GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】


 

 

初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQにより廃止された。
旧暦では、この日が1月1日。
今日が、元旦であったのだ。まさに国の始まった日。

サンフランシスコ講和条約において、我が国が一部の主権を回復してのち、国民世論のうねりにより「建国記念の日」として国民の祝日となる。
本日2月11日は、建国記念の日でありました。
そして奪われた「紀元節」という言葉を取り戻すべく、誓いを新たにする日であると存じます。

※ 昨日のエントリは、ライト層向けに書こうと趣向を凝らしたものですが、「建国記念日」と書いております。正しくは「建国記念日」ですが、私人としては「の」は抜きたいというのが本心です。必要に応じて修正も検討しますが、現時点では考えておりません。

その理由も書いておきます。「建国記念日」は、自民党により9回も提出、第一党であった社会党の反対で廃案。強行採決に踏み切った際には、体当たりを受け委員長が入院。社会党を納得させるため、譲歩して「の」をつけたという経緯があるためです。ご指摘も何点かありましたが、私は、のをつけたくないんだよ。
どのような時代に廃止され、18年の歳月を戦い「建国記念の日」となるまでの経緯を詳しく書いておきます。

 

 

支援表明
柏原市長選挙には、友田けい候補を支援します。
大阪近郊の方は、参考にしてください。

長尾議員の
>多少の嘘弾丸を浴びた選挙戦でしたが、
とのコメントが全てかと。そういう攻撃を受けるのは、良い候補だと信じる。何より長尾先生を信じる。

 

大阪に知人のいる方は、以下を見て頂けると幸いです。

クリックして下さい!

 

 

長尾敬先生らに、そういう攻撃を仕掛ける勢力は、私は好きになれない。
越境しての支援表明は控えるべきかと思っていたが、意思表示させて頂きます。
長尾先生推薦の、友田けい候補に力をお貸しください。

 

 

動画はこちら。

 

行橋市議会議員 小坪しんや
(当然、日付けを回る前の更新です。)

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

紀元節
日本の初代天皇である神武天皇の即位日をもって定めた祝日。
明治6年(1873年)に定められた、かつての祝祭日の四大節の一つ。
(※四大節(しだいせつ) 四方節、紀元節、天長節、明治節)

2月11日の日付は、旧暦の1月1日であり、明治に入り新暦に換算したもの。

 

 

 

紀元節が廃止される。
GHQにより、昭和23年(1948年)廃止されました。

 

GHQにより、廃止される。
昭和23年(1948年)廃止される。
西暦よりも皇紀が長いことに嫉妬したためではなかろうか。

少し前後のことを付記する。
終戦が昭和20年(1945年)のこと。

昭和20年(1945年)
9月29日、内務省による検閲制度を廃止。
同年、10月9日、朝日・毎日・読売など在京5紙に対して事前検閲開始。
10月10日、徳田球一ら共産党員などの政治犯が釈放。
10月20日、日本共産党が機関紙「赤旗」を再刊。
10月31日、軍国主義を唱える教員の追放。

昭和21年(1946年)
1月1日、天皇神格否定、人間宣言。
1月29日、行政区が北海道、本州、四国、九州及びその付属当初と対馬、大隈諸島までとなる。
2月1日、英連邦軍、日本への進駐を開始。
2月20日、ソ連が、樺太・千島の領有を宣言。
2月26日、今日苦闘委員会発足。
3月5日、第一次アメリカ教育使節団来日。
同日、チャーチルが鉄のカーテン発言を行い、冷戦が始まる。
4月4日、2~300人の米兵が中村病院に乱入し、約100人の妊婦や看護婦を強姦。産まれたばかりの子供も殺害された。
4月29日、天皇誕生日にA級戦犯29名を起訴。

5月22日、吉田茂内閣、発足。

7月1日、アメリカがビキニ環礁で4基目の原子爆弾を実験爆発。
11月3日、日本国憲法公布。

昭和22年(1947年)
5月2日、外国人登録令により、朝鮮人・台湾人などが日本籍を取り消され、外国人になる。
5月3日、日本国憲法施行。
8月15日、インドがイギリスから独立。

昭和23年(1948年)
1月4日、ビルマがイギリス連邦を離脱し独立宣言。
4月、【祝祭日のみ、日章旗の掲揚を許可】
8月15日、大韓民国成立。

昭和23年、紀元節はGHQにより廃止されました。
続けて読むと、これがどういう意味であったか、よくわかると思います。

参考:連合国軍占領下の日本

 

暦の長さと国家の威信
皇紀が西暦よりも長いことを問題視したのではないか?と述べました。
実は、暦の長さとは世界的には凄まじい評価を受けるものである。

これは事実なのですが、なぜなのか?を考えてみました。
少し乱暴な解説であり、私見も多分に入っているが、ようは「治世の素晴らしさを示すバロメーター」であり、「国家としての威厳と比例」するもの。

暦の長さとは、男系遺伝子が何代に渡って紡がれたかという話になる。
他の制度もあるが、「その政治体制が何度の代替わりを行ったか」だ。

 

暦が途絶える場合
それは国が滅びた場合です。
政治体制が継承されず、バトンタッチができなかった、と言ってもいいでしょう。

滅びたらどうなるか。
世界を見渡すに、ほとんどが大陸の国家です。

CHINAのみならず欧州を含め、特に大陸の場合、国が滅ぼされれば皆殺しである。特に男は集中的に殺される。後で攻め込まれても面倒なことになるし、特に王族の血縁者は徹底的に殺す。

女性がどうなるは余り書きたくないが、シンプルに言えば孕ませる。
血を混ぜるというか、今で言う民族浄化だ。その国以外の者と性行させられ、違う国の子を出産させられる。(もしくはまさに奴隷となる。)

 

暦が続く、意味
男系遺伝子が継続し、「これ」と決めた代替わりの方法が継承されるということ。
その意味を考えて頂きたい。
やや失礼な表現もあるかと思うが、世界各国で「自国のルール」はある。

ローマ法王やダライラマ法王の継承方法など異なる例もあるが、男系DNAの継承は世界的に見ても「一般的なルール」であると思う。

どのような制度でも構わないが、これと決めたルールが継続することを、世界はどう見るか。

「きっと凄まじく素晴らしい治世なのだろう」
「なんと強い国なのだ」

 

かなり荒っぽい説明だが、暦が続くことを
世界は重視している。

皇紀のほうが、西暦よりも長い。
だから紀元節は廃止されたのではないか。

これは私の私見である。

 

 

 

建国記念の日として復活
様々な騒動を巻き起こしつつ、先人らの必死の努力により復活。

紀元節復活に向けた動きは、昭和26年(1951年)頃から見られるそうだ。

自由民主党の活躍
昭和32年(1957年)2月13日、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出。
しかし、当時野党第1党の日本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となる。

 

ひどいぞ、社会党
その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すが、成立には至らなかった。

昭和38年(1963年)6月20日、委員長が法案の強行採決を行うが、社会党議員らに体当たりされ入院するという一幕も。

 

「の」が入る。
名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として成立。

“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。

昭和41年(1966年)6月25日、建国記念の日として祝日法改正案は成立。

 

「の」は、いらないと言いたい。
法令順守義務のある議員としては、「の」付きで述べるべきなのだろうが、私人としては「の」は飛ばしたい。

冒頭では、一応訂正したが、私の心の中には「の」はない。

 

 

 

「紀元節」を取り戻せ!
昭和23年にGHQにより廃止、建国記念の日が成立したのは昭和41年。
18年の歳月を掛け、先人たちは取り戻した。
「の」がついているが、努力の結晶である。

現代の日本に生きる、私たちは。
紀元節を忘れていていいのだろうか。

偉そうに書いているが、私は紀元節を知らない。
私が生まれたのは昭和53年のこと。
知ってるわけがない。

 

本日は、北九州の大会に参加させて頂きました。
「奉祝 第51回 建国記念の日 北九州市民大会」です。
司会は、改選を迎えたばかりの上野照弘議員でした。
(原稿をチェックしている真面目な顔を激写)

 

 

聖寿万歳は、戸町議員。
挨拶は、北橋市長、高宮会長、三原朝彦衆議院議員。
鷹木議員、西田議員、村上議員、吉田議員にも会えました。
午前中の式典には、井上秀作議員も来ていたそうです。
(私は雪のため行進には参加断念。)

 

集会の中で、君が代を歌う。
紀元節の歌も歌いました。

君が代は大きな声で歌えますが、多くの若手は、紀元節の歌になると少しトーンダウン。

 

私も上野議員も、同じ年。
この日が、紀元節であった時代を知らぬ。

正直に言うと、わからない。
例年のことなので、動画とかを見て「なんとなく耳には残る」ようになったけれど、私はこの歌を合唱したことがない。

 

この歌の重みは、私は、わからない。
だけど、とても大切なものなのだと思う。

終戦、GHQの統治、サンフランシスコ講和条約。
米ソ冷戦、様々なものを経て、やっと成立した建国記念の日。

私たちの時代が取り戻すべきなのは、
建国記念日ではなく、紀元節という言葉と記憶なのだろう。
漠然とそのようなことを例年、思う。

 

古事記や日本書紀)
歴史的な裏付けがないと、ロマンに欠ける学者目線の非難が相次いでいた。例えば神武天皇の古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とされている点などが指摘されている。

しかし、一年に二回の稲作を行っていたことで、二回数えていた可能性があり、半分にすると辻褄が合う話が多々あるという指摘も出てきた。その場合は、(西暦換算だと)一部の時代は半分にせざるを得ないけれど、時代考証ともバッティングしなくなる。

史実ではないという批判を行う者がいるが、神話にそのようなものは必要ないというのが私のスタンスだ。聖書に時代考証で難癖をつけるぐらいおかしな話であろう。

自国の始まりを、次に世代に伝えることができぬことは、
それはとても悲しいこと。

 

 

 

 

GHQにより紀元節は廃止。

 

18年の歳月をかけ「建国記念の日」として復活。

 

自民党より9回の提出、第一党であった社会党により廃案。

 

採決に踏み切った際には委員長が体当たりを受け入院。

 

妥協策として「の」を入れたのが、この日です。

 

今日は、言葉狩りにあった「紀元節を取り戻す」と誓いを新たにする日。

 

「自国の始まりを教えられないことは、とても悲しいこと」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】 への12件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    GHQにより廃止された「紀元節」を取り戻せ!【賛同したらシェア】 初代天皇とされる神武天皇の即位日をもって定めた祝日であったが、GHQの意向で廃止された。 旧暦では、この日が1月1日。 今日が、元旦であったのだ。

  2. 保守 のコメント:

    『古代日本「謎」の時代を解き明かす』(長浜浩明著・展転社)という本がなかなか面白いです。

    日本書紀の神武天皇条に、紀元前の大阪平野に実在した「河内潟」の存在を窺わせる記述があるそうです(古代ではあの辺りは水没していた)。河内潟はその後に河内湖となって地形が大きく変わってゆき、日本書紀や古事記が編纂された八世紀頃にはかつての姿を知ることはまず不可能であり、にもかかわらずそういった描写があるのは神武実在の根拠となるのではないかという説です。小坪さんが紹介されている一年を二回数えた「半年暦説」など様々な論拠と合わせて、この本では神武即位を紀元前70年頃ではないかと推定しています。

    少々論証が足りないところもあるとは思いますが、興味深い説が展開されるのでお薦めです。

  3. 月光仮面 のコメント:

    社会党が何故 反対したか 本心は日本を壊したいからです でも
    そうは 言いません 今の みんしん党でも言いません では 何と言うか
    戦争につながるから戦争は反対だ と 言うのです だから反対だ 共産党
    を含めて 多くの左翼および帰化人在日外国人の本心は天皇制反対も加わります
    そうなんです 皆様 この方たちは日本自体を否定して壊したいのです
    おのれが 一番になりたい者もいます おのれが 金が欲しいからと言う人も
    居ます みなさん 復活させましょう日本をそして この 日本が好きだと
    いう帰化人や在日外国人も多くいます 一緒に 日本を取り戻して日本を
    満喫しましょう 日本が日本を取り戻せて続きますように願います
    そして 三つ 課題があると思います
    一つ 教育
    二つ 少子化対策(これは政府自体何もしていないと言いたい 何故しないのだろう)
    三つ目 これは軍備です 自衛隊3倍 海保3倍 警察2倍
    最後に 自衛隊の階級ですが昔に戻して良いのではないでしょうか
    国民は受け入れると思います せめて 少尉以上の階級を中尉大尉少佐中佐大佐と
    この階級で呼ぶことで 国民も政治も自衛隊も今以上に前に進めると思います
    私の好みですみません 軍曹以下は今の呼び方の方が好きです位は知らないのですが
    兵ではなく自衛官という言葉がぴったりします 

  4. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    『紀元節』をとりもどせ!・・・に大賛成です

    閑話休題・・・おもうままに書かせていただきます

    (1)紀元節の歌・・実は、きょう初めて聴きました。団塊の世代とは、一部の強固な保守の方々を除けば、ほとんどが私のような方がおおいのでしょう。
    ですが、紀元節の歌、きちんと、空で歌えるように学習したいとおもいます。

    (2)建国記念の日・・・の『の』をつけたくないとのお気持ちに賛同です。ですので、私も、『建国記念日』と記載していきます。近い将来、『紀元節』と大声でいえる日がくることを心のなかで願いながら。

    (3)皇紀2677年、西暦より長いって素晴らしいことだとおもいます。そして、神武天皇から続くY遺伝子を継承するためにも、男系天皇でなければなりませんね。
    Y遺伝子継承をするためにも、男系天皇でなければならない!・・・この大切な肝が日本国民に十分伝わっていないのではないでしょうか!だから、女系天皇がどうたら、女性宮家がどうたら!という頓珍漢な話がでてくるような気がしています。

    (4)参考:連合国占領下の日本
    上記、ありがとうございます。さきほど、お気に入りに登録してきました。

    上記の中で、マッカーサーへの手紙と、離日後のマッカーサーの米議会証言に、ついてコメントさせていただきます。

    吉田茂首相からの手紙「在日朝鮮人の全員送還を望む」・・・これを、マッカーサー元帥がうけいれていてくれたら、現在の在日韓国朝鮮人問題はなかったのにと!つくづく、ため息をつくような思いで読ませてもらいました。朝鮮人の存在が日本にとって、有害以外のなにものでもないことがもう、当時からわかっていたのだとあらためて実感しました。

    マッカーサー元帥の米議会での証言ですが、これも、最近(定年後です)、知ったばかりです。マッカーサー元帥については、いろいろ、保守言論人のなかでも批判がおおいようですが、このように冷静に正しく戦後の日本、日本人のありかたについて、米議会で証言されていることをもっと評価すべきなのではないかとおもいます。

    (5)昭和38年(1963年)6月20日、委員長が法案の強行採決を行うが、社会党議員らに体当たりされ入院するという一幕・・・・

    これをみて、平和安全法制の決議の際に、ダイビング攻撃をしかけようとした民進党のクイズ王議員:小西の姿がぱっと脳内にLED点灯。やれやれ、パヨク左翼議員の行動はまったくかわってないなと実感!

  5. 一郎 のコメント:

    アメリカのGHQにより、紀元節の廃止はもとより、戦後の日本は辛酸をなめてきた。

    しかし、今を生きる私たちは、

    安倍総理とアメリカのトランプ大統領による、希望ある新たな時代の創造に立ち会っています。

    安倍総理とトランプ大統領の靖国参拝を経て、新日本国憲法が制定されることを望みます。

    • 一郎 のコメント:

      上記コメントの「アメリカのGHQ」を「連合国軍最高司令官総司令部」と変更させてください。

  6. 和蜂の一刺し のコメント:

    紀元節を取り戻すのは当然の事ですが、その前に、連休を増やすために人為的に変えられた祝日を本来の日に戻すべきです。経済を考えての事でしょうが、
    祝日というのは意味があってその日になっているのであって、別の日に変えていいものではありません。
    祝日にその日の意味を教えるという行為もやりにくくなります。
    紀元節というと国の始まり、皇室の始まりですが、その皇室に関して、私たちは多くを知りません。
    勉強する必要がありますが、
    三月十三日に水間政憲著「ひと目でわかる戦前の昭和天皇と皇室」が発売されます。
    写真を多用した見やすくわかりやすい近代史シリーズの最新作です。
    紀伊国屋書店のウェブサイトで予約受付中だそうです。
    ご興味のある方はどうぞご予約ください。
    写真入りなので子供に教えるのに、また、皇室の勉強の取りかかりによいかと思います。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    先日のエントリーのタイトルにて「建国記念日」が用いられているのを見て、「これは・・・。やっぱり『押すなよっ、押すなよっ!』だよなぁ・・・。」っと感じておりました。
    しかし同時に「お前は、本当に押すなよ。」とも感じたので、静観する事に決め込みました。

    そうこうしている内に本エントリーを見て「ああ、本当に押した人が居るんだな・・・。」っと。

    何故「の」が入る様になったのかの経緯を紹介しないと、ここは盛上がりに欠けてしまいますので、これが書ける様な然る可き方による然る可きコメントが欲しかったのだろうな・・・っと。

    実はこう言った戦法は非常に重要で、ブログでもツイッターでも反日勢力がそっ閉じする様なネタをイッパイ仕込んでおいて、その間に隙きを見せるエントリーをワザとまぶしておきます。
    すると、今までグーの音も出せずにフラストレーションを抱えた連中が、この時とばかりに「コイツはアホだ」の「バカ」だの言って拡散してくれる訳です。

    綺麗事でお花畑を釣って利用していた反日勢力のブログやツイッターの読者やフォロワーは、ガチの反日勢力だけではありません。
    実は釣られたお花畑も含んでいます。
    そう言ったお花畑の一部が誘導されていざ蓋を開けて見ると、そこには反日勢力が如何にして騙し、利用して来たかがイッパイ記されている訳です。

    誘導されて来た内のほんの一部にでも気付きを与える事が出来れば、これはもうシメたものです。

    特にそう言う形で気付かれた方は猛烈な反作用を起こしがちで、反日勢力からすればとんでもないモンスターに化けてしまう事もありますので。

    多くの保守層は理論武装がガチガチに堅め、攻撃されれば受け流すか、徹底的に撃退するかのパターンが多い様に感じます。
    その為、保守は保守ばかりの集まりになりがちで、効率が良くない一面もありました。
    これからは、如何にして保守では無い人を出来れば味方に、味方に出来なくても敵では無い状況を作り出す必要があります。

    その為には敢えて隙きを見せて、そこに誘い込む戦法も活用して行きたいものです。

  8. 素浪人 のコメント:

    GHQ絡みで小生が一番戦中以前に戻して貰いたい物の筆頭は言わずもがなの大日本帝國憲法と皇室典範とです。

    次に来るのが何と言っても地方自治制度です。これは都道府県レベルまでは国の出先機関となり、選挙で選ばれる地方議員も居なくなりますが、今の痴呆議会を見ていれば戦中以前の名士制(給与無し=今で言うボランティア)の方がナンボもマシだと大抵の国民は思うのではないでしょうか。

    やはり我々の先人が歴史の裏付けを以て形成された制度というのは日本国民の体質や身の丈に合っていた、ということです。ですから戦後ニフォンの諸制度にはロクな物が無いのが首肯出来るでしょう。現代に求められている大規模農業解体であった農地改革もそうですし、利用者に不便だけをもたらした公務員への争議権付与問題(国鉄)もそうです。戦後ニフォンというものは、結局占領軍に悪意を持って引っ掻き回されただけの塵芥みたいなものです。

  9. 一粒の米 のコメント:

    国益に、流れがあわなければ、消去していただいて結構です。

  10. shigerukudou のコメント:

    八紘一宇の精神で頑張っていこう。
    但し、韓国、北朝鮮、中国は別途ですが。福沢諭吉先生も悟ったんでしょうね。
    しかしながら、日本人は、すぐに忘れっぽいですね。
    戦後72年経過しても、反日悔日教育の為、反日国家。

  11. 五黄 のコメント:

    「皇紀のほうが、西暦よりも長い。だから紀元節は廃止されたのではないか。」に
    なるほど・・・。そうか!納得!!

    ちなみに、うちの母は昭和15年生まれで、皇紀2600年に生まれたことを自慢してます。以前、デパートで店員と年齢の話をしたとき、「皇紀2600年生まれ」と言ったら
    その店員は、「それ、なんですか?」と聞かれたそうです。

    市販のカレンダーに皇紀と西暦を併記すればいいのでは、と思います。
    高島易断所の暦には、皇紀も書いていますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です