拉致被害者を取り戻せる、そう信じたい論拠。安倍・トランプ時代にかけた経済制裁が直撃中。


 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

 

 

半ば祈りを込めて、にはなる。
安倍・トランプ時代にかけた経済制裁は、高い効果を発揮している。私の口から述べていいことではないと思うので(ただ、救う会福岡の副代表としての発言ならば可能なのだろうが)、詳細は言わないけれど、かなり確信をもって述べることができる。

菅政権においてもこれを踏襲。
北朝鮮を国とは言いたくないのだけれども、分かりやすい言葉で言えば「国体がガタガタ」だ。向こうでの公務員は、やはり、まぁ、ああいう国であるから、側近であればあるほど「それなりに良い待遇」がされる。これは裏切りを恐れる独裁政権下なりの特色もあると思う。

このあたりの指標を黙々ととっていた人たちもいて、それは公式のインテリジェンスではないけれども、より精度の高い部分として、「在る」ことは断言したい。信じるに足るだけの論拠が、実は私も伺わせて頂いている範囲において、在る。

さて、岸田政権だが、拉致問題については強気の発言を述べている。
ここは西岡力会長も直接のお話はされているのだけれど、西岡会長からも(外部では言えないような話も)伺ってはいる。私なりの推測もあるけれど、向こうも相当に厳しい。

どの政権下で伝えたのかは明言しないけれども、「もしも(高齢となってしまった)家族が、みな亡くなってしまった状態で、北朝鮮が拉致被害者を解放したとしても、友好ムードは産まれない」という強いメッセージは、示されている。

日本にとっても時間はない。
しかし、北朝鮮にも時間はないんだぞ、という交渉は、なされている。
安倍政権以降の、かつ岸田政権前(と言えばどこかは分かると思うけれど)においても、相当なメッセージが出されている。

問題となっていたのは、世論の風化だ。
課題は”風化阻止”作戦だ。奪還の力は地方議員たる私にはないが、風化阻止のためのプランであれば、我々でもやれる。
地方公共6団体および全閣僚、西岡会長の名でお願いしてもらったり、この場ではまだ言わないこと、言えないこともある。

めぐみ100%、それに伴う上映率の向上作戦。
そして今年のバッジ大作戦、次の一手もある。

奪還するだけの直接的な力は私にはない。
だが、奪還が、やや現実味を帯びて述べられるようになった際に(これはネット上では、立場のある方は明言を避けてはいけれど、リアルでは語られるようになってきている)、私たちが参加することになった戦線は、「広報・啓発」だ。

どの規模でフィナーレを飾るのか、12月10日の報告を楽しみにしておいて欲しい。

 

広報啓発だけで、奪還できるのかと言えば、ノーだ。
私は、政府を信じたいと思う。ここまで長期化していることに対して言いたいことは山ほどあるが、進んでいると信じたい。これは現政権ではなく、歴代政権も含めて、だ。

地方において、広報啓発が活発化することは、政権に対するプレッシャーにもなる。そう信じるよりあるまい、奪還を直接的に決断する権限は、私たち地方議員にはないのだから。
ならば、「最大限の広報啓発」をなすまで。地方議員として、やれる職権の範囲内で。

 

今日は、西岡力会長を行橋市にお招きし、講演会がありました。その直前に、県議・県職も交え、さらに救う会福岡代表・西岡会長も交えた会議がありました。とても疲れました。

そして、成果もありました。
その日が来たとき、私が「どのような場」で「どのような参加者」に対し、マイクを握るのか楽しみにしていてください。

今日は手抜きみたいで申し訳ないです、疲労もありますが、書けないんです、まだ。
ですから、クイズも出しましょう、
①場所はどこか。
②舞台の公式性という意味で、司会は誰か。
③舞台の規模として、同時に登壇する方は誰か。
④同じく、私の登壇時の参加者(聴く人)は誰か。

①~④が当たったら、かなり凄いですよ。普通じゃないから。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

10 Responses to 拉致被害者を取り戻せる、そう信じたい論拠。安倍・トランプ時代にかけた経済制裁が直撃中。

  1. 波那 のコメント:

    そうでしたか。やはり安倍・トランプ路線は強力で威力を発揮していたチームだったのですね。安倍総理の思いに呼応して頂いたトランプ大統領に改めて感謝を申し上げたいです。御二人は特別に仲が良くて、どちらも頭の回転が早くて、時代に即した偉大なリーダーでした。あ〜どちらも居なくなってしまったのだと…あの茫漠とした立ち直れない喪失感。荒野を歩む覚悟はあるか?と問うた人がいましたが、やっぱり荒野に投げ出されてしまって、右往左往で募るのは不安感ばかり。

    そこに居る、あなた達(誰とは言いませんが)、中途半端に国民の機嫌取ってんじゃ○○○!!

    それと全国の自治体の皆さん、朝鮮学校に授業料なんて、とんでもないことですよ。拉致されて無理矢理に連れて来られたわけではない、勝手に入り込んで来て、勝手に居座り、自由にいつでも帰りたい時に帰る事ができるのに、帰ろうとはしない。人権が〜差別が〜と被害者ぶって、反日してユスリ、タカリして居続けようとしている。北朝鮮で酷い目に合わされ、ひたすら毎日日本が迎えに来てくれるのを待っている、無理矢理拉致された我々の同胞は日々千秋の思いで帰りたがっている。無理矢理、強制的に連れて来られたなら帰国したいと思う筈でしょ。何故、思わないの?

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    2021/12/10と言えば、12月6日に召集され21日までの16日間の会期で予定される臨時国会の会期中ですね。

    扨て、万景峰号と言えば聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
    在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の資金で建造された船で北朝鮮と日本を往来し、北朝鮮への送金や工作活動に活用されていた工作船です。
    これとは別に、北朝鮮を支持する在日韓国・朝鮮人の寄付で集めた資金で建造された万景峰92と言う船もあります。

    万景峰号と言えば入港禁止が盛んに報道された時期もありましたが、マスコミがいい加減な報道を行うので非常に紛らわしく、混乱を招いて居ます。
    当初入港禁止処置が執られたのは、新潟と北朝鮮を結ぶ不定期便に就航して居た万景峰92の方でした。

    この入港禁止処置を議員立法で実現したのが、元総理である菅義偉議員でした。
    一方で辻元清美等が設立したピースボートは、万景峰92をチャーターし運航した事があるのですから、辻元清美には呆れて物が言えません。

    その後、入港禁止制裁は北朝鮮船籍の船舶全てに拡大され現在に至って居ます。
    更に北朝鮮の港に寄港した船の入港禁止に迄拡大されました。

    北朝鮮は航路としては地理的にほぼ終着地、或いは始発地である為、北朝鮮入りする途中でどれだけ寄港出来るかが、輸送コスト削減に繋がるのですが、極東では一番大きな拠点である日本に寄港する事が出来ません。
    北朝鮮便の船は独自に専用便で運行する必要があり、旅客にしろ物資輸送にしろ、北朝鮮は割高な運賃を要する状況に成って居ます。

    入港禁止と言えば、ただ日本に入れない様にしただけの様に思えるかも知れませんが、実は地味ながらも北朝鮮にとってはジワジワと確実に効く嫌がらせなのです。

    直接的な奪還作戦を決行出来無い状況下で、それなりには足掻いて見せて居るのも事実です。

    今後はより一層、実効的な展開に進展させたいものです。

  3. 氷河期の隙間世代 のコメント:

    拉致問題については小坪さんに感謝しかない。

    本当に有難うございます。

    ——

    【税金で遊ぶな】岸田政権、選挙で落ちた無職石原伸晃を内閣官房参与(日給26900円)に大抜擢!

    小坪さんが総裁選でワンイシュー(ウイグル問題)で担いだ岸田さんの暴走が酷い。

    岸田政権に挙党一致と媚中阻止の圧力をかけたかったという小坪さんの気持ちは分かる。

    だが岸田さんにそんな資質がないことは外相時代の実績で分かっていたはずだ。

    拉致被害者のご家族と同様に一億総貧困化に疲弊する日本国民に回り道を許容できる時間などない。

    —–

    有権者の武器は言論と投票行為。

    少しでもマシな政治家に圧力をかけ続けて国を変える。

    政治家を育てるのは有権者の責任だ。

    自分がやれと言う人間は差別と区別も分からないようなお花畑と同じレベルで耳を傾ける価値もない。

    有権者は仕事で社会に貢献しかつ納税の義務を果たしている。

    自分がやれは言論封殺であり全体主義者と同じ思考だ。

    保守も拗らせると共産党主義者と変わらないな。

  4. autumn ripple のコメント:

    目的の御説明ありがとうございました。
    これで例えば「何故これをやる必要があるのか?」という質問を返された場合でも丁寧な理由を返答できるので安心して地元議員に投げられます。
    理由を説明できない行動は嫌でしたので、受け売りでも説明できる安心感ができました。

  5. パコリーヌ(髭) のコメント:

    最大なら
    ①ジュネーブ
    ②安倍晋三
    ③日本とウイグルの拉致被害者家族
    ④世界

  6. 仙石 のコメント:

    相手の弱体化、衰微による降参を待っていたのでは。。。
    リーダー拉致拘束脅迫作戦という高度な方法を、練達の自衛隊空挺特殊部隊に遂行させて、カードを獲るしかないですね。高齢を思えばグズってる場合では無いような。
    昔のエンテベ特攻戦やモガディシュ特攻戦を可能にしたような態勢を構築せねばなりません。

  7. 神無月 のコメント:

    北朝鮮が拉致被害者を解放したとしても、友好ムードは産まれないという強いメッセージですが、拉致被害者を返されて友好ムードになるのでしょうか。

    生存する拉致被害者が返されたとして、国交正常化後の日本からの経済援助などを約束した「日朝平壌宣言」は有効となり、莫大な資金援助や食糧支援が行われるのでしょうか。

    拉致が頻発した当時、日本側も表沙汰にしたくない様な動きが有ったようですので、その責任は今では有耶無耶なのでしょうけれども、その辺りも子供たちに伝える必要は感じています。

    北は悪いが日本の政治家も悪い事をしていたと。

    トラさんの訪朝も米軍が本気で来ないと読んだ北は兵器の開発に勤しみ、迎撃の難しいミサイルの完成も間近のようで、親朝派の政治家さんも北の為に動き出すのかも知れません。
    .

  8. じいさん のコメント:

    安倍・トランプ効果が今頃出てきたから、在務省+犬岸田が全力で媚シナ路線回復中なんでしょwww
    :減税見送り、増税待った無しも、自民公約無視して、隙あらばじゃないの?
    で、どうやって拉致被害者が帰ってきたり、チベットウイグルが救われるのか、バカで無知な国民には、皆目、理解できません。
    今の犬岸田+利権在務(日本人はシネ官僚様だから政治は自由自在♡)路線が、何故、ウイグルを救えるのか、素人にも解り易く解説していただけませんか?

  9. いち のコメント:

    ①参議院議員会館
    ②櫻井よしこさん?
    ③安倍元総理
    ④ネットにつながる全世界の視聴者

    http://www.sukuukai.jp/mailnews/item_7705.html

    https://youtu.be/hbsaHoejKlY

    北朝鮮により拉致された日本人の帰国、ご家族との再会を心より願っています。風化させたくありません。
    この問題、20年前ならば無知ですまされた言い訳ももはや通用しません。被害者のご家族、まわりのご友人達、救う会の皆さんの声は私のような田舎のいち国民の耳にさえ届いたのですから。

  10. ふぃくさー のコメント:

    トランプさんが近く日本に行くとか発言してますが、まさか・・・(@@!

いち にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください