我々戦後の日本国民にはサヨクを笑って済ませる資格はない


 本文に記されたサヨクによる卑劣で愚鈍でチンケな醜態の数々。実に陰惨ではあるが、その天然ボケぶりは大笑いである。サヨクの価値は唯一、天然ボケで世の中を愉快にするピエロとしての価値のみだ。おおいに笑えば良い。ボケはツッコミがあって笑いとして引き立つ。本文はそのツッコミの役目を果たしている。よって、本文はサヨクにある唯一の価値を引き立たせている内容といえる。サヨク諸氏は筆者に感謝してもらいたいものだ。
ただ、世の中にこんな馬鹿な連中がいると単純に笑って済ませる資格は我々戦後の日本国民にはない。
サヨクによる陰湿な元日本兵イジメのありさまを見て見ぬふりをする我々戦後の日本国民は、イジメを楽しむサヨクと五十歩百歩である。トンチキサヨクを嘲笑うのはおおいに結構だが、そのあと自らを省みるべきだ。こういった腐った連中といったいどこが違うといえるのかを。悪を見逃すのもまた悪なのだ。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

 終戦直後、昭和天皇の玉音放送にあった「耐難きを耐え、忍び難きを忍び」という一節。耐難き事とは、てっきり占領軍による蹂躪(じゅうりん)を指していると思われた。もちろん占領軍による悪辣な蹂躪も耐難き事だったが、耐難き事は占領政策の後にも続いた。サヨクによる元日本兵の冤罪捏造と嘘宣伝による徹底した元日本兵イジメである。
これに対して、多くの元日本兵は沈黙を続けた。敗者は多くを語らないという、潔い武士道だ。こういう高潔なあり方は、実は本来我が国では最も尊いあり方である。真のあるべき日本人の姿と言ってもいい。まさに耐難きを耐えたのだ。

 こういう高潔な日本軍兵士の方々や昭和天皇に対して、我々戦後の日本国民はどのように言うべきだったか。それはこうである。

 「もう耐え難きことに耐える必要はありません。日本軍兵士のかたがたの戦争により、あまりに長い欧米列強による支配から東亜は解放され、日本も独立を保てました。いわれのない冤罪の苦しみや処刑にあまんじる必要はもうないのです。帝国軍人であったことに胸を張って下さい。多くの亡くなられた戦友の方々は祖国をそして全アジアをそして世界中の有色人種を救った英雄なのです。あらぬ罵倒に耐える必要はもうないのです。」

 こういうセリフは隅でわずかに聞かれるのみだった。戦後の日本国民による日本軍兵士の方々へのセリフはこうだった。

 「今後とも耐え難きことに耐えろ。我々はあらゆる捏造をし、歪曲をしててでもおまえたちの戦争を貶めてやる。おまえたちは未来永劫、天皇に騙された馬鹿としてさげすまれ嘲けられる続けるのだ。例え死んでもおまえたちは罪を犯した虐殺者強姦者として全否定され耐え続けなければならないのだ。犠牲者はただの犬死だ。」

 「耐難きを耐え、忍び難きを忍び」というセリフは日本軍兵士と苦楽を共にした昭和天皇のみに許されるセリフだ。これを戦後生まれの日本国民は、ぬけぬけと日本軍兵士に延々と命令し続けた。外交上の打算などにより。

 とにかく日本軍兵士の高潔さはサヨクの有利に働いた。元日本兵の高潔な沈黙を利用して、サヨクはあらゆる嘘、捏造を大量に散布した。高潔な生き様は、ある程度の高潔さをもつ相手にのみ理解できる。サヨクという下衆の極みにある存在には、いかなる高潔さも誠意も無意味だ。それが政治宣伝を行う上で有利と考えれば、他人の高潔さをいともかんたんに踏みにじるのみ。
そしてその耐難きことを押し付けたまま、我関せずと放置した我々戦後日本国民。元日本兵の我慢の上にどっかりあぐらをかいて、近隣諸国に土下座してひたすら金もうけ。なさけない話だ。

 誤解のないように記すが、筆者は元日本兵の高潔さを批判しているのではない。元日本兵の高潔な生き様を汲み取る義侠心の欠如した戦後日本国民と、高潔さを利用し続けたサヨクの下衆を批判しているのだ。

 我々日本国民は、戦後五十年間延々とサヨクによる日本兵イジメを放置してきた。これは戦後日本国民のぬぐいがたい原罪である。こんな卑劣は日本の歴史上存在しなかった。我が国はあらゆる社会体制に変貌してきたが、支那の革命政府みたいに旧体制で生きた人々の苦労をつるし上げる思いあがりは存在しなかった。戦後日本国民は、こういった偉大な祖先に顔向けができず、更に子孫からも唾棄されるような所業を終戦以来繰り返してきたのだ。
この原罪に目をむけその病根であるサヨクを駆除することによってのみ、この原罪をわずかながらでも償うことができるのだ。

余談:うるさいヤツの利便を図り、その負担を寡黙な者に押し付けてきたゴネ得戦後政治 [執筆日:H13/2/4] 戦後自民党政府は一貫して、うるさくわめく者に利益をもたらし、そのしわ寄せを全て寡黙な者に押し付けてきた。うるさいヤツに騒がれると鬱陶しく、更に時に失脚する場合すらあるからだ。

1: 寡黙な祖先や子孫や利用者国民にしわ寄せを押し付ける戦後政治

その典型例が、ODA&赤字国債という子孫負担増大政策と、靖国神社シカト&日本軍冤罪捏造教科書という祖先毀損政策である。

「靖国神社に参拝するなあ」とうるさく騒ぐ共産支那及びその拡声器である朝日などサヨクマスコミ。そのうるさい存在の意向を重視しその分、元日本兵やその遺族に苦しみや無念というしわ寄せを押し付ける。多くの元日本兵には、「敗者は多くを語らない」という潔い武士道があり、他人にヒステリックに要求するような下品さなど持ち合わせないという寡黙さがある。
「金寄越せえ」とうるさく騒ぐ共産支那。そのうるさい存在にODAばらまき、そのしわ寄せである赤字国債&支那の軍備拡大を、我々の子孫に押し付ける。子孫は、幼いがゆえもしくは生まれていないがゆえ何も訴えることのできず寡黙にならざるえない。
「外環道路を作るなあ」「空港を造るなあ」とうるさく騒ぐ地元住民を煽る勢力。その勢力の言うがままに従い、そのしわよせを迂回経路の近隣住民や迂回しなければならない運転手、空港利用者に押し付ける。しわ寄せ対象が不特定多数であるため、まとまった声になりにくく寡黙にならざるえない。
「グンカクハンターイ」とうるさく騒ぐ社民党共産党朝日毎日NHK。そのうるさい存在の意向を重視し軍備を脆弱にし、そのしわ寄せを危機管理の遅れから災害のために死亡し苦しまねばならない人々に押し付ける。災害により死亡したところで死人に口なしだ。寡黙にならざる得ない。

うるさいヤツがゴネた結果のしわ寄せを全部寡黙な者に押し付けている。

2: ゴネ得政治の元凶はゴネ得を煽るサヨクと、国家国民の利益より政権に居座ることを重視する自民党にある

こうなる理由は何か。簡単だ。それは、政府自民党の目的が国家国民の利益を実現することになどないからだ。政府自民党の最上の目的が政府関係者の地位に居続けることであり、そのことによりもたらされる利益を得続けることにある。この最上目的の前では、祖先の自尊心も子孫への金銭的負担も日本の国益も軍事的危機も、なんら考慮に及ばない。
自民党は政権の座に居座りつづけるためなら、社会党(現社民党)みたいな共産支那パシリ売国政党とか公明党みたいな池田氏独裁集金宗教政党とでも組む。

ゴネるヤツの中にはサヨクもしくはその影響下にある人間も多い。というかおおむねそうだろう。こういう連中のゴネる時とは、空港の整備や道路や原子力発電所の建設など、国力の充実に貢献するような政策が行われようとした場合だ。
政治家があくまでサヨクのゴネと戦い国民に利益をもたらしたところで、逆に煽られ失脚させられる危険性すらある。それなら国民の利益など投げ出し自分の地位の安泰を図ったほうが賢明というものだ。

3: ゴネ得政治がもたらす影響

こういうゴネ得の風潮が蔓延するとどうなるか。
昨今、寄越せ寄越せ不満だ不満だと餓鬼のように他者にひたすら声高に要求する者が多い。自らの分限をわきま
えず。他人の自由を尊重せずに自らの自由を主張するヤツだ。例えば労働組合をたてに自分のジンケンや他者の問題点をわめきたて、ニアミス事故被害者への配慮の全く無い事故原因解明に非協力的な飛行機機長。顔を掲載したことを理由にジンケンシンガイだなどとぬけぬけとマスメディアを告訴する人殺し。
こういうゴネ連中の台頭の原因は、ゴネ得を認めてきた戦後政治にもありはしないか。
その一方、自らの身の程を知り地道に寡黙に日々の職務を果たす多くの人々も多い。というか、圧倒的にそういう人々のほうが多い。わが国を支えているのはこういう寡黙な人々である。そういう人々にこそ目を向け利益をもたらすべきなのだ。

4: ゴネればゴネるほど損をする政策をとるべき

仮に筆者が為政者なら、ゴネる連中を徹底してシカトし更にゴネればゴネるほどゴネる連中の利益を踏みにじり、その分寡黙に職務を果たす多くの人々に利益をもたらそうとするだろう。筆者はへそまがりなのだ。
例えば筆者なら土地収用などの際はこうする。最初に地主に収用額を掲示する。その後地主がゴネた場合、段々と掲示額を下げていく方針をとる。上げていくのではなく。そして最終的には二束三文で強制収用する。早く売らないと益々損をするというわけだ。
そうすることでゴネ得野郎の利益を踏みにじり、その分寡黙な納税者や公共施設利用者の利便を図るわけだ。

かつて岸首相は、サヨクやあらゆる人間の攻撃を跳ね返し、日米安全保障条約を平等な方向に改訂した。こういうゴネ野郎を粉砕する政治家こそが本当に必要なのだ。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


我々戦後の日本国民にはサヨクを笑って済ませる資格はない への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です