【感謝】拉致議連事務局長、北村経夫参議院議員が共同声明に賛同してくれました。


 拉致議連(北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟)の事務局長の、北村経夫参議院議員に直接お会いし要望を行いました。併せて、当会の”拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明”に目の前で直接サインして頂きました。

 以下、要望内容や協議結果についてご報告いたします。

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(写真 右より北村経夫参議院議員、会長の小坪慎也、大阪拉致議連事務局長の西村ひかる大阪府議)

 

 

 

 

共同声明を始めた理由について報告
 発端にはブルーリボン訴訟があったことは事実です。これは裁判官が、(傍聴に訪れた方に対し)建物内に入る際にブルーリボンバッジを外すよう命じたことに対して起こされた裁判でした。

 当会でも概略のまとめ記事を出しており、また現場は大阪地裁堺支部なのですが、堺市議からのレポートはこちらになります。

 保守層からは「何かできないか?」という声が沸き起こり、署名活動の計画がなされました。その派生として、地方議員の署名もどうだろうかという話になったのです。形としては、司法にみだりに立ち入ることは控えるべきとの考えから「私はブルーリボンバッジを着用します」という共同声明の形に落ち着きました。

 ものが国賠訴訟ゆえに、議員は賛同しにくいだろうという思いもありました。当然、家族会は巻き込めません。よって救う会の名を使うことも控えるべきとの考えがあり、拉致議連ではなく小規模な当会が発祥したという次第です。じつは歴史は浅く、令和4年のお盆過ぎにHPは開設されたばかりでした。

 同様の理由で、西岡力会長とも相談したのですが、既存の拉致議連でやることも難しいだろうという結論となり、ゆえに「ブルーリボンを守る議員の会」が発足した次第です。会長の選任理由ですが、もともと拉致問題をやっていたこと、その場に議員が私しかいなかったためです。素直に会長を引き受けましたが、政府相手の裁判に関する議員署名ということを考えると、名誉なこととは思いましたが心中は穏やかとも言えませんでした。

 

※ 「もともと拉致問題をやっていた」とは、アニメめぐみ上映率100%であったり、令和3年の12月において、安倍元総理や各党代表などの前で地方行政と広報啓発のスピーチをさせて頂いた経緯があります。

【拉致問題】ブルーリボンバッジ着用率100%の自治体がうまれた理由、アニメめぐみ上映率100%~安倍元総理の前で報告【地方行政にできること】

 

 上記のような、当会の発足理由、この共同声明が誕生した理由について報告しました。北村先生は、うんうんと聞いてくれました。

 

 

 

安倍元総理の死~誰かの勇気になりたくて
 状況が一変しました。拉致問題に尽力して頂いていた第一人者でもある安倍元総理が凶弾に倒れます。誰もが悲しかった、私もです。そして西岡会長も本当につらそうな顔をしていました。

 一か月が経過しようとした頃、私は僭越ながら西岡会長に対して、はっきり言ってしまいました。

 安倍さんが亡くなって悲しい、私も悲しいです。拉致問題も停滞してしまうのではないか?と、そう顔に書いてます。家族会も不安でしょう、議員だって現実的にはそうなるんじゃないかって思ってますよ。

 そして北朝鮮だって、そう思ってるんだろうなって。
 悔しくないんですか?私は悔しい、悔しくてならない。

 そう思ってるかもしれないって思っただけで、私は悔しくてならなかった、って。

 西岡会長、貴方は指揮官ですよ!将の将たる責務として「立って戦え!」って言ってください。大将をやられて、泣いて鉄砲を投げ捨てるような兵隊ばかりじゃない。まだ立って戦えるやつはいる、仲間はいる。そんな御通夜みたいな、追悼の演説なんかじゃなくて、”やってくれ!”って言ってくださいよ!!!
 大変失礼ながら、後半はやや怒気も帯びた、そして悲痛な声だったような気がします。

 これは西岡会長の講演の前だったのですが、西岡会長がめっちゃ素晴らしい演説をしたのです。議員各員は、この共同声明に賛同してくれという趣旨の。その会場が、大阪拉致議連の総会の場だったのです。

 本当はHPまで作る予定もなかったのですが、西岡会長に言ってしまった手前、「やれるか?」という話になった際には、「あたぼうよ!」と答えてしまい、正直、元気になって欲しかった。誰かの勇気になりかかった。

 家族会にも、救う会にも、そして西岡会長にも。

 

 

 

北村先生、ゴールになってくれ。
 この共同声明は、法的になにかの効果を持つものではありません。けれども「これだけの議員がブルーリボンバッジを着用します」と宣言しているという、国民に向けた強いメッセージにはなります。拉致問題を風化させないという、強い覚悟を示すものです。よって、名を連ねるだけで効果を発揮するもの、ではあります。

 北村先生も、それは理解してくださいました。うんうんと頷いておりました。西岡会長のくだりのところは、ちょっとだけ、くすっと笑ったような気がします。あと、「ぐいぐい来るなぁ」と笑われました。「地方議員はこれぐらいじゃなきゃ、やってられませんよ、たいした職権ないんですから。」と返しました。

 とはいえ、何かゴールは欲しい。
 北村先生、ゴールになって頂けませんか?とお願いしました。

 

 HP公開後、1日で100名を超えた際の名簿を提出しました。手動でやっていたため、実は重複もあったり県ごとにソートすることも叶わず先着順というかなり乱暴な名簿の作り方でした。(いまは県ごとにブロック化を始めましたが、名簿掲載などに2~3日のお時間を頂いています。記入ミスを避けるため、いまも先着順に近い状況ですがご了承ください。)

 

 

 

もしも500議席になったならば。
 私は、「もしも、この共同宣言が、いまの100議席から500人に増えたならば。」「国の拉致議連が、ひとつのゴールになって欲しい」と、北村事務局長にお願いしました。いまの初期名簿を一旦は預かってほしい、二次提出として500人を集めてくる。

 古屋圭司・拉致議連会長に、北村事務局長の取り計らいで面会させて欲しいと伝えました。そして「(政府から)ブルーリボンバッジを外せなんていう、そんな行政権の発動はございません」と、何がしかの文書回答を国の拉致議連で取り付けてほしい。地方からの声を受けて、やって頂けないか?と要望しました。

 これは令和4年8月26日のことです。北村先生は、分かった、と言ってくれました。では「500名を集めてから日程調整を」と言われたのですが、「いーや、こういうのは早いほうがいい」「九月議会があるので、申し訳ありませんが休会日になるのですけれども、○日か○日か、または○日でどうでしょうか?」と日程調整まで始めてしまいました。

 そして、翌日において日程が決定し「令和4年9月8日」に古屋会長と面談するアポイントを組んで頂きました。北村先生は、”やれるのか?”という目で私を見た気はしますが、「こういうのはハードルが高いほうがいい」と恰好をつけてしまいました。のち、内心では半泣きになっておりました。

 こういうものは、言ったもの勝ちです。そして、少々、無理なハードルを提示しなければ、相手も無理は聞いてはくれません。

 

 

 そして、北村先生は共同声明に直筆で署名してくださいました。

 

 

 その日、議員会館を後にした直後の車内。
 文章にすると堅苦しいですが、私たちなりの思いを自由闊達に話しました。

 

 

 

 

果たして集まるのか?

正直、分からない。そんなことは、やってみないと分からない。

 

 

安倍元総理を守り切れなかった、政策だけは守りぬく!と奈良議員たちが組織的に動き始めました。

【奈良県】市長会・市議会議長会・町村議会議長会の全ての会長が賛同。今度こそ安倍さんの政策を守り抜く。

 

広島は、総理を輩出したのはうちの県だから力を貸すといってくれました。

【広島】政府を動かす一助になるなら。広島市議会最大会派、全員賛同

 

現場となった堺市は、自民・維新の議員団の全てが賛同してくれました。

【大阪】裁判官は、堺市民のバッジも、堺市議のブルーリボンバッジも取り外させました⇒自民堺市議団・維新堺市議団の全員が共同声明に賛同。

 

 

少しずつ声をかけあい、徐々に大きくなってきています。

 

 

 

議員の共同声明は、オンラインからも賛同できます。
 じつは本共同声明は、厳密に言えば署名ではありません。特に提出先もございませんでした。ただ単に「私は着用する」という、それぞれの政治家の共同声明に過ぎません。よく見てみてみると、文章の中には”署名”という言葉はありません。紙媒体の用紙には下段の但し書きに用いておりますが、オンラインかも賛同が可能となっております。(なりすまし対策は、各議員のSNSアカウントを用いています。)

下記が、実際の共同声明であり、またオンラインでの賛同フォームになります。

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明

 

 

 北村事務局長に、もう一言だけ言わせて頂きました。

 国会議員の中では、北村先生を最上段に書かせて頂きます。古屋会長がサインして頂いたならば、古屋先生を一番にさせてください。
 そのうえで、これは地方議員主導の共同声明です。そのため、地方議員を上段に書かせて頂きたい。ですから、この声明文は地方議員が上位に来ます。

 理由は、私たち地方議員のほうが、いくらかは無茶が効きますから。
政権与党とは、「政権」(行政)であり与「党」です。政党活動も無理はしにくいのが現実だと思います、と。もしも500の議員が集まったならば、それは国会に対する「外圧」になりえますか、と。

 

 私たちは、誰かの勇気になりたいと思ってこの活動を始めました。

 北村先生からは「君たちから、勇気をもらったよ」と言って頂けました。
 内心では、すごく嬉しかったです。
 けれども「北村事務局長も、勇気を与える側ですよ!」と恰好よく言い返してしまいました。
 颯爽と言ってしまいましたが、あてもなにもありませんでした。

 あとは頑張るしかない。
 誰かの勇気になりたい!という同志が集うことを信じる。

 

※ こちらのサイト立上げにも、かなりの負荷をさいてしまい、私のメインサイトであるBlogのほうが疎かになってしまっておりました。少し、意地になっていた部分もあります。西岡さんに笑ってほしくて。

ちなみに、この話は速攻で進めます。そのまま一気に飛ぶ。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

7 Responses to 【感謝】拉致議連事務局長、北村経夫参議院議員が共同声明に賛同してくれました。

  1. 波那 より:

    早坂隆@dig_nonfiction
    横田めぐみさんは拉致された当時13歳でしたが、私の娘が今13歳。めぐみさんはもちろん御両親の心痛を思うとやり切れません。それから若い人はあまり知らないそうなので書きますが、小泉訪朝以前は一部の政治家やメディアが「北朝鮮が拉致などする筈がない」と主張していました。嘘のような本当の話。
    午前7:50 · 2021年11月16日

    日本人を拉致したのは北朝鮮と在日朝鮮人。

    日本のマスコミは北朝鮮の責任については言及するが在日朝鮮人の責任については言及しない。

    もっと在日朝鮮人が日本人を拉致したことを広く知らせるべきである。

    在日朝鮮人は日本人を拉致した加害者である。知らなかったは通用しない。

    未来永劫、子々孫々在日朝鮮人は日本人を拉致した罪から逃れる事はできない。

    罪を犯した在日朝鮮人を許してはならない。

    🔻左翼「北朝鮮が拉致などする筈がない」
     https://hoshu-hoshu.blog.jp/archives/16358514.html
    ……………

    スパイ取り締まり法がないからと言う理由で日本人拉致に協力した犯罪組織を悠々自適と暮らさせてやってる、油断と隙だらけしかない、この国の不穏分子に対する “穏やかな雰囲気” も問題ですよね。まるであっちの方が被害者ぶる権利を持ってるみたいに「朝鮮学校に日本人は金を出せ」とユスリまでさせてやって。強制的に連れて来なくても密入国で雪崩れこんで入り込んで来たのに!!もし朝鮮戦争が勃発せずに終戦後に始まったGHQの帰国事業が中断して居なければ日本には居なかった者達。国内が反乱と暴動で、警察官さえ武器の携行を許されてない惨憺たる状態の日本だったから危機を察した吉田茂首相は一人残らず帰還させようとしていたのですから。だから、彼らが居なければ拉致も起こらなかったです。国内に居る協力者の手引きが無ければ出来なかったはず。

    1. 波那 より:

      うえはたのりひろ 神戸市会議員(東灘区選出)
      @NorihiroUehata
      特別永住者制度は特定の国籍者を優遇するものであり、不要。むしろ特定国以外はいくら本人が良識的であっても適応されないという差別制度で廃止すべきと考えます。同盟国であるアメリカ籍者でさえも適応されないのです。特別永住者制度は日本の国益にはなりません。
      木星3 💉💉💉💉
      @tetsulovebird
      返信先: @fyn36さん
      特別永住制度の廃止まではっきりと言っている政治家が他にいたら教えてください。全力で支援しますわ。
       https://jijitsu.net/entry/hashimototooru-tokubetueijuusya-gaikokujin-sanseiken
      午後3:29 · 2020年1月12日

      特別永住制度は廃止し、特別永住者には一般の外国人と平等に改めて永住資格の審査を受けさせるべきである。

      永住資格の要件は、① 素行善良要件② 独立生計要件③国益適合要件の3つがある。

      この3要件を満たしていない特別永住者は全員強制送還するべきである。いまさら帰化は認めるべきではない。

      したがって日本人や一般の永住者と結婚しているという事例などを除いて、現在生活保護を受けている特別永住者は全員強制送還されることになる。

      さらに犯罪歴のある特別永住者も反日活動をしている特別永住者も同様に全員強制送還される。

      日本人にとっては利益しかない。一刻も早い実現を望む。
       https://hoshu-hoshu.blog.jp/archives/16202014.html

  2. autumn ripple より:

    良い事だとは思うのですが、私には「その先」が見えなくて考えてしまいます。
    例えば全議員、全公務員がブルーリボンを着けるようになったとして、そうなった時にどういう影響があり、どう被害者が救済されるのかが見えないのです。
    そうなった時にマスコミが大々的に報道して機運を高めてくれるか、といったら、触れもしない気がしますし、もしそうならずに今こそ拉致問題解決だ!と全国民が訴えたとして、そうなったら北朝鮮に対して何ができるようになるのか、が見えないのです。
    今は、風化させないことが大事なのはわかってはいるんですが……。

  3. jun より:

    選挙の際、北村経夫参議院議員を統一教会が応援しました。

  4. 波那 より:

    大丈夫ですか?🤯
    何かも~、もの凄い事になってますね。知らなかった。

    🔻「沖縄を中国の属国にしたいデニー候補」「民族浄化されます」とツイート 大阪の市議を告発(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース

     沖縄県知事選に立候補している玉城デニー氏を巡り、大阪府泉南市の添田詩織市議が「沖縄を中国の属国にしたいデニー候補。ウイグル・モンゴル・チベットのように日本民族も強制収容所に入れられ民族浄化(虐殺)されます」とツイッターに投稿したのは公選法違反(虚偽事項公表)に当たるとして、市民団体の代表2人が5日、大阪府警泉南署に告発状を出した。

     「奈良-沖縄連帯委員会」の崎浜盛喜代表と「共生社会を考える会」の出原昌志共同代表が、大阪市内で記者会見して明らかにした。同日、泉南市と泉南市議会にも対応を求めて申し入れをした。

     告発状は投稿内容が事実でなく、「玉城氏が当選すれば民族浄化が行われるという驚(きょう)愕(がく)すべきヘイトスピーチ」「ヘイトクライムの挑発となる」と批判。市議の立場にあり影響力も大きいと指摘した。

    添田詩織@soedashiori
    沖縄を中国の属国にしたいデニー候補。
    ウイグル ・モンゴル・チベットのよ うに日本民族も強制収容所に入れら れ民族浄化 (虐殺)されます。
    ……………
    にこ姉 @nikone_25 8月29日
    【え?!】 沖縄知事選、 玉城候補 「日米から沖縄を取 り戻す!!」
    つまりデニーが勝てば、 沖縄はデニーによって陥落 し、その瞬間に中国によって占領されるという事を示 唆しているのかな? 沖縄県の皆様は中国人になりたい ですか? まさか独立して今の生活が続けられるとで も? moeasia.net/archives/49707…
    午後6:21 2022年8月29日

    🔻「沖縄を中国の属国にしたいデニー候補」「民族浄化されます」とツイート 大阪の市議を告発
    9/6(火) 9:22配信 沖縄タイムス

    「沖縄を中国の属国にしたいデニー候補。日本民族も強制収容所に」は「虚偽」 投稿した大阪の市議を告発

    (虚偽って…、まるでウイグル ・モンゴル・チベットが民族浄化されてないみたいに。事実を指摘されたらヘイトなの・・・)

     沖縄県知事選に立候補している玉城デニー氏を巡り、大阪府泉南市の添田詩織市議が「沖縄を中国の属国にしたいデニー候補。ウイグル・モンゴル・チベットのように日本民族も強制収容所に入れられ民族浄化(虐殺)されます」とツイッターに投稿したのは公選法違反(虚偽事項公表)に当たるとして、市民団体の代表2人が5日、大阪府警泉南署に告発状を出した。

    【写真】「沖縄を取り戻す」デニー氏の発言、独立宣言かと拡散 実は…

     「奈良-沖縄連帯委員会」の崎浜盛喜代表と「共生社会を考える会」の出原昌志共同代表が、大阪市内で記者会見して明らかにした。同日、泉南市と泉南市議会にも対応を求めて申し入れをした。

     告発状は投稿内容が事実でなく、「玉城氏が当選すれば民族浄化が行われるという驚(きょう)愕(がく)すべきヘイトスピーチ」「ヘイトクライムの挑発となる」と批判。市議の立場にあり影響力も大きいと指摘した。(関西支社・具志堅毅、編集委員・阿部岳)

    🔻「もうすぐ人民解放軍が来る」は根拠不明 沖縄知事選で出回る“中国人”動画【ファクトチェック】
    2022年9月6日 07:31 沖縄タイムス

    沖縄県知事選を前に、「那覇市役所前で上海から来た中国共産党員が『もうすぐ人民解放軍が来る。その時分からせてやる』と主張する動画」が交流サイト(SNS)で出回っている。しかし、動画を確認すると「根拠不明」だった。

     動画は市役所前でヘイトスピーチ街宣を繰り返していた「シーサー平和運動センター」がユーチューブに上げている。2016年12月、団体メンバーが旅行者らしき男性を怒鳴り上げる様子が映る。

     音声を確認すると、団体メンバーが「そのうち中国人民解放軍が来る」などと主張している。男性の方は「上海から来た」と言ったほかは、人民解放軍、共産党員などの単語を出していない。

     しかし、映像では男性の姿に「今に人民解放軍が来る」という字幕がかぶせられ、あたかも男性がそう言ったかのように演出されている。

     ツイッターでは「沖縄はそこにある危機に気づけ」など、知事選に関連付けて動画を引用するツイートが複数あり、8千~1万4千回「いいね」「リツイート」されている。本紙がNPO「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)のガイドラインを参照してファクトチェックした。(編集委員・阿部岳)

    (⁠◔⁠‿⁠◔⁠)図星を指された沖タイくん、必死になってる。

    ☞⁠日米から沖縄を取り戻す
    ☞⁠琉球は日本に奪われた

    チャイナの傀儡になる未来しか見えて来ないんだよ。

    Twitter
    https://mobile.twitter.com › status
    添田詩織 on Twitter: “私を犯罪者のように放送する関テレさん。ウイグル …
    18 時間前 — 添田詩織 · @soedashiori. 私を犯罪者のように放送する関テレさん。ウイグル•モンゴル•チベット、【民族浄化】というワードをTVで取り上げて下 …

    Twitter
    今日から議会スタートだから関テレ取材陣が来てたら正論ぶちまけてボコボコにしてやんよと思ってたのに来てないやないかー!!
    Twitter · 1 時間前

    YouTube アプリ
    【世界一美しい議員・添田詩織が『刑事告発された』と関西テレビが大報道 …
    4 時間前 — マスゴミ・関テレの報復報道https://news.yahoo.co.jp/articles/67a671872ab30bc7b1d1fa44ac673c2bbaddf547□報復の理由は …

  5. ミカンの実 より:

    関西TVでしょ?そういうTV局なんですよ。
    ヘイトですって?なにそれWWWWW大草原の超小さな真実の家❣️
    日本人のためのマスコミ関係の言論の自由は、『報道しない自由』しかないですよね?大騒ぎしたら、その反対が多分本当です。とても美しい様式美です。

    添田詩織議員、心からありがとうございます。本当に本当に頭下がります。

  6. ロード より:

    北村経夫先生、ご署名ありがとうございます!
    そして、「(500名も)やれるのか?」とは、わたしも正直そう思います。
    自らとてつもないハードルをぶち上げる、国会議員の先生にもぐいぐい迫る、
    HPの創設・更新、度重なる強行軍、立てよ!という言葉、本当に勇気をありがとうございます。

    >はっきり言います、地元の市の有権者から、ここまでしっかりしたサイトの賛同要請を受ければ
    >「10人に2~3人は協賛する」ものです。

    これは本当でした。
    有権者からの依頼は絶大ということ、そして拉致問題の解決を願う政治家は全国に沢山いることが証明されました。
    小坪会長を助けるのは我々しかいません!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください