年末年始に休みがなかったため、できれば3日、せめて1日は休みたい。


 

 

例年の風物詩である。除夜の鐘にはじまり初詣等々、実は多数の予定が入るのが地方議員。
クリスマスの店員も同様だし、飲食業だって同じこと。大晦日から元旦にかけては、サンタもびっくりの日程になる。

やっと一息つきたいな、というとこ。
本当なら3日ぐらいは休みいたいけれど、それは難しい。
世の中は動き始めたので、陳情処理などを進める。

とは言え、
2日、せめて1日は休暇をとりたい。
身体が悲鳴をあげるというよりは、脳内をリフレッシュする必要はある。

 

 

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

One Response to 年末年始に休みがなかったため、できれば3日、せめて1日は休みたい。

  1. みやび より:

    いつも地域に留まらず国のために精力的に活動いただき、有難うございます。
    たまたま町内で神社の氏子総代にあたり、年末年始は越年の行事に参加する機会をいただきました。と言ってもほとんど焚き火の番でしたが…。
    初日の出を拝み年賀の拝礼にあわせて、なにやらどこかで見たような方々がスーツ姿でおいでになりました。国会から市会まで6名の議員さんでした。神主さんに続いて玉ぐしを奉納されていました。
    普段は禰宜さんも常駐していないような氏神さまですが、さすがに正月はこうなのか…と思ったのと同時に議員の皆様も大変だなぁと思いました。

    何をするにも身体が資本です。ご自愛ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください