しばき隊関係者?に「市議を辞職すべきだ」と言われたので「爆破予告犯とは交友関係はありましたか?」と返事をした結果


 

 

なんというか世も末だ。表現の自由や思想信条の自由はどこに行ったのか。
ちなみに私から喧嘩を売るようなことはしておらず、一方的に絡まれた。
北朝鮮のミサイルが我が国の上空に発射されたことを受け、「敵基地攻撃能力」について言及したところ、【このような目】にあう。実際にご覧いただきたい。

C.R.A.C.9なるHNを用いていることから、しばき隊の関係者と推察する。他の地方議員であれば、これを圧力と感じ、発言が封殺された危険性もある。その意味では、私でよかった。爆破予告の件も含め、県警のみならず警察庁にも報告を挙げて頂いており、即応体制がとれているからだ。

「市議を辞職すべき」という主張をぶつけられたもので、言論の自由・思想信条の自由が担保された政治活動に対して、このようなことを言うのは弾圧だ。また、かつて「同じ主張」のもと、爆破予告を受けており、私は被害者である。ゆえに、爆破予告犯とは交友関係はあったのか?と問うた。

その際には、しばき隊の実質のトップと目される、有田参議院議員が(私の住む)「行橋市にまで乗り込んで」きており、私は対談を申し込んだのだが、彼は逃亡した。現職の参議院議員が市議を責め立てに講演に来て、逃亡するとは情けない。言論で戦うべき政治家の、在るべき姿とは言えない。

私に絡んできた当該人物は、爆破予告以降に行われた「有田後援会(行橋)」において、拡散周知など講演の協力を行っていた人物だと記憶している。その点についても問うたが、未だ返信がない。

一つ言えることは、流石に私も「Twitterは辞めようかなぁ」と思ってくる。他の地方議員は、Facebookに移行している方も多く、このような事例が多いからだ。私たち議員は、実名で(そして住所も事実上公開で)捨てアカが大量にとれるTwitter上では、極めて不利だ。玩具にされ、集中砲火にあう事例も多々ある。

ゆえに、私も滅多に使っておらず、更新通知で投下することぐらいで、基本的に返信はしてこなかった。だが、このままでは「政治家がSNSを使えない」という現実をわかって欲しい。

ネット有志の議論を否定するつもりはないし、そこからさらに良い意見が出てくることもあるだろう。これは保守一辺倒になれという意味ではなく、異なるイデオロギー同士の議論が「良い政策」を誕生させるという期待である。

だが、その場に政治家がいることにより、ネット空間はさらに大きな可能性を生じる事実を忘れてはならない。議論の結論を、「政治家に伝えること」により、ネットは【実際に、政治に影響を与える】プラットフォームとなれるのだ。憲法で規定された請願権を体現する場となろう。

このような状況が継続すれば、TwitterというSNSから政治家が撤退していくのも頷ける。そして、それは保守・左翼を問わず、将来の可能性を摘み取る極めて非建設的な行為であると強く主張したい。

 

最近の話である。
しばき隊らに一方的に絡まれた高須クリニックも爆破予告を受けた。
「イエス!高須クリニック」を揶揄し、「ナチスクリニック」としたもの。
院長の過去の発言にも行き過ぎた発言はあったが、【意図的とも思える誤訳】を行い、これを英語圏に拡散。

高須クリニックが有田参議院議員(しばき隊の実質のトップとして)も含め、名誉棄損での訴訟を宣言したところ、高須クリニックに爆破予告がなされたというものだ。

私は、行橋市の決議が模倣犯を産んだ可能性を指摘しており(これは議会でも行った。)、これを受け、高須院長への支援表明を行った。百田先生からも返信を頂き、また、高須院長は私のBlogをtweetしてくださった。

ここに経緯をまとめ、論述することで「支援」を行う。
これが彼らの実態だ。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

敵基地攻撃能力について言及

以下のように、私のBlogを投稿しました。


 


 

 

CRACとは、しばき隊の関係者が名乗る名称と認識しております。

 

突然、「市議を辞職すべき」という話。

 

おや?どこかで聞いたような話だぞ?

 

何だったっけなぁ。

 

・・・お返事をしました。

 

 

リツイートした方は、下記のようにスクショにてまとめられております。

 

 

 

返信させて頂きました。

 

 

「嫌がらせ」とは何でしょうか?さらにお返事をしました。
(文中でDRACとなっているものは、CRACの誤り。謹んで訂正させて頂きます。)

 

 

回答になっていないため、返信しました。

 

 

 

 

以下は、メンションではなく投稿されておりましたが、彼なりの論拠のようです。
ここに明確に否定させて頂きます。

改憲を訴える議員がいても、別に問題ありません。
憲法を改正する手続きもまた、日本国憲法第96条に規定されております。
私は法に則って、法令を遵守した上で言論活動を行っています。

これに対し「辞職すべき」と言われるのは、民主主義の否定だ!

 

 

 

追記)
回答が返ってきました。

「忙しい」ようなので、これでレスは返ってこなくなるのでしょう。
いえ、別に逃亡しただなんて思ってませんよ?

貴方から「一方的に絡んできたなぁ」とは思っておりますけれども。

 

 

 

有田逃亡事件
以下が、経緯です。
まず、私に対し、「ヘイトだ!」という抗議がありました。

ハルモニら元慰安婦が強制連行されたとして日本国内での裁判を支援する「戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会」の事務局長などを兼務する活動家、花房俊雄氏が共同代表を務める「公人のヘイトスピーチを許さない会」によって行われました。

これを左派系の西日本新聞が、取材もせず事実と異なる記事を配信。
(私は捏造記事に対し、福岡県弁護士会に対し、人権救済申立てを行っている。)

記事が配信された翌日、「市議を辞職せよ、さもなくば市役所を爆破する」と脅迫電話が架電された。

 

参議院議員の有田よしふ氏は、この状態で「行橋市でヘイトスピーチ」について講演を行った。
また、講演の中においては、「小坪慎也」と名前を出している。

 

 

この事態を受け、私は下記のエントリーを上梓した。
実際のビラも以下にて公開している。

 

 

 

他人の悪口を言うために、現職の参議院議員が、市議の選挙区まで乗り込んだのである。
これを受け、私は「対談」を申し込んだ。

しかし、Twitterはすでにブロックされていた。
ゆえに、blogで呼びかけた。

 

 

 

知らぬ存ぜぬを決め込むと想定したため、有田事務所(国会)にFAXで打診し、電話しました。
以下のエントリでは、送付したFAXの原紙、及び電話した際の音声をyoutubeで公開しています。

 

 

 

 

しかし。

こちらの心が折れておらず、びびらずに対決姿勢を示したからでしょうか。
また、本件は「現職の参議院議員が???」とネットでも話題になり、各種のまとめサイトに掲載されたことも影響してでしょうか。

対談についての可否を一切、回答せずに、
有田参議院議員は【逃亡】しました。

 

 

 

先ほどの、CRAC9を名乗る者は、上記の講演において、
私の記憶に誤りがなければ、拡散などにより周知協力を行っており、
かつ、会場にも来られていたのではないか?と考えております。

ゆえに、まずもって事実を確認させて頂きました。

 

 

繰り返しになりますが、「私から喧嘩を売った」わけではないことは、重ねて申し上げます。

また、私は爆破予告を受けた「被害者」であり、犯人は警察の捜査により検挙され、すでに司法の場に移っております。

上記のような経緯があり、その上で「市議を辞職すべき」と突然、述べられるのは、犯罪被害の記憶がよみがえり、恐怖を覚えました。しかも登場人物には奇妙な類似点があります。とても怖いです。

爆破予告犯と交友関係のあった者ではないか?と私が警戒した理由は、上記になります。

 

※ しばき隊について。
CRAC9は熟読するように。

クリックして下さい!
私は、(否定こそしておりませんが)在特会とはそもそも距離を置いており、CRACに巻き込まれることは心外です。また活動方法については、我那覇さんの一件も含め、問題がある団体だと感じています。

その上で、CRACに対しての明確なコメントを出していなかった理由は、事実上の代表である野間氏との約束を私が果たせていない(入院してしまい、直後が選挙)ことがひとつ。これほど逮捕者が続出する中、状況的にはすでに果たせぬ約束かなぁと思っております。

そしてもう一つは、その過去の活動についての敬意ゆえです。しばき隊のみを見れば、韓国人の件のみを取り上げる集団に感じますが、野間氏には別の姿もありました。私よりも古くから、チベットの人権問題など、外国人全体の人権問題を取り上げた過去があります。

私は、そこで汗を流した過去までを全否定することはできず、野間氏への、個人攻撃はしたことがありません。是々非々で、我那覇氏などの対応の際、また大学の講演を潰した際などの批判声明は出しましたが、それはそれ、これはこれというスタンスを貫いています。
(これは直接、述べるべきことと思い、本人も知らぬ話ではありましょう。)

よって、CRACを名乗る者から、辻斬りのように叩かれる謂れはない。
少しは全景を見渡すべきだ。

 

 

 

かつてと違う、抜身の刀
私はすでに、抜身の刀だ。

行橋市議会は、爆破予告を受け、自らの保身のために「私を売りました」。
謎の決議がなされ、模倣犯を誕生させるリスクが上昇し、
かつ、有田参議院議員も「決議は通ったんでしょう?」と行橋市での講演で嬉々として述べております。

行橋市議会は、私を売り、結果として私は国会議員とも対決せざるを得なくなったわけです。

 

当時は、「できるだけ議会に迷惑をかけまい」という思いがあり、相当に下手下手に出ておりました。ゆえに防戦一方でありました。ですが、あの決議を議長が放置している間においては、行橋市議会は「立法機関としての体をなしていない」と考えており、【(彼らがしでかしたことまで)守るべき必要のある組織ではない】という認識です。

そもそも、例の決議により、私が議長派を離反したことにより、議長はすでに(議会の)過半数を有しておりません。議決のできぬ議会に、大きな意味を見いだせず、私を売った存在に、私が配慮せねばならぬ必然性を感じません。

余談になりますが、私が否決(着席)にまわると、議案(予算案)は否決されます。面倒な口出しをされた場合には、私の議決権を行使します。
俺に構うな。予算、止まるぞ。もしくは、またしても賛否同数だ。

かつてとは異なり、議会への影響を考慮していない。
そもそも議員活動は自由であり、これを決議で縛ろうとした謎の組織だ。
この自由は、苦しい選挙を経て、妨害活動もある中、行橋市民の勇気と希望によって託されたもの。

それを制限しようとした組織に対し、私が遠慮をする必要は、一切ない。

 

 

相当にアグレッシブに来ると思って頂きたい。
憲法九条も、順守したいと考えている。

ゆえに、
手を出されねば、こちらから撃つことはない。

下がれ。

 

無論、政治家としてコメントすべき事案についてはコメントする。
それに対し、暴力で応える者を、私は決して許さない。

政治家は言論に命を懸けている。
ふっかけるならば、対峙する者も、命を懸けて頂きたい。
その覚悟を持って挑め。

 

遊びたいだけなら、よそでやれ。
私は抜身だ、下がれ。

下がるならば、「本件については」これ以上の追撃は控える。
それは約束しよう。

 

 

 

高須クリニックへの爆破予告
有田氏ら一派、つまり、しばき隊関係者と高須院長が論争。

というよりも、一方的に高須院長の悪評を流し、高須クリニックへのイメージを貶めたのです。

手法は「イエス!高須クリニック」を、「ナチス!高須クリニック」と呼び変えて揶揄したものです。確かに、院長のブラックジョークには激しいものもありました。

ただし、彼らは、過去の発言を「意図的に歪めて英訳」し、海外にそれをばら撒いたのです。

 

これを受け、しばき隊らの「事実上のトップ」である、有田参議院議員に対し、高須院長は【名誉棄損での訴訟】を宣言。

そうしたところ、高須クリニックは爆破予告を受けたのです。

 

・・・なぜか、行橋市の事例と、関係者や出てくるメンバーがほとんど同じという「偶然」がございます。

まぁ、「ただの偶然」かも知れませんし、そうではないのかも知れません。

 

 

行橋市の「例の決議」が、イデオロギーの対峙する活動家に「使える手段」と誤認させた可能性はあり、模倣犯を産む可能性を指摘してきました。これは一般質問でも行っており、議会便りとして広く市民の知るところでもあります。

ゆえに、以下のように高須院長への支援表明を行いました。

 

 

これに対し、尊敬する百田先生が返信をくださいました。
とても嬉しかったです。

 

そして、なんと!
高須院長が、私のBlogをtweetしてくれました。

 

ところで、爆破予告の件やあの決議が、このレベルにまで浸透し、
模倣犯の疑いのある存在が「実際に出た」ことについて、行橋市議会はいつまでほっかむりをし続けるのでしょうか。

まぁ、それは組織として「賛成に回った議員」たちが考えればいいこと。
私は知らない。

 

 

 

言論活動に対し、強硬な手段、暴力的な手段に訴えることを、私は決して許しません。

 

ただし、この状況を放置するとは、ネット全体の不利益であるという主張も重ねてさせて頂きます。

 

保守・左翼を問わず、政治家も共に利用できるプラットフォームであることは、

 

憲法で規定された請願権を体現することに他ならないからです。

 

私であれば、ある程度のことは対処してみせます。

 

しかし、それを全ての地方議員に求めることは不可能だ。

 

このような対応、そして負荷を支払うために議員はいるわけではない。

 

ネットを用いるユーザー、それぞれが気を付け、

 

古き良き時代においては、ネチケットと呼ばれた物。

 

それを、イデオロギーに拠らず、どちらの陣営も配慮しあえないか?

 

私は、そのような未来を望みたいし、

 

青臭いかもしれないが、訴え続けたいのです。

 

そして、その後姿を示し続けることこそが、

 

新たな時代のツールを駆使する、政治家に求められる責務だと認識しております。

 

「言論を暴力で弾圧することは許さない!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

22 Responses to しばき隊関係者?に「市議を辞職すべきだ」と言われたので「爆破予告犯とは交友関係はありましたか?」と返事をした結果

  1. みかんコロロ のコメント:

    しばき隊=在日韓国人青年同盟は北朝鮮に乗っ取られてると聞きますが、こうもあからさまに「敵基地攻撃能力」に発狂するとは^^;

  2. ヤマむー のコメント:

    しばき隊と有田氏は自分たちがやっている事が
    テロリストやマフィアの手口と一緒であることが理解できていない
    低能集団であることを自覚しているんだろうか?
    爆破予告とか物騒な事をやる輩がいた場合それを止めようとしなかったのか
    自ら犯罪組織ですって言っているようなものだね
    国会議員の特権使って討論から逃げ回るような卑怯者だし
    かつて在特会の桜井氏や高須院長、百田氏もだったかな?
    沖縄問題じゃ我那覇真子氏からも議論の申し出があったにもかかわらず
    逃げてますし
    何がしたいんだか理解できない
    言いたい事あるのならお互いの意見をぶつけ合えばいいだけだと思うんですがね
    まぁ、あの方達は負けるのが怖いから逃げてるだけなのでしょうけど

  3. 大阪のおばちゃん のコメント:

    「つーか仕事せえや、公僕。月末で忙しかったりせんのか?俺は忙しい」
    これって自分も公僕だって言ってるんですかね??

    有田センセイ同様、本邦外出身者限定僕でしょうけど。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    今日、わたくしが、気になったところは2か所!です

    ひとつめは・・・
    >このような状況が継続すれば、TwitterというSNSから政治家が撤退していくのも
    >頷ける。そして、それは保守・左翼を問わず、将来の可能性を摘み取る極めて
    >非建設的な行為であると強く主張したい。

    たしかに、小坪先生がおっしゃっているように、議員の皆様は、実名公開(住所だって事実上公開で)で、いっぽう、批判する側は、捨てアカを大量にとれるというきわめて不公平な状態であるTwitterを避けたいという方がでてくるだろうなと、とてもとても残念です。

    しかし、さきほど、トランプ大統領のTwitterとFBをみてきましたが、本日も、どちらにも精力的な書き込みをされておられました。ぜひ、小坪先生におかれましても、Twitterでも、FBでも、書き込みをお続けくださいたのんます!というのが、本日の草莽の気持ちでございます。

    二つ目は・・・・
    >野間氏には別の姿もありました。私よりも古くから、チベットの人権問題など、
    >外国人全体の人権問題を取り上げた過去があります。

    野間氏とは、野間易通氏のことですね。シバキ隊(C.R.A.C)の主催者で、トゲトゲのあるこん棒をもっている姿をネットでみた記憶があります。なんでも、身長147cmのおちびさんだとか・・くらいの認識しかなかったのですが・・・

    そうなんだ、チベットの人権問題をとりあげたことがあったんですね、野間氏は!
    今日、眼から鱗がおちた情報でございました。ありがとうございます。

  5. 琵琶鯉 のコメント:

    何と先方の、品の無い回答でしょう。人格がにじみ出ています。

    Twttierは文字数が限られているからある意味、俳句や短歌の得意な日本人には持ってこいなのですが、品性の欠片もないアホな文章は、書いている人間性を象徴していると思われてなりません。

    取り敢えず、塩を撒いてお祓いをしておきますね。(心の中で)

  6. 任せなさい のコメント:

    小坪市議を全面的に支持しますよ。
    自分ももうそろそろ参戦しようかなぁ。
    心底しばき隊がウザイですわぁ。

  7. 波那 のコメント:

    実際、今のミサイル防衛体制では…複数のミサイルを連続で、例えば日本のアチコチに撃ち込まれた場合、迎撃はハッキリ言って非常に困難。日本の領土と日本人の生命、財産を守り被害を食い止める為には敵の攻撃能力の元を素早く断ってしまわずして攻撃を止めることは出来ません。この事を知ると敵基地攻撃能力を持つことに反対する日本人はいないでしょう。反対するのは帰国するのを止めたことはないのに帰ろうとせずに反日活動怠りない人達と、半島と関わりの深い左派議員、反日マスゴミだけでしょうね。この人達は今目前に迫って来ている危機から日本と国民の生命財産を守る国防に口出しする権利が有りませんから。

    同時に複数のミサイルを撃ち落とすことが可能だと言われるレールガンですが、防衛省が29年度の概算要求に開発経費等を盛り込むことを決めただけで、開発に入ったとしても完成は何年も先のことです。

    北朝鮮は日本に敵基地攻撃能力を持たせたくないのであれば、核を放棄してミサイル開発をやめて、日米に脅威を与えるのは停止、拉致被害者は全員日本に戻さなくてはなりません。何故、このようなゴロツキテロ国家にいつまでも、やりたい放題させてやらなければならないのか。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    先日のエントリーのコメントで、小生は下記の通り記しました。
    早速、CRAC9とやらがそれを証明してくれた訳ですね。
    —————————————————————————————- 
    > 私は、「敵基地攻撃能力」を、我が国は保持すべきだ!と強く訴える。
    > 憲法九条があるゆえ、「撃たれないと撃ち返せない」という運用になろう。
    > そのときに撃たれるのは、何も自衛官だけではない。
    > 命を落とすリスクがあるのは、貴方と、貴方の家族も同じだ。
    > 貴方が死んでから、反撃する日本でいいのですか??

    上記の言葉は、本質をコレでもかって程に突き上げています。
    故に、おパヨク様が一番嫌がる言葉とも言えるでしょう。

    https://samurai20.jp/2017/08/counterattack/#comment-87188
    —————————————————————————————-
     
     
     
    扨て、CRAC9とやらは有田芳生の首を差出した方が良いのではありませんかね?

    CRAC9含めしばき隊の連中は自らを司令官の如く思っているのかも知れませんが、社会的には伍長以下です。
    どうせ今となっては、三一の兵卒から包囲して絞め上げられて全滅するか、有田芳生の首を差出して助命嘆願するかの段階でしょうから。
    まぁ、黒幕が捨駒を使ってCRAC9とやらの始末を付ける可能性もあるのですが、そうなるとネットユーザーの追撃が困難になってしまいます。
    この時間にこのエントリーが掲載されたって事は、おそらく根回しは完了しこのカードを何時切るかは、然るべき機関の思惑次第の段階に入っていると言う事でしょうか。
    小生的には是非とも前者を選択して頂き、盛大に仲間を巻き込んで犬死を遂げて頂きたいものです。
     
     
    小坪先生に於かれましては、Twitterを双方向のコミュニケーションツールと捉えるのでは無く、当面は一方的な広報ツールとして御利用されては如何でしょうか。
    要はBOT化です。
    スペック不足でOSが更新出来ずに退役したPCなどがあれば、CentOS、よりWindowsに近い操作感が良いならLinux Mint辺りをインストールしてBOTを構築しておけば、反日勢力にとって不都合な事実を24時間自動且つ無料で広報出来、更にBOTに食い付いて来たお魚を、ネット上のボランティア調理師達がお料理して披露すると言った事も可能ですので。
    Twitterは1日に同じツイートが出来ませんので、設定した投稿間隔によって用意するネタの量が異なって来ますが。
    特にこのブログは、過去のものも非常に参考になる情報がギッシリ詰まっています。
    3年以上前のエントリーを読み返してみても色褪せる事無く、今でも活きている情報が満載です。
    「左翼がサヨクにさよく時」なども、最近このブロクをお知りになった方は御存知無いかも知れません。
    これらの情報を時と共に埋没させてしまうのは非常に勿体無いですので、何らかの広報は在っても良いだろうなとは感じておりました。
    Twitterはこう言った情報を掘り起こし、周知するには適したツールです。
    OPG画像の無いエントリーは追加するなりして定期的に投稿を繰り返せば、保守層やノンポリ層は反復学習が可能です。
    同じ事を繰り返し一方的に広報するこの反復学習手法は、サヨクが実際に効果を証明しておりますので、間違いの無い方法と言えるでしょう。
     
     
    余談ですが下記の動画も、反日勢力には非常に都合が悪い様です。
    2017/08/31 19:30現在で視聴回数 333,603 回、高く評価が5,724、何故か低く評価が4,381も付いてます。

    核攻撃サバイバー あべりょう #北朝鮮 #ミサイル発射 #Jアラート #国民保護サイレン
    https://youtu.be/v-If62OTq-U

    ■核攻撃サバイバー (03:13)
    ?テポドンの核弾頭が発射
    テポドンの到達時間は5分
    テポドンの着弾予想が 東京 新宿 中央 公園 上空
    1分で生きると覚悟を決めろ
    2分で上着を着て 水を持て
    3分で地下鉄に走り出せ
    4分で諦めずに滑り込め
    母さん 姉さん 僕に構わずに走ってくれ 迷わず 地下鉄へ
    広島原爆ドームから たった170メートル
    閃光と 衝撃波を 地下室で避けて 生き延びたサバイバー
    その人の名前は 野村英三さん

    ?テポドンの爆発 半径 2km
    新宿に落ちても 渋谷は 無事
    国家機能麻痺する打撃にならない
    救助隊の 到着 待て
    1分で線路を奥まで走れ
    2分で換気口に蓋をしろ
    3分で鼻と口に布当てろ
    そして暗闇と寒さに耐えろ
    最愛の人よ 僕を探さずに 隠れてくれ
    49時間は 地下鉄で
    放射線は 最初の7時間で 10分の1 減衰 するから
    49時間後は 100分の1
    その理論の名前は 「7の法則」

  9. Tanaka のコメント:

    いきなり「議員を辞職すべきだ」という論拠が理解できませんね。

    敵基地攻撃能力を持つ事と、憲法を尊重する事は別問題でしょうに。
    軍事として考えれば、敵基地攻撃能力は現状では必須の能力だし、
    外交上でも必要な要件でしょう。
    戦争とは外交の一手段であるわけだし、抑止力としても必要。

    更に礼儀正しく問いかけてるのに、帰ってくるのは下品&関係ない捨て台詞。
    倫理的に、霊的に生まれ変わるべきじゃないですか、彼?は。

    今回のエントリーで、高校時代に英語教師がよく言っていた事を思い出します。
    『幼児教育の失敗作が!』
    『やぶれガンガンに水いれたごつ!』
    『勉強は独学なり』

    彼?の返信を読む限り、『常に自分は正しい』と思考停止してるように思えます。

    最後に、Twitterからの撤退についてですが
    撤退した場合、宣伝戦で負ける可能性が高くならないでしょうか?
    Facebookのアカウントも時々、何故か停止されるようですし。

  10. ppng のコメント:

    小坪先生、更新お疲れ様です。
    いつも思うことですが、日本における左翼やリベラルと呼ばれる人々は、自分達だけが正しいという結論ありきで、相手にレッテルを貼り一方的に非難するだけで、まともに議論することができないようです。かつての左翼は政治思想はともかく本物の教養の持ち主が多かったのでしょうが、最近は大学教授の肩書きを持つ方ですら下劣な人格攻撃しかできない場合が多く、閉口してしまいます。特に安倍総理に対する不快極まりない表現の数々は、いかに総理が公人と言えどあまりにひどいのではないかと感じます。

    左翼やリベラルと言えば、少し前に米国で起きた白人至上主義者とそれに反対する人々の衝突事件の折、トランプ大統領がメディアから激しく批判されたことを思い出しました。有色人種の一人として白人至上主義者の考えには到底賛同できませんし、トランプ大統領の政策や振る舞いも歓迎できないものが多いのは確かですが、「反対派の人々も非常に暴力的だった」という彼の発言には強く同意します。
    メディアはなかなか報道しませんが、多文化共生を謳うリベラルと呼ばれる人々ほど、排他的で、暴力的で、正義の御旗の下意見の違う人々を力で従わせようとしていることは事実ではありませんか。日本のメディアや左翼も同じです。

    本来は、右翼や左翼というのは、政治思想こそ違えど「国益を追求する」点では同じであり、様々な思想を持つ人々が議論を戦わせるからこそ、国益に結びつく政策が生まれるはずです。ところが現在の主要先進国はどこも、国家を破壊し先住国民を虐げようとする勢力と、保守勢力との戦いの様相を呈しています。
    先の大戦をはじめとする数々の戦争や共産主義社会の失敗など、おびただしい犠牲を出した上に自由と平等、人権や博愛という思想を獲得してきた現代社会は、より多くの人の幸福を実現する社会に近づいていると、つい最近まで私達は信じていました。しかし、尊い人権思想は今や意見の異なる人々の言論や表現を弾圧するための道具に成り果て、多様な人々が共に生きる多文化共生という理想は、マジョリティにマイノリティの暴力を我慢させるための方便に成り下がってしまいました。

    敵対する相手であろうと価値のあることは認め、その言論や表現の自由は思想に関わらず守ろうという姿勢を持つ人こそ、本当に政治の世界に必要です。力ずくで人を黙らせてよしとするような社会は、どんなに美しく尊い言葉で取り繕おうとも、決して人を幸福にはしません。福祉に携わる者として、本当に困っている人々を助けるために生み出された福祉が、暴力的な人々の便宜のために利用されることは我慢なりません。
    よりよい地域社会や国を作っていくために、国益と国民の幸福を真剣に考えておられる、小坪先生をはじめ、心ある政治家の皆さんを応援しています。

  11. テロ指定共産党 のコメント:

    しばき隊関係者も、お仕事だからな。

    しかし、小学生の喧嘩みたいな相手だな。もちょっとマシなのおらんのか?

    「私はすでに、抜身の刀だ!」

    これは名刀かもしれないから、切れ味には気をつけた方がよさそうだ。

    「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」

    西郷隆盛 and 小坪しんや
    .

  12. 鳥海山たろう のコメント:

    これはどうでもよい言葉の遊びが好きな左翼のやりとりですね。

    つまらない言葉遊びしか出来ない左翼にとってツイッターというのは、ひと時の憂さ晴らしが出来る楽しいツールなんでしょう。

    左翼が全盛の時代は、
    「北朝鮮の米が不作なので人道的援助のため日本から米を送る」という案に対して、「北朝鮮の独裁体制を強化させるだけ」と強く反対するだけで右翼とレッテルを貼られました。

    この案は当時の社会党などが求めた案です。(社会党は北朝鮮による日本人拉致を無視した)

    共産主義にかぶれた左翼どもは、北朝鮮で弾圧された人民(そのなかには日本から帰国した人々も含む)にはろくに同情を示さなかったくせに、なぜか食料援助には異様な関心を示していたのです。

    独裁体制による苦痛は共産主義体制との因果関係を想像させるが、食料危機は自然災害のせいにできるから、共産主義を賛美してきた左翼にとっては、食料援助は主張しやすいテーマだったのでしょう。

    でも、毛沢東の文化大革命と同様に、自然災害の食料危機による飢え死にも、本質的には共産主義イデオロギーによる非人道的な社会がもたらした割合が大きいのです。

    とにかく、当時と今とは隔世の感があります。
    まちがいなく日本の左翼が長期間に渡って北朝鮮をつけあがらせたのです。

    日教組のチュチェ思想研究会だとか、頭おかしいです。
    朝日新聞も徹底的に北朝鮮への賛美記事を書いています。

    ネットで朝日新聞の過去の「北朝鮮礼賛記事」をさらしていたら、訳のわからない反論をする奴がいて、「朝日新聞はぎりぎりのところで北朝鮮を批判しているではないか」というのです。
    どこをどう読めばそう読めるのかまったく理解できなかった。

    わけのわからない左翼は断末魔の声をあげて、あちこちで真面目な日本人の足を必死で引っ張ってくると予想されますが、言葉の遊びにしか出来ない連中が多いので、あまりまともに相手にしないほうが、すこやかに過ごせると思います。

    それよりも、北朝鮮という体制をどうおさえるかということが最重要な関心事であり、左翼の無駄口に耳をかたむけるのはクソの価値もありません。

    北朝鮮は核兵器やミサイルを開発することで国家としての威信をかろうじて保っており、大変みにくい状況です。
    こんな核保有国家は、ほかに存在しません。

    迎撃ミサイルだけでなく、一発目を撃ち込まれたら、二発目を防ぐために日本からミサイル攻撃をする選択肢も当然、日本にはあります。
    これは報復ではありません。

    世界中のどこの国の人間でも、そう考えます。でも残念ながら、日本では頭のおかしい左翼が強硬に妨害するので、そうした反撃能力も整備がすすんでいません。

    米国への依存が強いためです。米国に依存すぎると米国の戦意にも影響があるため、日本も反撃することができるぞという意識を芽生えさせることは必要です。

    まともな議論さえ出来ていれば、頭のおかしい左翼は外野でおらおらとボヤキながら自然と自滅していきます。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      大変失礼しました。
      「左翼の無駄口に耳をかたむけるのはクソの価値もありません」というところが、小坪先生への皮肉ともとれるので補足します。

      われわれ真面目な日本人にとっては相手にする価値もない連中ですが、さすがに政治家の方々は時と場合によって、(難癖しかけられたら)反撃に応じざるを得ないことはありうると理解しています。

      安倍首相が「あんな連中に負けるわけはいかないのです」と秋葉原で指をさして叫んだようなものです。(指をさすかわりに「選挙演説におしけかて片隅で選挙妨害しかできないような連中に負けるわけはいかない」と言えば変にトリミングされず完璧だったのでしょうが)

  13. ケイン濃すぎ のコメント:

    小坪先生
    いつも興味深く拝見させて頂いております。
    本当に 本当に お身体 御自愛してくださいませ。

    今回の投稿を拝見させて頂き感じたことは、しばき隊なる団体は本当に先のビジョンがないなぁと感じましたね。

    彼らの条件反射の軽はずみな言動が、行動できる、それぞれ各人動いていた日本國を憂う御三方を引き合わせてしまいましたね。

    このチームすさまじいで。

    ワシがしばき隊なる上の組織の人間なら速攻 貴殿達を排除するよ。

    もっと上手く立ち回った方が、エエんちゃう?

  14. 野良犬 のコメント:

    CRAC9なる人物、小坪議員とのtwitter上論争では、段々無意味な言葉が多くなり、つまり逃げ腰になってます。

  15. 月光仮面 のコメント:

    小坪先生頑張って下さいね 今日はおいら言葉が出なかった
    それは 左翼の方たちは 何故 チャイナや北朝鮮 韓国に
    目を向けないのだろうと 前々から思っていました でも
    それが 違うのですね 
    そして 言える事は 今回安倍総理の支持率の低下について
    おいらは必ず戻ると思っています
    それは
    日本国民はバカでは無いこと
    そして このネットが真実を流し続けている以上
    今までのように 政治が貶められることは無いと
    思っています もっと もっと このネットの世界が
    誠実に 着実に 真実を流してくれることを
    願っています 。
    日本人の道しるべとなることを
    願っています。

  16. 日出処の天子 のコメント:

    行動形式が戦後の不埒朝鮮人を彷彿とさせます。
    自己防衛手段、抵抗手段を持たない、否奪われていた時勢での
    日本人の受けた被害。断腸の思いて甘受してきた部分も多々ありました。
    しかしながら、ほぼ法整備も叶い反撃の狼煙が揚がらんとしております。

  17. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議…毎度お疲れ様ですね…。

    7年前に盗まれた仏像見つかる 買い手探しを依頼した韓国籍の男2人を逮捕「友人から貰った。盗品の認識は、はっきりとはなかった」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51983766
    132: 名無しさん@涙目です。
    公訴時効の7年過ぎたのを見計らって売りに来た疑いプンプンなんすけど

    文化財に時効なんて要らない。

    朝鮮かぶれの京大教授が『歴史用語を不正改竄して』言葉狩りを強行。滅茶苦茶すぎる理屈を振り回した
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50502839
    27:(´・ω・`)(`ハ´ 
    帰化人と記されていた物を
    「ふさわしくない」という訳の分からない理由で「渡来人」にしたんだっけ?

    37:(´・ω・`)(`ハ´
    >渡来人は大陸や朝鮮半島から海を越え、技術や文化を伝えた人々のことを指すが

    在日とは無関係じゃんw

    55:(´・ω・`)(`ハ´
    「帰化人」は奈良時代より使われていた歴史的用語ですよ。
    勝手に「渡来人」とかいうトライさんみたいな変な言葉に変えてはいけませんね。

    日刊スポーツ「ハリル監督親族 末期がんだった」本人非公表の情報を関係者から入手し報道 ⇒ 批判殺到
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51987453

  18. やましろや のコメント:

    CRAC9といい、東京新聞の難癖女記者といい、変な連中が跳梁跋扈してますね。

  19. たつまき のコメント:

    CRAC9さん、違うなら違うと否定すればいいだけなのに… 否定せずに話をそらした時点で肯定しているも同然。 まぁ小坪議員に突っ込まれた通りなんやろ〜けどね(笑)

  20. メルモ のコメント:

    高須クリニックの事件にしても、なんで、失言した後に謝らないで火に油を注ぐんでしょうね。

    後先考えられないし、日本人のメンタルとはかけ離れている気がするんですけど…。

  21. ピンバック: SC81高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸|ブルブル速報その6|ガタ速別館

月光仮面 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください