【拡散】国民が知らない太陽光発電の実態②水害時の危険性


 

 

太陽光発電設備が水害によって損壊した場合、どのように扱うべきか。
実は業界団体より指針が出されているので報告したい。

昨日は、実際に出火の原因になっていること・消火活動の障害になった事例(消防庁発行の)を紹介し、消火活動の観点から住宅地への設置が技術的見地からは相応しくないという思いを述べた。
前エントリをお読みの方は、水害時のパネルの取り扱いがどれほど危険であり、難しいかは想像できると思う。

前回、触れさせて頂いたのは、個人住宅設置向けの「低圧」の話である。
今回紹介するメガソーラーは「高圧」である。

この違いを端的に申し上げれば、高圧の感電は「ただちに人体に影響が出る」のだ。
はっきり言えば、人が死ぬという違いがある。

私個人の見解としては、生物にとって極めて高い毒性をもつ重金属を含有し、かつ消火方法の確立されていない太陽光発電は、「人の生活とは切り離すべき」という考えだ。この中には、水資源としての山、そして河川を含む。米という意味での農地、そして海産物という意味での沿岸部を含む。

ただし、太陽光発電という「仕組み」自体は否定しない。例えば宇宙空間での活用などは正しいと思う。非常時にも避難所として活用されるべき施設の、一部の電力を賄うことも妥当性がある。
だが、人と共存させて良い技術ではないと考えます。

 

関連:国民が知らない太陽光発電の実態①消防官の危険と出火リスク

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

 

水害によって設備が被害を受けた場合

一般社団法人太陽光発電協会という団体がある。
詳しくは存じ上げないが、恐らくは業界団体であろう。

鬼怒川の決壊の際には、メガソーラー設置のため自然堤防を掘削し、越水破堤を誘発、被害を拡大させた可能性が指摘された。
当然のこととして、メガソーラーの設備が被害を受けている。

発行日は、2015年9月11日ゆえ、この水害を受けての文書であろう。
そういうつもりで読んで頂きたい。

どこが安全なのか、と。

 

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

 

一般社団法人太陽光発電協会(2015年9月11日)

1.水没・浸水時の注意事項
太陽光発電設備のパワーコンディショナや、太陽電池パネルと電線との接続部は、水没・浸水している時に接近又は接触すると感電する恐れがありますので、近づいたり触れたりしないようにしてください。
漂流物などにより、太陽電池パネル、集電箱及びパワーコンディショナが破損したり、接続している電線が切れたりしている場合は、水没・浸水時に近づくと感電する恐れがありますので、近づかないようにしてください。

2.被害への対処に向けての連絡
被害への対処の実施にあたっては、50kW 未満の太陽光発電施設の場合は販売施工事業者に、50kW 以上の太陽光発電施設の場合は選任されている電気主任技術者に連絡し、対策をとってください。

3.太陽電池パネルの取り扱い
水害によって被害を受けた太陽電池パネルは、絶縁不良となっている可能性があり、接触すると感電する恐れがありますので、触れないようにしてください。
復旧作業等でやむを得ず取り扱う場合でも、素手は避けるようにし、感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用等)などによって感電リスクを低減してください。
又、複数枚の太陽電池パネルが接続されたまま飛ばされたり流されたりした場合は、接続活線状態であれば日射を受けて発電し高い電圧/電流が発生するため、周辺にロープを張るなど、関係者以外が不用意に立ち入らないような対策を実施することが必要です。

4.パワーコンディショナの取り扱い
浸水したパワーコンディショナは、直流回路が短絡状態になる可能性があり、太陽電池パネルが活線状態の場合には、短絡電流が流れることでショートや発熱する可能性があります。ショートしている状態が見える場合には、販売施工事業者に連絡し、対応をとってください。
取り扱いにあたっては、安全のため感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用等)を行うとともに、パワーコンディショナの遮断器を解列することを推奨します。

出典:太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について・一般社団法人太陽光発電協会(2015年9月11日)

 

説明は不要であろう。
上記を「よく読んで欲しい」としか言えない。

どこが安全なのか!と言いたいが、そのようなことは言うまでもないだろう。

 

 

一言、述べておきたいが、この業界団体が悪だとは思っていない。
ネットとは即応性があり、このような形で私が紹介すれば「ここが悪!」と誤解する方もいるだろう。
そのような行為は、諌めさせて頂く。

本団体の、その他の発行文書も読ませて頂いたが、端々に「正しい情報を伝えたい」という思いが見て取れる。
業界の在り様に危機感も募らせているのだろう。

諌める理由は、次項で説明する。

 

 

 

本論と離れるため、折り畳んでおきます。
「我欲と人間社会、政治家の責務」というテーマで、私なりに政治家の在り方を論じています。
(業界団体批判を諌める理由になります。)

クリックして下さい!
我欲と人間社会、政治家の責務
冒頭、述べさせて頂くが、私は業者叩きを推奨しない。
また太陽光発電そのものを否定する立場にもない。

 

本件と韓国は関係ない。
本件と韓国を結び付ける層もいる。
私は、その考えに与しない。
構造的に抱える問題は、より深刻である。

人は「儲かるほうにシフトする」ものであって、
ネットで言われるように、韓国人がどうこう等で済む状況ではない。
(むしろそうであれば、どれほど対応が楽なことか。)

その意味では、CHINAが国策として扱ったことのほうが、より大きな背景だろう。

 

悪貨が良貨を駆逐する
単純に儲かるからであり、それがビジネスとして成立するからだ。
悪貨が良貨を駆逐するという諺の通りである。

違法ではないが、モラル的には悪いこと。
そういうものは、確かに在る。
河川敷にメガソーラーを建設するなどは、その際たる例だ。

太陽光の問題に限定せず、様々な分野で見られる現象だ。

 

モラルの逸脱者と資本主義
誰もが躊躇する領域に手を出せば、「その個」は利益を上げる。
しかし全体としての「公」は大幅な損をする。
残念ながら、そのようなものは一定層、存在している。

その個は大きな利潤を上げ、内部留保を増し、
二号店、三号店を組織を拡大、結果的に業界内でも大きな地位を占めて行く。

 

「我欲」と人間社会
私は、これは「我欲」というもので説明しており
本能的なものであると共に、人間社会においては自然なことだと捉えている。

つまり、その存在を、まずもって許容している。
「そういうものがある」という現実を認識することからスタートする。

それを「是」としているわけではない。
現実をまっすぐに見据えるのは、改善するためだ。

 

政治家の責務
そのままで良いとは思わない。
現状を正確に把握した上で、改善する。
ルールを書き換えるのだ。

制度改定をもって、「利益構造の根本を書き換える」ことで
システムのメンテナンスをもって、法・条令の不備を糺すことによって、
業界を健全化させ、努力したものが報われる構造を維持することが
政治家の責務だと考えている。

政治家のカテゴリにおいて、もっとも強権を有する国会議員、それらで構成される国会は立法府と称される。
このことからもわかるだろう。

 

市議会議員の意地
総理は、偉い。
国会議員は、偉い。
それを否定する気はないし、民意を託された、正当な権力機構である。

では、地方議員には意味がないのか。
上に行けばそれでいいのか、私はそうは思わない。
むしろ私は地方議員であることに誇りを持っている。
誘いを受けたことは、実はある。
隠す気はないが、威張る気もない、しかし同じくここから動く気もない。

民意の最前線であり、最も地域に近い存在であり
立法府の目となり足となり、現場を駆け回る。
私たち地方議員こそが、国を動かす上でのレーダーであり、
極めて重要なポジションであると信じ、ゆえにやりがいを感じているからだ。

余談が過ぎたが、健全性を有する業界団体はむしろ育て
結果として業界の正常化を促すべきだと考えている。
批判を吐き捨て、それで終わりというのは、責任を果たしているとは言えない。

 

 

 

住宅設置型と、メガソーラー
「設備が異なっている」と言ったほうが説明しやすいだろう。
原理としては同様だが、「束ねる」ような設備を有しており、一般的にロスを最小化するため高圧となっている。

メガソーラーの定義だが、出力が1MW(メガワット) (1000kW)以上の施設は一般的にメガソーラーと称されている。
出力によって規定があり、メガソーラーには「電気主任技術者」が設置される。

 

はっきり言えば、死ぬ。
メガソーラーの出力では、人が死ぬ。
住宅の場合は、なんとか感電で済んだが、メガソーラーは高圧なのだ。
よって、感電したら最悪の場合は死ぬというか、普通に死ぬ。

大きな違いは死ぬかどうかだ。
この説明は乱暴だが、実態を端的に述べればこうなる。
ゆえに、電気主任技術者が置かれているのだろう。

 

どの程度の電流で死に至るか。
実は、電圧では人は死なない。
流れた電流で死ぬ。心臓が電気で動いているためである。

電圧をあげればロスが低減できるため、一般にメガソーラーは高電圧であり、通電しやすい。
詳細に説明すると色々とあるため(電流の大きさだとか、通電経路とか、通電時間など)詳しく知りたい方は以下をどうぞ。
感電及び対策

実は、50mAほどで、相当に危険で死に至ることがある。
50mAとは0.05Aである。

「通電電流=電圧÷抵抗」であるため、高圧となれば(大きな電流が流れる危険性が高まり)危険は高まる。
抵抗の値は、絶縁靴などで上げることはできるが「無限大になるわけではない」のだ。
実際、通常の装備であれば、消防官は感電している。

 

 

 

メガソーラーの水害
メガソーラーの火災の場合、普通に消火することはできない。
説明は不要であろう。

実際、ドイツ・米国などメガソーラーを先行導入した国々では、設備の老朽化からだろうか、
すでにメガソーラー火災の難しさは、すでに起きている問題である。

メガソーラーゆえの問題とは、家庭用と異なり高圧である点。
高圧であり、消防官が「死ぬ可能性がある」からだ。
これまた説明は不要であろうが、燃えていようと燃えていまいと、「実はあまり関係ない」。
水害にあい、水浸しとなれば同様である。

 

パネルが吹き飛び、バラバラになってしまえば個人住宅用と危険性は変わらないだろう。
とは言え、パネル単体で発電を継続してしまうため、危険が除去されたわけではない。

鳥獣被害によりケーブルが損傷した場合、
また水害にあい、設備が中途半端に浸水した場合、
もしくは老朽化により設備が故障した場合、
近傍にいる作業者には大きな危険が伴う。
高圧だからだ。

水害時、もしくは上記の想定のような場合、
メガソーラーは「ただちに人体に影響が出る」という危険が指摘される。
端的に言えば、死ぬ。

 

よって、メガソーラーは、無人島のような、人が近所にいない場所にしか設置は許されるべきではないと考える。
何かあった際、被災時(特に水害)に重大な危険性があるためだ。

太陽光発電そのものを否定しているわけではないが、人の住環境の近傍に、設置されて良いとは思えない。
災害時でなくとも、設備故障・経年劣化・鳥獣被害により、近隣住民を危険に晒す可能性が否定できないからだ。

また山奥などでは、火事の火元となる危険性もある。
山も推奨できるものではない。

海の近くとなれば、塩害により設備が損傷する危険性が高まる。
同様に、推奨できるものではない。
風水害でパネルが海に大量にばら撒かれた場合の汚染リスクもある。

メガソーラーの設置場所は、しっかり考えられるべきだろう。
平地の少ない日本では、あまり適した設備ではない、私はそう思う。
このフレーズだけはご存じの方も多いように思うが、
その中身が、大きく報じられることはなく、国民の理解が進んでいるとは思えない。

 

 

メガソーラーは、高圧であり危険な設備だ。

 

現状の設置方法、許可基準が正しいとは思えない。

 

国民の理解を進め、「正しく設置」していくことで

 

新たな技術との共生が可能となり

 

初めて社会全体の利益となる。

 

ご存じなかった方は、伝えるために

 

またこの考えに賛同して頂ける方は、

 

拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

9 Responses to 【拡散】国民が知らない太陽光発電の実態②水害時の危険性

  1. ミカンの実 のコメント:

    太陽光についての意見ではないのですけど、今話題の?春馬くんではなくて、GO TO キャンペーについて、とても良い動画を見つけたので‘貼っておきますね。https://www.youtube.com/watch?v=Da1l__edxcY&t=10s石井貴士氏のYoutube動画です。自民党のm議員さんもチェックをされている様です。消費税0%の有効な使い方を説明してくださっています。良いアイディアだと思いますがいかがでしょうか?

  2. 名ナシ のコメント:

    太陽光ではないですが、昨日我が家の敷地にある電柱の変圧器に接続する
    碍子が破裂し炎上する事故がありました。
    物が物だけに素人判断では手出しできず見守るだけでしたが、これが太陽光
    発電でも恐らく同じ事になると思います。
    近所の養鰻池跡地も広大な太陽光発電所になっていて考えたらゾッとします。

  3. マイティぼうや のコメント:

    一度、感電した事があります。
    運良く「ビリッ」ときただけで難を逃れましたが
    その時、焦ったのが
    「ウッカリ触ってしまったプラグが磁石のように手にくっついてしまい離れなかった」
    事です。
    すぐにコードを引っ張って外せたので助かりましたが
    力のない子供だったり、パニックになってたら4んでたかもしれません。

    記事内容と関係ない話ですみません・・。

  4. 波那 のコメント:

    民主党と韓国との癒着から始まったことではないですか? 原発に反対して太陽光パネルを普及させて、電気代を上げ日本の国力を弱体化させる策略だったでしょう?

    孫正義が東北の震災に100億円寄付すると言って、そのお金を韓国の太陽光パネルに使ったとか、その太陽光パネルが雪に埋もれていた画像が忘れられないです。何故、雪深い地域に太陽光パネルを置いたのか? 何故、日本の業者に発注しなかったのか?

    こんなに水害の多い国には太陽光パネルは向かないです。まして山の側面を切り崩して置くなんて、持っての他。韓国の太陽光パネルを導入しようとしてる自治体は本当に怪しい。

    知ってのように統治前の朝鮮は禿山だらけで日本が何億本の木を植えましたが、自然の風景や美に対する感覚は日本人とは違います。風景を害する太陽光パネルは日本に要らない。1個人が自宅に設置するのは勿論別ですよ。

    原発ボカンの張本人である菅直人が首相の時、孫正義と仲良くニコニコ握手してたの忘れられないです。

  5. BLACK のコメント:

    当ブログ中程の「折り畳み」を、是非クリックしてお読みになられることをお勧め致します。

    「本件と韓国は関係ない」
    「悪貨が良貨を駆逐する」
    「モラル逸脱者と資本主義」
    「「我欲」と人間社会」
    「政治家の責務」
    「市議会議員の意地」

    これ等の文末に小坪氏は「余談が過ぎたが・・・」とお書きになっておられますが
    小坪氏は、安全性・危険性を今一番に伝えたかったのだとは思いますが
    私からしたら、「これこそが本文」と読ませていただきました。

    以上 文責 BLACK

  6. 波那 のコメント:

    🔻奥田愛基の父で反天皇主義者の奥田知志が赤坂御所で天皇・皇后両陛下に謁見!
    2020年07月18日 08時54分40秒
    https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12611544396.html

    在日と共産党員の子息の集まり、あの「SEALDs」の代表していた奥田の父親を宮内庁が皇居に招いたそうです。驚愕!!😵

    奥田の父親はキリスト教とは名ばかりの朝鮮カルトの牧師をしている反日活動家ですよ。

    >「若い頃から筋金入りの反戦主義者ですよ。天皇陛下の即位の礼の反対学習会に参加。『人間を超えた権威づくりによって、再び戦争の道を歩むことがないよう……』と発言しています。靖国信仰にも反対していて、『戦前の天皇への極端な信仰と同じ』と批判したこともあります」
    ……………

     『7月16日、天皇・皇后両陛下は赤坂御所にて、ホームレスなどの生活困窮者を支援の現状について、関係者を招いて説明を受けられました。

     しかし、そこに招かれたのは、あの「SEALDs」の中心メンバー奥田愛基(おくだあいき)の父親でキリスト教牧師の奥田知志(おくだともし)氏だったのです!』

     宮内庁は、とんでもないことをしてくれました!

    両陛下、NPO関係者と面会 新型コロナの困窮者支援で説明
    (2020年7月16 ttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020071601180&g=soc

     天皇、皇后両陛下は16日、ホームレスなどの生活困窮者を支援するNPO法人「抱樸」(北九州市)の奥田知志理事長らをお住まいの赤坂御所に招き、新型コロナウイルス感染症が広がる中での支援の現状について話を聞かれた。
     奥田理事長は、日本では新型コロナ以前から英国や米国と比べて社会的孤立が進んでおり、感染拡大が続くと、仕事と住宅を両方失う生活困窮者が出てくると説明。天皇陛下は「家を失うというのは大変ですね」と心配そうに話し、活動をねぎらったという。
    …………

     宮内庁は、奥田知志氏の人物や背景、そして過去の活動を精査した上でこの機会をセットしたのでしょうか?

     そうだとするなら、是非その判断理由を是非公表すべきです!

    kitakaze@仏像萌え~
    バリバリの反日活動家を、どうして陛下に近づけるんだよ!!
    宮内庁、お前らは阿呆か!!

    志井茸夫@ANTI不破
    というかあの辺の活動家が天皇の権威利用しようって本当プライド無いな

    X1H1D
    日本に国籍のない活動家の意見を聞く必要などなし

    druftbeer
    身体検査はしたんでしょうね?

    ミスター小五郎
    奥田知志氏はSEALDs(解散)の奥田愛基氏の父親なのだが、赤坂御所に入れちまったのか!? 「奥田知志」で検索しただけでもすぐにわかること。SEALDsは公安調査庁の「内外情勢の回顧と展望」に名指し掲載されたガチモンだぜ。宮内庁よ、大丈夫か。あり得んよ、これ。

    ガンバ
    赤かよ、どうなってるんだ。
    聞く相手間違えるなよ。

    JUSTICE FOREVER
    なんで、そんなNPOの話を陛下に??誰が手配したんや!?

    ✳️ブログには、先日アメリカでテロリスト集団と認定された「ANTIFA」のTシャツを着ている奥田愛基の画像が出ていますので御覧下さい。奥田は何年も前からANTIFAの活動家してたと言うことです。SEALDs は公安監視下の団体ではありませんか?
    ……………

     奥田知志氏は、キリスト教の牧師であり、ホームレスを支援するNPO法人の代表である一方、「反天皇主義者」であることが判明しています。以下、デイリー新調より引用します。

    「SEALDs」奥田君の父は「ホームレス支援」の反天皇主義者
    (2015年10月1日号)
    https://www.dailyshincho.jp/article/2015/10040800/?all=1

    『宮内庁は、奥田知志氏の人物や背景、そして過去の活動を精査した上でこの機会をセットしたのでしょうか。
    ……………

    議員の皆様、どなたか宮内庁に、この人物のバックグラウンドを知りながら陛下との謁見を設定したのか問い質して頂けませんか? と言うのは、この方を配した人事に懸念があるからです。勿論、五百旗頭氏が関与したのかどうか、私には定かではありませんけれど。

    余り知られていませんが、最近になって陛下の御相談役の人事が変わりました。

    🔻陛下の相談役として五百旗頭氏は適任か 有元隆志(産経新聞正論調査室長兼月刊「正論」発行人)
     ttps://jinf.jp/feedback/archives/30860

     新しい宮内庁参与の一人に兵庫県立大の五百旗頭いおきべ真理事長が6月18日付で起用された。果たして五百旗頭氏は天皇陛下の相談役にふさわしい人物なのか、宮内庁による人選を疑問視する声が相次いでいる。
     宮内庁参与は昭和39年から始まり、初代の吉田茂元首相と小泉信三元慶應義塾塾長をはじめ、政官財界や宮内庁長官経験者、学者らに委嘱されてきた。菅義偉官房長官は19日の記者会見で「皇室の重要事項の相談役であり、経験・人格・識見ともにふさわしい者として、天皇陛下のお許しを得て宮内庁においてお願いしている」と説明した。
     産経新聞の名物コラム「産経抄」は20日付で、平成12~13年頃、島田洋一福井県立大教授が五百旗頭氏から「拉致なんて取り上げるのは日本外交として恥ずかしいよ。あんな小さい問題をね」と言われたことを紹介している。結婚披露宴前の控室での私的な会話とはいえ、島田氏が拉致被害者救出活動に関わっているのを知りながらの発言である。

    ●「日本も共和制に」発言の真意は

    中略

    ●中国の対日観持ち上げに違和感
     私的な会話のなかでの発言であり、記録も残っていない。五百旗頭氏が本心で言ったとは思いたくないが、元当局者は「天皇そのものを否定する『共和制』に言及した人物がなぜ宮内庁参与になるのだろうか」と語った。
     五百旗頭氏は神戸大学教授だった平成16年には、「中央公論」5月号に「反中“原理主義”は有害無益である」と題し、「中国が若年層のナショナリズムの暴発とは別に、イデオロギーと対日観の呪縛を解き、その国家理性は等身大の日本を確認しようとしている。日本も反中原理主義的先入観の衣を捨てるときが来ていることに気づくだろうか」という書き出しで始まる論文を発表している。中国側の「努力」を理解しない日本にこそ問題があるという認識だろう。いまも同じ認識なのだろうか。
     産経抄は「五百旗頭氏が外交・安全保障の碩学であるのは事実だろう。だとしても、宮内庁が天皇陛下の相談役に選んだ意図がわからない」と結んだ。同感である。

  7. 神無月 のコメント:

    メガソーラーも電力の買い取り価格が下がり、投資に対してのリターンが減れば手を引くわけです。

    将来厄介な事は、現在の大規模ソーラーが寿命を迎える頃、土地の所有者が会社で有れば倒産して雲隠れ、個人であればしばらく放置、お亡くなりになり相続人は相続放棄で土地とソーラーは行政の資産になるのでしょうか?

    土地の立地条件にもよりますが、多くは再利用が難しい土地が多いと感じます。
    少子高齢化で住宅地の需要も減り、空き家率も高まる将来ですので、市の財政にも影響は出るのでしょうね。

    跡継ぎのいない高齢な農家さんが持つ、広い農地を有効に活かせない現状にも問題は有ります。

    職業の選択は自由です。しかし、先祖代々の農地を継ぐことを選びますと、農地を守る規制が有り農業を辞めて他の職業への転職も、農地の管理等の規則が有りキッパリと辞められません。その為、引っ越しもままなりません。

    大規模ソーラーは農地問題(相続税)と繋がっているのでしょう。
    .

    • 常磐本線 のコメント:

      それもあると考えますが、シナ・朝鮮製の粗悪パネルの重金属による環境汚染が脅威だと・・・・

  8. ピンバック: SC105高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | ウォニャス.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください