執筆活動などのため休載


 

 

少し長めの文章を書いています。
公開することは、いまのところ考えておりません。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

13 Responses to 執筆活動などのため休載

  1. ミカンの実 のコメント:

    サクサクとポチりました。小坪議員、お仕事、どうか実りのある豊かな結果をたくさん連れてきますように。祈っております。

  2. パコリーヌ(髭) のコメント:

    仕事(祭祠)をしない天皇になって1年も経たずにこの惨状
    スイス銀行で拘束された父親と経歴詐称《水銀》娘のカルマかしら

    別にファンでもない某俳優の死に胸が痛むのはなぜかと思ったら、彼って表情が日本人なのよね
    内面が心が日本人なのよね〜
    日本人が仲間が死ぬのは辛いのよ、日本人だから

    • 波那 のコメント:

      仕事をしない天皇になって、って皇居で何か見てこられたんで仰ってるのでしょうか? 私の愛読某ブログのコメント欄に、何処そこの誰それが何々という雑誌だかブログで言っていたと記事には関係ない皇室の方のことをしつこく書きに出て来る人が居て、最近その人の言ってる根拠のないデタラメを詳しく暴きまくってボロッカスのケチョンケチョンに書いてる方が出てきて本当に気分がスカッとしました。コピペしたいぐらいです。

      • BLACK のコメント:

        某俳優氏の表情は最近の若者の表情とは少々違うように感じます。
        雰囲気も美しさの質も今風と言うよりは古風な・・・・・

        私の私感ですが
        宮中祭祀の現在の状況は私には全くわかりませんが(当然ですが。)
        今上御夫妻のお人柄の真実は私には全くわかりませんが(当然ですが。)
        「もしかしたら今は神官の居ない日本国なのかも知れない」
        と言う覚悟は持っています。
        (こんな婆が覚悟を持っても何の意味も無いのですが、あくまでも個人として・・)
        それだけに安倍総理に期待し、安倍総理の責任は重いと思っています。

        小坪氏、公開しない執筆活動は
        私たちにわからないところで大活躍してくださるものと、
        わからないながら、わからないままに期待しています。
        (この場の読者さまたちは、そういうのお好きだと思います。もちろん私も。)

        以上 文責 BLACK

        • 波那 のコメント:

          祭祀ですか? 御譲位に伴う一連の祭祀の行事なら全てがYoutube で動画を御覧になれますよ。その他、それぞれの祭祀が報道されているかどうかまで知りません。報道されなければならないことではないですしね、確かめようがありません。それとか雅子皇后が皇后陛下になられてから突然に御公務をなさるようになったみたいに言われてますが、皇太子妃の時から地方公務など丹念にこなされている動画も沢山出ています。そして、見て確かめないまま悪意溢れる人達が書いたことを、そのまま真に受けてる人も居ます。

          兎に角、皇室を尊敬されている先生のブログですから、先生がお困りになります。他でなさったらよいことですよね。

  3. オ~ライ のコメント:

    小坪ちゃん  頑張っぇぇ~~~応援しますぅー    以上。たいしたこと出来ないけど。

  4. itibariki のコメント:

    応援クリック3点、毎日欠かさずやることくらいしか出来ませんが、がんばってー!

  5. 神無月 のコメント:

    Gotoキャンペーンの是非について、新型ウイルスの変異からか、感染力は強まりながらも弱毒化しているのではとコメントしました。重篤者数を隠して?いることからでした。

    悲惨だったイタリアの現状が、日本と同じ様な状況との記事が有りました。

    「どう猛な虎からヤマネコに変わった」新型コロナウイルスはワクチンを待たずに消滅か?
    https://www.fnn.jp/articles/-/64594

    上記の記事から、最先端の遺伝子解析技術で有れば、小さな変異も解っているはずですが、報道ではオブラートに包まれた様な曖昧な報道で、変異を隠蔽されている様にも感じます。

    ワクチンは巨大なビジネス分野ですので、命を金に替えたい人達がいるのでしょう。

    勿論、弱毒化していればインフルエンザと変わらないとの認識にもなりますが、油断の後には大きな後悔が訪れるものです。

    対策をしながらの経済活動の再開は必要です。
    秋になれば、新たな闘いが始まる可能性も十分有り得ます。

    政府も国民も学びの最中ですので、経験を生かし、予防、対策、変革の継続なのでしょう。

    コロナ禍は、社会の歪を見える形にする事が御役目なのかも知れません。
    .

  6. パコリーヌ(髭) のコメント:

    皇室の批判したらセンセーがお困りになるみたいね
    なら汚い事は言わないわ

    政治家なら国会で祭祠をしない天皇について質問された方知っているわよね
    マスゴミの報道だと天皇は祭祠だけやっていればいいと捏造されたけど
    あたしの大好きなおねづ様も仰ってたわよ、能力 適性の無い天皇は廃嫡されてきたと(笑)

    庶民はそれ程馬鹿じゃない、お顔を見れば分かるのよ
    分かってないのは盲目的な信者だけ。創価みたいにね
    三浦春馬のよう 鬼 喰わ
    日本人安楽死計画は 進行中 それが現実よ

    • 波那 のコメント:

      陛下を尊敬されているトランプ大統領も馬鹿じゃないですよね。お別れを言いにホテルまで来られてロビーで待たれていた両陛下を見られて御辞儀をなさいました。あの方はとても尊大な方なので、おそらく、どなたかに御辞儀をなさるのは初めての事だったでしょう。また中国の手前、国交の無い台湾を招待出来ない皇室の事を理解されていて即位式に出席出来ない御自分の代わりに台湾出身の閣僚を差向けられ、お心遣いをされました。大変頭の良い方です。

  7. ぎん のコメント:

    私も含めて保守系の人は、直接日本に勝手に絡んでくる特亜のことには、少しは知識があると思いますが、欧米の出来事にはあまりに遠い、日本と直接関係が薄い(と思っている)せいか、関心が低いと思います。
    過去にヴァチカン高官、児童への性的暴行で有罪評決 これまでで最高位(BBC)もあまり報道されませんでした。ですが少しアンテナを伸ばせば、今は誰でも遠い海外の出来事にも触れることができます。
    コロナ禍は世界で起こっています。トランプさんの動
    向など世界にも目を向けるきっかけにもなったと思い
    ます。

  8. サウ のコメント:

    本題からは逸れた、小坪市議には不快かもしれない事を述べます。
    御覧の皆様にも、理解しうる気質( 言葉が間違っているかもしれません )をお持ちでない方には、理解されない内容ですが、書かないよりは書いておいたほうがいいと思ったので。

    私にしても、宮中の詳細な情報を知る立場にはありませんが。
    一般論としてお聞きいただければと思いますが、祭祀には潔斎( 心身を清めること )が条件です(神道に多少関心があれば誰でも聞いたことがあるような知識です)。入浴とは違うので、湯船に浸かってはならないなど、細かな決まりがたくさんあるようですが、日本人なら、「 神職さんはそうするんでしょうね 」と納得するような話ばかりだと思います。検索すれば詳細が出てきます。
    これも一般論としてお聞きいただければと思いますが、なんらかの健康上、身体上の理由で潔斎が不可能であったり( この場合は不潔なまま )、または、「潔斎したけれども、その意味がなくなる」状態の神職がいたとして、  
    そのまま祭祀をしたならば、祭祀の手続きそのものが適正だとしても、
    「神々がそれを喜ばれるのか」、
    という問題があると考えます。  
    人間はごまかせても、神々を欺くことは不可能でしょう。 ( すると、当然考えられることとして、その神職本人も、
    そんな神職に神事を期待する人間も、
    日本の神々は畏怖や畏敬の対象ではないと考えていることになると思います。
    この感覚がわからない人は、仮に保守を自称していたとしても、私にははっきり言って、神道を軽視する唯物思想に見えます)。
    上記の件( 潔斎不可能 )の根拠ですが、私は、複数の所で、確実と思われるお話を掴みました。そのうちひとりは神社界の片隅の方だった、とのみ申しておきます。

    もたらされる情報がなんであれ、耳を塞いで目をつぶって考えない、という方には、無用の長物となります。
    私は自惚れているつもりはないので、こんな文章で何かが劇的に改善するなどとは思っていませんが、
    数年、数十年経ったときに誰かが、
    「 なんか妙なことを言ってる不敬の極みのやつがいたが、
    そこまで根拠に欠けていたわけじゃなかったのか 」と気づいてくださればそれでいいです。
    個人的には、日本はもうだめかもしれないという気もしてきていますが、まだ死んではいないので、  微々たることを何かはするつもりです( 物騒なことは考えていませんのでご安心ください)。

波那 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください