【維新に投票はやめよう】差し向かう心は清き水鏡。新選組の生き様と、維新の蛮行【投票しそうな人に送ってください。】


 

 

私は、まずもって「明治維新」を全否定する立場ではないことは明言しておく。
幕府体制は限界を迎えていたことは事実であろうし、世界と渡り合えるだけの国家体制をひくことは必要ではあったという考えに同意するからだ。
ここで旧体制を維持し続けることは、まさに亡国の道であったろう。

その上で、新政府軍とされる、軍とも言えぬ輩を評価する気はない。
上記の、「国家体制としての変革が必要だった」という部分に同意しつつも、これが【軍事的なクーデター】の側面があることを否定できないからだ。しかも、皇室を政治利用し、日本国民を虐殺した事件であるとさえ考えている。

【江戸城の無血開城】と称賛する者もいるが、あれはテロの結果のように感じるのは私だけか?江戸に放火するとか、民間人である町民に被害を与えると「脅迫」しての交渉である。実際に、火付け・略奪・凌辱を組織的に行った。これも史実だ。

今の世に例えれば、東京において無差別テロを予告するようなもの。
ただし、現在のルールを全て適用することが正しいとは思っていないので、だから駄目だとは言わない。ただ、「民間人に被害を与え、首都で騒乱を起こす」という、まさにテロリスト的な行為であり、それに対し政権が屈したという構図は否定できないという点を指摘したい。
だから「無血開城は素晴らしい」と手放しに賞賛する気になれないのだ。

反論として、それでも時代情勢から言えば、これが快挙という意見もあるだろう。
その声にも私は同意するものではある。同意はするが、賞賛はできない。
民間人に被害を与え、テロをもって政権を屈服させる行為は、賞賛に値する行為ではないからだ。流されなかった血があることが評価されることと、これは両立する。

さて、では幕府軍が完璧だったかと言えば、それも事実ではない。
壊走する佐幕派においても略奪行為はあった。武器弾薬も枯渇していたろうし、水・食料だって不足する。そもそも、自分たちが幕府方であるという慢心から、強圧的に振る舞ったこともあるのだろう。

だが、【新政府軍と称される悪質な集団】への批判を、私はしっかりと行っておきたい。新型の武器を多く用意できたがゆえの勝利、その側面はあったと思う。詳しく話せば様々な要因はあろうけれども、武器の絶対数は「維新という軍事クーデーター」に大きな影響を与えた。

また、その武器は、我が国を内戦状態に陥れ、国力を低下させる目的の「他国の支援」を活用したことも事実で、【維新が売国奴】という点は、指摘してよいと考えている。
同じく、佐幕派が崩れて行く中で、我が国の領土割譲を条件に、まさに国を売る行為をなそうとしたことも、触れておきたい。

維新という言葉への批判。
私が主として論じたいのは、「民間人に武器を供与した場合」の、国民への被害である。
とくに軍規が厳しいわけでもなく、突然、武力を手にした者がどのような蛮行を犯すのか。
新政府軍として戦った者の、一般兵に関して特段の調査を行ったわけではないが、中には「居所が定まらず、定職についていない者」も含まれていたことと思う。というよりも、その比率は決して低くはなかったように思う。

私が、新政府「軍」であるとか、維新「軍」という言葉に違和感を覚えるのは、あれは軍と呼べるものではないからだ。これらの者が、生死もわからぬ中、前線に身を置き、女性とも接しえない状態で「武器をもって」、会津に攻め入ったとき、何が起きたのか。
悲劇は、白虎隊だけではない。

「維新」という言葉には、日本人同士が血を流した、内戦の意味が含まれる。
国家体制としての変革が求められたことに同意しつつも、だからと言って「良い言葉」と考えるのは、私は賛同できない。
さらに特筆すべきこととして、その被害が民間人に及んでいる点だ。軍と軍による戦争であれば、(基本的には)被害は軍人に限定されているはずであるが、維新はそうではない。
事実、江戸城の開場においても、民間人に害をなしており、それは組織的になされたことであり、かつ交渉カードとして用いている。軍と、テロを同一に扱うことは、私にはできない。

維新が通ったあと、
そこで起きたのは、虐殺だ。そして物取り、凌辱。

 

 

(参院選を前に。)

「選挙前に、こんなことを・・・」
「やめてくれ!」という維新関係者も、いるだろう。

これが維新が選挙で実際にやってきたこと。
あんたたち、他県に乗り込んで、ネットで騒ぎたい放題に騒ぎ、色んなところに迷惑をかけて、私たちに我慢させ続けてきたではないか。

先般の統一地方選において、「吹田市議に当選した松尾しょうた」の件だが、維新は党として私に謝罪した。私は受け入れたものの”無条件ではない”と明言しており、何がしかの処分後に「その報告」を求めた。

 

 

維新市議候補、他県の女性候補に”恐怖を与えるような発言”(生命に関連)をして怒られる。維新の候補のレベルについて

 

維新は、謝罪した。
そのことは触れておく。私もBlogにて「維新、謝罪」と題して公開した。
橋下氏の秘書であり、現支部長である。党として、公式の謝罪であるかを問うて、間違いないとの回答を得ている。

 

謝罪はした。
だが、私は無条件ではないと強く述べており、処分の報告を求めている。
約束は履行されていない。

連絡がないし、処分もされていないようなので、松尾翔太の件は、「参院選で徹底的に使わせて」もらう。本人の謝罪は、すでに”あってもなくてもどうでもいい”が、丸山穂高にはあそこまでやった。で、吹田の松尾市議には??

【私たち、他県の地方議員は、踏みつけにして迷惑をかけていい】と思っているようだから、参院選できっちりと反撃してやろう。維新の候補は、どんなに良い候補であろうとも「全員、敵にまわす」つもりだ。
それが嫌な(各県の)維新の陣営は”吹田市議の処分を党内で検討するように直訴して”ください。私が求めているのは、彼への処分。

ここまで言っておかないと、維新は裏で何をやってくるかわかったものではない。非礼復活の足立衆議院議員からも、私は何度も名指しで攻撃を受けてきた。こちらが喧嘩を売ったのではなく、非礼復活が売ってきたんだ。

もう、泣き寝入りはしない。
「党としての責任」をとらないから、選挙で責任をとらせよう。

※ 松尾翔太市議の件は、彼への「党からの処分」がない限り、衆院選でもばら撒いて使い続ける。特に、狙うのは非礼復活の人。もちろん、橋下氏の元秘書の現支部長も対象とする。こちらの要望は示した。履行せよ。こちらは、ゴールポストは動かさない。
だが、履行しない限りは、永続的に撃ち続ける。もとは維新が始めた戦争だ。

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

以下は、ある本へのレビューBlog。
下記のBlogが全て正解かは、私は歴史学者ではないので確信は持てない。
だが、それなりにフラットな書き方だとは思うし、類似の文献や意見は多数ある。

 

会津藩VS長州藩 なぜ“怨念”が消えないのか

 

なぜ会津人が長州藩を嫌いかというと、会津戊辰戦争敗戦処理による。戦死者の埋葬を禁じたり会津出身者を職に就かせなかったりした。
ところが、近年の調査ではこの会津戊辰戦争で非道の限りを尽くしたのは、実は薩摩でも長州でもない。長州藩に至っては、そもそも北越戦争に戸惑って会津攻めに間に合っていない。日本人として恥ずかしい行為をしたのは途中から薩長軍に加わった便乗藩。福井、尾張、淀、黒羽、大垣。福井藩は松平春嶽により会津藩主松平容保に京都守護職を押し付けたし、尾張藩主は松平容保の実兄である。そんな各藩は会津を攻め、捕えた男性は惨殺、女性は強姦の上惨殺。中には70歳を過ぎた老婆を集団強姦した上に串刺しにして川に捨てた。主に大垣藩:黒羽藩。
会津女子が籠城戦の前に自刃したのはこのような事態になる前に自ら命を絶ったにすぎない。

武家屋敷に押し入ってはその家の宝物を取店で売っていた。会津降伏後、街中のマーケットでは自分の家の歴代の家宝が二束三文で売られていたのを連行されている会津藩士は見ている。そして強姦され家の周りで打ち捨てられている妻や娘の姿を見ながら連行された。
これを許可し、さらに埋葬を禁じた長州藩に対して恨みを持つのは当然の事ではありますが、平然それに加わっていた大垣藩:黒羽藩に対しては今でも許し難い。

(後略)

 

 

 

また、私はかつて東北でサラリーマンをしていた時代があり、
上記を裏付けるような話は、少なくとも空気としてはあった。
それが史実によるものなのかはさておき、確かに伝承として民間にもあることは事実として述べておきたい。

 

半年以上も、遺体の埋葬を許さなかったというのは、よく語られるエピソードである。
自身の近所の方が、亡骸となって、その遺体が腐乱していく中で生活するというのが、どれほど残酷なことだろうか。

これについては、実は一部については埋葬を許していたという資料も、2017年に出てきたそうで、一概に言えるわけではない。

 

 

 

幕府軍について、礼賛する投稿ではない。
実際、壊走していく幕府側も、かなり酷いことをやっているわけだ。

だから、どちらが良いというものではない。

私が述べたいのは、維新という言葉に、何が含まれているかという、その部分。
まずもって「国内の内戦」であり、日本人同士が殺し合ってしまったという部分。
そして、被害は、軍人(つまり侍)だけではなく、民間人にも及んだという点。

国家体制の変革と言う意味では、必要だったという意見に同意するものの、
維新の実態は、政治家としては「汚点」と述べるべき部分も、ある。
それが私の答えだ。

 

無論、どちら陣営においても、必死に国家のことを考えた者はいただろう。

ただ、坂本龍馬などは、後世の脚色が強すぎて、実際に英雄だったかは疑わしいと思っている。史実の部分を紐解いても、国際法を駆使した「保険金詐欺」みたいのでなりあがっているわけで、その部分も含め私は英雄視できない。

 

さて、両陣営に素晴らしい者がいたことに触れた上で、新選組について述べたい。
私とは立場の異なる国会議員が、新撰組を党名に入れたことが悔しくてならないことを付記しつつ、私なりの新撰組への思いを書く。

彼らは、決して「所謂おりこうさん」ではなかったと思う。
今でいうところのヤンキーとか番長みたいな存在であったのではないか、と思う。腕っぷしは強いが、それだけ、という扱い。そして、腕っぷしの強さは評価されない時代であった(江戸幕府の時代)はずだった。

そんな自分たちが、なんと侍になれた。
嬉しくてたまらなかっただろう。

高学歴というわけでもないが、地方公務員に採用された、的な。
実際にはもっと重たい覚悟があったと思うけれど、彼らの不屈の忠誠心とはここにあるように思う。
というのは、元々は士族ではなかったわけで、歴代に渡って家として江戸幕府に世話になっていた者とは立場が違うからだ。

真剣に国家を憂い、燃える思いがあったけれども、
ここまで戦い抜くだけの、ある意味では、「謎の忠誠心」みたいなものが、新撰組の魅力だと思う。
何世代にもわたって江戸幕府にお世話になったわけではない。たった何年かだけ、である。

そこに誇りがあるのであれば、それは侍として生きることが許されたという、そこにあるのではないか、と。

 

土方歳三、辞世の句

天保6年5月5日(1835年)
武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市石田)の農家土方隼人と恵津の間に生まれる。父は歳三が生まれる3ヶ月前に結核で亡くなっており、母も歳三が6歳のとき同じく結核で亡くなっている。

(中略)

 

「よしや身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらむ」
また、
「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらん」
さらに、
「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照かと」
が土方歳三の辞世の句とされる。

 

 

鉾とりて、という句には、思う部分がある。
似た心境で議会に臨んだことが私にもあるからだ。

私は、ある意味では雑兵。
雑兵は言い過ぎかも知れないが、政治的にはいつ抹殺されても仕方ないと思っている。
それだけリスクのある案件を抱えている、ということだ。
戦艦や巡洋艦は、基本的には沈めない運用を心がけるが、駆逐艦などの動きはそうではない。

国会議員や県議ではできない、つまり政治的なリスクを伴う(左派から攻撃対象になるであろう)案件を取り上げることが、ある意味では宿命づけられている。
その上で、私が市議をひかないのは、誰か別の者に、リスクのある政策を託すことが嫌だからだ。自らが安全地帯に退き、穏便な言葉使いにし、安全運転を心がけるだけの偉い人にはなりたくない。

”あすはかばねの上に照かと”という部分は、なんとなく思うことがある。

 

その上で、下記の句を紹介しておきたい。
本投稿のタイトルに用いたもの。

「差し向かう心は清き水鏡」

 

解説は色々あるけれども、新撰組の隊士同士で語り合うときの心境、という説のようだ。
それらの解説は私はよくわからないのだけれど、綺麗な言葉だなと思いました。

隠しても仕方ないので正直に書くと、この句を実際に知ったのは動画サイトでの歌です。
そして、この歌があまりに綺麗なため、とても好きになったのです。

 

Hijikata Toshizō themed song 『心は清き水かがみ』

 

 

歌の中にもネタバレが入っておりますが、鬼百合という表現が誰を示しているかも触れて聴くと、ちょっと涙が出そうになる。

孤立した友軍のため、それでも身体を張る、
それが死地であるとわかっていても、身を投じた理由は何か。

自らの、本来の指揮官(先輩)であれば、どう判断したか、
「あの人ならどうしたかな」って思って、だから行ったんだみたいなストーリー。
ちなみに、私の(政治だけではないけれど)、お師匠さんというか先輩は、亡くなっています。

私も時々、思う、
「あの人(先輩)だったら、どう判断するかな」って。

いくつか覚えているエピソードがあって、いっつもフォローしてもらってて
「どうすれば先輩に恩が返せるか?」って話をしたところ、結構、怒られた。
「俺(私から見て先輩)に、おまえが恩を返せるわけはないだろう?」「俺も努力を続けるわけで、俺が失脚したときだけだ」と。
「目上の人間には、恩なんて返さなくていいんだ。上の者であるという誇りにおいて、後輩とか年下には、一方的に尽くすのが先輩の仕事だ。」みたいな。

で、
「どうしても返したくなったならば、次の世代に、おまえも俺と同じように返せ」と。
「同じ人に返すものではなくて、次の者に尽くしていくのが俺らの流儀」みたいな。
そんな人でした。

 

勝手に、新撰組になぞらえて聴いていました。

維新勢力は、国家のお家騒動に天皇陛下を巻き込み、官軍を名乗りました。
そして佐幕派には「賊軍」と宣伝を行い、それもあってでしょう、この国内内戦で戦死した兵は、靖国神社に祀られていません。

私は、それが、私の恩人を愚弄する行為に思えてならなかったのです。
この部分は、極めて私的なエピソード。

言うほど新撰組に詳しいわけでもありませんが、勝手に先輩に投影していただけ、です。

 

かつて、磐梯山の近くで働いておりました。

「ならぬことは、ならぬのです」ではありませんが、私は九州人の血だけではなく、東北の思いも含め、”賊軍”とされた悲しみも知る政治家です。

 

維新が、国家として必要なものであったことは同意いたします。

けれど、それを政党名に冠するセンスは、ひどく疑問なのです。

東北の者はどう思うのか、と。
(個人的には、新撰組ファンは、どう思うのか、という点も。)

 

私も、五稜郭まで戦い抜く覚悟。

「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらん」
「鉾(ほこ)とりて月見るごとにおもふ哉(かな)あすはかばねの上に照かと」

このような句を読む日が来ようとも、私は戦い続けるように思います。
”刺し違えてでも”という気概は、関西では珍しいようだし、”妖しい”とか”怖い”みたいな印象もあるらしい。それは大阪の政治家特有のノリであり、こちらでは、一定の理解は得られるもの。

県外に向けて刀を向けたこと、
そちらのルールなんて知らない、
私には私のルールがある。

 

「維新」っていう単語を、良いものとして扱ってきた風潮自体が嫌だった。

我慢してたのに、いっつもポカポカやられる。
私が抜いたとして、それは(私にとっては)普通のことだと思っています。

差し向かう心は清き水鏡。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【維新に投票はやめよう】差し向かう心は清き水鏡。新選組の生き様と、維新の蛮行【投票しそうな人に送ってください。】 への35件のフィードバック

  1. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    現在の党名としての維新であったり新選組は、イメージ先行のファンタジー感覚で名乗っているものなので、余り取合う必要も無いでしょう。
    彼らは刀を腰に差す時に刃を下に棟を上にしても、きっと気付かない程度のものでしょうし。

    ただコレを批評する為に幕末の話を絡めるのは、余りお勧めは出来ません。
    近代戦争の概念から言えば、本エントリーで書かれている事は正論ではあるのですが、幾分にも西洋の概念を知り価値観を共有する現代の我々と、殆ど西洋の概念に触れて居無い江戸期の人では、そもそもの価値観や常識が異なるのもまた事実ですので。
    おそらく、幕末の人の感覚からすれば、現代人など売国奴の境地に居る存在でしかないでしょう。

    何よりも維新の会や、なんちゃら新選組のお粗末さはわざわざ幕末と絡めるまでも無く、アレな状態ですし・・・。

    特に松尾翔太の件は、トコトン追込む必要性有りと判断します。
    奴の発言は見方によっては、殺人予告にすら感じるものでありました。

    奴だけに主題を絞って文章を書いても、相当な文字数に達すると思います。
    多忙な中、松尾翔太ネタだけで相当負荷の掛かる事にはなるのでしょうが、やる価値はあるでしょうし。

    別の角度から見た際に、維新の会には一度ブットい釘を刺しておかないと、非常に危険な存在となるのではないかとすら感じます。
    特にA氏の保守層に対する見境の無い喧嘩の売り方は、新規顧客取得の為の忖度ではないのかと言う疑義すら浮かんで来るのです。

  2. araigumanooyaji のコメント:

    “松尾翔太市議の件は、彼への「党からの処分」がない限り、衆院選でもばら撒いて使い続ける。特に、狙うのは非礼復活の人。もちろん、橋下氏の元秘書の現支部長も対象とする。こちらの要望は示した。履行せよ。こち

  3. 通りすがり のコメント:

    こちらに集う皆様には、足立議員の欺瞞っぷりは言わずもがなですが、
    「報道特注」好きの方には足立議員って未だに人気でしたが、それも漸く終わるようです。
    ↑のyoutube米欄に毎回足立オカシイとコメし続けて早数ヶ月w全くスルー状態でしたが、
    百田氏有本氏とのバトルでアッサリと番組終了のようです。百田氏、謎の維新推しでしたがお目が覚めて何よりw今回の百田氏とのバトルにより、過去の足立の発言(杉田水脈、深田萌絵、渡辺哲也氏らへの暴言、維新のパヨ政策一覧など)が更に周知される事になり、選挙前のこの時期にホンッと百田氏GJですよ。
    (文化人放送局には賛否両論ありますが報道特注以外の番組は、私個人的には素晴らしいと思っています)

    • 国民A のコメント:

      百田尚樹、改心したんですか?
      選挙前に「殉愛」騒動含め、コピペ歴史本、大空のサムライパクリの特攻隊本
      維新推し沖縄放置からのウクライナ〜など
      本性がバレてきたから
      コンビの有本さんとのバトル?を構成作家として演出したのでは?
      才媛の有本さんが監修して出来上がったのがあの歴史本でしょう。
      この二人、ホンマに信用できまへんわ〜

      鬼女板に何年もしつこく殉愛スレが立ってるのが謎でしたが、
      調べてみたら100田さんって無責任な人ですねぇ

      YouTube足立議員へのコメ、お疲れ様でした。

  4. NW のコメント:

    ベントレー足立  足立康史聞いてるか??? 橋下徹も同レベルの発言ですよ。
    過激思想の維新に国政は無理。

    @gogoichiro
    フォローする @gogoichiroをフォローします
    その他 松井一郎(大阪市長)さんが松井一郎(大阪市長)をリツイートしました
    足立さん、僕は貴方が我が党の政策において誰と議論しようと咎める事はありません。しかし、現状の貴方の発言は、相手を罵倒するものであり、組織の資質を問われる事態となっています。結果現在闘っている仲間に迷惑をかけるものであり代表として看過出来ません。選挙後に党紀委員会で対応します。松井一郎(大阪市長)さんが追加
    松井一郎(大阪市長)
    認証済みアカウント

    @gogoichiro
    本日、僕が直接連絡注意し削除するように伝えました。削除はしたようですが、また、余分な要らぬ一言がついているようですね。感情に任せ、相手を小馬鹿にするような表現を慎むように指導致します。党代表として、百田氏有本氏に謝罪致します。 https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1147072176253620225
    3:59 – 2019年7月5日

  5. 栃の実 のコメント:

    小坪先生、私的なコメント欄の利用をお詫びいたします。

    不勉強で申し訳ございません。
    こちらにお集まりの皆様でしたら明治維新周辺の歴史に関して勉強できる良書をご存知ではないでしょうか?
    もしお奨めの物がございましたらご教授戴ければ幸甚です。

    • BLACK のコメント:

      私は最近、苫米地英人著『明治維新と言う名の洗脳』を読みましたが
      金融支配と言う点から明治維新を説明しているのが新鮮でした。
      馬淵睦夫氏の主張と通じるところがあり、現在の消費税増税まで説明できそうです。
      (それを信じるかどうか、それが真実であるかどうか私にはわかりませんが)

      消費税増税が、明治維新から始まり現在まで続く、国際金融支配の要請であり
      最近の日本の国際的存在感や朝鮮半島対策とバーターであるとしたら・・・・
      (それを信じるかどうかは、それが真実であるかどうか私にはわかりませんが)

    • 波那 のコメント:

      私も不勉強ですが、何年も前に日本が大きく変化を遂げた明治時代のこと知りたいと本屋漁りをしましたが取り立てて、これという本は見つけられず結局見つけたのはドナルド・キーン先生の『明治天皇』でした。先生は日本文学にとても詳しい方ですが、それはもうあらゆる資料を読まれて明治時代のことを書かれ、やはり明治天皇が大帝と呼ばれるに相応しい方だったのが偲ばれるエピソードも多々書かれていて、このような方が居られた日本に生まれたことが幸せで誇りに思いました。明治天皇はあの時代を選んで生まれて来られたかのような方でした。

      ドナルド・キーン先生は東北の地震の後に余生は日本でと帰化されましたが、去年でしたか亡くなられたのをネットで知って暫く先生を思っては泣いていました。本屋に行かれることがあれば目次など見て内容をチェックなさって下さい。文庫本4冊だったと思います。他にも勿論、推奨の本を他の方が勧めて下さると思いますよ。

    • 栃の実 のコメント:

      BLACK様、波那様ご紹介大変感謝申し上げます。
      早速来週にでも本屋かネットで探したいと思います。

      どうも有難うございました。

  6. 東京都56歳 のコメント:

    自民党支持なのだが、
    今回の投票行動に、
    迷っている有権者への、

    「だからといって、
    維新と言う選択は、
    よろしくないのだよ。」

    と言うメッセージと
    受け取りました。

    ベントレー足立の件も、
    丸山穂高の件も、
    そして、
    松尾しょうたの件も、

    維新には問題が多いのだよ。と

    小坪さん。
    しかと、受け取りました。

  7. 自民一択 のコメント:

    大阪の朝鮮学校の敷地が激安で譲られてしまった。
    維新なんか躍進したら韓国制裁が弱まってしまう。
    消費税は防衛費に回していただいて、自民党に入れるしかない。

  8. BLACK のコメント:

    小坪氏のこのエントリーには感激しました。
    ここまでの意識とお気持ちを持ってくださっておられたのか・・・と嬉しい驚きでした。
    小坪氏のこのエントリーを読んで、心癒される東北の方々、東北ご出身の方々もおられるのではないかと推察いたします。
    何より、戊辰戦争で亡くなられた方々、犠牲となられた方々への手向けであると思っております。
    (私はスピ系は苦手ですし、そういう意味とは少し違うのですが)

    また、地域の違い、立場の違いがあり、このエントリーと一連の維新の話題への感じ方は大きな違いがあると認識しておりますが。
    負けた幕軍は、第二次世界大戦の日本と、私には重なってしまうのです。
    私にとっては、東北は、敗戦後の日本なのです。
    (もちろん細かいところを言えば矛盾しているところも多々ありますが)
    「勝てば官軍・まければ賊軍」」の世界を生きて行かなければならない日本人、と言う意味では同じに思えるのです。

    小坪氏のこのエントリーと一連の維新の話題を「触れなければ良いのに」「わざわざ結び付けて言わなくても」と思われる方々もおられると思いますが
    東北の戊辰戦争の傷は、他地域の方々が思っておられるより今も深く残っていると思われます。
    (そういう私も東北の人間ではないのですが)
    選挙で安倍自民党が東北で思うように勝てないのは、戊辰戦争の影響もあると私は思っております。
    小坪氏のエントリーで、他地域の方々が東北の傷に少しでもご理解をいただけますように
    小坪氏のエントリーで、東北の方々のお心が少しでも癒され、ほぐれますように
    願っております。

    私は、政党維新は、「維新」と言う言葉を安易に名づけたのだと解釈しておりましたが
    橋下氏はとても頭の良い方ですから
    「政権をひっくり返す・権力を奪う・利権を奪取する」と言う願いを込めて
    「我こそが薩長である、薩長になる」と言う意味を込めて
    もっと言うなら、現政権の味方を装いつつ新政権の中枢を狙う薩摩のようにと言う願いを込めて「維新」と命名したのではないかと思えて来ました。
    最近の政党維新の動きを見ていて、そう思えて来ました。
    それは、当初の認識よりも、政党維新は、ずっとしたたかで、日本にとってずっと危険と言うことだと思います。

    「れいわ新選組」に対して、小坪氏が「新選組はここにもいるよ」と声を上げてくださるのは
    とてもありがたいことだと感謝しております。
    新選組=れいわ新選組
    と思われたら、新選組ファンは堪りません。我慢できません。

    小坪氏のこのエントリーが、小坪氏のこのお心が
    ひとりでも多くの方々に届くことを願っております。

  9. 尾張小牧 のコメント:

    小坪さん、おはようございます。

    維新もそうですが、マスゴミは何故か?
    左派系候補を革新系と忖度して、良いイメージにオブラートに包んで、騙していますよね。

    これも、大きな問題じゃ無いかと思うのですが…

  10. アブラゲ のコメント:

    虎ノ門ニュースで反日左翼活動家の上念司が盛んに消費税増税凍結を叫んでますね。
    KAZUYAも消費税増税凍結しなかったら自民党に入れない」と言っているし、百田尚樹も消費税増税凍結しなかったら安倍総理は選挙に勝てないと安倍総理にメールしたそうで。(これには安倍総理も相当お怒りのようで。怖いよ?ww ここのコメ欄にも似たような事された方が居るようですが・・・)

    何かと安倍総理に消費税増税を思いとどまらせる方向に持って行きたいようですね。

    維新のマニフェストは『消費税増税凍結』

    出演者は誰も維新の批判をしないどころか擁護する。
    (選挙対策か何かわからんが、わざとらしく有本、百田、足立でプロレスやってましたけどねww)
    要するに、虎ノ門ニュースは維新をアピールするための番組なんですねえ。実に分かりやすい。
    維新が危険な反日政党だというのはバレバレなのに、この先どうするんでしょうねこの方達。
    「行けるとこまで行こう!」という感じなんですかね?
    この虎ノ門ニュースが放送されているのは共同通信ビルの中。共同通信と言えば真っ赤っかな反日捏造メディア。当然DHCテレビも真っ赤っか。
    そんなゴリゴリ反日放送局が日本国民の為の番組を作るとは到底思えません。

    • 東京都56歳 のコメント:

      頼むから、
      よそでやってくんないかな。

    • NW のコメント:

      >虎ノ門ニュースで反日左翼活動家の上念司が盛んに消費税増税凍結を叫んでますね。

      >百田尚樹も消費税増税凍結しなかったら安倍総理は選挙に勝てないと安倍総理にメールしたそうで。(これには安倍総理も相当お怒りのようで。怖いよ?ww 百田尚樹も消費税増税凍結しなかったら安倍総理は選挙に勝てないと安倍総理にメールしたそうで。(これには安倍総理も相当お怒りのようで。怖いよ?ww ここのコメ欄にも似たような事された方が居るようですが・・・)何をどうしたらこんな意見になるんだろう?????

      まず上念さんも百田さんも反日左翼ではありません。
      そして自民党が決めた消費増税に反対する人( ここのコメ欄にも似たような事された方が居るようですが・・・)は反日ではありません。
      消費増税なんてないほうが庶民はありがたいに決まってるでしょ。ただ税金負担はどこかでしなければいけないが、健全な消費行動で国民が欲しいものが必要なときに必要なだけためらうことなく買える世の中であってほしい。そうすれば税収は上がる。

      なんか保守分断しようとしてのですね。
      安倍総理が怒ってる?どこ情報なの?
      虎8が気に食わないのでレッテル張りしたいのですね。

      私は維新の会のすべてに賛同できません。
      虎8で百田氏や有本氏が松井代表を招いて維新を押してましたが、反日放送局と思ったことは一度もありません。プロレス??ではないと思います。いつでも真面目な態度ですよ。ただ今回維新の足立や橋下と百田氏や有本氏がツイートでやり合ってお互いに立場、思想や歴史認識、思考がやっぱり違うと思ったのではないでしょうか。
      そして目が覚めてくれることを期待してます。やはり維新はダメだと。
      もちろん反日野党の共産党、立憲民主党、社民党、国民民主党?なんて財源も示せない、対案も選挙前の急ごしらえで裏打ちなしの中身無しなので問題外。

      希望的観測ですが自民党が決めた消費増税も軽減税率やカード決済ポイント還元などで国民負担を一時的にやわらげ、もしも経済的不況の余波が来た時、または予想される前には大型景気対策で毎年何十兆円投入することも考えているでしょうし、法匪的な措置で荒療治も必要な時もあるでしょうし、臨時国会?など衆院解散して減税するかもしれないし、時限的な軽減措置を延長なんてこともあると思います。

      また朝鮮半島に対するセカンダリーボイコットとして韓国もテロ支援国家になるかもしれないし、日本の韓国ホワイト国はずしが合図だと思います。半島有事もあるのかもしれません。日本国内の除染も始まるでしょう。ファーウェイなど中国覇権も徹底的に潰されてドイツ国策銀行も共倒れするかもしれない状況のなかで、また日本の消費増税自体がリーマン級のショックを生み出してしまうのではないでしょうか。

      やはり自民党、私達の政府がすべてこれから起こりうる事象は織り込み済みだと思います。その時は臨機応変に対応するのでしょう。そのうえで冷静になってまずは国防からということで憲法改正かな。

      TPPもはじまりました。
      日EU経済連携協定(EPA)について. 妥結に至るまでに5年近くの年月を要した日EU・EPAが2019年2月1日に発効しました。
      皇室記念パレードもオリンピックも成功を祈ります。

      • アブラゲ のコメント:

        何そんなにムキになってるんですか?

        • NW のコメント:

          フフフ。気に入らないこと書いちゃったかな?
          余りのレッテル張りについつい反応した。
          だって上念さんが反日左翼なんて言ってる人、聞いたことも見たこともないのでちょっとアレレかな。

          • 草莽の団塊です! のコメント:

            NW様、ナイスカウンターですね!
            拍手!拍手!拍手!

  11. パコリーヌ(髭) のコメント:

    足立とか維新は只の口先保守よ
    耳障りの良い事を言って日本人を騙し
    実際にやってる事はヘイト条例による日本人への言論弾圧

    政治は結果だととあるセンセーが言ってたわ
    維新のヤツらが口先だけじゃなくて実際にやった事は
    日本人は黙れ 日本人は口を閉じろって条例を作る事
    維新は日本人狩りを始めようとしているわ
    どっかの野蛮な半島人と同じ思考ね

    橋下と足立
    よくも騙してくれたわね アンタ達は一生許さないわ
    呪われるがいいわ(唾棄

  12. 元修羅の国の住民 のコメント:

    少なくとも先の衆院選で非礼復活の足立氏に関しては、
    次回の衆院選で終了な感も出てきましたね。
    百田氏・有本女史始めとする保守有権者層まで敵に回して
    いったい何をしたいのかw。
    .

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      百田尚樹先生、有本姐さんを敵にまわしちゃいましたね!非礼復活のAさんww

      これで、維新は相当、票がへることでしょう!
      南無阿弥陀仏! 南無阿弥陀仏! ちーん!

  13. 大阪市民 のコメント:

    もういっぺん言わせてもらうで!
    ・維新推しの虎8ビジネス保守の有田や百田に乗せられて、自称保守層まで増税アカンアカンって喚くから、増税アカンゆうてる似非保守の維新が漁夫の利なんやないか?
    ・身を切る改革=議員給料削減なんて所詮、財務省の緊縮財政と同じことなんやけど
    アホな大阪のおばちゃんにはわからへんやろし。
    ・それに増税ってそんなに極悪なんか?その分、ポイント還元なんかで財政出動を増やそうとしてるやんかw

  14. hokurokunojijii のコメント:

    小坪議員お疲れ様です。
    土方歳三の辞世の句の一つ、「たとえ身は蝦夷の島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらん」はひょっとしたら、吉田松陰の辞世の句「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」をオマージュしたのではないかと独りごちしています。
    吉田松陰の存在は勤皇・佐幕に限らず幕末の人々に大きな影響を与えたのではと思っています。

    正直、自公「維新」で改憲2/3勢力維持できれば良いとは思いますが、ハシゲの影響を受けた維新には何も期待できないししたくないですね。維新は「保守」の皮を被った売国政党似非保守です。丸山議員に期待していたので次期衆院選は正念場だと思います。

    • 草莽の団塊です! のコメント:

      橋下徹元代表!小坪先生も天才とおっしゃっていたようにおもいますが・・・

      沖縄独立論(著書があるのでまちがいない!)、靖国神社参拝批判(これも、百田先生、有本姐さんとのTwitterでの遣り取りをみていたら明らか!)しかも、A級戦犯分枝しろ!とか、もう、保守からみたら、ありえねぇえええええええ!ですね!

      維新が売国政党似非保守であると、正体がばれましたね!
      参議院選挙前に正体がばれてよかったとおもっています!

  15. 旧新人類 のコメント:

    非礼復活も含めて維新は下品だから嫌いです。さて、その維新が権力をふるう大阪で、「大阪市市民局人権担当が職員に参加を呼びかけている人権研修」があるそうです(パンフの画像あり):

    明けない夜はない
    @amtrs_00
    7月2日
    返信先: @hoshusokuhouさん
    大阪市市民局人権担当が職員に参加を呼びかけている人権研修です。保守速報さんを差別サイトと名指しで否定している他、沖縄基地問題なども左派の主張を代弁する内容となっています。
    中立であるはずの行政が支援して良い内容ではありません。人権という大義名分のもと、確実に蝕まれています。」

    保守速報のツイアカがリツイートされていますので、画像をアップした人のやり取りを見に行ってください。この研修会場が高野山大学だそうで、高野山ていつパヨクになったのでしょうか。そういえば、放射脳や沖縄極左暴力集団やらと一緒に安倍総理に呪詛かける坊主の画像を見た記憶がありますが、生臭坊主は本当にきもちわるいですね。どうせニセ坊主だろうけど。だから唐心(からごころ)の宗教は嫌いなんですよ。話が飛びましたが、特亜と仲良しの維新は日本人の言論弾圧を図ろうとしているようです。もういくらごまかしても無駄です。もうバレバレだから開き直って正体をむき出しにしているんでしょう。大阪・関西の日本人は目を覚ましてください。というか、もう維新の支持者は発狂した関西ナショナリストか情弱か確信犯しか残っていないのでは。とにかく、行政が特定のイデオロギー集団=特亜に阿り、ネットの統制に向けた活動に公費を使うのは非常に腹が立ちます。大阪はそんな御大層な権利でもあるんですか?大阪の動向は川崎とも似てますね。裏で組んでいるんじゃないの?

  16. 人誅上等 のコメント:

    足立は有本女史へのツィートを削除して逃亡している。
    丸山とちがって選挙活動期間中の罵声と逃亡。こちらの方が問題。この事も拡散されているスクショや魚拓をさらに拡散せせるべき。

    • ねこ のコメント:

      有本さんと百田さんのTwitter今日見たら足立の創価信者から荒らされてた。

  17. 仲村兼栄 のコメント:

    靖国には祀られてないのですが、境内地の鎮霊社には祀られてるはずです。実際お詣りすると、ちょっと扱いがアレな感じではあるんですけどね。

  18. 井上新平 のコメント:

    現代の常識観念で過去を裁くべきですか。
    どうあれ当時亡国はまぬがれたじゃないですか。

    えらそうなこと言ってすみません。

  19. 柏城(大保守)耕介 のコメント:

    重ね重ねではありますが維新に関してはお役所仕事みたいな
    無駄や非効率を削減することに対しては同意できるとしても
    政党自体ポピュリズムを利用して国民を扇動する橋下の傀儡
    同然である以上は到底支持しかねるとしか云えません。

    ましてや保守勢力であったとしても既得権益にしがみつく
    守旧派みたいな懐古主義のようなものも認められないわけで
    あります。

    個人的にはJで始まる2文字の企業・団体はお役所仕事で
    ぼったくりですしNで始まる3文字の企業・団体は殿様
    商売でぼったくりだといわれているだけにそう思うまで
    なのですが…

  20. 河内のおっさん のコメント:

    いつもお世話になります
    今回の内容には感動しております
    橋下維新に投票しないよう働きかける人物が周囲に居ない(=周りは皆、橋下維新嫌い)ですが、ツイッターなどで積極的に拡散していきます
    橋下維新の「処分するする詐欺」には、もう飽き飽きです
    松尾しょうた、次回は討ち取ります

  21. にしかわとしあき のコメント:

    維新は偽装保守
    保守を装って活動してるから
    共産党の方がまだわかりやすい
    維新の政策をみれば一目瞭然
    ぼすのはししたの駒が
    せこせこ活動してるだけ
    自民も一枚岩ではないので
    はやく自民に変わる愛国政党が
    でてきてほしいです

  22. ピンバック: SC100高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジTV凸 | 令和の2ちゃんねるまとめ速報

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください