【悲報】<沖縄知事選>共産党支援の翁長氏当確・辺野古反対派、自民推薦現職破る


なんということだろう。。。
20時段階、20時1分に発された開票速報ゆえ、「誤報の可能性」も僅かにはある。
しかし、20時発表とは、それなりの差がないと当確を出さぬため、誤報の可能性は低い。

追記
20時07分、NHKからも翁長候補、当確と報じられました。
NHKが当確速報を誤る例はほぼありません。。。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

以下、毎日新聞のソース。

<沖縄知事選>翁長氏当確 辺野古反対派、自民推薦現職破る
毎日新聞 11月16日(日)20時1分配信

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を最大の争点にした沖縄県知事選は16日投開票され、辺野古移設に反対する前那覇市長、翁長雄志(おなが・たけし)氏(64)が当選を確実にした。

 知事選には翁長氏のほか、移設推進を訴えて3選を目指した現職の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)氏(75)▽移設を県民投票に問うとした元郵政担当相の下地幹郎(しもじ・みきお)氏(53)▽埋め立て承認の取り消し・撤回を訴えた元参院議員の喜納昌吉(きな・しょうきち)氏(66)が立候補した。

http://mainichi.jp/select/news/20141117k0000m010028000c.html

NHKでも報じられました。
(折り畳んでいます。読まれる方はクリックしてください。)

沖縄県知事選 新人の翁長氏が当確(NHKソース)
沖縄県知事選 新人の翁長氏が当確
11月16日 20時07分

アメリカ軍普天間基地の移設計画の賛否が最大の争点となった沖縄県知事選挙は16日に投票が行われ、計画に反対し、基地の国外や県外への移設を訴えた前の那覇市長の翁長雄志氏が、自民党などが推薦する現職を破り、初めての当選を確実にしました。

沖縄県知事選挙の開票は、早いところでは午後8時から始まっています。
開票状況について選挙管理委員会の発表はまだありませんが、NHKの情勢取材や投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などでは、前の那覇市長の翁長雄志氏が、現職の仲井真弘多氏らほかの3人を大きく引き離して極めて優勢で、今後、順調に得票を伸ばすと見込まれることから、翁長氏の初めての当選が確実になりました。
翁長氏は那覇市出身の64歳。
那覇市議会議員や沖縄県議会議員などを経て、平成12年から那覇市長を務めてきました。
また、自民党沖縄県連の幹事長も務めました。
今回の沖縄県知事選挙は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画の賛否が最大の争点になりました。
選挙戦で翁長氏は、共産党、生活の党、社民党、地域政党の沖縄社会大衆党に加えて一部の保守系の地方議員からも支援を受けて移設計画に反対を主張し、去年の末に仲井真知事が行った辺野古の埋め立て承認の取り消しや撤回も視野に、知事の権限を使って、あらゆる手段で移設を止めると訴えました。
その結果、支援を受けた各党の支持層に加えて、支持政党を持たない無党派層などからも幅広い支持を集め、自民党と次世代の党が推薦する現職の仲井真氏ら3人を破り、初めての当選を確実にしました。
政府は今回の選挙結果にかかわらず、移設計画を進める方針ですが、計画に反対する翁長氏の対応によっては、今後のスケジュールに影響が出ることも予想されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141116/j67138010000.html

これは、厳しい。
本当にきつい。

<共産党の支援>
翁長候補(完全に確定してのち知事)は、共産党が強力に支援していました。
選挙の信義則というものがあり、選挙後は「共産党の影響が、沖縄県政に強く出る」ことは疑いありません。

onaga

<共産党とは>
日本共産党、中国共産党と名称の違うものがございます。
「日本」共産党は、無関係だと主張していますが、私はそうは思っておりません。
どちらも同じ「仲間」だと認識しております。

日本共産党は、かつてはコミンテルン日本支部であり、「世界中で共産主義革命」を起こすことが目的でした。また、本部より指示書(コミンテルンテーゼ)を受けていますが、その中にはご皇室の解体(天皇制の廃止)が含まれています。
はっきり申し上げれば陛下の殺害を企図していた疑いが指摘されています。

世界中にあった、コミンテルン支部の中の日本支部でありますから、正しくは共産党・日本支部と呼称したほうが正確なように思います。

 

<事業部同士で仲が悪いようなもの。>
例えになりますが、他事業部であるコミンテルン中国支部と、コミンテルン日本支部が仲が悪いとしても、なんだかんだでグループ企業でございます。
中国支部は「革命に成功」して政権を奪取、大成果をあげています。北朝鮮支部は、経済こそガタガタなものの、同じく政権を維持。日本支部が悔しがっているだけのようにも感じます。

よって、中国にとって非常に不利になる「高性能高速輸送機・オスプレイ」への反応、対応を見ても共産党日本支部と、共産党中国支部の動きはまったく同じようにしか思えないのです。

 

<中国共産党の意図>
そもそも、「救回琉球、解放沖縄」と中国語でデモをする「政治的な意味」を考えると、狙いが見えてくるのではないでしょうか。

2222

333

 

 

<尖閣諸島だけの話ではない。>
沖縄が陥落すれば、第一列島線のみならず、第二列島線まで崩壊するだろう。
ことは尖閣だけの話ではない。

小笠原諸島に中国「漁船」が進出している。中国政府の意向を受けているとまことしやかにささやかれるが、言い換えれば威力偵察を受けていると言ってもいいだろう。
まさに今、第二列島線まで一気に威力偵察を受けている状況、ということです。

 

<全国で頻発する小笠原の状況>
ここで沖縄知事がとられてしまうということは、「小笠原諸島のようなことが全国で頻発」してしまう、ということだ。日本の内海の安全も、全てが失われてしまう。
大袈裟な話ではない。

当確で報道されている翁長候補(共産・社民支援)は、もともと中国びいき。
那覇市に龍柱を中国に発注して建設しようとしたり。
何より「共産党が支援」している。
この一点で十分だろう。
中国の意向、意思を同調して主張してきたではないか。

 

<沖縄県政・基地問題に共産党の影響>
当然のことだが知事になったあかつきには、「共産党の意向」が強く反映されていく。
それは極々あたりまえの、選挙の信義則というものだ。

沖縄知事を共産党にとられるということは、沖縄近海を(フリーパスとは言わないが)中国漁船がガンガン通過してしまう、その危険性を強く指摘する。

確かに海保があり、海自もありますが。。。
拠点があるのは「沖縄県」です。
法律がどうこうよりも、影響は避けられない。

第一列島線のみならず、第二列島線まで一気に突破。
これ、どうするんだ・・・。

 

【言葉】第一列島線・第二列島線とは
第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中華人民共和国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である。
wikipedia:第一列島線

右が第一列島線、そして左が第二列島線である。
沖縄近海がフリーパス状態(にはならないとは思いたいが)だとすると、太平洋まで一気にやられてしまう。
恐ろしさが伝わるだろうか。

800px-Geographic_Boundaries_of_the_First_and_Second_Island_Chains
左が第一列島線、右が第二列島線
Figure 2. Geographic Boundaries of the First and Second Island Chains

ライセンス
この画像は、アメリカ軍又はアメリカ国防総省の被用者がその職務上の義務の過程で撮影又は作成した著作物です。この画像は、アメリカ合衆国連邦政府著作物としてパブリックドメインの状態にあります。
http://www.defenselink.mil/multimedia/about.htmlを参照してください。


العربية | Català | Čeština | Deutsch | English | Español | Eesti | فارسی | Suomi | Français |Italiano | 日本語 | 한국어 | Македонски | മലയാളം | Malti | Nederlands |Polski | Português | Português do Brasil | Română | Русский | Slovenčina |Slovenščina | ไทย | Türkçe | Tiếng Việt | 中文 | 中文(简体)‎ | 中文(繁體)‎ | +/−

<サヨクの徹底した準備>
この場合の「サヨク」を中国(及び他国)と内通し、我が国を売り払おうとする勢力、と仮定する。
彼らはある意味、私たち保守よりもよっぽど真面目に、それこそ不断の努力をしてきた。
ある意味では、熱烈な愛国者だ。
問題は、その愛国心の向かう先が日本ではないこと。

沖縄のメディアはスーパー左翼になっており、言い換えれば「強烈な日教組教育」を延々と全県民に行ってきたような状態。
何十年もかけたメディア戦略に、遂に屈してしまったのが一因として挙げられる。

ネットで皆様が活動し始めたのは、どれぐらいか知らぬ。
しかし、麻生政権(国籍法)の頃からであってもいいとこ5、6年、これが古参だ。民主党と戦う中で参加した者は、2、3年ではないか?
左翼は、何十年も前から沖縄を狙っていた。

長い期間を経て、やがてメディアは陥落、県民性はそちら側に傾いていく。
沖縄では保守は、育ちえぬ、極めて育ちにくい状況に置かれていた。
同じ種子でも、育つ畑が違えば成長は違う。
与えられる情報が違えば、人の成長にも違いがでる。

ずっと「ヤバイ、ヤバイ」と言われてきたのだ。
サヨクの不断の努力に対し、保守陣営は手をこまねくばかり、問題の本質を先送りしてきた。
長年の保守陣営の怠慢、実効性ある施策を欠いたことにも敗因がある。

ネットを使う若者を中心たちに、沖縄の有志は立ち上がろうとしてきた。
必死に、多勢に無勢な中、戦ったのだ。
極めてアウェー状態の中、戦い抜いたのだ。

単に「沖縄県民はひどい」と揶揄して終わりにしないで頂きたい。
そうやって「おまえらが悪い」と突き放し、「全国が迷惑する」と被害者ぶったところで何も変わらぬ。
他者をして「貴方が悪い」と指をさしたとしても、その方が正義の陣営に立つわけではない。
また、我が日本国を守ることにもなり得ない。
日本を守るために戦うとは、「沖縄が悪い」と罵ることでは断じてない。

無関心であることを責めるのは、まだいい。
しかし沖縄=悪とレッテルを貼ったところで、
「保守と沖縄県民が対立」したとして、喜ぶのはサヨクだけだ。

サヨクが何十年もかけて沖縄を奪おうとしてきたのなら
保守こそ、長いスパンで腰を据えて「沖縄としっかり握手」していく姿勢が肝要だ。

 

 

<今後の保守に求められる対応>
赤旗撲滅作戦は、これらも含む「牽制」の側面が強かったが、今後、一気に進める必要がある。
特に統一地方選挙においては、保守議員の応援は当然のこととして
「共産党候補」に対し真っ向から対峙する必要があるのではないか。

クチコミでも、是非、「赤旗、押し売り。パワハラの共産党」等と広めて頂きたい。
できる範囲で構わないが、無理を承知でお願いしたい。

共産党の資金は、共産党地方議員の給与から上納させているという話もある。
赤旗という資金源を討つのみならず、地方議席を激減させねばならない。
最も効果があるのは、資金源を断つことだからだ。

また、あわせて自治労・日教組等の労働組合に対しても同様に対抗していく必要がある。

1111

 

ことは急務、日米安保、また米軍の軍事的プレゼンスにも大きな影響を与える危険性がある。
言い換えれば「中国からの侵略の恐怖」が一気に増したということだ。
日本の軍事的プレゼンスも大幅に変わってしまう危険性がある。

いまでさえ、ギリギリのリスクでやっているつもりだが、、、
私はさらに、もう一歩、前に踏み込む必要が出てきてしまったように思う。
これ以上、前に出て市議の身分で本当に大丈夫なのか、、、

やるけど、、、まだ前に出ますが、流石に怖いや。
だが、やらねばならんだろ、そうするよりない。

日本を守るため。
戦う意思を持ち、シェア・ツイートをお願いしたい。

問題意識を共有して頂ける方は、以下も併せてお読み頂きたい。
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

↓共産党・日本支部、共産党・中国支部と戦います!↓
↓応援クリックお願いします!

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【悲報】<沖縄知事選>共産党支援の翁長氏当確・辺野古反対派、自民推薦現職破る への36件のフィードバック

  1. カナビシ300 のコメント:

    非常に残念です…

  2. 福岡県民 のコメント:

    ショックです。本当にショックです。
    これからどうなるのか不安で仕方ありません。

  3. 大和男児 のコメント:

    なんてことでしょう…。票操作とか不正などはなかったでしょうか。これは、たいへんな外患を呼び込む危険性が高まった。沖縄県を支那に侵略させては、絶対いけません!そうなったら、沖縄県のみならず、たちまち日本全土、全国民が危うい!本当に今のチベット、ウイグルと同じく虐殺され民族浄化されてしまう、冗談でなく。なぜ、翁長なんだ?我々にこの先、支那の対日解放(侵略)要綱を実現させないためにできることは、何でしょうか。

  4. 若葉 のコメント:

    最低です。
    この怒りをどうしたらいいのでしょうか。
    沖縄県民は自らサヨクを許容し、偽りの被害者であることを感受し、中国へ己の魂を売ったのです。尖閣諸島という目の前の危機があるにもかかわらずです。

    沖縄は日本です、日本人のものです。沖縄県民ももちろん日本人です。
    ですが、私は沖縄の方々に怒りを抑えることができません。
    いや、全ての無関心な日本人に対してです。
    無関心な人間は売国奴よりもたちが悪いと思います。
    自分もかつては無関心層でした。幼かったとはいえ、安倍総理の無残な辞任劇も、麻生政権崩壊も、中川昭一さんの死も、全部他人事のように見ていました。
    自分は今、あの時の自分を深く恥じています。

    無関心な人間は、気がつくまで本当に無関心です。
    無関心層には期待できませんから、保守も創価学会とか共産党のように強い組織票を手に入れるべきではないでしょうか・・・・・・
    いつまで日本人は負け続けなくてはいけないのでしょう・・・・

  5. さむらい のコメント:

    テロ対策関連法案の成立でもしかしたら何らかの動きがあるか、沖縄県民が目覚めてリコール運動に発展するか、そんなことを現時点では期待するしかそうですね。
    それにしても残念としかいいようがありません。

  6. コメコパン のコメント:

    ネットで翁長氏当確のニュースを見たとき 本当に残念でした。
    マスコミもグルになり、私たち大人が長年政治に無関心な層や若い有権者を放置してきた結果でしょう。
    もしかしたら先の香川県高松市の参議院議員選挙のように、不正選挙が行われたのかもと思うのですが・・・。(そうあってほしい)
    私も今日地方選挙に行きながら、不正される可能性を考えたりしていました。
    諦めたらそこで終わりです。これからも微力ながら諦めずに拡散を続けていきます。

  7. 東京のおばさん のコメント:

    衝撃です。
    これからどうなるのか。
    息子たちの世代は。
    正直、沖縄方々に言いたいこと沢山あります。親戚もいない、行ったこともないてすが、沖縄だけの問題ではありませんから。
    目に見えない所で、沖縄は沖縄でなくなっているのですよ!
    騙されないで、沖縄の方々、特に若い学生はもう一度本当の沖縄と本土の歴史、そして中国と日本の歴史、現在の中国の姿、そして今の政治と基地がある理由、自由で優しくちから強い沖縄=日本になるためにどうすればいいのか。
    真剣に日本人みんなで考えて、行動に移さなければ!

  8. ふう のコメント:

    テロ3法案で、沖縄を掃除することはできないんでしょうか。

    琉球新報・沖縄タイムスなど、メディアから潰す必要があると思います。

    また、翁長氏にも適用できるかもしれません。

  9. 小林 のコメント:

    残念です。が、沖縄は日本の一部である事に変わりはありません。綺麗な沖縄を汚される前に共産圏から奪還しましょう!

  10. 残念 のコメント:

    TV メディアをなんとかしないといけないと思います。

    テロ関連法案でメディアが潰れていれば…。。

    東京、大阪、沖縄…

    何とかして欲しいです。

  11. 佐藤 洋行 のコメント:

    よりによって……最悪の選択をしてしまいましたね!

  12. おれんじ のコメント:

    全くです。沖縄の心ある人達は完全アウェーの中で精いっぱい戦ったと思います。

    しかしそれにしてもこの大差にはショックです。

  13. 豆柴五郎 のコメント:

    タイムス、新報などの異常な偏向報道の中での仲井眞さんの善戦は、むしろ希望が持てると思います。正しい情報を得る事が出来れば、沖縄県民は正しい判断を出来ると信じています。戦いは、これからです。

  14. カナビシ300 のコメント:

    やはり保守派がもっと団結する必要があるのでは?

  15. あずらん のコメント:

    札幌在住の若造です。普段ROMさせていただいていますが、あまりのことだったので……。
    まずは、各地選挙に携わった方々、本当におつかれさまでした。
    選挙期間中から厳しいと言われていた今回の沖縄県知事選挙、僕もツイッター等で拡散していたのですが力及ばず……恐らくほとんどの人には見向きもされませんでした。情けない。
    他の方がおっしゃる通り、何より考えなければならないのは、情報戦での敗北です。
    やはり掌握されている、強制的に覚えさせられる教育と、ボーっとしてても目に耳に入るマスメディアの奪還がもちろん近道ですが……すぐにできるものではありません。僕たちが力を合わせて、あちらのように何十年もかけてようやく達成しうることだと思います。
    やはりここで大事なのは、保守勢力の団結です。陸軍と海軍で争ってしまったかの戦争のようになってしまってはいけないです。
    君が代にもあるように、千代に八千代に努力を重ねなければと思いを新たにしつつ。ひとまず友人と民主社民共産周辺の矛盾点を議論しながら選挙に備え、自分にできることからコツコツ積み上げたいと思います。

    僕には、小坪議員がブログを書いていらっしゃらなければ分からなかったことも沢山あり、いつもありがたく感じております。微力ですが、この内容を拡散しつつ、これからも応援させていただきます。

  16. とも のコメント:

    衝撃…。
    いやしかし、まずは、沖縄の保守の皆様に、お疲れ様でしたと申し上げたいです。
    これから大変だとはいえ、あくまで沖縄は日本。沖縄県民は日本人。
    それが今変わったわけではないのです。
    つい、他県の一庶民の身で、何ができるわけでもない…と、下を向いてしまい
    そうですが、ほんの小さなことでも、出来ることはやらねば、ですね。

    ところで、沖縄には何度も旅行しましたが、そのたびに「出身は他県です。」と
    おっしゃる方が結構多いのに、驚いていました。沖縄が好きで魅せられて移住さ
    れたのなら、とっても素敵なことですが、もしや邪な目的の人も…?と、邪推して
    しまいました…。

  17. ナナッシー のコメント:

    そこで事が起これば、外患誘致罪とテロ関連3法で沈黙させましょう。

    騙された沖縄県民がどう動くかな?(▼∀▼)

  18. 醉仙 のコメント:

    沖縄の人々には新疆ウイグルが過去中国とは別の国だったものが侵略を受け民族浄化の過程にあるという実情の動画を見てもらいたい。チベット人がどのように扱われどのように文化浄化が進められているかの実情を描いた動画を是非とも見てもらいたい。

  19. 都民C のコメント:

    こんな事になるなんて……。
    今回の結果はその公明党に責任があると思えます。

    一昨年の選挙で、民主党を野党に追い出したときは、普天間基地移設を推進していた公明党が、ここにきて「移設推進を応援しない」と言うのは、明確な公約違反です。
    沖縄県支部が、党本部の意向に逆らって反対したなんてのは言い訳にもなりません。

  20. 00 のコメント:

    残念な事です。
    しかし、基地問題やら国防は国政であり、知事戦と関係ないと思います。
    最初はなにもなかった米軍基地の周りに住民が押し寄せ街を作り、うるさく危ない状態です。(なぜ米軍基地があるかという問題は横に置きます。)基地の横の学校もそのままですし。

    昔、サヨクの強い組織で働いていた経験がありますが、サヨクの数はそんなに多くありませんでした。しかし、サヨクは粘り強く少しずつ外堀を埋めてきます。
    普通の善良な人はイチコロです。何も考えていない。左右の議論の真ん中を取るという行動をします。
    沖縄はもともと保守的な土地柄と聞いておりますし、本土からサヨクが多く移動した、とも聞いております。
    過去の沖縄戦で本土は申し訳ない気持ちがありました。東京大空襲なんかもありかならずしも沖縄だけではないのですが、60年ぐらい、沖縄に配慮してまともな事を言わなかった本土も悪いと思います。

    今回負けたのは残念でした。
    しかし、負けないよう情報戦をすべきです。チャンネル桜も開設しました。
    法律を整えて、無法を許さない、まともになるだけでサヨクは衰弱するものです。

  21. Augusta のコメント:

    沖縄は最前線です。
    にもかかわらず、金をばら撒く以上の事は何もしてこなかった。教育、メディア、全て共産系の支配下です。

    そこに消費税、その他諸々の値上げ。増税後、やった事と言えば公務員と国会議員の給料アップ。そして移民政策。私の住んでいる田舎でも、ちょくちょく中国人を見かけるようになりました。外交は評価しますが、内政は酷いものです。

    自治体の首長選挙で自民党が連敗なのもうなずけます。

  22. くまらっこ のコメント:

    他県出身の沖縄県民です。嫁は生粋のうちなんちゅですが、困っています。そんな彼女んを見て、私は決心しました。もし事ある時には、わが身と血をこの沖縄の地とこの優しさに溢れた人々の為に投げ出します。選挙の結果は不満はありますが、将来の禍根とならぬよう祈るばかりです。

  23. MH のコメント:

    非常にきわどいタイミングでした。テロ関連法案の成立が見通せなければどうなっていたか、背筋に冷たいものが走ります。

    結果として残念なものですが、あちらも皆さんの尽力でなりふり構わず、
    あるいは正体を隠せないほどあせっていると思われます。

    テロ関連法案が成立すれば、ようやく抜刀許可が出るようなものです。
    その際に敵が紛れている事は危険なことです。今回の選挙を通じて
    隠れているものも含めて敵味方の区別をはっきりする必要があると思います。

    それが出来ればテロ関連法案の成立の成立に伴い、何事かあらば鯉口を切り、
    斬りかかって来るものには斬り返す事も出来るでしょう。
    今回の選挙は、肉を切らして骨を断つ機会となるかもしれません。

    一地域の乗っ取り、独立、併合など国内で収まる事柄ではなく一朝一夕になる事ではありません。
    真実を国内にも国外にも周知する事が必要です。
    それを北九州から発信される方がおられる事は同じ北九州の人間として心強い思いです。微力ながら応援させて頂きます。ありがとうございます。
    既に将棋で言えば秒読みでの詰みの局面に入っていると思います。
    一手一手が重要になりより神経を使われると思いますので、
    どうぞお体にご自愛ください。

  24. はらっち のコメント:

    https://www.youtube.com/watch?v=ax5_idYeta8&list=UUNqbJ7zpxAxC2BxPx-xmx6g
    ↑KAZUYAさんの沖縄プロ市民動画。「これはひどい」

    私も仲井眞さんはあの沖縄の環境でよく善戦されたと思います。
    残念な結果になりましたが、こうなってしまったからには作戦を変えていかなければなりませんね。
    サヨクの方々はこの動画を見て分かるように何でもアリで、沖縄内ではすでに確固たる地位をお持ちのように見えます。そしてマスゴミが味方です。教育もです。
    今回の沖縄都知事選をキッカケに騙されているに等しい沖縄の方々にいっきに事実の周知を畳みかけることが必要だと思います。
    つい数か月前ですが、沖縄の方々のDNA解析の結果が発表されましたが、正真正銘の日本人のDNA配列だということが初めて確認されたばかりです。
    これは琉球新報も沖縄タイムズも載せていました。学術的な真実の隠ぺいはできませんから。

    太陽の光が当たり始めて気温が高まるのに時間差がかかるように。沖縄問題もある種の過渡期を経て、時間差を置いて人々が目覚めることを祈っています。

    まずはもうすぐ施行されるテロ規制3点セットとかいう新しい法律で、沖縄の売国プロ市民たちの規制がなされることを期待しています。

    微力ですが、世間の動向から目を離さず、自分にできる拡散を今後も頑張りたいと思います。

    微力な拡散といえば、以前桜井会長と橋下市長のバトルをニュースで見たうちの脳内花畑御嬢さん。初めて「え?マジ?何であの人あんなに異常に怒ってるの?」と素直に疑問に思って私にきいてきました。これはチャンス!私と主人とで30分近く「聞く耳を持った娘」に韓国や在日問題を説明することができました。娘は納得してくれたようです。自分が疑問に思ったからです。
     
    沖縄問題は始まったばかりだと思います。同じ日本国民として沖縄をなんとかしなければ。

     

  25. はらっち のコメント:

    小坪議員。こんな時になんですが、やはり言わせてください。
    遅ればせながら36歳おめでとうございます!
    これからもともに頑張りましょう。

  26. かけだし のコメント:

    この結果は残念ですが、私も沖縄の人を信じています。
    なので、まずは、本土にいる我々が、沖縄で起こっていること、メディアが報道しない実態、本土からのサヨク、プロ市民の存在を一人でも多く知ることだと思います。
    微力ながら、プロ市民と闘う沖縄の皆さんの行動を、拡散していきたいと思います。

  27. 大和の国の日本人 のコメント:

    非常に残念です。
    尖閣諸島どころか、沖縄列島を中国に売り渡す危険が一気に高まりました。
    沖縄は日本の一部であり、私達日本人の財産でもあります。
    決して翁長のものではなく、当然好き勝手も出来ない筈です!
    枡添といい、橋下といい、害務省といい、外患誘致罪で処刑出来ないものでしょうか。

  28. 大和の国の日本人 のコメント:

    醉仙 様のついでに言わせてもらいますと、モンゴル、満州の中国に侵略された歴史も知ってもらいたいです。
    日本と友好関係にあった満州は、中国が戦争で疲弊しているのを他所に、日本の支援で近代的な国へと変貌しました。しかし、日本兵が去った後、日本が作ったその近代国で、疲弊した自国を立て直そうと侵略してしまいました。今の中国は、満州があったから破綻せずに国を立て直すことが出来ました。

    癌細胞、ウイルス(宿主を殺す)みたいな中国は日本と友好関係などありえないと思います。

  29. 真実を知り始めたおばあちゃん のコメント:

    日本人の優しさに付けあがる共産党。沖縄を又、戦時下においてはなりません。
    中国・韓国とは国交断絶しても日本人は痛くも痒くもありません。
    大阪で発言されるのは勇気がいると思いますが、頑張って下さい。
    応援させて頂きます。
    日本人による日本人の為の日本を作りましょう。ばあばも微力ながら拡散していきます。

  30. のどあめ のコメント:

    今回の選挙結果は沖縄県民の気持ちが表れたのでしょうか。木を見て森を見ず、といったことになってはいないだろうか・・・

  31. にっぽん人 のコメント:

    翁長氏側と思われる選挙違反が写真でアップされておりましたね
    徹底的に調べ上げて頂けることを望んでおります。

  32. ゴルポン のコメント:

    信じられない結果に唖然としています。
    常識的に考えて、中国共産党が支持する様ないかがわしい人物が当選などありえない…
    本当に不正はなかったのか検証すべきではないでしょうか?
    選挙結果を素直に受け入れるべきではないと思います。
    疑問なのですが、外国人が日本で政治的なデモをしたり、米軍基地前で抗議活動をするのは合法なのでしょうか?彼らの中には日本人でない者も大勢いるのでは?もしご存知でしたらご教授下さい。
    これからも日本の為に奮闘して下さる小坪議員を応援していきます。

  33. 中国人になりたくない日本人 のコメント:

    共産党支配下のオール沖縄って、アホらしい
    し、翁長氏が掲げる県内の基地全撤去、沖縄
    海域に中国船が何隻も入り込んでるのに、黙
    ってる、こんな人を知事に選んだ県民の頭が
    イカれてるとしか言いようがないですね。
    沖縄県民って中国人になりたい人ばかりって
    感じですね。

  34. 純日本人 のコメント:

    沖縄県民の温かさ、優しさに触れて嫌いではなかった
    けど、共産党支配下になりたくて翁長氏を選んだこと
    で、嫌いになりました。
    やっぱ学力最低の低能民族なんだね。

  35. 心配するな のコメント:

    心配するな。
    何れにせよ、既にこの国は終わってるから。
    人の悪し様を言う暇があったら、自分から何かしらやってみな。
    批判して票を集めるのは容易い(自民も共産も)。
    実際にやるのは難しい。

    愚痴を言うのは、バカでも出来る。

  36. 選挙は民意 のコメント:

    ここは右翼の集まりでしょうか。
    私は扇長氏で良いと思う。
    選挙は多数決。
    右翼はいらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です