冷戦下の左翼


[執筆対象:GHQマッカーサー][発生日:H-88//][病理:贖罪洗脳]

1 アメリカ占領軍による洗脳政策

 大東亜戦争後の左翼にふれる前に、左翼に強大な影響を及ぼしサヨクに退化させた元凶とも言うべきアメリカ占領軍について記す。

 大東亜戦争後、アメリカ占領軍は恐るべき言論弾圧と、多くの人々をでっちあげの裁判で殺す日本史上かつてないような恐怖政治を行った。民主主義を与えるとプロパカンダしつつ。再び日本が軍事的にアメリカに比肩する軍事力を持つ大国となることを抑制するためだ。
以下にアメリカ占領軍が行った虐殺恐怖政治の数々を列記する。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

(1)憲法の投下

 欧米が何世紀も行ってきた侵略植民地政策。それは現地住民に軍備を持たせず愚民化し、現地に軍隊を駐屯し支配するというものである。現地住民に軍隊を持たせると宗主国への反乱の可能性が出てくる。占領軍は、そういう欧米列強の植民地政策をマニュアル化し、軍備放棄条項(第九条)のある憲法を急ごしらえして日本に押し付けた。
占領軍が被占領国に憲法を制定するなどという暴挙。世界のいかなる時代のいかなる場所においても、こんなひどい暴挙の例を筆者はこれ以外に知らない。悪辣さにおいて原爆投下に匹敵するものだ。

(2)徹底した言論弾圧を行い、占領軍の傀儡となったマスコミにより日本人を洗脳

 全日本マスコミを検閲し言論の自由を封じ、「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という図式の洗脳を徹底して行った。

(3)教育機関の統制

 占領政策に従わない教員を学校現場から放逐し、占領軍の手先となって働く教員を優遇。これにより、日本の学校現場は「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という図式を日本の師弟に刷り込むアメリカ占領軍御用達教員ばかりになる。

(4)日本政府首脳の吊し上げ裁判と冤罪による虐殺

 東京裁判のこと。アメリカなど戦勝国は、支那の共産党のように「旧政権のワルモノ」を仕立て上げ吊し上げる裁判を行った。これにより多くの人々が戦犯の汚名を着て殺された。戦勝国はその裁判の中で「南京大虐殺」など様々な日本軍の蛮行を捏造した。

(5)ウオー、ギルト、インフォメーション、プログラム

 アメリカ占領軍は原爆投下など自国の軍事犯罪をごまかすため、ウオー、ギルト、インフォメーション、プログラムというものを開始する。全マスコミを統制管理することにより、日本の戦争犯罪をでっちあげ、贖罪意識を日本人の植え付けるプログラムである。上記の「南京大虐殺」捏造もその一環である。

 「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という宣伝。世界のあらゆる時代のあらゆる外国占領軍が行ってきたおなじみの「解放軍」宣伝だ。支那が行ったチベット侵略も、支那政府当局及びその腰巾着である日本のサヨクによると「解放」らしい。
こんな宣伝を丸ごと信じるヤツはほとんど馬鹿である。
戦前にも選挙はあった。それも現在と同じ、完全な秘密選挙(投票者が誰に投票したのかわからないように配慮した選挙)である。選挙をもって代表者を選ぶのが民主制である。日本は間違いなく戦前も民主国家だったのだ。
ただ、女には投票権は無かった。しかし、当時女に選挙権があった国はナチスドイツなどごく一部である。例えばスイスなどでは女に選挙権が与えられたのは、西暦1970年代になってからである。更にアメリカでは当時黒人には選挙権は無かった。民主主義を与えるどころか、アメリカ自体がまともな民主国家ではなかったのだ。
また、ワルモノはまぎれもなくアメリカ軍である。原子爆弾の投下は現在、軍事的な意味以前に、単なる人体実験であることが知られている。これほどひどい大量虐殺は歴史上あっただろうか。

 アメリカ自身もこんな馬鹿げた洗脳や憲法が長続きするはずがないと思っていたようだ。日本全土で空襲を行い原子爆弾を投下するような歴史上かつてない程の大量虐殺を行ったアメリカを、「民主主義を与えに来た解放軍」と単純に信奉するほど馬鹿な国民であるはずがないと思ったのだ。無理もないことだ。ゼロ戦など高度な戦闘機や、酸素魚雷など超ハイテク兵器、戦艦大和など造船技術の粋とでも言うべき超強力攻撃マシーンを作り上げた日本、何より大東亜の解放を夢見て勇敢に戦った高潔な日本軍兵士を目の当たりにしてきたのだから。まさか、そんな愚鈍であるはずがない。
しかし、このアメリカの予想は間違いだった。まさに、日本人は「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という図式をいつまでも単純に信奉する馬鹿な国民だったのだ。戦後日本人は。

 これらの占領政策はアメリカが予測した以上に効果を上げた。

2 アメリカ占領軍による洗脳政策がもたらしたもの

 上記の占領政策の結果、以下のような効果が日本にもたらされた。

(1)憲法の投下がもたらした効果

 アメリカ軍駐屯永続のために投下した憲法第九条に、異様な忠誠心を発揮する政治集団が現れる。旧社会党や共産党など、俗に護憲勢力という連中だ。連中は、憲法第九条にある軍備放棄条項が、日本の軍事力弱体化とそれによるソ連や支那の相対的軍事力強化に有効である点に着目したのだ。
これにより憲法は硬直し時代に応じた改憲ができなくなった。そのあげく、現在では世界で最も古い憲法に成り果てた。世界中の国々では時代時代の人々からの需要に応じて、次々改憲されているのだ。

(2)徹底した言論弾圧によるマスコミ統制がもたらした効果

 占領軍によるマスコミ統制により、マスコミ各社は「一億玉砕」から「アメリカの民主主義を見習おう」に突然に豹変する。「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という占領軍の宣伝に積極的に加担した。
そうしたマスコミ各社は、アメリカ軍による占領終了後にも相変わらず占領軍の奴隷根性が抜けきらなかった。連中はアメリカ様に解放していただいた「戦後」という時代を徹底して礼賛した。逆に「戦前」という時代を歪曲し悪しきざまに書き立てた。次々と嘘に嘘を塗り固めていった。全ては、積極的に占領軍の犬となって働いた罪の歴史を正当化するためである。

(3)教育機関の統制がもたらした効果

 「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」という宣伝に、教師もまた積極機に占領軍の手先となって加担した。彼らは社会党や共産党の力を借りて徒党を組み、日教組や全教となる。マスコミ同様、連中は占領軍の手先となって働いた罪の歴史を正当化するため、「戦前」という時代を歪曲し悪しきざまに教育し続けた。

(4)日本政府首脳の吊し上げ裁判がもたらした効果

 「旧日本政府=非民主的なワルモノ政府、アメリカ占領軍=民主主義を与えに来た解放軍」というイメージの固定化に成功。やがてアメリカ占領軍によるお裁き(東京裁判)にかしずき、こうべをたれる日本人が生まれる。例えば、東京裁判により「戦犯」と規定された人間を、アメリカの尻馬に乗って吊し上げる日本人だ。

(5)ウオー、ギルト、インフォメーション、プログラムがもたらした効果

 「南京大虐殺」などアメリカ占領軍などが捏造した宣伝を盲信する日本人が生まれる。日本政府に謝罪と反省をさせたがり、土下座させたがる屈折したSM病理に侵された日本人が生まれる。

 これら占領政策の結果現れたこういった様々な狂った集団。これらをサヨクと言う。

参考ページ:W.G.I.P.

 戦後日本とは何かを考察するにあたって、最も重要で根幹的な問題であるウオー、ギルト、インフォメーション、プログラムについて記している。W.G.I.P.の醜怪な実態については解っていない点は今なお多い。これからも研究調査が必要だろう。

参考ページ:ジラード事件

 占領軍統治下におけるアメリカ占領軍による殺戮が記されている。これが占領軍&サヨクの言う(司法の)「民主化」である。こういう真の暗黒時代を隠蔽した「戦前暗黒史観」を流布するのがサヨクだ。

余談:戦前の日本は民主国家 [執筆日:H12/1/16][病理:戦前罵倒] 戦前を民主国家などというと、弾圧があったとか翼賛選挙だったから民主国家とは言えないなどという人がでてくる。戦前は軍国主義国家であり、戦後アメリカ(占領軍)から民主主義を与えられたという占領以来から続くプロパを信じる人も多い。
全く間違っている。民主主義の意味を全く解っていないのかも知れない。我々はそろそろ占領時のマインドコントロールから脱却する知性を持たねばならない。

1: 民主主義とは

民主主義と、弾圧のあるなしや翼賛選挙であるなしとは直接無関係だ。民主主義とは、民意にもとずく政治形態を言う。例えば民衆が、特定の人間への弾圧を求めることはありうる。例えば、我々は人殺しや泥棒に対する拘留や処罰(すなわち当局による弾圧)を肯定する。人殺しや泥棒に当局が一切関知すべきでなく、放置すべきだと誰も考えない。民衆が弾圧を求めたにもかかわらず、当局が弾圧を行わないとすれば民意に反するということであり、それは非民主的といえる。
もう一度書くが、民主主義とは民意にもとずく政治形態を言う。つまり、民主主義国かどうかは、政治の内容でなく政治体制(秘密選挙で代表者が選ばれるかどうかなど)で決まるのだ。また、選挙をもって民意を反映する社会体制の国を民主主義国というのだ。

中には腐った民主制というものもある。社会主義国の民主制である。こういった国では秘密選挙は保証されない。候補者は常に共産党推薦の候補一人であり、その一人に投票したかどうか完全に当局から監視される。
腐って食べられないりんごをりんごというなら、民意の反映という民主制本来の目的を成さない社会主義国の民主制もまた民主制といえよう。

2: 「アメリカに民主主義を与えられた」は嘘

「日本の戦前は非民主的な社会で、戦後アメリカに民主主義を与えられた」と信じる人は多い。教育現場などでは、占領以来一貫してこのように教えられてきた。とんでもない嘘である。
そもそも戦前は民主主義社会であった。現在の支那など社会主義体制などと異なり、完全な秘密選挙が行われていたからだ(ただし成人男子のみ)。例えば大東亜戦争は圧倒的な民意の支持を受けて開始された戦争なのだ。
政府批判の自由もあった。マスコミを含み多くの人々は政府を批判しまくっていた。朝日新聞などは政府の弱腰を徹底して批判しまくっている。一部制限はあった。制限されたのは政府批判ではなく、根本的に国体を破壊させる言動(例えば共産主義暴力革命思想)である。

むろん現在は成人男女に選挙権立候補権があり、根本的に国体を破壊させる言動すら許容される社会体制である。これらは占領政策後に施行されている。これらをもって「民主主義を与えられた」と言い切るのはどう見ても無理がある。戦前の人々をあまりにも愚弄する思い上がった言い草である。
また戦前と比べて民主主義が退行している部分もある。日教組や日弁連など、民意に制御されない官僚系圧力組織が、政策その他に強力に介入している所だ。
正確に言うのなら「日本は戦前も民主主義社会であったが、アメリカ占領軍により補正された。」あたりが妥当であろう。

更にアメリカの占領政策そのものが極めて非民主的であった。
そもそも、当時日本の最高権力者であったマッカーサ自体が、全く日本人からの選挙で選ばれていない(占領軍だから当然であるが)。おまけに徹底した言論統制がしかれ日本国民はアメリカ占領軍を批判する自由など全く無かった。更に旧政権を政策的理由から吊し上げる裁判(東京裁判)という、普通の民主社会ではありえない狂行に及んでいる。こういうマネ(旧政権吊し上げ裁判)をするのは支那など極めて非民主的な社会体制にしか見られないことだ。
おまけに当時アメリカでは黒人に選挙権は無かった。アメリカ自体がまともな民主国家ではなかったのだ。

「日本の戦前は非民主的な社会で、戦後アメリカに民主主義を与えられた」は完全な嘘なのである。

参考ページ:国際派日本人養成講座にある国柄探訪:日本の民主主義は輸入品か?

 文化的観点から日本の民主主義の原点を論じている。

 

3: 戦前は軍国主義国家であり、戦後は民主主義国家という対比も嘘

軍国主義と民主主義は相対さない。両立しうる。この条件を対比としてとらえることはそもそも無意味である。言葉を正しく捕らえる必要がある。
軍国主義の定義が不明瞭だが積極的に軍備を整えようという主義主張を軍国主義と言うのであるなら、戦前の日本は軍国主義と言いうる。また今現在世界に存在する全ての国も軍国主義ということになる。

@ 軍国主義:積極的に軍備を整えようという主義主張
@ 民主主義:民意により政治を行おうという主義主張

上記条件は両立しうる。民意が積極的に軍備を整えようという主義主張であった場合である。そして戦前はまぎれもなくそうであった。

余談:映画「プライド・運命の瞬間」について [病理:戦前罵倒] アメリカなど戦勝国が大東亜戦争後に、日本側指導部吊し上げのために行ったという東京裁判。主に、その裁判でA級戦犯と烙印を押され絞首刑にされた内閣総理大臣東条英樹という人間に焦点をあてた映画「プライド・運命の瞬間」を見た。
筆者には流行っているモノには静観するという気質があるため、上映時は観なかった。最近(平成十一年九月)になってようやくビデオ屋で借りて観た。
上映にあたって支那政府やその走狗となったサヨクがさんざん嫌がらせをしていたことから、なんらかのプロパカンダ臭があるものかと思っていた。観てみると、プロパカンダうんぬんという映画でない。内閣総理大臣東条英樹という人間の苦悩や葛藤など人物像に焦点をあてた内容だった。

観てみると、とにかく大東亜戦争を戦った指導部から兵士に至るまで、当時の日本人が高潔であったということを実感する。日本の指導部を吊し上げて死刑を宣告するための長い茶番の裁判。その数年にわたる裁判の間、戦犯と烙印を押された人々は全く取り乱さない。自らが死ぬことが確定している中、我々子孫に禍根を残さないために堂々と主張する。とにかくかっこいい。
日本の指導者はワルモノだという占領軍による宣伝。言論統制下にある日本国民はそれを信じており、東条に味方しない。そんな中、自分自身への何の見返りもないのに、占領国側のみならず日本国民からも罵声を浴びながらただひとり祖国日本のために東京裁判で戦う。

我々の祖先はあまりに高潔だった。サムライである。その子孫である我々はここまで高潔になれるか?彼らの十分の一程度でも。

敗戦後の風景や裁判所などの映像が実にリアリティのある仕上がりになっている。東条英樹役やその妻役、戦勝国側判事役その他脇役に至るまで全ての役者の演技もいい。音楽も壮大で美しい。
日本でここまで優れた映画を作れるとは。日本人としてのプライドが沸いてくる内容だ。

3 占領軍の支配が始まると突然占領軍の犬に寝返った連中

 常に風向きに迎合するかつて大東亜戦争を煽った公共媒体や政治家や一部国民は、占領軍の支配が始まると突然占領軍の犬に寝返った。原子爆弾を投下し空襲を行い非戦闘員である日本人を数百万人虐殺したアメリカ占領軍の犬に。彼らは占領軍の肩越しに他の日本人を吊し上げ、占領軍が行う虐殺や憲法投下に加担した。
こういう占領軍の犬癖は日本の保革両翼に受け継がれている。ただ、保守側の犬には或程度の酌量の余地がある。現在のように日本にまともな軍隊の無い状態では、アメリカの犬とならなければ共産主義国家の餌食となる運命であるがゆえ。
逆に全く酌量の余地が無いのが左翼の犬だ。
占領軍から投げ与えられたチョコレート(憲法)を今なお口にくわえた左翼の忠犬は、占領軍のお達しのままに戦前を悪しきざまに暗黒時代と吠え立て、占領軍のお達しのままに憲法を賛美し、占領軍のお達しのままに占領軍から民主主義を与えられたと戦後を賛美し、占領軍のお達しのままに日本軍兵士の方々を毀損し、占領軍のお達しのままに大東亜戦争を単なる侵略と総括し、占領軍のお達しのままに我々の祖先を「グンブに騙された愚者」「騙した悪人」と決め付ける。
これら占領軍から刷り込まれた条件反射を今なお繰り返すパブロフの犬。「キンリンショコクのリカイが得られないいい」などと騒ぎ立て、占領軍や外国のムチを怖がる犬癖がこびりついた連中。そういった連中がいまなお大量に存在する。サヨクである。

 終戦は、日本の軍事力弱体化による暴力革命を夢見る集団を野に放った。旧日本社会党であり、日本共産党などである。彼らの下部組織とでもいうべき日教組や、シンパシーを持つ朝日新聞などは、アメリカ占領軍の尻馬に乗ってこういった政治宣伝を開始した。

* 日本軍は悪の軍隊である。
* 我々日本人は軍隊を管理できない劣等民族である。アメリカ様が与えてくれた平和憲法に未来永劫忠誠をつくそう。
* アメリカの民主主義を見習おう。

 そしておまけに

* ソ連や支那、北朝鮮は労働者の楽園だ。その国の軍隊は労働者を救う正義の軍隊だ。

 無論、この宣伝の目的はソ連や支那、北朝鮮の相対的軍事力強化である。その後、「ソ連や支那、北朝鮮にある軍隊は労働者を救う正義の軍隊だ。」という主張は、あまりいわなくなる。あまりの馬鹿らしさから大衆に受け入れられないのと、平和運動という策謀形態を行う都合上の論理的不整合があまりにもあらわになるからである。
やがて下記の主張が左翼の主張となる。

4 反米に転向しだした左翼の主張

* 日本軍は悪の軍隊である。自衛隊も同様だ。
* 日本の軍事力補完を行っているアメリカの軍隊も悪の軍隊だ。
* 我々日本人は軍隊を管理できない劣等民族である。アメリカ様が与えてくれた平和憲法に未来永劫忠誠をつくそう。

 左翼は、支那、北朝鮮については直接軍隊を礼賛するのでなく、イメージ的な支援プロパカンダを行う形に変更した。支那政府が数千万人以上の国民を殺したと言われる文化大革命を礼賛し、その虐殺革命の犠牲者を旧日本軍の仕業にすり替えた「南京大虐殺」などの反日宣伝を無批判にたれ流すなど。ちなみに、これらの主張は現在のサヨクとほぼ同じである。
また、日本軍事力弱体化のため、米軍の駐屯についてはサヨクは「アメリカに見習おう」からアンポハンタイに転向する

 しかし、こういった懸命な左翼の宣伝にもかかわらず、相変わらず自衛隊は存在し米軍は駐屯を続けた。そのおかげで、ついにソ連や支那からの対日侵略戦争は起きなかった。やがてソ連は崩壊し、東欧諸国は社会主義から解放され、支那政府は社会主義を実質放棄し、北朝鮮は飢餓国家となった。
冷戦は左翼の敗北で終戦を迎えた。
日本には、左翼がたれ流した反日プロパカンダという冷戦の汚物のみが残った。冷戦の深い爪痕である。

余談:左翼をサヨクに退化させた要因の一つは愚鈍な有権者 [病理:戦前罵倒] かつて民社党という政党があった。
旧社会党(現社民党)にあるあまりにひどい無責任な現状や、あからさまな支那や北朝鮮などへの迎合ぶりに呆れ果てた社会党有志が、社会党から離脱してできたのが民社党だ。かつて自民党の汚職体質を批判する自民党有志が自民党を離脱し、新自由クラブを結成したのと同じ構図である。
民社党は弱小政党ながら福祉政策などを積極的に政府に提言するなどし、現在の日本の社会保障制度の確立に貢献した。ナンデモハンタイ社会党とは異なり、影の内閣を組織し、具体的に提言を行う責任政党を目指した。
しかしながら、選挙における得票数は一貫して減りつづけた。一方、社会党は伸びたり縮んだりを繰り返した。(最後には与党に組しほぼ瓦解したが。)

なぜ民社党の得票数が減ったのか。それは民社党は反自民票を取り込み切れなかったからだ。反自民系の有権者にとり、社会党のほうが反自民というカラーが鮮明だったのだ。なぜ、このように見えたのか。
それは社会党が無責任な放言に終始してきたからだ。ひたすら無責任な放言により与党と対決すれば、確かに与党と戦っているかのような図式になる。一方、国民の利益を考えて是々非々で与党と付き合えば、与党と戦っているかのような図式にならない。

民社党の大内委員長が、テレビ演説で民社党が票を得ないというのは、どう考えてもおかしいという主旨で嘆いていたのを見たことがある。本音だろう。まさにどう考えてもおかしい。国民の利益を考え誠実に政策に取り組むほど民社党の票が減り、全く不誠実な放言に終始してきた社会党が得票を減らさないのだから。泣きたくなるに違いない。

つまり、野党は政治に不誠実であるほど票を得て、誠実に取り組むほど票が減るという馬鹿げた現状になっているのだ。これでは、ある意味社会党も酌量の余地がある。誠実に政治に取り組めば、票が減るのだ。リップサービスばかりの無責任な放言に終始するのも当たり前だ。

そして社会党もまた、政権参加のため自衛隊合憲、国旗国歌容認など責任政党になると一挙に得票数を落とした。山は動いたのだ。その結果、反自民票のいくつかがいよいよ共産党に流れるようになった。結局社会党は、抵抗政党としての価値しか認められていなかったのだ。

不誠実であるほど得をする構図。なさけない話だ。民主制における最悪の構図だ。

要は、一部有権者の反自民などというスタンスが腐っているのだ。何にハンタイするのかではなく、何に賛成するのかが重要なのだ。自民党が嫌だからと言って、共産党みたいな独善独裁弾圧粛正隠蔽政党に投票してどうする。日ごろ食べているものがまずいからと言って、大便を食べるようなマネだ。どてらいにも程がある。
左翼をサヨクに退化させた要因の一つは愚鈍な有権者にあるのだ。とはいえ、マスコミが愚鈍な政治宣伝をするので有権者が愚鈍になるのも無理も無いのだが。

野党となった社民党も、最近再び国旗国歌ハンタイに反動した。かつての夢をもう一度というわけだ。これが得票増大に有効な戦略であるという点が、なんともなさけない。

「野党はサヨクとなってハンタイハンタイの無責任で不誠実であるほど、票が伸びる。」

これが日本の戦後政治なのだ。結局、戦後日本人に無責任で不誠実な人間が多いのだろう。

余談:サヨクによる反日宣伝とアメリカによる反日宣伝の類似 [執筆対象:GHQ][病理:戦前罵倒] サヨクの主張の興味深い特徴は、アメリカによる日本人に贖罪意識を植え付けるためのウオー、ギルト、インフォメーション、プログラムときわめて似ていることだ。アメリカ軍批判の部分以外はほぼ同じである。それは、左翼とアメリカによる反日宣伝の目的が同じだからだ。その目的とはなにか。

* アメリカの目的:日本人に贖罪意識を植え付ける→日本の軍事力を弱体化する→米軍駐屯の永続→アジアにおけるアメリカの軍事的影響力を強化する
* サヨクの目的:日本人に贖罪意識を植え付ける→日本の軍事力を弱体化する→アジアにおける旧ソ連や支那の軍事的影響力を相対的に強化する→ソ連や支那による対日侵略戦争を起こさせる→戦争に乗じた革命に転化

戦後50年以上経過した今なお、ウオー、ギルト、インフォメーション、プログラムにより洗脳されているのがサヨクなのだ。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


冷戦下の左翼 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です