拉致啓発アニメ「いじめ生みかねない」教育長が不適切発言、福岡県に公開質問状


 

 

救う会福岡が、福岡県に対して「公開質問状」を提出した。
私の知るところによると、すでに救う会側と県は折衝を開始し、本件についても議論が開始されている。併せて、本日、ローカルニュースではあるが報道されるに至った。

当市の教育委員会からは、「救う会福岡」の抗議文に対する回答をしたと報告を受けた。
かなり踏み込んだ内容となっており、何より行政組織としては相当な速さである。その点は評価したい。

だが、時すでに遅く、タッチの差で「県へのアプローチ」を開始してしまった後である。
この回答が、昨日に提出されているか、もしくは今朝であったならば状況は変化していたことだろう。

 

回答期限として、15日間の猶予が設定されていた。
だが、その間において「何もしない」とはどこにも書いていないわけで、事態が著しく進行していくことは火を見るより明らかであった。

ネットという新たなインフラが出現した状態で、行政に求められる速度も向上している。
特に彼らは「対北朝鮮」において戦い抜いてきた、最前線の戦闘兵たち。
行政対応能力、ツールの習熟、速度においても「トップクラス」である。

 

救う会福岡の、県知事・県教委への公開質問状を掲載する。
舞台は「すでに県行政」にシフトしており、この移行をもって「市教委」は発言権事態を喪失したに等しい。

高度は、どんどん上がっていく。
併せて、私が受けた報告は「救う会福岡への回答」のみであり、私が求めていた「16日までの全小中学校での実施完了報告」ではない。

明日は土曜日であり、すでに完遂は不可能と判断、【私自身も、動く用意を開始】する。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下、二つの報道が掲載されている。

まずは、産経新聞より。
web版にて扱われているため、すでにネット上では大きく取り上げられている。

また、ライブドアニュースにも配信されており、様々な議論が活発になされている状況だ。

 

拉致啓発アニメ「いじめ生みかねない」 行橋市教育長が不適切発言

 

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=を描いたドキュメンタリーアニメ「めぐみ」について、福岡県行橋市の笹山忠則教育長が、学校での上映によって、いじめを生む懸念があると市議会で発言したことが14日、分かった。「不適切だ」との指摘があり、笹山教育長は、発言を撤回した。

 笹山氏は12日の市議会本会議で、市内の小中学校で「めぐみ」の上映を行わない理由を問われ「(在日韓国・朝鮮人への)いじめが起こる懸念を排除することはできない」と答弁した。

 この発言に、拉致被害者の支援組織「救う会・福岡」などが、不適切だと指摘した。笹山氏は13日、「いじめの発生が排除できない、またはその懸念に関連するかのように受け止められる発言になってしまい、深くおわびする」として撤回を申し出た。

 「めぐみ」は平成20年、内閣官房拉致問題対策本部が製作した。拉致という犯罪行為によって引き裂かれた家族の苦悩や、被害者の救出活動を描く。文部科学省は同年4月、学校など教育現場での使用が適当な映像作品に選定した。

 拉致問題対策本部によると、全国の小・中学と高校計約3万7千校のうち、約6千校がこれまでに授業で活用したという。

 笹山教育長の発言について、拉致被害者を救う会会長の西岡力麗澤大客員教授は「拉致は政治問題でなく、重大な人権問題だ。教育を預かる者としての感覚が疑われる」と非難した。

 

 

記事としては極めてフラットであり、謝罪・発言撤回についても触れられている。
産経にしては、拉致関係であることを鑑みれば、かなりソフトな書き方だろう。

翌日には発言の撤回を行っている点を踏まえてのことかと推察する。

 

 

次は、データマックス。
主に建設業界についての媒体だが、深く政治を取り上げることで有名。
ご存じではない方もいるかも知れないが、メディア関係者や行政マンがよく見ている。

情報量が大きく、かつ詳細。
特に、発言の経緯と流れがわかりやすい。
良い記事だと感じた。

 

北朝鮮拉致問題啓発アニメが「いじめにつながる」発言を撤回?行橋市

 

アニメがいじめにつながる?

 政府の拉致問題対策本部が企画・制作を行った日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」の福岡県行橋市内の小中学校における放映の関する同市・笹山忠則教育長の発言をめぐり、拉致問題の解決に取り組む市民団体から抗議を受けていることがわかった。

 問題視されている発言は、12月12日に開かれた行橋市議会本会議における小坪慎也市議の質問に対する答弁。小坪市議は、市内の小中学校における同アニメの上映と拉致問題啓発ポスターの掲示を求めていたが、教育委員会側は上映をしない方針を表明。その理由について、小坪市議の「たとえば在日朝鮮人の子弟がいじめに遭うとか、そういうことを検討されたんじゃないかと思いますが、そういう事例はあったんでしょうか」という質問に答えるかたちで、笹山教育長は「いじめの起こる可能性があることは、極力排除したい」などと述べていた。

 この笹山教育長の発言が、「答弁を総合すると”在日朝鮮人の子弟に対するイジメの可能性が排除できない”ことを理由とし、教育的な配慮が必要であるため上映していないという答弁であった」(小坪市議)と問題視された。

 市民団体「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会」(救う会・福岡)は13日、行橋市 笹山忠則教育長あてに抗議文を送付。同会は、「笹山教育長の判断は、日本国憲法が保障する『基本的人権』の侵害に加担しかねないものであり、官民挙げて実施されてきた北朝鮮人権侵害問題啓発活動を無にするものであり、何より、拉致被害者及びその家族の心情を著しく傷つけるものであると言わざるを得ない」とし、行橋市立の全学校で同アニメの上映などを求めた。

抗議を受けた同日の昼、笹山教育長は誤解を招いたとして発言を撤回。また、同市教育委員会によると、教職員や生徒に対する同アニメのDVD上映の実施を検討していくという。

 アニメ「めぐみ」は、「1977年、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いた25分のドキュメンタリー・アニメ」(政府 拉致問題対策本部HPより)。原作の漫画の原作・監修は、横田めぐみさんの両親、横田滋さんと横田早紀江さん。

 政府は、同アニメの外国語版を制作するほか、希望に応じて、拉致問題の概要について説明する職員を派遣するなど、「児童・生徒などが拉致問題について深く認識し、人権問題として考える契機」とするため、学校などでの上映会開催の促進を図っている。同アニメは、コピーフリーであり、動画ファイルを無料でダウンロードすることもできる(関連リンク参照)。

【山下 康太】

 

 

明日以降、報道は増加するように思う。

ある理由により。

 

 

 

謝罪、撤回で、不十分だった。
ここは市職員向けにも一言、書いておく。
あの場で謝罪し、発言撤回を行ったため「この程度」で済んでいるのだ。

中には「教育長が謝罪し、発言の撤回を行っているのに!」という方もいよう。
その考えは、根本的に誤まっている。

 

確かに、「対・議会」であれば、それは正しい。
だが、私は政治家として振る舞っているのであり、「行橋市議」という属性での対応事態が「誤り」だ。

執行部と対になる議会。
私は、確かに議会を構成する一人であり、議会人でもある。

考えて頂きたいが、本件は「議会の組織」で何か動きがあったのか?
私は、組織としての議会を、一切、用いずに動いている。

 

三役の謝罪、これは「議会側を納得」させることには有効であり、
その意味では「行橋市議としては矛を納めた」と書いた通り。

だが、政治家としては別である。
そして、当市の教育委員会が考えるべきであった点も、異なる観点であるべきだった。

 

「執行部(教育委員会)vs議会」であれば、【中のルール】で済む。
認めたくないが、予算の執行権を有する執行部側がどうしても有利な力関係にあり、
議会側がへりくだる場合が多い。

それらも鑑み、【中のルール】はそれでいい。

 

今回、求められているのは【外のルール】に照らし合わせてどうか、という点だ。

謝罪と発言撤回は、中のルールとしては正解だ。

だが、外のルールに照らし合わせれば「謝罪・撤回」は、事態の進捗になんらの影響を与えない。
なぜならば「執行部・議会」という、ややアンバランスな力関係ではなく、対等かそれ以上だから、である。

 

「謝罪・撤回」は、交通事故における、最初のお詫びに過ぎず、
いわゆる被害の弁済にあたるような、現状復旧に相当するものがない。

上映についても「方法を検討」としており、あの時点で「プラスの部分」をしっかり出すべきだった。

 

本件は、そもそも【外のルール】で運用されている。
執行部と議会であれば、力関係は執行部のほうが勝る。

だが、外となれば、例えば上級省庁が大量に出現した場合には、
市の執行部は【最下層】となる。

これが出現する前に、徹底した対応をとり、事態を沈静化させるべきであった。
なぜならば、先ほど最下層と述べたとおり、事態の進行に併せて「発言自体もできない」ようになるからだ。

議場での教育長の謝罪までは、ソースを持てた。
だが、それ以降の流れになると、テーブルにつくことすら許されない。

 

 

 

舞台は、県行政に。
「行橋市教育長の発言に関し、福岡県に公開質問状を提出しました」とのタイトルで、以下のように公開されている。

行橋市教育長のアニメ「めぐみ」に関する議会答弁に関して、救う会福岡は福岡県知事及び福岡県教育委員会に対して公開質問状を提出しましたので、ご報告いたします。尚、年内の回答を求めており、回答がありましたら公開します。

 

▽福岡県への公開質問状

 

平成29年12月15日

福岡県知事 小川洋 様

(福岡県福祉労働部長 様)

(福岡県福祉労働部保護・援護課長 様)

北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

代表 藤井守人

 

行橋市議会12月定例会本会議での答弁について(質問)

 

前略 平成29年12月12日行橋市議会本会議において、小坪慎也議員の質問に対し、笹山教育長は「児童に北朝鮮による拉致問題を教育すれば、在日朝鮮人に対するいじめが発生する可能性がある」という趣旨の答弁をされ、アニメ『めぐみ』を市内公立学校で上映しない「教育的配慮」の根拠とされました。

 

本事案に関連し、福岡県知事及び県当局の見解を求めます。

 

  1. アニメ『めぐみ』のDVDが行橋市小中学校で上映されることを前提に、福岡県が政府拉致対策本部に依頼してDVD20本を貸し出したにも関わらず、行橋市教育委員会は学校での上映を拒否しているが、福岡県としてはこのような行為を容認するのか

 

  1. アニメ『めぐみ』を日本人の児童生徒に視聴させることで、当該児童生徒が在日朝鮮人子弟をいじめる懸念があるという行橋市教育長の主張について、福岡県としては妥当性があると認識するのか

 

  1. アニメ『めぐみ』を福岡県内の児童生徒に視聴させることの効果と懸念について、福岡県庁内部で検討したことはあるのか。あるならば、その検討結果を提示されたい

 

  1. 今後、福岡県内での北朝鮮人権侵害問題啓発活動をどのように実施していくのか。県内の各自治体との連携を含め、その目的と具体的内容を提示されたい

 

以上、15日以内の回答を求めます。尚、本件質問と回答は公開します。

草々

 

▽福岡県教育委員会への公開質問状

 

平成29年12月15日

福岡県教育委員会

委員長 清家渉 様

教育長 城戸秀明 様

(人権・同和教育課長 様)

 

北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会

代表 藤井守人

 

行橋市議会12月定例会本会議での答弁について(質問)

 

前略 平成29年12月12日行橋市議会本会議において、拉致問題啓発アニメ『めぐみ』の市立学校での上映を求める小坪慎也議員の質問に対し、笹山教育長は「児童に北朝鮮による拉致問題を教育すれば、在日朝鮮人に対するいじめが発生する可能性がある」という趣旨の答弁をされ、アニメ『めぐみ』を市内公立学校で上映しない「教育的配慮」の根拠とされました。

 

本事案に関連し、福岡県教育委員会の見解を求めます。

 

  1. アニメ『めぐみ』を日本人の児童生徒に視聴させることで、当該児童生徒が在日朝鮮人子弟をいじめる懸念があるという行橋市教育長の主張について、福岡県教育委員会としては妥当性があると認識するのか

 

  1. アニメ『めぐみ』を福岡県内の児童生徒に視聴させることの効果と懸念について、福岡県教育委員会内部で検討したことはあるのか。あるならば、その検討結果を提示されたい

 

  1. これまで、福岡県内の公立学校で実施された北朝鮮拉致問題啓発教育について、アニメ『めぐみ』の上映を含め、現在把握している実績と、今後の計画について提示されたい

 

以上、15日以内の回答を求めます。尚、本件質問と回答は公開します。

草々

 

行橋市教育長の発言に関し、福岡県に公開質問状を提出しました

 

 

以上によって、舞台は県行政に移行した。

一応、断っておくが、私は救う会福岡の執行部ではない。
よって、文案も含め、執筆作業には参加していない。

当初、当市内においては「どうせ小坪議員が騒いでいる」程度の認識であったようだが、根本的に間違っている。

 

相当の戦闘力をもったロビー団体であり、全国的に見ても規模が大きい。

救う会福岡は、「県単位」の団体ゆえ、そもそも折衝先は「基本的に県」であった。
不適切発言のあった「地元」の行橋市をスタートとするのは順当だが、市で終わる話ではない。

どちらにせよ県に飛び火するのは当たり前のことだったのだから、
その前に対応を完了させることが、常識的に求められていた。

 

 

 

県行政と、市教委と、救う会
直接の、縦の指導権限はない。
だが、県教委と市教委、どちらがどうであるかは、言うまでもないだろう。
そもそも教職員の給与は県予算であり、教育分野への発言権は絶大だ。
また学校施設の建て替えなどにも多大な予算をもっており、例えるならば「元請け・下請け」ぐらいの力量差がある。

 

そして、救う会は、県行政に対しては「特に発言力が強い」団体。

特に福岡は戦闘力が高いと述べたが、活動の質とレベルが違う。
例えば朝鮮学校への補助金について、県を相手どり最高裁まで戦ったのも会員の一部が原告団。実態としては主導したと言ってもいい。

「朝鮮学校補助金差止返還訴訟」の被告は、県行政である。
戦闘力とは「物理的な喧嘩」(いわゆるグー)ではなく、文書作成能力や訴訟能力を含む、行政対応能力である。

 

朝鮮学校補助金差止返還訴訟の報告会が開催されました

 

実に3年間に亘る戦いでしたが、手弁当で裁判を主導してくださった中島弁護士と堀弁護士。
高名な先生であり、憲法の立案などでも「新聞に多々掲載されている凄腕」だと認識している。

全国的な弁護士であり、それを有する大型組織である。

 

 

その上で、だ。
行う集会には、福岡市の市庁舎が与えられ、檀上でスピーチに立つのは、
ご家族を拉致された家族会の方々が登壇されるが、相当のビックネームが檀上にあがる。

「大臣」「福岡県知事」「福岡市長」である。
そして、代表「藤井守人」だ。
(今回の抗議文の発信者)

下記において、写真付きの活動報告がある。

 

平成29年 国民の集い&国民大行進のご報告

 

 

私の認識ではあるが、県は救う会福岡に対しては
かなり丁重な扱いをしてきた。

そもそも拉致については、「大臣」を置いており、
言い換えれば「行政職のトップ」を配置しているのである。

本件は、拉致担当大臣まであがるだろう。

 

行橋市の失敗。
当初において「対・市議」程度に考え、【中のルール】を適用したゆえの過ちだ。

県行政は、(行政トップと直通の)救う会福岡と、行橋市教委を天秤にかけた場合、どのような判断を下すのだろうか。

市の執行部におり「相手は議会」(しかも一人の市議)と見て、事態を軽視しすぎた。

 

いま相手にしているのは、私ではない。
県行政と対等以上に渡り合ってきた、救う会福岡である。

現在の動きの起点も、基本的にはここだ。

 

市教委には、いくつかのチャンスがあった。
質問の翌日の謝罪、撤回。
この時点で「救う会福岡が抗議の意思」を公開していた以上、
教育長の答弁の時点で「上映します」と言えば、県への飛び火は抑止できた、軽減できたはずだ。
(方法を検討などでは、彼らが納得するわけがない。)

次が、抗議文を受けて「15日」という期限を切られた際の判断。
行橋の為に15日も期限が設けられているわけではなく、その後に物事が進むというわけではない。

これを即日で満額回答するぐらいのことをすれば、
まだ事態は軽減できたように思う。

 

だが、県に飛び火した場合は、すでに行橋市が救う会と話す機会は「ない」。
あとは県行政より延々と問い合わせを受け続けるだけ、だ。
上級省庁からの苦言に近い、話し合いのみであり、主体的に発言する機会を完全に喪失したと言える。

 

県も対応せざるを得ない。

甘い対応をした場合には、行政組織である以上、さらに上級省庁に通報されるからだ。
県行政にも「上」はある。様々な省庁があるが、省庁のトップは「大臣」である。

拉致には、専門の大臣が設置されており、
救う会福岡は「確固たるルート」を有する。

 

県は(行橋のせいで)「拉致問題に対する取り組みが甘い」などと、大臣に報告され、指導されたいだろうか。

 

 

 

私も、動く。
さて、救う会福岡を随分と持ち上げたが、この部分については嘘はない。

私自身は救う会の「平会員」であり、執行部ではない。
入れてくれと言えば、入れてくれる気もするが、博多が遠いのだ、実際のところ。
(交通費も時間も痛い。)

 

今まで相手にしてきたのは、救う会福岡であった。

執行部の誤りは、「県行政とやり合ってきた」救う会が相手ということを認識せず、
blogを書いている「当市の市議」を見たことにある。

 

そして、根底には「ちょっとネットで有名な」程度の認識であったこと、
はっきり言えば、私を軽視したことにあろう。

相手にしているのは「議会の構成員の一人」という意味での「市議」ではない。
私は「政治家」として振る舞っている。

政治家 小坪しんやの”覚悟”を軽視した。
どうせなんとかなるだろう、許してくれるだろう、という楽観。

 

私は「啓発期間内での、小中学校での上映」を求めた。

期限は16日であり、明日いっぱいが納期である。
明日は土曜日であり、すでに完遂は不可能と判断。

 

これより、発進シークエンスに入る。
私は「今まで」は動いていない。

動くのは、これからだ。
明日は、「事前準備」というか、「予備動作」を行う。

 

 

 

笑っているうちに交渉すべきだった。
昨日の再掲になる。
仏の顔も、三度まで。
そして三回を使い切ったので、今回は「やる」。

 

これは当市行政マンたちに告ぐ言葉。
あれほど時間をかけ、何度も質問をした「奨学金制度」について、教育委員会は【議事録の積み重ね】を無視し、改悪した。その認識であり、強く指摘し、「元に戻す」ことを私に確約したにも関わらず、約束を反故にした。

これについては、九月議会における「決算の否決・会派の離脱」劇においても言及した。
だが、あなた方は約束を破った。

これが一回目。

 

爆破予告に至る前、「当市所属の現職市議」である私の名を記し、
【ヘイトヘイト】と嬉しそうに集会をしたのは、当市の日教組会館である。

だが、これについて教育委員会はなんらの指導も対応もしなかった。
公務員が組合を持つことの法的論述はここではしないが、教育委員会は、対応をしなかった。
確かに政治活動は自由だ、好きにさせるといい。
私も好きにする。

これが、二つ目。

 

卒業式でしたか、入学式でしたか。
君が代の演奏に対し、特定教職員が「かなり私を苛立たせる振舞い」を見せた。
県教委への通報を”途中まで行った”が、あなた方の懇願により「緊急で停止」して差し上げた。

これが三つ目。
あの時、もう撃っておいたほうが軽傷で済んだかもしれませんね。

 

 

条例については、議事録の適格性を法論拠とともに用い、
「外部」(上級省庁)の力を借り、元に戻させて頂く。
抵抗すれば、指導対象とする方法を模索する。

自分で戻すか、やられるかの道を選ぶように。

 

日教組の動きについては、京築地区全般について「おかしな点がないか」議会で取り上げる。
法律を調査しつつであるが、教師の実名を議場で出しながら進めることとなろう。

黙って見てきたが「知らない」と思っているのだろうか。
私の調査能力をナメないで頂きたい。
すべて公開で進め、水面下の調整はなしだ。

 

入学式・卒業式での教師の振舞い。
市教委ではなく、県に通報していき、人事的なものが可能かどうかの対応から入る。
窓口のメインは県とし、市には後追いでの報告とする。
こちらも必要に応じて、議場でやる。

 

私とは、笑っているうちに交渉するべきだったと思う。

 

 

 

約束は、求めていない。
明日より、予備動作・準備を行う。

私の予備動作は、それなりに大きいと思う。
だが、まだ「撃ってない」のだ。

求められての報告をした程度で、能動的に動いていない。
市が受けているものも、「実態調査」などであり、指導や対応指示ではない。
私が動く場合は「具体的な施策」を求めるのみであり、ファクト以外には理系は興味を示さない。

 

救う会に対しては、「年内の教師への上映」「年度内の全生徒への上映」を約束したと報告を受けた。

だが、私の期限は16日である。
「全小中学校で上映」を条件としたわけだから、別に16日いっぱいで「学校施設内で上映」さえすれば、矛は納めてもよかった。

生徒・児童への上映を求めた質問だが、求めたのは学校での上映だ。
教育委員会の職員と、学校長のみであっても「期間内に、行内で上映」さえすれば、許した。

せめてそれぐらいは、やればいいじゃないか。

 

報告は、不格好ではあるが、書きようはある。

「全小中学校において、学校長および教員の一部、教育委員会幹部とともに、拉致啓発期間内において、全校での上映を行った。」とは強弁できる。

夜間であれ、休日であれ、これならば実施は可能だ。

 

私は、アクションを求めている。
「こうします」ではなく「こうしました」しか、理系を納得させるものはない。

 

 

 

約束はいらない。

 

もう何度か破られている。

 

修正すると約束した条例も放置。

 

私が求めているのは

 

「実施の完了報告」のみであり、

 

それ以外での停止は”ない”。

 

完遂が不可能なことが確定した今、

 

”予備動作”と”事前準備”に入る。

 

動き始めた際のエンドも記す。

 

「実施の報告」を受けるまで、やる。

 

それ以外の終わりはない。

 

政治家の覚悟がそんなに見たいのであれば、

 

その身をもって、学習して頂くよりない。

 

何度も述べているが、

 

私は、拉致問題については

 

一切、譲歩しない。

 

交渉自体が不毛であり、

 

実施が完了するまで、

 

こちらは、常にギアを上げて行く。

 

明日以降は、私も戦線に立つ。

 

規模は、大きくなると思う。

 

今まで、私は「本当に動いていない」のだ。

 

どういう風に変化するか、感じて頂きたい。

 

「出撃せよ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

23 Responses to 拉致啓発アニメ「いじめ生みかねない」教育長が不適切発言、福岡県に公開質問状

  1. medakanoon のコメント:

    拉致啓発アニメ「いじめ生みかねない」教育長が不適切発言、福岡県に公開質問状 救う会福岡が、福岡県に対して「公開質問状」を提出した。 私の知るところによると、すでに救う会側と県は折衝を開始し、本件について

  2. あき のコメント:

    この件もですが、本当に今日本は教育もですが、各方面歪みまくって弊害がシャレにならない程酷いです。  此処20年くらいで一気に加速したように感じますが、ずっとその土壌が造られてきたんだろうと痛感します。
    これを、建て直すには非常な努力、労力、時間が掛るでしょうが、あきらめるわけにはいきません。
    何時も、ブログ更新本当にありがとうございます。 
    大変だと思います、頑張って下さい。

  3. Frank のコメント:

    小坪先生
    本当にお疲れ様です、もとい有難うございます。
    いや、もう何と言いますか、今回のエントリに(も)感動しました。
    仕事と生活に追われてなかなかリアルには活動できませんが、微力ながら全力で応援させていただきます。
    今後ともご健闘をお祈りしておりますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、連日の投稿ありがとうございます

    拉致啓発週間がもうおわろうとしています。

    行橋市においては、残念ながら拉致啓発週間においてのアニメ”めぐみ”の上映が小中学校において行われることはありませんでした。ま、ですが、教育委員会のなかでは、アニメ上映を検討しているとのこと、年内でも来年になってからでもいいですから、しっかりとすべての小中学校において、上映していただきたいと改めて要望したいとおもいます。

    閑話休題・・・・行橋市の教育委員会及び笹山忠則教育長の対応

    一言です!行橋市市議会議員 小坪慎也議員のことを、なめていたんだとおもいますよ。小坪先生が日本全国の市議会議員の中でも、ネットで断トツの知名度を誇る議員であり、かつ、背後には、小坪先生を応援している、多くの市議会議員、県議会議員、そして、多くの国会議員(木原先生、長尾先生、安倍晋三総理も含まれていますよ)の存在があることをおそらくご存知ないのでは・・・

    そして、さらにいえば、拉致問題啓発アニメ”めぐみ”を上映することにより在日朝鮮人子弟へのイジメが起こる懸念があるからアニメ上映はしない!などと発言する教育長、教育委員会の存在に対して、日本国民がなにいってんだ!許さんぞ!というレベルになっている日本国民の空気を笹山忠則教育長はわかっていないんだとおもいます。

    とにかく、行橋市の小中学校の関係者のかたがた、拉致啓発週間内でのアニメ上映はできなくなってしまいましたが、アニメ上映の実施にむけて粛々と動いていただきたいと、再度、要望しておきたいとおもいます。

  5. 萱野 徹 のコメント:

    小坪市議殿

    志向の一貫性、観察計画実行の鋭さ、ご自身のブライトも含め良き仲間への信頼と配慮、直接見聞きしていることではないので過度な虚構なのかも知れませんが、私は人として嘘裏切り怠慢を決して許せない堅物です。小坪殿には常日頃より敬意を持って応援しております。

    強き志を秘めた信頼出来る政治家と確信し、当方の住まいの地区に是非とも欲しいお方です!

    誰とまでは言いませんが、当方地区また周辺地区の腐った議員、議会、行政にもうウンザリしております。
    投票率低いのは当然です!

    寒い日々が続いておりますので体調にはくれぐれもお気をつけて、ご自身の思い描く道を邁進してください。

    周りがどうであれ強気で攻める小坪殿に遠く離れた横浜より今後も期待しております。

  6. のコメント:

    「市教委」は発言権事態を→「市教委」は発言権自体を
    属性での対応事態→属性での対応自体
    「期間内に、行内で上映」→「期間内に、校内で上映」
    ではないかと思います。

  7. -EST のコメント:

    お早うございます。教育委員会側が発言を取り消し謝罪したけど、正に時すでに遅し。昔から兵は神速を尊ぶと言われておりますが、間違いなく教育委員会側は事と次第を軽率に思っていたし、小坪議員を舐めていたのもあるからあんな幼稚と呼ぶのもはばかられる発言をした。普段から教育委員会側は拉致被害者に関心ないどころか邪魔に思っているのでは?
    でなければ、なんであんな人でなしと罵られる発言を平気でしたのか?在日朝鮮人を敵に回したくないから忖度したのか?拉致被害者家族会側にもケンカを売るに等しい発言をしたと何故に気づけなかったのか?
    今後の彼らの言い訳(もはやそうとしか言えない)はつねに炎上必死である。しかも日本国にケンカを売った事にもなるから知らんよ?
    この顛末いかんでは全国規模でDVD上映されているか調査が入るんではないだろうか。北朝鮮有事でアメリカと連携しなければいけないのに国内で北朝鮮に忖度してるなんて恥ずかしいとかのレベルじゃなかろう。信用失墜で済まないんですけどねえ。拉致被害者に言及したトランプ大統領にも泥を塗ることになる。それとも教育委員会側はそれがお望みなのかね?

  8. 月光仮面 のコメント:

    思いますに 今までの日本が起きていたのだと思います いままでの
    日本の対応だったと思いますよ 日本を悪くしていればすむ これが
    ネットから反旗があがったのだと思います 日本のどこが悪いのか
    日本が何をしたのか しいて言えば日本はこんな事をされている
    と反旗がネットから上がったのだと思います これからの マスコミ
    政治家 行政 は考え直すべきです 政府もそうです たとえば
    尖閣 まったく 守っていません アメリカが警鐘をならす事態に
    まで なっていると思うのです 尖閣が日本のものなら 尖閣に
    ミサイル基地や軍港や空港を作るべきです そして 無人兵器の
    実用化を進めるべきです これって 闘う意思ですよ それに
    チャイナが反発すれば させれば良いのです 軍事なら軍事で
    追い払えばいいのです 平和を望めば平和で向かいあえばいいの
    です 機嫌をとる今までのやり方はもはや終わりです これからの
    日本の進む道だと思いますよ いいですか それが証拠に野党は
    次の選挙でおそらく無くなります 国民がそれを望んでいるのです
    今回のこの行橋の件はもはやこのような機嫌取り政策は日本人が
    拒否しだしたのです 大きく 強く 小坪先生を支持すると思いますよ
    日本の政治家の皆様 機嫌取り政策はもういい加減に終わらせて下さい
    日本は我が道を歩きませんか 親中 親韓 はもう終わりです
    これ以上国民をバカにしていたら きっと次は無いと思います
    国民は






  9. osg123 のコメント:

    小坪様
      今回の対応、および、行動を支持します。

    市教育委員会、並びに、笹山教育委員長がこれまで行ってきた
    本件以外のアクション(1つ目、2つ目、3つ目)も垣間見ませていただきましたが、
    私も頭にくる行動です。

    「全うな教育上の指導」も行っていたでしょうが、逆に言えば、
    上記3つ以上の「隠れた、あるいは、小坪様の見えていないところ」で
    ”約束破り”、”拉致被害を省みない”、”必要以上の配慮(それも日本人以外)”
    を遣らかしていそうです。

     この市教育委員会には十分な意義を感じません。

  10. 鳥海山たろう のコメント:

    北朝鮮による拉致事件というものを日本の教育のなかでしっかりと位置付ける必要があります。これは、ある意味で韓国の竹島不法占拠よりもしっかりと教えるべきだと思います。

    他国の工作員が自国民を(しかも少女を)拉致して工作員にするなど現代史では前代未聞です。しかも北朝鮮は最高指導者がそれに関与していたのです。

    さらに異様きわまりないのは、その後です。
    拉致事件の情報が各方面から寄せられていたのに日本のメディアはほとんど黙殺しました。これも信じられないほど異様です。

    また日本には、公民などの教科書に拉致事件をのせるべきという意見に強硬に反対した勢力が存在したということです。反対勢力にはれっきとした学者やジャーナリスト、評論家や政治家までいました。

    この背景には厳然としたひとつの事実があります。

    ドイツは米ソによって東西ドイツに分割されましたが、日本は運よくソ連による分割を免れたものの、国内では東西に分割されていたということです。

    そして国内で共産主義国家側についた左翼が、日本国民に対して、ありとあらゆる嫌がらせをやりました。要は、中国や北朝鮮などの共産主義国家を優遇する一方で日本を執念深くおとしめて、日本の国力を衰退させようとしました。

    左翼は政治や経済の中枢には侵入させませんでしたが、その被害と後遺症は甚大です。

    従軍慰安婦騒動もまちがいなく、おぞましい日本人への風評被害のひとつです。
    最近の日本人のなかには「慰安婦騒動は米国の陰謀もあるのでは」とトンチンカンなことを言う日本人もいますが、この連中は左翼の異様性をよく知らないのです。

    とくに教育や、日教組が教育に何十年も介入してきたため、日本の教育は何十年も異常でした。ソ連を崩壊させるにも膨大な努力があったように、一度全体主義的な組織が国内に根をはるとそれを打倒するのはかなり困難です。
    いまだに日本は日教組の後遺症に悩まされています。

    北朝鮮による拉致事件もあったし韓国の竹島占拠や日本漁民の殺傷や拉致まであったのに、なにを「憲法9条が日本を平和にした」と寝言をいっているのでしょうか。

    「強制連行」というなら北朝鮮の拉致や韓国警察の漁民拉致に使うべきです。

    とにかく左翼との話し合いは困難です。
    ただ他の日本国民も見ているため、仕方なく左翼と議論せざるをえない状況でしょう。
    左翼の異様さを幅広く日本人に啓蒙していく必要があると思います。

    さっぱり状況を知らない日本人のために、簡単に要約しますと以下の通りです。
    (これは過去に海外で英文でも何度か書いたことです。ただしWikipedeiaに書くには飛躍的だとされますが、厳然とした事実です)

    日教組の背後には、左翼の学者やジャーナリストが存在しました。これは朝日新聞も同じようなものです。

    この左翼の自称インテリたちは、戦後にGHQが日本を改革するために開放した共産主義者を源流としています。
    共産主義が衰退した後に、この左翼の「自称知識人」たちは二つのことを自己のアイデンティティとしました。

    なぜアイデンティティが必要かというと、マルクス主義や欧米民主主義などただの海外の専門知識の受け売りでは、ただの二番煎じにとどまるし、創造性のある知識人のしての権威を保てないからです。

    日本の特殊な左翼のアイデンティティを構成する要素は、以下のふたつです。
    ・日本は憲法9条で非武装となり世界の最先端の平和国家となる。
    ・日本は猛烈に戦争を反省して(植民地を反省しない欧米よりも)さらに進んだ過去を清算できる国家となる。

    これを主張するために、いつの時代でもトンチンカンなずれたことを考えて、それを国民におしつけてきました。本当に頭のおかしい連中です。

    軍隊がないと海外の同胞を自国で助けられないし、貿易ルートの安全を軍事力で守ろうとするのは町の自治会のようなものです。危険なことをすべて他国にまかせて自国だけ手をよごさずに平和だとうそぶくのは卑劣そのものです。

    そして軍隊をもてばきっと戦争をするはずだという卑劣な自虐をささえるのが、「戦争も他国に関与したのも、なにもかも日本が悪い」という頭のおかしい自虐思想です。
    これも悪らつな共産主義者の悪知恵です。

    常識でかんがえれば小学生でもわかることを左翼は嫌がらせをしたり、朝日新聞などの狂ったマスコミをそそのかして日本人を混乱させています。

    左翼との闘いの最前線にいる方は大変でしょうが、冷静にねばりつよく闘い抜いて左翼を打倒してほしいです。
    とにかく真正の左翼と、(真正の左翼ではないが)なんとなく左翼に洗脳されて色がそまってしまった日本人との区別をするのが重要と思います。真正の左翼とは(以上の事情の通り)話し合いはまったく通じません。(「日本は悪いことをしたのだから反省だけして余計なことをするな。被害をうけても永久に加害者だ」というような)本当に特殊な別世界に生きています。(私は若いときに本当に痛感しました)

    (かなりの長文になり大変失礼しました)

  11. お焼き県民 のコメント:

    市議は十分、我慢されたと思いますよ。

    反省し、訂正すべきはしていかないと、人としても国家としても成長はあり得ませんから。全面支持。

    でも睡眠は削らないで下さいね。

  12. e2e2 のコメント:

    このアニメ著作権者はいっそyoutubeなどの動画サイトにアップロードして仕舞えば良いでしょう、

    • 一郎 のコメント:

      e2e2様、横から失礼いたします。

      拉致問題アニメ「めぐみ」は、youtubeにアップされております。

      さらに、コピーフリーなので
      http://www.rachi.go.jp/jp/megumi/
      アニメ「めぐみ」日本語版のほか英語版/中国語版/韓国語版/ロシア語版/フランス語版/スペイン語版/ドイツ語版/イタリア語版がダウンロードできます。

      • 一郎 のコメント:

        以下、youtubeのリンクです。

        • スレチキジコピ@失礼します のコメント:

          一郎様に大変感謝します。
          狂師や反日狂育委員会を説き伏せて上映するのは時間がかかりそうなので専門家にお任せして(笑)

          お母様もしくはお父様からお子様の目に直接触れさせるのが一番だと思います。
          世の愛国お父様お母様方の出番ですね!!!!!

          ちなみに私は子供まだいませんので、市議の記事共々地道に拡散させて頂きます。

        • お焼き県民 のコメント:

          わたしも知りませんでした。児童はとっくに過ぎた年齢ですので帰宅したら見てみます。情報ありがとうございます。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    私もe2e2様がおっしゃってる通り、出来るならアニメをアップロードしてもらって、市議のこの教育委員会関連記事のURLとかも添えて貰えたらいいのになぁと思います。

    あと、教育委員長だけでなく、類似の思想を持つ日本人を矯正するには、日本人が反日害国人に受けた被害(事件)を叩き込むのが一番だと思います。
    余談で、拉致問題を無かった事にした政党が日本にあった事も併せて教科書に載せるべきだと思いますがね…。
    教育委員長やその仲間達に、市議のブログを読むよう教えてあげて下さい。多分日本人が受けた被害を知らないのだと思います…。

    米国で新たな慰安婦像設置へ ニュージャージー州フォートリー区議会が全会一致で可決 住民の3割以上が韓国系
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8999518

    韓国野党の議員が『指紋採取を拒否して』日本に強硬入国する惨事発生。日本側の対応に批判が殺到
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50506324

    NHK関係者が家に来なくなるNHK撃退シール 議員の立花孝志氏が無料配布
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1950490

    自由党議員が『自衛隊員の基本的人権の剥奪』を公式主張した模様。支持者からも総スカンを喰らっている
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50506331
    12:あなたの1票は無駄に
    >>6
    「生活の党と山本太郎となかまたち」と名乗るのを嫌がった「生活の党」の連中が改名した
    山本太郎も今では自由党共同代表

    16:あなたの1票は無駄に
    まりこちゃん!国会議員も公務員なんだぜ!

    41:あなたの1票は無駄に
    >>40
    公務員法第二条第三項一をガン無視するのは構わないけど
    議員が公務員でないなら税金から報酬受け取るのやめてくれませんかね

    52:あなたの1票は無駄に
    議員自身が特別職の公務員であることもすっかり忘れてるようだな。


    笑韓さんを始め、様々なまとめサイトさんが、市議の記事をまとめてくれてますよ。そこに寄せられたコメントの一部です

    56: (´・ω・`)(`ハ´
    すごいな、こいつ。
    日本人の人権が現在進行形で踏みにじられているのに、発生するかどうかもわからない朝鮮人へのいじめを気にするとは…
    やっぱりこういう輩がこの国をおかしくしてきたんやろうな

    60: 2017/12/15(金) 12:26:
    おっしゃる通りですね行橋市教育長は
    慰安婦像が建ったとこ全部に日本人へのいじめ生んでいるってアピールしてきて

    84: 2017/12/15(金) 12:37:3
    これ日本ヘイトだろ普通に。
    何で拉致被害者のドキュメンタリーアニメは〜なんだよ…

    88: (´・ω・`)(`ハ´
    イジメを生みかねないって、こいつら、現に起こって自殺者が出たいじめ事件でも
    蓋をして誤魔化すくせに。起こってもいないイジメを理由に、多くの日本人が北
    に拉致された事実を子供に知らせないようにしている。何重にも悪どい行いだ。

    >福岡県行橋市の笹山忠則教育長が、学校での上映によって、いじめを生む懸念があると市議会で発言したことが14日、分かった。

    いやいや、シナチョン共のウリアルファンタジーならまだしも拉致問題は歴史的事実で犯罪だろうが(しかも、未だにカリアゲケデブは拉致被害者を全員帰さないし)。
    福岡の教育界はシナチョン共に完全汚鮮されてんのか?日本人拉致被害者の心情はどうでもいいのか?

    こいつはほんと腹立つな…!

    いじめも何も、北朝鮮が日本人を「拉致」したのは事実だろうよ。
    それにきちんと向き合わずに、何がいじめられる可能性だ。

    その上で、いじめが起きないように教育するのも教育者の仕事だろ。
    仕事放棄するんかこのおっさんは。

    在外邦人の子弟は学校で韓国人と鉢合わせすると慰安婦ガー
    植民地ガーとイジメられるらしいが、そのことについては何も言わないのかよ?
    朝鮮無罪か?朝鮮人の味方の市長さんはよ?


    >笹山氏は13日、「いじめの発生が排除できない、またはその懸念に関連するかのように受け止められる発言になってしまい、深くおわびする」として撤回を申し出た。

    はぁ?詭弁を弄するなよ。「その懸念に関連するかのように受け止められる発言・・」って、市議会でモロにその通り発言しているじゃないか。「受け止め」の問題じゃない。貴方が本心を吐露しただけだ。
    周りの「受け止め」のせいにするなよ。

    世界に建ててる慰安婦像のおかげで在外日本人がイジメにあってる問題はどうするのか?

    慰安婦のドキュメンタリー映画を日本でも平然と上映しているが、
    日本への差別を生むだけでなく、歴史を誤って認識する可能性が十分ある。
    こいつの理屈だと、このような上映はとりやめさせたほうがいいね。

    何を言ってるんだ?
    日本人拉致は事実だ
    それに引き換え日本人はデマの慰安婦問題のおかげでアメリカでいじめられてるんだ
    ふざけるな

    これ小坪議員の質問で出た発言らしいね
    とんでもないがあぶり出しGJ!

    何にも悪いことしてないのに酷い目に合わせるのがイジメだろ?
    悪いことして叩かれるのはいじめでも何でもねえよ。

    ※24   教育委員会と言えば、特定の政党どころか、天皇陛下を尊崇する事をブログに書いた校長先生が、教育委員会からの圧力で削除させられた例もありますね。

    中日新聞・2015年2月18日   愛知県一宮市内の中学校長(57)が、勤務する学校のホームページ内のブログに「古代から日本は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた」などとする原稿を掲載し、市教委から口頭で注意を受けていたことが分かった。(中略)   校長は12日に市教委から注意を受け、ブログ原稿を削除した。取材に対し、校長は
    「子どもたちに和の心を大切にしてほしいという思いを伝えたかった」と説明。
    市学校教育課の担当者は「断定的な書き方で、個人の考えを押し付けかねないと判断した」と話している。   同校には保護者からの苦情は寄せられていないが、ブログについて「偏向教育だ」との匿名の手紙が「1通」届いたという。市教組も18日、教育長宛ての抗議文を提出する予定。
    ――――――
    >断定的な書き方で、個人の考えを押し付けかねないと判断した

    教育委員会の削除要求の理由は自己紹介かな?(笑)   公務員というのは国家に忠誠を誓う立場であり、ましてやそれらを治める校長なら、天皇陛下を尊崇するのはむしろ当然でしょうにね。
    ならば逆に、もし同校長がブログに「天皇家は解体して日本は中国の一部になるべきだ」とでも書いてたら、この市教委はどんな反応をしたか?是非見たいものだ。

    立憲民主党】赤松広隆衆院副議長「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」“皇室会議”で発言(産経)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/52626895
    6: 名無しさん@涙目です。(
    赤松口蹄疫の奴だからな、さもありなん

    2: 名無しさん@1周年 2017/
    お前らの戯言は国益に反する

    15: 名無しさん@1周年 201
    >>2
    その通り

    あとかなり余談で、私には市議が毅然とした犬屋敷さん(漫画:いぬやしき)に見えます。私はすごくすごく好きな漫画で犬屋敷さんが大好きです。

    ただ、アニメで犬屋敷さんと敵対する青年が「日本が嫌い」と言うシーンがあります。
    最終的に犬屋敷さんと青年が日本含め世界を救うのですがね。

    しかし、原作の漫画にそんな言葉はないのです。
    下らない陰湿な反日スタッフのせいで名作が劣化しました

    • 漫画喫茶店長 のコメント:

      私も確認しましたが原作漫画に「日本が嫌い」というセリフはありませんでした。
      ただ、漫画がアニメ化されるときにはよくあることです。

      「さくら荘のペットな彼女」では、原作では「シンプルなおかゆ」であったものがなぜか「韓国料理サムゲタン」になっていました。
      これはあまりにも不自然で目立つ改変だったためけっこう炎上していましたが。
      アニメと原作を両方しっかり見ていないと気づかないケースが多いです。
      常にこういう目で見ていると素直に楽しめなくなるという悲しい現実はファンとして辛いことですけどね。。。
      実際アニメ制作スタッフロールではキムさんとかパクさんがいっぱい出てきます。

      で、地方議会についてですけど、私は今の仕事を引退したら、
      趣味として、市議会や県議会を常に傍聴してそのレポートをネットに上げる
      みたいなことをできたらなと思っています。
      熊本の北口や緒方の事件をこの目で見て、聞いて、マスコミと違う視点で周辺まで取材をしてみたくなりました。既存の記者連中にそんな意欲はなさそうですし。。。

      小坪さんみたいな人が熊本にもいるかもしれないし、
      いなければ、発掘して育てていくことができるかもしれないと妄想していますw

      • 櫻盛居士 のコメント:

        「さくら荘のペットな彼女」の件は、かなり根が深そうです。
        このアニメは2012年にオンエアーされた様ですが、このオンエアーから逆算して制作期間にあたる時期に、韓国では参鶏湯の材料である鰹節に発癌性物質が混入していた事で大騒ぎになっていた様です。

        この発癌性物質が混入騒ぎ直後から、何故か日本のワイドショー等で参鶏湯推しと言うより、ゴリ押しが頻繁に展開されていました。
        まるで、韓国で買い手の付かなくなった発癌性物質入り鰹節を、日本で売り捌く目的なのかと思える程に、執拗にあらゆる事に参鶏湯をこじつけていたと記憶しています。

        因みに当時は民主党政権時代で、韓国産食材の規制緩和を派手に実施していました。
        残留農薬の規制などは、目玉が飛び出る様な緩和を実施してました。

      • スレチキジコピ@失礼します のコメント:

        漫画喫茶店長様、ありがとうございます。サムゲタン騒動は記憶にあります。

        私は犬屋敷さんだけでなく、青年の二面性(家族&親友&自分へ好意を直接伝えてくれた女性への深い慈愛と、それ以外の人間への無機質さ)もすごく好きなので、あの下らない一言で彼の無機質さが壊されたのがとても不快なのです。

        あのシーンは日本人大量虐殺開始のシーンですから反日低脳スタッフは、あのセリフを入れても不自然じゃないと思ったのでしょうけれど…。

        しかしこれ実写化されるそうですが、この調子だと青年寄りかつ日本人大量虐殺を正当化するかなり歪んだ映画になりそうで(確かに青年の凶行は見所の一つですが、本当に見るべきはそこではない!と思うのです…)かなり微妙な気分です。

        長々すみません、反応下さりありがとうございました。
        気持ちが軽くなりました。

  14. 旧新人類 のコメント:

    自治体に関わらず、これまでの素行により教育委員会というもの自体が信用できないので、県に直接問い合わせします。県知事と市長にもメールします。ところで、当県の拉致問題担当部署は「健康福祉部厚生政策課」なんだそうですが、他の県でもそうなんですかね。あと、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」が今年の4月に政府宛に要望書を送っていますけど、あまり動きがないのは何がネックになっているのでしょうか。ただ「何かやっています」というポーズで終わっていてもダメですね。日本国民は「成果」を求めているわけで、ただ「要望」を述べるだけでなく、ロードマップも示してくださいよ。上記「知事の会」の事務局が新潟県に置かれていますが、そこの知事って、頭狂新聞のアホ記者の肩を持って民間人相手にヘイト発言をついーとするとかしていましたが、そんなヒマあるなら拉致問題解決に向かってもっと実のあることをしたらどうかと思いますね。(話が脱線してすみません)拉致問題の解決のために改憲が必要なら、その点も打ち出せばいいのに。みんな何を遠慮してるのか。我が身がかわいい保身優先の「大人」にはうんざりです。

  15. 猫めでる婆 のコメント:

    替え歌を作りました。
    行橋市教育委員会のデカンショ節

    豊前笹山忠則さんは アヨイヨイ
    国の教育否定した ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ

    配慮配慮が日本を潰す アヨイヨイ
    のちの国民泣き暮らす ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ

  16. 尾張小牧 のコメント:

    市側はここまで大きな問題になるとは想像出来なかったのでしょうか?(苦笑

    随分前から、小坪さんはHP上から訴えていたのを思い出しました。
    そう考えると、対処する時間も随分と有ったのですが・・・・

    国交も無く、配慮で住まわせてやっている国の住人の事を考える前に
    自国の拉致されてしまった方々や家族のことを考えるのが本筋では?と思うのですがね。

    学校で上映するとそんなに?困る事が有るのでしょうか?(棒
    行橋市だけでは無くて、全国的にも調査する必要が有りますよね。
    行橋の教育関係者、そんな事になったら?他の市町村の同業者から叩かれるのでしょうね(苦笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください