【拡散】みんなでやれる、拉致啓発活動。誰でもできる地方議員向けの文例案。 #ブルーリボンを守る議員の会 、サイト公開。【共に戦う人はシェア】


 

 

政治家それぞれが「拉致被害者救済活動の象徴、ブルーリボンバッジ着用の強い意思を内外に示す」ため、共同声明を発表しました。すでに賛同者は90議席を超えています。
これは私たち保守系地方議員による「攻勢防御」です。いいようにやられる今のメディアに在り方にも一石を投じる狙いもある。内容としては「ブルーリボンバッジを着用する」という政治家個々人の宣言、その集合体になります。

安倍元総理は拉致問題に大変なご尽力を頂いておりました。私自身、救う会福岡で副代表を拝命しておりますが、拉致の広報啓発も後退するのではないかという危惧はございます。北朝鮮もそのように思っているのではないか?と思うと悔しくてなりませんでした。
 何より、家族を拉致された方々、家族会も不安な思いを抱えていると思います。

地方議員はそんなに偉いものでもありません。特別な力があるわけでもない。相手が北朝鮮と言うことを考えると「助けに来たぞ!」というには些か頼りない援軍なのかもしれませんけれど、とりあえず地方議員ら90名が集まりました。

合言葉は。
誰かの勇気になりたくて。

拉致問題が後退するのではないか?という保守の不安、家族会や救う会の悲痛な空気を変えたくて。
「きっと風化する」とニヤニヤ笑っている、メディア関係者がどこかにいたとしたならば。
その風潮を変えたくて、現実を変えたくて。

皆様にお願いしたいことがございます。この声明は(署名ではないため)オンラインで集めることができるのです。成りすまし対策はいたしますが、”ネットで要請することができる”点です。

現在の賛同者90名は、ネットで発信力があるという先生ではなく、リアルで高い政治力を持っている先生たちです。私たち90名も、リアルで賛同者を集めてまいります。2倍3倍には増やしていけるでしょう。

是非、ネット上においても、例えばご地元の先生に「こちらについて賛同をして頂けませんか?」と、皆様からもご協力をお願いしたいのです。

自分の住む街の、我が町を愛する議員たちも共に名を連ねてくれることを信じて。。。
その地に住む貴方だからこそ、言えることがある。有権者だからこそ伝わる声がある。
この共同声明に、貴方の住む街の名が記せるかどうか、それは貴方が動くかどうかにかかっています。

大丈夫、どんな議会でも一人か二人は賛同してくれますよ。
やるかやらないか、です。

どういうメールを送ると効果的か、文例を作りました。
こちらについては、ほぼコピペで送っても大丈夫です、誰でもできます。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

拉致被害者救出のため強い覚悟をもって
ブルーリボンバッジを着用する共同声明

 我々は我が国の政治家として、北朝鮮による日本人の拉致事件は単に拉致被害者の人権侵害というだけではなく、日本の国家主権の侵害の問題として認識し、これまで拉致被害者の救済のために議会活動その他国民運動に邁進してきました。

 いま地方行政においては、執務中の職員までもがブルーリボンバッジを着用する自治体が少なからず存在し、東京都知事、大阪府知事、沖縄県知事をはじめ、警視総監までもがブルーリボンバッジを着用して議場に入場しています。国においても、全ての閣僚がバッジを着用して閣議に臨み、官房長官自らがその写真を撮影して拉致被害者のご家族に報告しています。

 ブルーリボンバッジは拉致被害者救済活動の象徴的な存在です。これを公有地である裁判所の敷地内で着用させないよう、司法という国家権力を持って命じられるという暴挙がありました。驚きと深い悲しみを禁じ得ません。さらにその理由が法廷で釈明されていないことには怒りすら覚えます。だからこそ、ここに我々は、覚悟をもってブルーリボンバッジを着用することを宣言いたします。

ブルーリボンを守る議員の会

 

 

 

賛 同 者 一 覧

行橋市議会議員
小坪慎也
綾瀬市議会議員
笠間昇
逗子市議会議員
丸山治章
東京都議会議員
小松大祐
伊丹市議会議員
佐藤良憲
観音寺市議会議員
合田隆胤
北九州市議会議員
井上秀作
北九州市議会議員
西田一
あま市議会議員
森こうじ
枚方市議会議員
田口よしのり
広島県議会議員
緒方直之
広島県議会議員
山木茂
亀岡市議会議員(新清流会・幹事長)
西口純生
亀岡市議会議員(新清流会・幹事)
平本英久
亀岡市議会議員(新清流会・幹事)
菱田光紀
亀岡市議会議員(新清流会)
福井英昭
亀岡市議会議員(新清流会)
齊藤一義
亀岡市議会議員(新清流会)
小川克己
亀岡市議会議員(新清流会)
奥野正三
亀岡市議会議員(新清流会)
浅田晴彦
亀岡市議会議員(新清流会)
大塚建彦
衆議院議員
石橋林太郎
三重県議会議員
小林貴虎
二宮町議会議員
大沼英樹
高浜町議会議員
児玉千明
茅ヶ崎市議会議員
水島誠司
大阪拉致議連会長/大阪府議会議員
西田薫
大阪拉致議連幹事長/大阪市会議員
太田昌也
大阪拉致議連事務局長/大阪府議会議員
西村日加留
大阪府議会議員
西元宗一
大阪府議会議員
山本眞吾
堺市会議員
西川良平
東大阪市議会議員
野田しょうこ
寝屋川市議会議員
辻谷恵一
羽曳野市議会議員
西谷孝宏
泉南市議会議員
添田詩織
泉佐野市議会議員
大和屋貴彦
早島町議会議員
佐藤智広
菰野町議会議員
伊藤敦
海老名市議会議員
永井浩介
福岡県議会議員
西元健
衆議院議員
桜田義孝
福島県議会議員
渡辺康平
沖縄県議会議員
花城大輔
那覇市議会議員
大山孝夫
中土佐町議会議員
佐竹敏彦
横浜市会議員
こしいしかつ子
寒川町議会議員
杉崎たかゆき
平塚市議会
臼井照人
大村市議会議長
村崎浩史
行橋市議会議員
井上倫太郎
香川県議会議員
大山一郎
二宮町議会議員
松﨑健
(前)湖南市長(元全国市長会副会長)
谷畑英吾
(前)貝塚市議
田中がく
明石市議会議員
千住啓介
(前)豊島区議会議員
くつざわ亮治
中野区議会議員
吉田康一郎
逗子市議会議員
八木野 太郎

奈良県

奈良県市議会議長会会長
川田裕(香芝市議会議長)
奈良県町村議長会会長
新澤良文(高取町議会議長)
奈良市議会議長
土田敏朗
大和高田市議長
仲本博文
天理市議会議長
大橋基之
吉野町議会議員
西澤功平
大和郡山市議会副議長
堀川力
大和郡山市議会議員
吉川幸喜
明日香村議会議員
柳谷信子
橿原市議会議員
吉川ひろお
高取町議会副議長
森川彰久
斑鳩町議会議員
井上卓也
上牧町議会議員
上村哲也
香芝市議会議員
下村佳史
香芝市議会議員
芦高清友
橿原市議会議員
谷井宰
王寺町議会議員
若林かずみ
御所市議会議員
小松久展
大淀町議会議員
鍵本源則
吉野町議会議員
上佳宏

広島県

広島市議会議長
佐々木寿吉
広島市議会副議長
母谷龍典
広島市議会議員(自民党・市民クラブ 幹事長)
山路英男
広島市議会議員(自民党・市民クラブ 副幹事長)
水野考
広島市議会議員(自民党・市民クラブ 副幹事長)
川口茂博
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
中本弘
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
碓井法明
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
山田春男
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
八條範彦
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
宮崎誠克
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
平岡優一
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
椋木太一
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
西佐古晋平
広島市議会議員(自民党・市民クラブ)
三宅朗充

明日の午後には、さらに追加されていきます。

 

最新版はこちらをご覧ください。

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明

 

 

 

軍艦を一隻竣工させるようなもの。
必死に作っていたHPです。

本当は、私のBlogが古すぎて、そろそろリニューアルしたいと思っていました。
もう8年近く使っています。いや9年か。

動作も緩慢になってきたし、インターフェースだって使いやすいわけではありません。
当時は最新鋭で、個人BlogでSSLを実装したサイトなんてそう多くはありませんでした。
始めた当初はSSL化してなかったんじゃないかな。

 

ガラケー対応してたんですよ、当時。
絵文字の表示とか、そういうのがバグで出て大変だったり。

そもそもアフィリエイトのついていない、自前サーバーでのサイト構築自体が異例でした。ある意味では切り開いてきたサイトです。

当時の最新鋭艦も、いまや老朽艦なのかもしれません。
とはいえ、水兵(読者)の質は異常な練度。
常に超長文Blogを読み続けて、民度の高さについてはネット上でも折り紙付き。
かつ、その一糸乱れぬ足並みは、いまはyoutuber等のほうがアクセスとしては上位であったとしても、「国会議員ですら無視できぬ、規模感と統制」が誇りです。

 

まぁ、ブルーリボンを守る議員の会のデザインですね、
ほんとはこっち(自分のHP)を作りたかったんですが、デザイン予算も時間も、そっちに割いてしまいました。

その点、読者の皆様には申し訳ない。
怒る人はいないと思う。そうしたかったから、そうさせてもらった。

 

このサイトを作りにあたっての文書も、かなりのテキスト量が必要でした。関係する議員も多く、内部の稟議には尋常ならざる調整負荷も必要でした。けれど、とても良いものができたと思う。

 

言っとくけど、むっちゃ恰好いいからね?
ここにだったら名前が掲載されて誇りだなって思ってもらえるデザインじゃないと意味ないから。

こちらは一般用の署名のほう。

ブルーリボンバッジを禁止した裁判官の直接の説明を求める署名

 

はぁ・・・、ほんとは自分のサイト、やりたかったなぁ。

けど、いいんだ。

家族会の人とか、少なくとも西岡会長は喜んでくれるだろうから。
合言葉は「誰かの勇気になりたくて。」だもの。

 

 

 

協力要請

で、皆様にも、乗って頂きたい。
「誰かの勇気になりたくて」というプロジェクトに。

大将が討ち取られて、銃を投げ捨てて泣き叫んでへたりこむような連中じゃないだろ、うちの読者は。
もう喪に服すのはやめだ、出るぞ。俺は、立って戦え!としか言わない。

貴方は立ってくれると思う、どっかの誰かじゃない、貴方だ。
モニターの前で、この文字を見ている人、そう、貴方。

 

誰の勇気になりたいかは、分かると思う。

 

先ほどのリスト、かなりの人数ではある。
けれど、貴方の住む街の議会名はありましたか?
なかった人も多いと思う。

「載ってたらいいな」って思って読みませんでしたか?
じつはですね、今日は耳より情報です。

掲載できる、素晴らしい方法があるのです。

 

 

(要請文案)
ま、これはコピペでもいいです。
けれども、おもいおもいの文面、書いて欲しいですけどね。

●●市の○○に住んでいる者です。

インターネットで、”ブルーリボンバッジを着用します”と宣言した政治家の共同声明が始まっており、救う会全国協会の西岡力会長からの要請文も掲載されていました。東京都議から、大きな自治体の議員さんたちも多数が名前を連ねておりました。中には普通の市議さんや町議さんもおられます。広島市議会など、会派単位で賛同している例もありました。

始まったばかりのようですが、国会議員も含めすでに100議席の先生が参加しています。しかし、我が町の議員は参加しておりません。とても寂しい思いをしました。

安倍元総理が凶弾に倒れ、心を痛めております。
テレビでは酷い報道ばかりが溢れ、夢や希望を感じさせる政治のニュースはありません。拉致問題を取り上げてきてくれたのが安倍元総理ですが、このまま拉致問題は風化してしまうのではないか?という声すらありました。

その中で、だからこそブルーリボンバッジを着用しよう、覚悟を持って着用する!という宣言でした。とても素晴らしい取り組みだと思います。

是非とも、我が町の議員として「拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明」に賛同してください。

https://blue-ribbon-guardian.org/statement/

地元住民として、このサイトに名前があると誇りに思えます。

郵便番号●●●
●●県○○市△△区 氏名
(電話番号)

 

氏名と連絡先を書くかはお任せします。
送る相手が自民党の先生であったり、保守系の先生であれば特に問題はありません。
また左派系でも、無茶苦茶はしてこないと思います、普通は。(普通ではない人もいるので、その点は保証できません。)

 

住所氏名を書くかは任せますが、これが書かれていると「うぉ」と向こうはプレッシャーに感じます。得票に直接的に関わる話だと理解するからです。

書きたくないなら書かなくても大丈夫、できれば市の名前とだいたいの住所(校区名)ぐらいは記してあげたほうがいいとは思います。書いたほうが効果は高いとは思いますが、強制はしません。

これはその地に住民票をもっている貴方にしかできません。
貴方の住む街の名を冠した議会の名前が、リストに掲載されるかはどうかは貴方のアクション次第です。

はっきり言います、地元の市の有権者から、ここまでしっかりしたサイトの賛同要請を受ければ「10人に2~3人は協賛する」ものです。よっぽど嫌じゃない限りはしますよ。

 

闇雲に撃ちこめとは言いませんが(これはやっても悪い話ではないですが)、各議会にも1~2議席はいますから、どんなに小さな議会でも。

だから、送ってください。
かなりの高確率でサインすると思います。
かなり抑えて宣言文は作りましたから、協賛は得られやすいと思います。

 

 

 

大量の豆鉄砲が、凄まじい破壊力を産む
貴方が自分の住む街の議会に、まぁ(ちょっと嫌だなって思う政党は除外したとして)10人ぐらいにメールしたとしましょう。FAXでもいい。

だいたいHPぐらいは持ってますからね、ググったら出てくる。
議会事務局にお手紙を送って、託してもらうでもいい。

ま、とりあえず10人にやったとしましょう、
それでやっと1議席です。

 

たった1議席かよって笑わないでください、すごい数になるんです。
日本には市区町村が1700議会あるわけですが、仮に1議会で1名の参加があった場合ですけど「1700議席の、地方議員の組織が完成する」のです。

 

ぶっちゃけあと200議席ぐらいは乗るんです、ここは先日のBlogで書いた通り。
だから現状で、すでに300議席近い組織規模にはなってるんですよね。

それが400とか500議席になったらどうなるか分かりますか?

 

↓考えながら、スクロールしてください。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国家が動きますよ。

300議席以上の地方議員組織なんて、そのレベルになれば(全国比例ではなく)小選挙区であっても選挙に響くレベルですから。

 

うん。

やってやろうと思ってる、私は。

 

だから、乗ってくれないか?
このプロジェクトに。

 

誰かの勇気担いたいんだ、その「誰か」には、保守層を含む。
この閉塞感を打破したい。斬りこみたいんだ、目の前の現実に。

だから地方議員のバッジを、恐ろしくたくさん集めたい。
交渉をしたいと思う、国と。

私は、できる。
広島市議会は、自民党の最大会派が全員賛同した。
総理を輩出している広島は、いまは官邸への影響が大きいからと説明して、お願いしたんだ。「だったら俺たちに任せろ」と、全員サインしてくれたんだよ。

 

ぶっちゃけ、途中までやってる。

あとは数だな。

 

 

 

ネットでも。

Twitterであろうが、Facebookであろうが、何でもいい。

地方議員に伝えて欲しい。

「賛同して欲しい」と。

 

すでにブルーリボンバッジを着用している地方議員なんて、いっぱいいるから。

その人にDMを送るでもいい、FBでメールを送るでもいい。

一発で話は通ると思う。

 

集めていこう、やっていこう。

 

 

”こうなったらいいな”って、そう思っているだけじゃ、現実は変わらない。

ようは一歩を踏み出す勇気をもてるかどうか、です。

 

 

 

私は、やる。

 

誰かの勇気になりたいからだ。

 

文書作成のコスト、調整コスト、あと実際の費用等々

 

私が払えるものは払った。

 

私はやる、

 

貴方はどうか、

 

二択だ、やるかやらないか。

 

どこかの誰かじゃなくて、モニターの前でいまこの文字を読んでいる貴方に問うている。

 

強制はしない、無理やりやらされるものではないからだ。

 

それぞれの者が、

 

それぞれの立場で、

 

なすべきことをなせ。

 

貴方しかもってないツールがある。

 

巨大なアクセス数を持っているインフルエンサーならば、自らの武器を。

 

そして貴方しか持ってない武器は、住民票であり投票権だ。

 

いまこそ貴方の武器を行使してくれ。

 

一人でも多くの仲間を集めたい。

 

誰かの勇気になりたいからだ、

 

思いは通じると信じる、

 

貴方にも、貴方の住む街の議員にも。

 

「わかった、やってやる!」と立って戦う人は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

7 Responses to 【拡散】みんなでやれる、拉致啓発活動。誰でもできる地方議員向けの文例案。 #ブルーリボンを守る議員の会 、サイト公開。【共に戦う人はシェア】

  1. ミカンの実 より:

    ありがとうございます。
    これなら私でもできます。今日中に私が投票している市議会議員にメール送ります。
    もう既にされているかもしれませんが。

  2. 広島県民 より:

    広島市議会議員の皆様、素晴らしいです。
    ありがとうございます❗️

    河合さんの件で、人間関係もグチャグチャにされたと思います。負けずに頑張って下さい。応援しています。

  3. ロード より:

    私の武器。
    選挙区の衆参議員。
    自民党員の紹介議員。
    県議、市議。結構いますね。共に戦います!

  4. 神無月 より:

    個人的には、小坪市議のブログは見やすく安心して読める作りだと思います。
    宣伝広告等のアフィリエイト無しも、政治家ブログですので良いです。
    まあ、ブログの安定感と新鮮味は紙一重ですので、上手く移行されれば良いかなと思います。

    ブルーリボンは、保守の錦の御旗として重要に思います。
    が、似非保守に利用される可能性が心配です。

    米国の共和党も、似非保守が入り込み、大統領選でトラさんがひどい目に遭ったことで、今、トラさんを中心に共和党議員の似非の洗い出し洗濯中のようです。

    まあ、民主党もグチャグチャのようですが・・・

    さて、地元の新人の市議会議員は自民党ですので、声掛けしてみます。
    .

  5. y より:

    オリジナル文面にて、区議10数名に送りました。

  6. K_NKGW より:

    小坪先生
    地元市議17名にメールをお送りし,お一方から賛同する旨のメールを頂きました.声が届くって嬉しいものですね.

  7. コブラツイスターズ より:

    とりあえず地元議員の何人かにメールを送りました。
    どこまで貢献できたかはわかりませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください