なる複数の地域の集合体。
    一部に怪しい地域があることも周知の事実。

    リタイアするまで、
    30年以上勤務してきた会社も川崎で、
    一昨日、弔いの為の電車移動で、
    多摩川を通過した際には、
    なんとも懐かしい思いに包まれましたが、
    その次の日に、このような惨劇が起こるとは、
    なんとも残念でなりません。

    犯人(現行犯ですから犯人確定です)が自殺し、
    身元確認が保険証である、という報道にも、
    激しい違和感を感じます。

    顔写真の無い保険証というのは、
    IDとしての信頼性は極めて脆弱。
    指紋の対極に位置する、怪しいID.

    刺身包丁を複数準備しての犯行に、
    どうして保険証を持参する必要があるのか?

    川崎市という土地柄と併せて、
    「なりすましによる犯行」という推理も、
    邪推として切り捨てるには、
    あまりにもその可能性が高すぎます。

    安全と水はただでは得られない。
    それは、お金という視点だけでなく、
    プライバシーとのトレードオフ、
    そういう視点も含めて、
    改めて考えるべきタイミングだと考えます。

    令和という時代を、どうんな時代にするか、
    今こそ、まさに、それが問われている。
    そう考えます。

    繰り返します。
    安全とプライバシーの二者択一なら、
    私は、間違いなく、安全を選択します。

    長文失礼いたしました。

  5. 鈴木 のコメント:

    米国では運転免許証取得時に指紋を採取します。
    こうして指紋がデータベース化され、犯罪の解決には役立っているだろうと思います。
    指紋を採取されると困るのは、そういう人だけの話です。
    日本に居住、または、入国するすべての人から指紋を採取しなければならない時期に来ているというのに賛成します。

  6. 波那 のコメント:

    報道を確認していませんが犯人の名前はもう出たのですか?保険証を所持してたようですが名前が出ないのは本人の物かどうかまだ確認が取れないからなんでしょうか?先日の悠仁親王殿下の机の上に凶器を置いて行った男は自称長谷川某と報道されていましたが、本名だったのか偽名だったのか、犯人のバックグラウンドなど私が見ていないだけかも知れませんが出ていません。

    メディアには世間を震撼させた数々の凶悪犯罪者を通名報道して来た、日本人の犯罪として報道して来た過去があります。だから名前が報道されないと疑いが広がってしまうのです。先日、死刑確定した山田浩二は名前報道されていたではありませんか。日本人であろうと外国籍であろうと殺人犯に人権などありませんよ。家族はこれから、あの子が生きていたら今頃はと、ずっと苦しむことになるのです。

  7. BLACK のコメント:

    日本人を含めて日本在住者全員の指紋押捺に賛成します。
    日本に住むひと、お互いの安全の為に平等に全員同じです。

    監視カメラもOKです。
    日本に住むひと、お互いの安全の為に平等に全員同じです。
    日本に住む全員が本名で暮らしましょう。
    日本に住むひと、お互いの安全の為に平等に全員同じです。

    あと、これは今回の犯人には該当しないことかも知れませんが
    精神疾患者の社会復帰も悩ましいところだと感じます。
    最近NHKは、頻繁に精神疾患者の社会復帰に関する番組を放送しております。
    長期入院の問題、家族が退院に同意しない問題を「可哀そうだ」と報道しています。
    確かに人権問題でもあると思いますが
    退院後に加害者になってしまった例は触れられておりません。
    「可哀そう」な面しか放送しておりません。

    ノンフィクションライターの日垣隆氏の実兄は10代後半に精神疾患で入院しました。
    日垣隆氏は、「兄を一生精神病院から出すつもりはない」と明言しております。
    その言葉だけ聞くと「ひどい弟だ」と感じると思いますが
    様々な事件を取材してきた日垣隆氏の、社会と兄への気持ちだと思っております。
    日垣隆氏のように全員が在るべきだとは申しませんし
    日垣隆氏が100パーセント正しいとも申せませんが
    「可哀そう」だけでは済ませられない、難しいことだと思います。
    それだけに最近のNHKの「社会に出してあげないのは可哀そう、人権問題だ」だけの放送姿勢は安易で危険だと感じます。
    (日垣隆氏のお兄様が精神疾患になられた一番の原因と思は、当時中学生だった一番下の弟さんが同級生に殺され一切不問になったことだと思われます。日垣隆氏は次男です。)

  8. 琵琶鯉 のコメント:

    神奈川は余りにも悲惨な事件が多すぎます。
    もうこんな事件は赦せないです。
    確かに先生がおっしゃるように日本に住む全ての者は指紋を提出の義務。併せて、DNA の登録の義務もつければよいかもしれませんね。

    個人情報に関しては、その情報が、いつ、どこで、誰が。利用したのかを本人に分かるようにすればいいだけの話しです。
    これは、懲戒請求において個人情報が役所に弁護士の特権によって収集されている事案があり、本人が役所に本人請求をしないと開示されないのが実情です。中にはその制度すらない自治体もあります。

    国は直ちに法案化し行政は実施すべきです。

  9. ta のコメント:

    歴史はくわしくないから見当違いですが、現代の刀狩りが指紋情報収集でしょうか。
    そしてマイナンバーの横断的活用、保険証の顔写真。
    システムはある程度できてるんだからやってくれ!

  10. 琵琶鯉 のコメント:

    テーマと違いますが、
    韓国がまた旭日旗で文句を付けていますね。
    内容は、五輪大会の時に日韓戦では旭日旗を会場に入れるな。との事。ほんとにウザイです。

    ならば提案。五輪大会中、日本中を大会成功を願って「大漁旗」で埋めましょう。きっと東京五輪旗と相まってキレイだと思いますし、他の外国人の方々の良いお土産になるので、旗屋さんも儲かり、ウザイ連中避けにもなりますから、一石三鳥です。

    どうか、五輪担当大臣の方宜しくご検討お願い致します。

  11. 星久美 のコメント:

    かぼちゃ

    テレビで昨日の事件現場を取材している多くの報道陣、血痕まで画面に映し出され、いたたまれなくなり消しました。

    被害者や御家族が観たらどう思うでしょうか。

    あまりの節操のなさに怒りが込み上げてきます。

    報道の自主規制を求めます。

  12. 旧新人類 のコメント:

    防犯のためのDNA登録には賛成できません。大体、DNAの収集・中央管理は中国が率先してやっていて、人間をパーツ扱いするような身の毛がよだつ人権蹂躙搾取体制に活用しています。そのうち映画「ハエ人間」みたいに、他の種と人間のハイブリットを人間兵器として開発しかねません。考えただけでぞっとします。また、医療関係者や研究者から大きな反発が来ると思います。DNA情報は命を救うため、人類の幸福のために役立てるべき貴重でセンシティブな情報です。どこが管理するかという問題もあります。国民の知らないところで、国民の個人情報の処理を韓国に下請けに出すような役人が跋扈している現状では大反対です。DNAデータベースが不正アクセスされて漏洩するという危険もあります。日本はセキュリティー意識がまだ断然低いと思うので、堅固なセキュリティー体制が保証されてからではないと、DNAどころか他の生体情報すら安全に管理できるか信用できないし背乗りに悪用されかねません。まず、国民の個人情報の処理を外国企業(特に特亜)に下請けに出すところから禁止してほしいです。指紋の登録なら日本人を含めて日本に居住する人全員に適用すれば文句ないですよね?指紋は警察や入管などが管理するだろうから安心できます。捜査も迅速化されるし、いいじゃないですか。最後に、原始的な対策だとは思いますが、自治体や警察署が護衛術講座などを充実させて広く受講してもらうよう周知するとか。あと、問題のありそうなケースのプロファイリングとかも。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      旧新人類様のコメントを読みながら・・・・

      私も、DNAデータの登録には賛成できません。日本国民の個人情報(年金関係でしたね)を中国の企業に下請けさせていたなど、どうもいまいち、信用できません。中国に日本国民のビッグデータが駄々洩れする危険性をどうも理解できていないお花畑役人が徘徊している現状では、反対です。

      扨て、でも、指紋情報の登録はありだとおもいます。これって、18歳以上ってことになるのですかね・・・。

  13. たぬきねんね のコメント:

    賛成です。普通の日本人なら堂堂と指紋登録できますよ。なので全員登録すればいい。さらにビザ復活。オリンピックもあるのでテロの良い的です。二度と犯罪歴のある外国人が入国できないように対処するのは当然です。

  14. 宮崎マンゴー のコメント:

    神様がいるのなら、犠牲になられた治療中の被害者の皆様をどうか助けて下さい!
    というネットコメントがございました。

    わたくしも心からお祈り申し上げました。
    失くした命はあまりにも尊く、戻らない体温や匂い、笑顔、しぐさ、年月…御家族の無念はいかばかりでありましょう。悲しすぎます
    切な過ぎます、悔しい、ただただそれだけです。綺麗ごとでは済まない現実があり、過熱するマスコミ報道に霹靂と畜生!でございます。
    海外では、安全安心の日本の神話が壊されてしまった…という報道。今に始まった事では無い、国内のずさんな報道。TVのスイッチを切るしかない。
    我国の神々様はどのように眺め御覧になられておられましょうか。何故気付かぬ、何故護らぬ、何故立ち上がらぬ…の言霊が伝わり来る様です。神風は、神話ではなく、本当に国を護る、民を守るのは一途の念が団結した時に起こるのでありましょう…誰かがやってくれるのを待っていては、何も変わらない。ならば我々が、この国を護り変えていくしかないのです。
    小坪議員様は、全てを語ってはおられない、
    ご自身のプロファイリングに於いて、きっと次の一手を考えられておられると存じます。
    壊れかけた神話を立て直すには、あまりにも
    三権分立の壁は厚いかと存じますが、広い人脈、博識、行動範囲(此れ迄の)を使われたなら可能かと存じます。いつも感謝です。祈
    *琵琶鯉様、ありがとうございます。
    わたくしに於ましてもbloggerでも無く、懲戒請求に臨んだということで、ROMでのぞいているch blogで個人情報(住所、氏名、電話番号、生年月日、家族構成など)が毎回拡散され、自宅写真迄掲載されております。先日は短文の脅迫メッセージが届きました。防御出来ない理不尽なる現実を見守るしかなく、保守の正義すら危機が迫っていることに恐怖しかございません。保身為さって下さいませ。

  15. 元修羅の国の住民 のコメント:

    極端な管理社会云々の議論は置いとくとして、防犯治安対策を
    徹底的にやるとしたら、指紋登録だけでは不十分に思います。
    お隣の半島国の中には指紋を削る、指先に指紋模様のシールを張る等で、
    入国時の指紋照合を回避しているものもいるそうです。
    チャイナが導入しているAIによる顔認証システムと、それと連動した
    監視カメラの大量設置なんかは有効なのではと思っています。

  16. TETSU のコメント:

    私も、せめてもの案として。
    指紋押捺、まずは自主押捺からでも始めるという選択肢は無いものでしょうか。

    自主的に押捺した者は、
    「私は犯罪を犯しません」という宣誓をしたに近い判断が可能と思います。
    よって、例えば各種の行政手続きに於いて一部を簡素化する等の優遇措置も検討可能かと。
    それにより、一般の国民からの協力も少しは期待できないかな、という気持ちも。

    一部声のデカい反対勢力の反発が当然予想され、またその声に抗うのは現在の制度下では困難というか、正直なところ期待しておりません。

    雑な話ですが、ならば、我こそは良識ある国民であると自負する者から、口だけではなく少しでも良い社会にする協力を自ら申し出てもバチは当たらんだろう、という気持ちが私にはあります。

  17. 草加せんべい のコメント:

    犯人が自殺し、身元確認が保険証である、という報道にも、
    激しい違和感.刺身包丁を複数準備しての犯行に、どうして保険証を
    持参する必要があるのか?全く、同感です。
    中学生当時の写真は報道されたのに、いまだに51歳の岩崎容疑者
    の顔写真が報道されないのも違和感を感じます。
    秋葉原通り魔事件も犯人以外に別の真犯人がいたという説もあります。
    (多くの人をナイフで殺傷したにも関わらず、犯人の真っ白なシャツ
    に返り血がほとんど付いていなかった)

  18. ミカンの実 のコメント:

    殺されてしまった方々は本当にお気の毒です。遺族の悲しみは想像できかねます。おそらく私が最大の怒りの気持ちの何万倍も大きいことでしょう。スパイ防止法が必要です。自衛隊及び警察関係者などの公務員全員の国籍の確認と、防災を兼ねて防犯の知識の公立及び私学での教育をさらに10倍ほど充実させるべき。小学生でもできる護身術を体育教育に取り入れるなど、文科省仕事してください!

    • ミカンの実 のコメント:

      犯人はまるで外国の工作員、テロリストのような行動をとっています。警察は徹底的に調べるべきです。最近この手の残虐で防ぎ用のない犯罪が多いです。皆さまどうかご自愛ください。

  19. 神無月 のコメント:

    人権、自由と引き換えに、安全を手放しています。
    性善説の日本人ですから性悪説が当たり前の考えには思考が止まります。

    指紋登録もテロ対策には必然になります。

    反日野党はテロ指定を恐れて大反対でしょうが、性悪説との共存共生には必要です。

    最近のスマホでは、指紋や顔を登録してロック解除をしていますが、そのデータを収集しようと思えば簡単にできます。人権の無い国では体制維持の為に収集されているのでしょうね。
    .

  20. るかもん のコメント:

    指紋の登録はまったく持って賛成です。我々一般市民には何ら問題ありません。
    むしろ免罪が減る可能性があるので大大賛成です。
    これに反対するのは、自身にやましい事がある輩でしょう。防犯カメラの設置に反対していたのとと一緒です。
    ぜひ法制化してください!

  21. 琵琶鯉 のコメント:

    このたびの事件、犯人死亡と云う形であとは、警察がその背景を調査し、明らかにして行くかがポイントになるでしょうか。

    さて、本日、東京地裁にて、懲戒請求を偽造した弁護士方々を訴えた裁判の第一回口頭弁論が開催されました。罪状は、有印私文書偽造及び有印私文書行為の罪で告発されております。
    詳しい内容は余命blogの39と40に掲載されております。

    現在の日本の地裁の一部の裁判官が、いかに法律に疎く、無能かが実証されております。

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      >現在の日本の地裁の一部の裁判官が、いかに法律に疎く、無能かが実証されております。

      偽造云々はともかく。
      難関の司法試験を突破した法曹界の人間が「法律に疎い」なんて事があるのですか?

      ちょっとその余命blogとやらも、眉唾物に見えますが・・・ 大丈夫ですかね?

  22. 故郷は縄文の里 のコメント:

    現在私の知る限り、公然と反日教育を行っている国は、中国と南北朝鮮です。幼少期から日本人は悪い人間だと教え込まれたら、危害を加えても罪悪の意識が無く育つ可能性は否定できない。逆に日本人を懲らしめる事は良い事だ、と言う人間が現れても不思議ではない。風貌が似ているだけに厄介だ。不正と犯罪防止に限って、指紋登録は必要だと考える。

  23. キキララ のコメント:

    指紋登録賛成です。事件のタイミングがトランプ大統領と自衛隊のかがへ乗船の日の朝っていうのが気になります。犯行もプロっぽいですね。

  24. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    この手の猟奇的殺人事件はあってはならない事ですが、昔からあるのも現実です。
    指紋押捺制度に一縷の望みを託したいのも頷けますが、犯罪抑止力としては微々たるものに留まるのでは無いかと考えて居ます。
    但し、その微々たる抑止力で助かる命があると思えば、勿論否定するものではありません。

    セキュリティーを厳重にすれば、殺伐とした社会になってしまい、利己主義が蔓延り兼ねません。
    中国社会などは良い例で、困っている人を助ければ逆に仇になったりしてしまう為、幼児が車で何度も轢かれていても、誰も助けない様な社会になってしまって居ます。
    然し乍ら、これは徹底した人間不信社会で求められる、必要最低限の自己防衛スキルでもあるのです。

    ではどの様にすれば犯罪抑止力を高められるかと言えば、やはり犯罪者に同情しない社会の醸成でしょう。

    刺股操作要領
    https://youtu.be/LPERpogSoP0

    突棒・袖搦・刺股(江戸期)
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8f/Torimono_sandogu_%28tools_for_capturing_criminals%29.jpg

    刺股操作要領に登場する刺股は、近年金融機関や学校に設置される様になって来た現代のもので、犯罪者が傷付く事の無い様に配慮されて居ます。
    その為、取抑えた犯罪者の方が力が強かったりすると、刺股を奪われ逆に危険な状況に陥る可能性があります。

    対して江戸期の刺股は犯人が掴み難い様に棘が柄に配置してあり、打撃を喰らわすにも適した形状である為、極めて実用的な作りとなっています。

    この様に捕縛具ですら”犯罪者に優しい”社会は、それはそれで問題視して行く必要があるでしょう。
    そして、”犯罪者に優しい”法曹界とマスコミの存在です。

    「容疑者の育ちがー」「容疑者の家庭がー」「容疑者の環境がー」なんて要りません。
    犯罪は犯罪として裁く事を放棄してはならないのです。

    ”犯罪者に優しい”法曹界とマスコミは、もっと社会的に叩かれて然るべきなのですが、相手は人権を逆手に取って社会秩序を実質的に崩壊させようとしています。
    ならば我々は「人権を奪った者に、人権を保障する必要は無い」と訴え続ける必要があります。

    実際には犯罪発生件数は減少傾向にあります。
    だからといって、無防備で居て良いかと言えば、そうでは無い事も広く周知して行く必要があるのも亦た事実なのです。

  25. NW のコメント:

    私の住んでる街区内にも精神を患ってる者が野放し状態で日々徘徊しては通りすがりの道行く車に向かって暴言を吐いて、被害妄想全開で唾を飛ばして騒いでるオヤジがおります。
    車だけじゃなく近所の中学校まで赴き、緑の金網越しに中学生と遣り合ってます。
    名物オヤジなので中学生たちは適当にアシラッテルダケですが。
    でも彼の存在を知らない、彼に初めて遭遇する住人は車に乗ってる人であれば、まず路上に車を止め車内から降りてキチガイオヤジと口頭で遣り合ってしまいます。
    自転車に乗ってる若いお兄ちゃんであれば尚のこと遣り合ってしまうのです。
    うちの娘には気をつけろと言ってありますが、近道だからと言って彼の出没する道を下校します。
    今のところ大事には至っていませんが、なにしろ精神科病院に通院している者ですし、誰彼構わず文句をつけてるようなので被害状況はわかりません。
    私は車通勤で彼に遭遇してかれこれ4?5年、ついに彼は私の車の前までオーバーアクションで当たり屋みたいな危険行動をとってきましたので、私は車から降りて「何か文句あるのか」と怒鳴ってしまいましたが「文句はありません、すみません」ということなので会社に向かいました。
    実はたくさんの人が警察に通報してるのですがお咎めナシのようです。
    彼の病状が重くならないうちに医療保護措置とか捕獲を検討するべきだと思いますので中学校に申し入れたいとおもいます。

    もし凶器を振りかざした基地外に遭遇した場合、まるごしの人間は対処できるでしょうか?
    ほぼ無理でしょう。
    日本の警察はやさしいので生かして捕獲せよ命令の為に時に殉職する警官もいますが、屈強な警官といえども身の危険を感じたときや、まわりに危害が及ぶ恐れがあるのなら発砲して狂暴犯が命を落としても正当でしょう。

    どこの町にも不審者がたくさんいますので異常行動を目撃したときは速やかに警察に通報し、取り合わない警察もあろうかと思いますので街の自治会長なり自治会役員にも不審者情報を連絡して欲しいと思います。
    やはり横のつながりで情報を共有して、未然に防げることもあるとして助け合いましょう。

    現状では危険人物を警察が常に監視することしかありませんが、今一度家族内で考えうる身の回りの危険なことについて話合ってもいいでしょう。
    例えば娘には外でスマホばかりしてると危険を察知できないから注意しろなど、車や自転車をよく見ろとか、信号無視もあるから気をつけろとか、マンション下を通るときには落下物もあるよなど、口が酸っぱくなるほど言ってます。

    幼稚園や保育園の昼のお散歩での事故もありましたね。小学校の通学者の列に車が突っ込む事故もありました。
    近所に保育園や幼稚園があるので毎日子供たちと引率者に車ですれ違いますが、必ず徐行してますし、教諭たちもしっかりと子供たちをガードしてました。
    自動車運転者の自覚一つで車が凶器に代わってしまいます。
    毎日安全を意識して運転してます。皆で歩行者の命を守りましょう。

  26. miku のコメント:

    川崎と聞いて、「ああ・・」と妙に納得してしまいました。日本の諸問題は、突き詰めると全てが「外国人問題」です。司法汚染、マスゴミの暴走、猟奇事件の増加、、詳しくは語りませんが、言わずもがな。道を歩いても、電車に乗っても、外国籍の人を見ない日はありません。日本人が犠牲になる事件は今後はより増加するでしょう。日本を立て直す方法は、鎖国以外にないと本気で思います。

  27. ななし のコメント:

    オリンピックを安全にやるために
    ビザ復活
    指紋復活

    警察官だけでは人数が足りません

  28. りちゃ のコメント:

    誰がどれだけがんばっても狂気的な犯罪はゼロにはできないが、
    日本全体の子供の躾レベルがちょっとでも上がれば
    こんな悲劇は1件でも2件でも減らせるのでは??

    世の中の7割の親は、自己流で子供を躾けてるもの

    料理なんかを考えるといい。
    経験値がゼロに近い人間が自己流で適当に料理作っても、うまいりょうりはできない

  29. 三度笠 のコメント:

    現状では指紋押捺は反対ですね
    人権云々じゃなくデータ流出した場合のリスクの高すぎる
    「指紋 複製」でググってみてください、すでにスマートフォンの突破事例とかがあるんです
    例えば犯罪現場に残されていたいた指紋が、流出したデータから複製されたものではないという証明が、果たしてできるものなのでしょうか
    昨今の個人情報流出問題、そして日本の防諜体制の脆弱さを考えるに、指紋押捺は犯罪の助長、またはスケープゴートを生み出すために使われる危険性のほうが高いものと考えます

  30. always out of base のコメント:

    義務化は世間が窮屈になるので、自発的登録を促す制度がいいですね。
    「円滑行政協力者」という感じで、指紋、住所、マイナンバー、DNA、歯形、顔写真、所得、資産、賞罰、固定IPアドレス等、開示する個人情報に応じて税率や選挙権を傾斜させる。開示レベル5なら1.5票とか。
    他人の個人情報は自分と同レベル以下じゃないと見られない等、ギブアンドテイクを徹底させ、自分のレベル以下の人たちがどこに住んでいるのか、Google Mapで閲覧できるようにする。

  31. 無骨 のコメント:

    過日、滋賀県で園児と職員が車に轢かれる事故がありました。
    心無い報道陣の質問に答える園長先生が気の毒で、思わず目を背けました。
    傷も癒えぬ関係者に取材が殺到するのを避けるため、あのような会見を開かざるを得ないそうです。
    被害関係者への取材を控えて欲しいという声を切り取り無視するなら、報道の自由など不要です。

  32. BLACK のコメント:

    他者の心を断言できませんが、今回の加害者の心には、嫉妬心と被害者意識があったように推察できます。

    自分と立場や境遇の違う他者を羨む気持ちは私にもありますが
    嫉妬心と上手に付き合わないと、どんな人間でも他者に狂暴になれると思っています。
    嫉妬心程狂暴な気持ちは無いと思います。同じくらい正義感も狂暴ですが。

    歴史上の数々の暴力革命は
    人々の嫉妬心に火をつけ、正義感を煽り、普通の人々を狂暴化させ起こされたものだと推察できます。
    そのような意味では、今回の加害者の行動(犯罪)は、彼にとっては小さな個人の革命だったのでしょう(決して美化している訳ではありません)

    過去の暴力革命も、一部の人たちが目指す暴力革命も
    今回の事件の拡大でしかない、と言いたいです。

    今回の事件を擁護する人たちは、そのことを知ってて擁護している確信犯でしようか。
    自分たちは、その時は加害者側だから大丈夫と思っておられるのでしょうか。
    被害者側になることなど想定しておられないような気がします。

    嫉妬心と被害者意識は簡単に暴力に変換されてしまいます。
    自戒を込めて、人間の気持ちとは恐ろしいものだと思います。
    それを知っていて、それを利用しようとする人たちは、もっと恐ろしいと思います。

    • 東京都56歳 のコメント:

      BLACKさん

      >今回の加害者の心には、
      >嫉妬心と被害者意識があったように推察できます。

      この一文を読んだときに、
      冷や汗がタラーリ。

      我々の、ごく近所にいる、
      半島の人々を想起したからです。

      杞憂でありますように。

      • BLACK のコメント:

        韓国が日本に持つ被害者意識は暴力的になれる因子だと思います。

        韓国の反日に対して日本人の私が感じて蓄積されている
        被害者意識も(事実に基づく正当な被害者意識であっても)
        これもまた私が暴力的になれる因子だと認識し自戒しようと思っています。

  33. うさねこ のコメント:

    小坪先生、いつもありがとうございます。
    私は愛知県民ですが、県民指紋登録制度というのがあって中学3年の生徒は卒業前に中学校で十指の指紋を採りましたよ。Wikipediaには1970年に廃止とありますがどうして廃止になってしまったのでしょうね。というより愛知県だけだったことに驚いています。愛知県警が行なっていた制度らしいですので参考にされると良いと思います。制度期間内の犯罪検挙率や抑止効果について他県との比較をみるのも良いかもしれません。廃止に至った経緯も詳しく分析していただきたいです。
    事件だけではなく災害等万が一の身元確認の為にも国民全員の指紋押捺に賛成というよりぜひ制度を復活させて下さい。

  34. パコリーヌ(髭) のコメント:

    殺人犯罪者が本人か分からない
    ごもっともね
    マスゴミのミスリードには吐き気がするわね

    テレビと新聞ばかり見ていると馬鹿になる
    引き篭もり時代はそんなやつだったみたいね
    その後どうなったかは知らないけど

  35. 維新は裸の王様 のコメント:

    いい加減、報道規制だけはやって欲しい。

  36. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    オールドメディアってのはつくづく誰の味方をするのかと
    しか思えません。

    しかしながら痛ましい事件ではあるものの僕自身も両方の
    意味で明日は我が身だとしか思えない状況なだけに看過
    できることではありませんし事を起こす前に不要なものを
    処分したのかと憶測してしまうほどに錯綜してしまった
    ものすらあります。

  37. 沙羅 のコメント:

    日本の国の中に、1000万人以上の外国人がいる状態で、顔写真(整形で逃れる手もあるが)・左右五指指紋登録・本名を名乗る(通名を無くす)という基本が無いため、優秀と言われる日本の警察も犯罪があっても犯人を突き止める事が出来ない事が多い。移民になるか分からない「留学生」への対応も不安を感じざるを得ない。
    首や顔を包丁で刺す事件を起こすのは外国人が多いような気がする。事件を起こしながら「よく覚えていない」とか「万引きしていない」とか「コロすきはなかった」とかいう犯罪者も年を経るごとに次第に多くなっているように思う。この事件は日本人じゃないなと思う事件も多い。
    然し思う事は「日本人が殺され続けて居るのではないか」「成人男性から老人や女性になり今はターゲットが子供になってきている」ような気がしてならない。
    日本に居る観光客以外の人間の顔認証写真・指紋登録・本名の確認があっても日本人が安全に暮らせる保証はどこにもない。しかしこれは最低限しなければいけない事だと思う。
    これでも朝鮮半島で戦争が起こった時押し寄せる難民に日本は対応できるのだろうかと心配になって来る。日本の中に居る、公文書詐称の帰化コリアン・在日コリアン・日韓併合時に日本人になったコリアンたち、大半は韓半島特有の共産主義の心を持っているが、彼らはこれからも変わらず日本の政治の邪魔をし続けるだろう。
    日本を対外的に貶め、中韓汚染マスメディアによって日本人の価値観を混乱させ、子供の教育に手を入れ自虐史観を持つ骨抜きにしようという北マンセー日教組!

    これから日本は長い長い日本回帰への道を歩いていかねばならない。しかし日本人は基本賢い民族だから困難を乗り越えて、本来日本人のDNAが導くところにたどり着くだろうと思う。それは何故か確信できる。何故と問われれば「行きつく先が目標が見えている、日本人民族の程度の高さ」だと思う。
    何処にでもそれを感じる!

  38. ピンバック: SC100高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | 2ちゃんねるまとめ速報

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください