【対米外交】CNNにて「日本にはトランプ支持者がいる」ことが報じられる【先手必勝】


 

 

日本に「トランプ大統領の就任を祝う者」がいることを、海外に発信することは重要です。

KBC/九州朝日放送『土曜もアサデス。』にて行橋市議として報じられました。また、反トランプ派の一角をなす「CNN」にて写真が取り上げらたため報告します。

今後の対米外交は「先手必勝」となっていくことでしょう。
「国としての外交」は、国会議員が行うべき重要な仕事でありますが
より身軽な「民間外交」はその限りではありません。

今回の主催者は、同志であり福岡の後輩、ランダムヨウコ氏。
彼女は卓越した英語能力をもって、米国のトランプ支持者にアクセス。
国内の政治系YouTuberの二台巨頭として、動画を武器に支援活動を継続し、米国においても一定の認知を得るに至っています。

この場を借りて、彼女の活躍を称えるとともに、紹介させてください。

日本において、「トランプはダメだ」という論調の一点ばりとすることは、我が国の国益に反します。

思っていても「動き」がなければ、報じられることはない。
ただの飲み会程度と思わないで頂きたい、ここに集うことに意味があった。
そして取材依頼をかけ、メディア対応を行い、
ゲスト(私以外にもかなりの立場の人間が参加)を設定せねばならない。

私は彼女の活動の、「一応の道具」の役割を果たしたわけだが、
納得の上で、そのように振る舞った。

ポイントは、トランプ支持者であることを示す、あの赤い帽子。

 

KBC/九州朝日放送の放送を紹介すると共に、
CNNの記事を紹介することで、「なぜ民間外交」が重要か、
そして両論併記の報道に持ち込むことがどれほどの価値があるかと論じたい。

こちらから、仕掛ける。
いくぞ、先手必勝!

 

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

活動の狙い
日米のメディアは、トランプ大統領を否定し続けてきた。
米国のメディア、特にCNNは酷い攻勢であったと記憶しているが、
日本の報道も左派コメンテーターばかりで、攻撃的な論調を堅持してきた。

 

例えば、韓国の慰安婦像は、「北朝鮮の勢力」の暗躍が囁かれており、
日本の保守層にも随分と浸透してきたが、【韓国そのもの】を否定する方向にシフトしている。

これを「そりゃそうだ」と思う日本人も多いだろうし、実際そうなっている。ネット保守論壇も同様の動きだ。
従北勢力の存在を把握しつつも、対峙する存在として認識される。

同じことは、日米関係においても言える。

 

日本のメディアが「トランプの否定」を継続すれば、
日本の保守論壇が「韓国をそう思う」ように、
今後、主流派となっていく「米国のトランプ支持者」は
「日本をそう思う」わけだ。

これは我が国の国益を論じる上で、歓迎されるものではない。
日米同盟の深化は、双方の利益に合致する。

 

ゆえに「支持者も存在している」ことを、報じてもらう必要がある。
ここまでは理解してもらえると思うが、思うだけでは事態は打開しない。

思っただけでは現実は変わらぬ。
ゆえに「就任を祝うパーティー」を開催し、取材依頼をかけ、【自らがソース】となる必要がある。

 

この段取りと手配は私がしたことではない。

「来賓」として議員がいたほうが都合がよかったのだろう、
彼女「たってのお願い」ということで、実際はガチガチのスケジュールだったんだが、【参加することの意義】を私なりに見出して参加した。

頭のいい子だな、と思った。
私のコメント、彼女のコメント、盟友の石井氏のコメント。

私たちは計算し尽くして振る舞っている。

ちなみに、そんな相談は一切、していない。
(というが、市議選の支援に忙殺されており、時間がない。)

阿吽の呼吸というものだ。大目的さえ一緒であれば、安心して動くことができる。

 

 

 

報道の紹介
KBC/九州朝日放送『土曜もアサデス。』

ある意味では計算され尽くされたコメント、と言う理由がよくわかると思う。
私たちは単に飲み会をやったわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服装には意味があるので、後述したい。
議員らしからぬ格好ではなく、「服装こそが政治」である。

ここでピンと来た方は、国際外交というものがよくわかっておられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服装の意味
ちなみに、服装には意味がある。
議員らしからぬ格好と言う方もいると思うが、「服装そのものが政治」である。

この帽子は、ランダムヨウコ女史の私物であるが、「被っとくように」と渡されたものだ。
彼女が動画を投稿する際に、身に着けていたものだが、トランプ支持者を示す「アイテム」である。

 

 

 

パッと見て、この帽子を知らない方も多々いるとは思う。
だが、それは「日本国内」だけの話であり、「米国では一般的に通用する」ものだ。

書かれたスペルは以下。

Make America Great Again

 

検索すれば大量にでてくるが、このスローガンが書かれた帽子は、トランプ支持者のファングッズであり、一般的なものである。

 

 

これを「議員として身に着けて」報道に載ることには、
私なりの、(彼女の仕掛けた民間外交を)側面支援するための
外交メッセージを込めたつもりだ。

 

 

ちなみにマフラーも普通のものではない。
これはアフガンストール。

アフガンを戦った者が身に着けていたもので、映画などでもよく出てくる。
ちなみに「非常にお求め安い価格」だった。

 

 

 

 

 

 

アフガンストールは私の私物である。
アフガンの泥沼を、一応は考慮に入れて欲しいな、との思いから敢えて身に着けたもの。
(これは、参加にあたって、まあ、これがいいかなと思って最近、つけてるものです。お気に入り。)

アメリカファーストを否定するつもりはないが、左派が煽動するものではない「本当の反米活動」が生じるような未来は、私なりに危惧する思いもある。

柄と色で、わかる人には一発でわかる。
もうおかわりかと思うが、この服装は、日本人に向けてしたものではない。
伝えたい層に向けて、発したものであり、明確な意図がある。

 

トランプ支持者にして、かつアフガンストールを巻くことに意味があるということだ。
服装こそが政治であり、恐らくコメントも載らぬであろう「CNN」に対し、私が思いを伝える唯一の手段だから。

 

 

 

実際の動画をご覧ください。
僅か2分に編集された動画。
「海外を意識」した作りになっており、BGMがメインで日本語は一切ない。

英語での支援表明のみ。
物凄く短いので是非、見て頂きたい。

 

 

 

 

CNNに載りました
実際のCNNの記事を紹介する。
邦訳は、ランダムヨウコ女史のコメントを転載する。

 

(以下、転載)
『ドナルド・トランプの大統領就任に世界が反応を示す』というCNNの記事に、昨晩のランダムヨーコ主催の『トランプ大統領誕生記念 日米同盟強化パーティー』の概要と私の政治思想が昨晩の集合写真と共に掲載されました!

各国の反応が書かれており、キューバ、インド、イラン、イスラエル、日本、メキシコ、パレスチナ、フィリピン、イギリス、バチカン市国、の順で載っており、日本においては、東京の動きと我が福岡の動きを載せてくれています

東京では、米国外に住む米民主党員達の公式団体であるDemocrats Abroadが反トランプデモを行い、オバマ支持のサインを掲げ、女性の権利を訴え、トランプ大統領に自分達のような人間もいるとのことを知って欲しいと訴えたそうです

でも、それは日本に住むアメリカ人とそれに参加したごく一部の日本人の話
それもあってか、日本に住む日本人の動きである福岡の動きを掲載してくれました
主催者の私が女だというのに、米民主党員達と意見が相反しているのが面白いですね(笑)!
訳をしてみます

 

Japanese conservatives enjoy a celebration of Trump’s inauguration at a restaurant in the city of Fukuoka on Friday, January 20, 2017.
(写真の解説)日本の保守は、2017年1月20日(金)、福岡市内のレストランで、トランプ氏の大統領就任式の祝賀会を楽しんだ。

About 550 miles to the southwest, a few hours before the inauguration, a few dozen Japanese conservatives enjoyed a celebration of the new American president at a restaurant in the city of Fukuoka.
東京から550マイル南西では、大統領就任式の数時間前、数十人の日本の保守が、福岡市内のレストランで米国の新大統領のお祝いを楽しんだ。

Since the swearing-in would be happening too late for their gathering, diners watched Election Night footage on a big screen.
就任式の時間帯が集うには遅すぎるので、ディナーに来た彼等は、大きなスクリーンで選挙の夜の映像を鑑賞した。

“Trump is such an honest, outspoken person who has the same way of political thinking as us,” event organizer Yoko Mada said.
『トランプ氏は、とても正直で、率直で、私達と同じ政治の考え方をしている』と主催者のマダヨウコ氏は言う。

“What conservatives in Japan have been wanting is to bring this nation out of the so-called post-war regime, and one symbolic thing would be us owning our own military again, which Trump supports.”
『日本の保守がずっと成し遂げたいと思っていることは、所謂戦後レジームの脱却で、そのうちの象徴的なものを挙げるとしたら、それは我々独自の軍隊を再び持つことであろう。そして、それはトランプ氏が支持していることである。』

 

 

日本のおなごはこんなに張り切るのかと思われそうだ(汗)
本当は予算の問題諸々あるのだが、でも、気持ちを伝えるのが大事

『日本の保守』という種類の人達が存在しているんだと訴えられたのも、初歩的ではあるが嬉しい

興奮し過ぎて、他国の状況読んでませんが、おかげさまで、世界に訴えることが出来ました

日頃ご教示頂いている先生方、昨日のパーティーにお越し頂いた皆様方、いつも支えてくれる先輩方、CNN関係者の皆様、本当にどうもありがとうございます

国際社会のペースに合わせて、物事をこなしていかねばならないと気合いがまた一段と入ります

私達の想いよ、トランプ大統領に届け〜〜〜!!

 

 

 

 

実際の効果
どれほどの効果があったかは、CNNの実際の記事をご覧いただきたい。
先ほどの翻訳は「私たちに関係する個所」のみである。
記事の構成は、流石のCNN。世界で反対されるトランプ!という論調だ。

その中において日本では「支援の声」もあったという形であり、非常に目立っている。

冒頭から、ベルギーの女性たちが反対風景。
キューバ、CHINA、インドと世界の国々が続く。

イランの声を紹介する際には、自由の女神をドクロにあしらった動画。
その後の後、日本の紹介となる。オバマにハートをつけた活動から紹介しているが、その後に「私たちの支援の声」が掲載。

これは非常に目立つ。

 

 

ちなみに、私は英語がダメなので、まともに読んでない。
読んでなくても画像でわかるレベルである。

「見るだけで伝わる」のだ。
メキシコのとこは、ほぼ批判一色。

イギリスの項目では支援の声もありますが、その前段には「橋を作れ、(メキシコの?)壁はいらん。」という大きな垂れ幕。

日本とは仲良しのフィリピンですが、アメリカの国旗を焼いてる写真です。
ここで「日本では」支援の声があることが、写真付きで入っているのです。

物凄いインパクトです。

 

 

 

今後の外交は、先手必勝
CNNで用いられたらしい写真が以下。
右端には、誇らしげに彼女のコピーライトが表示される。

これが「あのCNN」に掲載されているインパクトは、凄まじい。
ぜんざいの塩みたいなもので、反対論調の中だからこそ、さらに輝く。

 

 

 

まさに先手必勝。
CNNが取材に来たわけではないので、「事前に告知して」写真を送ったのだ。

こちらから仕掛けた。
この指揮・判断は、私ではない。

保守王国・福岡。
活動家の人脈、動きに誇りをもつ。

 

これらのセレモニー、意味と意図は理解して頂けたと思う。
実際に報じられることで「多大な成果を既に挙げた」ため、成果報告の形をとる。

 

今後の、特に対米外交においては先手必勝が合言葉になるだろう。
以前も書いたが「軍を持たぬ」点において、我が国は譲歩を強いられる局面が多々でてくる。

日本の保守が、大騒ぎをするような「譲歩」も強いられるだろう。
自主防衛を満たせぬ国家とは、自らの主権を守れていない不完全な状態であり、交渉は極めて不利だ。

 

トランプ大統領は、素早い判断を求める「有能な交渉人」として振る舞うだろう。
米国の愛国者は、米国の利益を最優先に考える。

日本の民主党は売国奴と罵られたが、韓国にとっては有り難い政権であったと思う。
その国における「売国奴」ならば、日本の利益もあるかも知れないが、その真逆なのだ。

良い面もある。
日米の利害が一致する場合は、強力なパートナーとなるだろう。
ならば、トランプ大統領とは、円滑な、密接な関係を維持することは、我が国の国益に寄与する。

それは日本の国会議員が決めればいいことだが、
民間レベルにおいても「メッセージを発する」ことには、大きな意味がある。

 

ボールを投げられた場合、対応が難しい場合も出てくる。
だからこそ、受け身ではならない。

交渉が不利な可能性があり、かつ速さが求められるのならば。
ボールは、自ら投げることが寛容だ。

いまの日本は、受け身でいることが許される状況にはない。

 

ゆえに、今後の外交は「先手必勝」が合言葉となるように思う。
ボールは待つものではなく、自ら投げるものだ。

 

小さな一石ではあろうかと思うが、私たちは動いた。
これがメディアを意識した、新しい政治活動の在り方、その仕組みであると信じて。

 

 

 

 

外交は国が行うことであるが、

 

民間外交の重要性は、さらにウェイトを増していく。

 

就任を祝うパーティーを、日本で行うことで、

 

反トランプ一辺倒である、米国のCNNに取り上げられた。

 

日本においても、トランプ支持者がいると

 

報じられることは、政治家として好ましいと考える。

 

 

自国を愛する者が、他国を利することは想定しずらい。

 

軍を持たず、自主防衛を達成できていない、不完全な主権国家・日本。

 

交渉においては、譲歩を強いられることも出てくるだろう。

 

ボールが投げられた後に苦労が想定されるなら、

 

受け身であることは許されない。

 

今後の日米外交においては「先手必勝」が重視されるのではないか。

 

「今後の外交は、先手必勝!」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

 

一人一人に、壮絶なドラマがある。

(北九州市議選・応援候補)
平成29年1月20日 告示
平成29年1月29日 投開票

●若松区
うえの照弘

●八幡西区
たかき研一郎
【地方議員烈伝】義のためにリスクを背負う。見ず知らずの人に、命を賭けること【鷹木けんいちろうの戦い】

●八幡東区
戸町 武弘

●小倉北区
佐藤茂
吉田幸正

●小倉南区
井上秀作
西田一

●戸畑区
田中元

●門司区
日野ゆうじ

 

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【対米外交】CNNにて「日本にはトランプ支持者がいる」ことが報じられる【先手必勝】 への18件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【対米外交】国境を越えた「保守対サヨク」CNNにて「日本でもトランプ支持者がいる」ことが報じられる【先手必勝】 日本に「トランプ大統領の就任を祝う者」がいることを、海外に発信することは重要です。 KBC/九州朝日

  2. ぴょん吉 のコメント:

    思わぬところでメディア露出ですか。
    肝心なときにはスルーされていたのに、相変わらず変なメディアですね。

  3. 一郎 のコメント:

    YOKO氏の戦略に脱帽です。

  4. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    クリントン・ニュース・ネットワークとも揶揄されるCNNにおいて、行橋市議会議員である小坪先生、ランダムヨーコさん、そして、多くの仲間達の画像が放映されたことはGJです。

    小坪先生のトランプカラーの赤帽子(画像でひときわめだってましたよ!)を視たら、米国人ならその意味がすぐに以心伝心でわかることでしょう。

    先手必勝!素晴らしいです。

  5. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    特亜反日勢力の日米離間工作は日本でのみ行われている訳では無いので、こう言う援護射撃は確かに非常に重要な意味を持ちますね。

    そもそも慰安婦問題も米国での民間活動がエスカレートした結果、日本が一方的に煮え湯を飲まされていますし。
    但し、米国には数え切れない程のロビー活動家が存在し、その中には相当数の金で転ぶ活動家が存在しています。
    勿論、このロビー活動家は政治家との繋がりだけでは無く、マスコミとの繋がりや、日本に於ける西早稲田団体にの様な胡散臭い繋がりを持っている様です。
    少々、日本と米国での違いは加味する必要があるとは思います。

    それに対し、日本は政府も民間もこの辺りの活動は弱かった。
    勿論、他人様の庭先で関係の無い事柄を持ち込んでウダウダする事など、日本人の感覚ではナンセンスで考えもしない事ですが、中華圏ではそれを恥とも感じない為に思い切った活動を行ってます。
    嘗て中国国民党が連合国の支援を取り付けたのも同様の活動の成果ですし、中共もそれを継承して来ました。
    朝鮮に関しては、そもそも子供の様な精神なので元来が他力本願で、何時でも何処でも他国に依存して、被害者面するのがデフォルトです。

    その状況下で今回のアクションは、有効な弾幕であると考えます。

    扨て当のトランプ大統領ですが、マスコミから敵視され常にアタックを仕掛けられている為に、その対抗手段としてツイッターを活用しているとの情報もあります。
    っと言うことで、小生も @realDonaldTrump 宛のツイートに、CNNの記事にこのパーティーの画像と動画を添えて呟いておきました。
    実際の所、トランプ大統領本人の目にとまるかは運次第ですが、積極的に護国活動に参加出来ない方でも容易に援護射撃を展開出来る手段の一つでありましょう。

    皆様方も、 @realDonaldTrump 宛のツイートに、支援者が日本に存在する事をアピールされてみてはどうでしょうか。
    因みに、このアピールは日米含めたマスコミへの良い嫌がらせに成る事でしょう。
    マスコミにムカついている方には、お薦めの方法です。

    キーワードは対テロ3法。
    まさか、日本のマスコミが米国でテロリスト認定されるとは思いませんが、テロ対策の一環としてマスコミの在り方を問う法案が、この先米国で提出されないとは限りません。
    敵の敵は味方方式でも、この際構わないでしょう。

    叩ける機会を創り出す・・・。
    これも、戦い方の一つでしょう。

  6. 月光仮面 のコメント:

    これこそ 攻めの政治だと思います 明治維新のころ日本中が攻めていたと
    思うのです 今 それが なくなってしまった これは政治も企業も国民も
    すべて 思い出す時がきたのではないでしょうか シャープ見てください
    どこぞに買われてアメリカに工場をつくるって言ってます トランプ効果
    だけではありません 日本の腑抜け経営者のおかげさまで どこぞに買われないと
    動けなくなっているのです もう一度 日本中が攻めることをやってほしいです

    小池都知事の新党は反対です ハエがむらがって来るだけです 今まで
    そうでしょ それがおきるのです 同じ泥で出来た坊主地獄出来てはつぶれ
    又できる あげくの果てに のこっとあのは 泥に群がるハエ

    永住許可の短縮大反対です 今の日本をもっと悪くするだけ それが
    こ目的の笑顔に隠した経済学者  日本は消費税と派遣を止めれば
    輝ける 派遣会社の存在意義は何ですか

    • 月光仮面 のコメント:

      私 トランプ大統領を支持します なぜなら 日本にそのまま
      当てはまるのではないでしょうか 今の日本の企業も政治も
      死ぬ寸前 終わる寸前 たまたま 安倍総理の登場で生きている
      そんな気がします 労働者をいいえ企業戦士を切り捨てて
      外国人を養っている日本の企業 トランプ大統領が言っていること
      そのままだと思います 派遣で人を雇わなくていいという
      企業は必ず衰退すると思います それが 今の企業たち
      だと思うのです そのうえ 良いですかみなさん派遣社員では
      ない その上の人たちを永住許可を与えて家族で呼ぶんだそうですよ
      その人たちの下で 日本人が働くのです 中国の思惑そのままです
      この書き込みで朝日の人たちが紹介されていますよね この方たち
      中国の代弁者だと思います トランプ大統領を支持する所以です

  7. 日本(にっぽん)万歳 のコメント:

    お初です
    素晴らしい企画でしたね
    オレも赤い帽子を買おうかな
    トランプ新大統領演説(訳文)も(軍隊の事を除けば)素晴らしいものでした

    蛇足ながらボールの段は
    「寛容」ではなく「肝要」
    が正しいかと

  8. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    NHK…

    【大統領就任式】マスコミ各社が一斉報道→NHK(日本の公営放送さま)の異常ぶりが露呈される
    ttp://m.moeruasia.net/article/49331836

    これをやったのが反日日本人か反日害国人か知りませんが、日本から消えて欲しいです

    【ヘイトクライム】ほこらから盗まれた地蔵菩薩、川で発見 ほこらには数カ所「日本死ね」落書き(滋賀・彦根)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50497899

    日本の貧困って裕福ですよね。

    【うららで懲りろw】NHKによる「子供の貧困・生活困難層」感覚のズレが話題に「塾以外の習い事に通えない」「家族旅行に行けない」
    ttp://m.moeruasia.net/article/49337925

    これからやる犯罪の手口をバラす大マヌケ「肌が荒れたって仲間の医者に偽診断書作らせて高額賠償訴訟してやる」
    ttp://m.moeruasia.net/article/49331513

    こう言う悪質なクレーマーはどうすれば矯正できるのでしょう

  9. 生野区民 2 のコメント:

    CNNのような、パヨクの逆張りが日本の国益にかなうと思う
    トランプが大統領になった事により、防衛面で日本は真の独立国への道を歩き出すと
    思われる
    当初マスゴミの言う事を真に受け、トランプは異常者でではないのかと警戒したが
    異常だったのは、世界中のパヨクマスゴミ、カスゴミだと今は信じたい

  10. 東京都56歳 のコメント:

    Make Japan Great Again

    あるいは

    日本を取り戻せ!

    というキャプも欲しいですねえ・・・

  11. 金 国鎮 のコメント:

    山本太郎だけがトランプ当選を予想していた。
    彼はアメリカを知っているだけではなくてアメリカ人が好きだ。
    アメリカ中西部に住むアメリカ人労働者が見えている。

    これだけ多くのメディア関係者がいてトランプに唾を吐いた。
    彼らは日常対米友好とかアメリカを中心とする日本の安全保障を叫ぶ輩だ。
    彼らはこれからも変わることはない。

    私は山本太郎が言う韓国の評価を素直に聞くことにしている。
    なぜなら彼はアメリカ人が好きだ。
    他国の評価をする際に何より基本にしなければならない基本を身につけている。

  12. 小坪さん凄い のコメント:

    似合う赤帽子
    トランプさん赤帽子のことを知らなかった。ありがとう
    ガガがヒラリー支持。
    ハリウッド映画にも中共産党は多大な莫大な金を出している
    テレビにトランプさんが潰されたら核ある北朝鮮、中共産党はもう潰せない。世界の終わり

  13. 金 国鎮 のコメント:

    山本太郎は木村太郎の誤り。

  14. 徳川探偵 のコメント:

    たかき研一郎氏を拙ブログですが、拡散させて頂きました。

    トランプ大統領に関しても、大いに利用させてもらいましょう。
    外圧がないと、何も出来ない日本だから。

  15. Kaz Kino のコメント:

    CNNにアピールされたんですね!素晴らしい行動力。

    マックス・フォン・シュラーさんも、最近出た『アメリカ白人の闇』という本で、ヒラリーよりトランプ勝利の方がはるかに良かった、アメリカメディアも非常に左翼で偏った報道ばかり、ということを書いていました。アメリカメディアもそうなのか(日本以上にひどい?!)と驚きました。アメリカ社会かなり病んでるようです…

  16. Augusta のコメント:

    ヨーコさんは柔軟な発想をお持ちですね。TRUMP SENPAIの動画も見てますよ(笑)

     トランプとアメリカの動きですが、私の考えを述べます。アメリカにとって、日米同盟の堅持は最重要課題です。その上で、アメリカの為に日本の血を流させるのがベストシナリオです。矛盾はしていません。このシナリオを達成するためには、日米同盟の重要性を最初から訴えず、「いつでも切れる」とブラフをかますことが理にかなっています。

     トランプは、日米同盟の重要性を理解し、なおかつ知らないフリをしている、と考えます。日本から最大限の譲歩を引き出すためです。トランプはかなり前から政治に関心を示しており、頭もいい。言動と経歴が一致しないのです。そのギャップに不自然さを感じます。90年代を彷彿とさせる発言は、アメリカの有権者に向けたものでしょうけど。

  17. 板橋区日本人 のコメント:

    今夜『NHKの反トランプ派のデモ』を見た亭主が『ヒラリーならこんな事もないのにね』と言いました。平気で『中国産』を買う『ママが好きな韓国(わたくしが「韓国産何か買うな」と良く言うので、厭味的に)だよ』と言う亭主です。なので、面倒臭い(こいつ・・・wwと諦めてます)ですが『ヒラリーがなったら、トランプ支持者がデモすんじゃない?(棒)ってか、ヒラリーは中国よりだしね・・・(少しの期待を持って言ってみた)』・・・反応無し。
    亭主は、個人的に馬鹿なんでしょうが、一応日本人。自分の考えが『日本(自信の家族)をぶち壊している』事に気がつかない(知ろうとしない)日本人がホント多い事・・・怒りしか湧かない!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です