サヨク全般に関する皆様のご意見:3


 扶桑社の教科書を買って読んだ。普通の教科書だった。そりゃそうだ、検定を通ってるんだもの。
何でそんなに騒ぐんだ?検定前の内容がケシカランからか?じゃ、検定って何なんだ?
右翼的思想?の持ち主が執筆しているから?じゃ、左翼的思想の持ち主が執筆した物なら良い?そんなバカな!
近隣諸国の感情に配慮?おいおい中韓、おまえらも我々の感情に配慮して執筆してくんねーかなー。結構好き勝手に都合よく書いてるくせに。そりゃ主権国家だもんな(笑)。

◇筆者コメント:
政府は支那や韓国に対して、おっしゃるような普通の国民感情にもとづく毅然とした対応をして欲しいものです。単に再検定できないと言うだけでなく、明確に内政干渉だと抗議するべきだと思います。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

 中国や朝鮮、日本の左翼どもがギャースカ喚き散らしている歴史教科書修正問題。僕は修正には賛成する方だ。ニュースなんかからそういう話が流れると「アホかテメーら」と口に出している。
他国が歴史を再認識すると言った途端に喚き散らす。一体、どういう考えがあればそんなことが可能なのか。中国や朝鮮がそうやって喚き散らすのは、自国の歴史を見ていない証拠と僕は捉えている。
だいたい「侵略した事実を正当化するな」とか何とか言っているが、先にアジアを侵略、植民地化したのは欧米だ。中国にもつい最近まで植民地があった。その事実がすっぽり抜けている。
だが、中国は文化大革命に代表されるように大虐殺を平気でやる国だ。天安門事件もそうだ。んな殺人大国が他国の教科書に口挟む権利は無い上、初めから口を出すな!!

◇筆者コメント:
支那は、つい最近ではなく今現在ウイグルやチベットや満州を植民地支配しています。朝鮮北部にある朝鮮人自治区もです。支離滅裂なことに、韓国はその支那と一緒になって、五十年以上昔の三十五年間の併合をネタに日本にいいがかりをつけてきています。今現在朝鮮北部を植民地支配している支那と一緒にです。支那の底なしの図々しさはもとよりですが、朝鮮の屈折した異常性には寒気すら覚えます。
戦後の日本政府は、自国国民相手となると底なしに強気に気持ちや生命財産を踏みにじってきましたが、支那など外国が相手となるとヘロヘロに譲歩し貢ぎ媚びへつらってきました。自国国民兵士の眠る靖国神社をシカトしてでも、支那のご機嫌を大切にするなど。そういった実績から、サヨクは外圧を呼び込んで内政を意のままに操る手法を得意としてきました。
日本をまともな軍備のある外圧に屈しない政体にするべきだと思います。

 以前から酷いとは思っていましたが、サヨクの害悪がここまでとは…。支那の李鵬が「後二十年もしたら日本は無くなっている」などど言いさらしたそうですが、本当にそうなってしまいそうで非常に心配です。我が祖国は徐々にカタストロフィに向かっているのでしょうか…?

 サバイバルゲームと呼ばれる戦争ゴッコのチームを創設していた私は、とりあえず6ヶ月間、北海道に居住する友人にリーダーになってもらい、チームを設立した。本拠地は北海道である。
チーム本格始動を夏休みとして(設立時は2月)、メンバー調達をはじめた。北海道は金銭面でも遠いので、隊長が現地の友人を何人か紹介してくれた。なんと、これがサヨクだったのである。幼稚園からの友人であった彼も実はサヨクであり、私はこれには気づかなかった。最初に気づいたのは、2月中旬に受信したメールであった。「森よ辞職しろ」と。
さらに、「○○○(チーム名)マンシェー!」と叫ぶようなこともあった。「マンシェー」とは、朝鮮語で「万歳」である。彼も学校で洗脳を受けたようだ。
おまけに、ベトナム戦再現チームにするといったら「ベトコン(ベトナム・コミュニスト)にする」と言った。共産というものに引きずられたのだろう。
現に東北・北海道で社民党、アカ党、公明などの反政府な連中が「平和」「人権」「平等」などをエサに民衆の影響を呼んでいる。実になげかわしい・・・・・・・
彼らは共産主義は国を滅ぼすものだと思っていないのであろう。

 何よりもまず国内の反日勢力に心の底からの深い怒りを感ずる。

 この製作力にはほとほと感心する。
しかし、小生もある会にて活動をしているが、最近正直な気持ち諦めている。もうこの国はサヨクに敗北したのだ。それでいい。結局、教育、文化、経済・・・、全ては健全なる国民の姿勢の上に立脚するのだ。それがサヨクによって崩壊させられた。
ただし要諦は、帰結すべき悲劇はサヨクをも巻き込む、と言うことだ。クソガキに暴行されるセンコーはその典型だ。自信も誇りも喪失した国民が、活況ある経済社会を創造できるわけがない。リストラ、失業、転職、収入激減、自殺。それらの中には、絶対にサヨク人も含まれているのだ。これが民主主義国家「日本」の進むべき道なのだろう。

