サヨクの分類


 嘘をでっちあげ、それを世界にまき散らしてでも日本をこき下ろすことに情熱を傾けるサヨクの目的に首をかしげる人は多い。
「いったい、そこまで日本をこき下ろしてどうしたいのか。」
という素朴な疑問がわいてくる。
心情的な理由(サヨクがどういう気分に浸りたくてサヨク運動をやっているのか)と、戦略的な目的(サヨクが世の中をどうしたくてサヨク運動を行っているのか)を、それぞれ記す。

↓よければ応援クリックお願いします。↓

(1)サヨクがサヨク運動に没頭する心情的な理由

(1) 他人を侮辱したり悲しませたりして楽しめるから。
(2) 世間の人間を意識の低い馬鹿(オウムで言うステージの低い人間)などと仲間と一緒にこき下ろせば、あたかも自分を世間一般の人間より偉い(オウムで言うステージの高い)かのように思い込めるから。
(3) 働かずに喚くだけでイイコトした気分に浸れるから。
(4) 皆で集まって騒ぐことを楽しめるから。

(2)サヨクがサヨク運動に没頭する戦略的な目的。

(1) 反日運動によるアジア近隣国における対日差別意識、反日感情の熟成。
(2) 平和運動による日本の軍事力弱体化と、それによる支那や北朝鮮の相対的軍事力強化。
(3) 人権擁護運動による日本国内のサヨク革命組織の擁護。
(4) 以上により近隣国に対日侵略戦争を起こさせ、革命に転ずる。

 以上に示した心情的な理由と戦略的な目的への自覚のないサヨクもいる。これは、どちらかというとサヨクの中でも、上級サヨクの兵隊となって働く下級サヨクだ。
心情的な理由と戦略的な目的への自覚の有無をからめれば、サヨクは以下のように分類できる。

1 原理派サヨク(社会主義系純粋馬鹿サヨク)

(戦略論についての自覚アリ & 心情論についての自覚ナシ)
上記の戦略的な目的をもっているが、上記に示す心情的な理由を自ら認識できないサヨク。
そもそも社会主義とは暴力革命を肯定する思想である。戦争や内乱を誘発し革命に転じるという伝統的な暴力革命論を継承している左翼。センソーしてカクメーが必要だと思っている。自分がやってるサヨクウンドーを、マジで善意からやっていると思い込んでいる。どちらかというと社会主義系の伝統的な左翼。
暴力を肯定するだけあって、行動は短絡的で性質は時に狂暴である。時に放火や爆弾テロや機関銃乱射による政治闘争を行う。考えの異なる者はもちろん、「同士」でない者の命をさして重視しない。
具体的には中核派のおっさんや、大学にいるマルクス経済学教授のおじいさん、昔からの熱烈な共産党信奉者など。

2 上級サヨク(社会主義系卑劣感サヨク)

(戦略論についての自覚アリ & 心情論についての自覚アリ)
上記の戦略的な目的をもっており、かつ上記に示す心情的な理由を自ら認識しているサヨク。
社会主義者から、反日運動家に退化した連中が多い。最も卑劣で戦略に長じた警戒すべきサヨク。各種媒体を掌握する者もおり内外に強大な影響力を持つ。
本人が直接テロを行うケースは少なく、議会やメディアや教育機関の支配による「運動」という闘争形態により、日本の軍事力弱体化や社会不安増大を目指す。 その運動とは、

@ 共産支那の軍備拡大に思考停止しながら自衛隊及び在日米軍のみをこきおろす「平和運動」。
@ 共産支那の核ミサイルに思考停止しながら日本及び在日米軍のみの核武装を糾弾する「反核運動」。
@ 共産支那のチベット満州侵略に思考停止しながら旧日本軍に対してのみ「戦争犯罪謝罪しろお」。
@ ODAによる膨大な共産支那公共工事に思考停止し日本のみの社会基盤整備を妨害する「反原発運動」「空港建設反対」「公共事業反対」。
@ 共産支那や北朝鮮などのスパイ活動や日本人拉致に思考停止しながらの「スパイ防止法反対」。
@ 共産支那の桁外れの人種差別人権侵害政策に思考停止しながら日本の選挙制度に対してのみ「在日朝鮮人に選挙権を」。

 などだ。
性善説を嘘ぶきながら、したたかに人間の愚劣さを利用する。「従軍慰安婦強制連行」とか、「南京大虐殺」をことごとく嘘だと認識しながら、これらをアジれば、吊し上げをしてイイコトした気分に浸りたい馬鹿がたくさん集まり、配下となって動くことを良く知っている。
こういった反日宣伝は別に嘘であっても良い。悪いことはすぐに広まるが、それの訂正など良いことはまず広まらないので、内外における恒久的な反日感情の熟成に役立つということも計算済みだ。更に、著作で宣伝すれば前記の馬鹿が大量に購入してくれるのでお金も儲かるという具合だ。
残念ながらこういった社会主義系卑劣感サヨクの企みは、ほぼ完全に成功している。韓国やアメリカなどでは、連中の嘘宣伝が今なお信じ込まれている。
現在指導的立場にいるサヨクに、これ系は多い。中央大学の吉見義昭教授や、高木健一弁護士、本多勝一氏、社民党やその下部組織日教組などがこれだ。不破哲三氏など共産党大幹部は上記原理派サヨクも兼ねている。その卓越した詭弁により、韓国人や国内のサヨクを手足のように使うことができる。
こういった卑劣なサヨクに対して制裁を加えるのは必要だが、それと同じく連中に嘘宣伝を繰り返させないための工夫が必要だ。

