日本共産党が普通の民主政党と異なる点


[執筆対象:共産党][病理:独裁]

 共産党というと、何か普通の政党と異なるヘンな政党というイメージをもつ人は多い。このイメージは全く正しい。まさしく、普通の政党と異なるヘンな政党なのである。どこがヘンなのかを以下に記す。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

 サヨク政党の一翼をになった社民党(旧日本社会党)は自民党と連携したあげく、野党イメージを失い大幅に議席を減らした。結構なことである。
しかし一方、その票のいくらかが別のサヨク政党である共産党に流れ、不気味に着々と議席を増やしている。また、一部マスコミも共産党が議席を増やしてきる点から「共産党はがんばっている」などとエールを送っている。それが更に共産党に票が流れる要因となっている。しかしその一方で、共産党が他の普通の政党とは全く異なる独裁政党であることは完全に隠蔽されている。恐ろしいことである。

 マスコミは、共産党にある決定的な問題点と言い得る以下二点について完全に隠蔽している。

1:今現在、共産党は党運営方法、党幹部選出方法が全く民主的でなく、完全な独裁政党であること。
2:戦前の共産党は査問殺人を繰り返し、銀行強盗も行う犯罪組織であったこと。

 以上の恐るべき点が、ほとんど人々に知られていない。完全に隠蔽されている。2:については、「1.1 戦前の左翼」で触れている。ここでは今現在の共産党にある問題点である、1:について記す。

1 民主主義的中央集権制という独裁制

 筆者がなぜ共産党を支持できないかと問われると、政策や主張以前に、まずこの民主主義的中央集権制(民主集中制)という共産党独自の制度をあげる。共産党は、民主集中制という幹部選出など党の政策決定機構がまったく民主的でない制度、完全な最高幹部独裁の制度を採用している。
主張以前に、党運営制度自体が支持できないのだ。

(1)これが民主集中制

 共産党における民主集中制とは下記のようなシステムである。

1:上級組織で一旦決定した事項については、下級組織ではそれについて中央委員会の許可無しでは論議自体が認められない。下級組織は上級組織による決定に対して疑問を挟んではならない。即時実行あるのみ。
2:下級組織での人事は、基本的に全て上級組織の承認を得なければならない。
3:分派活動も禁止。
4:党内の問題を党外に開示することも禁止。
5:以上の規約に反する党員は全て除名。

 以上のように、共産党は党中央が全てを意のままにに操る隠蔽独裁組織なのだ。

 上記の中でも最もいかがわしいのが、1:である。もちろん、普通の民主政党も同様に党決定に拘束されるが(でなければ政党の意味をなさない)、共産党の場合まったく意味が異なる。
普通の民主政党では、いったん党決定がなされれば無論それに拘束されるが、党員が党決定に疑問を呈し党決定を変えていくことは認められる。これは我々国民にとっての法や条例と同じである。いったん立法されれば国民はこれに拘束される。と同時に、それに疑問を呈し変えていこうとすることは、当然認められる。これが普通の民主国家というものだ。
共産党では、党決定がなされればそれに拘束されるのみならず、党員が党決定に疑問を呈し、党決定を変えていこうとすること自体が許されない。(共産党は中央委員会の許可があれば論議はできるなどと言うだろう。しかし、そもそも許可が必要であるということ自体が、共産党に言論の自由など無いことの証明になるのだ。)党中央に逆らうものはすべて除名される。

(2)民主集中制批判への共産党による馬鹿げた反論

 民主集中制という制度は当然のことながら、民主的な考えの人間からは往々に批判される。まあ、当然であろう。この批判への共産党の反論はこのようなものだ。

反論1:自民党などの組織も中央集権主義的だ。→よって、共産党の民主集中制もまた正しい。

 ↑この論法、馬鹿丸出しだ。この世に存在するあらゆる大規模な組織は中央集権主義的である。でなければ、組織として成立しない。中央集権制度の政党と中央集権主義的な政党とでは、全く意味が違う。
馬に似ている人間と馬そのものとでは、ワケが違うのだ。人類で最も馬に似ている人間より、間違いなく馬のほうが馬に似ている。モノゴトの程度を把握しないにも程がある。
この論法を聞いて、「ううむ、確かに民主集中制は正しいんだなあ。」などと納得するレベルの人間が共産党に集まっているのであろう。

反論2:共産党のアイデンティティだから。

 党が民主集中制(つまり独裁政党)であることがアイデンティティ(党の存在意義)とまで言うのなら、その党そのものが存在してはならないという結論になる。民主国家における政党とは独裁政党であってはならず、民主的に運営されるべきだからだ。
独裁がアイデンティティの政党など民主国家の政党として全くふさわしくない。そう言い切るのなら、党そのものを潰していただく以外に無い。

(3)民主集中制がいかに生まれたか

 民主集中制は、ロシアのボルシェビキ(ロシア社会民主党労働党が分裂してできたレーニン率いる一派。もう一派はトロツキー率いるメンシェビキ。)の党規約に準じていると言われる。
レーニンとトロツキーは、党組織論において対立した。ボルシェビキ率いるレーニンは民主集中制により、党を完全な上意下達の強固な一枚岩として暴力革命を行うべきだと主張。一方、メンシェビキ率いるトロツキーは民主集中制に反対し、大衆政党の道を歩むべきだと主張。
トロツキーは「もし現在の道(民主集中制)を歩めば、党は党役員に代行され、党役員は中央委員会に代行され、中央委員会は独裁者に代行されるようになろう。プロレタリア(労働者階級のこと)独裁は、プロレタリアに対する独裁に至るだろう。」と予言。この予言は、ソ連や支那、北朝鮮や日本共産党など、あらゆる民主集中制の社会主義組織において完全に的中した。

 民主集中制は、党を革命を行う軍隊として機能させるために生まれた制度なのである。

(4)民主集中制が何をもたらすか

 民主集中制は以下のような事態をもたらす。

[1] 党下部組織は、絶対に党中央を批判できないようになる。

 共産圏諸国が相次いで崩壊した時期、その余波を受けた共産党は大幅に議席を減らした。もちろん普通の民主政党なら、党執行部の責任が問われる事態である。これについて、宮本議長(当時)は、「わが政党は、そういうことが問題になる政党ではない。」と言ったという。興味深い意見である。
共産党は、大幅な議席減らしが党執行部の責任問題にならない政党らしい。選挙をもって政権を獲得しようとする民主政党であるなら、議席減らしは敗北そのものであり、党執行部の責任は間違いなく問われる。つまり、共産党は、選挙をもって政権を獲得しようとする民主政党でなく、今なお暴力革命によって政権を獲得しようとする政党であることを、宮本が自白したものといえる。

[2] 党中央幹部の入れ替えがなく、宮廷革命的なクーデターや死去によってのみ幹部交代可能になる。

 日本共産党に限らず、世界の共産党における政権移譲を追ってみると独特の特徴を見出すことができる。最高幹部の入れ替えがほとんどないのだ。世界の共産党では、ほとんど全て最高幹部の死によって政権交代がなされている。あとはせいぜい革命による政権遺失である。つまり普通の政権交代がまったくない。
戦前に、査問リンチ殺人の罪で服役していた日本共産党の宮本も同様である。終戦のどさくさにより思想犯と混同されて釈放になり、程なく共産党の実権を握って以来、幹部会委員長、中央委員長、議長などを歴任し、おまけに今は名誉議長とやらに収まり別荘で専門医をつけ大名暮らし。

 民主集中制においては、いかなる失態があっても、党中央は下部組織の動議から辞任させられることはないのだ。

(5)共産党の本質的な問題点は主張や党名ではなく独裁政党であること [執筆日:H12/6/26]

 共産党批判の多くは、共産党の主張や党名をなどを批判したものだ。例えば、「既に共産党は資本主義を認めているのに、共産党という名称はおかしい。」、「共産党の消費税反対は、深刻な財源問題に思考停止したものだ。」、「ダムなど大規模公共投資反対と言うが、ダムや高速道路などの大規模な公共投資なしに日本経済も国民生活も成り立たない。」という批判。
これらの批判は全て正論だ。しかし、現在の共産党の本質的な問題点を指摘した批判ではない。というか共産党の手の平の上で踊った批判とすら筆者は言い切る。
共産党の問題点は、そもそもが民主集中制という旧ソ連と全く同じ独裁政党であるということなのだ。最高幹部が全く党員から批判できず普通の幹部交代のない、下級党員が最高幹部の意のままに動く上位下達の革命軍政党である点が最大の問題点なのだ。
仮に党名が「愛国皇民党」に変わり、主張が消費税率上昇賛成に変わったところで、現在の独裁制である限り筆者は全く支持しない。そのように幹部決定をすれば、間違いなく下級党員は盲従するだろう。
そして独裁政党であるかぎり、政権獲得後に、いとも簡単に「共産党」に戻り、ソ連同様に「反動分子の粛正」を開始することは、おおいにありうる。その決定にも下級党員は盲従するだろう。

 共産党は、今後とも間違いなく民主集中制を廃止しないだろう。党幹部の既得権力擁護システムだからだ。印刷局などで懸命に働く下級党員が生み出す利益を大量に搾取可能な地位だ。おまけに威張り放題。こんなおいしい地位を幹部が手放すわけが無い。

2 共産党除名者の末路

 共産党はその権力争いにより、あらゆる人間を党から除名してきた。最も有名な例が、宮本顕治委員長の「刎頚の友」袴田里見副委員長の除名、日本共産党創立期からの党への功労者であり党名誉議長野坂参三氏の除名である。
ところが、除名後に死亡した野坂氏の葬式に、共産党の関係者は誰一人として来なかったという。
きっと、野坂氏にも共産党に親しい者がいたに違いない。親しかったであろう党員は、除名された者の仲間であるという認識を党からもたれないために、一切断交したのであろう。これは、村八分どころの制裁ではない。村八分というのは、葬式など(残り二分にあたる)を除いて断交するという制裁だ。葬式すら関わらないとなると、それは究極の断交と言っていい。
いかなる党への功労者であっても、除名者であるなら葬式にすら出ないのが共産党だ。さすが共産党、完全に論理的に一貫している。除名者となった瞬間から全否定され、心情や友情や常識の立ち入る余地なしだ。
筆者が共産党に、たとえようもない恐怖を感じるのは、こういう有り様なのだ。

3 共産党員は共産主義者ではなく、共産党主義者

 興味深いことに、現在の共産党は共産主義を訴えない。
本来、共産主義政党だから共産党という名称であるのはいうまでもない。おまけに共産党は、最近では社会主義という言葉から更に修正し、社会民主主義とまで言い始めている。かつて共産党は、旧社会党が社会主義政党や社会民主主義政党を自称してきた時期には、修正主義者と罵倒していたにもかかわらず。
更に、前の選挙で大量の票を得て躍進した共産党は、かつての旧社会党同様に連合政権の一角を担いたい欲が出て「テンノーセーハンタイ」、「ジエータイはケンポーイハン」すら棚上げにするとまで言い出した。
さて、基本理念に関わる党中央の方針転換に党員は反対したか。全く反対していない。むろん共産党特有の制度上反対できないのだが、制度以前に党員は党中央に完全に盲従する。
旧ソ連スターリン体制の日本支部から唐突なソ連非難への豹変、ルーマニアのチャウシェスク体制支持から東欧崩壊による唐突なチャウシェスク非難への豹変、消費税反対から消費税三%論への豹変、テンノーセーハンタイから棚上げへの豹変、共産党員はこれら幹部決定に全て盲従してきた。盲従しなかった者は全て除名された。
もちろん、風向きが変われば、いとも簡単に逆豹変もありうるということだ。よって、共産党を論じる場合、その主張そのものの評価や検証などほとんど無意味である。いつ突然変わるかわかったものではない。共産党を論じる場合に着目するべきなのは、主張などでなくその体質なのだ。

 共産党員は共産主義者というより、共産党主義者という言い方が的確だ。
それにしても、共産主義を訴えない共産党に忠誠を発揮する共産党員とは、なんとも奇妙だ。

4 オウムまがいの超エリート主義

 労働者の政党を自称する共産党は、宮本(旧帝大)を含めて幹部には、東京大学卒業者が多い。不破哲三(東京大学理学部物理学科卒業)、志位和夫書記局長(東京大学工学部物理工学科卒業)といった最高幹部は双方東大卒だ。本当の労働組合からのたたき上げの大幹部は、金子書記局長くらいだ。大幹部は労働者出身などとは到底言えないエリート連中で占められている。
むろん、とにかく無学な人間に政治をまかせさえすれば世の中良くなるなどと筆者は考えない。高学歴の者にも有能な人間は多いに違いない。労働者出身の人間にも、それこそ金子氏みたいな、共産党のテープレコーダーに退化したゴリゴリの教条主義者もいる。
ただ、ここまで偏執狂的なエリート主義にはヘキヘキさせられる。田中角栄のように無学で有能な人間も多いのだ。学校などという一種バーチャル世界で長年言葉遊びに興じてきた連中よりも、実社会で努力や工夫をしてきた人間にこそ有能な人間がいる場合もある。

 共産党には宮本を筆頭として、旧帝大(現在の東大)の学閥体制のようなものを感じる。

5 共産党の主張が導き出す究極独善的政党観

 共産党の他政党に関する主張を要約すると、「日本共産党以外の地球上にあるあらゆる政党、国家は誤っており、日本共産党のみが正しい政党である。」という結論になる。
ソ連の下部組織であった昔は、ソ連及びルーマニアなどその同盟国、及び日本共産党のみが正しいという発想だった。しかしこれらの国における大量の悲惨と絶望が明らかになった。
そのあげく、今では、支那もソ連も北朝鮮も旧ルーマニアもアメリカも日本も自民党も自由党も民主党も社民党も公明党も全部ダメで、「地球上唯一自分たちのみが正しい」と考える組織になった。
つまり狂った独善カルト組織なのである。こういった究極的な独善性もまた、共産党という組織を我々国民が全く支持できない大きな理由なのだ。

6 総括

 以上の理由から普通の民主主義者であるなら、共産党など全く支持できないことがお分かりいただけると思う。共産党に投票するということは、自分が以下の人間だと自白することになる。

(1)政治運動におけるテロや殺人や強盗を肯定する人間であること。

 共産党は戦前に大量の人間をテロで殺している。また、銀行強盗も行っている。なおかつ、今現在も共産党はそういった過去のテロ行為について全く自己批判していない。

(2)共産党幹部による独裁政治を支持する人間であること。

 共産党は、普通の民主政党と異なり民主集中制という党幹部の完全な独裁により運営される政党である。

 筆者は、修正主義的にとはいえ民主主義を肯定するものであり、上記の人間ではない。政治運動におけるテロや殺人など肯定しないし、共産党幹部による独裁政治も望まない。よって、共産党には投票しない。

 もっと端的にいえば、共産党に投票するということは、

@ 民主主義者でない。
@ 民主主義を理解していない。

 のいずれかというほかないのだ。

参考ページ:共産党問題、社会主義問題を考える

 共産党問題をかなり多角的にくわしく研究しているページ。共産党についてくわしく知りたい人におすすめ。

参考ページ:査問

 共産党の実行部隊、民青(日本民主青年同盟)元幹部が昨年末出版した本『査問』(筑摩書房)が紹介されている。戦後にあっても、その恐るべき吊し上げ体質が続いている実例。

参考ページ:新しい教科書をつくる会神奈川有志にある武闘の系譜

 戦後間も無い頃を中心に、共産党による数々の殺人テロが紹介されている。

参考ページ:日露文化関係史

 ソ連に亡命し粛正された多くの日本人に、日本共産党が深く関わっていることがわかる。
加藤哲郎論文集
「2 国際労働運動史・旧ソ連日本人粛清史関係」などに、共産党に関する記述がある。

参考ページ:共産党公式サイトの党規約

 民主集中制に関する部分や、そこから派生していると思われる、徹底した下級組織統制の規約が記述されている。

参考ページ:日本共産党の主張に対する考察

 日本共産党の主張を検証し批判したページ。
共産党の本質的な問題点は殺人テロ独裁政党であるという点だ。人殺しの説教になど耳を貸す必要などないのと同様、本来は共産党の主張になどなんら耳を貸す価値は無い。ただ、犯罪者の心理を研究するにあたって犯罪者の言動を分析する必要があるが、それと同様の意味においてのみ共産党の言動を分析する価値はある。

参考ページ:ソ同盟核実験を断固支持する 上田耕一郎 同志

 元日本共産党副議長 上田耕一郎氏による論文が記されている。「その(筆者補足:社会主義国の)軍事力は、一時的に『平和政策』によって指導され、平和の維持のためにのみ使用されてきたのであって、社会主義国の軍事政策は、平和と独立をめざす系統的な『平和政策」』の一部分であり、」とし、ソ連の核実験を「断固支持」している。

参考ページ:國民新聞共産党の「80年党史」在日朝鮮人運動との関係を隠蔽

 共産党が在日朝鮮人と深く関わっていたことを記述。

 なお、このページにおける共産党に関する記述は、ほぼ「日本共産党の研究」に依存している。

 書名 :日本共産党の研究 一から三巻。
著者 :立花隆
出版社:講談社
ID:ISBN4-06-183041 ISBN4-06-183042 ISBN4-06-183043

余談:平成十二年六月の総選挙に敗北した共産党の無謬主義の恐怖 [執筆日:H12/6/26][執筆対象:共産党][病理:無謬主義] 支那やソ連の共産党の最高権力者は、徹底した無謬主義の立場にたつ。

1:共産党の最高権力者が政策的失敗により膨大な悲惨を国民にもたらす。

2:人々から権力者に対する批判が高まる。

3:共産党は政策的失敗の原因を「共産党に非協力的な分子の怠慢」「反動分子の謀略」なる所にすり替え、そういう「分子」に対する徹底した弾圧と思想統制を行う。(責任を転嫁しつつ恐怖政治により批判を封じ込める。)

ありとあらゆる共産主義国家はこれを何度も繰り返してきた。
共産党指導部は常に悪くなく、問題が起きたら全部国民がワルイという発想だ。いうなれば、政策的失敗に対する国民からの怒りを、徹底した恐怖政治という逆ギレで封じてしまおうという手口だ。スターリンや毛沢東の手口がまさにそれである。

1:毛沢東の大躍進政策により数千万人以上の餓死。

2:人々から毛沢東への批判が出始める。

3:毛沢東は、大躍進政策の失敗の原因を「共産党に非協力的な分子の怠慢」「反動分子の謀略」なる所にすり替え、そういう「分子」に対する徹底した弾圧と思想統制を行う。つまりこれが数千万人以上を殺した文化大革命。

ようするに毛沢東が言いたいこととは「膨大な餓死は反動分子の謀略によるものだ。反動分子やそれに騙された国民が悪い。共産党指導部は悪くない。」であろう。

こういう共産党指導部の無謬主義体質は、日本の共産党にもおおいに受け継がれている。平成十二年六月総選挙に敗北した共産党の不破委員長や志井書記局長は、テレビインタビューでこの指導部無謬主義節をテープレコーダーのように繰り返した。

1:共産党の最高権力者が定めた選挙方針の失敗により選挙で敗北。

2:党員から権力者に対する批判が高まる可能性が出てきた。

3:共産党は敗北の原因を「謀略ビラ」なる所にすり替える政治宣伝を行う。

ようするに共産党指導部が言いたいこととは「選挙での敗北は反動分子の謀略(中傷ビラ)によるものだ。反動分子やそれに騙された国民が悪い。共産党指導部は悪くない。」であろう

選挙敗北の原因を外部にすりかえ、指導部の責任に一切触れず、選挙敗北が最高幹部への批判につながることをかわそうと懸命だ。無謬主義共産党の本性丸出し。つまりこれが共産党なのだ。
政治とは結果に責任を負うものだ。中傷があったにせよ無かったにせよ、結果が重要なのだ。その結果が惨敗なのだ。普通の政党なら間違いなく最高幹部の責任が問われる。

こんな言い草をしている候補者は、他に一人もいない。敗北したあらゆる政党の全候補者が「私の不徳のいたすところ。」と潔く自分の責任を認めている。選挙での敗北の責任を謀略論で他者にすり替えるセリフを臆面もなく発したのは、筆者の知るかぎり日本の歴史上オウム真理教と共産党だけだ。

だいたい中傷ビラを得意とするのは共産党だろう。筆者の郵便受けにも、さんざん他政党への中傷を書きなぐった資源無駄使いゴミを投函しておいて、いけしゃあしゃあと何を言っているのか。

とはいえ、共産党大幹部諸氏はそれほど心配はいらないだろう。選挙の敗北の原因を幹部以外にすりかえる詭弁を繰り返さなくとも、党員からの吊し上げは、ほとんどないだろう。共産党の党員とは、最高幹部に疑問を持たない存在として完成しているからだ。
共産党大幹部諸氏は何ら心配には及ばない。大幹部諸氏の既得権は今後とも安泰だ。共産党の下級党員は、例え自らが餓死しようとも共産党大幹部に盲従し続けるだろう。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


日本共産党が普通の民主政党と異なる点 への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  2. 鼻の効く有権者 のコメント:

    民主党のロゴマークは、(沈みゆく太陽)を表し、党の活動目標にしている。
    つまり、民主党とは、日本が衰退 することを目指して活動する政党ということだ。

     だから、日本に無条件降伏(逆らうことを許さない)させたGHQが充てがった(日本弱体化の象徴である憲法第9条)を利用し、護憲連呼で安保法制つぶしに躍起になっているんだ。

    (太陽を沈ませる) が民主党の綱領なんだよ。

    何という連中だろうか。 絶対に許してはならない!
    民主党には朝鮮族・漢民族・日本赤軍に繋がりがある者などが数多くいる。 日本国の転覆を謀り、国会を舞台に暗躍する政党だ。

     祖国日本を守るためには、民主党に投票しないこと。 日本が乗っ取られちゃうからね。
     共産党・社民党もダメだよ。

    朝日新聞・毎日新聞・テレビ朝日(報道ステーション)・TBS(報道特集・Nスタ・NEWS23・サンデーモーニング) の報道には騙されないように気を付けよう!
    NHK は、(したたか)だから要注意だよ。

  3. 宮澤賢治 のコメント:

    近年消費者庁ができ、一般市民という消費者相手にする会社、例えばスーパーのダイエーが調べる会社に変貌したならと考える一人です。
    共産党批判の文面を読み、賛同いたしました。
    警察の管轄ではないと言い訳されるゆえんはどこにあるのでしょうか?
    人間の中でも、警察以上に調べる人間が居るっていう肌で感じる人物が、付近にいる又はつきまとっていると感じる一人です。詮索心は興味心より恐ろしいものと感じました。
    顧客が消費者なのに消費者に敏感でないって立ち入った感情の者が起こす争いは、人間関係に不和や不信や仲違いを生じていた存在をキタムラや藤枝氏に感じたこと。この者が、世の中でいくつかの表現で尊大ぶった立ち位置で居ることが不可解であると感じています。「ダイエイ消えるやキタムラ消える、ダイエイ死んだや北村死んだ」と2000年以降から世の中に触れ回った風説の流布を登場したシーシーサイダー人間や葉隠れ存在に感じた一市民です。
    建物の奥底をのぞき込んで詮索することができる警察権力以上に人間の部類で詮索や探索をするものが見積りを売りながら「白をつかむ行為」をしていることの危惧感。
    人権問題に関わるまた信教の自由に関わるオームの暴挙にも似たテロ行為、サイバーテロ集団、ダイエイの陰に隠れた先導者と存在の存在への脅威を阻止したい私は、旺盛な○キタムラ、藤枝を許せません。政治的に証人喚問してほしいです。

  4. 宮澤賢治 のコメント:

    人間の中でも業見上の過失がある探索者、詮索者への危惧感。
    それは信教の自由への暴挙、冒涜と感じる一人です。

  5. 気仙沼太郎 のコメント:

    ご高説、ありがとうございました。
    これからも、お体に気をつけて、がんばってください。

  6. 沈黙 のコメント:

    民主集中制、前衛、総括は独裁に近いとSNS に投稿したら、複数の方から組織的な攻撃を受けた。怖かった😢 メールも電話も家の鍵も変えようとまで思った。以降、発言はしていない。

  7. にゃん のコメント:

    元日本共産党党員です。十年以上に党歴はなりましたかね…日本共産党は党大会などに出席していたので党内部を知り尽くしています。
    本当に犯罪集団ですよ…トップの命令は絶対でどんな犯罪でも正義と信じ遂行する。毎年、民商など共産党系列組織で逮捕者が出ますが、不当逮捕と徹底抗戦して警察への集団嫌がらせなど反社会集団です。
    デモや座り込みもそうですね、警察に暴力で公務執行妨害で逮捕されたりしてますが近くで身内から見ていると警察の方が正しいんですよ、なぜかこれも不当逮捕ということで嫌がらせや裁判で無罪になったりします。
    日本から無くなった方が良い、当事者からの実感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です