【書く予定の記事】熊本の自治基本条例と、ウイグル関係の進捗(大きい)、安倍元総理の慰霊碑建立に関して。あとは愛知県知事選など。


 

 

それぞれ独立した記事で、即時に書きたいのに準備が整っていない。
うまくまとめ切れてない。かなり丁寧に書く必要があるテーマです。

愛知の県知事選についても思うところはある。

 

北海道はまったく情報を持っていないのですが、愛知は事情を聞けば納得する人もいると思う。ネット保守にとっては面白くない情報かもしれないが。

忘れられがちだが、トリエンナーレの初報は私のBlogでした。
現地で誰かが撮影しないと見れないわけで、いま皆さんが拡散しているメインの画像は私の知人が撮影したものです。当初はネット公開の予定はなく、必死に文字で表現する方法をとりました。のち、功名心からか、その画像が(愛知の地元の意に反し)拡散されていく、という。

致命的だったのは、リコールの失敗。結果論にはなるが大失敗だった。
議会においては不信任の不発は、「信任」として扱われる。
しかも署名偽造も発覚、逮捕者も出してしまった。自民側が独自候補を擁立できなかったであろう背景、その一つにはなる。

無関係とも言えないのが副知事の話かなぁ。
そのあたりは朝日のほうが詳しく報じていたりして、それも悲しい(苦笑

トリエンナーレの初報を打った人間が言うのだから、そこは書くと重たい意味は持つと思う。
思えばあの頃からそうだったかもなぁ、功名心にはやり、ネットの一部が特攻かけて現場と乖離すること。思えばあの時も現場への取材はなかったし、情報は共有されなかった。

 

愛知県知事もトヨタも「ウィンウィン」 古本氏を副知事起用の裏事情(リンク先、朝日新聞)

本当、夢のない話になりますが、知事選の候補が地面からタケノコのように生えてくるわけもなく。
候補擁立までの戦い、公認申請までの暗闘というものがある。表に出たときには時すでに遅しってこともある。
で、いまになって大きな声を挙げ始めたライターたちは、愛知の地元事情とかの情報を何も持っていなかったってことになる。現地にルートがあれば、常識的にどこでどんな戦いがなされていたかは知ってるはずだもの。朝日の記事は、ほぼ一年前の2022年の3月だもの。

かといって、リコールの不発、逮捕者等々もあった。ネタにし、コンテンツとして消費されると不信感をもたれたら、むしろ情報は意識的に流されなくなる。
その地の地方議員との信頼関係って大事。愛知も、うーん、ないだろな、すでにやってしまった後だから。こっちも情報は遅れまくったと思う。
そのあたり書きたい気もするし、書かなくてもいい気がするし、難しい。

 

いま書くのを迷っているテーマたち、書き方を丁寧にしないとと心がけているテーマ。
私は書いても何も得なことがない。敵も増やすだけだろうし、ショックを受ける保守だっているかもしれない。

誰も悪意なんてなかったんだろうけれど、贔屓の引き倒しがあまりに目につく。
結果として最前線で戦っている部隊が後ろから撃たれる姿は見ていてたまらないものがある。
「これを書けばウケる」なんてのは、私だって見える、というか現場に近いがゆえに正確に把握してる。けれども現場を撃ち抜いてまで、そんなことはできない。

できるだけ誰も傷つけないように、それでも衝突を回避させるべく。
なんの得にもならんことを書いていくしかないのだろう。損な役回りだ。
さじ加減ばかりが非常に難しい。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

4 Responses to 【書く予定の記事】熊本の自治基本条例と、ウイグル関係の進捗(大きい)、安倍元総理の慰霊碑建立に関して。あとは愛知県知事選など。

  1. 波那 より:

    🔻岸田総理に読んでいただきたい過去記事。
    https://ameblo.jp/yamatogusa/entry-11526660884.html

    ー《明治天皇勅語》ー
    「国家の国防は1日怠れば、100年の悔いを残すことになる。朕ここに軍艦の建造費に当てるために6年間にわたり毎年30万円、総額180万円を下付する。自分はそうするから文武の官僚もこれにならって、各自の棒給を10分の1拠出して製艦費に充てよ」

    防衛費増額で増税決めた財務省の言いなりになり「今を生きる国民の責任」と国民に押し付け発言。国民から怒られ慌てて「今を生きるわれわれの責任」と言い換えただけの総理。

    ある時、明治時代について余りに何も知らないと本を探し回ったのですが、見つけたのが日本文学研究者で東北の地震の後、沢山の外国人が帰国するのを知って日本は安全な国と知らせたいと帰化して日本人になって頂いたコロンビア大学名誉教授のドナルド・キーン先生が著された「明治天皇」を読みました。明治天皇は大帝と仰がれた御方で、このような方が居られた国に日本人として生まれたことは特別なことなのだと有り難く思ったほどに国を思い、民を思われた尊い御方でした。

    🔻「過去、長きに渡り(日本と)中国との関係がスムーズにいった歴史はない」。シナの軍事力が増大して脅威となるのは日本である。
    ttp://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31752027.html

    5月4日、インドを訪問中の麻生太郎財務相は経済関係者との会合で出席者から、「中国の海洋進出が激しい」と問われてこのように答えたという。
    「過去、長きに渡り(日本と)中国との関係がスムーズにいった歴史はない。我々はどううまくやるのか常に考えないといけない。陸軍大国だった中国が、いま海軍力を伸ばしつつある。東シナ海でも日本海でも同じ状況。自分の領土は自分で守るコンセプトをもたないといけない」(朝日新聞)。

    明治維新では当初、陸軍の強化を優先させ、海軍は後回しにされていました。しかし、それが変わるきっかけとなる事件が起きました。
    明治19年8月、当時、東洋一でもあった清国の北洋艦隊が「定遠」「鎮遠」という巨艦を擁して長崎にやって来たのです。無断で上陸したシナ水兵が日本人に乱暴狼藉を行いました。この「長崎事件」は明らかにシナ側に非があったにもかかわらず、強大な軍事力を持って日本を威圧するシナに日本政府は手も足も出せず、日本国民は大変悔しい思いをしました。

    こうしたことから日本はシナに対抗できる海軍を持つこと、さらに日本近海の沿岸防備を固めることが大切であると痛感し、国家として取り組もうとしました。しかし、海軍の予算は軍艦の建造費しか賄えず、沿岸の防備にはとても予算がつけられる状況ではありませんでした。

    そこで長崎事件を危機と感じた明治天皇は「防海の備えを一日も緩くしてはならない」と仰せられ、御自ら皇室費を節約して30万円を下賜されたのです。明治天皇が率先して国防費を下賜したことは広く知れ渡り、政府が国民にその献金を呼び掛けると、すぐに200万円(現在換算で約80億円)が集まったのです。
    如何に国民が危機感を持っていたかを知ることが出来ます。これにより日本各地の沿岸に大砲を備え付けることが出来ました。

    さらに明治24年7月。シナは北洋艦隊「鎮遠」「定遠」以下、主力6隻を率いて横浜に来航してまたも日本を威圧しました。国民も日本政府も危機感を募らせ、第二次伊藤博文内閣は海軍拡張計画を立てますが、帝国議会は軍艦の建造費を認めませんでした。このままではシナの強大な軍事力に対抗できず、余計シナをツケ上がらせる結果となるのではないかと心ある国民は憂えました。

    すると、明治天皇は勅語を下されます。
    「国家の国防は1日怠れば、100年の悔いを残すことになる。朕ここに軍艦の建造費に当てるために6年間にわたり毎年30万円、総額180万円を下付する。自分はそうするから文武の官僚もこれにならって、各自の棒給を10分の1拠出して製艦費に充てよ」

    この勅語により帝国議会も動き出し、海軍拡張計画が可決され、さらには貴族院では自発的に年棒の4分の1を製艦費に上納することを決議しました。
    そして翌年、ついに日清戦争が起こるのであります。

    日本にとってシナは昔から傍若無人に振る舞う迷惑な国でありました。シナとの関係がスムーズになるというのはシナの属国を意味することでもあります。「自分の領土は自分で守る」「我々はどううまくやるのか常に考えないといけない」という麻生財務相の言葉はシナの軍事力増大は結果何をもたらすのか、歴史から学ぶべきであります。
    …………

    広島G7で核廃絶を世界に訴えたいんだそうで、中国がニッコリ。あなた、日本は核を持ってる米国と同盟国だから、アメリカがどう出るか分からない、と言う所で辛うじて、どうにかこうにか抑止力になってるって分かってます?

    1. 波那 より:

      今、不覚にもチャイニーズドラマにすっかり嵌ってるのですが、と言ってもファンタジーな歴史ドラマではなく、清朝が終わった後の近代のドラマで必ずどこかに「Japan is evil (日本は悪だ〜)」と色々挟んで来るので呆れてます!見るのやめようと思ったけれどプロットの精度が高くて優れているので感心してます。

  2. 名無し より:

    北海道は〜、は知事選の事ですか?
    身内に道職員のエライヒトがいるのですが(表向きノンポリ)聞いた話し含め。

    北海道自民は2つに割れていますからねえ、前回の知事選も候補選びで真っ二つw
    現鈴木知事は菅さんのスジなので反原発、ウポポイ大推進w、
    でも自民のもう一派も、親中親韓官僚派なんですよねえコレが…….

    んで愛知とそっくりでここで財界(言わずと知れた親中ニトリ等)の支持を取り付けた鈴木さんに、決まった訳ですが
    ガースー派でも親中元官僚派でも、どっちの自民でも保守とは言い難いので
    ネット保守からは叩かれるんでしょうが
    問題は北海道と言う土地柄ですよ

    沖縄並みに偏った新聞がシェア大きく掴んでいるので、無意識的にリベラル正義自民悪みたいな土壌が有ります
    保守活動家の某氏(市議のお友達の某女史さん達含め)がやたら鈴木知事を叩くけど
    北海道の土地を支那に売っ払い始めたのは前知事の高橋はるみだよねえ、この人めちゃくちゃニトリと仲良しw
    鈴木さんは3年前に就任したばかりで、土地売却の惨状はその前だよねえ、今はコロナで減ってる位なんだけど

    規制立てろってケツ叩きたい意味でバッシングしてるとも思えないレベル

    あんま鈴木知事叩くと立憲に知事取られちゃうと危惧マジで。北海道ってそんな土地柄なので

    地元マスゴミが、今の所味方してるから自民が知事取ってるだけなんだよね

    北海道1区は立憲に取られ続けてるし、自衛隊の有る5区でさえギリギリ自民が勝つ(5区の和田さんはガチ保守、町村さんの義息子、この人に北海道の将来を担って欲しい)、この5区でギリギリ追い詰められる立憲候補って池田まきだぞヤベエww、そんな土地柄なんですよ汗

    んで結局次回の知事選は聞いた話しでは、自民は今回はどうやら一丸となって鈴木で行くような話し、3期目は不明、2期後に例の北海道1区に鞍替えするか?
    ガースーが国政で欲しがってるって。

    なんか意味不明になっちゃったすみませんm(__)m。

  3. ロード より:

    憂鬱な知事選の時期がやってきました。
    地元は大村が衆議院議員だった頃の選挙区でした。
    つまり自分の投票の中で、最も多くの名前を書いた政治家が大村という不幸・・・。
    多くの投票が、昭和天皇の肖像を焼くことに使われてしまうとは非常に申し訳なく、やるせない気持ちです。
    しかしこの暴挙に及んで何らダメージがないことは許し難いことです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください