サヨクが引き起こす凄惨な社会問題


 サヨクを現代日本における諸悪の根元とまで書くと、そこまで大袈裟なという意見もあろう。まったく大袈裟ではない。戦後におけるあらゆる悲惨、絶望、理不尽がサヨクにより引き起こされている。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

@ 政府の危機管理能力整備を阻害し災害犠牲者を大量に増やしているのは誰か。
@ オウムや中核派など人殺しを社会に闊歩させ大量の犯罪犠牲者を生み出し続けているのは誰か。
@ スパイ防止法を廃案にすることにより、北朝鮮による日本人拉致やミサイル技術収集など外国の諜報活動を手助けしたのは誰か。
@ 諸外国における対日差別感情を熟成させているのは誰か。それにより日本人が外国で人種差別に苦しまねばならないようにしているのは誰か。
@ 日本がまともな軍事力をもつことを阻害しアメリカや支那など諸外国の圧力に屈しなければならない状況を生み出しているのは誰か。
@ 日本文化を政策的に破壊しているのは誰か。
@ 文化(民族や郷土にある独自性)喪失のあげく異様なサヨク団体や奇怪な新興宗教に流れる若者を生み出しているのは誰か。
@ 空港建設妨害、原子力発電所建設妨害などあらゆる社会基盤整備を妨害してきたのは誰か。(しかも反対した元社会党議員は現在臆面もなく成田空港を使っている。)
@ 原子力船を廃船に追いやるなど、科学技術の発展を妨げてきたのは誰か。
@ 官公労を組織し民主制を破壊し官僚支配構造を作り出し税金を食いつぶしているのは誰か。
@ 一職業団体に過ぎない日弁連を政治的な圧力団体にしたてあげたのは誰か。
@ テレビや新聞で日本軍の冤罪を捏造し続けたのは誰か。

 全てサヨクである。サヨクが根絶すれば、あらゆる社会問題が消滅するのだ。
以上のサヨク問題の中から抜粋し以下に解説する。

サヨク犯罪一:危機管理の立ち後れにより生まれ続ける大量の災害犠牲者

 阪神淡路大震災の被災地、神戸(兵庫県)の知事は革新系だった。むろん、この知事にとっては自衛隊は憲法違反であり、自衛隊と共に被災訓練をするなど思いも寄らないことだ。この知事は「軍靴の響き」が、兵庫では聞こえてはならないという考えであり、その結果については熟考などしなかったのだろう。
また、現在政府は現地知事の許可無しに自衛隊の派遣ができない。なんと自衛隊は、政府の一存では日本国内を移動できないのである。これは立法の立ち後れに原因する。緊急事態に対応する法的な整備が整っていなのだ。
こういう馬鹿知事と怠慢な立法府の合わせ技が、数千人以上の命を奪った。この現地行政と立法府のコンビプレイにより、自衛隊の「軍靴の響き」が被災地で鳴り響くのが大幅に遅れ、大量の追加犠牲者を生み出した。
「自衛隊は憲法違反」のサヨク知事、危機管理体制の整備を阻害するサヨク国会議員。こういう連中がいるかぎり、今後とも何度でも人々は死ぬだろう。いまなお、危機管理に対応する法整備はなされていないのだ。
テポドン騒ぎでも明らかになったが、サヨクにとり国民の命などどうでもいいのだ。

 この馬鹿知事を選んだのは兵庫県民である。兵庫県民自身による選択が、明瞭に県民に跳ね返ったのだ。
さて、あなたの県の知事はどんな人間だろうか。あなたがた県民の命を十分に大切にしているだろうか。まさか、あなたの命より「自衛隊は憲法違反」とかいう発想を重視する体質では。もしそうなら、そういった知事を選んだ報いが、あなた自身に訪れる可能性がある。
地震が起こった時、津波が起こった時、山崩れや雪崩が起こった時、洪水が起こった時、そしてなによりあなたの郷土が外国の軍隊やミサイルに襲われた時に、馬鹿知事を選んだ報いが県民自身に襲い掛かるだろう。

 ちなみに、東京都知事(平成九年度現在)の青島幸男氏は、「自衛隊は憲法違反」という主張である。むろん、「憲法違反だから憲法を変えろ。」という意味ではない。「自衛隊は憲法違反だから自衛隊を無くせ。」という意味である。だからといって災害時に自衛隊が東京に出動することは否定していないようだ。つまり、「自衛隊員さん、わたくし東京都知事青島は自衛隊の存在価値を認めません。だけど、災害の時は命を懸けて都民を助けてね。」という主張である。こう言われて自衛隊員は東京都民を懸命に救助する気になるだろうか。
この知事に投票した都民にとっては災害発生時に救助の遅れから死亡するのは本望だろうが(なにしろ自分が「自衛隊は憲法違反」知事を選んだのだから)、そうでない都民がその犠牲になるのはたまったものではない。

参考ページ:村山富市とブサヨプロ市民による、阪神大虐殺の記録

 時系列に淡々と記されており震災後の流れがわかりやすくなっている。社民党村山総理や当時の兵庫県知事などサヨク連中の愚劣な対応振りに身震いがするような怒りがわいてくる。

サヨク犯罪二:犯罪者の擁護により生まれ続ける大量の犯罪被害者

 加害者の人権を訴え、被害者の人権を顧みない馬鹿助がこの国には多い。サヨク、もしくはその影響を受けた人間である。

 小野悦男という男がいる。松戸OL殺人事件容疑により一審で有罪になったが、人権派弁護士や市民グループなどサヨクが頑張り、二審で無罪となって釈放された男である。
小野はこの一件により冤罪のヒーローとなった。
サヨクの助けにより社会に放たれた小野は、翌年空き巣の現行犯で逮捕され、更に女児首なし殺人を起こす。その時、小野は女児猥褻目的の誘拐と殺人未遂容疑で逮捕されていた。
こうなると、松戸OL殺人事件無罪も誤審の可能性が高い。
小野に殺された女児はさぞや恐ろしかったに違いない。殺したのは小野だが、それを助けたのは人権派弁護士や市民グループなどサヨクである。彼らの助けがあって、小野は社会でのびのびと殺人に興じることができた。
この結果は、女児にはもちろん不幸だが小野自身にとっても不幸な結果である。小野が自由に社会を闊歩できるように配慮したのがサヨクだ。弁護士にとり、被告が犯罪を犯したかどうかなど話を聞いてきれば解るはずである。わからなければ無能というほかない。わかった場合は、刑を隠蔽する弁論でなく、刑を軽くすることを目的とした弁論を行うべきである。

 人権派弁護士や市民グループなどサヨクの活躍により、オウム真理教は破壊活動防止法を回避した。彼らは、こういったサヨクの助けにより再び順調に組織を拡大している。殺人教団がいまだ社会で活動していること自体が、許せぬことだ。
オウムは再び活動を始めるだろう。そして、オウムが再び行うであろうことについて、人権派弁護士や市民グループはなにひとつ責任をとらないだろう。
オウムが何か行った時のために、破壊活動防止法の適用を阻害した人権派弁護士や市民グループは、「なんで責任とらなきゃならないわけ?」と、何かあった時の理論武装に懸命だ。
まあ、いずれにせよ死ぬのは人権派弁護士や市民グループとは無関係な無垢の民である。たしかに、サヨクは安全だ。オウム真理教を擁護していれば、VXガスもサリンも来ないだろう。賢い連中である。人権派弁護士の間では、坂本弁護士殺害事件の教訓が良く生かされている。「オウムには逆らうな」という教訓が。

 こういったサヨクが社会に放つ犯罪者は、今なお日本中で大活躍している。

余談:被害者いじめ加害者擁護について

 現在、被害者の写真が大々的に公開され、加害者の写真はほとんど隠蔽される。何かおかしくはないだろうか。強姦殺人をされた女学生の顔や住所や学校を大々的に公開し、さらし者にするこの有り様。これは被害者を辱めるだけではあきたらず、遺族をも隣近所からの好奇の目にさらし、更なる地獄に叩き落とす効果もある。
被害者の顔写真など身元掲載は、以下の特殊な前提があってのみ行われるべきだ。

* 捜査を行う上で被害者の身元公開が必要だと警察が認めた場合。
* 遺族が承諾した場合。

ある女学生が多くの級友に、毒のビンをダイエット飲料と称して送り付けた事件が起きた。これにを飲んだある男子生徒が重体となった。それについての、校長によるコメント。
「女学生が学校に戻ってきた時、あたたかく迎えてあげたい。」
この校長、馬鹿ではないか。戻ってきた時、あたたかく迎えてあげるべきなのは、毒を飲まされ入院のハメになり長期欠席を余儀なくされた男子生徒に対してである。

サヨク犯罪三:社会主義体制における大量虐殺の擁護

 日本軍による犯罪の捏造には情熱を注ぐサヨクは、一方支那政府など社会主義国による犯罪については、実に暖かく見守る。この点からも、連中がやりたがっているのはジンケンとはヘーワを大切にする運動ではなく、反日運動であり支那や北朝鮮の相対的軍事力強化であるのは明らかだ。
それとも、支那政府に脅かされている支那人の人権など、どうでもいいと考えているのだろうか。あるいは、今現在植民地支配されているチベット人や朝鮮北部の支那朝鮮自治区や満州人などは、植民地支配されていればいいということなのだろうか。
サヨク連中にこれを指摘すると、「中国政府に植民地支配されているチベット人の人権は大切です。」などと、とりあえず言ってみる。しかし、その後ろに「しかし日本軍による犯罪は許されないものなのです。」とくっつき、結果として中国政府に植民地支配されているチベット人や朝鮮北部の支那朝鮮自治区や満州人の人権を守るための運動や主張は何一つやらず、日本軍による犯罪の捏造にのみ情熱を燃やすのだ。

 特にひどいのが、「南京大虐殺」のでっちあげだ。これは、単に日本軍の冤罪を生み出しただけでは済まない。支那の各地にある、日本軍犯罪をでっちあげるための記念館にある大量の人骨が、本当はいかに生まれたかを隠蔽しているからだ。それは文化大革命である。
文化大革命は、朝日新聞なども賛美しているが、この大量虐殺革命により数千万人以上の支那人が殺されたと言われる。「南京大虐殺」のでっちあげは、この支那における文化大革命という本当の大虐殺の隠蔽効果がある。

 数千万人以上の自国民が政府に殺される社会体制といっても、日本人にはピンと来ないだろう。日本史上そんな社会体制は存在しないからだ。
たとえば、日本の戦前と比較してみる。戦前における思想を取り締まる法としては治安維持法というのが存在した。最高刑が死刑だったが、実際に死刑にされた者は一人もいない。ただし、特高警察の拷問により八十人前後の人間が死んでいると言われる。犠牲者は主に、査問殺人を繰り返し、強盗、詐欺事件などを起こしていた日本共産党員である。
多くの国民の間で、実際に突如近隣の人間が殺される経験をする社会体制など、日本人の常識では考えられないのである。

 こういった社会主義体制における大量虐殺の擁護に、日本のサヨクはおおいに役立ってきた。社会主義体制における莫大な人権侵害の裏方として、日本のサヨクは大活躍してきた。むろん、今なお反省も謝罪もなし。

 こういった日本のサヨクの活躍により死ぬのは社会主義国に暮らす人間であり、日本のサヨクは全く安全圏だ。思想の自由が保証された安全な日本から安心して、社会主義体制における大量虐殺の擁護に精を出すというのがサヨクだ。

 以上はサヨクによる犯罪的な暴挙の一部を抜粋したものだ。サヨクという存在を根絶すれば、日本に存在する多くの社会問題が消滅するのだ。

余談:サヨク問題は、今なお極めて深刻な社会問題 [執筆日:H12/8/8] 時折、共産党とか社民党とか朝日新聞とか日教組みたいなサヨクは、日本では蚊帳の外の存在であり、問題視するに足らないという意見を耳にする。全く違う。こういった病理集団はきわめて根深いところに構造的な問題を引き起こしている。今現在もなお。

そもそもサヨクは、戦後も一貫して表面的には蚊帳の外であった。与党は一貫して自民党であり社会党共産党は一貫して野党であった。
にもかかわらず、現在以下の結果となっていることを我々は見据えるべきである。

@ 外国製の憲法が、今なお日本を統治しているという結果

ようするに占領軍のお達し(植民地憲法)に今なお忠誠心を発揮する輩(つまりサヨク)の意図する通りになっているという結果。

@ 今なお、日本ではまともな国防が行われていないという結果

上記の憲法が存在することなどにより、国民の生命財産の保守という政府の基幹業務を、政府が外国任せにしているという結果。

@ 政府の危機管理能力が著しく欠如しているという結果

国民の命より憲法を重視する総理大臣(社民党村山氏)、自衛隊との被災訓練を拒否してきた地方自治体の長、危機管理を行う法整備を阻害してきたサヨク国会議員、これらの協力により阪神淡路大震災における大量の犠牲者を生み出したという結果。

@ 徴兵した政府が、徴兵され殉国された日本軍兵士に全く敬意を払っていないという結果

政府首脳が靖国神社に参拝しないという結果。つまり国内の日本軍兵士やその遺族(要するに日本国民)の気持ちより、政府が外国政府のご機嫌を重視するという結果。

@ 国民の代表者からの命令に従わずにおきながら解雇もされない官僚が存在するという結果

民主主義に真っ向から反逆する官僚(日教組、全教)が存在するという結果。納税し給料を与えている我々国民の国旗国歌を臆面もなく舐める官僚(日教組、全教)が存在するという結果。つまり国民の政治権力を盗み民主制を公然と破壊する官僚が組織的に存在し、更に破壊しておきながら何一つ処罰されないという結果。

我々は議会における勢力図のような表面的な部分ではなく、上記のような深刻な結果を見据えねばならない。議会の勢力図が直接政策に反映されない政治構造上の病理をも含めて。言うまでもなくこういう狂った結果の数々は、全て諸外国では存在しない奇怪な現象なのだ。

サヨクは戦後一貫して、議会からも国民意識からも蚊帳の外にあった。しかし蚊帳の外側から、桁外れの悪影響を我が国に陰に陽に及ぼしてきた。マスメディアや公教育など、国民意識すなわち議会の影響を直接受けない場所から。
国民意識から蚊帳の外にありながら政治に対して強力な影響力を持つ存在。こういうものが存在すること事体に問題がある。民主国家として正常なあり方ではない。
サヨクが、国民意識から蚊帳の外にあるかどうかなど問題ではない。サヨクが国民意識の蚊帳の外にあることなど周知の事実だ。問題は、国民意識の蚊帳の外にある存在でありながら、膨大な政治権力を行使しうる立場にある貴族的な特権の持ち主(つまりサヨク)が存在するという点だ。要するにまともな民主国家ではないという点が問題なのだ。

更にその貴族は、結果として我が国に膨大な悪影響を及ぼし続けてきた。更に今後とも及ぼすであろうと思われる。その点で、何一つ解決していないし、むしろ深刻化しているとすら言いうる点が多い。最近も支那を支那と呼称した講師が大学を解任される事件が起きた(本ページ「支那という言葉を話したことを理由に麗澤大学が講師を解任」を参照のこと)。

例えば上記@に記した事柄が全て解決してこそサヨク問題の解決と言いうる。サヨク問題とは今なお極めて深刻な社会問題なのだ。

だいたい自民党にも、野中弘務とか河野洋平とか田中マキコとか青木官房長官など支那の忠犬は山積みだ。靖国神社首相参拝のおり、侵略虐殺独裁人権弾圧政権共産支那からの「懸念」を口移ししヒステリックな反対騒動を引き起こす共産支那の忠犬の数々。共産支那政府への狂的な愛の前では、国の独立も首相の立場も日本軍兵士遺族の気持ちも日本国民の心情も自由も民主主義も真の平和も信教の自由も眼中に無くなる盲目的忠犬。
こういう戦後の汚物が上記@を引き起こしているのだ。

余談:上級サヨクは理想主義者ではなく現実主義者 [執筆日:H17/3/27] 筆者の言う上級サヨクは理想主義者ではなく現実主義者である。日本を弱体化し支那の支配下統制下に置くという目的のもと、極めて「現実的に」考察し行動している。

上記@で示した悪辣な現実はまさに「理想主義的」と批判されるサヨクによるアジテートなどによりもたらされた。「ヘーワケンポーを守りましょう」「ヒカク三原則を守りましょう」「日本は謝罪し賠償するべきだあ」「武力を放棄して崇高な平和国家となりましょう」「ジエ-タイはケンポーイハンだあ」などの「理想主義的」と評されるアジテート。このアジテートがまさにこの醜悪な結果を「現実」に引き起こした。
@の結果はサヨク側の圧倒的戦果と言える。それはもちろん日本国民側の圧倒的敗北と言うことだ。

中でもGDP比率1%しか軍事に費やさない有様などは、サヨク側からすれば大成功と言えるだろう。そんな異常な国など先進国に存在しない。
逆の発想に立ってみればいい。例えば日本側の工作活動により支那が病的なヘーワ主義国家となり、国防費をGDP1%しか出さず、核武装もせず、国民を拉致されようが領土領海を侵犯されようが「遺憾の意」を表するだけで、自国兵士の慰霊にすらおろおろ日本の顔色をうかがう国となった有様を想像すればいい。日本国民側からすれば工作活動による圧倒的な勝利と言っていいだろう。そんな支那など日本政府の思うがままだ。

@で示した悪辣な現実はまさに「理想主義的」と批判されるサヨクによるアジテートなどによりもたらされた。この大成功をおさめてきた実績があるがゆえ、サヨクは今後も白痴のように「ヘーワウンド-」を繰り返すだろう。

上級サヨクは「ヘーワウンド-」が極めて効果的に日本を弱体化させてきたという現実を見据え活動する、徹底した現実主義者なのだ。
もちろん現実主義者なのはヘーワウンド-の目的を理解した上級サヨクの場合だ。それらにアジられて動く下級サヨクは彼ら自身が名乗る通り理想主者である。

余談:サヨクはガン細胞

 サヨクは日本国内にありながらひたすら日本を溶解させようとする。奇怪なプロパカンダを撒き散らしつつひたすら増殖。しかし日本が壊滅すればサヨクもまた壊滅する。サヨクのような異常な連中が、日本以外で存在できる余地はない。サヨクは日本にあってのみ存在できる。
集団の一員でありながら、ひたすら集団の破壊に精を出し、ひたすら増殖し、集団滅亡により自らも滅亡する存在。
何かと似ている。ガン細胞だ。

サヨクのプロパカンダの異様さは、日本を人体にたとえるとわかりやすく理解できる。サヨクというガン細胞により以下のような深刻な疾病が引き起こされている。

* 軍事力弱体化運動(ヘーワ運動)→筋力骨格(軍事力)の弱体化による外敵やアクシデント(災害)への対応力低下
* スパイ防止法ハンタイ→ウイルス(スパイ)進入への抵抗力の低下
* サヨクテロリストなど人権侵害者の人権擁護運動→細胞を破壊する疾患などへの治癒力の低下
* 「警察はケンリョクのテサキだあ」→ウイルスなどに対処する白血球(つまり警察)など免疫力低下
* 「日本はシンリャク国家だあ」→トラウマ刷り込みによる精神障害の発生。

特に脳(政府や議会)、神経(マスコミ)、細胞生成組織(教育)に著しくサヨクガン細胞が転移している。中でも脳疾患が深刻だ。サヨクガン細胞により生じる脳疾患は、精神その他に悪影響を及ぼし、奇怪な土下座趣味という精神障害や免疫力低下に陥いる要因となっている。
根本的な治療が必要だ。どういう治療が必要かは「5.6 サヨク問題解決のための恒久的な対処」に記している。
ちなみに最近、国歌国旗法や通信傍受法などが可決され、やや免疫力が強化された。脳(議会)において社民党というサヨクガン細胞の量が減り、脳疾患がやや回復したためだ。国民の賢明なる治療(選択)の成果である。

ガン細胞が生じる原因のひとつが強い放射能だと言われる。原爆投下でおなじみのアメリカ占領軍は有害極まりない放射線物質(憲法、占領期の言論弾圧と洗脳、日本の為政者の虐殺)を日本の脳中枢にも移植した。アメリカが放射性物質(憲法)を埋め込み日本を虚弱体質にした理由は、アメリカ軍駐屯という外部からの抗生物質投与を余儀なくさせるためだ。抗生物質投与なしに生きられない体質となれば、抗生物質を与える存在の思うがままだ。
また、中性子爆弾完成自慢でおなじみの支那なども、度重なる核実験による死の灰と共に有害極まりない放射能(病的な反日プロパ)を日本に浴びせ続けた。
戦後の日本は、それら有害な放射線の数々を浴び続け、細胞(国民)のいくつかがガン細胞に変異した。つまりサヨクである。

一方、諸外国では国家的健康管理を十分に行っている。諸外国には侵入ウイルス(スパイ)への抗体(つまりスパイ防止法)がある。外敵からの攻撃を防ぐ筋力(軍隊)がある。
ところがわが国は、脳(政府、国会)、神経(公共媒体)、細胞生成組織(教育)など中枢組織全てにサヨクガン細胞が転移し、ぐずぐずに病んでいる。こういった疾患があるため、まともな健康管理(スパイ防止、国防、危機管理など)すらできない。

まだしも救いは、脳などの中枢組織はひどく病んでいる一方、細胞(国民)の一つ一つは極めて優良であるということだ。それぞれに勤勉に機能をなし、ガン細胞(犯罪者など)への変貌する率も低い。そのため中枢が腐っていても、どうにか経済大国になれた。
逆に諸外国では中枢機能は普通だが、細胞自体一つ一つがガン細胞(犯罪者など)になる可能性が高いため、生体自体もおうおうに危うくなる。中にはアメリカのように、中枢機能(特に国防や外交)が優れており、細胞もまた優良ではないにせよ多種多様で活力に溢れているため経済大国という国もあるが。

日本は健康管理を十分に行う必要がある。侵入ウイルス(スパイ)への抗体(つまりスパイ防止法)を育み、外敵からの攻撃を防ぐ筋力(軍隊)が必要だ。諸外国並に。
当然、脳内の有害放射線物質(憲法)を切除し、支那があびせる放射線への耐性も身につける必要がある。生まれたての細胞をガン細胞に変異させる狂ったガン細胞(日教組全教など)は、手術で切除する必要も有る。

日本はサヨクというガン細胞により、免疫力低下や筋力低下、精神障害などの疾病に病んでいるのだ。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です