【地方議会①】赤旗送り状


地方自治体における政党機関紙「しんぶん赤旗」の勧誘・
配布・販売に関する調査協力のお願い

議長・議員の皆様へ
 拝啓、春暖の頃、貴議会におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。私は福岡県行橋(ゆくはし)市議会議員の小坪慎也と申します。突然の陳情の送付、大変失礼いたします。本来、持参すべきところ郵送での対応、申し訳ございません。無作法ではございますが、何卒ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。

<送付物一覧>
1 ・送り状
2 ・陳情書①
   「~自治体独自での実態調査及び是正を求める陳情」
3 ・陳情書② +決議文案
   「~実態調査を要請する決議を求める陳情」
付録・経過報告書

二種類の陳情書の意図 ~ 各議会の独自性
 陳情書①②共にほぼ同様の構成となっております。陳情書①(~自治体独自での実態調査及び是正を求める陳情)では、自治体独自での調査、是正を求める内容となっております。陳情書②(~実態調査を要請する決議を求める陳情)は、地方自治法第99条に基づき、国に対して要請するよう決議を求める内容となっております。
 本来であれば、自治体の自治権で帰結できる内容ですから、陳情書①のみで済ませるべきというご指摘も頂くやもしれません。これは、陳情の処理方法の議会ごとの違いを懸念したためであります。議会によっては委員会内での回覧で済ませる場合もあり、全ての議員にお読み頂けない場合が想定されました。議会での決議を求める内容であれば、本会議時に資料として議席に配布される自治体がほとんどかと思います。そのため、陳情書②を作成させて頂きました。
 また、諸先輩方におかれましては不要やもしれませんが、陳情書②においては僭越ながら「決議文案」も添付させて頂いております。議会ごとの独自性もございますので、あくまで試案としてお役だて頂ければ幸いです。

決議の重み ~ 地方自治法第99条
 本件は多くの自治体においては同様の事態があったと聞き及んでおりますが、その規模や情勢は不明であります。なぜなら調査が行われていないためです。その観点から申せば、所管省庁に指示を出させ全国的にやる必要があると考えています。その際に、地方自治法第99条に基づく決議は非常に重たく、地方自治体・各議会が手を携え共闘していく姿こそが国家の舵取りに影響を与えうると固く信じるものであります。
 その上で、自治体の自治権で事足りる話に対し、国からの是正を要請するとは何事かという批判があるかと思いますが、その点は甘んじてお受けしたく思います。申し訳ございません。本陳情書は、1700以上に及ぶ全ての市町村議会、及び都道府県議会に発送させて頂きました。各議会の住所を手作業で入力する中、ミス等もあるやも知れません。甚だ不躾かと思いますが、一期生新人の、一市議会議員が情報発信し、皆様にご挨拶させて頂くにはこれより他、手段がございませんでした。重ねて無作法、お詫び申し上げます。
 貴議会におかれましては、議長をはじめ議員の皆様の益々のご繁栄とご健勝をお祈り申し上げます。お手数ではございますが、議会での回覧及び検討を重ねてお願い申し上げます。

行橋市議会議員 小坪慎也


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です