台湾に行こう⑤ ポケットwifiとネット回線編(空港)


入国できました!という状態からスタートします。
ネット環境は、日本製の携帯では事実上ありません。
いや、あるのですが、ありません。

キャリアのメニューは、非常に高額なのです。
使ってないので知りませんが、「国際ローミング」だと、日額MAX3000円ぐらいかかるのではなかったでしょうか。
すごく高いので、ちょっと厳しいです。
私は「事実上、使えない」と思っています。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

飛行機内で携帯の「モバイルデータ通信」をオフにします。
これで3G回線も(あるのなら)LTEもオフになります。設定方法は、機種・キャリアで異なると思うので、設定をクリックのち「モバイルデータ通信」というボタンを探してください。
これで高額料金はセーフ。

ではどうやってネットにつなぐか、です。
スマホのみの説明で申し訳ありませんが、wifi接続を利用します。
「ポケットwifi」をレンタルしましょう。

スマホのwifi接続のやり方ですが、機種によりますけど
「①設定」を押して「②wifi」を押します。
(私はアンドロイドです。)

レンタルしたポケットwifiに「ネットワークの名前」が書いていますから、その名前をクリック。
パスワードを求められるので、レンタルしたwifiに書いてあるPASSを入力してください。
これで接続できます。

もし、これでわからない人は諦めてください。
なぜならネット環境がない以上、G先生(google)には頼れないからです。
周りの研修生にわかる方がいたら、聞いてみるといいでしょう。
(文字での説明は限界。)

ポケットwifiとは、台湾の3g回線に接続し、短距離のwifi環境を作るものです。
便利な機能として、「複数台に接続可能」なんです。
ですから数名で一台でも構いません。(たぶん5台まで?)
職業柄、電池を含めダウンさせるわけにはいかないので、私は一台レンタルしてます。

レンタルすると確か一日200NTD(新台湾ドル)ぐらいだったかと。
日本円換算すると700円ぐらいに相当します。

レンタルできる場所は、私の降りた「桃園空港」しかわかりませんが、到着ロビーを降りて左方面に歩いていってください。
こんなところがあります。

wifi

左のカウンターと、右のカウンターはSIMカードのレンタルだと思います。
これを差し替えるやり方もありますが、たぶん番号が変わると思います。
ちなみに借りたことないので知りません。
中国人がたくさん借りていて、ひどく行列になっていました。

真ん中のカウンターが、レンタルwifiで「日本式」などの広告POPがありました。あくまで桃園空港の場合です。
そこで借りてください。

<必要なもの>
・パスポート
・クレジットカード
(もしくは現金)

現金で借りるのは、現実的ではありません。
デポジットが5000NTDと言われました。

これは日本円換算で1万5千円~2万円ほどの金額です。
せっかく両替したNTDを、5000NTDもデポジットに渡すのはちょっと。。。
(現地通貨の体感では1000NTD=諭吉さんぐらいのイメージでいいと思います。)

戻ってこなかったときの保険であり、戻した際に支払われます。
つまり台湾から出国する際に戻ってきます。というか、出国時にしか戻ってきません。
こんな大金を(両替したのに、出国するまで)預けてしまうのはちょっと。

そのため、クレジットカードで借りたほうがいいと思います。
クレカの場合は、デポジット(保証金・保険?)はありません。失くした場足は、カードに請求が来るのでしょう。

残念な報告ですが、私はamexに切り替えたのですが、amexは使えませんでした。
(海外を含む、移動が増えたため。旅行保険の一つと見て変更。)
VISA・JCBは使えると思いますから、そちらをどうぞ。

最後に大事なことを。
時間などの状況によっては(行列がひどい等)レンタルすることを諦めてください。

空港をバスで出発する時間が決まっていると思います。
李登輝先生とのご予定に、本隊が遅れるわけにはいきません。
時間になったら心を鬼にして出発せざるを得ないはずです。

もしどうしても借りれなかった場合は、同じ研修生同士、誰かに接続させてもらってください。
あまり離れると接続が切れるため、これを機会に仲良くなってもいいかもですね。

全員そろって紅樹林にたどり着けることを祈っています。
あくまで「あったら便利なもの」であり、「なくても死ぬわけではない」のです。
予定厳守でお願いします。
 
 
↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

台湾に行こう⑤ ポケットwifiとネット回線編(空港) への1件のフィードバック

  1. kyon2 のコメント:

    『モバイルデータ通信をオフ』

    わたしも以前は勘違いしていたのですが
    『データローミングをオフ』のままにする
    これでOK。
    モバイルデータ通信はオン・オフどちらでも可。
    もっとも、日本で購入した機種の場合はデフォルトで
    データローミングはオフになっているはずですが。

    空港で皆さんが並んでいるのは「プリペイドSIM購入」窓口。
    他社のSIMに差し替えて使うことが原則できないのは
    日本大手3社など、世界的にみると少数派。
    多くの国の旅行者は、台湾到着時にこの列に並んで
    SIMを購入して、短期パケット使い放題契約をセットします。

    桃園空港には台湾大手3社が販売窓口を構えており
    平均的な価格は、5日間(120時間)で350台湾元。
    x3.5円で約1,200円です。
    日本でモバイルWi-Fiルータをレンタルしてしまうと
    5日間では3,000円ぐらいかかってしまいますから
    「高~~!!」です。

    なおdocomoのAndroid機種ですと、3,000円+消費税で
    SIMロック解除することが可能です。
    年に3回ぐらい海外にお出かけの方は、解除してしまうと
    多くの国で、プリペイドSIMを購入して割安にパケット通信
    することが可能になります。

    台湾の場合は、使用期限180日という利用制限がありますが
    オンラインでプリペイド額をリ・チャージすることができますので
    空港の窓口行列に並ぶのも1回だけで済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です