官公労が支持する政治家に投票してはならない


[執筆対象:官公労][病理:利権体質]

 平成十一年、民主党代表選に出馬した横路孝弘氏は北海道の元知事だった。ヘーワケンポーダイ9ジョーをマモレでおなじみのサヨク政治家横路孝弘氏である。この横路孝弘知事のもと、北海道庁はカラ出張天国となった。北海道庁の官僚はカラ出張しまくり、道民が収めた税金をたらふく横流ししまくった。
なぜ、こうなるのか。
それは横路孝弘氏が官公労の支持を得て当選してる政治家だからだ。そんな政治家が、自分に票を入れてくれる相手に対して、厳しくカラ出張を規制したりできようか。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

(1)我々国民にとって望ましい政治家とは

 最小のコスト(税金)で最大の成果を上げることのできる政治家。つまり人事面では、より役人を少ない数に押さえ、より安く、有効に使える政治家そこが最も望ましいのだ。もちろん、官僚による税金の収奪を防止できる政治家であるべきだ。

(2)我々国民にとって望まくない政治家とは

 大量のコスト(税金)を浪費しながら、その割に成果が少ない政治家。つまり、大量の官僚を安直に雇い、大量の退職金や賞与を与え、しかも官僚機構にある多くの無駄を放置もしくは増大させ、官僚に怠慢させる政治家である。更に、官僚による税金の収奪を見て見ぬふりをする政治家などは特に望ましくない。もちろん、これらは全て税金の高騰となって我々国民に跳ね返る。

 官公労の支持を得ている政治家が、(1)の政策をとることなどありえようか。あるはずがない。必ず(2)となる。票田を大切にするのは政治家の常である。

 我々国民は、官公労の支持を得ている政治家には絶対投票するべきではない。官僚による官僚のための官僚の政治となる。お役人様に税金を貢ぎたい場合は別だが。

参考ページ:九九九のホームページ校長が自殺し,教授が解任される!

 昭和四十七年から平成七年まで六期二十三年間という長期にわたって社会党推薦革新系知事、故田川亮三氏が支配した三重県。広島県に続いて校長が自殺したことで有名だ。そこにおける教職員組合官僚の腐りきった実態が報告されている。
一週間の受け持ち授業時間は,少ない教員で四時間,半数近くが十時間未満しか受け持っていないという恐るべき怠慢。おまけに勤務中の組合活動。こういった怠慢役人の給料は、全て納税者が負担することになるのだ。
その教員を監督するべき県教委職員の四割以上が、組合員らしい。めちゃくちゃだ。泥棒に泥棒を監督させるようなものだ。こういった教育委員会と組合の癒着構造により、多くの怠慢や官僚既得権擁護や職場での政治活動がまかり通るようになってしまっている。
もちろん、こういう癒着構造、官僚怠慢構造(つまり税金浪費構造)を作り出した(少なくとも看過した)責任者が、前述のサヨク知事であるのは間違い無い。

サヨク政治家に投票すると例えばこうなるという実例だ。

 つまり、日教組や全教など各種官公労の支持を得ている社民党とか共産党とか民主党の一部とかのようなサヨク候補者には、我々国民は投票してはならないということだ。

余談:官公労が支持する政治家に投票してはならない [執筆日:H12/9/13][執筆対象:官公労][病理:業務時間内政治活動] 国旗反対プロパを子供たちに刷り込み、卒業式で校長に土下座要求をさせたことで知られる東京都国立市。その国立で、共産党系教職員組合員六十六人が正式な手続きなしに、年間1032時間勤務中に組合活動を行い続けている実態が国立市議会で指摘された。(産経新聞平成十二年九月十二日朝刊)
勤務時間中の組合活動は「ながら条例」というもので参加票の届出が義務付けられているが、全く提出されていなかった。

指摘した大田議員(公明党)は、教員の時給を三千円とし、1032時間分、年間三百九万六千円が不当に支払われたと試算。過去五年間にさかのぼり合計千五百万円以上を返還するように主張している。
この議員は職務を見事にまっとうしている。これこそ議員の職務なのだ。納税者の利益を考え、税金の不正な使用を抑止する仕事だ。納税者からすれば拍手喝さいといったところだろう。
筆者が唯一公明党を評価している点は、共産党の不正を追求し続けた点である。

この国立市民の税金を盗み取った共産党系組合員は、国立市民に謝罪し、納税者から盗んだ金を即刻返却するべきだ。文字通りまさに税金泥棒である。いかなる言い逃れも成り立たない。

税金を横領した共産党系教職員組合員、今後のリアクションが楽しみだ。果たしてどのような詭弁で正当化をするか。どう考えても一部の理もない不正な行為である点。しかし不正を認めれば職務中の組合活動に支障をきたす可能性がでる点。金を損する点。逆切れで応じてもまず人々の理解が得られず共産党への不信が更につのるであろう点など。きっと身悶えするぞ。
おそらくはサヨクおなじみのノーコメント&逆切れ罵倒という展開になるだろう。大田議員に期待するのはこれからである。まさにこういった共産党系教職員組合員自らの犯罪的な税金泥棒への思考停止する有様、逆切れ罵倒で応じる有様そのものを克明にレポートし、議会で提起していってほしい。また、関係マスコミもその有様を満天下に知らしめるべきだ。

いずれにせよこういう税金泥棒役人が幅を利かすかどうかは、選挙結果に依存する。議会に共産党とか社民党みたいなサヨク横領怠慢組合役人の既得権を代表する連中が多いと、誰もサヨク役人の怠慢と税金収奪を抑止できなくなり、こういった横領事件は発覚せず、また発覚しても何一つ改善されない。
ましてや行政の長がサヨクであったりしたなら、なおのことだ。

だいたい、なんじゃこの「ながら条例」ってのは。勤務時間中の組合活動は参加票の届出が義務付けられているらしいが(共産党労組はそれさえ守れなかった)、逆に言うと届出さえすれば可能ということなのか?
そもそも勤務時間中の組合活動など、給与を支払う納税者として絶対に許せないものだ。ぬけぬけと仕事中に組合活動を行う連中は、自分が受け取っている給与を誰が支払っていると思っているのか。「ながら条例」などやめて、勤務時間中の組合活動を禁止する条例を制定するべきだ。

とにかく読者諸氏が支払った税金をたらふくお役人様に浪費してもらいたい場合は、共産党とか社民党みたいなサヨク政治家に投票すればいいわけだ。きっと期待にこたえてくれる。

余談:勤務時間を六十万時間、組合活動に浪費した三重県教職員組合員 [執筆日:H12/10/6][執筆対象:官公労][病理:勤務時間内政治活動] 下には下があるものだ。上記を更に下回る税金泥棒サヨク教師が存在した。
県教育委員会の調べによると、三重県のサヨク組合教師は、二年八箇月の間になんと六十万時間もの勤務時間を組合活動に浪費していた。時間単価を二千三百円とすると十億円以上もの金額になる。(産経新聞平成十二年十月三日付朝刊より)
教育委員会は地方公務員法違反にあたるとして返還を求めていくらしい。

三重県の教育委員会は、本来行うべき職務を見事に果たしている。すばらしいことだ。三重県の納税者からすれば、拍手喝采といったところだろう。うらやましい限りだ。

「納税者の物は俺の物。俺の物は俺の物。」というジャイアンもどきのサヨク組合教師がいる。三重県民が「うわああん、ドラえもおおおん。」と訴えようにも、三重県のドラえもん(知事)は、長年ジャイアンの仲間というワケの解らないドラえもんだった。三重県民自身がそういうドラえもんを選挙で呼び寄せた結果である。
こういうドラえもんが来ると、学校教育現場はタイムマシンで、占領軍の刷り込み授業が行われた時代にひとっ飛びだ。このドラえもんが開くどこでもドアは、子供たちを嘘写真だらけのヘーワ記念館に連れて行く。タケコプターは、ごっそりと税金をサヨク組合怠慢教師の懐に運んで行く。

それにしてもここまで情熱を込めて税金を収奪するサヨク組合教師。我々納税者に怨みでもあるのだろうか。年貢を納める我々民衆としては、涙ながらに訴えるしかない。お役人様、おねげえですだ。もう無茶はやめてくだせえ。

参考ページ:九九九のホームページ三重その後

 本件に関する新聞記事などが転載されている。

 

参考ページ:國民新聞日教組・北朝鮮と癒着

 拉致被害者の家族会、議員連盟も結成され、警視庁は北朝鮮に拉致された日本人を7件10人と発表した平成九年の後になって尚、北朝鮮に組合費から献金し続ける日教組の狂態。更に三重県教祖と朝鮮総連の活動家等が共に「運動を継続して進めていく」ことを誓っていることなどの報告。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


官公労が支持する政治家に投票してはならない への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です