政治家としての重み、39歳になりました。皆様に感謝


 

 

11月16日、39歳になります。
30代最後の年が始まりました。
私にとっては少し意味のある年齢でして、実は”29歳で落選”しております。

あの日から10年。
まるで昨日のことのようでもあり、
同じく、遠い昔のことのようでもあります。

まさか全国一有名な地方議員になるだなんて、
当時はまったく思っておりませんでした。
スタートから一緒に戦ってくれた後援会、支援者。
私がこのような(謎の)成長を遂げるとは、考えてもみなかったでしょう。

あの日、私が掲げて戦った思いは、いまも変わらぬまま。
上手く言葉にすることはできておりませんでしたが、
落選後に私が発した言葉は「世代間の闘争を防ぐこと」でした。

いま、論客として、我が国にいくばくかの影響を与える政治家の一人として。
感謝を込めて、政治家の重みを述べつつ、この10年の時代変化を書いてみたいと思います。

 

※ FBが30日免停です。
メッセンジャーは、受信できますが(恐らく既読にはなる)返信ができません。
多数のメッセージを頂いておりますが、返信ができません。

TwitterのURLはタグ付けは許可しておりませんが、
本投稿のURLをFBでタグ付けして頂けると助かります。
(主に大山くん)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

若い議員が増えました。
私の初当選は、29歳での落選後、4年後の選挙でした。
33歳で初当選、そしてこれは当時の(行橋市での)「最年少市議会議員」でありました。

いまではさらに若い議員も誕生しております。
39歳になる私は、いまでは中堅と呼ばれる年齢となってきました。

 

国会議員でも、私と同年代、さらに若い年齢の議員も多数おります。

私が落選した10年前は、「若い議員」なんておりませんでした。

20代での出馬を、馬鹿だとか、政治を舐めているだ等の批判も多々ありました。

 

落選直後、「若者に政治を任せよう」という風、気運が一気に盛り上がっていきました。
当時を振り返ると懐かしいですね。

思い出という部分、選挙は「ネガキャン」も多々あります。
変わったものとしては「愛人が3人いる」という、訳のわからないものも。

というのは、当時は彼女すらおりませんし独身でした。
愛人を3人作るならば、「一人目は彼女にするよね」という、よくわからない弁明?というか返しをしていましたね。

 

のち結婚、いまは一児の父でもあります。
余り世帯染みておらず、既婚と知らない方もいるようですが。
(自宅になかなか戻れないため、良い親とは言えないでしょう。)

 

 

 

ネットの力
10年前。
麻生政権が誕生する前の話。

ネットの力は、まだまだでありました。
床屋談義、居酒屋談義を匿名で行う程度であり、人数だって今ほどではなかった。

 

何度も、何度も、歯噛みした。
麻生政権を守れず、自民党は下野。
悪夢の民主党政権。

中川昭一が討ち取られ、不遇の死。
ゆとり教育を見直してくれた、文科大臣・中山成彬も落選。
のち他党へ。

国籍法で戦ってくれた赤池まさあき、落選。
(いまは自民の参議院議員で復活。)

 

苦しく厳しい撤退戦。
いまでこそ、「相当の力をもつ」ネットですが、
悔しい思いを何度もして、少しずつ力を増してきたのです。

私は一回目の選挙からHPも作成しておりましたが、
ガラケー対応とか苦心しましたね。

当時は、キャリアごとに表示が違って、絵文字などの対応もありましたし。

 

あれから、さらにPCは発展。
のちニコニコ動画やyoutubeが発展、動画をブロードバンドする時代に。

スマホが一般的な端末となりました。
10年前は、影も形もなかったものです。

 

ツール、インフラが整い、
そしてネットは「議論の場」から、行動の場に変わっていきました。

また、ネット選挙が解禁され、相当に影響を及ぼすファクターとして、
政治側からも認知されています。

 

この10年は、そういう10年でした。

 

 

 

世代間の対立を抑止
この意味を、少し振り返ってみたい。
一回目の選挙から掲げていたものです。

これは激増する福祉に対し、若者世帯の負担が増加。
併せて子育て世帯にまわされる予算がアンバランスとなり、
「若者vs(福祉を必要とするようになった)団塊世代」を訴えたもの。

いまならば伝わる部分もあったかと思いますが、
当時は有権者に伝えきれていなかったように思います。
掲げた政策は、若者向けのアメニティ、子育て世帯の生活環境の改善、それをもっての「人口増」と、(若者世帯の定住により)安定した財政を整え、それをもって持続的な福祉を保証するというもの、です。

 

現在ならば、納得してもらえる政策かと思いますが、
当時の市議選におけるリーフレットは「老人福祉の拡充」のみであり、
景気浮揚や雇用の維持などを含む「未来への選択」は、投票の選択肢としては用意されていたとは思えません。

これは晴れて市議となってのち、一般質問でも何度も取り上げております。
一期目最後の質問において、総集編として述べました。
気になる方はどうぞ。

 

130

 

のち画像(PPt)で解説させて頂きます。
議事録は長いので、お時間のある方のみどうぞ。

これが、地方議員の一期生のSPECです。
blogで見るのとは、また違う「行橋市の、市議会議員としての姿」です。

 

 

youtubeでの動画配信が行われております。
(行橋市議会にて公式チャンネルが開設されております。)

平成28年3月定例会 本会議2日目(H28.3.7)小坪慎也議員一般質問

 

どうも、アンチに多いのですが「国政マター」ばかりやっていると勘違いする方が多い。

保守系も、blog”だけ”と思っている方がおりますが、
恐らく、私は地方議員として一流の部類に入ると評価を頂いております。
(特に財政面とか法解釈での議会追及は凄まじいと言われています。あ、市職員から。)

 

 

 

地方財政についての思い
以下は、実際に市政報告会で用いたパワーポイントの抜粋です。

市議の報告会と言えど「これが当然のSPEC」だと思っています。
理系技術者は、プレゼンとパワポの作成も、半ば仕事ですもの。

二期目の当選を果たし、実際に校区で報告した資料です。

 

 

二元代表制の説明です。
国政における三権分立の説明からスタートし、アニメーションで作成しました。
(以下はpngなので動きません。)

下記は、当市の財政状況です。
民生費(福祉予算)と、一般会計を比較したもの。

赤字としている時点で、福祉予算が100億円を突破。

この年代で切ったのは、介護保険特会が始まっているためで、単純比較が容易という理由です。
比較すると、ちょっと怖いな、と思うのでは?

単位を「万円」にし、家計に置き換えてみました。
一般会計は大きくなっているのですが、可処分所得はむしろ減少しています。

ここで個別政策や、各分野への思いを口頭で説明。
実際の難しさ、委員会審査で苦慮した部分や、私の判断、その理由など。
(市議ですから、ネットの皆様から比較すれば、凄まじく小さな話を淡々としています。)

 

 

 

日本で一番有名な地方議員
下記は、「リアル」で用いた資料です。

私がネット上で活躍していることとか、そして国・県に大きく依存する校区において「国、県とどのような関係を構築できたか」として報告しています。

漁村と農村の校区ですが、海は基本的に国予算。農村は、そもそも農道が県であり、河川・堤の改修事業も基本的に県です。

 

 

為書きは、かなりの数がありますので、パワポのシート自体を少な目にしています。
実際にはもっと多数のものを頂いております。

実際に、お付き合いの深い先生については、
どの案件(市の予算)でお世話になった等の紹介とお礼を述べています。

山谷先生には、請願の紹介議員になって頂きました。
特に古屋先生には、何度もなってもらいました。

山田先生とは、TPPの請願などでご一緒させて頂きました。

浪人中を一緒に過ごした支部長。
いまは衆議院議員、参議院議員として。
赤池先生は、自宅に泊まって頂いたこともありました。

当選した際の、出陣式。
赤池先生と木原先生。

いまは、異なる党に行ってしまいました。
かつて、私は次世代の党を愛しておりました。

ですが、この2名の実績は、一人の国民として凄まじく尊敬しております。

木原財務副大臣。
仲良しの谷畑市長。
戸締まりさん。
(市政報告会の、直前の上京報告。)

自民党党本部。
自撮りに挑戦

総裁室。
武田副幹事長。

超、目をつぶっている。

blogのコンテンツとか、概要を説明しました。

そして、市議として行った、地域の事業について説明。

 

 

 

戦う地方議員として
上記の市政報告会においては、事業についても詳しく解説。

別紙で、地域ごとの事業状況も配布。
市の単独事業、国県の補助事業を別資料として作成。

また、来賓として弁士に立ってもらったのは、行橋市長です。
ちょっと贅沢なやり方ではありますが「市長本人」に、市の単独事業は説明して頂きました。

 

質疑応答、及び校区要望も、その場で回答しました。
直接、回答できる部分もありますし、予算書・決算書を「暗記」しておれば、別に「即答できるのが普通」だと思っています。

上場企業の開発部隊、理系の技術者ならば、通常業務の範囲内だと思います。
議会側(私)と、行政トップ(市長)がいるので、まぁ、何が来ても回答できますよね。

国・県に絡む要望は、メモした上で陳情書に起こして、即日決済。
急ぎのものは電話とFAXで当日内に完了させました。

 

地元校区の、ほぼ全ての区長(自治会長)及び役員が出席しております。

ネットでのいまの動き、爆破予告などについても「地元はすべて承知している」状況です。

 

まぁ、ネットに書かなかったのは、「トラップ」でもありました。
ヘイトスピーチがどうだこうだという「かなり悪質なビラ」が配布されました。

でも「校区の人」たちは、事前に知っていたわけでして、
【むしろ逆効果】になったわけです。

敵がいたほうが、人は燃えますしね。

 

そうそう。
私のアンチには、行橋市民もいたわけですが、「ビラを配布」していた者の車両や後姿など、激写されたり発見されたりしまして。

まぁ、人の口に戸は立てられぬといいますか。
怒り狂った地域のおっさんたちに白い眼で見られているようですね。

 

「こういう準備」が整っていたとは、彼らは知らなかったのでしょう。
私の武器は、単にネットだけではありませんよ。

おかげで、飛んで火にいるなんとやら、になりました。
私が「予測できる範囲内」での攻撃は、何をやっても無駄ですし、
100倍返しで反撃をくらうと思ったほうがいい。

 

戦う地方議員として。

私がどのような思い、どのような政策を掲げているのかを、実は行橋市民はよくわかっている。
少なくとも、当選可能な人数の市民は「承知」の上で、私は今日もBlogを書いているわけです。

 

もともとネット上で生きていたわけではない。
リアル「も」戦っているということを、たぶん左翼はわかっていない。

ま。
私が意図的に公開していなかったのですけどね。

地元は、私が(少し危険な活動をしてまでも)コネクションを構築し、
そのコネクションの結果として、多くの事業が着工された事実を把握しています。

そうそう。
blogに書いていないだけで、上京時には地元要望も併せて通してきてたりします。
(つまり、あの2倍ほど働いているというだけです。ネットで書くには小さな話でしょうし、少し退屈でしょうから書かないだけで。)

 

 

 

政治家としての責任
ある程度は「戦える」とは思っていました。

この書き方が適切かはわかりませんが、
私自身も「こんなに強かった」とは思っていませんでした。

 

私の知名度がここまであがるとは、行橋市議会も思っていなかったでしょう。
爆破予告の件が、全国にじわじわと浸透し、「ここまで汚名となる」とも思っていなかったと思います。

”ある程度はやれる”と思っていた理由ですが、上場企業の設計とは予算規模が大きいのです。
金型一型で何千万円とかしますし、ちょっとした開発でもすぐに億になります。

開発部門にいた人間というのは、「市の予算」よりも遥かに大きな予算を、即断で決裁しまくっており、その執行は「ほぼ喧嘩」です。

行政対応も元々必須ですし、各種の法令に縛られて開発を行います。
中には訴訟も。

 

よく考えたら「市議会の規模」は、私の元いた世界よりも「予算規模が、だいぶ小さい」のです。

「なーんだ、桁がこれぐらいか」と思ってからは、
思う存分、泳げました。すいすいーっと。
だって、水槽が小さいんだもん。

これは私が特殊なんじゃなくて、技術者なら共通だと思います。
確かに公共のやつは高額ではあるんですが、私たちの世界はもっと大きい。

 

それからは、なんでもやれる気がしました。
どうせ(議会から)「いらねー」って言われたわけですから、
【だったら俺のルール】でやらせてもらおうと思った次第。

うん、これぐらいならば、「どうにでもなるなぁ」と思っています。

 

 

まぁ、そんな小さな話はどうでもいいのです。
本当にどうでもいいぐらい小さな話。
すでに過半数も失っていますし、相手にするだけの力はない。

作家としてもここまで大きくなった私に、比肩するだけの力は発揮しようがない。
何をするにも、常にあの決議が足枷になり、思うように動けないだろう。
(特に県議からの評判は最悪に悪いみたいね。)

 

私が考えるべきは、作家として、論客として、
いま皆様に与えられた力を如何に行使していくか、だと思う。

この力は、市政発展のため、
そして京築地区全体の発展のために使おう。

他の議員にもそれぞれ思いがあるのだろうが、それを斟酌していては仕事にならない。
縁を切って、むしろ仕事が早くなって良かったと思う。

 

いま求められることは、行橋市民の利益に資するため、
「全国発信」を着実に行い、
国益に資することだと思う。

 

全国の地方議員に、「後姿」と「覚悟」で政治家の在り方を示す。

最大限に重視されるべきは、これである。

議会内の、小さな政局はすべて無視する。

少し寂しい思いもあるけれど、冷静に見てみると、
すでに比較すべき対象は、ここにはいなかった。

 

 

 

ちょっと驚いたこと
メールの無断公開は誉められたものではないのでしょうが、とても嬉しかったのです。
お返事ができない(Facebookが免停中)のため、この場を借りてお礼を述べさせてください。

ありがとうございます。

 

 

 

 

Facebookの免停ですが、
今回は30日免停でして、あと少しで復活予定。

メッセンジャーは、「閲覧はできる」のですが「返信ができない」のです。

ケント先生、誕生日メッセージありがとうございます。

 

他、国会議員の先生とかからも多数いただいておりますが、
携帯しってたりとか、直メがわかるのでそちらで返信しています。

公開できないのは、ちょっとずつ仕事の話とか、
内緒話ではないものの、私信が含まれておりまして。

 

なんというか、着実に、一歩ずつ、
成長している自分を感じます。

 

読者の皆様からも大きなプレゼントを頂きました。

 

当Blogは、Facebookからのアクセスが「1/3」ほどありました。
いまは有志(特に、後輩の大山・那覇市議)が、タグ付けして投稿してくれておりますが、流入数は大きく低下しています。

私のフレンドが5000人、他、後援会のファンページが1万人。
この両方に対しての投稿ができない状態です。
(常時、2000?3000のイイネがついていたのが3桁に激減している理由。)

 

にも関わらず、ランキングでの3位復活。
10位ぐらいまで落ちるかなぁって思っていたんですが、
読者の皆様の「底力」をひしひしと感じます。

FB復活の際には、2位争奪戦に参加できる規模。
私へのプレゼントは、これが最も大きなものです。

ありがとうございます。

 

 

血風録のようだ、

 

知人がそう評してくれたのは、

 

なんとなく嬉しい。

 

自分ではよくわかんないのだけど

 

たぶん、保守論客の一角をなしているのだろう。

 

田舎に住んでおりますので、

 

著名人になった実感もない。

 

ただ、すでに一発屋ではなく、

 

堅実に中堅どころとなった実感はある。

 

保守系の議連、結成を急ごう。

 

30代、最後の年が始まる。

 

立派に、「40代の政治家」となるべく

 

今年一年を着実に生きよう。

 

地方議員の生き様、

 

それが、多くの国民の勇気となり

 

希望となるよう、駆け抜けたい。

 

読者の皆様、これからもよろしくお願いします。

 

実感ないけど、なんか

 

俺の仕事、あるみたいなんで。

 

あんまり聴こえたくないんだけど

 

時代が読んでる声がするんだよね。

 

「死なない程度にがんがれー」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

※ 業務連絡1
「【今日は何の日】小坪しんやの誕生日」というタイトルも考えたのですが、あのタグはかなり重いテーマを扱ってきたので、「かなり悩みましたが」やめました。

※ 業務連絡2
津田某なる、早稲田大学の教授に「ヘイト議員」と述べられた件について、やかましく書いてやろうかと思いましたが、私の誕生日のほうが重大だと判断しました。

どうしても何かしたいという方は、個人献金にてご支援お願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

66 Responses to 政治家としての重み、39歳になりました。皆様に感謝

  1. medakanoon のコメント:

    政治家としての重み、39歳になりました。皆様に感謝。 11月16日、39歳になります。 30代最後の年が始まりました。 私にとっては少し意味のある年齢でして、実は”29歳で落選”しております。 あの日から

  2. ケイン濃すぎ のコメント:

    お誕生日 おめでとうございます。
    毎日、貴ブログ 拝見させて頂いております。

    できましたら、誕生日告知を3日前くらいにして頂けないでしょうか?

    貴ブログを拝見し、先ほど思い出しました。

    11月16日

    結婚記念日でした。

    忘れてたっ!