◇筆者コメント:
光明はまだあると考えます。サヨク問題とは究極はサヨクマスメディアの問題。そのマスメディアはネットの普及でこれからますます相対的な価値と需要の低下を起こすでしょう。
リストラされているのは民間人であって、むしろ公教育では教室あたりの生徒数削減などの政策により、サヨク教師はリストラ、失業、転職、収入激減をきっちり回避しています。こういうご時世にろくでもない話です。
これからは逆に高速ネットによる遠隔授業などを導入し、教員一人あたりに教育可能な生徒数を増やし教育の効率化を図るべきだと思います。無能な教師を温存する現在のろくでもない構造を改革するべきだと思います。

 いつもテレビや新聞を見ていて、歯切れのワルさや片寄った考え方を押し付ける姿勢にはむかついていましたが、貴ウェブを拝見しましてスカッとしました。
いつまでも日本の戦争を悪く言うのも、つくる会の教科書に懸念するのも、靖国参拝反対するのも、ゆとり教育や同和教育推進するのも、在日参政権推進するのも、夫婦別姓推進するのも、死刑反対するのも、暴走族野放しするのも、犯罪者の手錠にモザイクかけるのも…い~っつも同い人が顔をそろえるもん!へぼサヨク!!
これからは、~の件について賛成反対かといえば、「佐高信が賛成してるから反対よ!」「福島のミズちゃんが猛反対してるからだぁ~い賛成!!」とかで片付けちゃお!

◇筆者コメント:

 そう片付けて基本的には間違いないと思います。サヨク連中の目的が日本を溶解させることにあるわけですから、逆を主張すればおおむね間違いないと思います。

 この際、はっきり言ってシナ、朝鮮、その他反日国はこの際そんなものどうでもいい。ここに書くまでもない理由で日本をもっとも必要としているのは彼らだし、そんなものいつでも料理できる。後、共産主義だの糞主義だのもどうでもいい。判りやすいだけ対応法もある。
しかしそれらの腐ったエキスを飲んで現れたサヨクというものの病理を取り除き、”まとも”にするには一体どうすればいいのだろう?
僕には彼らは3歳の子供が身をくねらせて駄々をこねているようにしかみえない。サヨク思想なんてイデオロギーですらない、寄生虫、鼠の小便以下でしかないのは30秒考えれば明白だ。
一体何処までやれば世界中から、そして”自身の子供から”、自分はマスターベーションを他人に公開してお金を払っている、金を持ってるだけの精神異常者としか見られていないことに気付くのだろう。
世界最高の住環境に守られた中でぬくぬく生活していることは差し置き、したり顔で謝罪だ人権だ平和だ自由だ地球市民だグローバルだ、ニホングンの虐殺だ慰安婦だペーラペラペーラペラとテレビ等で語っていらっしゃる皆さんを見ると人間の最低の部分が見えて逆に元気がでる。
サヨクは本当に恐ろしい病に罹っている。
歴史をしっかりと受け止め、地に足をつけて先人に感謝し、日本国のお国柄を骨の髄までしっかりと持った上で向かわねば、一体それなくして行う全ての行為にどんな意味があるというのか?
現にサヨクが愛してやまない若しくは後ろめたい気持ちで思っている国の指導者の方々は裏で大笑いも大笑い、笑い死にしそうになってますよ。死んだら元気の素くれる所無くなってマズいんじゃないですかね。
まあ心配しなくてもサヨクに絡んで勝った気になってる程度のアホは近いうちサヨクが貢いだ金と米にくっついていったエキスにいとも簡単におかされ、消えて骨も無くなりますけどね。でもそしたらサヨクは、別の貢ぎ先を見つけるんでしょうね。なにせサヨクはイデオロギーですらないキチガイ病理ですから。
んー、情けないが日本は最強の殺人兵器を持っているのかもしれん。日本が嫌いな皆さんくれぐれも気をつけましょう。
あれ、それってサヨクもそうじゃん。お後が宜しいようで。

◇筆者コメント:

 支那や韓国など、どうでもいいというご指摘ですが、実はある意味その通りだと思います。本当は日本に、狂った外国の反日宣伝を冷静に評価し対処していく理性があれば、基本的には問題は無いはずだと思います。
実は筆者が本ページで支那や韓国の狂乱ぶりを紹介するのは、支那や韓国の狂乱反日宣伝をやめさせることにはありません。仮に支那韓国の狂乱反日騒動が一時的に沈静化したとしても、日本自体にそれへの耐性が備わっていないのなら、何一つ根本的な解決にはならないと思います。
このページの目的はそういった支那韓国の狂った政治宣伝が行われた時に、それに対して理性的で客観的な判断と対処のできる日本人を増やすことにあります。昔の戦争を持ち出した反日宣伝をされてビクついて思考停止するのではなく。
サヨク問題とは本質的には日本国内の問題だと思います。最も深刻なのは、「支那韓国が狂った反日政治宣伝を行う問題」ではなく、「支那韓国の反日政治宣伝に対して日本の耐性が欠如しているという問題」、「支那韓国の反日政治宣伝を煽り積極的に加担する犬が日本にいるという問題」だと思います。
支那韓国の行っているような悪宣伝は、あらゆる時代のあらゆる敵対関係にある国が行ってきた伝統的な戦略であり、何ら珍しくありません。例えば今現在も米国と一部アラブ人はお互いを悪者呼ばわりする宣伝戦を懸命に戦っています。問題は、日本にそれに対処し、防備し、逆に報復する戦略が完全に欠如していること。つまり、情報戦を戦う防衛力が根底から欠如していることにあると思います。
反日宣伝が行われたら、ODA供与相手国の協力も得て衛星放送などを用い粉々に打ち砕くべきだと思います。更に逆に支那や韓国の悪辣さを植え付ける宣伝戦で応じる戦略を持つべきだと思います。

 大いに共感します。まったくこの国にはマゾヒストが多い。サヨクは糞だ。連中はシナかチョーセンにでも行けばよい。
平和憲法も変えるべきだ。「世界の警察、誇り高き自由の国?」アメリカに対して、日本もいつまでもビクついてるのは情けない。それより原爆投下、全国都市無差別爆撃を謝罪させるべきだ、アメ公どもに。
ニューヨークのテロに遭われた方々はお気の毒だと思いますが、日本のマスコミの過剰なまでの米国偏向報道は見ていて見苦しい。朝から晩まで能無しクサレ電波芸者どもが正義ヅラしてテレビに出てるのをみるのは吐き気がする。
似非ヒューマニズムにはうんざりだ!それもこれも馬鹿サヨク、マゾ日教組たちによる洗脳、教育や 欧米文化への盲目的追従賛美をしてきたおかげで、この国にはわずかを除いて腰抜けで白痴の「平和主義者」ばかりになってしまった。
国防に関してはもはや自衛隊なんて中途半端なこと言ってないで正式に日本軍にして再び空母を持つべきだと思う。シナやチョーセンになにか言われても相手にしない、もしくは毅然として言い返すぐらいの姿勢が今の日本に必要だ。

◇筆者コメント:

 今回のテロ事件を真珠湾攻撃になぞらえる連中が米国にいたようです。それに対して文句らしいことを言っていた日本側公人は唯一石原知事だけのようです。「今回のテロ攻撃は、真珠湾攻撃というより民間人を殺戮している点でむしろ原爆投下に近い」という主旨で。真珠湾攻撃は軍事施設を狙ったものであり、原爆投下や貿易センターへのテロは民間人を巻き添えにしたものです。
こういう文句を言える政治家が唯一石原氏だけなのは、本当に残念だと思います。

 左翼にも色々な意見の人がいるだろうし、一概に言えない。右翼にも言える。ただ、左翼の人間は人に優しいと思う。右翼は、きっちりし過ぎて、人情に欠けるようなところが見受けられると思う。言うなれば、左翼は、国語的。右翼は、数学的と言ったところか。

◇筆者コメント:

 左翼が得意なのは人に優しいポーズであって全く優しくありません。北朝鮮の拉致された日本人、北朝鮮から帰れない日本人妻、冤罪を押し付けられる旧日本軍軍人、支那に侵略支配されている満州チベットウイグルの民衆などに対して優しい左翼を見たことがありません。支那など社会主義国の弾圧迫害に殺されている人々への優しさが圧倒的に不足し人情に欠けていると思います。
サヨクとか幸福の科学とかは「科学」だの「定説」だのというセリフを愛するという点で、ある意味理系的です。しかしそれが単にセリフだけであり、極めて非科学的で独善的詩的な盲信にもとずく発想をするという点で、ある意味文系的です。サヨクは理系文系の最悪の部分のみを凝縮した存在と考えます。

 非人間的なやからのせいで傷つけられたり、苦しんでいる人がどれだけいることか。国外には恥をばらまき、また日本人を危険にさらし、国内ではひたすら自虐史観を押し付け、国民を陥れようとしている。こんなことをいつまでも好き勝手にさせておいたら日本はとんでもないことになる。嘆いていても何もならないので行動しなければならい。
このHPは理論的で分かりやすくすばらしいと思います。できればここでの内容を本にして欲しい。そして多くの人に読まれるべきだと思う。

◇筆者コメント:

 既にかなりとんでもないことになっていると思います。しかし、投稿者様のようにとんでもないことになっていることを理解している人が若者を中心に増えているとも思います。もっと増えるといいと思います。

 サヨクと今回のテロ事件との関連についてどう思われますか?
私今の憲法はあまり不満はありませんが、今の社民党や共産党ほ意見には賛成できません。小泉さんを支持します。
だけど戦前の軍国主義っぽいのは嫌です。このサイトの方針は、どこまでを許すものですか?
アメリカが原爆落としたせいでサヨクがいい気になってるのも解るんですが、アメリカを嫌いではありません。中国韓国がいちいち日本に目くじら立てることが我らむかつくように、日本がアメリカのことを今もなじるのはやめたほうがいいと思うんです。もちろん原爆投下は最低だけど。
アメリカの手下っぽいけど、アメリカのお陰で北朝鮮から守られてるって思うんですが。あーよくわからないです。サヨクは嫌いですっっ!!逃げますっ!

◇筆者コメント:

 サヨクと今回のテロ事件との関連:サヨクは今回のテロ事件の直接の実行犯ではないようです。ただ、テロリストの友軍の役目を十分に果たしていると考えます。
例えば「テロが日本に及ぶかもしれないので、テロリストへの攻撃をやめよう」というサヨクによる吐き気が出るような政治宣伝。事実は全く逆です。「超法規的処置」などの日本政府のテロへの腰砕けの実績が、日本人や日本政府をテロの標的にしてきているのです。こういう実績が、150人とも言われる北朝鮮による拉致を呼び込んでいるのです。
「軍国主義」について:日本史上、最も悪辣な軍国主義体制は占領軍という軍隊により統治された時代です。占領軍統治下は、戦前と比較するとはるかにひどい、↓こういう社会体制です。
* 国の最高権力者が選挙で選ばれない社会体制(マッカーサーは日本人からの選挙で選ばれていない)
* 旧体制の政府関係者やもとより軍人までをインチキ裁判で大量に虐殺した社会体制
* 占領軍当局の意向に従わない官僚を公職追放した社会体制
* 映画や新聞が検閲下におかれ、旧体制を賛美したり占領軍当局を批判するような表現を禁止し迫害した社会体制

 現代日本のいびつな左翼(サヨク?)の実態をよ~く解剖してあって痛快でした。
他界した祖父は自民党系の地方議会の議員でしたが、存命中、共産主義について教わったことがあります。曰く、『例えば人口10人の国があると仮定する。話し合いをしていて意見が9対1に分かれたとき、9人が残りの1人を条理を尽くして説得するのが真の民主主義国家。対して、朝になると(何故か)人口が9人になってるのが共産主義国家!!』
当時、私はまだ子供でしたが未だに祖父のコトバが忘れられません。今は地球規模での非常時(サヨクはこの単語嫌いますね)だと考えています。航空機を強取してビルに突入してきたり 無差別に病原菌をばらまいてくる相手に、「おだやかに話し合いを。。。」などと妄言する「サヨク」をどうしても支持できません。
ましてや『ザマーミロ・・・云々』などと発言するサヨク代議士の登場には、ひさびさに血液が沸騰する気がしました。まぁ、あれが社民党の本質なんでしょうけどね・・・。
ときどきHP、遊びに参ります。よろしく!

 論語にこんな話があります。
ある村に住む人が自慢して孔子にこう言った。「私の村に正直者がいて、彼は自分の父親が盗みを働いたのを隠さずに、正直に告発しました」ところが孔子はこう答えた「私の村の正直者はそうはしない。子は親をかくまってやるし、親も子をかくまう。これが本当の正直というものだ」
サヨクの日本軍の悪事告発は、荒唐無稽、事実無根のものが多くこの話には当てはまりませんが、もし、仮に、事実だとしても日本人である以上、擁護すべきではないでしょうか?悪事は正直に告発するのが、本当の誇りだなんていっているものもいますが、それは、告発するものだけの誇りです。
実際には、嘘八百がまかり通っているわけですからサヨクの悪行はもはや二重の非人間性を伴っています。一刻も早くこの非人間的な状況から日本は脱しなければなりません

◇筆者コメント:

 サヨクが告発するべきなのは、戦後積み重ねてきた祖先を毀損する法螺吹き宣伝に対してです。サヨク自身の罪を告発するべきなのです。他人の罪などではなく。これを隠蔽しているという点で、サヨクは三重の非人間性を伴っていると考えます。

 心情左翼にはこの二択はきついです。「防備」と「軍備」と「防災」がごっちゃになっているし。
半分しか読んでいないから、最後まで読んだら考え変わるかもです。
なるほど、パシリだったのかと、あらためて実感しました。でも、パシリでいいじゃん。わざわざ軍備もたなくても金で解決できることならば。真っ先に徴兵される年頃の私としては上記のように考えてしまいます。

◇筆者コメント:

 外国からの侵略に対する防備が軍備であり、自然災害からの防備が防災です。双方重要なものです。
軍備を持たずに「パシリでいいじゃん」は自民党や社会党(現社民党)の実質的な政策です。その「パシリでいいじゃん」政策の結果を見据えるべきかと考えます。
@ 百人以上の日本人が拉致されて尚、何も手出しができなくなっているという結果
@ 幾度となく領土領海侵犯され、竹島などを軍事侵略されて何もできずにいるという結果
@ 沖縄の婦女子が米兵に犯されつづけているという結果
@ まともな外交もできず日本軍兵士の弔いや教科書内容にすら干渉されているという結果
@ 金で「友好」が生まれると盲信し支那などに金をばら撒き、読者氏のような若者世代に600兆円以上もの赤字国債を押し付けているという結果(これが「金で解決すればいい」政策の結果です。)
「軍隊に行くのが嫌だから、米国のパシリでいいじゃん」という米兵頼みの発想とは、「沖縄の婦女子は、今後も米兵に犯され続けるだろうけどしょーがねーじゃん」と言っているのと同じです。「3.16 サヨクの『センソーハンタイ』は『対日戦争賛成』のこと」の、「国防を外国任せにし外国兵に日本の女を犯させておく日本の男」をご参照ください。
こういう北朝鮮の拉致問題などの外交上の諸問題は、全て国防政策の欠如から生じています。「パシリでいいじゃん」とは、「今後も誰かが北朝鮮に拉致されるかも知れないけど、しょーがねーじゃん」と言っているのと同じです。そう言い切れるほど、筆者は冷酷ではありません。
「金で解決」ということですが、「国防に金を支払う(金で解決)」路線と、「自ら国防を行う」路線を国民が選べるようにするべきかと考えます。トップページからリンクしている「国体創造」の「国民推奨項目を設け達成度に応じて減税し、軍人志望者不足及び少子化を解消せよ」をご参照ください。
あとサヨクの「徴兵制で戦争に送られるうう」という、荒唐無稽なプロパには注意してください。徴兵制など絶対に行われません。

 昭和20年8月19日ソ連軍の侵略を逃れ樺太から避難した(当時中学1年生)者ですが、貴殿のHPに出会って快哉!まともな思想の大和民族が大いに頑張ってPRし、もはや遺物的存在の左翼を完全に駆逐しましょう。

◇筆者コメント:

 故郷をロシアに奪われた北方領土にお住まいだった方々の声を、北方領土の日前後であっても、ほぼ100%日本のメディアは取り上げません。靖国行くなと訴える支那人韓国人の声は、八月どころか五月六月あたりからエンドレステープのように毎日毎日取り上げますが。自国民にここまで徹底して冷淡で、かつ自国への悪宣伝、自民族への差別宣伝にはできる限りの協力をする狂ったメディアを持つ国は、世界広しといえど日本だけだと思います。
こういう腐ったメディアはまさに駆逐されるべきものだと考えます。

 以前、サヨクサバイバルゲームチーム隊長のことを乗せていただいた者ですが、再びサヨクについて腹立たしいことがありましたので書かせていただきます。
私のオヤジは今陸上自衛隊に勤めています。オヤジは、サヨクの聖地、北海道の某大学の法学部に入り、その後税務官となりました。その後、陸自に入隊し、再び某大学へ行き、試験をパスし、入学か―・・・と思いきや、例のサヨク野郎がなんと入学拒否したのであります。理由は「陸自の隊員だから」とのこと。偏見だけでものを見ているバカサヨクの心理が疑われます。
左翼に影響されやすいサヨクは単なる反体制主義者であり、真の平和主義者ではない!

◇筆者コメント:

 もしこれが事実なら裁判を起こすべきケースかも知れません。
サヨクは「単なる反体制」というより「単なる支那の共産体制の犬。支那の共産権力の手先」と言うべきだと考えます。

 大変興味深く拝読いたしました。
「あなたはサヨクですか」という質問にはサヨクでないと答えましたが、まだサヨクの片鱗が残っているかもしれないので、日々勉強し、自己研鑚せねばと思います。
私も昔は「サヨク」で、高校生ぐらいまでは社会主義を信じていましたが、20歳を過ぎたあたりに突如、「あれは理想であって現実ではない」と気づきました。「共産党宣言」を読んで、「一党独裁の共産党が弾圧する側になったら、他の政治体制よりずーっとやっかいじゃん」と思ったのです。人間というものは欲に弱いものです。ちょっとしたきっかけで堕落します。マルクス・レーニン主義にはそのような人間の弱さが考慮されていないと思います。もしも、人間がみんな清く正しく聖人か仏のごときばかりだったら、政治体制がどうあれ、世の中平和でみんな幸せに暮らせるはずじゃん。
というわけで、共産主義を捨て去った私ですが、その後も長いこと、朝日新聞や旧社会党、共産党は少し信じていました。(男女平等とか、社会民主主義とか、戦争に反対した党だとかいう、耳に心地よい言葉にだまされて)しかし、皆さん、その後の行動でことごとく、私の期待を裏切ってくださいました。それは皆、このホームページで管理人さんがご指摘くださっていることばかりです。
特に社民党(旧社会党)はいやですね。あの党は男女平等は口先ばかりで、本当は女性を馬鹿にしているんじゃないですか?ちょっと旗色が悪くなると土井さんを担ぎ出す。女性だから女性票を取れる、憲法学者という権威でさらに票を取れる、護憲論者だから平和を愛する有権者の票が取れるっていうのが見え見えで。でも、誰も土井さんをフォローしない、どころか足をひっぱている感じだし。土井さんには同情するけれど、憲法学者というよりは護憲教の教祖様という感じなので、政治家として信用できません。早く引退してほしいです。あの方がいなくなれば、あとの男性議員はカスばかり、女性議員は社会に害悪を垂れ流すばかりの存在(あの自称フェミニストどものおかげで女性の地位が低下していることは、管理人さんのご指摘どおり)で、有権者から見放され、日本国に仇なす売国奴斜民党は消滅することでしょう。一日も早くその時がくることを祈っています。
最後になりましたが、このようなホームページを作ることで、私たちをサヨクの呪縛から解き放ってくださり、ありがとうございました。これからも更なるご活躍をお祈りいたします。

 早く日本人の大多数がサヨクの洗脳から脱して、自分の国の歴史や伝統に誇りを持つ普通の国に戻らないといけないと思う。そうでないと将来ここは「中華人民共和国日本特別自治区」になってしまうと思う。

◇筆者コメント:
既にある程度、日本は支那の統制下におかれていると考えます。教育や兵士の弔いや支那を批判する自由が制限されていることなど、日本の内政のかなりの部分が支那の統制下にあると考えます。
こういう外国の支配から独立するべきだと考えます。政府とは外国によってではなく自国民によって運営されるべきものだからです。

 ナンキンダイギャクサツが捏造だからサヨクはダメだとか管理人は主張しているが、そもそもあったなかった以前の問題でサヨクはダメなんだよね。あったなかった以前に、日本人であれば日本国益を損なうような行為をすべきではない。
だからたとえ万が一、あったという明確な証拠が出たとしても日本人なら隠しとおすべきであるということ。管理人が言うとおり、「隠しとおす」ということも「必要悪」であるということ。
わざわざ自国に不利なことをしてる時点で間違ってるわけだ。それに、ナンキンダイギャクサツが捏造である可能性が非常に高いと判明している。サヨクは二重の意味で間違ってるわけだ。

◇筆者コメント:

 実はその通りだと考えます。サヨクは「ナンキンダイギャクサツ」など「ニホンのセンソーハンザイ」を認めハンセイすることが日本の「国益」になると主張します。ならサヨクはチベット虐殺を認め反省するように支那に訴えるべきであり、韓国にベトナム虐殺を認め反省するように訴えるべきです。サヨクの論法ではそれが支那や韓国の「国益」になるはずだからです。しかしサヨクは支那がチベット虐殺や満州支配を隠し正当化する行為に徹底して加担します。
日本に不利なことをする一方、支那のチベット虐殺を隠す行為に加担し共産支那政府に不利なことをさせまいと努力しているという点で、サヨクは日本国民として三重の意味で間違っていると考えます。

 私の父母はもう定年退職しましたが、公立小・中校で教鞭を執っていました。二人とも戦中の生まれであり、特に父は当時のことをよく語ってくれました。正直、今でも父の言葉が頭に残っています。
【軍備を放棄したら、外国が攻めてきた時誰が自分たちを守るんだ】当時の学校教育で平和憲法に何も疑問を持たずにいた自分は、返す言葉がなかった。数年前に、ようやく朝日新聞の呪縛から離れることができ、多少なりとも自分で物を考えられるようになり、マスコミ等からの垂れ流しの【常識】には常にクエスチョンマークをつけて考えていきたいな思っています。

 こういうサイトを探し求めていたんだ!社会に蔓延るクソ理想主義者どもを糾弾するサイトを!
しかし今の時代、息苦しい嫌な時代だ。「話し合いによる解決を」など説教たれる癖して、てめえじゃ話し合いすら出来ねえでヒステリーを起こして一方的に価値観を押し付けようとするクソ忌々しいサヨク市民団体やそれらの後ろ盾組織並びに信奉者。この連中は凶悪犯やテロリストは異常に甘やかし、「死刑反対」だ「報復反対」だと抜かして被害者の遺族に向かって無神経な説教たれて遺族の方々を屈辱のどん底に落とす癖して、てめえらじゃなんだ!集団生活におけるちょっとした迷惑や行き違い、価値観の相違すら我慢できねえで、これ見よがしに片っ端から他人を「自己虫」と決め付け虫けら扱いして非難して得意になっていやがる。なんなんだ?ええ?こいつら!あれだけ狂信者テロ集団や鬼畜外道の殺人鬼には寛大になれる癖して、何故にマナーの問題や自分と趣味嗜好や価値観の違う人間に対しては、ああも攻撃的になれんだ!
ああそれから、過失で人を殺してしまった者に対してもそうだ!奴らはそういった者達には手を差し伸べるどころか、ヒステリーを起こして糾弾しやがる!ダンプの運転手のような普段から環境破壊だ何だと叩かれているような者が加害者になった日には、奴らのヒステリーは最高潮に達し、厳罰化を叫ぶ!奴らは普段は「差別・偏見はいけません」等とほざいている癖して、自分たちにとって忌まわしい存在の者たちは「悪」と決め付け公然と差別・偏見・蔑視する。まあ最も、我々がそれを指摘したところで「いいえ!自分たちは正しいことを言ってるんです!!私達のどこが間違っているっていうんですか!?差別・偏見なんかじゃありません!!」と言って認めようとはしないだろう
奴らは弱者の見方では断じてない。奴らは責任転嫁の達人!奴らは捏造の達人!奴らは自らの傲慢・横暴・思い上がりに気付いていない大ばか者!奴らは権力を握っても反権力・少数弱者を気取る!奴らは正義正当の名のもとに他人に自分たちの価値観を一方的に押し付ける究極の自己虫!奴らは大の悪(鬼畜外道の如き凶悪犯・狂信者テロ集団など)を生かして、小の悪(過失・些細な迷惑行為・喫煙・ゴミの不法投棄・不適切表現等)を殺す忌まわしい人種!
俺は奴らを見る(奴らの文章含む)度に、吐き気を催すようなどす黒く狂気に満ちた波動を感じる。凶暴な善意のファシズムの匂いがプンプン漂ってくる。初めてオウム真理教を見たときにも奴らと同じ匂いがした!どんなに奴らが正義を気取ろうが、聖人気取ろうが、わかる奴にはわかる!奴等がいかに自分勝手で自己中心的な人種か!奴らがどれだけ攻撃対象を見つけ出しては己の内に潜む攻撃性並びに凶暴性を満足させるかのごとく圧力団体まがいのクソ運動をしてきたことか!まあ身近な問題として禁煙運動・メディア規制(俺が大好きな人生のバイブルとも呼べる石原プロの刑事アクションドラマなんかは喫煙描写・環境破壊描写・暴力描写等が満載だから奴らがフィルムごと処分させたいことだろう)などがあるだろう!
この息苦しい、ギスギス女と玉無しヒステリー男がうろつく夢も希望もねえクソ面白くねえいい子ぶりっ子社会を造ってきたのは奴らだ!凶悪犯罪天国にしたのも奴らだ!凶悪犯罪被害者遺族泣き寝入り大国を造ったのも奴らだ!
ああそれからねぇ!奴らを支持している大衆には気をつけた方がいいな!増殖してるぜ!いろんなところ(俺の一番嫌いな公共広告機構関連や市民団体関連など)を見てきたが、連中(支持している大衆)の姑息で卑劣で凶暴な素顔を再認識することが出来た!不愉快極まりない!!サヨク系の連中を支持してる奴(特に若い奴ら)らってのはおかしい!危険だ!連中は警戒しといた方がいいな!場合によっては集団ヒステリー化し暴徒と化す恐れがあるだろう!
いずれにしてもこれ以上奴等がのさばったら大変なことになるだろう!狂信者集団による虐殺と恐怖政治が支配する暴虐列島と化すことだろう!
最後に公共広告機構!あの団体は、どうも腑に落ちねぇな!どうもおかしいなぁ!くさい!あの団体の信奉者にはアカ教師やサヨクが実に多い!あの団体を支持している大衆も変だ!なんか引っかかるんだ!俺にはあの団体の一連のCMが大衆カルトサヨク化洗脳CMのような気がして、危機感を覚えずにはいられない(現にあのクソCMに拍手喝采を送っている輩が増殖している)!ガキをだしに使うところなんかサヨクそのものだ!非常に見ていて不愉快だ!虫唾が走る!多大な時間をかけてあそこへの批判を探したが掲示板や個人のHPで見つけたに過ぎず、あそこへの批判はたったの60数件しか見つからず徒労に終わった!あそこを本格的に批判するサイトが出来ないもんかねぇ!このままじゃ腹の虫がおさまらねえ!!

◇筆者コメント:

 既にある程度、狂信者集団による虐殺と恐怖政治が支配する暴虐列島になっていると考えます。教科書採択反対騒動の時には、狂信者集団による放火イタ電脅迫テロの恐怖が支配し暴虐列島となりました。しかも、NHKを含むサヨクメディアは教科書採択がその暴虐の下に行われたことを完全に抹消しています。共産支那による暴虐恐怖政治の支配は、もう既に日本国民にある程度及んでいるわけです。

 サヨクのおめでたい思考回路を観察するのが趣味です。そういう意味でこのサイトはネタ的に素晴らしい内容であると思いました。とても楽しませていただきました。がんばってください。しかし、日本が右傾化していると言われている昨今、この風潮が続けばサヨクはいつか絶滅の危機に瀕することでしょう。サヨクを絶滅危惧種として保護すべき時代がくるかもしれません。サヨクを観察できない日本なんて、クリープを入れないコーシーみたいなものです。味わい深い国、日本を好きな一人の国民としてそのことを少し心配に思います。

◇筆者コメント:

 絶滅の心配をするのは、まだまだ先のようです。政治はもとよりメディアや教育機関を含めて、サヨクの政治力影響力、権力は桁外れに絶大です。教科書採択もまたサヨクの思うがままになっていること、何より憲法自体がサヨクの思おうがままにになっています。
サヨクはクリープというより、コーシーに溜まったアクのようなものかと考えます。戦後に誰も掃除ができずに溜まりに溜まったアクのようなもの。

 日本は、教育界、政界ばかりか、法曹界にもサヨクがはびこっている。サヨクは人権派の弁護士ばかりでなく、裁判官にも多数生息し、犯罪者の救済に明け暮れしている。
法曹界の法理論は国民の生命や財産の保護に意識はなく、犯罪者の人権を手厚く守るためのものである。犯罪者の自己弁護が、幼稚な虚言や言い訳であることは分かっているのに、裁判官は無罪判決を出し、法曹界でのステータスを得るため、いたずらに捜査機関の小さな不備を突いては無罪判決を出し続けている。
現在の日本は犯罪者(少年を含む)ばかりか、北朝鮮系、中国系の犯罪組織が激増し、強力に取締りしなければ国家が潰れるのに、サヨク政党に骨抜きにされた、盗聴法や組織犯罪対策法しか持ち合わせていない現状にある。
国民の安全を守るため、自己中心的な人民(犯罪者、犯罪予備軍)の味方である法曹界の実態を国民に知らしめ、法曹界の人権意識変えていく必要がある。

 筑紫哲也や久米宏、福島瑞穂や辻元清美等のような輩を産んでしまった親はどのような人物なのだろうか、また、彼らは親や祖先を尊敬しているのだろうか。サヨクはサヨクなりに祖先に誇りを感じてるのかな?

◇筆者コメント:

 様々なケースがあると考えます。
自分の祖先だけは違うのだ路線:あるサヨクが兵役についた父親について問われ、「自分の父親は通信兵だったので人を殺していない。」と言い訳をしていました。
自分の祖先は人殺し路線:本ページにある外道僧、大東仁氏のようなケース。
思考しない路線:そもそも自分がやっている祖先罵倒が自分の祖先に及ぶと想定したり考えたりしない。

 この期に及んでサヨっている奴等を確認出来るサイトhttp://www.yoron.gr.jp/siryoukanind.htmで照合しながら、テレビや新聞、雑誌、講演などでほざいている細菌ドモに「サヨ害汚染除去フィルター」をつけて見聞きするようにしてます。(中には洒落のようなのが居て笑えます)

 なぜサヨクは「ショージキ」にこだわるのだろうか?
もちろん正直に誠意を込めることも国益になることはあるが、ならないときも多々ある。だが、サヨクは国益になるならない関係無く、いついかなる時も「ショージキ」を強制するのだ。その時点でサヨクは国益を考えていないということが証明されるわけだ。
よってサヨクは「国益を考える」こと自体を否定せねばならなくなるわけで、「国家は国益を考えるな!」と主張せねばならない。そもそも国家とは国益を考え、国民を外国人と差別するためにあるのだが。サヨクは国家自体を否定しなければならないのだ。
そうか、だからサヨクは「世界市民」などと主張するのか。自分が豊かな日本の恩恵を受けてのうのうと暮らしているということを自覚せずに。

◇筆者コメント:

 サヨクは「正直」にこだわっているというより、反日や旧日本軍冤罪捏造にこだわっているだけだと考えます。真の「正直」、例えば在日朝鮮人の多くが戦後に自ら渡航してきた事実を正直に明かさず隠蔽します。更に、それを「強制連行」によりつれて来られたかのように喧伝しているサヨク自身の罪についても正直に明かさず隠蔽します。
サヨクは「ニホンのセンソーハンザイ」をショージキに認めハンセイすることが日本の「国益」になると主張します。ならサヨクはチベット虐殺を認め反省するように支那に訴えるべきであり、韓国にベトナム虐殺を認め反省するように訴えるべきです。サヨクの論法ではそういう「正直」が支那や韓国の「国益」になるはずだからです。
サヨクは国家主義を否定し真に「世界市民」を名乗るならば、チベットで北京政権に苦しめられている人々を看過するべきでないはずです。チベット人という「世界市民」の一員が、共産支那の偏狭極まりない国家主義の犠牲者になっているわけだからです。
上級サヨクは本質的には「世界市民」などではなく、共産支那政権に狂的な忠誠心を持つ偏狭極まりない国家主義者に過ぎないと考えます。日本国民の愛国心の涵養や軍備の充実は、支那政府の不利益になると考えているから阻もうとしているに過ぎないわけです。「平和」「世界市民」などの言い回しで。下級サヨクはそれに踊っているわけです。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です