サヨクの自己評価


1 サヨクにある幻想

 サヨク自身は、自分が行うサヨク活動の目的をどのように思い込んでいるか。
サヨクでない人々の間にも、サヨクとは人権や平和を求めて活動する存在だという幻想を抱く人がいる。もちろん、サヨク本人となると尚のことだ。いうまでもなく、これは間違いである。サヨクは自らの悪意のエンジョイを、社会活動の仮面で理論武装してるだけなのだ。時にサヨク自ら意識せずに。
ただ、ジンケンのためとかヘーワのために活動しているなどということが嘘であることを、伝統的な社会主義を担うエリート左翼の場合知っている。本当の所は、戦争と革命闘争のための下準備にすぎないことを知っている訳だ。知っていてジンケンのためとか、ヘーワのためとか若者を騙す訳だ。これに、どちらかというと考えるのがあまり得意でない体質の若者は、ニセ生首写真とか見せられて簡単にコロリと騙される。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

 サヨクが結局何をやっているかといえば、放火、殺人、でっちあげ報道による個人生活破壊、つけまわし、無言電話、嫌がらせの手紙やファックスや電子メールの送付、つるし上げなどといった人権を根底から踏みにじる行為であり、人々の平和な生活を徹底して侵す行為である。また、社会主義国における人権侵害や、軍事的な脅威は何かと隠蔽する。これらのことから、ジンケンのためとかヘーワのためとかいうセリフが、普通の人間なら簡単に嘘であることを見抜くことができる。
しかし、世の中全てが考える人という訳ではない。どちらかというと、学習能力が秀でて思考能力が低い人間も多い。残念ながら見ぬけない人もいるのだ。
こういう人がサヨク洗脳を受けると、考えることを完全にやめるサヨクロボットとなる。サヨク宣伝のみを受け入れ、学習し、再現するロボットだ。サヨク情報以外の情報を入力できず、サヨク思想を疑わず、ただひたすらエリート左翼が入力したプログラムを実行する人間だ。
普通簡単に見抜くことのできることでも、オウムとかサヨクに退嬰化してしまうと、見抜けなくなってしまう。オウムとかサヨクという存在のどうしようもない所はそこである。考えるのであるなら、説得の可能性がある。しかし考えないとなると、もうどうしようもないのである。

 更に、一応付け加えるが、例えばこのページによりサヨクの洗脳が解けて改心するという期待を筆者は全く持っていない。このページに記されている大量のサヨク問題を目の前にしても、間違いなくサヨクはサヨクであり続けるだろう。
「0.サヨクって何(このページの目的)」でも記したが、あくまでこのページは世間一般の人々を対象にしている。オウムとかサヨクに洗脳されてしまった後では、論理的実証的心情的 如何なる説得も無意味なのである。
あえて洗脳解除の可能性があるとするなら、オウム信者の時と同様に以下の手段以外にないだろう。

1 とにかくサヨク組織から物理的に引き離す。
2 サヨク信者となるために受けた洗脳と同じくらいのショックを与え、同じくらいの時間をかけて、心理カウンセリングを行う。

 いずれにせよ、ホームページごときではサヨクはどうにもならないのだ。

ロボットは考えない。
ロボットは改心しない。
ロボットは良心が無い。
ロボットはプログラマ以外の入力を受け付けない。
ロボットはプログラマの命令に従い動作するのみ。

2 サヨクは理想主義者ではなく、ただの無責任な阿呆

 サヨクを理想主義者という人はサヨク以外にも多い。おうおうに現実主義者との対比でこのように呼称される。はたしてサヨクは理想主義者か。全く違う。ただの無責任な阿呆にすぎない。

(1)真の理想主義者とは

 筆者の言う理想主義者とは例えばこういう人間だ。

 空を飛ぶというのは、大昔から人類の夢だ。その夢にいどんだ自転車屋の兄弟がいる。ライト兄弟だ。
音を機械に蓄積しいつでも再生できたなら、すばらしいことだ。その夢にいどんだ発明家がいる。エジソンだ。
ライト兄弟やエジソンはそういう理想に向かって、自らリアルな現実を解析し把握し懸命に対処した。これが理想主義者である。
高い理想をかかげ自ら取り組む人間。これが筆者の言う理想主義者である。

(2)サヨクの「理想主義」

 逆に、「セーフはシャザイシロー」とか「フクシヨサンをフヤセー」とか他人に要求しつづける人間。ひたすら他人に「理想」なるものを要求することを「行動」と勘違いした人間。これは理想主義などではなく、単なる無責任な阿呆だ。

 サヨクの「理想主義」とは、

(1)政府など他人に、結果を考えない「理想」を要求。
(2)馬鹿げた内容であるため、おうおうにシカトされる。
(3)「ううむ、嘆かわしい。世間の人間はボクのリソーを理解できない意識の低い人間だ。逆にボクはなんて高い理想を掲げた意識の高い立派なヒトなんでしょ。」と自慰る。

 というものだ。つまり単なる無責任な阿呆なのだ。

(3)サヨクを「理想主義」などと呼称するべきではない

 エジソンの偉大さは「セーフは蓄音機を開発しろー」と喚き続けた点にあるのではない。自ら理想に取り組んだ点にある。
また、世間にいる多くの人々も理想に向かって努力している。どうすればもっと使いやすい製品になるか。どうすればもっと安価に製造できるか。どうすればもっと望ましいサービスを提供できるかなど。
つまり、理想主義と現実主義は必ずしも逆なのではない。理想主義とは徹底した現実主義の裏付けがあって成り立つのだ。

 サヨクを理想主義などと呼称するのは、理想に向かって現実的に努力する多くの人々を愚弄するものだ。

余談:サヨクの徹底した自省能力欠如は、共産主義国家ゆずり [執筆日:H13/5/3][病理:自己陶酔癖]
1: サヨクは日本の行為についてのみ、「謝罪と反省」をしたがる

サヨクは「日本のみによる祖先の戦争犯罪?」なるものに「謝罪と反省」をしたがる。そもそもサヨクとは何かを問えば、それは「『日本によるもののみに限定した祖先の戦争犯罪?』なるものに『謝罪と反省』をしたがるクズ」であると断じてもいい。
サヨクは「アジア諸国の一員」なる枠組を重視したがる。もしその枠組を重視するのであるなら、サヨクは「支那や北鮮が行ってきた戦争犯罪や虐殺や侵略」に対しても「謝罪と反省」をするべきだろう。まぎれもなく我々アジア人の祖先が行ったものに他ならないからだ。
「我々アジア人は、共産支那のアジア人や北鮮のアジア人が行ってきた戦争犯罪や虐殺や侵略について、謝罪と反省をする必要がある。アジア諸国の一員として、共産支那のアジア人や北鮮のアジア人が犯してきた恥ずべき歴史を誤魔化してはならない。」という立場に立つべきだ。「アジア諸国の一員」としての自覚があるなら。

サヨクは祖先を断罪など日本非難のをぬけぬけと行う場合と日本政府からの福利厚生を受ける時のみ「日本人」となる。サヨクは日本人であることを根拠に、自らに日本断罪の資格がありと位置ずける。そして、それ以外のときは「アジア諸国の一員」「地球市民」に豹変するダブスタ野郎だ。

2: 自国への批判を全て批判者自身の内的要因に転化する共産主義国家

その一方、サヨクはサヨク自身への批判については、謝罪も反省もしないどころか、認識すらしない。サヨクはサヨク自身への批判に対しては、豚のような思考停止と狂犬のような逆切れ罵倒によって応じる。

こういうサヨクの有り様は、実は共産支那のやり口と完全に同じである。

日本人が日本の祖先への墓参りをしていると、玄関にゆすりたかりが登場。
ゆすりたかり「こらああ、おまえ。おまえの祖父は悪者なんだぞおお。弔うんじゃねええ。もっと教科書に祖先を断罪する内容で埋め尽くせええ。」などとワメき恫喝。その時も子分が日本の庭先の排他的水域内でうろうろ。
日本「??おまえ、頭おかしいのか?いいかげんにしろ。」
ゆすりたかり「ふむふむ、怒っているな。これは我が国に比べ日本が不景気だから、イラついているせいに違いない。」

キチガイ国家支那の真骨頂だ。これは支那の調査機関がおおまじめに主張している内容である。
玄関に来たゆすりたかりが、ゆすり行為を反発され、反発が来た原因をゆすっている相手のせいにしている。ゆすっているおまえが悪いんだ。盗っ人たけだけしい。
支那の政府関係者は「自国の問題点を考える」という機能が完全に破壊されている。というか、意図的に破壊している。共産支那は「自国の問題点を考える」機能を、自国民が備えている場合は弾圧と教育と政治宣伝により徹底して破壊する。外国政府(たとえば日本)が備えている場合、徹底した贖罪プロパを行い支那の問題点を指摘することがあたかも図々しいことであるかのように思わせてその機能を停止させる。

これは旧ソ連あたりにあった、共産党政府への批判者を「精神異常者」にしたてあげ精神病院に収容する発想とも同じである。「共産党政府への批判があった」→「批判があるのは批判者が精神異常だからだ(政府の方針に誤りがあるからではない)」という発想だ。

国民からの共産党政府批判があった→批判者が精神異常者だから(共産党政府に問題があるからではない)
外国からの共産党政府批判があった→批判者が不景気だから(共産党政府に問題があるからではない)

共産党政府自身の問題点を絶対に思考しない、狂気的なまでの無謬主義だ。

わかりやすく言えば、ようするにサヨクやその親玉である共産支那は、自らの要因で起きたことであっても「全部他人が悪い」で一貫しているクズだということだ。

 

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


サヨクの自己評価 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【拡散】左翼がサヨクにさよく時~保守の戦い方 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です