サヨク全般に関する皆様のご意見:1


 私は「アカ」(左翼)が死ぬほど嫌いです。

 左翼の人々は、かなり勉強、行動、人助けとけっこういろいろやっていますよ。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

 アカバカのためにどれほど我が国の「日本」が毀損されているか、その有害性は測り知れないものがあります。
(筆者補足:我々国民に必要なことは)英霊たちの心を冒涜し、遺族達の誇りを毀損する奴らを冷静に見て、思い上がった反日言動をさせないことと、我が国の持つ、底知れぬ深さと悠久の歴史をアカが抹殺できないような表現を行うことです。
日本を一人前の国家にするために、また日本人を誇りある民族に復帰させるために頑張る者は少数ですがいます

◇筆者コメント:
我が国の歴史を絶対にサヨクに抹殺させるべきでないと考えます。日教組などサヨクは官僚権力を振りかざし、我々国民の祖先を毀損し我々の国歌国旗を舐めるなど身勝手の限りをつくしています。連中は我々国民を舐め、馬鹿にしきっているのです。

 先の大戦で、多くの勇敢な先人達の命が失われた。彼らは祖国の繁栄を願い、将来、我々子孫が少しでも良い暮らしができるようにと願い、戦地に赴いたのだ。彼らの精神は、誇りとなり、模範となるべきである。それを徒に辱めんとする左翼どもは逆賊、非国民であり、堪忍ならん。吊せ。

◇筆者コメント:
我々の祖先の偉大さが学校教育では、ほぼ完全に隠蔽されている現状にあります。サヨク官僚により。この有り様は非国民という以前に非人間だと考えます。祖先を敬うなどは愛国云々以前の基本的な人間道徳の問題だと考えるからです。

 左翼は政治上必要なものです。一般的近代国家に於いて左翼とは決して我が国の様に自虐的で有りません。左翼にしろ右翼にしろ手段は違うとも目的は同じで有るべきで有ります。「御国の為に」、と言う考えの基に於いて講じられる限り基本的には宜しいので有る。
併し、我国の所謂左翼とは一般的政治の基本原則で有る「国益に基く政策」を無視する様で有ります。マイルドな左翼、健全な国益意識を持ち合わせて居らないものは選挙で落ちるべきもので有り、極端な左翼、現実的な国益に反した目的心を持ち合わせて居るものも然りで有る。
問題は政党等と言った様な纏まった形で行動しない左翼、所謂サヨクで有ろう。斯様なものにとって当選等と言った短期的リスクは無く、自己満足や宗教的団体意識を以って行動をして居るが為、現実を無視したドグマティックな狂気的想像に基いて行動し続けられる。
併し、斯様なものを真に受けねば良いだけではなかろうか。斯様な狂気的団体、人物乃至思想を真に受ける人々にこそ最大の問題が有るのではなかろうか。斯様な狂気的団体等及びそれらを真に受け共感する人々は所謂左翼及びサヨクでは無い。
所謂サヨク、自虐的盲目的否定志向精神障害者の謝罪や反省等必要ない。病的なものは必要あらば治療されるべきで有り、悪質なものは逮捕、批判乃至攻撃されるべきで有り、単に馬鹿なものは無視されるべきで有る。
サヨクなんざぁまともな名前なんざぁ与えてはならない。甘やかしちゃいけない。精神障害者は精神障害者なりに振る舞い、扱われるべきで有り、罪人は罪人なりに振る舞い、扱われるべきで有り、馬鹿は馬鹿なりに振る舞い、扱われるべきで有るだけの事だ。問題は判断の基準。自国の伝統、歴史等に基いた教育によってこそ健全な現実的判断基準は成立するので有る。

◇筆者コメント:
おっしゃる通りサヨクは日本にしかみられない奇怪な病理集団です。北欧の左翼政党(つまり諸外国にいる普通の左翼)などとは全く異なる狂った存在です。

 サヨクの犯した罪を広く世間一般の人が知らなければならない。その上で汚物は消毒すべきだ。

 何が「平和」だ。アカ以外の人間の人権を認めず殺してきた連中に「平和」を語る資格はない。
(筆者補足:スパイ防止法を廃案にした)すべてのアカを、外患誘致罪で逮捕し、死刑にすべきだ。(筆者補足:サヨクは)嘘偽りの政策を示し、実は独裁を推し進める危険な集団。

 最近の朝日新聞をはじめとする左翼もどきの行動は目に余るものがあります。広島県などではとうとう自殺者まで出してしまいました。が、しかし、少しずつではありますが状況は改善されつつあるように思います。
私は、立場上、あまり大々的な活動はできない職業なのですが、少なくとも自分の受け持っている学生にはこういった世の中の真実を教えるよう努力しているところです。中には広島出身の学生もおりますが、すぐに納得するようです。つまりは、知らないでいる人が大部分なのです。これからも地道に啓蒙していく必要があるのでしょう。
それにしても、久米は許せません。何とかしてほしいものです。

 いまさら何かいってもどうにもならないような気がする。大新聞、教育者が煽動している限りは・・・

 サヨクの中にも建設的な意見を述べたり、反サヨクの意見を真摯に受け止める人もいるはずです。そういうタイプの人間が少なすぎるのが問題なのですが。私は決してサヨクが正しいなどとは思いません。ただ、サヨクだからなんでもかんでも間違いだと断じることができる人はこの世には存在しないと思います。

◇筆者コメント:
自分達への批判を真摯に受け止めるサヨクの事例を知りません。罵倒、思考停止、話題そらし以外のリアクションを受けたためしがありません。そういった真摯さがあれば、そもそもサヨクにはならないと考えます。

 サヨクって気持悪いくらいフェミニストでもありますね。表では媚びて媚びて媚びまくっていますが、心中は油ねちょねちょぐちょぐちょのまっくろくろすけなんでしょうね。あー、きーもちわるい!

◇筆者コメント:
サヨクの油ねちょねちょ&嫌らしさMAXのフェミニズミは女をおだてて利用しようという算段から出ています。女は男より投票率が高く、また政治運動などへの参加も期待できると考えているからです。

 赤は駆逐すべし。

 共産主義は一見、理想的に見えるが、汚い人間が行えば、ナチ以上の大量殺戮と恐怖政治が発生するのは当たり前だ。全部の人間が神様ならいいだろうが、そんな人間いるか!そんなもん信じてるアカはアンドロメダにでも移住していただきたい。

 (筆者補足:土下座外交を政府に要求するサヨクは)「近隣諸国との真の友好関係」が築きたければそして「なおも反省」したいのなら中国人民のためだけに毎日文句一つ言わず汗水たらして身を粉にして死ぬまで働き、そのすべてを彼らに捧げることですね。僕自身はまっぴらごめんですが。

 私が「やや左」を自称しているのは、これがどうも私の本来の立場だからです。日本で左を称しているのは裏切り集団(おそらくは潜在または顕在犯罪者)にすぎず、まともな政治集団とは言えないので、「左側の政治的立場を持った人々」といえないかもしれず、「左」の定義から彼らを外す必要があるかもしれないと思っているのですが、そうしてえられた左の定義に従うと、私自身はどうもやや左に属するらしいのです。福祉主義者だし、過剰自由主義反対派だし、弱者保護主義者だしね。(つまり大きな政府派=税金派ということ。もっとも、税金を使わない手段があればそっちのほうがはるかに良いとも思っている)
私は、日本の「保守派・右・愛国派」のなかにも潜在的な左は沢山含まれていると思います。現在右派内左翼(私のような立場。日本的経営を支持する)と右派内右翼(主に米国的経営を支持する)は仲が良いのですが、本来は対立する立場のはずです。共通の敵(反日派)がいるために便宜的に仲良くなっているだけではと思っています。

◇筆者コメント:
政治の方向性は、大雑把に言えば大きな政府と小さな政府の均衡に成り立つと考えます。サヨクの罪はそういった大きな政府派をめちゃくちゃに潰したことにもあります。健全に機能している大きな政府派は極めて少数になったと思います。

 私は、現在の日本は、祖国を裏切った人と洗脳された人によって支配されていると思います。日本がアメリカと血を流して戦った4年間の戦争より、その後の7年間の血を流さない戦争(占領)の方が日本人に与えたダメージは大きかったと思います。いともたやすく洗脳され、占領が終わってからも目覚めることなく、ますます病が重症になっていくのは本当に悔しく、情けないことだと思います。

◇筆者コメント:
全ての戦後問題(サヨク問題)とは結局ご指摘の点にあると考えます。占領と冷戦の呪縛から解放されていないことに問題があります。解決のためには結局憲法改正以外にないと考えます。

 サヨクの思想は、私には、現在の七不思議に感じます。

 世の中には自分の才能の無さや社会的存在性の無さを社会や親のせいにしたり、他人への嫉妬や自己過信でしか解消出来ない人が必ずいますので、左翼にコロっと騙される人がいるのはしょうがない事なのかもしれません。
しかし古今東西あらゆる左翼の中で自国の歴史の全否定を行っているのは日本の左翼だけです。しかも欧米の様に非合法化したり強烈な(やるべきだった?)赤狩りなどを行ってないこの日本に対してです。こんな事態が日露戦争の恨みから生まれたコミュンテルンテーゼの現在に至るまでの鵜呑みから生まれているのか、日本固有のマゾヒズムから生まれているのかはわかりませんが、左翼くんたちはこの日本左翼の異常性に気付いるんでしょうか?いい加減にこのことを悟らないと益々異常者の集まりになってしまいますよ!!!!

◇筆者コメント:
そういった他人の責任にする弱さを知り克服する強靭さを身につける教育が行われていないことが、問題だと考えます。それを身につける最も合理的な場所は本来軍隊なのですが、残念ながら日本には存在しません。

 サヨクは散々「自分に言い訳する子」を量産してきて、その結果、学級崩壊を招いたのに、今度は「学校にいかなくてもいい!」とか「不登校は恥ずかしくない」などと、よくもまあ言えるものだと思います。サヨクって、自分がしてきたことを記憶から消せる「特殊能力」をもった人たちなのでしょうか。

 以前に比べて反サヨクの声があちこちで増えてきたようでよろこばしいです。しかし朝日新聞と日教組を完全にたたきつぶさない限りは我が国は真にまっとうな国となれないでしょう。

◇筆者コメント:
喜ばしいことですが、まだまだ不足しているとも考えます。

 サヨクはなぜ、我が国の老人たちを戦争犯罪人呼ばわりできるのでしょうか。純粋な正義感でそれを行うならばまだ救いがあるかもしれませんが、かれらのそれは、プライド、選民思想だけ肥大したおぼっちゃまの歪んだ啓蒙思想です。また他人を悪人呼ばわりすることで、自分たちの幼稚なプライドを保っている卑劣漢です。
結局、サヨクは子供のプライドを持ったまま、体だけ成長した大人になりきれない精神的おぼっちゃまたちです。子供を相手にするには体罰のみが有効であると思いますが、彼らの場合、体と知識だけは大人であるだけたちが悪いです。

◇筆者コメント:
サヨクは思考力や判断力も子供並みです。よって更にたちが悪いと思います。

 最近nifの某所で理想主義的な逆産業革命論者と論戦してます。使ってる論旨がここで紹介されているサヨクとかなり近しいので、このHPは大笑いで拝見しました。米国大嫌いだし、頭堅いし、毛沢東流の人民戦争論大好きだし…
サヨクっての残滓というのは意外なところにいるものですね。

 すみません。一言言わせて下さい。JRのサヨク労組よ、新幹線に投石するのはやめなさい!

 左目だけを開けて右目をつぶって歩く者は「正しい道は左だ、右はいけない。」と叫ぶ。

 長い間サヨクの幻を信じてきましたが、近年ようやく解放されました。最大のガンだった朝日新聞と決別した事が幸いしました。

 サヨクであろうと左翼であろうと、日本人でありながら日本を卑下し、自らの歴史を否定し、父や祖父の年代を傍若無人悪逆非道の卑劣漢の犯罪者とこき下ろすようなたわけ者は、嫌なら出て行け、の一言でもって、日の丸を打ち振りつつ万歳三唱を付けて、国外に送り出してさしあげましょう。
彼ら(彼女ら)の理想郷は、中華人民共和国や北朝鮮らしいですから、不要になって廃船待ちの大型タンカーに3日分程度の食糧を積んでおけば、無事到着出来るでしょう。嫌だという奴には、「日本国内にいたいなら、日本人として誇りを持て」というごくごく基本的な改悛愛国心育成教育を施してさしあげるべきです。
まぁ、そうですね、今は観光資源に成り下がっている網走番外地を、本来の目的に立ち返って使用するのがイイんじゃないでしょうかね?あそこなら、夏は暖房冬は冷房の日本古来の四季に親しむことができますから、素晴らしい教育施設になりますよ。

 最近浅はかな理論で,大陸政府の主張を堂堂と,漫画雑誌に載せた漫画家がいますよ。こういう人は,自分の言ってることが非常に馬鹿なことであることに一生気づかないのでしょうね。

◇筆者コメント:
支那の政治宣伝を丸ごと記す破廉恥な輩は今も多くいます。朝日以外にも。記録しておく必要があると考えます。誰がいつ何に何を書いたのかを。

 では左翼と偽善者米国に対する思いのたけを彼らを見習い低俗に叫ばせていただきます。おい!!
左翼の痰壷ども、おのれらが正しいと思ってやっていたことの結果がなんであったか、もうこれからの大衆はおまえらをみるときに使う色眼鏡をドンドン持ちつつあることを忘れるな!!!!
おまえらのやっていることはシナや北鮮ではそれが体制になったが故に人が犬みたいに殺されまくっとるが、それとなんら変わらんことを自覚せい。
おまえは日本をシナみたいな人食いの国にしたいんか! ボケ!おのれらのようなもんが日本人顔して暮らしとることすら腹立たしい。おまえらみたいなカスは北鮮かシナの国籍でも戴いて移住せい。
そもそもなんで自由主義の国に共産主義が合法的に存在しとるんじゃ?どーせコーンパイプのタコジジイ(筆者補足:マッカーサーのこと)が暴走を止めるための反対勢力としてとかどうとか言ったからだろうが、おのれの国でもしとらんような訳判らん政治機構を勝手に作りやがって!この政治音痴植民地白豪主義のくそじじい!おまえのせいで目論見通りのめたくそ状態になってしもとるやないかい!
流石にその程度のチンポコ野郎には天皇陛下は殺せんかったようだが、ホントに良かったわ。陛下殺されとったらまじで日本は共産化しとったぞ。
とはいってもシナも北鮮も言ってることと現実の溝がどんどん大きくなってるしそろそろ限界やね。小僧と偽善者の言いがかりもいつまで持つかの。おい左翼、シナと北鮮難民来たら”おまえ個人の財産で”面倒みたれや。なんつってもかの方々は劣等日本民族より優れた素晴らしい御仁ばっかやけんの。(爆)
そんときなって、今度こそはいつもの逃げ口上は絶対にゆるさんぞ。おまえらがやったことのツケはきっちり払ってもらうぞ。こんなウンコみたいな体制に大衆がこれからも付いてくるとユメユメ思うな。

 ここまで過激に批判するかは別にして、「よくわからんが、あの人達って怪しい」と、かなり多くの人が思っていたのだろう。でなければ、自民党一党支配体制が、あんなに長く続く筈がない。自民党支配を非難する彼らは、それが選挙の結果という事を無視している。
南京事件や慰安婦の真偽は、私にはわからない。ただ東アジアでは、日本が一人悪者になっている状態であり、これは悲しい事実。ただ日本に生まれたというだけで、こんなに傷つかなくてはいけないなんて、つらい。

◇筆者コメント:
あれだけマスコミなどが野党を擁護してきたのに、冷戦中は片山内閣以外一貫して社会党は野党でした。しかし、野党として存在するだけでも極めて有害だと考えます。教育界その他に重大な悪影響があります。
また「日本に生まれたというだけで、こんなに傷つかなくてはいけないなんて、つらい。」とのことですが、まさにその点にこそサヨクの眼目があります。つらいと思わせて(ストレスを与え)、こんなにつらいのならいっそ謝ってしまおう(謝ることでストレスから解放されよう)と思わせてしまうことにこそ、サヨクの眼目があります。こういうサヨクの術中にはまらないために、我々は最も素直で当たり前のリアクションをとるべきだと考えます。そのリアクションとは「つらい境遇にあることの怒りを、つらい境遇を生み出している連中(要するにサヨク)に対して向けること。」だと思います。我々日本国民につらい気持ちをもたらしている原因であるサヨクを、我々国民の力で何倍ものつらい境遇に追い込むことこそが、最も素直で健全なつらさの消化方法だと考えます。またそういう社会状況になってこそ、サヨク問題の解決に至ると考えます。まかり間違っても「謝ってしまおう」という選択だけはしてはならないと思います。
ただあらためて思うのは、そういう国民のつらさを放置しておく日本政府の怠慢です。国民のつらさを軽減し国民に安らぎをもたらすことこそが政府という組織の究極の役目のはず。国民につらさをもたらすサヨクや外国政府による国民に向けた狂気的な罵倒に対して、理論武装し宣伝戦を戦い勝利し国民に安らぎをもたらすことこそが政府という組織(特に外務省)の本質的で究極的な目的のはず。そういう戦いを放棄し、外国政府からの罵倒攻撃を丸ごと国民に向けさせておき国民につらい思いをさせておく外務省。それどころか、そういった外国からの国民に向けた罵倒攻撃に時に加担すらする外務省や一部政治家(社民党、共産党、民主党自民党の一部)などは、到底尋常な連中ではないと思います。こういう連中は根本的に狂っていると考えます。
筆者など多くの国民が、国民につらい思いをさせるサヨクの悪宣伝をあばく戦いを行っていますが本来これは政府が行うべきことのはずです。

 「サヨク」よ、支那にしなるな!

 左翼とは共産主義(旧約聖書)及び社会主義(新約聖書)というイデオロギーに名を変えた邪教の思想が及ぼす真の影響を、既に判っているにもかかわらずそれを撒き散らす確信犯的悪魔である。サヨクとはその悪魔が発した福音に感化され、自己の行動の卑劣さや矛盾に気付くことが出来ぬままに踊っている大馬鹿である。サヨク予備軍とはフエミニストや日本人その他大勢であり、なんかおかしいと思いつつもトラブルは起こしたくないと思っている根性無しか、単にお祭り好きの脳タリンである。右翼とは左翼の対極で何でもかんでも過激に反論するだけのトラブルメーカーか、過激な思想を代紋に金集めをしているだけのヤクザである。
アメリカ等白人諸国とシナは肌の色が違うだけでその根底においては同一の価値観を持った、基本的には日本とは相容れない国であり、朝鮮はシナの精神的属国にてそれに仕方無く追従している腰抜け国である。
日本を筆頭とするその他の国はこれとは概ね違う価値観を持つもの同士であるが、半世紀前は日本以外の同価値観を持つ国は白人の植民地(この場合は過酷な搾取を基盤とする白人植民地を指す)となっていたために、日本のみが先の価値観に対し果敢に孤軍自爆の覚悟で最後の反撃を慣行し、一矢を報いて虐げられた者の多数を開放したのである。戦前中の日本は国益及び国家安全保障のもとにおいては、一遍もやましいことは行っていない。強いていえば戦争に負けたという事実による日本国民に対する罪と戦場になった国の国土を荒らし、その国の兵士を倒し、市民を戦いに巻き込んだことだけである。
戦争は確かに辛い。が、人間何事もやるときはやらねばならぬことがあり、戦争はその究極の選択であり善悪で計り切れるものではない。しかし負ければ最悪中の最悪、しかも都合悪いことは全部押し付けられる。だが、戦争に負ける=全て悪いという公式が容認されているのか?負けると全て否定され、何でも他国の顔色を伺い自分では何にもやってはいけないのか。
否、日本はそのあまりにもずば抜けた優秀さと勇敢さ故に、それを見せられて自分達の価値観と存在そのものを崩壊されそうになって心底震え上がったアメリカやシナを始めとした戦勝国からの徹底的な洗脳と、共産主義者に垂れ流されたプロパガンダのダブルパンチという、醜態極まりない愚劣な手段によって民族の価値観がKO寸前に”させられてしまっている”のであり、それに感化された人間が権力を持っている為なのである。そしてそれを”未だに”許しているのがその他大勢の無関心国民なのである。しかし、国民を政治から遠避けたのも戦勝国の洗脳と左翼のプロパであることも知るべきである。
戦争に行った方々は”負けた”という厳然たる事実とその罪悪感から反撃ができなかったのであろう。しかしこれはサムライの美徳でもある。それに答える変わりに又、子孫への罪滅ぼしに、彼らは今の経済大国日本を残してくれた。戦争で命という何物にも変えられないものを捧げて勇敢に戦い、戦後も立派に働き国家と子孫の為に日夜問わず尽くしに尽くしてくれた。これをサムライといわずしてなにが人であろうか。
これらを全て否定し戦争反対だの人権だのの甘い美名に、その真意を知る知らずに関わらず浮かれ踊った知識人、政治家、市民、これらはみんな世間知らずの売国奴であり、唾棄する価値も無い者であると同時に死ななきゃ直らん犠牲者である。
日本がこれから独立国家としての右でも左でもない大人としての立派な行動を取れるか否か。これは全て我々21世紀を生きる日本人の命題であり、他国の為でもあるのだ。先祖は我々の為だけでは無く、志を同じくする他国民のために死に、命を削って復興させたことが”結果”である事実を忘れてはならない。
左翼だ、右翼はただ言葉を弄んで混乱と悲劇を起こしているだけに過ぎない。彼らは結局のところ結果は何も残せなかったのである。事は、見て見ぬふりはもう出来ない所まできてしまっている。腰抜け共よ割目し、大地に足をつけて自分の力で立ち上げれ。悪魔(共産、社会、サヨク主義者)と生臭(学会)と馬鹿(ノックなど)に権力を与えるな。右翼と憂国の違いを理解せよ。選挙に行き、自分の意思を示せ。
日本国は自画自賛するまでもなく、既に殆どの分野で世界最高レベルを持つ人間の集まりである。後は只、政治の世界で大人の行動を取れば良いだけである。子供達には真の大人の背中を見せてあげれば良いだけである。
国益に照らして親日国に手を差し伸べればよいだけである。特に反日国家は内政の不味さを隠すのに反日をしているだけの、口だけで何も出来ない腰抜けが疑いの無い事実であり、こんな国はどれだけ日本国を馬鹿にし、そのせいでどれだけ多くの親日国又は親日寄りの国が辛酸をこうむっていることか。
そこを良く考え、そんな輩とは一旦関係をまずくして進退を考えさせる位が丁度良いのである。国家は先ず全体の国益優先に、大人として当然の態度で毅然と行動すれば良い!その上で戦争をちらつかせて恫喝され、どうしても避けられないなら受けて立てば良い。ちっちゃい島国にすら何も出来ない腰抜けのくせに、大東亜戦争を戦った国相手に戦争しかけるだけの根性があるか?
こっちは白人すなわち世界を相手に戦った経験がある。経験の無いものは相手と同じ轍を踏むがこっちは同じ轍は踏まない。核を使えばそれこそその国は地上から抹殺されるほど徹底的にやられ、今度はこっちが徹底的に料理する番である。さあどうする。
私には日本国と子孫の正義と尊厳の為に命を賭けるだけの覚悟はある。と、今の日本人には過激に見えるであろうが、現実の国際社会とは市民生活と全く同じ否、それ以上の弱肉強食の世界であり、これが国家と国民の本来の姿であると私は思う。

◇筆者コメント:
反日軍事大国支那への政府開発援助。これは莫大な赤字国債の発行によりまかなわれています。言うならば日本政府は、我々の子孫の資産を毟り取って支那にばら撒き、おまけに更なる支那の軍事大国化(つまり更なる日本の相対的軍事力弱体状態)を子孫に残そうと励んでいるわけです。支那への援助は、<軍事予算を三分の一以下にする>、<チベットでの虐殺の停止と日本を含む外国の調査団受入>、<ウイグル核実験に対する外国の調査団受入>、<反日教科書の書き換え>、<日本の援助への感謝の表明>、<日本軍冤罪捏造への謝罪>を支那政府が行った後でいいと思います。これなしの政府開発援助は、支那政府によるチベット人虐殺、ウイグル人核実験被爆者殺戮への加担同様だと思います。

 結局サヨク人間ってのは人間的に怠惰で嫉妬深く虚栄心の強い人間なのでしょうね。自由も人権も平和憲法も己の欲求不満を満たす優越感が欲しいが為の手段に過ぎないのでありましょう。
その「悪意」が最近の少年の凶行と無関係ではありますまい。なんせサヨク人間に言わせれば「日本は昔から野蛮で劣った文化しか持たず常に権力者が民衆に圧政を繰り返す国」と教えてるのですから。殺人に罪悪感を持てるでありましょうか?
自分はいずれサヨク人間は後世の子孫に断罪されると信じております。因果報応と言う言葉の表す様に。サヨク人間が現在先祖の人々を裁くが如く...
では記事を見て頭に浮かんだ名言を
「信仰は山をも持ち上げるけれどもそれは信仰を持たない人々の頭上に山を楽しげに落とす為なのだ」ボリスヴィアン。
「何時の時代にも悪人は自分の下劣な行為に宗教や道徳や愛国心の為に奉仕したと言う仮面を被せたがる」ハインリヒハイネ。
「法の楯正義の名の元に行なわれる暴虐ほど酷いものは無い」モンテスキュ-
では失礼いたしました

◇筆者コメント:
今後インターネットは更に普及し、従来封殺されてきた民衆の声をより解き放つでしょう。例えば多くの民衆が戦後延々と持ってきたサヨクへの怒りの声をも。祖先断罪ごっこをエンジョイしてきたサヨクが徹底的に断罪される時は遠くないと考えます。

 サヨクの行動について貴殿の内容を見るとあることに気がつきます。それは精神分裂病の症状に似ているということです。
精神分裂病とは脳の神経伝達物質(ドーパミン等)の異常分泌によって、幻覚、妄想、興奮、不安、焦燥、猜疑心、不眠などの症状が出るのです。(行動、発言に妄想癖が出てきたら要注意)発症率は0.8%といわれるくらい(100人に1人弱発症する)高い発症率の病気なのです。
しかし、病状にも重い、軽いがあって精神病院で入院治療を受ける必要がある人は、発病者の2割以下程度であり、多くの発症者は通院によって普段どおり生活できます。ただ発症者は「本人が病気である」という意識がないのがこの病気の治療に困難を要するのです。ただ、単にこれは脳の医学的な病気であって、治療すれば症状が抑えられるので精神疾患の患者を差別したりするのは、間違いでありますが。
おそらく、サヨクの(貴殿がホームページで記述している)病的な症状は精神分裂病を含めての精神疾患から生ずるものもあると思われますので私としては彼らに精神科医の診断と服薬治療をお勧めしたいと思います。
ただすべてのサヨクが精神疾患ではなく、人格障害もかなり多くいますから見極めと治療が困難なのです。(笑)

◇筆者コメント:
日本という肉体は、ある程度のサヨク精神分裂病に病んでいると考えます。神経(マスコミ)からのサヨク物質の異常分泌などにより。五十年前に移植された壊れた人工臓器(憲法:アメリカなど諸外国からの電波を受信して脳内に直接命令する装置)摘出をも含む、あらゆる根本的な治療を行うべきだと思います。

 小学校に上がる前まで、東南アジアの国に住んでいました。母国と他二カ国での体験は強烈なもので、二十歳を過ぎた今でも昨日の事のように覚えています。首都は美しく飾り立てられ、ビルの建設
が盛んでしたがそのほとんどが日本からの援助や投資である事は幼少の私にも分かりました。工事現場やあちらこちらで日の丸が掲げられていたからです。何よりも日本人と現地人との生活レベルの差は
著しく、私は日本の国力を子供なりに感じたのでした。
私は日本が好きですし、愛しています。いざとなったら、命をかけて守ってやるつもりです。それなのに日本を貶めてやろうとか、破壊してやろうと目論む勢力がいるのには怒りが収まりません。サヨクに限らず、縄で縛って戦車でひき殺すか北朝鮮にでも追放してやりたいです。

◇筆者コメント:
外国に在住された方は、おうおうに日本の素晴らしさを感じられるようです。あらゆる面で不足する外国の現状を見ることで、より確かに日本の満ち足りた現状を理解できるのだと思います。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です