GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】


 

 

初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQにより廃止された。
旧暦では、この日が1月1日。
今日が、元旦であったのだ。まさに国の始まった日。

サンフランシスコ講和条約において、我が国が一部の主権を回復してのち、国民世論のうねりにより「建国記念の日」として国民の祝日となる。本日2月11日は、建国記念の日でありました。
そして奪われた「紀元節」という言葉を取り戻すべく、誓いを新たにする日であると存じます。

※ 昨日のエントリは、ライト層向けに書こうと趣向を凝らしたものですが、「建国記念日」と書いております。正しくは「建国記念日」ですが、私人としては「の」は抜きたいというのが本心です。必要に応じて修正も検討しますが、現時点では考えておりません。

その理由も書いておきます。「建国記念日」は、自民党により9回も提出、第一党であった社会党の反対で廃案。採決に踏み切った際には、体当たりを受け委員長が入院。社会党を納得させるため、譲歩して「の」をつけたという経緯があるためです。ご指摘も何点かありましたが、私は、のをつけたくないんだよ。
どのような時代に廃止され、18年の歳月を戦い「建国記念の日」となるまでの経緯を詳しく書いておきます。

 

 

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 
(OGP画像)

 

 

 

 

紀元節
日本の初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日。
明治6年(1873年)に定められた、かつての祝祭日の四大節の一つ。
(※四大節(しだいせつ) 四方節、紀元節、天長節、明治節)

2月11日の日付は、旧暦の1月1日であり、明治に入り新暦に換算したもの。

 

 

 

紀元節が廃止される。
GHQにより、昭和23年(1948年)廃止されました。

 

GHQにより、廃止される。
昭和23年(1948年)廃止される。
西暦よりも皇紀が長いことに嫉妬したためではなかろうか。

少し前後のことを付記する。
終戦が昭和20年(1945年)のこと。

昭和20年(1945年)
9月29日、内務省による検閲制度を廃止。
同年、10月9日、朝日・毎日・読売など在京5紙に対して事前検閲開始。
10月10日、徳田球一ら共産党員などの政治犯が釈放。
10月20日、日本共産党が機関紙「赤旗」を再刊。
10月31日、軍国主義を唱える教員の追放。

昭和21年(1946年)
1月1日、天皇神格否定、人間宣言。
1月29日、行政区が北海道、本州、四国、九州及びその付属当初と対馬、大隈諸島までとなる。
2月1日、英連邦軍、日本への進駐を開始。
2月20日、ソ連が、樺太・千島の領有を宣言。
2月26日、極東委員会発足。
3月5日、第一次アメリカ教育使節団来日。
同日、チャーチルが鉄のカーテン発言を行い、冷戦が始まる。
4月4日、2~300人の米兵が中村病院に乱入し、約100人の妊婦や看護婦を強姦。産まれたばかりの子供も殺害された。
4月29日、天皇誕生日にA級戦犯29名を起訴。

5月22日、吉田茂内閣、発足。

7月1日、アメリカがビキニ環礁で4基目の原子爆弾を実験爆発。
11月3日、日本国憲法公布。

昭和22年(1947年)
5月2日、外国人登録令により、朝鮮人・台湾人などが日本籍を取り消され、外国人になる。
5月3日、日本国憲法施行。
8月15日、インドがイギリスから独立。

昭和23年(1948年)
1月4日、ビルマがイギリス連邦を離脱し独立宣言。
4月、【祝祭日のみ、日章旗の掲揚を許可】
8月15日、大韓民国成立。

昭和23年、紀元節はGHQにより廃止されました。
続けて読むと、これがどういう意味であったか、よくわかると思います。

参考:連合国軍占領下の日本

 

暦の長さと国家の威信
皇紀が西暦よりも長いことを問題視したのではないか?と述べました。
実は、暦の長さとは世界的には凄まじい評価を受けるものである。

これは事実なのですが、なぜなのか?を考えてみました。
少し乱暴な解説であり、私見も多分に入っているが、ようは「治世の素晴らしさを示すバロメーター」であり、「国家としての威厳と比例」するもの。

暦の長さとは、男系遺伝子が何代に渡って紡がれたかという話になる。
他の制度もあるが、「その政治体制が何度の代替わりを行ったか」だ。

 

暦が途絶える場合
それは国が滅びた場合です。
政治体制が継承されず、バトンタッチができなかった、と言ってもいいでしょう。

滅びたらどうなるか。
世界を見渡すに、ほとんどが大陸の国家です。

CHINAのみならず欧州を含め、特に大陸の場合、国が滅ぼされれば皆殺しである。
特に男は集中的に殺される。
後で攻め込まれても面倒なことになるし、特に王族の血縁者は徹底的に殺す。

女性がどうなるは余り書きたくないが、シンプルに言えば孕ませる。
血を混ぜるというか、今で言う民族浄化だ。
その国以外の者と性行させられ、違う国の子を出産させられる。(もしくはまさに奴隷となる。)

 

暦が続く、意味
男系遺伝子が継続し、「これ」と決めた代替わりの方法が継承されるということ。
その意味を考えて頂きたい。
やや失礼な表現もあるかと思うが、世界各国で「自国のルール」はある。

ローマ法王やダライラマ法王の継承方法など異なる例もあるが、男系DNAの継承は世界的に見ても「一般的なルール」であると思う。

どのような制度でも構わないが、これと決めたルールが継続することを、世界はどう見るか。

「きっと凄まじく素晴らしい治世なのだろう」
「なんと強い国なのだ」

 

かなり荒っぽい説明だが、暦が続くことを
世界は重視している。

皇紀のほうが、西暦よりも長い。
だから紀元節は廃止されたのではないか。

これは私の私見である。

 

 

 

建国記念の日として復活
様々な騒動を巻き起こしつつ、先人らの必死の努力により復活。

紀元節復活に向けた動きは、昭和26年(1951年)頃から見られるそうだ。

自由民主党の活躍
昭和32年(1957年)2月13日、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出。
しかし、当時野党第1党の日本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となる。

 

ひどいぞ、社会党
その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すが、成立には至らなかった。

昭和38年(1963年)6月20日、委員長が法案の強行採決を行うが、社会党議員らに体当たりされ入院するという一幕も。

 

「の」が入る。
名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として成立。

“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。

昭和41年(1966年)6月25日、建国記念の日として祝日法改正案は成立。

 

「の」は、いらないと言いたい。
法令順守義務のある議員としては、「の」付けるべきなのだろうが、私人としては「の」は飛ばしたい。

冒頭では注釈を書いてはいるが、私の心の中には「の」はない。
そのことは、はっきり言わせて頂く。

 

 

 

「紀元節」を取り戻せ!
昭和23年にGHQにより廃止、建国記念の日が成立したのは昭和41年。
18年の歳月を掛け、先人たちは取り戻した。
「の」がついているが、努力の結晶である。

現代の日本に生きる、私たちは。
紀元節を忘れていていいのだろうか。

偉そうに書いているが、私は紀元節を知らない。
私が生まれたのは昭和53年のこと。
知ってるわけがない。

 

 

この日が、紀元節であった時代を、私は知らぬ。

正直に言うと、わからない。
例年のことなので、動画とかを見て「なんとなく耳には残る」ようになったけれど、私はこの歌を合唱したことがない。

 

この歌の重みは、私は、わからない。
だけど、とても大切なものなのだと思う。

終戦、GHQの統治、サンフランシスコ講和条約。
米ソ冷戦、様々なものを経て、やっと成立した建国記念の日。

私たちの時代が取り戻すべきなのは、
建国記念日ではなく、紀元節という言葉と記憶なのだろう。
漠然とそのようなことを例年、思う。

 

古事記や日本書紀)
歴史的な裏付けがないと、ロマンに欠ける学者目線の非難が相次いでいた。例えば神武天皇の古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とされている点などが指摘されている。

しかし、一年に二回の稲作を行っていたことで、二回数えていた可能性があり、半分にすると辻褄が合う話が多々あるという指摘も出てきた。その場合は、(西暦換算だと)一部の時代は半分にせざるを得ないけれど、時代考証ともバッティングしなくなる。

史実ではないという批判を行う者がいるが、神話にそのようなものは必要ないというのが私のスタンスだ。聖書に時代考証で難癖をつけるぐらいおかしな話であろう。

自国の始まりを、次に世代に伝えることができぬことは、
それはとても悲しいこと。

 

 

 

 

GHQにより紀元節は廃止。

 

18年の歳月をかけ「建国記念の日」として復活。

 

自民党より9回の提出、第一党であった社会党により廃案。

 

採決に踏み切った際には委員長が体当たりを受け入院。

 

妥協策として「の」を入れたのが、この日です。

 

今日は、言葉狩りにあった「紀元節を取り戻す」と誓いを新たにする日。

 

「自国の始まりを教えられないことは、とても悲しいこと」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】 への13件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】 初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQにより廃止された。 旧暦では、この日が1月1日。 今日が、元旦であったのだ。まさ

  2. 個別の774人  のコメント:

    奉祝! 紀元節
    当時は社会党国会議員が衆参合せて200人規模で居ましたね。

    それはさておき、
    >この日が1月1日。
    >今日が、元旦であったのだ。まさに国の始まった日。

    旦は太陽と地平線、日の出を意味しますので、元日とすべきかもしれません。
    「始まった日」のその瞬間ならば元旦でも宜しいかと思います

  3. 一郎 のコメント:

    恥ずかしながら、初めて「建国まつり」に参加しました。

    先生のブログを拝見していたことで、紀元節の歌のことを知り、声高らかに歌えました。

    参加されてある皆様の声と一緒なれて、感動しました。

    ありがとうございます。

  4. 波那 のコメント:

    ✳今朝、初めて聞きました。明治の時代から歌われ始めた大切な歌ですね。

    紀元節唱歌
    1893(明治26)年-官報3037号付録
    作詞 高崎正風     作曲 伊沢修二

    第一章

    雲に聳(そび)ゆる 高千穂の
    高根おろしに草も木も
    なびきふしけん 大御世(おおみよ)を
    仰ぐ今日こそ たのしけれ

    第二章

    海原なせる 埴安(はにやす)の
    池のおもより 猶ひろき
    めぐみの波に 浴(あ)みし世を
    仰ぐ今日こそ たのしけれ

    第三章

    天(あま)のひつぎの 高みくら
    千代よろずよに 動きなき
    もとい定めし そのかみを
    仰ぐ今日こそ たのしけれ

    第四章

    空にかがやく 日のもとの
    よろずの国に たぐいなき
    国のみはしら たてし世を
    仰ぐ今日こそ たのしけれ

    作詞者の高崎正風は天保7年7月28日(1836年9月8日) 薩摩藩の武士の家庭に生まれた。維新後は侍従番長として歌道御用掛の任に就き、その後、枢密顧問官になり、明治天皇の側近としてお仕えしたことでも知られる。

    作曲者の伊澤修二は唱歌の成立に欠かすことのできない教育者として知られる。幕末に洋楽を学び、明治5年に文部省へ入省。明治8年から11年までは師範学科を学ぶためにアメリカへ留学、明治12(1879)年、唱歌の作成・編さんと教師の養成機関である「音楽取調掛(おんがくとりしらべかかり)」が文部省に設置され、初代所長となる。

    明治14年に日本初の官製唱歌集『小学唱歌集』を完成させた。明治23年には東京音楽学校長,東京盲唖学校長を兼ね,「国家教育社」を設立して、教育勅語の普及につとめた。また、日清戦争で得た台湾に渡り民政局学務部長を務める。東京音楽学校(現・東京芸大)の初代校長を務めたのち、貴族院議員にもなっている。

    つまりこの歌はれっきとした文部省唱歌であるのだが、殆ど知られていないのはどうしてなのか。それは敗戦後、2月11日の建国記念の日を祝うことは占領軍から禁止されたためなのだ。

    祝日として祝うことが許されなかったのだ。そして教育勅語同様、学校現場で教えられることもなくなった。

    昭和20年8月15日から同27年4月27日まで日本は占領下に置かれ、主権が制限され他状態にあった。その時期に「紀元節」が占領軍の意向で強制的に廃止させられた。占領解除直前から「紀元節復活運動」が起こってくる。昭和26年の国会で吉田首相は紀元節の復活について言及している。

    しかし、当時は占領によるマインドコントロールと社会党をはじめとした革新勢力の勢いがあって、自民党内ですら左派と妥協しようという動きがあった。

    それを粘り強い民間の努力によって昭和41年に再び2月11日が建国記念の日として復活したのである。ところが本来、政府が記念式典を行うべきなのに、神武天皇に触れることは政教分離に反するなどという理由から民間と別に政府式典が行われてきていた。それすら今年から廃止となってしまった。後略
    (2005年の記事)

    http://blog.goo.ne.jp/hagukumukai7/e/4f0ab2575d428edf3be487b4bb036e16

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    日米が開戦に至ったのに共産主義者が深く関係していた事は、本ブログに訪れる方なら既に常識の範疇かと思います。
    日米開戦と同時に共産主義者が深く関係し出したのでは無く、共産主義者が深く関係した結果として日米開戦に至った所がポイントです。

    共産主義者は徹底的に米国人に対して”日本の脅威”を植付け、その努力の結果に日米開戦に漕ぎ着けた訳です。
    この”日本の脅威”を植付ける為に大いに役立ったのが、何を隠そう支那です。
    有色人種に対する差別が根底にあった時代に於いて、西洋人の多くは東洋に関する知識などたかが知れた程度で、日本と支那の区別出来る者も少かった時代です。
    僅か30年程前の米国映画を見ても、日本と支那を混同したシーンが多く見られました。
    それは日本に取っては非常に不幸な事で、支那の法を無視する振舞いは、即ち日本も同様だと言う印象付けに役立ちました。

    そこに真珠湾攻撃で、対外戦争に於いて1000人以上の犠牲を出した事が無かった米国は、倍以上の約2000人の犠牲を出してしまいました。
    この一撃は米国国内に於ける”日本脅威論”を定着させるには、十分過ぎる程の効果を発揮してしまいました。

    とは言え「所詮、イエローモンキー」と言う感覚は直ぐに払拭出来る筈も無く、当初米国は太平洋戦線に於ける犠牲者も期間も甘く見積もっていた事は、あらゆる文献で垣間見る事が出来ます。
    所が我が国の抵抗は粘り強く、結果的に10万人を超す犠牲者を出し、しかも滅私奉公の恐ろしさを目の当たりに焼き付けてたのです。
    それは、日の丸を見ただけで恐怖を感じる将兵が続発した位です。

    多くの米国人にとっては、その様な感覚のまま昭和20年8月15日の日米停戦を迎えます。
    この時期の多くの米国人にとっては、共産主義の脅威を理解する余裕も無く、共産主義が白人同士の思想であった事も油断の要因となり、ただ只管に日本の脅威を手段を選ばず排除する事に専念してしまいます。

    日本が何十年も前から気付いていた共産主義の脅威に、米国はこの時期に至っても気付く事が出来ずに、米国内を真っ赤っ赤にしてしまっているのです。
    実質的に米国が共産主義の脅威に初めて気付くのは、実に朝鮮戦争が勃発してからです。

    今でこそ米国は東西冷戦の雄の様に振舞ってますが、実態は共産主義の脅威に気付かずに、共産主義の走狗となって10万人を超える犠牲者を出しているのです。
    結局、米国は共産主義者が創り出した日本と言う幽霊に怯えて、トチ狂った様に暴れた挙句に、創造された日本と言う脅威から逃れたいが為に、戦後処理では共産主義者を解き放つと言う最悪の選択をしてしまいました。

    現在、在日米軍が窮屈な思いをしているのは、自らが天に吐いた唾が自らの顔面に降って来ているだけなのです。

    その最悪な選択の一環として紀元節を廃止させた訳ですが、これも何れパヨクに唾が降って来るのではないでしょうか。

  6. 春九千 のコメント:

    FullText(*^ヮ゚)σ:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7659/sjp/statements/sjp20180211.pdf

    明仁ニャ~ン♪ ( ̄▽ ̄)ノシ
    戸籍を作ったらど~かニャ? ( ̄▽ ̄)σσ

    今度、明仁ニャソ♪わ天皇を退位するにゃ♪ ( ̄▽ ̄)ノ お疲れ~♪
    良い機会ニャ♪ ヽ(´ー`)ノ

    日本を救うためにも、 ( ̄▽ ̄)//
     日本国民を救うためにも、 \\( ̄▽ ̄)
      悠仁ニャソ♪を始めとする皇室の皆ニャ♪を救うためにも、 \( ̄▽ ̄)/

    明仁ニャソ♪を始めとする皇室の皆ニャ♪に基本的人権を勝ち取って欲しいのニャ♪ o(*^▽^*)o

    そして

    天皇制を廃止に追い込んで欲しいにょにゃ♪ (≧▽≦)/

    その為の手段として、ニャーσ( ̄▽ ̄)わ、こ~ゆ~手段を提案するニャ♪ ρ( ̄▽ ̄)b

    明仁ニャ~ン♪ ( ̄▽ ̄)ノシ
    戸籍を作ったらど~かニャ? ( ̄▽ ̄)σσ
    FullText(*^ヮ゚)σ:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7659/sjp/statements/sjp20180211.pdf

    m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
    נומנקלטורה עמלק
    Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

    • 波那 のコメント:

      B B のブログに行かれると、お仲間がいっぱい居て楽しいと思います。

    • rock のコメント:

      こういうのがいるんですよね~法律的に皇室の戸籍や人権をグダグダいって、皇室が日本人においてどれだけ精神的に歴史的に重要であったかはわかっていない。つまり、「木を見て森を視ず」より更に馬鹿な左翼、反日のバイアスがかかっている人逹。人それぞれ能力に限界はありますが、歴史を勉強しましょう。

  7. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生の歴史関連記事を集めて教材にできたらいいのに。日本が今に至る全体像を知る一助になると思います。国家の継続性が重要だというのは本当にそうで、大英帝国を例にとると、旧約聖書の言語として最も古いとされたヘブライ語よりも古いとされるサンスクリットをアーリア人の系譜に取り込むことにより、大英帝国が古代文明(インド→古代ギリシャ→イギリス)の正しい継承者であるというイメージ操作したんですからね。インドの植民地化も正当化できたし。そんなのと比べたら、日本の方がよほど継承性のベースがしっかりしていると思います。また話飛びますが、北海道では小野寺先生が頑張っておられますが、他にもアイヌ関連で正論を発信していた市議の方がいたけど、どうなったのでしょうか。まともなことを言うと、特亜&国内極左利権につぶされるから怖ろしいですね。暗黒独裁軍事国家の手先が北海道の土地を買いあさっているとのことで、わざわざ水を運ぶため土地を買い占めるわけないだろうとの反論をした人がいるそうですが、水を運ぶためじゃなくて、将来的に占領・入植するために決まってるじゃん。天然資源もあるとかで、小野寺氏のツイートをちょっと勝手に引用しますが、「縄張りを拡大する際は、そこに住むものは瞬時に敵になります。それはチベットやウィグルを見ても明らかかと思います。」これ本当ですよ。知床のヒグマも、縄張りを確保できないと人間の居住地に出てくることを余儀なくされ、その結果駆除されます。犬HKのドキュメンタリーでやってました(こういうのだけやってりゃいいのに、犬HKの噴飯物の創作歴史番組・政治評論にはうんざりです。)日本の土地はアイヌ含む日本人のものです。みんな縄文時代から日本に住んでいるのです。そして八百万の神を祭っているのです。一神教やそのバリエーションの共産主義が根付かないことは、歴史が証明しているじゃないの。これからもずっとです。それを私たちがさらに証明していくわけです。

  8. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市 市議会議員 小坪議員様
     紀元節に戻すべきと当方も思います。

     昔、古事記の神武東征の部分を読んだ時、事実に違いないと思いましたが、下記の掲示板を読んで確信にいたりました。卑弥呼は第七代孝霊天皇の皇女「やまとととびももそひめのみこと」の事で、箸墓古墳がお墓のようです。アカはこちらでもうごめいている・・・。
     http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/02/06/001646
     http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/02/02/153406

  9. あかうお のコメント:

    紀元節は、もう雑学レベルの知識になってしまいました。
    私も学生時代に書籍で知っただけで、実際に皇紀を使った事はない世代。
    子供達に話しても、キョトン?としていました。
    歴史を紡ぐという難しさを感じる日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です