日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】


 

 

【今日は何の日】というタグは、敢えてつけない。これは日本として重要だと思った日のエントリにつけてきたタグだからだ。キリスト教徒を揶揄する目的はないが、私はクリスマスイブに対しこのタグをつける気になれないのだ。

クリスマスツリーの数を見るに、
その日の丸の数の少なさを憂う。

クリマスソングばかりは街にあふれ、天長節の歌など街では聴かなかった。
お正月の、古来からの音楽(雅楽などのアレンジ)に期待するばかり。
そのような日だ。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12433068_960313584039526_2110226100_o

 

 

 

 

日の丸の数
圧倒的に少ない。
事実であり、現実を直視する。

目の前の現実を正しく受け入れた上で、
すべての議論はそこから始めるべきだろう。

受け入れるというのは、「そのままでいい」というわけではない。
変えるため、是正するため、取り戻すために「現状を正しく把握する」と言った方が適切だ。

また、「クリスマスが悪い」というつもりもないし、
昨日も書かせて頂いたが、「GHQが」とか「日教組が」と言っても始まらないのだ。
それをしたり顔で連呼するのは、やめて頂きたい。

事実、遠因としてあるのは否定しない。
私もそう思う、その側面は確かに在る。
・・・だから、どうしたというのだ?

「GHQ!」「日教組!」と叫んだとして、国旗の数は増えるのか。
あいつが悪い、こいつが悪いと指をさしたところで、貴方だけに免罪符が与えられるわけではない。
まずは、国旗を立てよう。

お正月から、でどうだろうか。
いまの異常性については、昨日同様であるが、ある例え話を再掲したい。

 

 

 

置き換えて考える。
先ほどは、日本人がクリスマスで大騒ぎする構図を論じたが、もしこれが逆であったらどうか。
異常性がよくわかると思う。

クリスチャンが天長節を祝った場合、キリスト教徒が、天長節を祝った場合、それは何か不思議な気がする。
悪いことではないしありがたい話なのだが、置き換えてみると大層ヘンテコなことになっている。

イメージして欲しい。
お洒落なニューヨーカーたちが、デパートで【奉祝】と書いた板を買い漁る。
CNNにて「とぅでぃ、TENCHOUSETU!!!OH!」とか言っている感じである。

白人カップルを想定してみよう。
恋人たちが、天長節デートを行い、ディナーの予約をする。
菊の花と菊花紋章を前に、「KI-MI-GA-YAHHHH!」とか歌って愛を語らうのだ。

海外のおまいらの場合、ネットユーザーたちの動向を考えてみる。
素晴らしいデザインスキルを無駄に投下し「天長節、中止のお知らせ」が毎年作成される。
そしてリア充、爆発しろ!と叫ぶのだ。

家族の場合を考えてみたい。
良い子にしてたら、陛下が玩具を持ってきてくれるのよ?と。
親が子供に諭すのである。
陛下に行ってもらうと、ちょっと構図が崩れるか。。。

じゃ、こうだ。
「いい子にしてたら、ヤタガラスが玩具を持ってきてくれるのよ。」

子供は不安そうな顔で言うのだ。
「ちゃんとヤタガラス、迷子にならずに来てくれるかなぁ」と。

もうちょっと年をとって生意気盛りになった頃。
「本当は八咫烏って、親が買ってきてるんだよ!」と叫ぶ、空気を読めない子が出てくるのだ。

そして
「いるもん!八咫烏はいるもん!」
「私、見たもん!ちゃんと足が三本あったもん!」
って泣き出す子が出てくるのだ。

不毛なる、八咫烏、実在論争を繰り返す子供を横目に。
オモチャメーカーは・・・。
「ここで一年の売上を絶対に立てるのだ!!」
「我が社の荒廃、この一戦にあり!!!」である。

スポンサーについているアニメにおいては、
ここぞとばかりに新キャラ、新メカが登場。
工場も生産拡大で、掻き入れ時である。
経済波及効果もバカにならない。

九州ウォーカー(本州の方はわかるのかな)などの場合。
いわゆる外戸本みたいな、地域版の雑誌である。
「天長節にお勧めの夜景デート特集」とか組むのである。

デパートでは、
「今年の天長節は、肉じゃがでお祝い!」
「日本本国、直輸入!高野豆腐!」とかポップが躍る。

コンビニでバイトしている人なんかは
「あー、今年の天長節、ケーキのノルマがきっついわー」とか言ってるのである。

疲れたサラリーマンたちは
「あぁ、今年の天長節も仕事だったな」とか、
駅のホームで舞う雪を見て「ホワイト天長節か」などと、しみじみとつぶやくのだ。
そしてそれが、なんとも言えぬ風情をもって、しみじみと疲れた大人の共感を呼ぶ。

これが外国人が、天長節を(日本のクリスマスと同様の)祝った場合のイメージ図である。
クリスマスを祝う日本人を、(敬虔なるクリスチャンをはじめ)海外はこのように見ているのではないだろうか。

 

関連

同じ路線から書いた記事です。

 

 

 

それでもクリスマスも楽しむ。
冒頭に述べたように「クリスマスを否定」しても何も生まれない。
大切なのは、自らがどうあるべきか、である。

「GHQが!」とか「日教組が!」と、悪玉論争のみに終始することは
自らには責任がないと、はっきり言えば【なすべきことなどない】と宣言しているかのようにすら見える。

私のエントリを読んで、クリスマスを中止して欲しくなどないし
それはそれで楽しんで頂きたい。

私はそもそも甘党であるし、ケーキが食べれる日と楽しみにもしてきた。
うちは漁村で、普段は魚ばかり。子供の頃は、肉が食べたくて仕方なかった。
最近は、魚の美味しさにも気づけるようになったが。

プレゼントを楽しみにする子供がいても、いいではないか。
恋人たちが楽しくデートすることも否定したくない。
勇気を出して、今夜告白する者もいるのだろう。
ほんのり甘く、素晴らしいことだと思う。
(私は最近は告発ばかりしている気がするが、それに比べればどれほど素晴らしいか。)

日本人の寛容性は、素晴らしいと思う。
ただし、それが良い方向ばかりに向いてきたわけでもない。
それも事実だ。

だけれども、「楽しんでいる人」に向かって、
「楽しむんじゃない!」と言ったところで、何が生まれるだろうか。

私たちがなすべきは、クリスマスの批判でも否定でもない。
GHQや日教組の責任論のみに終始することでもない。

お正月に、国旗を掲げることだ。
他になすべきことはない。

さて、今夜はクリスマスチキンを食べて
(実際は近所の唐揚げ屋さんの唐揚げ)
ケーキでも食べて
(付き合いで回ってきたものだが。)

「そういや、この日って何なんだろ。」
「俺がキリストだったら、多分、怒ってるわ・・・。」
などと漠然と考え、

「告ったり、告られたり」
「ふったり、ふられたり」
「まぁ、みんな忙しいことですなぁ。」
「少子高齢化の話もありますし、ほどほどに頑張って頂きたい。」などと。

また、
「たぶん、あいつは今年も一人やろうな」と男の後輩のことを思いだし
「どうせ夜に『なんしよっすか?』って電話してくるんだろう。」などと考え
例年、果たしてそのようになり。
そんなこんなでクリスマスの夜はふけていくのでありましょう。

そして。
「さて、正月には日の丸をあげにゃね。」と小さな勇気を確認する日でありたい。

 

一回でも笑った人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

11 Responses to 日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】

  1. medakanoon のコメント:

    日の丸の数と、クリスマスツリーの数を比べる日【海外に置き換えて考える。】 【今日は何の日】というタグは、敢えてつけない。これは日本として重要だと思った日のエントリにつけてきたタグだからだ。キリスト教徒

  2. 名も無き者(静かに怒る普通の日本国民) のコメント:

    日の丸を掲げる事を増やしたいなら

    至極簡単です
    戦争に勝利する事です。

    負けたままだから、日の丸の影響力が低いのです。

    至極単純な人間の反応です。

  3. べこたろう のコメント:

    クリスマスは苦しみますがイコール年齢だし、別に今年も何もない、って言いますか仕事で苦しんでますだからどうでも良いですが、楽しむ人は楽しんでればいいやですね。
    ただ、確かに正月くらいは国旗を掲げないとですね。

  4. 一般人 のコメント:

    クリスマスにツリーを飾らなくなって15年、子供につきあっての行事でした。
    その子供達の宗教感は、神社に行けば柏手をし、寺院に行けば手をあわせて頭を垂れる。教会に行けば・・・十字を切ってるのを見た事は無いが、結婚式は教会でするんだろうなーと思う。
    世界中の方々と交流する時代だから、宗教に関しては柔軟に受け入れていく姿勢はプラスにはなってもマイナスにはならないと思う。
    マイナスになってしまうのは本人が信じる価値観にぶれがあるからであって、宗教そのものではないはず。どちらかと言えば日本の法律や習慣や空気が常識と言う「基本」になっているのかなーという気がするのだが、日本人というアイディンテティーは何処にあるのか判らない。しいて言えば、伝統的な高度な技術を伝承されその技術の元に作られている様々な優秀な商品を使い、春夏秋冬の四季折々の景色や自然災害での協調性や自助共助が、日本の和の心を植え付けてるような気がしています。
    そう言う意味で、長い歴史を持つ日本国と日本国民の象徴として、天皇陛下のご存在が特に今は大きな意味を持つのだと、改めて思っています。

    今年は物騒で控えていましたが、来年のお正月には久しぶりに国旗をあげてみようと思っています。

  5. 佐竹義男 のコメント:

    クリスマスだからってケーキを食べる人に一言
    普段から食べてもいいじゃないか!

  6. あき のコメント:

    子供の頃は別ですが、今は、企業というか店がこれに合わせて色々材料ブランドとか探して特別に(コンビニケーキとかは一寸違うかな)造った物で、美味しいかな?とか、目新しいとか、楽しんでます。  宗教は全く関係無いんだけど、白人とか他はそうは思わないかな??ハロウィンとかホワイトデーとかは好きなお菓子じゃないからどうでもいい・ハロウィンはばか騒ぎが五月蠅いし鬱陶しいですので、止めて欲しいけど。

    メディア関係全部特に最近は、日本の行事を無視してるし報道の仕方も変だし、今風にこーんな感じにやりましょう、みたいな変なのを地域の左翼?学校は左翼教師が率先してやってませんか?そういうのも嫌で地上波見なくなったんだけど。
    こんな状態で(此処20年くらい特に酷いと感じますが)幼児子供時代ずっと過ごさせるのが怖いです。地域で差は有るでしょうが。

    昔は、家も旗日に国旗掲揚してました。 何時頃からか段々と廃れてしまったんです・どなたか書いてたけど負けたからってのは有るでしょうが、戦後80年代くらいまでは揚げてたように思いますが?反日左翼共産支那韓の工作の影響でしょうか?あと、マンションの部屋だとベランダに出すんですよね、それでもいいんですよね、日本中が日本国旗であふれるといいな。

  7. ナル のコメント:

    拙宅からごく近所のお家。
    住人はまだお若いのに旗日には必ず門前に国旗が掲揚されていて
    通りかかる度、堂々とはためく国旗になにか勇気づけられてる気がしてました。
    多分、知人友人との付き合いでは政治の話や国防の話はタブーな雰囲気があって孤独を感じる中、旗を掲げているお家を見て、少なくとも日本を大事に思っている人がここにいるという安心感だったんでしょうね。

    私も早く行動に移さなくては、と思っていましたが
    今日ホームセンターで、ついに念願の国旗セットを手に入れました!
    お正月から私も旗日に国旗掲揚を始めようと思います!

    保守に目覚めてから早5年。
    少しづつ出来る事からコツコツと。
    本当、いつの日か日本中が日本国旗であふれるといいですよね。
    来ないかな、国旗ブーム。

  8. mayflower のコメント:

    聖書を学ぶクリスチャンは、クリスマスを祝いません。イエス・キリストの誕生日ではないからです。こんな寒い時期に馬小屋で出産なんて、過酷すぎでしょ? キリストの誕生日は、羊飼いが外で夜を過ごしていた時期で冬ではありません。9月の終わりか10月の始めだということです。
    クリスマスとかバレンタインとかハロウィンとか、日本人は商業主義に乗せられ過ぎだと思いますよ。

  9. 相模の三吉 のコメント:

    国旗が各家庭には全く立っていない原因
    ?かんたんには手に入らない
    ?取り付ける場所がない
    ?周りに国旗が立っていないので悪さの標的にされる危険性があると思い込む
    ・・・以上を乗り越えてでも国旗を立ててやろうという強い愛国心を持っていない。戦後生まれの脳を汚染された人種とその子弟だから国旗を云々しても無理な相談。SNSで情報をたくさん仕入れている次世代即ち孫達に期待するしかない。そこまで日本が持てばいいのだが・・・・?は現実震えるものがある。

  10. kazz のコメント:

    小坪先生、いつもありがとうございます。
    独創的、先駆的視点、構想、文章力に敬意を表します。
    当方、キリスト教でもないし、クリスマスも興味はありませんが、

    街が明るくなる、帰って来た時に家が明るい、筆者を迎えてくれる。

    歳をとったので明るくいこう。
    そこで、数年前から玄関にイルミネーションを飾っています。
    小坪先生のご意見で、アイディアが浮かびました。

    イルミネーションの中に日本国旗デザインイルミネーションを作る。
    飾る、日本国旗も配置したいと考えています。
    北朝鮮対応、国防、小坪先生に強く共感いたします。
    時には、年寄の生活臭の話題で笑ってくださいね。(苦笑)

  11. 田中純子 のコメント:

    保守に目覚めた数年前に張り切って元旦に国旗を門前に掲揚しました。ところが、数日後近所の町内会で目立ちたがるおじさんと自転車ですれ違ったら(他に誰もおらずそんなに広くない道で)挨拶どころかふん、とそっぽを向いて行きました。いつもは
    普通に挨拶するのですが。それとすぐ近くの団塊初期世代の男性からもその当日は国旗を嫌がる気配を感じました。そっぽを向いて通った男性は後でもしかしたら日本人ではないかもしれないと思うことがありました。ですから毎年元旦は日の丸を揚げたいけれどその勇気が出ない悩ましい日です。近所を30分以上自転車で走り回っても1軒か2軒しか日の丸を見ません。故郷の昭和30年代の町の風景という写真には家々の軒先に日の丸が掲げられている様子が写っています。あの光景を再び、と夢見ています。このように日の丸が掲揚されなくなった原因、
    1.昭和30年代頃は東京では文房具店で日の丸を売っていた。現在はネットの他は
    どこで買ったらよいか分からない。市町村役場で売れないものか。
    2.買ったけれど、家の門などの材質が昔と違い木材でないので取り付け方が面倒、
    金属の門扉やマンションのベランダでも取り付け易い補助金具などを考案してほしい。
    などがあるかと思います。小坪様のようにネットで提案して頂き少しずつでも仲間が
    増えることを願っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください