ゆくはし市議会だより


政党機関紙「しんぶん赤旗」の
庁舎内での勧誘、配布、販売について
小坪 慎也 議員


日本共産党は、収入が300億円以上あり
日本一政治資金が多い政党です。そのうち
250億円が機関紙収入であり、しんぶん赤
旗を主としています。赤旗の購読は、日本共
産党への政治献金の側面が否めません。自宅
での購読は自由ですが、公務員が職務中かつ
職場での配布となると問題があります。日曜
版の配布が終わった後は、市役所中の至ると
ころが赤旗まみれです。廊下から見える位置
からでもかくの有り様であり、これでは行橋
市役所職員の政治的中立性が疑われたとして
も仕方ありません。
 議員・元議員が庁舎内で市職員に対し赤旗
の勧誘を行っています。部課長級の多くが購
読していますが、これでは心理的強制が疑わ
れても仕方ありません。立場の強い議員が来
れば職員は断りにくいのではないか。さらに
庁舎内での集金まで行っているそうです。市
はこれを容認してきた歴史があります。
 議員・元議員による庁舎内での政党機関紙
しんぶん赤旗」の勧誘・配布・集金につい」
て、職員は何人くらい取っているのでしょう
か、またこのような状況はいつからあるので
すか。庁舎内での配布を禁止し、職務命令で
一旦は購読を中止してはどうでしょうか。


 調査していませんので、何人が取っている
かお答えできません。期間はもう数十年経っ
ているのではないかと考えています。
 苦情は過去ありませんが、多くの市民の目
に触れるような形で置かれる状況は、いかが
という判断をしなければいけない部分もあ
るかと思います。
 配布については、政党機関紙に限らず全体
的に改めて検証する必要があるのかなと考え
ています。

h2512-d

全文を読む>> 市議会だより 平成26年 2月15日号 (第119号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です