【何点か反論】法論拠とアフィリエイトについて(こんなの書く必要あるかな汗)


三点、反論しておきます。
反論不要と言うか、これは必要なのかな、というレベルなのですが。。。

1) アフィリエイトについて
2) 法根拠について。
3) ヘイトスピーチなのか。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

1) アフィリエイトについて
以下のコメントを頂いております。

「アフィブログのクリック数を増やせと扇動する市議会議員」

某所においても
「拡散=広告収入アップの手伝いだから却下やな。」等。

アフィリエイトについて論じるにあたり、まずスタンスを明示しておきます。
第一に、私はアフィリエイト自体を否定する立場にはありません。
各まとめサイト、あれだけの作業量となれば専従せざるを得ず、なんらかの収入がなければ運営が不可能です。
否定しないと明言した理由は、以下になります。

(長い前振りを入れた「ネタ」になります。読んで頂ける方は下記をクリック)

私のスタンスと、アフィリエイトへの認識

<一般に認められたビジネスモデル>
一般に認めらえたビジネスの形態であり(騙しリンク等は誉めれたものではありませんが)合法であるものを否定する立場に「政治家として」ありません。

そもそも自治体でもHPでアフィリエイトを導入している事例が散見されており、先進事例として取り扱われております。一地方議員として否定できるわけもない。

<アダルトリンクには思うところもある>
しかし、保守系サイトにおいてアダルト系が乱立していることは思う部分もあります。良いまとめがあっても女性とか年配の方にURLを送りにくいためです。とは言え、「対価がまったく異なる」でしょうから、それは各管理人次第、外野がとやかく言う問題ではありません。
背に腹も変えられんでしょう、人の飯の種まで否定はできんですしね。

<まとめサイトの功罪>
メリットが大であることを、強く意思表示しておきます。
私はメリットのほうが大きいと思っています。

功罪と書きましたから、デメリットも書きます。
政治家として動く際、「これはどうかな」という飛ばしもあります。「アクセス=収入」であるため、タイトルもやや扇情的になってしまう。また、ネット世論に迎合せざるを得ない部分もあり、ブレーキ役はとりにくい。
また、結果的に韓国系に偏った内容が増えてしまう。

それらも含め、事業形態上、仕方ないと思います。
その上で、メリットが大なり、が私の認識です。

<アフィリエイト批判について>
いわゆる嫌儲について、です。
おかしな動きだなぁと思っておりました。多事総論あるのでしょう、著作権関連の部分には議論の余地があります。

それらも含め(法解釈は置いておくとして)嫌儲の発生時期と、動き方に対して私は懐疑的であります。つまり「何かの意図があった」ように見ています。
シンプルに言えば「まとめ潰し」の一環ということです。

反省すべき点もあって、かつての「まとめサイトの振る舞い」はやり過ぎた部分もありますし、炎上対策として動き方を失敗した部分もありました。

前述において私のスタンスを述べさせて頂きましたが、一般に認められたビジネスであることを踏まえ、また自治体HPでの導入までされている時点で「地方議員の感情」としては何を議論しているのか意味がわからないし、別の意図をありありと感じた、という部分です。

さて、長い前段を書きましたが、私にとって上記は一つの「ネタや芸の類」であります。
真面目に前段を書くという、政治家らしい芸だと思って頂ければ結構。
いまから嫌儲厨の正体を、面白おかしく暴きます。

今回、動いた嫌儲の方は「偽物」だと思っています。
恐らく皆様も納得して頂けるでしょう。

なぜなら・・・
ネタばらしは、以下をクリック!!!
嫌儲の正体とは!!!!
(続きはCMの後、みたいなイメージです。)

「ネタばらし」はここをクリック!
なぜなら。
私のブログにはたいしたアフィリエイトがないからです。
(真面目に書いた、長い前段はまったく関係ない、という部分がネタでした汗)

PVに依存したアフィも貼っておらず、唯一あるのは友人の本を紹介したぐらい。
エントリで一本、記事紹介しています。
またいつもお世話になっている友人の本を右バナーで紹介。
あとamazonストアでよさげな本(自分が買おうかなと思ったもの)を設置してる程度。

私のHPを見て、「アフィサイト!!!」って断言できるのでしょうか・・・。
政治家が、良書を薦めるのがおかしい?ってことでしょうか。
理解できません。

サイト中がアフィ広告だらけなら別ですが、そんな作りにはなっていませんよ。
そもそもサーバーも自分もちだし(しかも私費、政務活動費も使ってない。)FC2やアメブロではなく、オープンソースをインスコしてテーマ作ってもらった「オリジナル」です。
そもそも借り物ではないため、最初から広告ついてないんですよね。

それとも、そんなものが
どこかに見えますか?
私には見えないけどなぁ。

じゃ「アフィだー!」って、今回、騒いだ嫌儲厨の方って、「何が意図」なんでしょうね。
見えないものが見えてしまったか、別の意図がある、そう判断するよりないでしょう。

あ、怪しいソフトがひっついていると、上部のタブ等に勝手にアフィが設置されるそうですけど、PCの使い方に慣れていないのかな?
セキュリティソフトのアフィでも貼ろうかしら。

①見えないものが見えた。
②別の意図を持っている。
③ブラウザが何かに感染しているPC情弱

鯖を借りてきて、建てるとこからやってる政治家だっているんですよ。
ブログサービスを借りてきてる前提で話すのは失礼じゃないかな?

一言述べたいのは、「技術系」って言っています。
私はメカ系ですけど、IT系の友人も多いんです。
俺の友人たちを、ナメてもらっては困るね。

2) 法根拠について。
回答が必要か迷うレベルです。
議員も多くが閲覧しています、政治関係者もたくさん。
その中で「議事録ベースの数字」に法論拠を問うことがどれほど無意味か。
手とり足とり解説していては、「この市議はバカではないか?」と思われるんじゃないか不安すらあります。

これは単なるブログではありません。
もちろんブログには違いないのですが、今回の数字は「議事録」をベースにしているのです。

本来の説明は「議事録ベースの数字」で終わるのですが、この意味が伝わっていないようだ。
もしくは意図的に理解せず「法論拠が怪しい」という風説を流すような輩も散見されるらしい。
よって、いわゆる「火消し」への対策としても、解説はあったほうがいいのでしょう(必要性が理解できませんが)解説しておきます。

この数字は、議会で市議として、一般事務に関する質問(通称:一般質問)で問うた結果です。
これは議員をはじめ政治に詳しい方ならわかると思いますが、公的な資料です。

その中身と仕組みを説明します。
議員である私が「質問」を行い、「行政」が回答するんです。
業界用語では、回答側を執行部と言います。

議員である私が問い、
執行部が答弁する。
そして議事録は永久保存です。

この執行部答弁とは自治体としての公式見解であります。
繰り返し書いておりますが、議事録は永久保存であります。
今回の場合であれば、市民部の部長が答弁している。

税務課を所管し、それらと協議して法律を調べ、条例を洗い、その上で部長が答えているのです。
永久保存ですから間違いがあってはいけません。

執行部答弁というものは「自治体が、このようになっています。」と(事実上)法的にも担保して答弁しているのと同義です。

私が「質問で述べた数字」ではありません。
執行部が「私に回答した数字」なのです。
つまり自治体としての回答なのです。

ネットで皆様は見ておりますが、一次ソースは議事録であり、ブログも陳情書も「そこから転載」しているに過ぎません。
ベースは議会であり、紙なのです、自治体の公式な答弁なのです。
履き違えてはいけません、そもそもネット上でいじくりまわせる数字ではないのです。

地方自治体の税務課を所管する部門長が「そのシミュレートでしたら、この数字ですよ」と正式に回答している。
それをブログでも紹介しているだけなのだ。

戦場は、「ネットではない」のだ、議場だ。
なぜなら私は議員だから。
私のフィールドには入ってこれませんよ、公職選挙法がございますもの。
そして「すでに終わったこと」なのだ。

その答弁が間違っていれば、行政訴訟でもなんでもすればよろしい。
税務課の、新人でもできるような「簡単な試算」の積み上げゆえ、土台、無理な話なのだけど。
これが議事録の重み、そして法論拠など答える必要が理解できないと頭を抱えた理由です。
議事録ベースの数字の重み、と言ってもいいでしょう。

ネットの匿名掲示板において、名無しの権兵衛で「法論拠が怪しい」とうそぶくなど、恥ずかしいにもほどがある。
ネットのことはさておいて、こちら側からすれば「こんなに恥ずかしい書き込みもない」と思います。

<さらなる問題>
さらに問題は根深い。
今後、触れていくが、行橋市の場合、非課税になっても影響を受けるのは「保育料」のみであった。
国県の制度もあるように思うが、市議会ゆえ市のもの、その中でも大きなものを問うた。

実は、他の自治体では、保育料のみではない。
非課税になった場合「国民健康保険料」「市営住宅の家賃」までもが連動する自治体もあるのだ。
言い換えれば、他の自治体の場合「もっと大きな格差」が出てくる可能性がある。

今回の図表は「行橋市の場合」である。
以下の図表において「出典」として行橋市議会議事録と書いてあるが、この議事録に準拠する以上、この資料は真だ。

末尾に以下のコメントが付記されている。
いまはこの重みもわかって頂けるだろう。
(出典:行橋市議会 平成25年度12月定例会 一般事務に関する質問(質問者 小坪慎也)に対する執行部答弁)

外国人の扶養控除(図表)

さらに面白いことを書いておこう。
私をどうにかしたい方は、このコメントでさらに頭を抱えるだろう。

繰り返しになる。
この図では「保育料」しか触れていない。
行橋市の場合は、「国保」「市営住宅」は非課税で変化がなかったからだと述べた。

そして、他の自治体では関係あると書いた。
議員として私が書いた。

実は「調査済み」である。
自治体名をあげて調査結果を今後報告する。

その自治体の議員ではないため、数字を述べることはできないが「どの自治体が、市営住宅や国保、保育料」が影響を受けるか、すでにリスト化されている。
そして私はそのデータを、すでに持っている。
共に動いたその団体の紹介と共に「ネットに暴露」する。

次に来る手も見えている。
先にその論点を封じておこう。
さらっと書くが、準備期間は2年だ。
足かけ2年の、長い長い活動だ。

どう来るかなど、想定の範囲内。
次に来るであろう論法についても、以下に紹介しておく。
(クリックしてください。)

<もう一枚防壁を張っておこう>
<もう一枚防壁を張っておこう>
扶養控除をとりまくれば、、、そんなの当然、という論法で来るのだろう。
つまり「外国人、関係ないじゃないか理論」とでも言おうか。
これは無駄である。

それが必死に考えた「策」なのだろう、ただ「現職議員」を相手にしていることを忘れてはいまいか。
バカにしてもらっては困る、そんなものは「折り込み済み」だ。

前提条件として、一般質問においても外国人の扶養が取りやすい点を強く指摘している。
税理士がそれをweb広告までしている事例を「議会で」触れている。
当然、その資料も議場に持ち込んでいるのだ。
無論、これもネットで公開しよう。
こんなこともあろうかと、まだ出していない資料がある。

そもそも陳情書には、以下の報道概要を記載している。
すでに会計検査院の調査結果として「報じられた数字」だ。
(下記数字の担保は私ではないが。)

会計検査院による財務省への要求~ 報道の概要
会計検査院が「外国人の扶養控除制度の見直し」を財務省に要求したことが10月10日、NHKにより報じられた。控除により「所得税が課税されていない人」(非課税世帯)が全体の6割近くに上ることも報じられている。

①外国人と結婚した日本人 ②家族を海外に残し日本で働いている外国人 について、扶養控除の額が年間300万円以上と多額のおよそ1400人の扶養控除の状況について調査したところ、「扶養家族の人数は平均10.2人」にも上り、中には26人が扶養家族になっているケースも指摘されています。また、扶養家族を年齢別で見てみると、23歳から60歳未満の「成人」の占める割合が半数に上っていました。

控除額が多額の者に限定した、つまり「それなりの所得があると想定される者」であっても6割近くが非課税ではないか。
さらに「扶養家族の人数は平均10.2人」だが、これは日本人では常識的に不可能だ。
26人が扶養家族になっているケースまで指摘されている。
また、働ける世代であるはずの、恐らくは生計を建てているはずの23歳から60歳未満の「成人」の占める割合が半数を占めている、だ。
これが外国人の扶養控除の実態である。

これで前述の「外国人、関係ないじゃないか理論」は無効。
簡単にとれねば(とれている証明として議場に資料も持ち込んでいるが)こんな事態にはなるまい。
いかがだろうか。

というか、あと十枚ぐらい防壁がある。
早く、こちらが用意した想定問答を食い破って頂きたい。

それら全ての防壁を突破してからしか始められないだろう?論戦は。
相手が「現職議員」ということをいま一度、鑑みて頂きたい。
ナメてくれるな、幼稚な反論は見たくない。
うなるほどの論理をもって、是非、私を楽しませて欲しいのだ。
早く想定問答を越えてほしいな、本心から。

3) ヘイトスピーチなのか。
「在日特権」という言葉で、私はこの問題を論じていない。
特別永住者でも利用できるし、在日でも用いることは可能だ。
この在日が、在日韓国人であっても、在日フィリピン人であっても、もしくは在日外国人であっても可能だ。
特定の民族を指したものでもないし、「ヘイトスピーチ」とか「民族狙い撃ち」と言われても困る。
それは論じていないのだから。
たまたま命中弾が当たったのでしたら、それは偶然ですよ。
ヘイトスピーチ系のレッテル貼りが無効な理由、それは以下の理由によります。

<制度の問題を問うたのみ>
外国人全般の話であり、在日韓国人に限定した話ではない。また特別永住者に限った話でもない。
これは国の制度がおかしい、地方の徴税権が侵害されている、そこを指摘した。
これも議事録で確認できるだろう。
地方の徴税権の侵害を「市議が執行部に質す」ことは、市議の業務の範囲内だ。
制度について、まさにこれが一般事務なのだが、「一般事務に関する質問」であるため、極めて正当な議事録だ。
ヘイトスピーチ系の批判は理解に苦しむ。
日本人差別だ!という意見なら、なるほど、とも思うのだけど。

<在日特権としての紹介>
しかし、まとめサイト等が「在日特権」として紹介されている。
なるほど、いい点に気が付きました。
これは、そのように告知することに関し、(後追いではあるが)私が許容したい。

本制度の問題提起は、いままでと形態が異なるのだ。一言で説明するには、ちょっと言葉が思いつかない。
ただ、「在日特権」とされるものらとカテゴリとしては同一であり、恐らくそこに集う読者がその言葉でないと理解できないように思う。

前段、まとめサイトの存在やまとめ方について長い説明を入れている。
私の認識は前述の通りだ、扇情的なタイトルにせねばならぬし「短くわかりやすく」もせねばならない。それを私は理解する。
知恵を絞った結果が「その言葉の選択」なのだろうから、私はそれを(実態が微妙に異なったとしても)許容する、と言っている。
私がいいと言ってるということに関しては、これがソースだ。

↓私は政治家です、本件のプロフェッショナルです。これが地方議員の在り様でございます。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


著作権の親告罪のような考え方をして頂けると嬉しい。
よって、そのようにまとめれても「やぶさかではない」としておく。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【何点か反論】法論拠とアフィリエイトについて(こんなの書く必要あるかな汗) への32件のフィードバック

  1. 蜜柑 のコメント:

    小坪しんや議員 日々のご活躍期待しております。お疲れ様です。

    さて議員のHPを拝見して少し違和感を感じる事が幾つかあります。ひとつは文字の下に下線を引いている部分です。私は下線を引いた文字列は通常リンクが埋め込まれていると解釈しているのですがどうもこのHPでは単に強調する目的の為だけのようです。ふたつ目は強調したい箇所が赤 青 緑 ピンク文字と多用されている事です。私個人としては非常に読み辛いんです。強調箇所は赤だけもしくは文字サイズを大きくする程度でいいんじゃないでしょうか? 勝手な意見ですが、一言述べさせて頂きました。

    • テクニカルライター のコメント:

      この、色および下線の問題は賛成です。
      見出しとインデントのみで、できるだけ白と黒だけで書いた方が読みやすくなることは、テクニカルライターの方でも「マニュアルの読みやすさ」ということで実証されています。
      赤はインパクトが強いですが、赤緑色盲の方には見づらかったりするそうですし。
      見出しには約物(■◆●)などをつけて太字にして、それ以外の本文は普通にするなどとすると見やすくなります。ご考慮頂けると助かります。

  2. haha64 のコメント:

    在日韓国朝鮮人の「特権」でも何でもなく、在日外国人全般の扶養家族に関する法的不備の話だと自覚しているけど、まとめサイトまで利用して謂れのない誹謗中傷を煽り立てるわけか。こんなゲスい政治家初めて見たわ。

  3. インスペクター のコメント:

    愛の反対は無関心。ゲスい政治家などと罵られていることは、むしろ議員のブログが本物であることの証ではないでしょうか。

    • AZ のコメント:

      それが私の唱える行動規則の1と2です。
      ご本人のコメントでご自身の正体をさらけだしておられます。
       
      謂れのない誹謗中傷が扶養家族に関する法的不備の話だと自覚
       
      しているのであれば
       
      『誹謗中傷が絶えないので法的不備をどうにかしてくれ!』
       
      にならないとおかしいのは明白ですよね、これが
       
      『悪いのは決めた奴だからそいつを責めろ!乗っかってる奴には責任がない』だと、あれれ?最近有名な方が同じことを仰って批判を浴びましたね、誰でしたっけ?

    • 蜜柑 のコメント:

      世界には日本と国交が無い国がいくつもあるわけで、そういった方々と日本人が結婚し日本に居住した場合も「簡単に取れてしまう扶養控除」の在日外国人の特権と取られかねない権利が与えられます。こういった場合一地方機関または税務署が扶養家族についての問い合わせをした時正確な情報が与えられるのか、甚だ疑問が残ります。当然です大使館すら無いのですから。日本に居住している血族のみ扶養家族として認めるべきと考えます。

  4. 町工場の親方 のコメント:

    いよいよ、三役に昇進。シングルプレーヤーになられたことを、一日本国民として心からお慶びいたします。
    ネット時代のありがたさをつくづく感じます。《とりわけ日本においては》

    ※「朝日新聞を糺す国民会議」、

    10月25日の午後、東京千代田区の砂防会館にて行われた、

    「朝日新聞を糺す国民会議」、

    結成大会が、会場を埋め尽くす超満員の聴衆参加の下、行われました。
    講演者も、何人ものベストセラー作家、「WILL」、「正論」、等で活躍する錚々たるメンバーで、実に聴き応えのある、内容でした。
    ユーチューブの実況にて全国1万人近くの人が視聴したにも関わらず、日本の新聞、テレビ、マスコミは一切報道せず。

  5. AZ のコメント:

    かの国の人の行動パターンには規則があります。それに組みする人も同じ傾向が見られます、つまり伝染するんですね。
     
    Lv1)誘導(嘘、ねつ造、懐柔、分断)
    LV2)圧力(威嚇、恫喝、脅迫)
    LV3)実行(暴力、強権発動)
     
    本記事の小坪氏の説明は明朗で、1と2を完全に論破するものです。
    従って相手には次は3の手段しか残されていません、引くという考えは選択枝に無いからです、抵抗はさらに危険になります。
    もう一つ傾向がありますが、上記の規則は数的有利を条件にシフトアップします。サイレントマジョリティは特に狙いやすいでしょう←※重要
     
    こうなればこちらも自衛手段を使うしかありませんね、相手方を見習って2で行くことにしましょう、理性的かつ論理的に。以下は「私の個人的意見」です。
     
    >地方の徴税権の侵害を「市議が執行部に質す」ことは、市議の業務の範囲内
     
    これは少々違うと考えます。「範囲内」ではなく「義務」です。市民が市議(政治家)に期待するのは市民(有権者)全体の利益(個の利益ではなく)です、期待を受けて投票され議員になる以上、それに応えるのが責務と考えます。出来ないのは議員個々の能力や意見の違いがあるので否定するものではありませんが、反対するとなれば話は違って来ます。少なくとも論理的に説明して反対するものでなくてはなりません。”選挙を経ず公職につく者”も同様です。
     
    不当に反対するものは市議(政治家)としての条件に欠けます、リコールや選挙で投票しないなどが市民(有権者)に出来る対抗手段です。そしてそれには情報が必要です。
     
    個人の名前や団体名を列挙するなどしなくても良いです、というかむしろしてはいけません。世論を恣意的に誘導する恐れが排除できず、それを口実に反撃を受けます。
     
    本案件についてプロセスに関する公文を貼るだけで良いと考えます。文書のなかには政治家の他にも”特定の団体””選挙を経ず公職につく者”なども出てくる可能性があるんじゃないかな?と妄想したりもします。あとはそれを見た市民(有権者)が公正な判断を下してくれるでしょう。
     
    私は政治家ではないので行動は出来ません、しかし見ています、それも”とても興味深く”。しかもここまで来ればそれは私一人だけではないだろう事も容易に想像できますね。本ブログの記事を読解すれば、小坪議員も同様のお考えと推察申し上げます。
     
    小坪議員は市議ですから行橋市民にお願いしたい、市議に対して「やれ」と言うだけで良いです。それだけで闘いは孤独ではなくなります、それが反対する勢力への抑止力になるのは上※で記述した通りです。
     

    • とおりすがり のコメント:

      >地方の徴税権の侵害を「市議が執行部に質す」ことは、市議の業務の範囲内ではなく義務

      その程度の穢れなき中学生みたいな綺麗ごとの原則論で済む話じゃないでしょう。そもそも殆どの市議会議員が在日外国人への不当な優遇措置を問題だと思ってないからこそ、この問題が放置されてきたわけでしょう。

      それを小坪議員が不当だと問題視し、議会で的確に斬りこんでくれた。今回の件は文字通り小坪議員のGood Job!であり、だからこそ小坪議員のような議員の存在が貴重なのだと思います。

  6. まぁにぃ のコメント:

    小渕議員を守りたいとお思いですから想定内とは思いますが、壁十枚を単純に論破してくる者共だけでないですよ。防壁なんか「かんけいねぇー」と掛かってくるもののけも存在するとご承知ください。

    (相手が「現職議員」ということをいま一度、鑑みて頂きたい。)
    かっこいいですねぇ!某号泣議員なんかがいますから現職議員たって舐めてしまいますよ。私なんかはそんな風に政治離れにミスリードしてるのがマスゴミいえ、マスコミじゃないかと思っていますが・・・・。
    議員にも玉石混交でしょうが、ネットも然り。一を聞いて十を知る者ばかりが反応するわけじゃないので、是非外せない事象には直球勝負でお願いします。
    ちなみに、個人的には議員の魔球?(苦笑)に期待します。

  7. めじろ のコメント:

    小坪さん、大いに期待してます。

    小坪と言いながら、日本全体、自民党も飲み込んでください。
    アッ、昔のテング(天狗)熱でひっくり帰り、外国人サポータを支持者にかき集めている政党はやめてください。

  8. 00 のコメント:

    ご活躍を期待しています。
    とりあえずランキングの上位でいなければ、危険が危ないという状況ですから良かったです。

  9. らすき のコメント:

    小坪さん!頑張ってください!本当にお身体に気を付けて。国民は見ています。みていないと思っても必ず見ている人はいます。大勢の目に止まるよう私たちも拡散して、周りの目を覚まさせるよう努めます。負けないで下さい!日本国、日本人の希望として。

  10. はらっち のコメント:

    最近の傾向としましては、相手さんが何かアクションをおこせばおこすほどに更にドツボにはまるという傾向がありますね。
    小坪議員は何か言ってこられるたびに新たな事実を証拠とともに大義名分を持って差し出せばよいのです。公の場で。あるいはご自身のHP上で。
    現在6位です。涙が出ます。

  11. はらっち のコメント:

    なんと!KAZUYAチャンネルに出ていらっしゃるじゃないですか!
    これも予定にあったんですか?
    用事しながら見てるので、張り付いてられないのが残念!
    でも500円ならいいかとカズヤチャンネルに入ったばっかなんですよ。なんというタイムリーww
    だからあとからユックリじっくり見させていただきますね!
    今、車のお話されてますネ。

  12. 赤い羊 のコメント:

    上のほうでも書いてあることです。

    単調な文よりも良かれと思って編集してあるのだろうとは思いますが、
    流石に目が疲れてしまいますね。

    僕は生放送から来たので、炎上させたくて来たわけじゃあありませんが、
    政治家としてちゃんとしているならば、むしろちゃんとした人間性は持っていただきたいですね。
    政治活動を控えろとかそういう意味ではなく、
    相手が聞きやすい話し言葉や話す速さをもう少し気を遣っていただけると、
    聞く側としてもちゃんと頭で考えて真剣に話を聞けます。
    特にニコ生等々の不特定多数の聴衆の場合言ったら言いっぱなしだと無駄に印象を悪くされるかもしれません。

    僕のような若輩者に言われるまでもないかもしれませんが、
    こんな若輩者が興味・関心を持ったときその興味を跳ね返すようにしては
    結局知らしめる機会を失うことに繋がりかねませんので一応コメントを残させていただきました。

  13. 姫野 のコメント:

    アフィリエイト批判は反資本ですから話になりませんよ。
    まとめを見る側も普通の人はそこで管理人にお金が発生しようと本当にどうでもいい話です。
    そこまで反資本を好むなら中国や北朝鮮に移住すればいい。望んだ生活が手に入りますよ。
    ヘイトスピーチ云々の話は最初から話になりません。
    右翼は話し合いをしようとする。
    左翼、朝鮮人は相手にレッテルを貼り差別して言論弾圧。
    どっちが差別主義だオラって感じですよねー。
    朝鮮人は自分達が何してきたか知ってるから後ろめたさを感じて勝手に生きづらくなってるだけです。
    そらすら差別だとか日本のせいにして
    朝鮮人は本土でも日本に居ても変わらないです。
    朝鮮人だから嫌われるのではなく、嫌われることをいつもして叩かれるのが朝鮮人というだけ。
    そしたら当然「朝鮮人って・・・」てなりますよね。
    「~高校の不良共がまた問題起こしたぞ」
    「あいつ本当に勉強出来ないよな」
    「相変わらず不器用だなぁw」
    「さすが○○○!」
    「お爺ちゃんなのに凄い!」
    「年齢にしてはお若いですね!」
    朝鮮人を叩くのがこうやって差別やヘイトスピーチになるなら世の中ありとあらゆる発言が差別になる。
    他の例だと外国に旅行する人は健全日本人なら日本人代表という心意気で旅行に臨むよね
    日本人は客観的に物事を見れるから外国で一部の日本人が見られる場合、その外国人にとってその一部の日本人が日本人として見られ、日本人を評価されることが分かっているから謙虚な日本人は自分なんかで日本人の評価が落とされるのが申し訳なく思うし他の日本人のことを思いやって日本人として恥じなく挑もうとする。
    日本人として培ってきたものをフルパワーで見せつける。
    長く受け継がれてきた大和魂がまだ残ってるんだよ。なかなかできることじゃないよ。
    結果日本人の評価は世界でトップ。
    朝鮮人は客観的に見る力と思い遣りの力が大きく欠けて視野が狭いエゴイスト集団。
    そんなんで都合良いときだけ日本人面されるんだもん堪ったもんじゃない。
    差別は悪意の元行われること。
    悪いことをするのが朝鮮人に多いから叩くのがネトウヨ含む健全な人間。
    何もしてなくても、良いことをしても気に食わない奴を一定の人種にこじつけて一方的に弾圧、バッシングするのが差別。
    つまり
    1結果があってそれに相応しい評価をしてるのがネトウヨ含む日本人、いや人類。
    2概念や差別意識が先に有ってその先にまともな評価もせず批判、弾圧するのが差別。

    なぁ心当たり無い?
    2はどう考えても朝鮮人や左翼のことなんだよ。
    「チョッパーリwwwwww」から始まって話し合いをしようにも論破しようとも「日本人が悪いに決まってる」、「日本人(戦犯)のくせに集団的自衛権!?ふざけるな!!」
    「日本人は何をしようとも永遠に許されない1000年恨む」何をしようとも猿と罵り
    反論しようものなら右翼化、独裁者、軍国主義化、差別、ヘイトスピーチ、ネトウヨ、レイシスト、ファシスト、後進国、人権侵害国家、歴史修正主義、反省が足りないと弾圧。
    日本人には何をしても良い、又は何をされても文句を言う資格は無いと本当に国家意識、国民意識で常識化している。
    最近だと産経記者拉致問題がそれ。
    理屈の前に日本人=悪を徹底的に刷り込んでるから全て悪魔の戯言で片付けてます。
    嘘に嘘を重ねてでも国旗の弾圧し、それを世界に広める。
    国歌の弾圧、大会等でも途中で切られたり、最近では朝鮮のテレビで日本の国家が流れて批判殺到テレビ側が不適切だったと謝罪、
    集団的自衛権やその他もろもろ一独立国としての権利を他国である韓国が認めようとしないまでか他国に日本の糾弾を煽り
    事実無根の従軍慰安婦問題で世界に広められ日本=悪のイメージを徹底的に植え付けさせようとして
    日本で罪を犯しても軽く済みそれを当たり前だと認識。
    日本が何をするにしても付きまとい邪魔、文句、糾弾の徹底
    日本の支援だけを断る
    日本の歴史を証拠を無視して歪曲だと誹謗中傷
    日本人の英霊に事実無根の罪を着せ激しくバッシング、その為の施設を設置、他国にですら設置、本でも宣伝
    日本が、戦闘機等を作ろうものなら侵略者が~危険な軍国主義が~と罵り

    等々・・・どっちが差別主義でどっちが健全かは少し考えれば分かるんだけどな
    日本の左翼と朝鮮人が反日と言われるのはこの為
    左翼も反日と言われるのには明確な理由がある
    日本の右翼は左翼みたいに差別していないから
    右翼がしているのは健全な批判。
    どっちもどっちで見られたら堪ったもんじゃない。
    日本を差別してあれだけヘイトスピーチして朝鮮人は本土も在日も日本におんぶに抱っこ
    さすが朝鮮人と思われるのも当たり前ですよ。
    人類なら嫌われて仕方ないと名誉回復の為に暴れる同胞を止めます。
    何を言っても朝鮮人は理解出来ないでしょうね。
    あの国は万年属国で酷い目にあってた歴史しか無い。
    対等には話し合いは出来ないでしょうね。
    どちらが上でどちらが下かでしか話し合いは出来ません。優しさは弱さとみなされ虐められます。
    事大主義、貴族階級に奴隷の用に使われ、恨の文化、文字も読めない、書けない、やりたくなったらやる、尿で洗顔、トンスル等まさに土人として生きてきた訳ですからね。
    朝鮮人は闇が深すぎます。他の人種と同じ価値観で見るのは危険です。
    嘘をついたり、盗んだり、妄想を現実だと信じてしまってるのは民族とくいうの病気です。
    日本人のように生きてきた訳ではないのです。
    朝鮮人は生き残るための術としてこのような悲しい人種になってしまったのです。DNAに刻み込まれてるでしょうね。馬鹿にしている訳では無いですよ。
    彼等とはまともに議論が出来るとは思わない方がいい。まともなのは日本とは逆で一部ですから。もちろん彼等は親日派のレッテルを貼られ弾圧されますから表に出てくることは無いです。
    これは差別では無いです。
    ただ朝鮮人もよく知らず日韓友好等と言うのは危険だと言いたいのです。
    でも簡単に問題が解決するんですよ。
    こんな最低な日本という悪魔の国から出て、自分の偉大な誇れる祖国に帰れば両方winwinです。

  14. 姫野 のコメント:

    赤い羊<
    この丁寧な説明文は左翼のような人権や正義を盾にした偽善者の為の文なので反感が無い人は別にそこまで見る必要は無いでしょう?
    貴方がその左翼で反論をしたいなら貴方のために用意された文なので読むべきでしょう。
    いくら若くたっていつまでも「長い、目が疲れる」なんて大人に甘えていたら駄目ですよ(σ≧▽≦)σ
    もしかして若者に政治の話は難しかったかなm(。≧Д≦。)m

  15. 姫野 のコメント:

    あるまとめブログの大変有難いコメントをコピペさせていただきました。

    力道山が差別されたかよ?

     力道山は韓国でしか通じないふざけたOINKなんぞを吐かなかった。反日活動もしなかった。そしてプロレスやってちゃんと強かった。

     だから日本人は力道山に憧れたし好かれていただろうが?

     在日は『在日だから』と言う理由で『配慮』され『優遇』される。そして岩城の様に調子に乗ってOINKや反日暴言を好き勝手に垂れ流し犯罪やって、尻に火がついたら『差別』と言う言葉で無責任に逃げる。

     そんなモン、日本人が日本人相手でも嫌悪するに決まってるだろうが。

     あと通り名の事だが、例えばクロード・チアリが通り名で『高木正男』とか言う本名とかけ離れた名前名乗るか?
     通り名って日本語じゃ発音しにくい名前(例えばLとRの違い)を、日本人に発音しやすいように直して欲しいっつう意味なのを『偽名』として悪用しているのが悪いんだろう。

     そんなことするのは在日だけだぞ。制度の『悪用』はどこの国でも『犯罪』だ。犯罪を『犯罪』という事や、犯罪者を『犯罪者』という事はヘイトなんかじゃない。そうやって嘘と誤魔化しばかりと言うのも嫌われる要素で、これも世界中何処でも同じだ。

     違うというならアメリカでもイギリスでも行けば良いだろう。日本が差別国家と言うなら、そっちなら差別されないんだろう? (ちなみに、イギリスではリビアからの難民が作った貧民街を『ブルドーザーで撤去』していた。それより日本が酷いと思うならイギリスでブルドーザーに轢かれて来いよ在日は。日本は在日が無くても一向に困らん)

  16. カナビシ300 のコメント:

    応援しておりますがもう少し発言を穏便に・・・。

  17. ichbinjapanerin のコメント:

    “イギリスではリビアからの難民が作った貧民街を『ブルドーザーで撤去』していた。それより日本が酷いと思うならイギリスでブルドーザーに轢かれて来いよ在日は。日本は在日が無くても一向に困らん”

  18. インスペクター のコメント:

    赤い羊さんのコメント、このような真摯な意見を大切にしてほしいです。勝って兜の緒を締めろ的な、こうべをたれる稲穂のような謙虚さが最終的には必要かと思います。

    議員のブログは勢いがありますが、要所要所に自画自賛的な自分にしかわからないような表現が多々みられます。せっかく支持を得てきてらっしゃいますから、このムーブメントを大切にしてほしいです

  19. id のコメント:

    こちらも大問題です。仕込まれないように法律が必要です。
    焦点を当てるべきは「日本人名を名乗る外国人」の方である
    http://www.bllackz.com/2014/10/blog-post_29.html#Ou41y7L.twitter_tweet_count_m

  20. AG のコメント:

    大切な事は日本国が不当に食いものにされている現状を改善すること

    クリック数とはそもそも大人が大人にたいしてそのコメントに対してどう評価するかというものでしょう。
    それは受け手が選択権を持っているわけですからそこに恫喝などによるものでない限り個人の選択なわけです。
    その程度の事にクレームを付けるということは余程思考能力に問題があるということになるのではないかと心配します。

    ヘイトスピーチ
    人種、宗教、性的指向、性別などの要素に対する差別・偏見に基づく憎悪(ヘイト)を表す表現行為のことで、日本語では「憎悪表現」「憎悪宣伝」「差別的表現」「差別表現」などと訳され、訳語は統一されていない。
    日本では「差別的表現」「差別表現」「差別的言論」と置き換え可能な言葉として用いられることも多い

    極々標準的な説明がこのように出て来ます。
    まあ、これを絶対とは言いません。
    何しろ、宗教ならばかつてのオウム、今のイスラム国を差別してはいけないと言うと何かおかしな感じにもなるでしょう。

    しかし、この度の「在日特権」に関する投げかけはデータを基にした一つの切り口なわけです。
    異論があるならばつまらない本質から外れたことを投げつけるべきことではないと思います。

    何しろ、一番大事なことは今様々日本が不当な扱いを受けていることをどう改善して行くのかという日本人にとり当たり前の行動を起こした一市議をどう評価するのかというものだと思います。

    大きく言えばかつて、そして今も続いている近隣特定国への不毛なODAという日本が食いものにされたものもあります。

  21. 飛耳長目 のコメント:

    この人はまだ若い。当然経験不足もある。
    しかし、今回の切り口はいいです。
    イデオロギーや感情論のやり取りで、こう着状態に陥っているこの問題の
    突破口になるかもしれません。
    もちろん完璧なものではない。
    「外国人優遇税制」=「在日特権」ではありません
    (「外国人優遇税制」≒「在日特権」とは言えますが)
    しかし、地方の1市会議員とは言えど公職にある人が取り上げる。
    ネットでウダウダ言ってるだけではない。
    本来は国会議員がやらねばならない大きな案件を(ようやく次世代が
    国会で問題提起しようとしている)一人でやろうとしている。

    普通の一般人の目にとまったら、応援したい気持ちになります。
    これが大切なんです、これからは。
    この人は、問題提起の突破口。切り込み隊長です。
    彼の後を志のある若い保守系議員たちが続いていけば、大きな流れになる
    可能性がある。もちろんネットで応援する。
    数は少ないですが、今は左翼系議員より、国益重視の保守系議員の方が
    勉強しています。
    このトレンドに期待して、小坪議員を応援しています。

  22. アラン・スミシー のコメント:

    ふと疑問に思った事を。
    批判意見が論拠にしている「在日」という言葉は日本在住の外国人全てを差しているだけに過ぎない。
    小坪氏への反論・批判をするにしても、何故その部分だけを指して「=在日韓国人」だと限定するミスリードを論拠にしようとするのか。
    小坪氏は保守系で国益重視ではあっても右派ではなく中庸的な思想の持ち主でしょう。
    今後の御活躍を期待しております。

  23. ガリンペイロ のコメント:

     ブログランキングから誘導されてきました。

     先月でしたかタイでの代理出産をさせてた男が話題になりましたが、もしかするとこの制度を利用し海外扶養家族での節税(脱税?)が目的だったのかも、と。
     ふと思いつきの戯言を書き込んだことをお詫びいたします。

  24. Sibosirou のコメント:

    保守速報さんを見て飛んできました。
    凄い内容でビックリしました、今後のさらなるご活躍期待しております。
    又、ポッチとして拝見しにきます(^O^)

  25. ピンバック: 【国保・海外療養費と再入国手続き②】国保財源を、地方議員として守る。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  26. ピンバック: 【驚愕】ブログランキング、二位に躍進。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  27. ピンバック: 【何点か反論】法論拠とアフィリエイトについて(こんなの書く必要あるかな汗) 小坪しんやのHP~行橋市議会議員 | ミリオンハイスクール | ネットビジネス | WordPress

  28. ピンバック: 【驚愕】ブログランキング、二位に躍進。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です