3 下級サヨク(ただの純粋馬鹿サヨク)

(戦略論についての自覚ナシ & 心情論についての自覚ナシ)
マジで「従軍慰安婦強制連行」とか、「南京大虐殺」を信じ込んでいる。社会主義へのシンパシーはおおむね少ない。マジで指導的なサヨクをヘーワとかジンケンのために戦っている立派な人などと信じこみ、ソンケーしている。
こういった連中に、サヨクによるヘーワ運動やジンケン運動の戦略的な目的を指摘しても、「戦争を起こそうとしているなんて、シンジラレナイ」とひたすら答えるのみで、その可能性の考察を行う余地はない。指導的なサヨクへの信頼、帰依はおおむね完璧であり、彼ら以外からのいかなる論理的指摘も受け付けない。
学校などで反日映画や反日写真をなどを見せられ贖罪意識を刷り込まれてこれになるなどという経緯が多い。時に学習能力に秀でて思考能力が低い、いわいる秀才タイプがよくなる。もちろん学習能力の低い者もこれになりうる。
吊し上げをしてイイコトした気分に浸りたいだけの自分の卑劣さを認識できない。マジで自分がイイコトしてると思い込み、自分に酔いしれている。
ほとんどのサヨク学生。日教組の下部組織にいるサヨクセンセイ。サヨク系市民運動でがんばるオバチャンなどがこれだ。大江健三郎氏あたりも、上級サヨクというより下級に属するのではと思われる。幼少期にアメリカ兵に投げ与えられ食べたチョコレート(現憲法)の味を忘れられない種類の。

4 開き直り系下級サヨク

(戦略論についての自覚ナシ & 心情論についての自覚アリ)
サヨクの最終形態。吊し上げをしてイイコトした気分に浸りたいだけの自分を、うすうすもしくは明瞭に認識しており、それでも恥じることなく吊し上げをエンジョイする。
マジでセンソーとかカクメーとか起こす気もなく、面白いからサヨクウンドーをしている。
いわばサヨクが最終解脱した姿。
ある程度の期間下級サヨクをやってきた連中が、様々なサヨクの嘘捏造ぶりを看破する著物にふれ、それに思考停止しきれず、しかしながらサヨクとなる喜び(他者を高飛車に批判し吊し上げる喜び)から脱却できない連中。嘘や捏造であることをも薄々もしくは明瞭に認識しつつ、自分だけバカサヨクとなったことが悔しく他人をも引きずり込もうとしているのだ。
もちろん、サヨクの日本のみの軍事力弱体化を計るヘーワウンドーが戦争目的であることもある程度感じている。知りながらヘーワウンドーに賛同する。しかし、本気で戦争とか革命とかを起こす気はない。

余談:上級サヨクが目指しているのは昔も今も戦争 [執筆日:H13/4/17][執筆対象:上級サヨク][病理:思考停止] 下級サヨクは以下の疑問点を思考しない。

考えない点1:なぜいわいる「平和運動」は、共産支那の軍備拡大に思考停止しながら自衛隊及び在日米軍のみをこきおろすものなのか。
考えない点2:なぜいわいる「反核運動」は、共産支那の核ミサイルに思考停止しながら日本及び在日米軍のみの核武装を糾弾するものなのか。
考えない点3:なぜ「戦争犯罪謝罪しろお」と叫ぶ連中は、共産支那のチベット満州侵略に思考停止しながら旧日本軍に対してのみ繰り返すのか。

こういう疑問は誰しももつであろう素朴な疑問である。そして普通の思考力があれば、「ようするに日本の軍事力弱体化を目指しているんだろう」と推察できる。サヨクのヘーワウンドーとは、ようするに日本の軍事力弱体化運動なのであり、支那や北朝鮮の相対的軍事力強化運動と言いかえてもいい。今更言うまでもないことだが。
そして次に以下の疑問が浮かぶ。

考えない点4:日本の軍事力を弱体化し、支那や北朝鮮の相対的な軍事力を強化して結局何をやりたがっているのか。

この答は明らかだ。戦争である。反日捏造プロパを支那や韓国でばらまいて反日感情を煽り、更に日本の軍事力を弱体化する目的は対日戦争を起こすことにある。共産支那の軍事的優位の保守し、日本が支那の暴虐に屈っさざるえない状況を作り共産支那の国益を守ることもまた目的の一つではあるが。
読者諸氏の中には、いくらなんでも「ヘーワウンドー」を行うサヨクが戦争をやりたがっているなどということはありえないと言う人もいるだろう。そういう人には筆者が逆に問いたい。日本の軍事力を弱体化し、支那や北朝鮮の相対的な軍事力強化を懸命に補佐する目的には、戦争以外に何がありうるのか。チベット満州ウイグル侵略真っ只中国家共産支那、軍備拡大共産支那、台湾を軍事恫喝する共産支那の軍事力を強化する目的。戦争以外に思いつくものはない。
要するに上級サヨクは、本質的に戦争革命論、暴力革命論を唱える昔の社会主義者、原理派サヨクと同根なのである。単に闘争形態が異なるに過ぎないのだ。

上記1~4を考えない人間がまず思考するべきことは、以下だ。

考えない点5:なぜサヨクは上記1~4を思考しない人間となったのか。それらを考えない人間となった経緯は何か。

本ページはこの答を記したものだ。

↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓

<<戻る  進む>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です