  3. じゅげむ のコメント:

    小坪先生、誕生日おめでとうございます。

    最近は忙しくてコメントできませんが、寸暇を割いて当ブログにおじゃましては知見を広めさせていただいております。

    また、コメント欄の諸氏のご意見から得られるものも大であり、日々勉強させていただいております。

    先生を応援する底辺の一人として、これからもますますのご精進とご活躍をお祈りいたします。

    では、最後に
    「死なない程度にがんがれー」

  4. 野良犬 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    1116(いい色)と覚えておきます。

  5. だいち のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    私は九州には一度も行ったことはないのですが、行橋市は素晴らしいところなんだろうな、と思いつつ、ブログを読んでいます。
    一度行ってみたい、そう思っています。

    さらなるご活躍に期待しております。

  6. 東北の日本人 のコメント:

    小坪先生、39歳のお誕生日おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆
    歳を重ねる毎に見えてくる景色や、人間関係、仕事の責任等色々変わっていきますよね。
    色々な人との出逢いの中から学ぶことも沢山増えていき経験も増えていきますよね。
    小坪先生の人生はこれまでもきっと全力投球できたことと思います。
    心身共に疲労も私などの想像以上に溜まっていることと思います。
    たまには、肩の力を抜いてリラックス出来る時間も大切にして、これからも頑張って下さい。
    遠い東北からですが、いつも応援しています。
    そして、小坪先生のこのブログから、私自身、大変勉強させて頂いています。感謝しております。
    小坪先生にとって、実り多い、充実した最後の30代を過ごしていけます様に、心よりお祈りしております。

  7. あかうお のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    若い方だと思ってはいたものの、まだ30代だったとは。
    40代、50代と歳を取るにつれて、10年なんてあっという間に過ぎてしまします。
    家庭も大事ですし、無理をしない範囲で政治活動を続けて頂きたい。
    貴方は保守派地方議員の希望なのだから。

  8. -EST のコメント:

    お早うございます、そしてお誕生日おめでとうございます。
    いつもはROM専でたまに思う事があれば書き込む程度ではありますが、拝読し学ばせていただいております。ご健康にお気をつけてご活動なさることをお祈りいたします。

  9. 学のない保守 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    これからの活躍を期待させていただきます!
    …が、いつもポチ押しするだけじゃなぁ…
    と思い、ブログを始めました。
    富士山に手で砂をかけるような無力ですが(笑)
    こういうのは踏み出すことが大事って
    教わりました。

    お身体に気をつけてがんばって下さい。

  10. 読点 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

  11. 波那 のコメント:

    お誕生日、おめでとう御座いますヽ(*´∀`)ノ?

    月日が経つのは早いですね。入院されたのは一昨年でしたね。その前からですから、もう3年位になりますか。毎日欠かさず拝見するblogは多くないですが、日々拝読させて頂いています。ご活躍の幅、範囲は広がるばかりで益々お忙しくなりますね。寒くなり始めました、お体を大切に。

  12. スカイツリー のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。?

    これからも益々ご活躍されます事お祈り申し上げます。

    FBロックされているのに3位は、凄いなぁ。
    影響ないジャンと思ってました。

    ロック解除されて真の実力が明らかになるのが楽しみです。

  13. ナナシ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    親い人と同年同日だったので、ちょっとびっくりしました

    これからも実り多きものとなりますように

  14. 一郎 のコメント:

    誕生日、おめでとうございます!
    イチロク(16)繋がりで嬉しい限りです。

    小坪先生の政策は、保守本流だから、ほぼ全て支持。
    死なんぐらいで、がんがって下さい!

  15. こっくり悠流 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます
    今後のご活躍に期待しております
    くれぐれもお体の御自愛を。

  16. お焼き県民 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    40代の10年間は(まだ経ってませんが)確実に、30代のそれより早いですよ〜。
    まずは睡眠時間は削らないようになさって下さいね(万病の元ですし、40代は回復の速度も落ちてきますよ。バッテリーの性能が落ちて来て、充電にも時間がよりかかるようになるイメージです)。

    生病老死はお釈迦様の頃からの人類共通の悩み・恐怖ですから、老いて言うことを聞かなくなる身体を嘆くばかりではなく、「経験値」が増えて「レベル」が上がって来たことによる「効率的戦い方」も試行錯誤しながら身につけていかれて下さいね。

    金髪豚野郎の事は放置プレイでも良いのかなと(チクっておいて何ですが)思います。もう彼らに何か出来る時期は過ぎたのではないでしょうか。

    某余命さんでは国がまだ出さない、禍の国からの退避勧告がとうとう出ましたしね。
    「正論」で市議が書かれていたような備えを多くの自治体で取り入れてくれていると良いのですが…。

  17. アラフォーおばさん のコメント:

    小坪慎也さま!お誕生日おめでとうございます!!
    (*^^)//。・:*:・°’★,。・:*:♪・°’☆

    これからも無理せずほどほどに頑張ってください。

  18. 名もなきせいぎー のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    死なない程度にガンガレと言いたいとこですが、個々の案件が片付かないと
    心から落ち着かないのは技術屋の性。非常にわかります。

    少しずつ輪が広がり、任せあえるといいですね。
    でも、一つ片付くと別の案件を自ら見つけ出してしまうのも技術屋の性w
    非常にわかります。

    無限るーーーーーーーーーぷ。

  19. Y.S のコメント:

     誕生日おめでとうございます。
    自己評価を冷静にきちんと行い今後の糧にされていることは大変意義のあることだと思います。
    今後ますますのご活躍を祈念いたします。

    (すべてをさらけ出さず、内に秘めて噛みしめることも寛容かと思います。)

  20. 古賀美千代 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    初めての書き込みの老婆です。
    頼もしい〜〜!
    解りやすい!
    読みやすい!
    毎日拝読するのが習慣となりました。

    どうかお体には気をつけて。ますますのご活躍を楽しみにしております。

  21. たつまき のコメント:

    誕生日おめでとうございます。
    小坪さん妻子持ちだったんですね(笑)
    今後も活躍期待しています。

  22. 凛兎 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます(・ω・* )
    遥か遠き試される大地より先生の活躍を見守っております
    身体には十分留意し、これからも胸のすくようなご活躍期待しております\(‘ω’)/

  23. 町工場の親方 のコメント:

    お誕生日、まことにおめでとうございます。
    ネットを武器に益々のご活躍を期待し、お祈り申し上げます。

    先日のブログを拝見し、すぐ書き込みしたかったのですが、なにしろ時間がなくズレてしましました。
    遅ればせながら、私にも今年一つの思い出のある人物について。

    祝当選!!、鈴木信之氏

    小坪さんの明快な解説のように、氏の当選は、今後日本国中に大きな流れを作る、始まり、と本当に喜んでいます。

    鈴木氏の当選の報を産経で読み、だいぶ前に出版された、松原久子氏の名著、の題名、「言挙げせよ、日本」、とまだ読んでいない、川口・マーン・恵美さんの、著書の題名、「サービスできないドイツ人、主張できない日本人」を思い出しまた。
    時間がなく、読んでいない川口さんの著書も、「住んでみたドイツ7対1、で日本の勝ち」、とか、「フルトヴェングラーかカラヤンか」、を面白く読んだものとして、わかる気がいたします。
    一般に日本人は、「主張」、しません。断定的に主張するのは、「朝日」、を中心とする左翼で、しかも、彼らは反論に聞く耳を持たず、左翼独特のモラルの全く無い、クサイ、安っぽい意見を一方的に繰り返します。
    本来、主張しない、日本の庶民の気持ちを代弁し、主張し、政治に反映させるのは、地方議員の方々であるべきです。
    しかし、この原則が今まであまりにもありませんでした。
    国思う、多くの地方議員が、小坪さん、鈴木信之さん、立花孝志さんのように問題点を明確に浮き彫りにし分かりやすく、国民に伝えるネットワークができれば日本は確実に良くなります。
    私が、「全国区地方議員」、と呼ぶ、小坪さんと同じ、土屋孝之・元東京都議会議員、故三宅博・元八尾市議会議員、[後、維新の党代議士、として、今まで誰もまともに取り上げなかった、NHKに関する追及を行った三宅代議士の国会質疑は素晴らしいものでした。]氏の逝去は痛恨の極みでした。小坂英二・東京荒川区議会議員、[怖れを知らぬ小坂議員のパチンコ問題の追及は群を抜いています]、等の人たちがネットワークを組み、今回当選した葛飾区の二議員のように、主張すべきこと、国民に訴える点を明らかにし、分かりやすく説明すれば国民の共感を呼びます。
    そのネットワークを繋ぐ全国の議員の要になる人たちとして、私は、「朝日新聞を糺す地方議員」、に大いに期待します。
    以下にその方々の名前をご紹介します。
    代表ーーー植松和子・・・静岡県函南町議会議員
         相沢宗一・・・新潟県柏崎市議会議員
         相田光照・・・山形県米沢市議会議員
         赤坂大輔・・・東京都港区議会議員
         浅川喜文・・・東京都荒川区議会議員
         阿部利基・・・宮城県石巻市議会議員
         新井克尚・・・東京都町田市議会義員
         荒城彦一・・・新潟県柏崎市議会議員
         石田昭夫・・・静岡県焼津市議会議員
         出田裕重・・・前兵庫県南淡路市議会議員
         犬伏秀一・・・東京都大田区議会議員
         上畠寛弘・・・神奈川県鎌倉市議会議員
         江花圭司・・・福島県喜多方市議会議員
         大瀬康介・・・東京都墨田区議会議員
         大西宣也・・・東京都町田市議会議員
         柿沼貴志・・・埼玉県行田市議会議員
         北川元気・・・滋賀県彦根市議会議員
         楠井誠・・・・東京都国分寺市議会議員
         久野晋作・・・前千葉県我孫子市議会議員
         小磯明・・・・東京都議会議員
         小坂英二・・・東京都荒川区議会議員
         小坂泰夫・・・長野県南箕輪村議会議員
         小島健一・・・神奈川県議会議員
         小菅基司・・・神奈川県秦野氏議会議員
         小坪慎也・・・福岡県行橋氏議会議員
         桜井秀三・・・千葉県松戸市議会議員
         佐々木ゆうじ・岡山県赤磐市議会議員
         佐藤和典・・・新潟県柏崎市議会議員
         渋間佳寿美・・山形県米沢市議会議員
         鈴木正人・・・埼玉県議会議員
         千住啓介・・・兵庫県明石市議会議員
         竹内太司朗・・大阪府守口市議会議員
         田中ゆうたろう・東京杉並区議会議員
         土屋たかゆき・前東京都議会議員
         中沢広隆・・・千葉県議会議員
         林けんじ・・・北海道恵庭市議会議員
         松浦芳子・・・東京都杉並区議会議員
         松岡みゆき・・東京都町田市議会議員
         三井田孝欧・・新潟県柏崎市議会議員
         諸井真英・・・埼玉県議会議員
         諸岡覚・・・・三重県四日市市議会議員
         柳穀一郎・・・千葉県浦安市議会議員
         山本光宏・・・神奈川県大和市議会議員
         吉田あい・・・東京都杉並区議会議員
         吉田康一郎・・前東京都議会議員
       
         

  24. taka のコメント:

    誕生日、おめでとうございます。
    毎日、理論的に日本にとって重要な案件を取り上げて意見を表明頂けること、また、御自身の身を削りながらも、立ち向かわれていること、本当に生き方として尊敬致します。
    ただ、御身は一つでありますから、どうか御自愛くださいますよう。。。
    今後の益々の御活躍を影ながら応援しております。

  25. 町工場の親方 のコメント:

    土屋孝之⇒土屋敬之
    の間違いです。非常に懇意にしている、土屋議員の名前を間違えてしまい申し訳ありません。

  26. Masa のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    まだまだお若いので、もう10期くらいは余裕ですね♪
    早い事日本が健全になり、地元のための活動に割ける時間が大幅に増える事をお祈りしております。引き続き応援しております!

  27. TETSU のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

    「津田のタワゴトより、私の誕生日のほうが重大」

    バカウケしました(笑)
    おっしゃる通りです。

  28. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    誕生日おめでとうございます!!
    小坪市議は、政治家不信になってるけど愛国心を持ってる人や、政治に無関心だけど愛国心は持ってて何をすればいいかわからない人等の、日本の政治への関心を目覚めさせる事が出来る存在です。
    (そう言う人に市議のblog紹介するだけで、勝手に日本の力になる為にどうすべきか考えるようになり、覚醒してくれます。)
    市議として活躍されるにつれ、もっとその輪が広がるんでしょうね!あとは、市議が(出来れば楽しく)充実した人生を送れるといいなと思います。

  29. ゆきねこ のコメント:

    誕生日おめでとうございます?
    ツイッターにコメントしようかと思ったのですが、こちらにしました。
    良い父親ではないとか書いておられましたが…
    …家族と居る時間が長ければいいものでもないかと。
    身体に気をつけて…
    応援しております。

  30. ひろちゃん のコメント:

    お誕生日記念に、ご著書の「行橋市議会議員 小坪しんや」(青林堂)を、興味のある方は買ってください。今なら、政令指定都市くらいの本屋には、1冊ぐらいあります。そのうち中古しか買えなくなるかもしれません。若い人向けに、文庫や新書もかいてあげると良いかもしれないですね。(ケントさんと対談するとバカみたいに売れますよ)

  31. 修羅の国の元住民 のコメント:

    お誕生日おめでとう御座います。

  32. ブレダ のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。

    これまでの活動に感謝しつつ、これからの小坪先生の八面六臂の活躍を期待しています。

    お体も十分お気をつけください。

  33. コメコパン のコメント:

    小坪市議、お誕生日おめでとうございます。

    こちらのブログを知ってから本当にいろんなことを学ばせていただいてます。
    いつも、ありがとうございます。

    7年前に他界した義父の言葉です。
    「男30代、40代は忙しくて当たり前。暇なほうが異常。
     でもその時どれだけ頑張り、学んだかが、50代、60代の糧となる。」

    義父は65歳で突然他界しましたが、海外主張も含め忙しい中で、
    実家に遊びに行けばいつも社会問題を論議し
    孫には厳しくもユーモアにあふれ、尊敬できる人でした。

    アラフォーから、体力はてきめんに低下してきます。
    「いざというときに全力で当たれるよう、何もない時は寝る。」という
    うちの4●才の旦那のように、寝れるときは寝て、体力を温存してください。

    くれぐれも自分の体を過信しないように。
    お誕生記念人間ドックもお勧めしつつ、今後のご活躍をお祈りします。

  34. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます

    今朝がた、ブログ記事への投稿をみて、あ、先生39歳になるんだ!おめでとうをいわなくちゃ・・・とおもったんですが、眠くて眠くて(年寄も眠くなるんすよw)、おめでとうをいうのがおくれちゃいました!もういちど・・・

    39歳のお誕生日おめでとうございます。ますますのご活躍をお祈りしています。
    でも、先生、釈迦に説法かもですが、健康管理、体調管理、とにかく、体にはご自愛くださいませね。

    40歳とか、60歳とか、なんといいますが、人間の体にも節目というか、、体調に変化がくるようです。わたくしも、60歳のときに、入院するはめになりました。ですので、くれぐれも健康管理大切です。

    閑話休題・・・・きょうは、髪の毛のはなしw

    行橋市議会議員 小坪しんや(青林堂)をいま、手元にもってきたのですが・・・
    先生、すこし、髪の毛が後退してきたような・・・ぼそっ(余計なお世話かw)

    髪の毛ですが、リ〇ップという養毛剤を以前つかっていました。これは、効果あったようにおもいます。ですが、百田先生みたいに、スキンヘッドもかっこいいものです。小坪先生がどちらの路線をとるのか、髪の毛にも刮目していきます。なんて・・ほんと、大きなお世話かもですね。お気になさらずです!

  35. ダステン のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。これで政治家人生が10年(1/4)終わりました。残りの人生が3/4(30年)
    あります。以下を目標にして進んで行かれることを祈願します。
    1.日本を属国から独立国にする。
    2.日本人の良い資質を伸ばし、悪いところを変える社会制度を作る。
    3.持って生まれた資質と環境において努力した人に報いる社会を構築する。

  36. たいきち のコメント:

    お誕生日おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪

    津田某より先生の誕生日の方がもちろん重大です?ww

  37. M-YAS のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    益々のご活躍を祈念いたします。

    ここからは、余談になりますが、
    インターネットを使うようになって長い人であれば、
    地元に関わる話は、なかなかブログで公開できる話ではないというのは、
    理解できるものなのですが、

    「国政マターばかりだ!」などと言っている人は、
    そういう感覚を持っていない人に向けてプロパガンダしているのでしょうねえ・・・

  38. 助さん、拡散 のコメント:

    小坪先生、お誕生日、おめでとうございます。これからも、元気で戦ってください。いつも、心から応援させていただいております。

  39. TRIM MARK のコメント:

    誕生日おめでとうございます。
    39歳!働き盛り!素敵!!

    しかし40越えると悲しいくらい、いろいろくるんです…
    倒れるまで頑張りすぎるのはそろそろお控えにならないと。
    どうかお体を大切に。

  40. ATD-X のコメント:

    小坪しんや先生

    お誕生日おめでとうございます。先生やみなさまと共に
    日本の内外のこんなに変動する時代を一緒に生きていくことを
    気概と誇りに感じる次第です。
    よき時代の日本を迎えるべく先生の今後のご発展を祈念いたします。

  41. 試され過ぎな大地の住人 のコメント:

    お誕生日おめでとう御座います!

    きっとやれること、やりたいことが
    どんどん増えていくのだと思いますが
    お身体、どうか大事になさって下さいね

    ケントさんの様な(ただの利益目的でなく)
    日本を愛して下さる方がもっと増えて下さるよう
    我々もよりよい国にしてゆく努力、続けないとですね

  42. 水玉 のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。これからも日本の為に宜しくお願いします。
    それから津田氏にツイートしたら約1分後にブロックされました。ブロックされたのは初めての経験でしたが、良い経験になりました。 笑

  43. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。日本の政治を若返らせて、青春を賭けるに値するものにしたってのも、先生の功績のひとつではないでしょうか。これからも中堅政治家として、存分に力を発揮してください!

  44. 護国 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます☆
    議員でなくとも人として小坪さんの漢っぷりにいつも貫禄受けてます。
    これからも格好いい生き様を貫き通して下さいね!
    陰ながら応援してます(^з^)-☆

  45. 織田伸二 のコメント:

    小坪さん、お誕生日おめでとうございます
    父祖に感謝
    益々のご活躍を??

    今日がお誕生日だと通知はくれるのに、FBには投稿できないんですね。
    いつも貴重な情報発信ありがとうございます?

  46. 山形賢一 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    これからもご活躍を期待しています。

    おっちゃんに白い目で見られるのは赤い人達なのかな(笑)

  47. 月光仮面 のコメント:

    小坪先生 お誕生日おめでとうございます
    日本もこれからが 本番 今後ともご活躍を祈っています

  48. 日出処の天子 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    充実40代手前での一年、内なる心の叫びに恥じぬ真摯な活動に更なる輝きが増しますように、心より祈念いたします。

  49. taka のコメント:

    <津田某なる、早稲田大学の教授に「ヘイト議員」と述べられた件について、やかましく書いてやろうかと思いましたが、私の誕生日のほうが重大だと判断しました。

    そりゃあそうだ ((*´∀`))ケラケラ
    誕生日おめでとうございます!

  50. 路傍の薬師 のコメント:

    誕生日おめでとうございます。
    益々のご活やつを期待しております。

  51. くろねこ のコメント:

    小坪先生
    お誕生日おめでとうございます!
    ほぼ毎日ブログ拝見しています。
    ちょうど10年前ぐらいからあることをきっかけに私もマスコミの異常さ、日本の危機的状況に気づきはじめました。最初の頃は人に話してもなかなか理解してもらえなかったのですが、この2、3年は明らかに空気が変わってきました。若い世代を中心に徐々に日本人は目覚めつつあるように感じています。
    先生、お体に気をつけて長く頑張ってください!私も30代ですが、年をとるごとに日本人でよかったとしみじみ思っています。子どもの世代に日本と日本の財産をのこすために私も日々できることを頑張ります!

  52. 日本人として のコメント:

    誕生日おめでとうございます!
    これからも先生らしく頑張ってください!
    蠍座を敵にしたことを後悔させましょう。
    パヨクの奴らに。

  53. 猫めでる婆 のコメント:

    遅ればせですが、お誕生日おめでとうございます。
    いつも予言の書を読むかのごとく、うんうん唸りながら拝見いたしております。
    米国の空母打撃群の行方に関心を持つ老後を送ろうとは夢にも思わなかった田舎の婆ですが、九年前から折々に『民間防衛』を読んで腹をくくっておいてよかったと思います。
    自分自身の死より、日本が日本でなくなる方が本当に怖いです。
    どうぞ、お体にお気をつけてご活躍くださいませ。

  54. 秋は夕暮れ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。

  55. あかしのきみ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます!
    超文系の私には最初は読むのがしんどく思えた硬い文章を、今ではゲラゲラ笑いながら読んでいます。
    いつも勉強させていただき、ありがとうございます。
    ご家族にも感謝いたします。
    「時代が呼んでる声がするんだよね」って…カッコ良すぎです(笑)
    どうかお体大切に!

  56. 鳥海山たろう のコメント:

    誕生日、おめでとうございます。
    「正論」の良質の記事を読ませていただきました。良い解説だと思いました。
    (大変僭越ですが)今後のさらなるご活躍をお祈りいたします。

    そういえば最初にブログを見たときには、行橋市を「ぎょうはし」と呼んでました。(埼玉の行田市から勝手に読み方を想像したのです)
    読める人は少なかったでしょう。いまや行橋市の知名度はあがりましたね。
    小坪先生の貢献でしょう。

    今年のご活躍を見ていると扁桃腺を切除したのは良かったのではないかと思いました。入院したかいがあったということでしょうか。

    さて、左翼には、レッテルをはりつけるしか能のない「レッテル職人」が多いです。
    有名になるにつれて、いろいろレッテルをはられるのは仕方ないかもしれません。
    有名税みたいなもんでしょうか。

    レッテルだけ貼り付けて、議論に応じないのはダメですね。アホは出来るだけまともに相手にしないほうがよいでしょう。

    日本は少しづつ良くなってきたと信じます。

    小坪先生はたびたび過去に「ブルーリボンをつけているだけで手をたたいてくれる日本人ははずかしい」と感想をいわれて、そのたびに私もコメントしていたような記憶がありますが、その感情は実にもっともです。

    外国人から見たらまちがいなく笑われます。
    「なんで、ブルーリボンだけつけて自己満足しているのか? 日本人はバカか」と。

    でも、30年前はそういう時代だったのです。北朝鮮への強硬策は政治生命をかけて政治家が主張することだったです。

    また最初にブルーリボンをつけた政治家は勇気が必要でした。
    それがじょじょに拡大していって、多くの政治家が集まりました。

    左翼マスコミが愛国政治家を抹殺しようと監視の目を光らせていた時代には、ブルーリボンは「愛国心をもった政治家はこの指にとまれ」というシンボルでした。

    多くの政治家がそれを指標にして賛同し、大きな輪になりました。

    いまではなんの気兼ねもなくブルーリボンをつけて北朝鮮の非道さを糾弾できる時代になりました。
    これからが次の勝負ですね。

    あいかわらず(日本の不良資産である)反日左翼の声のでかさと図々しさはまったく変わりありませんので、ますます英気をお養いいただいて、(日本の衰退を心から狙う反日左翼に対して)効果的で強力な一打(打撃)をあたえられることを祈っています。

    行橋市の発展も遠くから祈っております。

  57. のコメント:

    小坪 様

    お誕生日おめでとうございます。
    16日生まれは、「グレート型」?何があってもどっしり構えて対処できるので、
    どんなところにいてもリーダー的存在になり人望を集める。
    益々のご活躍を祈ります。

  58. れーじ のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます!

    先生の益々の御活躍、心より祈念しております。
    体調には十分気を付けてくださいね!

    • れーじ のコメント:

      すみません、スマホの自動入力で入力されたメアドがいつもと違うメアドでした。。。

  59. task のコメント:

    小坪先生

    お誕生日おめでとうございます。
    これからも、より一層のご活躍を期待させていただきます。
    しかし、毎日更新していただけるのは嬉しいのですが、
    先生の健康面を考えると、たまには休まれても良いと思います。
    それでは、これからも応援しています。

  60. ひょっとこ のコメント:

    誕生日おめでとうございます。
    今後もご活躍を期待しております。

  61. はまじ のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    自分とおない歳とは・・・。自分もがんばらんば!
    これからも、色んな発信楽しみにしております。

  62. 一般人 のコメント:

    お誕生日おめでとうございます。
    39歳と2日目になってしまいましたが、多くの皆様の祝福を見て、改めて小坪先生の取り組みを歓迎し期待している国民の皆様が多い事に注目いたします。
    様々な動画を見始めて、世の中には政治的な問題がこれほどあって、一般の方々も世の中に訴えている事を知りました。
    その中の1つが小坪先生の赤旗問題の動画でした。
    簡潔明瞭で質の高い質問、正に地方議員に対する意識が変わった瞬間です。 

    最近思い出したことがあります。
    10年くらい前にこれからどうして生きて行くかを考えていた時に、インターネットの占いにはまりましたが、1人気になる占い師が「運命の人の誕生日が11月16日」と占っていました。勉強しないと付いていけません、とまで!
    思わず運命の人が・・・と思いましたが、その後の私の関心ごとは日本の未来の姿ばかりでした。その1つが小坪先生の動画であり、ブログであり。
    講演会があれば行って聞いてみたいのですが、九州に行く用事を作って行橋市議会の傍聴に行くのも有りかも知れません。

    小坪先生の動画で一番気に入ってるのは解説文字のテロップ付きの物ですが、忘れられない動画は生配信の動画です。
    当日ライヴで見ていたと思うのですが、その内容に驚愕し、恐れ、覚悟を始めたように思います。
    【小坪しんや】国防についての私見【ニコ生】 ニコニコ動画 GINZA https://youtu.be/lf9c8_kNnnM @YouTubeさんから 

    43歳は男性の厄年で、自分の父は病気が元で他界しました。その時期は社会からも頼られ、多忙で、肉体的にも疲労がたまる時期だと考えています。
    心身の予防とケアーは重要です。
    この時期のかたは、きちんと食事をされている方と無い方を見ると、食べ物は大きな影響があると思います。
    どうぞ、お身体をご自愛くださいませ。小坪先生の変わりはいません。
    今後もブログ・動画・ツイッター・FB・投稿論文・著書等、期待しています。

  63. とあるオバハン のコメント:

    小坪先生
    遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!
    先生の存在こそが、私の貴重な心の支えの一つです。
    どうかお体にお気をつけて、ますますのご健闘をお祈りしています。

  64. naga のコメント:

    遅くなりましたが…

    お誕生日おめでとうございます!

    ますますのご活躍に期待しております。健康第一でがんばってください。

  65. ヒデのシソン(女) のコメント:

    小坪先生、お誕生日おめでとうございます。
    こちらの記事へのコメントを、私が書いても駄文になってしまいそうで悩んでいたのですが・・・過去記事になったタイミングでひっそりレスしてみますね(汗)

    「よい父親とは言えないかも」と書いていらっしゃいますが、小坪先生ほど希少(そして貴重)な存在であれば仕方のないことだと思います。子供さんも将来の、今よりまともになった日本社会で「お父さんの活躍があったから今がある」と受け止めてくれているといいなと思います。

    この記事で個人的に印象に残ったのは、メーカーの開発現場の予算と自治体予算との比較でした。上場企業だとそうなのですね、小坪先生の「喧嘩慣れ」が磨かれていくプロセスがなんだか想像できてしまいましたし、「水槽が小さいんだもん」には笑いました。それと、業務連絡の1と2は、僭越ながらどちらも正解だと思いましたw

    小坪先生の同志の方が少しずつ地方議員の議席を獲得できるようになってきたようなので、政治シロウトの私見ですが、小坪さんの仕事のうち国益部分は、多少同志さんに割り振れるようになるのかなと思っています(間違っていたらすみません)。ほかのコメンテーターさんたちもおっしゃっているように、小坪先生のご健康が心配になることも多いので、減らせる分の負荷は減らしてくださったほうが応援している者は安心できます・・・。
    私個人としては、何年か前の「鞄みがき」の話題や、今年でしたか雪上運転の注意事項などの記事も興味深く読んでいましたよ。

    ともあれ、これからもご活躍を祈念しております。 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください