ゆくはし市議会だより


業を軸とした都市計画の
振り返りと今後について

「問」
私と同年代では、手取り20万円いか  
ない友人も多数おり、恐らく40歳に 
なっても50歳になっても上がりません。この
ような我々の世代から、福祉の予算を捻出して
います。日本の福祉は賦課方式ですから、年金
。も若者が背負っていきます
このように長期にわたって納税していく世代 
に対し、行政からの支援・サポートを充実させ
。ていくことが求められるのではないでしょうか
アメニティなんて横文字ではなく、市民プー 
ルが壊れたまま、映画館は潰れ、ボウリング場
もなくなりました。「これは民業です、ですから
行政は関係ない」というのは簡単です。しかし
誘致するなり、第三セクターで予算を付けるな
。り、やり方があるのではないでしょうか
単体では当然利益は出ませんが、周りの商業 
圏を活性化させることで、圏域全体で利益をあ
。げることは可能でしょう
福祉は基本使うものです。そして支えるのは 
私たち若者の仕事です。これから先、納税とい
、う形で長期に渡り支えていく我々若者世代が
だめになったら、福祉や老後を支えようもなく
。なります
この先、一番長い子ども達に心根を通した教 
育、そして次に子育て世帯の若年者の雇用、こ
の手当てがなされることで、安定した持続可能

「答」
私たちも、まさに若い世代、それから  
その子ども達、未来につないでいくため 
。に行政で仕事をさせて頂いています
やはり皆さんが本当に喜んで、そしてこの地 
域に住んでいて良かったという、そういう社会
づくりのために全力投球してまいりたいと思い
。ます

全文を読む>> 市議会だより 平成25年 2月15日号 (第114号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です