サヨクの戦前罵倒は、占領軍の忠犬となって働いた罪の言い訳


[病理:戦前罵倒]

 戦争中のマスコミは、戦争中はさんざん日本軍兵士を持ち上げた。しかし、敗戦になり元敵兵(占領軍)という新たな主人の支配が始まると、手のひらを返したように元敵兵(占領軍)の尻馬に乗って日本軍兵士を非難し始めた。「グンブにダマされた」などという言い草で。
そして今、サヨク特に戦前なら続くサヨクマスコミは、戦前や大東亜戦争をひたすら悪しきざまに喧伝する。その喧伝により、結局サヨクマスコミは何を言いたいのか。それは、

サヨクマスコミ「戦前こんなに悪かった。それにくらべ占領後はこんなにいい時代。→だから、占領軍の犬となって働いた俺の行為は悪くないんだ。」

 ということだ。つまりは、占領軍の忠犬となった働いた罪を誤魔化そうとしているのだ。日本軍兵士や戦前に暮らした多くの人々を「グンブに騙された愚者」、「騙した悪者」、「戦争と侵略をしでかした野蛮人」、「人権意識の欠如した連中」に仕立て上げることにより。

 こういった戦後の腐った伝統が今現在のサヨクの間で脈々と受け継がれているのだ。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

1 占領中の日本人の醜態

 占領中とは簡単に記すとこういう時代だ。

占領軍「こらあ、お前達日本人は侵略をした悪い奴等なんだぞお。その点わかってるな。(数百年のアジア侵略と植民地支配による搾取で肥え太った体をゆすり、原爆投下や空襲で汚れた血を拭きながら。)」
戦後日本人「ケシシ、そのとーりでごぜーますご主人様。あっしらは白い旦那のアジア支配に逆らうようなだいそれたマネをした侵略者でごぜーます。どうかお許しを。二度と過ちは繰り返しません。」

占領軍「よし。偉いぞお、精神年齢十二歳。ついては、こういう侵略をした悪い連中を裁いて殺すことにした。」
戦後日本人「どうぞどうぞ。もう、やっつけちゃって下さい。ボクらもまたグンブのギセーシャなんでしゅ。エヘヘ。(かつてはさんざん持ち上げた日本兵を蹴飛ばしながら。)」

(これにより多くの元日本兵などが、占領軍によりでっちあげの証拠などで吊し上げ裁判を経て殺される。)

占領軍「ついては、野蛮で遅れたお前達に民主的な憲法をさずける。ありがたく拝領せい。」
戦後日本人「あわわ、これはもったいない。あ、あ、ありがとーごぜーますだ。ギブミー憲法。ご主人様。未来永劫ヘーワのミンシュシュギの教えとして崇めたてましゅ。」

占領軍「お前達に言論の自由をさずける。どしどし日本政府やグンブを批判しろ。ただし占領軍を批判する自由はないけどな。」
戦後日本人「あ、あ、ありがとうございましゅ。占領軍様を批判するような愚か者は、やっつけちゃって下さい。」

占領軍「お前達日本人が軍備をもつと、ろくなことをしないよな。与えてやる憲法では、戦争を放棄して陸海軍を持てないようにした。国防は我々アメリカ占領軍が行ってやるので安心せい。」
戦後日本人「侵略者の我々が、ぐぐぐぐんびなんてとんでもない。我々日本人は軍隊を管理できない劣等民族でしゅ。どうぞどうぞ基地をお貸しいたしますので、何とぞよしなに。」

(これが後に基地用地提供どころか、「思いやり予算」と称する経費負担をするにまで歪んで行く。)

 見ての通り占領中というのは、日本史上最悪の醜態、目を背けたくなるような無様な醜態を繰り返した時代であった。サムライが動物以下に落ちぶれた時代と言える。
いかに占領中であっても、占領中の日本人は自分を必要以上に畜生扱いしすぎた。国防を外国任せにすること。外国による国家規範制定を受け入れること。これは、自民族を劣等民族扱いする発想があって可能なのだ。
欧米列強による世界における植民地政策とはまさにそういう政策だった。植民地の連中には一切軍備を持たせず反抗させないようにする政策を、全世界で行ってきたのだ。そして植民地支配の永続。それを日本にも行ったというだけの話だ。ヘーワ憲法の投下とは、ただそれだけの話なのだ。
サヨクは、「現在の憲法は反植民地主義が反映されたもの」などと呼称する。全く逆だ。現憲法は欧米列強による植民地支配のマニュアルを文面にしたものに過ぎないのだ。<植民地の軍備の解体→植民地支配の永続>というマニュアルを。そしてこのマニュアルは、「思いやり予算」と称する経費負担をするまでに大成功している。
逆に日本軍はアジア諸国に国防を教え欧米列強と戦う気概を教えた。それが、日本敗戦後におけるアジア諸国における欧米列強からの劇的な独立の連鎖につながった。

2 占領時代の醜態の正当化と言い訳に終始した戦後

 こういった占領中の底無しに恥ずかしい情けない醜態。これ引き摺り、この醜態の言い訳と正当化にいそしみ続けたのが戦後なのだ。ことさら戦前をワルイ社会体制であったかのようにデフォルメすることにより。特定事例のみをくり貫き詩的表現を交え、時に捏造すらして。

 要は戦前や大東亜戦争を悪しきざまに喧伝する連中の言いたいことというのはこういうことだ。

 「戦前は、こおおんなにワルイ時代でした。大東亜戦争でこおおんなにワルイコトをしました。」

マスコミや教師「だから、手のひらを返し占領軍の尻馬に乗って日本軍兵士を吊し上げた俺の行為は悪くないんだ。占領軍の拡声器となって働いた俺の行為は悪くないんだ。」
政治家「だから、外国製の憲法を拝領して喜んだ俺の行為は悪くないんだ。それによりまともな国防ができない現状と外国軍隊駐屯の永続状況を作った俺の行為は悪くないんだ。」

 「だから、占領軍の犬となって働いた俺の行為は悪くないんだ。」

 もちろん、懸命にこのように主張するということは、占領中の醜態が内心負い目にはなっているからに違いない(むろん、中には心底占領軍の犬としての誇りをもつまでに退化したクズにいるだろうが。占領軍が投げ与えたチョコレート憲法を今尚ありがたがる連中みたいに)。負い目を持つのは当然だ。だれがどう見ても占領中の日本人の有り様は、日本史上最悪の醜態そのものだからだ。

 今日もNHKのドキュメンタリー、一部テレビキャスター、日本テレビの「知ってるつもり」、朝日毎日新聞などマスコミから聞こえてくるはずだ。戦前や大東亜戦争をひたすら悪しきざまに喧伝することにより、占領軍の積極的腰巾着となった自分を言い訳し正当化する声が。例えば↓こういう。

「○は軍隊に志願し入隊しました。」を、「○は戦争の渦に巻き込まれていきました。」と表現。

 更に、『戦争の渦』を起こしたのは欧米列強の恫喝や支那の虐殺事件であることを占領軍のお達しのままに隠蔽。
日本軍兵士がひたすら嫌々徴兵されたかのような構図を強調。その一方、祖国を守る誇りや気概に満ちていたことについては隠蔽。

「(欧米列強からABCD包囲網がしかれ、ハルノートがつき尽きられるなど)欧米列強からの侵略の手は日本にも及んできました。」を「軍靴の足音が聞こえてきました。」と表現。

 戦争の原因を占領軍のお達しのままに日本内部に転嫁。
更に、欧米列強と戦うべしという民意を『グンカのアシオト』などと表現し、あたかもワルイコトで民意と無関係でかのように表現。

「アメリカによる原爆投下や空襲更にソ連による参戦などによる日本人大虐殺の時代から、外国軍統治と主権剥奪の時代が訪れたのです。」を「グンブがシハイする戦争と暗黒の時代から、ヘーワとミンシュシュギの時代が訪れたのです。」と表現

 その軍部を含む日本が、東亜全土に植民地支配という真の暗黒の時代から、開放の時代への道標をつけたことは、占領軍のお達しのままに隠蔽。
そのミンシュシュギが、占領中は占領軍批判を禁止され弾圧下のものであったことも占領軍のお達しのままに隠蔽。
何より腐っているのは、占領軍がもたらした原爆投下空襲など大虐殺の停止を占領軍に感謝するかのような底無しの屈折ぶり。

「査問殺人を繰り返したテロ組織であった共産党に、当局の取り締まりがありました。」を「戦争に反対する多くの人々が弾圧されました。」と表現

 戦争を反対したのがソ連からの戦争誘発を目的とした殺人テロ政党共産党であることは隠蔽。
その共産党が殺人テロ銀行強盗政党であったことも隠蔽。その共産党への取り締まりを『ダンアツ』と呼称。(こんな言い草がまかり通るのなら、現在のオウム真理教関係者の逮捕も「ダンアツ」になる。)

「国防の大切さを教える授業が行われました」と「皇室の大切さを教える授業が行われました」をまぜこぜにし、「天皇の為のに死ねとう軍国主義教育が行われました。」と表現。

 共産党のアジビラそのままみたいな狂った内容。

 戦前や大東亜戦争をひたすら悪しきざまに言い立てる報道。それはつまり占領中に占領軍の忠犬となって働いた罪を誤魔化そうとするマスコミ自身の言い訳なのだ。その腐った言い訳がほとんど口癖になってしまっているのだ。

 占領開始と共に突然占領軍の腰巾着に早変わりした醜態には場合によっては酌量の余地がある。占領軍の圧倒的かつ悪辣な支配の前に屈したことを単純に責めるのは酷というものだろう。占領中の耐え難きを耐えざるえない苦渋に満ちた状況をかんがみれば。
問題は、戦後における尚続く占領軍腰巾着化の罪を隠蔽するための、戦前と日本軍兵士と大東亜戦争をあしざまに言い立てる有り様だ。占領軍のお達しのままに。特に昨今は、旧日本軍冤罪捏造など、むしろ占領軍の腰巾着となった言い訳の声が大きくなっている。

サヨク「ニホングンヘイシはワルイヤツラ。センゼンはワルイ時代。占領軍様がやっつけてくださった。ボクは占領軍様に協力しただけなんだあ。」

 腐っているのは、占領が終った後すなわち今現在における、自らの醜態を↑こういった言い訳で正当化する底無しの卑劣だ。もう占領軍の犬となった罪の言い訳はやめるべきだ。戦争中はさんざん持ち上げておきならがら、占領軍という新たな主人の支配が始まると、手のひらを返したように占領軍の尻馬に乗ってワルモノと非難するクズであったという事実。今現在、更にクズぶりが肥大しているという事実。戦後日本人およびマスコミは、これをまず見つめるべきなのだ。
まさにこのクズこそがサヨクなのだ。

3 戦後という時代の帰えつである援交娘&オヤジ狩り息子

 欧米列強によるアジア植民地支配を阻止せんと戦ったことへの「謝罪と反省」を繰り返す有り様。しかもその謝罪を「勇気」などと自己陶酔する有り様。戦前については欧米列強の悪辣な侵略支配を隠蔽し、かつ日本についてはひたすら悪しきざまに書き立てでも、原爆投下占領軍の支配の開始を「占領軍様ありがとう」とぺこぺこ感謝したがる有り様。我々若者の目から見て、身の毛がよだつほど気持ち悪く情けなく恥ずかしい。こんな大人にはなりたくないね。もう底無しに卑屈だ。
ここまで徹底して情けない大人を見ていると、自分に何も誇りが持てず援助交際とかオヤジ狩りでもやりたくなる。なにしろ我々は強姦者虐殺者の子孫で、ペコペコ外国に謝罪する「勇気」をもつべき存在らしいんだから。売春や強盗など何程のもんだ。
外国土下座屈従オヤジに、援交娘&オヤジ狩り息子。この親にしてこの子あり。誇りの欠如が見事に相伝されている。以下のような経路で。

 祖国の為に命を捨てて闘った若者のいた時代(戦中)

(占領の開始)

祖国の為に命を捨てて闘った若者を占領軍に売り渡した時代。つまりいきなり手のひらを返し、占領軍の尻馬に乗ってそういう若者をグンコクシュギシャなどと吊し上げ非難した時代。占領軍から投げ与えられたチョコレート(現憲法)を拾い喜んだ時代。(占領中)

祖国の為に命を捨てて闘った若者を占領軍に売り渡した連中が、自分の占領軍の忠犬となった歴史の正当化にいそしんだ時代。祖国の為に命を捨てて闘った若者をグンブに騙された犠牲者愚か者扱いすることや、チョコレート憲法のありがたさを喧伝することなどにより。祖国の為に命を捨てて闘った若者の行為について外国にひたすら土下座した時代。(冷戦中)

上記のような底無しに卑屈で卑劣な大人を見続け、誇りを失った援助交際&オヤジ狩りの若者のいる時代。(現在)

 占領を契機に、順調に日本人の人間性が退化している。
援交娘&オヤジ狩り息子、まさに彼らこそが戦後そのものだ。無論こんな連中はサヨク同様、諸外国にも戦前の日本にも存在しない。
ギブミーチョコレートと走り回って投げ与えられたチョコレート(現憲法)を有り難がっている連中の子供が、ギブミーマネーと援助交際オヤジ狩り。見事に体質が相伝されている。彼らは戦後日本の教育、戦後日本の風潮、戦後日本の憲法そして政策が生み出した成果そのものに他ならない。
この調子でいくと、次世代にはどんなタワケた連中が出てくるんだ?

参考ページ:

参考ページ:「国際派日本人養成講座」にある「地球史探訪:終戦後の戦い」「Media Watch: 忘れさせられた事」
アメリカ占領軍による理不尽極まりない占領政策の数々が掲載されている。ポツダム宣言にすら違反する言論統制や改憲など。これに積極的に加担し、その罪を誤魔化し続けているのがサヨクマスコミなのだ。

余談:サヨクの創世神話(サヨクが祖先罵倒を好む背景) [執筆日:H12/8/12][病理:戦前罵倒] サヨクのもっとも知られた特徴の一つ戦前罵倒。GHQからのお達しそのままに「大東亜戦争はただシンリャク」と総括するなど。この件に限らずサヨクは社会主義者の昔から、ひたすら祖先罵倒祖先蔑視に終始してきた。
ひたすら罵倒をする目的は何か。相対的に引き立てたい存在があるからだ。誰を引き立てたがっているのか。要するにそれはサヨク自身なのだ。

サヨク史観の歴史書を見ると内容はおおむね↓こういうものだ。

1:労働者意識、民主主義意識の欠如した愚者。「古い因習」に疑問をいだかない愚者。及びをそういった愚者を搾取し続けた悪者。かつて日本は、そういった連中の徘徊する暗黒社会であった。
2:そこに、労働者意識、民主主義意識の高い、「古い因習」を疑問視する「目覚めた人々」が現れ、政府などに抗議や抵抗運動を行った。
3:やがて「目覚めた人々」の力などにより、日本は民主的な憲法が施行され日本は民主制社会となった。

これがサヨクの神話である。サヨク自身を、混沌と暗愚に満ちた社会に現れた救世主、賢者と信じさせてくれる神話だ。左翼全体主義体制では、まさにこういった異常な神話が学校で教えられる。革命共産政権を救世主、賢者と規定した形で。
自由主義国家のはずの日本でもほぼ同様の革命神話が、更に醜怪な形で現在学校で教えられている。占領軍を「民主主義の存在しない暗黒社会日本に民主主義を与えにきた救世主」と規定する神話だ。

我々の祖先を、「労働者意識の欠如した愚者」、「民主主義意識の欠如した愚者」、「『古い因習』に疑問をいだかない愚者」、「及びをそういった愚者を搾取し続けた悪者」のいずれかと総括する。
そのように徹底して祖先を貶めておいて、自分達を「労働者意識の高い賢者」、「民主主義意識の高い賢者」、「『古い因習』に疑問をいだく賢者」、と規定するというわけだ。
要するにサヨクがサヨクである本質的な目的は、自らをこのように規定すること自体にある。サヨク運動に参加すれば、そういう仮想世界にどっぷり浸ることができる。(筆者はその仮想世界が、単なる仮想であるという現実を突きつけているに過ぎない。)

自らを「目覚めた賢者(オウム真理教でいうステージの高い人間)」などと規定して、祖先や世間の人間より自分を一段高く置こうとする発想。新興カルト宗教の発想であり、底無しに思い上がった発想だ。
要するに人として根本的に間違っているのだ。サヨクは。社会主義者の昔から一貫して。

余談:戦後日本は虐待児童 [執筆日:H12/10/23][病理:贖罪洗脳] テレビの相談番組に、少女期から両親に虐待を受けて育った人物が出ていた。その人物は、かなり冷静に自分の心理的なありかたを分析していた。その虐待児童の境遇は、戦後日本の境遇と驚くほど一致していた。

虐待を受けた原因を自分にあると思い込む

両親によるなんら教育的な意味のない理不尽な暴力。少女はそれにより、何か自分に問題点があるのではないかとさい悩む。また両親もそのように叱責する。「おまえが悪いからだ」。ひとい目にあいすぎた少女は、何がどう悪いのかさっぱり判らないが、とにかく自分が悪いと思い込む。そしてますます自己嫌悪に陥る。悪いのは両親の方なのだが。
原爆投下や空襲など、アメリカによる理不尽極まりない虐殺暴力。その後やってきた占領軍は「おまえが悪いからだ」と叱責し、でっちあげ裁判で更に多くの日本人を虐殺する。ひとい目にあいすぎた日本人は、何がどう悪いのかさっぱり判らないが、とにかく自分が悪いと思い込む。
そして占領軍が持ってくるニホングンによるギャクサツなどの嘘事例に対して、冷静に分析し検証できなくなる。「とにかくアタシがワルイんだあ」。また、大東亜戦争の桁外れの功績に思考停止する。大東亜戦争の功績に目を向けること自体が、あたかもワルイコトであるかのように思い込みむ。「とにかくボクがワルイんだあ」。
悪いのは日本人を虐殺し支那事変を起こしたを支那であり、世界中で侵略を続け殖民地支配し日本をも支配下に置こうとした欧米列強であり、原爆を投下したアメリカなのだが。

すすんで強姦を求める

また少女の父親は義父だ。その義父から性的な行為をされ、それを嫌がったとたん義父は少女との意思疎通を断絶した。「相手にしてほしければ体を寄越せ。」ということだろう。愛に飢えた少女は、体を差し出したく思い、体だけでも愛される自分を夢想したという。こういう少女の心情を思うと、どうにもやりきれない。
軍隊の駐屯とは国家的な強姦である。敗戦後、軍備の持てない憲法と共に軍隊の駐屯という強姦をされた日本は、いまでは強姦状態を当然のように思い、すすんで強姦を求めるようになった。「相手にしてほしければ基地用地を寄越せ。」と言われ、進んで尻を高く上げ基地用地や駐屯費用を差し出し、強姦を求めるまでに。
戦前以前には日本に外国の軍隊など存在しなかった。それが普通なのだ。情けないことに、米軍の駐屯を疑問視する存在はこの日本では筆者と共産党ぐらいだ。

その少女は大人となり、自分が受けた虐待を自分の責任にする必要などないことを理解した。悪いのは虐待両親であり、少女自身ではないこと。そして、自分が罵倒と叱責の連続により精神が退嬰化していたことを認識することができた。冷静な判断力のある大人となったのだ。
一方日本は、戦後五十年以上経過しいまだに精神年齢十二歳のまま「とにかくボクがワルイんだあ」と連呼し思考停止する。占領軍から刷り込まれた叱責をいつまでもリフレインしている。
「とにかくボクがワルイんだあ」と連呼し思考停止するのはさぞや楽だろう。考えなくていい。主張しなくていい。主張すれば時に対立も生じる。対立が生じれば、対処がめんどうくさい。だから「とにかくボクがワルイんだあ」と開き直り土下座をし金をばら撒く日本政府。祖先の自尊心と子孫の資産を売り渡すという、国民にとって最悪にして政府にとって最も楽な道を日本政府は選び続けた。

悪いのは日本人虐殺事件を起こした支那であり、世界中で侵略を続け殖民地支配し日本をも支配下に置こうとした欧米列強であり、今現在日本を軍事植民地支配下においているアメリカであり、原爆を投下したアメリカなのだ。日本はその欧米列強と戦い、数百年続いた欧米列強による支配からアジア諸国を解放したのだ。
我々日本人も、この事実に目を向ける判断力のある大人となる必要がある。「とにかくボクがワルイんだあ」と思考停止する精神年齢十二歳の虐待児童から脱却しなけらばならない。

余談:戦後日本は占領軍の家畜として完成した存在(読売新聞野呂田氏更送扇動報道にみる占領軍家畜病理) [執筆日:H13/2/21][病理:戦前罵倒] 最も効果的な植民地支配とは、現地住民自身に独立をやりたくなくさせることだ。現地住民に↓このように刷り込むことができればいいわけだ。

@ 支配されるのを喜びとし当然視し常識化する。
@ 支配されない状態に不安を感じ、支配に安心を感じるようにする。
@ 誰よりもまず支配者のご機嫌を心配するようにする。

要するにこれは家畜である。

@ 支配されるのを喜びとし当然視し常識化する。

大東亜戦争で日本がアジアから欧米列強を退けるまで、全世界の有色人種の間では「白い旦那」は絶対者であり逆らってはならない存在であり絶対に勝てない存在だった。「白い旦那」の優位が有色人種の間でも常識化していた。
そういう植民地時代の腐った常識が今尚まかり通る国がある。日本だ。今現在日本では、米軍の駐屯というアメリカ植民地支配が常識化している。「白い旦那」の支配に対して誰も疑問を感じない。米軍の駐屯に疑問を感じるのは筆者と共産党ぐらいだろう。
あらためて言うまでもないが、日本は今もアメリカに軍事支配されている。軍事的に独立していないということは、国として独立していないということだ。

@ 支配されない状態に不安を感じ、支配に安心を感じるようにする。

檻を開け放っても自ら外に出たがらない家畜。家畜が家畜として完成された姿と言える。檻を開け放した途端、野性の本能から外に飛び出すようでは家畜として不完全だ。外に出ることを不安に思い、自ら進んで檻の中に留まるようになってこそ家畜である。
例えば金丸信発案の「思いやり予算」。家畜は家畜でいなくなる状況に不安を感じ、家畜管理代金を家畜自身が支払うようになった。

@ 誰よりもまず支配者のご機嫌を心配するようにする。

日本政府の目は全く日本国民に向いていない。アメリカ支那などをはじめとした外国のみに向いている。
靖国神社を参拝しない政府関係者がこれだ。「キンリンショコク」なるもののご機嫌については犬のようにおろおろ心配。祖国のために亡くなられた兵士やその遺族に対しては鬼のような冷酷さを発揮しておきながら。
支配者のご機嫌をそこねないためなら、国民の命や気持ちなど泥足で踏みつけてOKという日本政府。

つまり日本は家畜として完成した姿なのだ。
捕まえた動物が、野生の本能を失わず捕獲者を襲い逃げ出そうと虎視眈々と狙っている状態では家畜として不十分だ。野生の本能をなくして荒野での生活の術を失い、家畜としての有様を当然視し家畜状態に安らぎを覚え全く自らを家畜状態から解き放とうとしない状態になってこそ、家畜として役立つ。
荒野で生きる本能を奪われた家畜は、畜舎を開け放たれたとしても外に出る恐怖から畜舎の中に引きこもりつづけるだろう。外はコワイ、グンビはコワイ、アメリカコワイ、支那コワイと引きこもる。
日本はまさにそういう姿として完成している。

日本の国力が家畜状態からの脱却の不可能なものならば、筆者もこんな指摘をしない。今すぐにでも可能なのだ。単に、占領軍のつけた首輪(現憲法)を取り外し核武装しまともな軍隊を持つだけで家畜でなくなるのだ。そうなれば米軍を日本から追い出すことも可能だし、米国や支那などの外圧を跳ね返すこともできるのだ。

[1] 読売新聞野呂田氏更送扇動報道にみる占領軍家畜病理

世界全土を家畜化しようとした欧米列強そして支那。その支配との戦い(大東亜戦争)の成果を語ることは家畜の間でのタブーだ。家畜は主人への反抗(大東亜戦争)を、ひたすら『過ち』と総括し『反省するべき』と連呼する。
そこに家畜タブーを正面から話す人物(野呂田氏)が出た。そのとたんに家畜は家畜の従属本能を全開にして、てんやわんやの大騒動を始めた。

家畜A「ご主人様(キンリンショコク)がお怒りじゃあ。」
家畜B「ご主人様、お許しをおおおおお。ご主人様との戦いを評価するなどは、一部の不埒者なんですうう。我々はご主人様に逆らった事を『過ち』と反省しておりましゅううう。」
家畜C「ご主人様に逆らう愚か者は、やめさせろおおお。」
家畜D「ご主人様ああ。ご主人様との戦いを『美化』する者がおりますう。どうかどうか天罰を与えて下せええ。」
家畜E「不埒者が『大東亜戦争』などという言葉を使っておりますうう。ご主人様(占領軍)が『太平洋戦争』と言い換えるようにご指示下さったのにいい。」

家畜国家日本の本領発揮だ。大東亜戦争によってもたらされた東亜解放という功績を語ること、考えることをタブーとし思考停止する完璧なる家畜の群。更に語ろうとし思考しようとする人間が出たなら目を血走らせて狂気的な吊るし上げで潰そうとする家畜の群。
要するに占領軍の洗脳支配とは日本人を↑こういう状態にすることにあった。日本人が家畜状態からの脱却を評価したり企んだりする行為を、日本人自身に潰させるように刷り込むことにあった。家畜からの脱却を家畜自身に阻止させようというわけだ。
欧米列強の全アジア家畜化阻止を目指した戦いについて、日本人自身に否定させるようにする。つまり家畜状態を疑問視し脱却をはかろうとする闘争を日本人自身に否定させ、家畜状態の永続を当然視するようにすること。ここに占領軍の意図があったのだ。
読売新聞と野党の狂乱ぶりを見ていると、占領軍の意図は大成功をおさめていると改めて感じる。

[2] 家畜筆頭民主党鳩山由紀夫氏

平成十三年三月の支那韓国教科書いちゃもん騒動のおり、民主党鳩山氏はわざわざ支那に出向いて支那政府当局の反日プロパに唱和した。以下のような論旨で。

民主党鳩山氏「支那政府様ああ、教科書上で『日本軍を美化』するようなことがあってはならないですよね、ね、ね。ほうらほうら支那政府様もお怒りじゃあ。」

「教科書上で日本軍を美化するようなことがあってはならない。」

という朝日や民主党鳩山氏の発想。これを翻訳すると、

「教科書上で日本軍は醜怪に描写するべきだ。」

となる。もっと端的に訳すると、

「日本軍に従軍した我々国民の祖先は醜怪な連中だ。」

となる。
祖国のために日本軍に志願し戦死された兵士の遺族の方々や、片輪となった兵士の方々にしてみれば、身震いするほど腹立たしい言い草に違いない。普通の国では、政治家がこんな発言をすれば間違いなく失脚する。
外国政府による自国兵士への狂気的な罵倒。わざわざその外国を訪れその罵倒に賛同し加担する政治家、鳩山氏。こんな狂った政治家が国会第二政党党首である国家は、日本以外地球上に存在するまい。
特攻隊に志願し祖国のために死亡した国民に対する民主党党首鳩山氏の仕打ちがこれだ。まかり間違ってもこの男を自衛隊の最高指揮者である内閣総理大臣にするべきでない。この男は自分が指揮をして自衛隊員が殉職した時、関係機関に「死亡した自衛隊員を美化するようなことがあってはならない。(醜怪に描写するべきだ)」と、ぬけぬけとほざくだろう。

外国政府のご機嫌をうかがいに馳せ参じ外国政府による日本軍罵倒に加担した時点で、鳩山氏のみならず民主党は日本国民を代表する政党ではないことを自白した。日本の政界にこんな政党はいらない。共産支那の使い走りは社民党だけで十分だ。

4 日本の家畜化を予見し絶望して自決した三島由紀夫氏

 こうして日本のおかれている現実を冷静に認識すると絶望的な気分になる。戦後間もなく比較的早い段階で、今現在のこの絶望的な家畜ぶりを予見し、こうならないよう警告した男がいる。三島由紀夫氏だ。三島氏は、市谷駐屯地で、まともな憲法にしまともな軍備をもつ必要性を訴えた。それをやらないと将来目も当てられないほどひどい奴隷国家になってしまう。しかしほとんど賛同者はなく、将来日本が家畜国家に向かってひた走る姿がありありと見え、彼は日本に絶望し自決した。
その後日本は、外国製憲法をあがめまともな軍備も持たずそのためアメリカの軍事植民地支配が続き、支那への膨大な金額の朝貢を開始し、教科書上にはおぞましい反日記述で埋め尽くされ、政治家は外国政府の発する日本軍罵倒にわざわざ外国に出向いて唱和し、徴兵した政府が徴兵され殉国された兵士に何一つ感謝すらせず、支那米国のご機嫌気持利益をおろおろ心配するようになり、外国のご機嫌をそこねないためには国民の気持利益をいくらでも踏みにじるようになり、家畜筆頭金丸の活躍により家畜管理代金(思いやり予算)を家畜自身が支払うようになった。日本は経済的な成長に反比例して、目も当てられない絶望的で腐った国家に変貌していった。
この有様が予見されれば死にたくなるのが普通だろう。人並の誇りがあれば。

 ただ筆者は死ぬつもりはない。
三島氏は鋭い先見性を持っている上、感受性が豊かで傷つきやすくそして生真面目であった。よって絶望的な国に生きる意味無しと判断し自決した。
一方筆者は三島氏より、はるかに感受性が愚鈍で更に不真面目である。三島氏は将来この国に汚らしいシロモノが更に満ち満ちてくるであろう現実に耐え切れず死亡したが、筆者はむしろ汚らしいシロモノの相手を好んで趣味にするほどに愚鈍である。またわが国を貶めようとする不真面目極まりない相手に対しては、徹底して茶化し切る不真面目さもある。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


サヨクの戦前罵倒は、占領軍の忠犬となって働いた罪の言い訳 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です