【コラボ配信】ウイグルの国会決議など。黒瀬深氏らとツイキャスにて【興味のある人はシェア】


 

 

5月21日21時より、ツイキャスなるアプリでコラボ配信を行います。
”初めて聞くサービスだなぁ”と思ったのですが、どうやら過去に使ったこともある模様。
テーマには「ウイグルの国会決議」も含み、”どういう制度か”などを離すことができればと考えております。私は地方議員の立場でありますが、議員として感じる難しさなどに言及できれば。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

配信のイメージ
あまり書きすぎると「明日、話すことがなくなる」ので、ほどほどに留めます。
が、”ほどほど”で、これぐらいの量にはなります。

※ 実際の配信では、もっと言うことあるので、これよりさらに深いことを言って行きます。政治家からすれば基本知識ですので。

配信時のURL
https://twitcasting.tv/shin_kurose

 

(ウイグルの国会決議について)

国会とは、国民に選ばれた国会議員が意思表示をする場です。
よって(実態を示してないと思う方もいるかもしれませんが、またそれを私も否定しませんが)「国民の意思表示、国家としての意思表示」は国会決議になります。

が、恐ろしく高いハードルがあり、なんと全会一致、なのです。
何が高いハードルかと言えば、野党を含む全国会議員が賛同しないと通らない。
決議を出そうとすれば(自民公明はなんとか調整できたとしても)立民・国民・維新、そして共産・社民まで賛成に回らないといけない。

となると、ことは政党間の話になってきてしまう。
仮に国会議員であったとしても、もはや一議員でどうのこうのやれる話ではなくなってしまう。そこで議員連盟を作り、それを超党派に発展させたり等、”なんでここまで?”という謎の苦労が出てくるわけですね。

ウイグルの人権問題などは、欧米各国も動いている中、日本が動いていないのは”おかしい”と思いますし、ここで国家としての意思表示をすることは「当たり前」だと思っています。その当たり前のことを進めるのに、『なんでこんなに苦労があるのよ??汗』というのは、むしろウイグルをやっている政治家たちのほうが感じることでありましょう。

憲法改正と比較してもいいんじゃないか?というぐらい、謎すぎるハードルの高さなんですよ。とは言え、「なんでハードルが高いのか」という理由もあったり、「低くしたらどうなるのか」という危険も想定しなければなりません。
(あまり書くと、明日、話すことがなくなってしまうので、ここは書くのをやめておきましょう。このあたりは、私がある程度は話した上で黒瀬さんらから質疑をもらう形を検討していますので、配信中において、やいのやいの話せればと思います。)

で、決議が出せるかどうかという話です。
政党間の調整がついたとしても、果たして出せるかどうかは分からない。入管難民法やLGBTの法案なども関係してくると思う。関係ないじゃんと思うかもしれませんが、実は関係ある。国会とはウイグルのことだけを審議しているわけではないため、政党間が対立している状態では「そら行くぞ!」とスイッチを押せるか微妙なところ。

凪の状態じゃないと、身動きは取りにくいでしょう。
で、やるのか、やらんのか。どうなる?決議。

・・・というのがテーマの一個。

 

(配信方法)
私は、テーマあたり5分程度の説明を行う予定です。
が、あまり詳しい進め方は決めていません。なので、流れによっては「全然違う討議方法」になるかもしれません。

ここから黒瀬さんたちから「質問」をお受けします。
私はツイキャスについてよく覚えてないのですが(やったことあるらしいのですが)、コメントとかも受け付けることができるみたいです。

なのでコメントとかも拾うかもしれませんし(決めてないし、私が仕組みを分かってない)、ようは「質疑応答」が繰り返されて行きます。
市議に過ぎませんから、答えられる範囲には限りがありますけど、誠心誠意、お答えしたいな、と。

よって、上記の基礎知識をたたき台とし、そこからさらに議論は発展していきます。
どういう質問が飛ぶかは私も分からないので、配信してみないとどんな番組になるかは分かりません。

 

ここまで書いたのは「1テーマ」です。余力次第ですが、何個かテーマを扱おうと思います。

ちなみに”決まってない”です、他のテーマ。配信中にコラボしている方たちから意見をもらって決めるかもしれませんし、コメントから拾うかもしれません。何個のテーマを取り扱うか、またどうやって決めるかは決めてないです。

 

 

 

告知
以下、黒瀬氏のtweet。

 

コラボ配信

 

令和3年5月21日
21:00開始~

配信時のURL
https://twitcasting.tv/shin_kurose

 

黒瀬さんは、Twitter上で著名な保守論客の一人です。

まとめサイトなどでもよく取り上げられており、うちの読者も見たことあるアカウント名ではないでしょうか。

 

 

 

楽しみ

ちなみに、私は黒瀬氏を特別よく知っているわけではありません。

たまにRTしたりしていますが、こないだ何かの配信で少しお話しする機会があり、それでお誘いいただいた次第です。
とても嬉しく思い、快諾させて頂きました。

本当に楽しみにしています。

 

何が楽しみかと言えば、私もかつては「ネットを主戦場としたロビイスト」の時代がございます。例えば請願の場合は、ネット発祥の規模と本数では、現時点でも最も経験があるチームだったと思います。思えば干支が一個分ほど前のこと。

いまは「議員」という立場もあり、ネット上の様々なことについて、少し浦島太郎状態だと思っています。

ネットツールを活用している一人ではありますが、かつてと使い方は変わってきていて「リアルの政治」を、「ネットにも配信する」という形式に少しずつシフトしておりました。

ある意味では自然な変化なのでしょうが、”ネットが主ではない”ことは、実は当時とは大きな変化なのです。

 

※ いまの最大値だと月間で30万人(30万MUU)ぐらいで、youtubeなどに比較すればBlogも古いツールなのでしょう。小型のまとめサイトぐらいのパワーしか持っていません。が、議員という立場で書いているので、記事そのものがソースであるという強みはあります。

余談になりますが、かつてのアクセスでありますけれど、年間で1億PVぐらいあったと思います。ネットが活動の主力だった時代、私がBlogを書き始める前の時代。mixiで保守系アカウントがバンされまくり、自前で国産の保守系SNSを運営。前・国会議員や地方議員を公認アカウントとして実名活動できる形としました。Twitterの公認マークのはしりですね。(というか、当時はTwitterなかったような気がしますけど。)

 

で。
当時は、ネットユーザー同士の人間関係であったり、まあ色んなことにも目配りができていたのですが、いまはもう何も分からない。いまの現場の人たちってどんなことを考えて、何に着目しているんだろうなぁって。

ちょっと前から気になっていたんです。
当時は若手で新進気鋭とされた私も、いまや40代。中堅どころというかネットだと古参の部類。

やっぱ現場の空気が知りたいなって。頑張っている保守系の人たちと話してみたいなって。そんな思いも込めて黒瀬氏をフォローしていたんですが、配信のお誘いを受けて本当に嬉しかったです。

「いまのネットの空気を知りたい」という意味では、私もお勉強させて欲しいなと思っています。こう、ネットの潮流というか、空気感みたいなもの。コラボ配信は、私にとっても大切な場だと思っています。

 

 

 

不安なこと
んー、使い方をよく覚えてない。

イヤホンがあったほうがいいみたいなので、ブルートゥースのイヤホンは準備しました。
中途半端に新しいスマホでして、ちょうど物理的なイヤホンジャックがないモデルなんです。

さて、どうしようか、と。

 

物凄く初歩的な理由で、配信がトラブルのが怖いなぁというぐらいです。
かつては新しいwebサービスなんて誰よりも詳しかったのに。

そういう自分を見て、時代は変わるんだなぁって。
不思議な気分で、そしてワクワクしてて、それがどこか嬉しいんです。

 

 

ウイグル応援グッズ

 

 

さらっと書いておきますが

 

コメントや質問が「ビンゴ」のものがでたら

 

”いまのとこ伏せてる機密情報”とかも発言します。

 

(私が開示できるネタで、かつちょっとはボカしますが。)

 

新聞記者が追いかけるぐらいの話は持っておりますので

 

”たまたま命中”があったら、それぐらいはやりたいなぁ、と。

 

ぶっつけで参加する企画なので、どういう形になるかは分かりませんが

 

明日は楽しみにしていてください。

 

私は、むっちゃ楽しみです。

 

「面白そう」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

10 Responses to 【コラボ配信】ウイグルの国会決議など。黒瀬深氏らとツイキャスにて【興味のある人はシェア】

  1. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    これは面白そうですね。
    明日の話題の予告から、あの悪夢の民主党政権時代に小坪先生がどの様に闘ったかの、戦術が聞けるかも知れませんね。
    余りコメントするとネタバレになりそうで、何ともコメントし辛い本日のエントリーですが、これ位前もって告知頂けると非常に助かります。
    突発ライブだと、運次第的な流れになってしまいますので・・・。

  2. 波那 のコメント:

    昨日のコメント欄でも黒瀬さんのツイッターを引用させて頂きました。最近よく見かけますけど、何も知らなかったのでチョット今パラパラッと見て来ました。奇想天外、正体不明な方でした。笑😃笑 目立つ保守の「宿命?」として色々突かれておられるようです。先日、フランス軍までが日本で軍事演習とか、結構海外でも取沙汰されてます。中国からサプライチェーンを引き揚げさせるのも率先してやってる、日本に続けと賞賛されたりもしていて世界が日本に視線を向けているようです。日本は正念場ですね。どんなお話が出るのか楽しみにしています。

  3. BLACK のコメント:

    あのぉ、このような無知なことを書き込んで申し訳ないのですが

    この放送は生でないと視聴することが出来ないのですよね?
    もしも「生じゃなくても視聴出来るよ」って方法があったら教えてくださいませ。

    • 三田 のコメント:

      こんにちは。ツイッタアカウントがあるなら小坪市議が張ってあるリンクに飛べば録画が見られますよ。 一応リンク張ります https://twitcasting.tv/shin_kurose/movie/683686149

      • BLACK のコメント:

        三田様

        ありがとうございます。
        見させていただきます。
        ありがたいです。

  4. 波那 のコメント:

    《入管難民法改正法ー先送り》

    申請を繰り返す限り延々と日本に不法滞在出来る悪夢でしかなかった民主党の置き土産、入管難民法改正が今国会で可決を取り下げられ先送りされました。取り下げを決めたのは二階と森山国対委員長、それに国の事よりも学会が〜の公明党が反対したこと。強行すれば選挙に負けると先送りを決めたのが「もう、お薬は飲んだの?」の82才と76才のお爺ちゃん達。何という政治センスの無さ❗撤回した方が自民党はまたガッカリされて逆に票を減らすでしょうがーー💢

    フランスでもドイツでも移民難民反対の右派の党が支持率を上げています。動画に出ていますが、移民難民入れ過ぎでパリはもうかっての「花の都パリ」などではないゴミだらけの第三世界と化していまし、ドイツでは最大野党の党首が
    「アイデンティティを維持する移民政策として模範となるのは、人口密度が低く国土も大きいカナダやオーストラリアではなく、厳格な制限と管理を行っている日本モデルだけである」と、日本は大絶賛されていると言うのに、日本を守る事はやめたのでしょうか?当然、可決されると思っていました。

    🔻海外「ドイツは日本に続け!」 ドイツ最大野党が『日本モデル』の移民政策を絶賛

    2015年に中東シリアで内戦が勃発した際には、人道的観点から100万人を超える難民を受け入れたドイツ。当時、急激な難民の増加にドイツ国内は混乱に陥り、今でも当時のメルケル首相の決断には、根強い批判もあります。

    その影響で、野党第一党の右派政党「AfD」が躍進を遂げたのですが、先月行われた党大会において、以下のメッセージが採択されました。

    「アイデンティティを維持する移民政策として模範となるのは、人口密度が低く国土も大きいカナダやオーストラリアではなく、厳格な制限と管理を行っている日本モデルだけである」

    また党内最大派閥の代表ビョルン・ホッケ氏も演説の中で、日本をモデルとした移民政策を目指すべきだと主張しました。

    「私たちはもっと日本をお手本にしましょう。ドイツは移民によって作られた国ではなく、日本と同じような形で成長を遂げてきた国です。もし日本が選んだ道に続かなければ、ドイツとヨーロッパでは文化的な溶解が起きるでしょう」

    AfDの移民政策に対する姿勢に対して、ドイツの人々からは賛同の声が殺到しています。
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3812.html?sp

    コメント欄に、この演説動画が出ていてホッケ氏がヤーパン(日本)!ヤーパン!と連呼してるので笑ってしまった。お手本にしようと言われてるのに、何でやらなかったの?お爺ちゃん達。移民難民をドカドカ入れて次にやられるのはポリコレ社会にされてしまうことなんですよ。分からないの〜!?激怒💢

    グローバリズムが国のシステムを崩壊させ、やがては古来より大切に守り抜いて来た民族のアイデンティティ、固有の伝統文化が破壊されて行くのはヨーロッパ、カナダ、アメリカが今現在、経験中なんです。分からないなら国会から出て行って下さい。

  5. 昭和のおばちゃん のコメント:

    黒瀬さんは維新推しなのが引っかかりますが、注目しているお方です。

    BLACK 様へ
    検索して出てきた情報によりますと、配信者が録画してくれていれば、
    配信後でも視聴できるようです。

  6. 福岡 秀憲 のコメント:

    ツイキャス……

    じじいにはわからない時代来てしまいまいした…

    SNS系を基本したくなく、YouTube止まりの私は、ブログが一番しっくりくる。

    最早、時代についていけぬの…

    艦長はどんどん先に行って、若い「日本が好き」世代を育てて下さい。
    後ろの方から応援していますwww

  7. パコリーヌ(髭) のコメント:

    請願通らなかった日本氏ねこと
    介護士みるこん氏と支援者の自称ユーチューバー女性の小坪議員への異様な敵意が維新足立に通ずるものがあるわね
    2人ともご近所の福岡県民らしいから何か知ってるんじゃないかしら
    確かにやり口が橋下徹っぽくて気味悪いし

    でも言ってる事は正しいような気がするのよね〜
    チャイナのジェノサイドで犠牲になっている女性を救いたい請願の為の署名なので他には使えない
    請願は二議員に託された、議決出来ないのは反対議員の責任

    ヒステリックに騒ぐより請願に反対した議員の反対理由を探り吊し上げて議員生命を抹殺してやればいいのにね
    その方が面白いでしょ

  8. マツ のコメント:

    クロサギ氏の自画像代わりのアイコンについてですが、映画化もしたアニメキャラクターの画像を用いているのは、著作権法的には許容されるものでしょうか?

    なにせ、今回のは他の方と紹介と合わせると、名前も入っていて、さも自画像、著者近影と同じ扱いになっていますので、Twitterアイコンでの使用とはまた違うかと思います。

    小坪氏にいうものでもないかと思いますが、法を遵守することに疎い方とのコラボに参加される議員、との認識になりました。実際にはそうでなく、あくまでも議論の中身を重視しての参加、なのかもしれませんが、サイト内にここまで大きく出ていますと、どうしても集英社が関与したのか? または作者が関与したのか? と錯誤しました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください