日弁連から返信を頂きました【驚いた人はシェア】


 

 

状況が大きく変化した。日弁連から文書が届いた。社会問題に発展しているという認識を、組織として持っているのではないか?と推定している。
私は、市議として文書照会したが「6月1日までに発送を」と依頼したのだが、2018年(平成30年)5月31日付で文書を発行し、6月1日に受け取ったので報告する。
速達+特定記録で発送されたもので、内容としては簡素であるが、文書番号まで取得した正式なものだ。

タイトルとしては「当連合会宛ての書面について(ご連絡)」としており、あくまで照会書ではなく「そういう名前の書面」という扱い。これは正しい考え方であり、実は市議個人に調査権があるわけではないので、照会という正規の手続きはない。

状況が大きく変化したというのは、実は「他の複数の士業会」からも回答が来ている。日弁連は、事務総長の役職で文書発行しているが、ある士業会は会長名で回答している。また、タイトルも「照会への回答について」であり、照会として扱っている点も重要だ。繰り返すが、弁護士会以外の「複数の士業会」が回答している。

何が起きたかと言えば、「他の士業会に飛び火」しており、士業会全体の懲戒制度の議論に発展しているのだ。日弁連から書面が届くことは、(五分五分とは思っていたが)私は来ると信じていた。なぜならば、他の士業が返事を出して、発端である日弁連が無回答では余りに恰好が悪いため。それこそ「日弁連としての外交関係」にヒビが入る。弁護士会の面子が丸つぶれになってしまうからだ。

ゆえに、他士業を巻き込んで動いた時点で、なんらかの回答は得られると思っていた。
私が墨消しにしていた理由も含め、いま私が見ている世界を書いてみたいと思う。
照会文書において明記していたように、頂いた回答について公開させて頂く。

まずは、ご覧頂きたい。

 

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

日本弁護士連合会
これが書面である。

まずもって、お礼から書かせてください。
ありがとうございます。

(読者の一部は違和感があるかも知れないが)市議の身分で、全国組織の連合会が役職を付して文書を発行することは、非常に異例なことです。

私は、弁護士会の対応に、心から感謝します。

 

 

 

 

当連合会宛ての書面について
下記が頂いた内容です。

 

 

 

 

他士業会の回答
弁護士会以外に「複数の」です。
ゆえに、少なくとも(弁護士会を含め)「3つ以上」の回答を得ています。

いくつかは言いません。
また、今日はアップしません。

 

ただし、ある士業会は「会長名」で出しています。
同じく1日までには回答が難しいという内容でしたが「○○日以降早期にお出しする予定」としております。

さらに「本会としましては、しかるべき会議を経た上で回答させていただきたく」とあり、会議の開催日まで明記しています。

 

特に興味深いのは、「照会への回答について」というタイトルであり、照会として取り扱っている点です。

そのような制度はなく、例えば陳情や請願、もしくはリコールや懲戒請求などとは違い、制度としてあるわけではありません。
ですから無視もできましたが「先方が、これは照会である」とすれば、照会になります。

 

ゆえに【「照会書」と題する書面】とした日弁連も正しいし、照会として取り扱った他士業も正しい。
どちらも正しいのです。

 

 

 

弁護士会は、やや苦しいように思う。
昨日も明記していますが、私が弁護士個々人については論じていません。

ここに変化はありません。誰が何と言おうと、元からそのスタンスです。
私自身が懲戒請求をしたわけではありませんし、主体者として動くことが不可能だからです。

政治家として取り上げる以上は、「組織全体」とか、「業界全体」となってくるよりない。
終始一貫して書いています。

つまり、組織とは「弁護士会」全体であり、業界全体とは「士業全体」という意味です。
まったくブレてない。

ゆえに「弁護士個々人から、私を批判」されたり「私に意見」されても困ります、
それは「組織にお伝えください、私に言うのではなく」しか回答できません。

 

通常であれば、返信が来ることはないでしょう。
私もそう思いますが、今回に限っては弁護士会から「回答が来る」と信じていました。

理由が何かと言えば、他士業の動きが見えないからです。
ここは流石、弁護士会だなと思ったのですが、極めて危機管理がなされている。
心から「流石」と思います。

 

実は、弁護士会と他士業は対立関係にあります。
例えば社労士の簡裁代理権などは、これを許可すると「弁護士の仕事が減る」のです。そして社労士の仕事は増える。

様々な士業ごとに、職域の争いはあり、群雄割拠の戦国時代。
かつ【弁護士会と、とっても仲の悪い】士業もあります。
別に秘密の話しではなく、ネットでは初めて知ったという方もいるかと思いますが、リアルでは有名な話です。

ちなみに、弁護士会と同日で到着した回答は、「一般論として弁護士会と仲が悪いとされている士業」です。というか、ほぼ全ての士業が弁護士会と利益が反する。
どの業界も、弁護士のみに許された権限を「うちにもくれ」と要望しており、かつ、ある士業ではゴリゴリの自民押しだったりするのです。

 

多くの弁護士の先生が「懲戒請求者の個人情報は、私たちは得ている」と自然に言っているし、(私自身も)「自治権があるんだから、そういう処理を内部でしているのでしょう」とは言っています。

ですが、他士業から見れば「おかしいんじゃないの?」って言われるかも知れないし、
それを「自治権って言うの?公益通報者保護法とか個人情報保護法は?」と言われるかも知れない。

司法は、法に基づいて判断する場所ですから、
「法に基づいて正しい運用だ」と主張されるのでしょう。
ルールに基づいた判断をされるのが司法です。

 

ですが、立法分野においては「ルールを決める」わけですから
現行のルールなんて、ある意味ではどうでもいい。
そんなものに縛られていては、立法分野の末端を構成することはできない。

ただフラットに、市民の声を聴き「どういうルールが適切なのだろう」と思索(試作)するのが立法であり、現行ルールに瑕疵があれば、それをシステムメンテナンス(保守)するのが議員です。

さらに、「他士業会との差異」が出てしまい、「他士業会が意思表示」してしまったならば、
【弁護士会が、他士業に対して面子がない】という状況になる。
この状態で、立法分野の議論が開始すると、極めて分が悪い。

 

例えば、回答の早かった士業に関しては、
(私にはその職権がないと明記しつつ)
職域拡大について、それを実行しうるクラスの国会議員を、紹介する準備と覚悟がすでにある。

金銭の授受があるわけでもなく、法令の範囲内だ。
まさに忖度しますよ、と私は言っているわけです。
違法ではない、なぜなら「私には職権がない」からだ。

そもそも忖度は違法ではない。
対応がよければ、または早ければ、私は政治家として協力する・・・

 

『という事態に発展しかねない』と考えたならば、返信するに違いない!と思っていました。
これは妙な信頼関係でして、弁護士会は極めてクレバーゆえに「対応する!」と確信していたのです。

そして、実際に他の士業会は回答を送ってくれたのです。
ゆえに、弁護士会の対応は、素晴らしいと思います。

 

 

 

もう一つのルート
弁護士会以外には、監督官庁があります。

私は、「市議として照会」をかけましたが、その動きに呼応して国会議員事務所も対応してくださいました。

 

弁護士の自治がありますから、弁護士会には照会はできません。
ですが、監督官庁があるのであれば「国会議員事務所から、官僚に問う」ことは可能です。

すでに文書回答を得ています。
私は、照会の期限を待ってから公式対応を依頼しますが、この動きは保守速報などの動きに呼応したものです。

 

えっと、国会議員事務所に送った照会書には、「主要7士業」が墨消しされていないのと、7つの照会書を資料提供していたので【弁護士会以外なら調べられるよ】となっていたわけです。

私が回答を得た士業と、すでに官僚から文書回答を得た組織を合算すると「過半数をすでに超えている」ことを付記しておきます。

 

発送期限が1日でしたから、もう2~3日の時間経過をまち、私は次の動きに入ります。

国会議員に対し、(照会書を送ったが、返信が頂けなかったので)「調べて欲しい」と公式依頼します。
いまの動きは、まだ非公式の少数による動きであり、公式に依頼をする場合は、さらに事務所の数が増加します。

回答期限を過ぎてからが本番です。

 

得られた文書回答(省庁)については、事務所名が特定されないよう編集した上で公開します。
すでに来ている分は、明日でも明後日でも、いつでも公開しますよ。

もう持ってる。

(回答期限前に書くのは感じ悪いと思ったので、書いてなかっただけです。かなり初期から持ってました。それぞれの事務所が「実際、どうなってんだろう」って思っただけのことです。)

 

 

 

墨消ししていた理由
いくつかあります。

例えば、国会議員経由での「他士業への調査」を、伏せておくため。
先生たちが攻撃されては申し訳ないので、【弁護士会だけ】と思わせておいたほうが得策だったわけです。

リアルでは、「最初から他士業」が入っており、「士業全体の懲戒請求制度の調査」だったのですが、
ネット上では「弁護士会だけ」ってことにしておけば
【他士業への調査を行うチーム】が、【ネット上で攻撃を受けない】からです。

 

あとですね、他士業もちょうど総会シーズンですから、県単位の総会とかございますでしょう?
国会議員とか市長とかが来賓で行っているわけですが、「来賓挨拶で、(他士業で)懲戒制度に対する弁護士の対応」について、スピーチしたりしていた人もいるのです。

そしたら「県単位で、その士業会」が”弁護士のほうがおかしんじゃね?”ってなるわけです。
というか、すでになってるんですよね。

 

メディアを如何に抑えても、報道ソース抜きで、活動一本で炎上状態まで行ったんです。
国会議員に送ったとは言いましたが、「他士業の役員にも」送っていたんです。
彼等に飛び火することを、ギリギリまで伏せていたんですね。

これらの動きに、「攻撃がいかなように」というのが理由でした。
回答期限が来たから、それを公開したまで。

他にも「資料」との絡みもあるのですが、それはまた今度にしましょう。

 

さて、この状態で「何かの議論」が始まるのでしょうか。

私には職権がないので、何がスタートするやらわかりませんが、

とりあえず、資料作成とかをガンガンやっていきましょう。

 

昨日より公開し始めた資料は、私にとっては一週間前のものでありまして、
「いま書いてるもの」は、すでに別次元のものです。

何を書いてるかって?
そんなの、私が言うと思いますか?

 

 

文書番号を付記し、役職名で文書発行。

 

如何に短いとは言え、実はかなりの事務負荷が生じます。

 

対外文書とは非常に難しいもので、

 

理由は「残ってしまう」からです。

 

のちのちまで整合性を保たねばなりません。

 

日弁連が文書を発行したことに、

 

驚きを覚えた人もいたかと思いますが、

 

最も注目すべきことは、「組織としても、社会問題として認識している」と

 

推定するに足る状況が、証明されたと言える点かと思います。

 

次の一手。さて、私はどう動くと思いますか?

 

「政治家って、面白いな」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

89 Responses to 日弁連から返信を頂きました【驚いた人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    日弁連から文書が届いた【驚いた人はシェア】 状況が大きく変化した。日弁連から文書が届いた。 私は、市議として文書照会したが「6月1日までに発送を」と依頼したのだが、2018年(平成30年)5月31日付で

  2. Kotaroの母 のコメント:

    小坪先生
    お疲れ様です。

    本当に送られてきたんですね、驚きです。
    いつも私事を書き込んで恐縮ですが、知り合いの行政書士の方も反日勢力に蚕食された現状を憂いておられます。
    同じように思っている方が他士業の中に大勢おられると思います。
    これらの方々の職域拡大は大変良いことだと思います。
    先生の施策、100%支持いたします。

    でもそれ以上の何かをお持ちなんでしょうね。
    いろいろ想像しながら応援させていただきます。

    体調を崩されないようご自愛くださいませ。

  3. 匿名希望マン のコメント:

    小坪先生。

    せめて「調べて、理解してから語りましょう」よ。

    頼みますよ?

    http://kasiko.me/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%AE%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%AF%84%E5%9B%B2/

    • 匿名希望マン のコメント:

      小坪先生?

      私のコメントは「毎回、消されちゃう」し

      【匿名希望マン のコメント:
      あなたのコメントは承認待ちです。
      2018年6月4日 12:44 AM
      小坪先生。

      せめて「調べて、理解してから語りましょう」よ。

      頼みますよ?

      http://kasiko.me/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%AE%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%AF%84%E5%9B%B2/

      返信】

      こういう表示になっているから「いつも『貴方が承認していない』から、消されている」ってことでしょ?

      「批判的な意見は見ない・聞かない・質問にも答えない」は「情けない」でしょ?恥ずかしくないのかい?

      • 小坪しんや のコメント:

        削除はしておりませんよ。

        「承認中」というのは、私がPC前にいないと解除されません。
        あと、特定のURL(ちょっと前の投稿で明言しているもの等)は、承認画面にすらならず「自動的に削除」されています。

        なんらかの方向に誘導させるために、このコメント欄を解放しているわけではありません。
        よって、明らかな敵対行為(例えば私のサイトを潰す!と明言している工作サイト)があれば、弾かれるのは当然です。
        どこのですか?と聞きたいですが、それは承認画面にすらならないので、私の目の前には出てこないと思います。

        ですから、私は削除しておりません。
        理由は、いくつか前の投稿をご覧ください。
        他にも弾いているURLはありますが、それぞれに理由があり、当時、明言しております。
        (広告目的で大量コメントとかも以前はありましたし。数年前だと思いますが。)

        • 関東の匿名希望マン のコメント:

          小坪先生、こんにちは。

          あら?そうなんですか?

          じゃあ『弁護士会関連のアドレス』や『判例紹介のアドレス』や『小坪先生のまとめサイト』は「自動で削除される仕様になっている」ってことですね。

          あと『瀬戸弘幸氏のブログ』と『桜井誠氏のブログ』に「今、小坪先生のブログに書いてた『承認待ち』となっている投稿と同じモノを書いてきました」よ。

          『瀬戸弘幸氏』の方は「800字制限はありましたが、承認無しでそのまま反映されました」よ。

          『桜井誠氏』の方は「1000文字制限+承認がいる」みたいですね。

          さて「承認されるのか!?」楽しみです。

      • 青木 のコメント:

        一度過去のエントリーを見れば批判的な書き込みもそのままにしているのが分かると思いますよ。
        調べて、理解してから批判しましょうね。

        • 青木 のコメント:

          あと、リンクを貼ってお終いでは批判とは言えませんよ。
          貴方がリンク先の内容を引き合いに出してどのように小坪さんを批判したいのか、詳説した方が貴方自身の目的にも資すると思いますよ。

      • 関東の匿名希望マン のコメント:

        『韓国』が「『デフォルト』しそう」ですね。

        韓国は「意味不明に、プライドだけは高い」から「カネが無くてデフォルトする寸前」という発表は「直前までしない」でしょうし「在日朝鮮人を財産付きで回収する」という話も「カネが無いから」ではなく「違う理由でやる」と思います。

        そして「その『違う理由』は『兵役関連』で間違いない」かと。

        『在日朝鮮人』って「揉めると相手を売る」んですよね。また『帰化していて、普通に日本社会に溶け込んでいる奴ら』が「騒いでいる在日朝鮮人が邪魔になった」んじゃないですか?

        けっこう「『韓国兵務庁』に『通報』している」みたいです。

        私は「韓国政府はまだ動かない」と思っていたけど「実際に在日朝鮮人の回収を始めている」みたいですね。

        これは「いつのニュースだったか?」忘れましたが、たぶん「覚えている人も多い」とは思います。

        【兵役逃れ犯罪の申告は兵務庁へ】

        【江原泳動兵務支庁(支庁長キム・チャンジン)は健全な兵役文化を造成するために兵役逃れ犯罪の申告を受けているとし、市民の多くの関心と参加が必要だと明らかにした。

        申告対象は故意の身体損傷、虚偽障害者登録など兵役逃れ行為を犯して不当に兵役処分を受けた人である。申告方法は、兵務庁のホームページ(www.mma.go.kr)兵務苦情ポータルの国民新聞告示コーナーを利用したり、江原嶺東兵務支庁の特別司法警察(???-???-????)に直接申告すればよく、届出人の人的事項など個人情報は、徹底した秘密が保証される。

        受理された兵役逃れについては兵務庁特別司法警察官の捜査を通じて違法行為が認められた場合、検察に送検されて申告人には違法の程度と捜査結果に基づいて、10万ウォンから最高2,000万ウォンの報奨金が支給される。

        江原嶺東兵務支庁関係者は「兵役逃れを根絶するために最善の努力を尽くす、国民の皆さんの積極的な関心と情報提供が必ず必要だ」と訴えた。】

        下記は『ソース』です。リンク先は『韓国語』だから「翻訳ソフトを使う」のを『推奨します』よ。

        http://www.reporternside.com/news/articleView.html?idxno=66771

        そして『在日朝鮮人』に対して「出ていけ」とか「朝鮮に帰れ」は『ヘイト』らしいので「別の方法が必要」となりますね。

        っていうか「『余命』に従っていた在日朝鮮人」は「反日を叩くのに協力するなら『護ってやる』とか『身分保証する』とか言われていた」のではないですかな?

        また『日本人になりすます』っていうことは「馬鹿にされ続けてきた在日朝鮮人にとっては『快感』に似たモノがあった」んだと思います。

        だから「そこを否定されると烈火の如く、発狂する」と。

        まぁ『貴方』が崩れかけているから「今後、どうなるか?」と考えてみると。

        「韓国がデフォルト」で「韓国・北朝鮮はあんな感じ」じゃないですか?

        たぶん「朝鮮半島から逃げ出す朝鮮人が出てくる」と思います。それを阻止するには「在日朝鮮人の財産で韓国に延命して頂く必要があります」ね。

        そんな中「韓国政府のプライドを考慮してあげて『日本・日本人』にとってもプラス」で「在日朝鮮人も『ちゃんとした理由』で祖国に帰れる」という『ハッピープラン』は「韓国兵務庁に通報しかない」ですよね?

        でも『韓国兵務庁』のサイトは「韓国語で書かれていて、翻訳はできる」けど「通報はアプリから」になっていますね。

        だから「アプリをダウンロードしてみた」んですが「アプリ内は韓国語のみ」だし「翻訳ソフトにコピペして翻訳しながら」だと「頭が痛くなった」んですよ。

        仕方ないから「翻訳の仕事をしている知り合いがいる友人に『翻訳』できる知り合い紹介してくれないか?」と聞いてみたら「直接、韓国政府関連にメールしてみたら?」とアドバイスをもらいましたよ。

        あっ!?

        『ツイッター』に「韓国兵務庁の公式ツイッターがある」から「そっちにメッセージ送ったけど、返信は無しだった」ので「次はこのやり方にした」という感じです。

        そして「私がメールした内容」は「私がtextream(ヤフー掲示板)で色々とやり取りした相手から手に入れた『在日朝鮮人の情報』です」よ。通名『桑原大観』とか、あの辺です。

        一応『日本語・英語』に加えて『Google翻訳』で「韓国語にして、送りました」よ。

        送った場所は『大統領府』『兵務庁』『他二ヶ所『です。

        また『駐日韓国大使館』のHPに出ていたアドレス全てに「韓国大統領府とか、4つに送った」と説明を入れて「メールしました」よ。

        私は「通報したカネはいらないから『匿名』です」がね。

        これで「実際に韓国政府が動いた」としたら『在日朝鮮人の帰国祭り』が始まりますね。

        『余命氏』は「不当懲戒請求者のリストは当然、持っている」でしょう。この情報を「韓国政府・韓国兵務庁に売れば『日本の為になる』し『韓国は延命できる』し『在日朝鮮人も格好良く、ちゃんとした理由付きで朝鮮半島に帰れる』し『貴方にも報酬が入る』し、いいことしかない」ですよね?

        私が「友人に教えてもらったまとめサイトの情報」です。

        【韓国大統領府 / 青瓦台

        webmaster@president.go.kr

        韓国兵務庁 (徴兵)

        cobra116@korea.kr

        韓国行政自治部 (在外国民住民登録 / 国際協力一般)

        uyeonkim@korea.kr

        韓国企画財政部 (徴税)

        fppr@mosf.go.kr

        https://matome.naver.jp/m/odai/2143605395596520901/2143737310531511403

        駐日韓国大使館の情報です。

        http://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/wpge/m_1052/contents.do

        「メールの書き出しはコレ」です。

        ?? ?? ??? ??(兵役逃れ在日朝鮮人情報)

        匿名通報でお願いします(?? ?? ?????)

    • geheimnis13 のコメント:

      昨今のウィルス対策として対応が必要なものの筆頭は、「標的型攻撃メール」と「水飲み場攻撃」です。
      URLは後者を引き起こす引き金になるので、基本、拒否される可能性が高いのですよ。(agure.jp 経由で見ましたが、当該サイトはSSL化もされていませんし)

      「?より抜粋」で、伝えたいことを明確にされた方が宜しいのでは無いでしょうか?

      • geheimnis13 のコメント:

        自己レスで申し訳ありません。
        agure.jp ⇒ aguse.jp
        で御座いました。謹んで訂正させて頂きます。

  4. ふぃくさー のコメント:

    驚きました。「妙な信頼感」。言われてみればいつものように納得ですが、こういう発想がさらりと出てくるのにはいつもながら驚愕します。
    さて今日の宿題は次の動きですか。過去の記憶を紐解いて、かつてマスコミ相手にさらりと意見していた内容を予想してみます。
    リスクヘッジのための積立基金を法制化。これって、全士業に対してやれば弁護士会に対しては自治権の一部取り上げになるような・・・。
    頓珍漢だったらすみません・・・m(_ _)m

  5. 匿名希望です のコメント:

    たしかに「懲戒請求者の個人情報を渡さない士業」の人達からしたら、弁護士会の対応には違和感がわくと思う。
    すごい切り口ですね。

  6. ろう のコメント:

    お疲れさまです。
    今回の記事自体が、回答を留保し会議を行う弁護士会に対するプレッシャーになるわけですね。
    また、この回答自体が明文化された「懲戒請求者の個人情報の取り扱い」に関する内規がない証拠になるのでしょうか、あるいは弁護士会を守るための生贄を探しているところなのでしょうか。

    今後やることつぃては、だれか国会議員にスイッチして、国会での質問から閣議決定し公文に明記させるとか、その程度じゃないのでしょうね。
    吃驚するような飛び道具が出てきそうな気はしています。

  7. 西島新吾(仮名) のコメント:

    差し出がましいですが、お体を御自愛下さい。

    答え合わせからの??究極の詰将棋だと感じました。
    10手先50手先100手先まで見えてる様な記事に3000点です!

  8. ろう のコメント:

    書き忘れがあったので、追記です。

    先生がこれぞと見込んだ保守系の野党議員か議員候補に先生のロジックを教育していただけないものでしょうか?
    先生自身が、非自民の保守系国会議員になっていただくのが最善ですが

    現在の国会での野党の質疑ででたらめさを見るに、先生の爪の垢でも処方していただいて、もうちょっと戦略的かつロジカルな構成にしてもらいたいものです。
    魔女裁判を行うなら、少なくともそれを可能にする権威と権力が必要なこと自体を理解できてない連中に虫唾が走ります。
    まあ、時間の無駄と言いがかりで、改憲の話にたどり着かせなければ目的完遂なのかもしれませんが、無様すぎます。
    旧民主党のメンバーに知恵をつけてやる義理はないですし、無駄なプライドだけはある連中が受け入れるとも思えませんので、せめて保守系の野党だけでもマシになって議会人とはどうあるべきか、国会を見ている国民に示すことが、より良い将来の日本のためになると信じます。

    まあ、そこまで先生に負担をかけるのも理不尽だとは理解していますが。

  9. masayama のコメント:

    さすが「行橋のうつけもの」。すみません冗談です(笑)。私は「平成の信長」と思っています!!(><)
    下記リンクでは、個々の弁護士はまだ事態の深刻さをよく分かっていないようですね。他仕業に職域拡大することがどれだけ自分たちの損害になるかとか。さすが小坪先生ですね。
    https://twitter.com/masayam08033635/status/1003258611299020800

  10. お味噌汁連邦軍(おナスと油揚げ) のコメント:

    ひえええ。
    最初は、すがるようなわずかな希望、そして歓喜、興奮、熱狂、今はめちゃくちゃ面白い推理小説かコミックを読んでるみたい。
    早く次が見たい、知りたい!
    次回の小坪先生の連載に期待大です!笑

  11. 60代主婦 のコメント:

    不謹慎かもしれませんが

    なんか、ワクワクします!!!

  12. J のコメント:

    小坪先生、本当にありがとうございます。

  13. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、連日の投稿をみるのが楽しみです!ワクワクします

    >次の一手。さて、私はどう動くと思いますか?
    >「政治家って、面白いな」

    小坪先生が躍動されている姿を見るのが面白い!楽しいです!
    でも、くれぐれも体調、健康、栄養には気を付けてくださいませね。

  14. まりちゃん のコメント:

    小坪先生 お見事です! ワクワクしながらワッチします。

  15. テロ指定共産党 のコメント:

    照会で送られた文面を改めて読みますと、「コツボノート」を確信しました。

    日弁連も回答ではなく「御連絡」としか出せませんね。

    小坪市議によって設置されたホーミング機雷によって、日弁連合艦隊は下手に身動きが取れない状況?のようです。

    回答は薮蛇になるのでしたくないが、無視も出来ない・・・・
    巡航ミサイルを発射したいが、防空システムも強力そう・・・

    ”弁護士法3条2項(弁護士の職務)
    弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる。”

    これでは、他の士業は面白くないでしょう。弁護士には自治権までも有るのですから「不公平だ!」

    日弁連会長ご挨拶
    https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/message.html
    朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明
    https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2016/160729.html

    会長はダブスタでしょうか?
    .

    • テロ指定共産党 のコメント:

      次の一手は?

      日弁連の機構ー組織ー「日弁連は自治組織として自律的に運営されています。」
      と書かれています。

      自律の意味は、 他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動することです。

      重い責任を持つ自治権が、この様な監視の無い組織で運営されていていることは不安になります。

      現状は、弁護士による弁護士の為の会ですから、この組織は無くても国民は困りませんし、むしろ無いほうがよいでしょう。

      (日本には利権まみれの無駄な組織が山のように存在しています)

      日大のように自浄作用が働くのか、或いは立法が動くのか?

      ワイドショーでの日大の話題に続き、次は日弁連も取り上げて頂きたいものです。
      .

      • テロ指定共産党 のコメント:

        どちらにしても、日弁連からの正式な回答が必要ですし、相手は「検討に一定の時間を要するため」との理由ですから、一定の時間がどの程度の日数なのか具体的にしなければ話が進みません。

        のらりくらりであれば、国政調査になるのでしょうか?
        .

        • テロ指定共産党 のコメント:

          弁護士自治
          https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/autonomy.html

          弁護士にとって日弁連は絶対の存在のようです。

          人権擁護、弱者救済は正しい判断ですが、外国人も含まれる場合は置かれた立場によって意見は分かれるでしょう。
          別れた意見の集約が誤った方向に向かった時、是正出来ない組織になります。

          弁護士自治は性善説に則った制度ですが、性悪説の弁護士が増えて来た今では、修正が必要でしょう。
          .

  16. -EST のコメント:

    おはようございます。先程、議員が上げて下さったtogetterを見ました。あの時の記事で反応した弁護士一派の言動を知ると正にご友人である経済評論家・渡邉哲也氏がよく言う「お困りな方々」の動きでしかなくて不謹慎覚悟で笑ってしまいました。正直日弁連会長が不憫です。あんだけ影響力ないとdisるのはいかがなものか。むしろ騒げば騒ぐほど組織として締め付け対策するんではないのか?
    そして、今回は弁護士以外の士業にも懲戒請求権があるのを知れたのはありがたいです。日々仕事に専念するしかない一般人が今まで知らなかったことがネット界隈から周知されるのは良いことです。
    他の士業からも返事が来るのは当然でしかありません。マスコミのようにだんまりだとイメージ悪化しかありませんし。今日からどんな動きになるか冷静に見ていきます。

  17. aya のコメント:

    小坪様
    はじめまして
    我が国のために、身を粉にして活動してくださりありがとうございます。

    大量懲戒の騒ぎは知ってる程度でしたが、弁護士の会見を見て驚き、そこから丹念に事情を調べていたところでした。

    弁護士も、余計なことをしなければ同情論でまとまったかもしれないのに、会見まで開いたことで関心のなかった人にまで興味を起こさせるとはなかなかのものだと思います(笑)

  18. 名もなきせいぎーー のコメント:

    弁護士の先生方が自ら律せず、自らの拠って立つところを崩すなら仕方がない。

    他と異なる自治を社会が認めているのであって、社会が認めなければ終了。
    制度造りは立法のお仕事。

  19. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうございます。
    次の一手?
    何でしょう??
    小坪先生の場合、
    麻雀のオープンリーチな訳無く、
    捨て牌すら3枚に1枚しか見せてくれないから。

  20. kumanyan のコメント:

    感情にまかせてパヨクだ特亜だマスゴミだのと叫んでいるだけではなかなか世の中変わりません。そういう感情をグッと胸の中にしまいこんで、法令に基づく手続で攻めていく小坪スタイルを私は応援しています。
    そりゃデモをやるのも大変だし効果もそれなりにあるでしょう。しかし、小さなハリをツボに刺して身体全体を治していく鍼灸師の如き小坪議員は、今の日本に貴重な存在だと思います。
    頑張ってください!

  21. 103 のコメント:

    市議は読者を「実は塾生として扱っている」のではないかと思っています。地道に拵えてきた素地の作り方を伝授しているような…
    従って、ここはミスっても我々は次の手を想定しなければいけない。

    各都道府県の弁護士会宛の文書送付か、統一地方選に向けたAP/HE弾か。面白いですね。

  22. 名無しさんでお願い致します のコメント:

    裁判における第一回口頭弁論みたいな印象を受けました。早い話が時間稼ぎ。実際今までなにも考えてなかったのだろううし、答え方を間違えればさらに自分達の首を絞めると理解はしてる様ですね。小坪議員や国会議員の今後の対応を注視していきたいと思います。

  23. 匿名 のコメント:

    小坪先生、いつもありがとうございます!

    この流れすごいですね。まだまだ隠し玉があるみたいですが。物事を広い視野で捉える事の大切さを教えて頂いた気がします。
    先生の様な頭脳明晰で実行力のある方がいらっしゃるなんて…。勉強させて頂きます。

    もう有事があるなしに関わらず、勝負はついたんじゃないでしょうか?在日反日の方たちは、身の振り方を大至急考えられたら如何かと。もう遅いかもですけど…。

    日本人の多くが在日による日本汚染を知り、怒りだしたら…。日本人が怒ると怖いよ。だって堪忍袋の緒が切れたら二度と許すことはないから…。

    早くお掃除して日本が綺麗になりますように!

  24. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    誠実に対応してくれたら、士業側にもそれなりのメリットがある(職域拡大について、それを実行しうるクラスの国会議員を、紹介する準備と覚悟がすでにある。)とこが、市議は公平&交渉上手だな、と思いました。

    しばき隊が『弁護士を犯罪行為で脅迫する』最悪の爆死案件が発生。講演会を暴力で強制中止に
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511259.html
    ヘイトスピーチ対策法施行から2年となる3日、川崎市川崎区の川崎市教育文化会館で3日に開催する予定だった市民団体「ヘイトスピーチを考える会」主催の講演会が、会館前に押しかけた反対派市民団体の関係者らにふさがれ、考える会は集会を延期した。

     主催者の実質的な代表が右派団体「日本第一党」最高顧問を務める瀬戸弘幸氏(66)であることから、市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」を中心に反発、講演会の中止を呼びかけていた。

    15:名無しさん@
    こいつらとディスカッション形式で討論すれば良いのにこうして釣られてきたわけだし

    46:名無しさん@
    ヨシフも参加してた

    有田芳生 @aritayoshifu
    またしても敗退した瀬戸弘幸・日本第一党(=差別を売り物にする政治団体)最高顧問。川崎市での差別煽動集会を中止に追い込まれ、現場の状況を会場から観察しています。このあと裏口からコソコソとバスに乗って逃げ去りました。
    ttps://pbs.twimg.com/media/DewvqWQV4AAVqQH.jpg
    20:01 – 2018年6月3日
    ttps://twitter.com/aritayoshifu/status/1003230268210098176

    156:名無しさん@
    普通に警察呼べよ
    おかしいだろ

    155:名無しさん@
    相変わらず左翼界隈は暴力と言論弾圧しか無いな
    それを報道しないマスゴミも同罪

    違法行為でもないし暴力で解決しようと襲ってきた訳でもないのに、それを暴力で解決しようとする連中
    こいつらだよな、不必要な紛争や戦争が存在するとしたらその引き金を引くのは
    脅迫なり度を超えた行為は何人も法で裁かれるべし

    新潟の男性は侮辱されてると思いますが…あと、選挙に性別を出すのってなんか変な気がします

    【新潟知事選】磯貝潤子(市民連合@新潟)「娘達が鼻血を出して・・自民党の方が福島の人達を助けてくれたでしょうか」
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605981.html

    大塚代表、街宣「新潟は杉と男が育たないとよく言う、後の候補は男性ですから。女性候補の池田さん以外いないじゃないですか!」
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605948.html

  25. 蛍の光 のコメント:

    陰ながら、胸の奥で、応援させていただいております。

  26. 漆黒のナンチャラ のコメント:

    前の記事とこの記事を通して客観的に確認しうる事実といったら、「七士業に手紙出したら日弁連から「すぐには返事できない」って返事が来たよ」ってことだけなんだよね。
    すべての手紙の写真をあげろとまでは言わないけど、せめて「どことどこからどんな返事が来たよ」ぐらい具体的に結果発表すりゃいいのに。

    「七士業のうち何業会が懲戒請求者の情報を被懲戒請求者に伝えているのか集計結果はナイショだけど、伝えてないとこもあったよ!ホントだよ!日弁連って異常だよね?」

    これで納得するのはブログ主を無条件に信じる者だけでしょ。
    信じ者以外の読者に対しての説得力皆無だよ。
    まあ信者むけのブログだって言ったらそれまでだけど。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      いやいや、一辺に話しを持ってきては、面白くありませんよ。
      もの事は、ゆっくりと各方面から静かに動いて行く。それが、ある日、突然、怒涛の如く動くもの。まさに台風のようですね。中心に位置する人間には、無風状態で解りづらいが如く。

      あらゆる事象を照らし合わせ、考え、想像し、未来を読みとく。

      凄く、ワクワクしませんか?

      小坪先生、いつか、この懲戒請求事件?を纏めて書籍にして下さい。皆様のコメントも凄く、
      参考になり、1つの歴史的資料となるでしょう。

    • 神奈川の若造 のコメント:

      あなたにはそのように見えますか?
      私には、今回の記事は「日弁連に対して語りかけているもの」を「(証人にするため)少しだけ読者に見せている」だけにしか見えませんが。(あとついでに、読者にちょっとだけ推理する楽しみを提供してはいますが)
      そもそも、記事内では期限内に回答がないことは論じられていないように見受けられますが?

      • 琵琶鯉 のコメント:

        はい。見えますね。

        小坪クラスタの論客の方々のコメントを深読みしても理解出来るでしょう。

        • 神奈川の若造 のコメント:

          遅レスになってしまいましたが、琵琶鯉様へのレスではなく漆黒のナンチャラ様宛のつもりでした。
          言葉足らず(文字足らず?)で誤解させてしまったようで申し訳ありませ

          • 神奈川の若造 のコメント:

            入力ミスで末尾が切れました
            申し訳ありませんでした、です。
            重ねて失礼いたしました

    • Kotaroの母 のコメント:

      漆黒のナンチャラ様

      こんにちは
      貴方の考えを拝聴して思ったことをコメントさせていただきます。
      わたしたち日本人は宗教などスピリチュアルな事象に盲信して、追従する性質に欠けている民族ではないかと思います。
      無意識のうちにそれぞれが事象を観察し、自分の頭で考えて行動する習慣が備わっているようです。
      ですのでブログ主様の文面が100%と捉えたり、“信者”という単語を目にすることに違和感を感じるのです。
      わたしたちは小坪先生や余命氏を盲信などしてはおりません。
      ここに集う方々のそれぞれの考え、行動に共感して行動しているのだと思います。

      • K のコメント:

        ああ、なるほど。

        今まで何か違和感があるなと思ったら、特定の物を妄信しているせいかは分からないが、読み取れる内容が0か100しかないから文脈の間の意図が読み取れてないのか。
        そりゃ、漆黒のナンチャラさんのような頓珍漢なコメントが出てくるわけだ。

  27. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    件の大量懲戒請求騒動に関連するエントリーの中で、小生は度々”制度上”の問題をコメントして来たのですが、この制度上の問題を考えるに当り避けて通れぬのは、やはり真因の追及にあろうかと考えております。

    真因を無視して責任ばかりを追及して幕を引くのは、遥か昔のお話です。
    現在は真因追及こそに注力し、再発防止対策を講じるのが主流です。

    そこで、自動車関連企業に携わった事のある方にはお馴染みの『なぜなぜ分析』が、真因追及に適しているのではないでしょうか。
    この『なぜなぜ分析』はトヨタ生産方式に於いて使われる問題解決の手法で、先ず「なぜその現象が起きたのか」という原因となる事実を確認し、これを第一要因とします。
    第一要因が判明したら、今度は「なぜ第一要因は起きたのか」と自問自答し、そこで見つかった原因となる事実を第二要因とします。
    この作業を第二要因、第三要因と、真因にたどり着くまで繰返していきます。
    この自問自答の回数に制限は無いのですが、概ね5回程繰返せば真因に辿り着くと言われています。

    では、実際に『なぜなぜ分析』を行ってみましょう。

    【事象】
    各弁護士会に懲戒請求が大量に殺到した。

    何故、各弁護士会に懲戒請求が大量に殺到する事象が起きたのか?

    【第一要因】
    とあるブログで、懲戒請求フォーマットがアップされたから。

    何故、とあるブログは懲戒請求フォーマットをアップしたのか?

    【第二要因】
    弁護士会会長声明で朝鮮学校補助金支給要求が打出されており、これが日本国憲法第89条に抵触していると考えられたから。

    何故、弁護士会会長声明で朝鮮学校補助金支給要求を打出す事が、日本国憲法第89条に抵触していると考えられたのか?

    【第三要因】
    朝鮮学校は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業であるから。

    何故、朝鮮学校は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業であるのか?

    【第四要因】
    学校教育法に定められている1条校では無いばかりか、国連決議に於いてテロ支援国家とされる北朝鮮の実質的直轄機関で、更に北朝鮮自体が日本をミサイル等の武力で威嚇したり、拉致やテロ等を行って来た実績があるから。

    何故、北朝鮮は日本をミサイル等の武力で威嚇したり、拉致やテロ等を行っているのか?

    【真因】
    我が国は軍を保持しておらず、防衛活動にも著しい制限がある為、北朝鮮に対し抑止力を発揮出来ていないから。

    【対策】
    憲法改正を実施する。

    ・・・おや?
    一応、おパヨク様の意見を第一に採り入れて「とあるブログで、懲戒請求フォーマットがアップされた」事に触れたのですが、真因は意外な所に潜んでいた様ですよ?

    これは弁護士会は今後も発生し得るかも知れない”大量懲戒請求”を防止する為には、改憲と言う防止策を講じないとならないのでは?

    上記は一例に過ぎませんし、真因は1つとも限りません。
    例えば、第二要因に「ネトウヨは差別主義者だから」なんて要因を持って来ても良い訳です。
    但し、第二要因に「ネトウヨは差別主義者だから」を持って来ると、第三要因は「朝鮮人の素行が悪かったから」なんて方向に進んでしまいますけど。

    この方法で真因を追及して行くと、辿り着く真因は概ねおパヨク様にとって、非常に都合の悪いものとなるでしょう。
    従って、おパヨク様には使い難い手法とも言え、それ故に懲戒請求に参加された方にとっては使い易い手札の一つとも言えでしょう。

    • 小坪しんや のコメント:

      櫻盛居士さん

      やはり永年のコメント陣は手堅いですね。
      最後はそこに落ち着くのですが(当たり前ですけれども。)、どうやって、どのタイミングで、誰に対してなのか。

      このあたりに芸術性?みたいのを表現してみせたいです。少し仕掛けがございます。

      • 櫻盛居士 のコメント:

        小坪先生

        直々の御返信、誠に恐縮で御座います。

        どうやって、どのタイミングで、誰に対してなのか。

        刻々と変化する中で対応し、それを効果的に引出す事は、軍事に於ける統合幕僚監部的な動きが必要であると考えております。
        従いまして、ここはブログには開示され無い可能性が高い、現実世界でのアクションになろうかとも推察しております。
        ”芸術性?”・・・保守層も「マジっ?」っとなる可能性も想定内にして、期待しております。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      櫻盛居士様、流石です。

      失礼して付け加えますと、

      憲法を改正したいが反対する護憲勢力が強くて進まないから。
      何故、改憲されては困る護憲勢力が存在するのか?

      得た特権や利権を手放したくないから。
      何故、特権や利権を手に入れられたのか?

      司法に同胞を送り込み乗っ取りが成功したから。
      何故、乗っ取りを国民は許してしまったのか?

      日本人はお人好しで国籍条項を無くしても他人任せだから。

      わかった。有志よ懲戒請求を出そう! 日本を取り戻そう!!

                          失礼を致しました。
      .

      • 櫻盛居士 のコメント:

        テロ指定共産党様

        御返信、誠に有難う御座います。
        実はこの手法は、同じ事象でも複数の真因が潜んでいる事も分析出来るのです。
        事象自体も細分化し複数に分けて考えれば、更に分岐が発生しアプローチの異なる真因が解析出来ます。
        それらの真因の共通項に対する対策こそが、一番効率的な対策になります。
        この『なぜなぜ分析』は手段を選択する為の方法では無く、目的を見つけ出す方法で御座います。

        テロ指定共産党様に於かれましては、実際に『なぜなぜ分析』に着手して頂いた訳ですが、如何でしょうか。

        これまた行間を読んで頂くしか無いコメントで誠に恐縮ですが、小生が本件に絡むコメントで”制度上”と言う全く以て使い勝手の良い、アバウトな表現を用いているのは、この為だと御理解頂ければ幸いで御座います。

        • テロ指定共産党 のコメント:

          櫻盛居士様。コメントありがとうございます。

          実は、私のHNは櫻盛居士様のコメントトップの定型文を参考にしたものです。テロ指定共産党は共産党への皮肉のつもりです。小坪市議には不快なHNかなとは感じていますので、改HNも検討中です。

          核心部に多くの問題点の根っこが集まるわけですね。
          AIに問題の解決をさせる手法に類似しているかもしれません。

          感情的に反応する反日勢力には論理的に対応する事が肝心でしょうね。
          .

  28. ななっしー のコメント:

    漆黒のナンチャラさま
    小坪さんは、読者を納得させるために書いてらっしゃる訳ではないと思うので、ご心配無用かと思いますよ。
    貴方は勝利を得たい時に、カードをフルオープンで戦いますか?
    そんな阿呆でないからこそ、ここに集ってらっしゃる方々は小坪さんを信用、信頼なさっているのだと思います。
    目的意識、俯瞰して見ている範囲が貴方とは恐ろしく差があるんじゃないでしょうか。
    それと、私も人様の事を言える立場ではありませんが、日本語の行間の読解って、難しいですよねぇ。

    小坪さん
    他の方も仰ってますが、本当に詰め将棋を観ているようです。
    何手先の王手を狙ってらっしゃるのか、私には考えも及びませんが、手に汗握って応援しております。
    武運長久を願っております。

  29. 紫陽花 のコメント:

    小坪市議、お疲れ様でございます。
    拙ツイでも拡散させていただいております。

    国を思う当たり前の国民の声や、事実の拡散が彼らには大変都合が悪いようで
    すぐにそっち勢力のマークがつきます。
    見ていると、都合の悪いツイに、目印になるようなリツイを付けて拡散し、
    スパイのごとくフォロワーになりすましています。
    それを目当てにそっち勢力が総攻撃をかけてつぶしに来ているようです。
    拡散力のあるアカウントの方々、またユーチューバーの方々の動画やアカ凍結は
    おそらくそのようにしてやられたのだろうと推察します。

    何気ない市民のツイにも粘着しますから、
    ツイッターをされる方々はフォロワ?の管理等、十分にお気をつけくださいませ。

  30. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    次の一手??

    全然わかんな〜ウィ?

    橋下徹弁護士様〜くるくるパーマなアタシでも解るように、また蚊帳の外から自分は関係ないぞ的で無責任な解説してくれないかしらん??

  31. 西島新吾(仮名) のコメント:

    こんにちは

    全国展開で、活動している大手弁護士事務所ですが、まぁ日弁連会長声明なぞ反対の立場なんですよね。
    彼らは、国策失敗や過払い金請求等生活弱者のお仕事(揶揄です。)。
    私も過去に過払い金請求を依頼しましたが、彼等は個人情報等を自由自在に調べられる(関連性がある事について。)

    ついさっき3年振りに営業電話がかかってきましたよ、面倒い…… 。

  32. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です

    【加計メモ】愛媛県、補助金14億円の凍結を一時検討していたことが判明 謝罪受け支払い 中村知事「返還を求める権利は担保されている」
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53594358.html
    17: あなたの1票
    >>1
    認可
    にまったく関係ないじゃん
    国家戦略特区に申請する前の話なのに何が問題なの
    頭おかしんじゃない?

    50: あなたの1票は
    >>33
    何が批判されてるか理解できてないから、コメが頓珍漢なんだよw
    加計の嘘は悪いが、その嘘は愛媛県に何ら損害を与えてない。
    にも拘らず、大した理由もなく補助金停止をちらつかせて嫌がらせ。
    愛媛県は安倍の一言を信じて、その見返りを得るために加計学園を誘致
    したのかよって話だ。
    もしそれほど重要視してるなら、裏どりしない方がどうかしてるけどねw

    担当課で条例や審査基準に基づいて決済が終わってるのに知事の独断で補助金止めるってことか?
    異常だな

    かなり前に辺鄙なド田舎の無医村に、せっかく来てくれた医者を続けざまに何人もイビリたおして追い出した阿呆な奴らがいたけど、それの拡大版みたいだなw

    仲間を裏切るで有名な石破君のお友達だし、元から野党根性イオン村上、日本を裏切る小沢の舎弟
    愛媛県知事中村は
    お友達が多くて、愛媛県を裏切るみたいだよな

    文谷数重(軍事専門誌ライター)
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511268.html
    94:あなたの1票
    >>1
    >NATOの『GDP比2%』参考・・・ ・・・これは荒唐無稽な主張だ。対GDP比2%は無根拠である。

    西側の他国参考にするのは、どう考えても有力な根拠だろ。

    日本の防衛費の中には、自衛隊員の給料や子供手当まで含まれてるんだよw

    何故自衛隊減らす必要が有るのかむしろ減らしたら中国と仲良く出来るはずも無いし仲良く出来るなら現状でも仲良く出来てるでも
    現状当の中国は領海領空に何度も侵入行為してるだろ
    それ以前に何で自衛隊にこんな奴が左官として在籍していたのか怖すぎだろ

    先月だったかの「軍事研究」もそうだが、林ナントカという空自の技術担当上がりの元偉いさんが「F35Bの導入は日本にとって有害である」なんて論陣を張ってたな。技術担当の人間はスペックで比較して優劣を決める癖があるが、軍事力は使わないことが最善で、その意味じゃ全ての軍事力は「無駄な代物」。スペックや効率は最重要ファクターとは言えない。ところがその無駄が戦争を管理して抑止する手段となるから本当は無駄じゃない。そういう政治的意味合いを理解できない幼稚で短絡的な評論家なんて嘘だろね。この人物の考えは一言で言うと「日本は大人しく引っ込んでればいい」と言うことなんだろうが、シナ人はそれさえも認めないだろう。要するに日本人は一人もいなくなる結果しか残らない。

    ”到底、平時にできる選択ではない。”
    と文谷数重(軍事専門誌ライター)さんは仰ってるようだが、戦時だったらなおのこと軍事システムの改良、増強など出来ないじゃないか。
    この人、な?んも軍事のことを理解してないんじゃない。
    日本を仮想敵国としている国が一桁以上軍事支出を増加してしているというのに、何寝ぼけたこと言ってるのかね。

    中国人実習生、包丁を8の字にブンブン振り回し逃走 岐阜市内で逮捕
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48818152.html
    岐阜市小西郷に住む技能実習生で中国人の肖蘭燕容疑者(39)

    【在日韓国人犯罪】電動車椅子の男性を車でひき逃げした容疑で韓国籍の金慶士逮捕…「事故を起こした認識はない」と否認 車椅子の男性は死亡 大阪
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48818140.html
    ※57
    刑事裁判はできても、民事で賠償は無理でしょうね。
    逆に聞くけど、逮捕された後に預金なり財産差し押さえることができても、損害賠償の残額とか、出所後の受刑者に払えると思う?
    刑務所帰りの元犯罪者に賠償金負担できるだけの給料出す勤め先があると思う?
    そんな犯罪者をわざわざ国民の税金で養って、三食付きの生活を保障してやる必要あると思う?
    出所後は元犯罪者が野放しにされるのに、なんで善良な日本人がそんな危険に晒されないといけないんですかね。

    値段が…しかし、保存期間を考えますと価値はあるかと。ただ、水の使用量は少し気になります

    国内生産で25年間保存可能!長期保存食「サバイバルフーズ」が誕生!永谷園とセイエンタプライズが共同開発

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      スレチキジコピ@失礼します様、いま、うんうん!とうなづきながらコメントを読んでいました。いつもいつも、面白い・・じゃなく有益!(というべき)な情報ありがとうございます。勉強になります。感謝

  33. 旧新人類 のコメント:

    日弁連のHPによると、5月9日に定例記者会見を行ったそうで、そのテーマのひとつが「日本国憲法企画「憲法を詩おう♪コンテスト?あなたの思いをメロディに乗せて?」だそうで、アカハタ&チョイルシンムンの読書欄みたいで気持ち悪いです。そのテーマが「日本国憲法:自由や人権、平和を支え続ける日本国憲法の理念や役割をテーマに、日本国憲法の大切さをうたう詩(ポエム)を創作してください」だそうで、さらにその審査員が9条関係者ばかり。単なる自己満足じゃないの?まあ、こういう団体だということで、やはり日弁連会長様におかれましては、共産党との関係について明言していただきたいです。どうせ誰も見ていない定例記者会見だと思って、好き放題にしているんでしょう。企業で会社の利益を守ろうと尽力している顧問弁護士もいるのに、お気楽なことですね。

    弁護士が一律こういう趣味の人ばかりでないことは理解しておりますが、弁護士業界最大の組織がこれだから、そういう目で見られても仕方ないと思います。他の士業の方々はどう思っていらっしゃるのでしょうね。「私も参加したい!」と思うのか、それとも「キモイ、一緒にされたくない」と思うのでしょうか。

    • 旧新人類 のコメント:

      ↑「企業の利益=みなさんの雇用」です。企業を敵対視する共産党の視点とは相容れませんね。

  34. きなこもち のコメント:

    小坪議員、日本の為にいつもありがとうございます。
    あなたが爆破予告を受けるのがわかる気がします。

    小坪さんや余命さんが敵でなくて本当によかった。(;^_^A

    あちこちでの言論封殺は反日勢力の断末魔なのでしょう。
    制裁に耐えられなくなった金正恩のように
    締め付けられて息ができなくなった輩が
    表に這い出てきたように感じます。

    日本人は優しくておとなしいだけではなく
    理不尽なことには断固たる態度を貫きます。
    嘘をついたり、盗んだり殺したり
    そういうことには異常なほど厳しい。

    彼らは戦後の羊のようにおとなしい日本人しか
    知らないかも知れないけど。
    幾多の国難を乗り切ってきた先人たちのDNAを受け継ぐ私たちは
    国家の危機に直面すると、一致団結しオオカミの群れと化す場合があります。
    その時が近づいていると思います。

  35. ロコ のコメント:

    政治家として真っ向対決されるのには感服致します、期待し応援致して居ります。頑張って下さい!!

  36. 五人の孫のジイジ のコメント:

    きなこもちさん。力強いお言葉、ありがとうございます。そうです日本人の世界に誇れる力、非常時の一致団結とド根性です。これは大陸系の人間には想像できないでしょう
    今の日本を作ってくれた先人を裏切らないよう、私も老体に鞭打って頑張ります。
    共に。

  37. 毎日毎日、ブログをチェックするのがワクワク、ドキドキ、上でも皆さんが書いてはりますね。
    いやあ、面白すぎ!
    あ、小坪さんをはじめ、頑張ってはる人たちが一番大変なんでしょうけど、頭が下がります。
    小坪さんのスタイルは「自分にできることを、自分のやり方で、全力で、全速で」ということでしょうか。
    陰ながら応援してます!
    ※ところで上の櫻盛居士さまのコメントの『なぜなぜ分析』、驚嘆モノですね!

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      櫻盛居士様のコメントは、小坪先生がついついコメントをつけたくなるくらい素晴らしいですね。わたしも、いつも勉強させてもらっております!

      • 櫻盛居士 のコメント:

        ナニワの激オコおばちゃん様
        草莽の団塊です!様

        過大なる評価、誠に恐縮で御座います。
        然し乍ら、実はこの手法は製造業に携わる方の間では、既に常識の粋になって来ている手法で御座いまして、小生が持出した所で「今更?」っと、鼻で笑われ兼ねないものでも御座います。

        『なぜなぜ分析』は事件や事故の真因追求だけでは無く、業務改善や品質改善にも応用出来る手法でも御座いますので、前向きな方面でも御活用頂けます。
         
         
         
        余談では御座いますが、ナニワの激オコおばちゃん様のブログも拝見させて頂いております。
        過日の「三光作戦」の話題なども、「日本人的に三光作戦と言ったら、花札の五光札を3枚集める作戦に決まってるやろ!何で焼くねん!」と思わず関西弁が脳内で木霊しておりました。
        皆様方にもお勧め致します。

        • 名もなきせいぎーー のコメント:

          『なぜなぜ分析』は役には立ちますが、
          やらせるのは結構面倒。
          やるほうも面倒だと思いますけど。

          浮世離れしている方々は何事も自己満足で
          納得できればいいみたいなので楽で羨ましいなぁ?
          と思う今日この頃です。

        • コメントにコメントをいただき有難うございます(笑)。
          ええーっ、花札の作戦?!そら知らなんだー(爆)。

          • 櫻盛居士 のコメント:

            こいこいと言う花札ゲームの中で、松に鶴、桜に幕、芒に月、柳に小野道風、桐に鳳凰の5枚の光札の内、3枚の札を揃える「三光」と呼ばれる役があるんですよ。
            4枚揃うと「四光」、5枚揃うと「五光」と言う役になり、ゲーム的にも、絵柄的にも、何れも目出度い意味合いになります。

            日本の場合「三光」は、支那とは全く間逆な意味合いになってしまうんですよ。

  38. 縁の下 のコメント:

    パヨクを手玉に取る先生、

    最高にカッコイイです☆?

  39. edelwolf のコメント:

    保守層に口汚く勝ち誇った態度で罵る反日左翼どもに手痛い制裁が下る日は近い…そう感じます
    何の根拠もなくやれヘイトだ差別だと、よくその口からそのような言葉が出るものだと憤りを隠せません
    こんな日々に終止符が打たれることを願うばかりです

    小坪先生の何手も先を読んで手を打つこの動き、ネット時代の今孔明とも言える凄まじい軍略だと思います
    整然かつ堂々たる文面からは気迫すら感じます
    これが政治家…恐るべしであります
    毎回、とても勉強になります
    暑いのでお体には十分にお気を付け下さい

  40. スカイツリー のコメント:

    漆黒のナンチャラさん

    ここや余命さんの所には、
    パヨクやら反日やらが情報欲しくてうじゃうじゃ。
    そんな連中に情報提供するわけないでしょ。

  41. 心を落ち着けて頑張る時です。 のコメント:

    玉は包むようにして寄せる。
    そんな鮮やかな寄せを見ているようです。

  42. 漆黒のナンチャラ のコメント:

    スカイツリーさん

    いやいやいやw
    「○○士会では開示してる」とか「××士会では開示してない」とか、その気になれば誰でも問合せれる情報だよね?
    てか普通に公開してる情報じゃないのかな?
    そんなスパイゴッコでヒミツにするような情報じゃないでしょ。

    • スカイツリー のコメント:

      そうですね。
      でも、ここは、小坪先生が「ヌシ」なんだから
      小坪先生が好きにする場なんだよ。

      自分の感性に合わんなと思ったら
      ここに来なくなるだけだ。
      今の所それは無さそうだけどね。

      内容が気に入らないと思う人が多ければ、
      誰もここに来なくなるだけ。
      でも何だかんだでランキング3位キープしてるってことは、それだけ多くの人に支持されてるという事だと思います。

    • TTT のコメント:

      漆黒のナンチャラさん

      >てか普通に公開してる情報じゃないのかな?
      web で探せる情報の範囲はそうでしょう。

      しかし小坪先生が直、問い合わせ、それに対する返信であれば、公開情報とは深さが異なるかもしれませんね。

      理解のうえ、すり替えていらっしゃいますか?

  43. Masa のコメント:

    小坪市議のBlogを読んでいると、日本変革の最前線を肌で感じられるので本当にワクワクします!

    どこの局にチャンネルを合わせても似たり寄ったりの報道かつ、日本下げが著しく見れば見るほど気が滅入るテレビを見るより、毎朝エントリを読む時間/夜に皆様の大変勉強になるコメント含めて改めて読みに来る時間の方が数万倍濃いです。(というか比較にもなりませんね。失礼いたしました・・・)

    小坪市議が行橋のため、ひいては福岡のため九州のため日本のために打つ次なる一手、ワクワクしながら待ちたいと思います。(そして、やましい事のある反日勢力は震えて眠れば宜しいかと。)

  44. ロード のコメント:

    日弁連の返信、短かっ!
    戦争か、損切りか、どちらも選べる状態ですね。

    小坪議員が速すぎて、いきなり崖っぷちのチキンレースに追い込まれた日弁連。
    引き返すチャンスは今だけ・・・。

    チキンレースにおいて、絶対に勝てない相手とは?
    それは狂人と、侍です。

    さて、究極に上げられたレートの“コイコイ”、受けて立つ?

    • ろう のコメント:

      前に自分でコメントしたのとダブっちゃうんですけど
      「個人情報保護」という今時どんな業界のアンケートでも一文入れるような事項について、日弁連は即答できなかったんですよね。
      あるいは、これこそが重大な情報ではないかと思うんです。
      ざっと考えて、以下のパターンが思いつきます
      1. 他業界(仕業にかかわらず)では当然の個人情報の取り扱いについて、公式の規定がなかった。
      2. 規定はあるが、内々では有名無実化しており、正直に回答した場合の影響を確認してから回答文書を作る必要を感じた。
      3. 規定はあり、今回明らかに規定に外れているので、正式前に内部で処分して組織を守りたい。

      どれであったかは、日弁連の正式回答前後の動きで見えるんじゃないかと思うのですが、「これが日弁連の内規です」と即答できなかった時点で次のステップに入ってしまっているのではないかと予想します。

      • ロード のコメント:

        日弁連の内規、気になりますね。

        ただ、小坪議員が、法的には問題ないかもしれないが・・・と前置き
        されているので、法的な整合性はとれているのでしょう。
        弁護士村ではそれでいいかもしれませんが、外から見たらアウトです。

        自分たちの独壇場である司法、お友達メディアの世論誘導により、
        勝算は確実視されていたのでしょう。

        しかし小坪議員の新戦術、保守ネットワークの統制射撃により、
        土俵が変わってしまった。
        自分たちの土俵から引きずり下ろされ、全員参加型のバトルステージに
        土俵を変更されてしまった。

        ここでは国民監視の下、最強の手札を持つ政治家、七士業が
        加わってくるわけで・・・。
        日弁連は決断を迫られています。^^

  45. ななし(勉強中) のコメント:

    日弁連がどの様な回答をするのか想像もつきませんが、その内容でこれからの日弁連が決まりそうですね。ただ日弁連としても自治に手を突っ込まれるのは嫌でしょうから、そうなると落としどころが難しくなると思いますね。なにせ記者会見しちゃった人たちがいますし、恐らくその人たちは日弁連のお気に入りでしょうから。

    さて、相変わらず櫻盛居士様のコメントは鋭いですね。まさかこういう事象にもトラブルシューティングのフローチャートが使えるとは思いもしませんでした。目から鱗ですね。そして、導き出された「憲法改正」。実はこのフローチャート逆引きも出来るのですよね。その場合は、物事を改良したり作ったりする時に使うのですが。私も「どうやって、どのタイミングで、誰に対してなのか」をヒントに妄想してみます。相当その分野の専門知識が必要なので、只の妄想になりそうですが。興味深く、小坪殿の仕掛けを拝見させて頂きたいと思います。

  46. さすらいの名無しマン のコメント:

    あれ?

    小坪先生・・・・

    「コメントは消さない」と言ってませんでしたっけ?

  47. 縞瑪瑙 のコメント:

    七士業への個人情報取扱に関する照会で返事をもらったら、あとは、弁護士会に杜撰な個人情報の取扱をして、懲戒請求者個々への訴訟を提起すると脅して和解金をせしめようとした弁護士たちの懲戒請求をすればいいわけですね。

    綱紀委員会の出す結論が実質的に当該弁護士会の個人情報取扱についての照会の回答になります。そうなると、当該弁護士会と日弁連との間に個人情報取扱についての齟齬があってはならず、またそれがその他の士業界のものとかけ離れたものになることは、かなりまずいわけです。

    ですので、非懲戒請求弁護士の処分を決定し懲罰委員会にかけることによって弁護士自治が立法府の俎上にのるのを回避するか、対象弁護士を懲戒しない決定をし、弁護士界は特別だから他の士業界とは異なる規則でいいと押し通し、弁護士自治を守るために政治的影響力を駆使して闘うか、または、懲戒請求を棚晒しにしておくのいずれかの対処になると思われます。

    ですが、懲戒請求を出したと公開されれば、いつまでも棚晒しにはできないでしょう。そうなると生贄を捧げて危機を回避するか、全面的に危機に向かい合い闘うかの選択になるのではないでしょうか。

    • 縞瑪瑙 のコメント:

      小坪様
      申し訳ありませんが、上のとこの投稿を削除していただけないでしょうか。
      お手数をおかけいたします。

  48. 愚燕 のコメント:

    次の一手。

    自治権を手放さないことを認める代わりに、訴訟を取り消さない不届き者弁護士を、会自ら懲戒させるように仕向ける。

  49. 漆黒のナンチャラ のコメント:

    TTTさん

    え?え?え?
    ごめんマジで言ってる意味がわかんない。

    例えば税理士会にしろ司法書士会にしろ、俺なり君なりパヨクさんなりが業会に電話して「もし私がある○○士に対して懲戒請求を行った場合、私の個人情報は相手に伝わるのですか?」って聞いたら、同じ答えが返ってくるんじゃないの?
    その答えは市議会議員様だろうと誰だろうと同じでしょ?

    深さとか意味がわからんよ。
    電話一本で裏を取れるような情報をスパイゴッコでヒミツにする意味もわからん。

    • じた のコメント:

      じゃあ、ここで他人の行動の真意を第三者に推測させるなんて無意味なことを続けずに自分で問い合わせた方が早いのでは?

      隠しておくこと(あるいはミスリーディング)がカードになると理解できないようですので。

      「将棋や囲碁で、どうせ自分の番になれば打つんだから10手先までぐらい教えてくれたっていいでしょ。あ、何も考えてないんだー」
      って煽られても、あまりにレベルが低すぎて呆れる感じ。

    • TTT のコメント:

      漆黒のナンチャラさん

      >理解のうえ、すり替えていらっしゃいますか?
      疑った書き方して申し訳ありません。違っていたのなら謝ります。

      私が返信する前に、小坪先生が次のエントリで種明かしされてますので、これで失礼いたします。

  50. 漆黒のナンチャラ のコメント:

    それよ。
    問合せてみようかと思ったけど、思ったのがもう日が暮れてからだったのよね。
    明日問合せてみるわ。

  51. あや魂 のコメント:

    漆黒のナンチャラさん

    言った言わぬの水掛論。聞いた聞かぬの…

    「照会」「文書番号」
    文の意図、解読、言葉の意味等々。
    いやぁ、日本語は本当に面白いですよね。

  52. ぎしんあんき のコメント:

    弁護士法とは、日本において弁護士制度を定めている法律なので、弁護士さんが守らなければならない法律ですね。それでは他の士業の人たちはどうなのか?
    これまでの弁護士会のルールがおかしいのであれば、それを指摘して改めさせるということでしょう。
    閉じられたサークルの中で行われてきたことなので、見えてこなかったというべきでしょう。

    個人情報漏洩事件で弁護士自治のあいまいさが露呈してしまいました。
    弁護士法に違反した場合は、刑事告発されるとあります。
    もちろん弁護士法だけでなく法律に違反した場合もです。

    日弁連と弁護士会の高慢と偏見がこのまま続くのか、今後も注視したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください