「公務員および市長ら・市議の給与引き下げ」12月議会本会議初日、条例案即日採決


 

 

少し慌ただしい一日でした。昨日の福岡での集会を終え、深夜に帰宅。
本日は、12月議会の本会議初日であり、早速の議案上程。そのまま委員会審査に移り、即日で採決。
公務員給与(および市長ら特別職、市議の報酬)を引き下げる条例案です。

コロナ対応の一環であり、民間給与に比較して高額であるという背景から人事院勧告が出され、全国一律で引き下げています。人事院勧告とは、民間におけるベースアップみたいなイメージで良いと思いますが、今回は減給。

ちなみに、行橋市議は20年ほど人事院勧告に基づく昇給がなされておらず(一般職の公務員は上がり続けたが)、減給のみ市議も下げるというもの。この話が出るまで人事院勧告を、市議や市長には適用していなかったということを知りませんでした。

費用弁償なども廃止しており、20年前に比較し恐らく月額10万以上は減額になっているのではないでしょうか。先般、議席数も減少させました。もはや身を切る部分はないような気がします。
政務活動費は残っておりますが、実際に議員活動を行った際に支出されるものであるため、そこは必要なものだと考えています。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

今回、思ったのはこれ以上、引き下げて行くと、特に若手の議員は育たないという部分です。新入社員の初任給などと比較すれば見た目の数字は高いのですが、40代・50代の民間企業で考えると高額とも言えない。これでは世代交代が進まないのではないか?という危惧を持っています。

私は、その上で引き下げの議案3本すべてに賛成の立場から起立しました。様々な考え方はあって良いと思っており、例えば公務員等の報酬を安定させておいて、飲食などで「使ってもらう」ことで経済を活性化させることも一つの考え方だとは思います。
とは言え、いまはそういう状況ではないと認識しております。特に地方都市では。コロナ禍のこの状況を考えれば、ほんの少しとは言え減額し、その分で浮いた人件費を別の事業(コロナに留まらず、何がしかの公益性の高い事業)に回すことに異論はないからです。

午前中において委員会審査が完了。午後において、所管委員会の委員長報告がなされ採決。減額の条例案は可決しました。

 

ちなみに、本日の議会初日で採決まで行った理由ですが、
期末手当の基準日が12月1日であるため、11月末日(つまり今日)までに本会議で議決を付与しておく必要があり、30日の可決で1日施行という流れになっております。

他の議会では、2パターンあって、「12月議会の冒頭で、即日採決」という方法。(行橋と同じ。)
もう一つは、この条例のために「臨時議会を別途開催する」というもの。

どちらが正解というものではありませんが、私は12月議会の冒頭というやり方で良かったと思っています。0.05月の引き下げに過ぎず、それでも予算でありますから重要なのではありますが、そのために臨時議会を招集し、そこに要する職員負荷や議会手続きを考えると妥当であるとは思えないからです。

どちらにせよ12月の定例会があるので、これで良いと思います。
ただし、一点述べさせて頂くならば、どうせならばもう一週程度(または一気に11月の半ばあたりに)議会を前倒しにしてしまい、審議時間もとれれば良いのになとは思います。

 

行橋市議会の本会議が終了。

そのまま広域議会の全員協議会。
17時過ぎまで白熱した議論が繰り広げられ、本日は外せない用事が一件あったのですが、いま終わって事務所に戻ったところです。

ウイグル証言集会の件については、別項でまとめて行きたいと思います。
あぁ、思えば今日が11月の最終日か。明日から12月。バタバタとすぎる毎日です。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

10 Responses to 「公務員および市長ら・市議の給与引き下げ」12月議会本会議初日、条例案即日採決

  1. あき のコメント:

    武漢肺炎下の一時策では、無いのかな?武漢肺炎下で困窮している今は国会議員や官僚特に上の者が多く減給されるべきだし今の対策対応~では全員財産刑にして欲しいくらいです。 
    それとは別に、以前から思ってますが公務員(国家公務員も)に対して不満や不信・改善して欲しい事は(私個人の意見です)犯罪した時の処分・対応だとか(神奈川だったか?薬物使用議員に反対が有ったに係わらず給料支給した事が有ったと思います)、公務員に帰化人外国人を起用しないで(自治体任せにしないで欲しい!)貰いたい、のが一番です。

    よく、言われる事ですがきちんと仕事してくれる(反日や共生の強制、男女参画だの!本当に止めて欲しい!)なら、其処まで不満は無い。  地方では公務員さんなどの利用は大きいでしょうが、今の状態では大人数での利用などは一寸出来ないし一番は兎に角、減税する事!何ですがね。

    あと、無検査で!バカすか入国させてる支那人(ビジネス客~とか言ってるが、観光民みたいなのも大量に居るようですが!)・武漢肺炎国であり、それ蔓延させてる国でもあるし、実際空港で発病確認~など有りますよね・これ以上日本を混乱させないで貰いたいです! 二週間隔離、検査、渡日目的の厳重確認などなどせめてこれくらいは、自民創価政府には、やって欲しいです! 公務員の給料よりこっちの方が重大問題だと思います。 全国の病床、人員問題など本当に心配です、他の病気、怪我~の治療に手が回らなくなるでしょ!もう、嫌になります。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      あき様の論説に大賛成です!拍手です!

      支那人は無検査でバカスカ入国、一方、中國は、日本人の入国時には検査(PCRかなw)を義務付けているそうですから、よほど、中國のほうが中國人のために仕事をしているとおもいます。

      数日前ですが、東京都の病院にある集中治療室(ICU)が満杯!になったという報道がありました。これ、もしかすると、ほとんどを無検査でバカスカ入国してきた支那人によってICUがいっぱいになり、日本人で集中治療が必要な人が受けられなくなっている!のではと、すごく恐ろしくなりました。

      いいのか!これで!と、日本政府関係者に問いたいとおもいます!

  2. 波那 のコメント:

    🔻しくじった王毅と荒れた自民党外交部会: 日比野庵 本館
    https://kotobukibune.at.webry.info/202011/article_30.html

    もー本当に、いい加減にして下さいよ。何?この顛末は。

    ある日、突然、中共軍が台湾に侵攻したら?とか、ある日、突然、中共軍が尖閣を占領したら?とか考えてます?日本は万全の用意は出来てます?

    憲法9条なんて、相手はそんなことまでしないと言う善意頼みの憲法でしかないと理解してます?少しは焦って危機感を持って敏速に動きましょうよ。あの中国相手には全ての起こり得る状況を想定して備えて構えてないと。王毅みたいな小物に馬鹿にされ、見下されて、本当に嘆かわしいです。

    それとスパイ防止法も無いんだから安易にゾロゾロ中国人を入国させないで。本当に日本と国民を守りたい政府なのですか?

  3. しろくろ東京 のコメント:

    まあ私は反対だけど予算が限られている地方自治体がやりたいなら議員の判断だと思います。しかし折角国会議員に繋がりがあるなら、国家予算を増やして対応する方向でより働いて戴けると幸いです。

  4. ミカンの実 のコメント:

    とにかくですね、公務員の給料を下げるのは感心しません。特に自衛隊は逆に2倍以上出すべきです。あまり安くすると、公務員に立候補する人がいなくなりそうで怖い。その結果外国人が立候補して(帰化したばかりの反日精神旺盛な人がね。)日本人を支配する。そうなってもいいのですか?私は嫌ですね。なので行動してます。というか行動せざるを得ない。まぁ、『血のながれない戦争』ですね。いつまで続くことやら。

  5. 福岡 秀憲 のコメント:

    地方財政の厳しさ……

    地方からできることの対策の少なさ……

    抜本的に変えるために国レベルで対応しないといけないのですが、先送りばかりでどうにもならないですね。
    与野党関係なく責任あるのですが、与党自民党に変革が必要と思ってしまう。

    勿論、日本の為にならない野党勢力を減らす努力と並行に…

    難しすぎて、考えても実効的ないい方法がなかなか思いつきません。

    悲観的になって、「何もしない」が一番ダメなのですが…

    苦しい中、頑張ってくれる議員を応援することしかできない。
    日本!なんとかガンバレ!

  6. とく のコメント:

    日本は、国民1人あたりの公務員数が、先進国の中でも最低です。
    支出ベースでも、政府総支出の対GDP比は、OECD30か国中24位だそうです。
    議員数を減らす=少数の議員に権力が集中する、とうことであり、たいへん危険だと思います。
    給与を切り詰めるのも、金銭的に余裕のある人間しか議員になれないという傾向を助長し、かえって弱者切り捨ての流れが強まるように思われます。
    日本の議員・公務員は、むしろ数が少ないのだという事実を、マスゴミはきちんと報じるべきなのですが。

    飯田泰之:ユニクロ柳井氏「日本は公務員を半減せよ」発言の「大きな間違い」
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67965/

  7. パコリーヌ(髭) のコメント:

    民間の給与が下がるのは公務員や官僚の責任だから間違いじゃ無い

  8. 神無月 のコメント:

    ローマ教皇がウイグル族迫害に初めて言及し、当然の如く中共産は反発ですね。
    事実無根と言いながら、現地調査は内政干渉と拒否するのですから、事実と認めているわけです。

    珍しく、お昼のワイドショーで時間を割いていました。
    日本でのウイグル問題の拡散とリンクしている事に、ますますトランプ大統領の再任を確実視します。

    中共紅魔が四面楚歌に向かっている事も因果応報です。
    .

  9. Dr.Y のコメント:

    何名の方が書かれてますが、デフレ下での公務員給与削減は愚の骨頂です。小坪先生におかれましては、もっと財政出動をするように党の上層部に働きかけて頂きたいです。
    地方自治体が助かる地方交付税は勿論のこと、当然防衛費も増額しないといけません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください