静かな夜


 

 

心を落ち着け、ただ前を見る。
しかし何を見ているわけでもなく、
かと言って、焦点があっていないわけでもなく。

何かを見据えている。
目の前のものではなく、何かを。

強いて言えば、未来を見ているのかも知れない。
起きうるであろう、この先のこと。
来て欲しくない未来であったり、または努力してでも得たい未来であったり。

せつなさ、悲しさ、
どうにもならぬ口惜しさ、
そういう様々なものは、きっと私の刀身の速度をあげていく。
鋭さを増していく。

静かな夜、
私は何かを見据えている。

 

こうは、なりたくなかったな、という部分だって、
そんな夜だってある。

なすべきことが見えていることも、時に幸せではないのだ。
なすべきことが見えすぎていることは、確実に幸せなことではない。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

6 Responses to 静かな夜

  1. パコリーヌ(髭) のコメント:

    愛しさと 切なさと 心強さと
    何時も感じている 貴方へと向かって🎵

    メロQの得票率5%位かしら
    散々ね もう金の話?鬱陶しい

  2. ぎん のコメント:

    何かを見据えている

    小坪議員が見据えておられる「何か」は
    きっと、多くの国民が望んでいる未来と重なっていると信じております。

    都知事選
    小池百合子  当確
    桜井 誠 前回より票を伸ばして現在5位?の大健闘!良かったですー!(誠ちゃん、個人的に好き)

  3. オ~ライ のコメント:

    好きな歌は、子連れ狼と桃太郎侍です。
    気持ちを込めて唄ってます。

    遠い昔から世界を裏から操ってきた、悪辣非道のDSカバール排除が水面下で進行しています。私が得た情報では、日本の大掃除は最後のほうで後回しだそうです。
    メディアの狡猾な論調をまだまだ信じてる人々が多数なので、国際金融詐欺団の持ち弾 (今の場合は、人種分断で憎み合わせ対立を煽る)は少なくなって来ているが、悪魔に魂を売った支配層が見境無く汚い挙に出るやも知れず、気を抜かずに注視しています。
    けど、悲惨な子供たちの救出活動から今は、大量逮捕が始まっていると思われ、この流れは変わらないと見ます。
     我が日本国の正義派とも慎重に警戒を怠らずに連絡とか繋がりは在るはずと信じます。日本のマスゴミの屑っぷり、全ての分野にカバールの手先が侵入して巧妙に立ち回って誘導して居ます。

    此処まで書いたら頭が纏まらなくなってきました。
    集団ストーカー攻撃で神経も思考の持続性もいつの間にか弱っちゃってました。ヘバッテるがまだまだ潰れはしません。あんな汚え卑怯な種族に負けて堪るか、です。
     サイコパスのダニちゃん達が正体を自分から晒しててご愛嬌のつもりか、ともかく焙り出されているけれど 人の良さそうな態度をシラーっと演じてるのがうじゃうじゃ居るんで油断は禁物ですが、その時はその時 状況に合わせた上での普通、の対応をするだけ、です。 
     あ、なんか情報の提示か心境の表明、なのかなんか長くなってまったです。
    小坪議員はオリオンに居たでしょ、前かその前に。
    いつの日か小坪議員と乾杯したいファンより……。

  4. BLACK のコメント:

    最後の将軍徳川慶喜は、本当はどのような人間で、どのような思考回路で、何を考えて行動したのかは、私にはわかりません。
    ですので、徳川慶喜に対して、擁護でも批判でもありませんが。

    歴史書では無く、小説・創作物ですが、司馬遼太郎著『最後の将軍』で
    慶喜には風が見えた、と書かれています。
    でもそれは決して幸せなことでは無かった、と。
    風が見え、自分がすべきこと、自分の立場が見えていた、と。
    でもそれは決して幸せなことでは無かった、と。

    なんだかそんなことを思い出しました。

    「それでもやらねばならぬことがある!!」

    ブログには書かれておられない、無言のご決意は
    この言葉かと、僭越ですが思いました。

    以上 文責 BLACK

  5. ぽのかのぽん のコメント:

    test

  6. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、、『静かな夜』というタイトルに刮目しております!

    >こうは、なりたくなかったな、という部分だって、そんな夜だってある。
    >なすべきことが見えていることも、時に幸せではないのだ。
    >なすべきことが見えすぎていることは、確実に幸せなことではない。

    小坪先生には、なすべきことが見えすぎている!のですね!
    でも、それが、小坪先生には幸せなことではない!のかもしれませんが・・・
    日本、日本国民全体の幸せからみたら、歓迎すべきことなのかもしれません!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください