【拡散】米公文書により「韓国軍慰安所」がベトナム戦争時、存在したことが明らかに。


 

 

「拡散」とつけることさえも、なんとなく情けなくなるが。。。

慰安婦は日本独自の最低な制度、という具合に国際発信してきた韓国は、いったい全体どうしてくれるのだろう。

私が個人的に疑問に思うというか、国際人権上、ひどく不快に思うのは。
韓国軍慰安所が存在したのに、しかも記事によれば「韓国軍による、韓国兵専用の慰安所」があったにも関わらず、

なぜ、あのような、暴虐の限りをつくしたいのか、だ。
あのような、とはライダンハンの問題である。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

<私のスタンス>
後出しジャンケンは好きではないので、自らのスタンスを明示しておきます。
恐れずに言わせて頂きますが、慰安婦の存在自体を否定するつもりはありません。
ないなら、ないほうがいいのでしょう。
確かにそうです。

 

<戦争犯罪と人権上の理由>
特にこれは、共産党、共産主義者らに言えることです。
二日市療養所をはじめ、我が国の婦女子がどのような目にあったか。
また、米軍の占領下にあった時代、性犯罪がどれほどのものであったか。

 

<RAAについて>
「特殊慰安施設協会」として、連合軍兵士の相手をするため、日本人が売春婦になった施設です。
戦災未亡人をはじめ、中には半ば強制的に集められた例もあると聞く。
我が国が、性について戦争犯罪があったとするならば、私は戦後処理におけるRAAにおいてこそ、責められるべき点があるように思う。

苦慮に苦慮を重ねての判断であったと思うので、
面と向かっては批判できない。
事実、RAAがなくなってのち、一般人の性被害が激増している。

とはいえ、RAAで売春に従事させれれていた我が国の婦女子も
正直なところ、普通の人だったようだけれども。

 

<戦争に敗れるということ>
これが戦争に負けることなのだと思う。
激戦のサイパン、ペリリュー、サイパン、シベリア抑留。
ひどい例は多々がるが、彼らが命を賭して守ろうとしたのは
避けようとしたのは、このような事態ではなかったのだろうか。

ドイツにおいても、ベルリンがどうなったか。

 

以下、引用)
窓ガラスがすべて吹き飛んでいたので、夜ごとに悲鳴が聞こえてきたのを、ベルリン市民はおぼえている。ベルリンの二つの主要病院によるレイプ犠牲者の推定数は、九万五〇〇〇ないし一三万人。ある医師の推定では、ベルリンでレイプされた一〇万の女性のうち、その結果死亡した人が一万前後、その多くは自殺だった。東プロイセン、ポンメルン、シュレージュンでの被害者一四〇万人の死亡率は、ずっと高かったと考えられる。全体ではすくなくとも二〇〇万のドイツ女性がレイプされたと推定され、くり返し被害を受けた人も、過半数とまではいかなくても、かなりの数にのぼるようだ。
http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20130620/p1

 

我が国においても、米兵らは「いくらかはマシ」であったようですが、状況はさして変わりません。
ゆえに、RAAが必要であったことも理解「は」できるのです。
理解はできるが、、、と言いよどむあたりが、戦争犯罪と人権の、本当の重みではないでしょうか。

 

<明日、死ぬかもしれない。>
という時。
生存欲求から、そっち方面に行っても仕方ないのかなーと。
ぶっちゃけた話、思うわけです。

「戦争」という、本当に非日常的な場面において
道理を説いても無駄なのです。

 

<慰安所の必要性>
その中で、戦火の中で。
慰安所を設けることで、一般人の被害を極小化することは、
統治上も部隊の衛生上も道理にかなっていると思うのです。

上記、特にひどかった赤軍の話を触れましたが
日本軍がそうであったかと言えば、それはない。

残念ながら何件かの犯罪はあったようです。
その上で、それらの者は、日本軍によって処断されています。

 

<韓国の論理はナンセンス>
この点から申させて頂ければ、私は韓国の言っていることはナンセンスだと思います。
彼らは慰安所の存在自体を強く否定している。

冒頭にも述べましたが、私は慰安所の存在自体は、しぶしぶ認める立場なのです。
悪い、というのは簡単なのですが、AとB、どちらか選べの選択が政治でありますから
どちらかと言えばマシなほうを選ぶのが政治でもあります。
(ただし、その場しのぎで将来に禍根を残す選択は慎まねばなりません。)

ないにこしたことはない。
しかし、そうも言っていられない。

統治下において、その国とは異なる国の軍が制圧した状態で。
その国の婦女子、まさに人権問題を避けるには、モアベターな選択のように感じるからです。

なぜなら戦時下の兵士の「こころ」という部分です。
彼らは機械のように戦うことを求められますが、同時にやはり人なのです。
その時の情動について、法が縛ることは極めて難しい、という見地にたつゆえです。

一番悪いのは戦争です。
私自身は、戦争は嫌いです。
言い過ぎれば左翼と勘違いされそうですが。。。

 

<ゆえに、韓国軍にもあったろうな、と。>
私は思っていたわけですが、米国の公文書によって、その存在が明るみとなりました。
いままで散々なことを言ってきたあの国ですが、いったいこれからどうするのでしょうか?

私は「あるだろう」と思っておりました。
理由は、戦時下における軍を論じるにあたり、その必要性が避けれぬためです。
「統治上」と書きましたが、占領軍がレイプしまくっていたら、反乱が起きます。
極めて統治が難しくなる。

ゆえに、あったろうな、と。

 

 

<米公文書が暴いたベトナムの「韓国軍慰安所」>
ゆえに、あったろうな、と思っておりました。
そして「あった」と。
アメリカの公文書で出てきたわけです。

以下、文春の記事になります。

 

米公文書が暴いたベトナムの「韓国軍慰安所」

ベトナム戦争当時、サイゴン(現ホーチミン市)に韓国軍の慰安所が存在したことが、アメリカの公文書によって初めて明らかになった。

日韓間に横たわる慰安婦問題に新たな視点を供する歴史的資料を発見したのは、TBSワシントン支局長の山口敬之氏。山口支局長は2013年9月から、約1年をかけて米国立公文書記録管理局のベトナム戦争に関する膨大な資料を調査。その中から、サイゴンの米軍司令部が、同じくサイゴンの韓国軍最高司令官・蔡命新(チェ・ミュンシン)将軍に送った「書簡」を発見した。

同書簡は1969年に書かれたもので、主題は韓国兵が関与した経済事件。その中で、同事件の舞台となったサイゴン市中心部の「The Turkish Bath」(トルコ風呂)について、以下のように記されていた。

「この施設は、韓国軍による、韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)である」

(The Turkish Bath was a Republic of Korea Army Welfare Center for the sole benefit of Korean Troops.)

山口支局長が語る。

「韓国側はこれまで、日本軍の慰安所について国際社会で厳しく糾弾し続けてきました。ベトナム戦争当時、韓国軍の慰安所がサイゴンに存在した事がアメリカの公文書によって明らかになった今、韓国側がこの問題にどう対処していくのかが注目されます」

山口支局長の「韓国軍慰安所」に関するレポートは「週刊文春」に掲載される。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で3月26日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

 

 

<ライダイハンの問題>
韓国がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性的交渉によりもうけられた子供などを指します。
その状況が、どれほどひどかったか。

1

シートがかけられている若い女性は、当然、亡くなっているのですが、、、
(少なくとも上半身が)裸であることからもわかるように、性被害にあい、殺されたのです。

本当に国民性とは恐ろしいな、と思わされるのは
写真の男性たちが笑っていることです。

 

<韓国軍の非道>
ライダイハンに絡む画像は、まだまだ凄まじくあるが、、、
あまりに凄惨なのでこの場では一枚に留めたい。

これが、国家を代表して動く「軍」の姿なのだろうか。
本当に情けない。

文春の記事には
「韓国軍による、韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)」という言葉がある。

韓国軍による、韓国兵専用の慰安所があり、
その上で、このような蛮行をはたらいていたこと。

やはり慰安所はあったか、と思うと共に。
なのに、なんでこんなことをするんだ!と。

 

言い過ぎれば、内政干渉になるのでしょう。
韓国らは、平気でやっておりますが、本当はおかしな話でございます。
ゆえに、この程度には留めておきたいと思いますが、、、

思いますが、しかし。
韓国軍は、慰安所まであって、このような、このようなことを行ったのか、と。
やはり歴史の浅い国は酷いものだなと思うわけであります。

この程度に留めたいとは思いますが、思いますが、、、
「韓国軍に慰安所があった」という事実については、しっかりと周知しておきたく思います。

情報の周知のため、FBでのシェア、RTをお願いします。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】米公文書により「韓国軍慰安所」がベトナム戦争時、存在したことが明らかに。 への40件のフィードバック

  1. 元自衛官 のコメント:

    馬鹿民族は、散々日本、日本人を国際社会で、
    貶しまくり、自分達の悪辣さ、残虐さを日本に
    擦り付け、自らは被害者面。
    もはや、完全に敵国でよろしいと思っております。
    在日も引き取らせて国交断絶が望ましいです。

  2. 南畿人 のコメント:

    やはり、あったかという感じです。どのつらさげて謝罪要求してるんじゃいと言いたくなります。

    さて、サヨクは韓国人慰安婦問題の捏造プロパガンダに失敗し、比国などの東南アジアあたりでまた捏造プロパガンダをやりそうな気がします。

    戦後の買春ツアーと慰安婦をごちゃごちゃにして、東南アジアで軍の組織的な関与があった~!これが証拠だ~!と言って吉田清治みたいな奴が出てきて、マスコミとか変な団体がそれに乗っかりそうな気がします。

    ちゃくちゃくと、準備をしているように思いますしか言えませんから思いますにしときます。

    ん~裏付けが素人ではとれませんが、

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんばんは
    ここにログインされるかたなら、既にご存知かもしれませんが、ケント・ギルバートさんが英文と日本語の両方で発信されている記事をみつけましたので、ここに貼らせていただきます。参考情報ですが。

    http://ameblo.jp/workingkent/entry-12006487836.html?frm_src=favoritemail

    韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!(二カ国語)
    テーマ:書籍・動画・資料等
    週刊文春 2015年 4/2 号 [雑誌]/文藝春秋

    ¥420
    Amazon.co.jp

         
    There Were Vietnamese Comfort Women for the Korean Troops!
    今日発売された週刊文春(4月2日 春の特大号)に「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」というスクープ記事が掲載されました。
    A scoop article was published in the Shukan Bunshun magazine which went on sale today (April 2, Spring Special Bumper Issue) with the headline:
    “There Were Vietnamese Comfort Women for the Korean Troops!”

    0326-01

    TBSワシントン支局長の山口敬之氏が、米国の国立公文書記録管理局(NARA)が保管している、ベトナム戦争当時の公文書のコピーを大量に取り寄せて、徹底的に読み込む作業を、2013年から開始。
    Beginning in 2013, TBS Television Washington Bureau Chief Noriyuki Yamaguchi obtained an enormous number of official documents from the Vietnam War era and preserved by the United States National Archives and Records Administration, and made a thorough study of their contents.

    2014年夏になって、韓国軍がベトナム人女性を、サイゴンの韓国軍人専用慰安所で働かせていた事実を示す公文書(犯罪記録)をついに発見。
    In the summer of 2014 he found an official document (criminal record) which detailed the fact that the Korean Army utilized Vietnamese women to work in a comfort woman facility in Saigon exclusively for Korean troops.

    そこから、当時の事情を知る元米軍海兵隊員への聴取や、現地訪問などの裏取り取材も行って、今日のスクープ公開に至ったようです。
    He then interviewed former U. S. marine officers who had knowledge of the situation at the time, for substantiation visited the actual site and conducted interviews, and today released this scoop.

    これからの韓国政府の対応が注目されます。
    How the Korean government handles this disclosure will no doubt be closely watched.

  4. たろう のコメント:

    ベトナムでの戦争犯罪がどのようなものであったか、全体的に調べて網羅的に検証すべきなのですが、当のベトナムが社会主義国という全体主義的な体制のため、激しい検閲がしかれてろくに調査されていません(ネット検閲でも東南アジアではもっとも激しい検閲をしているのはミヤンマーとベトナムの2ヶ国だけのようだ。ミヤンマーもかつて社会主義国だった)。
    ベトナムには韓国軍だけでなく米軍の慰安所もあったようですが、その全貌もわかっていないと思われます。そもそも調査しようという米国の学者自体がいないようです。ろくに米軍の慰安所について人権状況など調査しようとしないくせに一部の米国人は日本軍の慰安所だけを激しく非難していたのです。なんという偽善性でしょうか。

    ただし50年前の慰安所の人権状況をいまさら調べて蒸し返して「最重要」の外交問題に仕立てようとなどと考えている狂信的な知識人がいる国は日本だけです。これが20年以上前に日本軍の慰安所を大騒動になった理由です。過去に共産主義者が支持または支援した北朝鮮や中国の人権における犯罪を隠蔽して、日本の過去に釘付けにして、共産主義者の犯罪から目をそらさせることが連中の目的だったのです。

    の共産主義者が政権をとった国は大抵悲惨でしたが、日本のように教育とマスコミを共産主義者に牛耳られてコントロールされてしまった国も大変みじめです。共産主義者はなんら建設的な方向に社会を導く能力はないくせに歴史を改ざんして国民を洗脳するエネルギーだけは異様です。驚くべきゲスのかんぐりやあら探しを学問的なラッピングして、さも正当な研究のように見せかけるのが得意中の得意です。そして批判されても徹底的な印象操作と歪曲で逃げ切ります。何度考えても、吉田清治というバケモノ伝道師を何年もフリーハンドでほったらかかしていた日本の歴史専門家は異様です。

    • たろう のコメント:

      ベトナムは社会主義国だからベトナム戦争被害についてろくに調査しないという点について補足です。もしベトナム政府が反米意識を煽って米国から多額の賠償金をせしめて国民を国威発揚できるなら、被害をもっと訴えるはずです。でも米国はそういう挑発に応じる国ではなかった。それで米国を刺激するのは損だから被害を訴えないというのがひとつと、もう一つ重要な点は戦争被害の調査などでベトナム内で「人権意識」がなまじ高まると社会主義政権へのブーメランとなって跳ね返ってくるというのが大きな要素です。これは中国共産党などの心理と共通するものがあります。
      IT進歩などは著しくてたとえば日本企業がスカイプでベトナム企業と会話するのは何ら普通の状況になってきたというのに、社会主義という負の遺産をかかえているため陰湿な言論統制と検閲が続いているように推測しています。だからマスコミも「公営」のようです。
      「全国で発行されている新聞、雑誌は600種を超えているとされる。これらの新聞・雑誌は、ベトナム共産党とその下部組織や、省庁、機関の発行物である」(Wikipediaより)
      社会主義国だから相棒と思ったのか、このベトナムを煽ろうとして「日本軍による飢餓虐殺」騒動を反日左翼が起こして、これにも河野洋平などが見事にひっかかってしまいました。

  5. たろう のコメント:

    ベトナム戦争については米国と韓国は一蓮托生です。日本がベトナム戦争に参戦しなかったことは良かったと思います。金大中がベトナムでの韓国の行いを謝罪したことに対して、パククネは「金大中の謝罪は恥ずべき行為だ。ベトナム戦争は正義の戦争である」と豪語しました(現在のトーンは知りませんが、金大中の謝罪に対しては攻撃していたのです)。一方、米国はそんな歴史問題にかまっている暇はない、もはや各自の個人の歴史観の領域として、ベトナム戦争を政治マターになど一切させない、あくまで今後の社会が重要というスタンスまたは風潮です。

    日本だけ狂っています。左翼は「日本の右翼は慰安婦問題自体を無かったことにしようとしている」とまた新手のプロパガンダを流しつづけています。左翼が生き残れば日本がどれだけ侮辱されようが、どうなろうが知ったことじゃないのです。慰安婦騒動は日本の朝日新聞(この一社が突出して犯罪者)と韓国のマスコミが互いに連携して大きな役割を果たしました。「日本の右翼は慰安婦自体の存在を否定している」というプロパガンダは当時の韓国マスコミが好んで流したものです。だから元慰安婦の金学順は、「日本人が慰安婦は存在しなかったと言っている」という韓国マスコミの流したデマを聞いて激怒して日本の公けの場にでてきたのです(たしか西岡力氏の調査ではそうであったと私は記憶しています)。
    なんどもしつこく書いたように共産主義者とその後継者が教育とマスコミを支配して国民を長年洗脳して、軍隊で自国を守ることさえ恥ずかしいと思わせるような信じられないほどの自虐ノイローゼを国民に植え付けようとした結果、ついにいきつくところまでいったのが、日本という先進国に起こった慰安婦騒動であり、その背景です。

    とにかく大勢のマスコミを総動員した結果、韓国人慰安婦で日本軍に強制連行された被害者はひとりもいない。親や親族に売られた慰安婦はたしか数人か数十人くらいか。それに対して朝日新聞など日本の左翼の流したプロパガンダである「共産主義を実現した北朝鮮は地上の楽園であり格差のない平等社会」という神話を信じて北朝鮮に渡った在日朝鮮人や日本人は数万人近く。この方々の真に深刻な現代の人権問題については反日左翼は鼻にもひっかけなかったというのがこの問題の本質と異常性を徹底的にあらわしています。

    • たろう のコメント:

      朝日新聞など日本の左翼の流したプロパガンダである「共産主義を実現した北朝鮮は地上の楽園であり格差のない平等社会」という神話を信じて北朝鮮に渡った在日朝鮮人や日本人は数万人近く。
      (「数万人近く」は「10万人近く」に修正します。調査では93,340人)
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E4%BA%8B%E6%A5%AD

      「北朝鮮帰国事業の罪」
      http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/kikokuzigyou_notumi.htm

      反日左翼がまたぞろ歴史を改ざんしようとして、日本政府が朝鮮人を厄介払いしようとして実施したと日本政府にすべての責任をおしつけようとしています。
      北朝鮮を徹底的に美化する一方で、逆に日本を執拗に悪魔化して、日本国民を狂ったイデオロギーで洗脳しようとした過去のことなど無かったことにしようとしています。

  6. オルグイユ (@feilong15) のコメント:

    リツイートしました。

    日本人も、徐々に戦後サヨクの呪縛から解き放たれています。
    アメリカからの一次資料発掘により、サヨク+中韓の主張が崩れているのは事実です。
    罵倒に走らず、一次資料を提示して、理路整然と論破すべきですね。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    戦地での性の換金に関しては、多面的に見る必要があります。

     ・人道
     ・個人的価値観
     ・法的位置付け
     ・戦地での経済活動
     等

    扨て、戦地や占領地では憲法以下あらゆる法律が、その効力を停止または失い、その地に駐留する軍令の下に行政が行われます。
    例えば、GHQ統治時代に於いてもアメリカ合衆国憲法が日本で適用されなかった事などは良い例ですね。
    但し、GHQは日本国政府が現存する事を鑑み、基本的に日本国政府を指導する方針で占領軍統治を行いましたので、ベトナム戦争と同列には扱えませんが。

    そして、占領軍は占領地の治安を維持する責務があります。
    嘗ての日本に於いては、日本国政府を通じ日本の警察が所有する警察権を行使する方法が執られましたが、現地の警察が機能していない場合や不在の場合は、その任務を占領軍の憲兵が担う必要があります。
    ※占領軍は占領国の主権を奪う事(国際法により許されてはいない)が出来ず、それ故にアメリカ合衆国の警察が日本国に於いて警察権を行使する事は出来ませんでした。

    つまり、軍が行政機能の一端を担う必要があるわけです。
    以上が、法的な一面です。

    経済的な面では、戦地で占領軍が一番欲するのは軍需工場です。
    しかし、戦地の場合は戦闘による罹災を考えれば現実的ではありません。
    戦地で莫大なコストを掛けながら状況によってはそれを無条件で手放さなくなる軍需工場を、戦地で経営する者など居ないからです。

    しかし、人間が生きていく為には経済活動は不可欠です。

    そこで戦地でマッチングする経済活動を考えれば、当然初期コストが低く且つ退避に手間のかからない業種が必然的に残ります。
    当然、需要の無い業種は成り立ちません。
    具体的にはバーや食料品店、売春業です。

    特に売春業は、商売道具が自らの意思を持っていざとなれば退避する上に、初期コストが低く、人間の生物としての本能から需要がある為に、戦地では必然的に残る業種でもあります。
    また、軍が行政機能の一端を担う必要がある以上、犯罪を抑止する施策を軍は執行する必要があり、売春業とは、利害が一致する面があります。

    個人的価値観の面を見ても、春を売る事に抵抗感の無い女性はどの民族に於いてもある程度存在している現実があります。
    但し、これらは供給に対して需要の方が上回る事が多く、これがトラブルの素になります。

    以上を考慮すると、戦地に於ける売春業自体を論議する事は困難な訳です。

    唯一論議するとなれば、個人的価値観を無視する行為、つまり人道上の問題と犯罪です。

    個人的価値観を無視して売春を強要する行為では、日本に於いてはその多くが軍によるものではありません。
    多くの問題は民間にあり敢えて問題にするとなれば、警察の脆弱性以外の論点はありません。

    犯罪で論議するのならば、日本なら中村病院事件等の犯罪行為でしょう。
    ベトナム戦争ならば、ライダイハンが生まれる原因となったレイプ事件でしょう。

    そもそも、南鮮が大東亜戦当時の売春宿を問題化しなければ、ベトナム戦争での売春宿も問題では無かったのです。(犯罪行為を除く)
    ライダイハンが生まれる原因となったレイプ事件以外の問題は、防犯施策以外に無かった訳です。

    つまり、この分野で軍の犯罪で問題として捉えなければならないのはレイプ事件の一点のみです。

    史実に基づけば、南鮮にとっては非常に都合の悪い事しかありませんね。

    そしてもう一つ
    慰安婦問題は『問題』と銘打ってるだけで、問題ではありません。
    『問題』にカモフラージュした、日本を陥れるための『武器』です。
    日本人が『問題』として捉えて騙されている限り、解決はありません。
    存在しない問題は、問題解決出来ないからです。
    正しく、『問題』では無いと認識し、日本を陥れるための『武器』として対処せねば、正しい対処も出来ません。
    『武器』は破壊無力化し、その『武器』を使う者を制圧せねば、平和は訪れないのです。

  8. ある愛国者 のコメント:

    韓国軍慰安所など存在しない。
    証拠が出たと言うのもこれは邪悪なる日帝米帝の
    我が国を陥れようとする姑息な謀略であり、
    その証拠も捏造証拠に過ぎない。

    日帝は米国各所に点在する石碑に刻まれている通り、
    戦時中に20万人以上もの罪なき朝鮮人婦女子を拉致し、
    性奴隷となることを強制し、
    悪逆暴虐非道の行いの数々を尽くしながら
    今なお、満足のいく謝罪一つ行われていない。

    慰安婦制度とは世界でも唯一日帝のみが行った
    邪悪なる女性人権蹂躙制度であるとする立場も
    我が国が日帝の侵略によって被害を受けたとする
    被害者であるとする立場も千年経っても変わる事は無い。

    日帝は戦時中の悪逆非道な行いの数々を認め
    正しい歴史認識を持つと同時に
    今なお癒える事の無い
    深い心の傷を負っている慰安婦の人たちに

    未来永劫、
    心から誠意ある謝罪をし続けるという精神を
    持ち続けていかなければならないのである。

    大韓民国

    ・・・だ、そうです閣下。

    もうこんなのとは価値観を共有するどころか
    国交を結び続ける価値も無いのではないか?と思うのだが・・・・・・。

    いつまでこの嘘つきどもは
    嘘をつき通そうとするつもりなんでしょうかね?

  9. 徐勢昌 のコメント:

    浅学で写真は見たことがありませんでした。有難う御座います。
    記事に共感いたしました。
    ますます国防強化、治安強化の必要性を感じました。

  10. たろう のコメント:

    「戦地での性の換金に関しては、多面的に見る必要があります。
     ・人道
     ・個人的価値観
     ・法的位置付け
     ・戦地での経済活動  等」

    上記のような色々な側面または要素に分けて考えるのは実に有効だと思います。個人的には「法的側面、外交的側面、人道的側面、学問的側面」などに分けられると思います。
    以下は以前に政治家の方に送ったメールです。

    慰安婦騒動は国内法や国際法などの法的側面、外交的側面、人道的側面、学問的側面など様々な側面をもっております。法的側面としては日韓基本条約で解決済とする従来の方針を踏襲することで自民党も民主党も基本的に一致しています。過去の朝日新聞のようにこれを覆そうとする主要メディアも現在はいないようです。これはひとまず幸いなことです。むずかしいのは人道的側面で、当時の日本政府は朝日新聞等の洗脳にひっかかって人道的責任を感じたからこそアジア女性基金や河野談話などの対応(今から振り返れば余計なことでしたが)を行いましたが、これが完全に逆効果となり、その後日本が逆に人道的に非難されることにつながりました。国際的に日本が人道的に非難されることは、竹島問題などの領土問題をかかえていた韓国にとってもっけの幸いであり、現在の韓国はスポーツ大会の試合のように日本がいかに人道的に劣った国であるか非難合戦して日本を人道的におとしめることに熱中しています。これは韓国が国内の政治問題や竹島の領土問題などを有利に展開させたいためにやっているのす。

    河野談話は微妙な問題です。日本が人道的責任を認めたなら法的にも対応するべきだというのが国際社会の反日勢力の主張であり、これに対して日本側は法的措置は終わっており人道的対応も終わっているとのらりくらりと説明していくのか、それとも法的責任の根拠となりうる過去の人道的対応や声明(つまり河野談話など)を見直し無効化して徹底反論していくのか、岐路にたたされていると思います。
    安部首相は前者ですが、他の政治家のなかには後者の方もいます。後者は朝日新聞により性奴隷国家として誹謗中傷されて地に落ちた日本の名誉を回復させるべきだ、という尤もな動機から主張されているのでしょうし、前者は徹底反駁すればそれを逆手にとられて過去の法的決着までむ蒸し返されるリスクを懸念しているのだと思います。

  11. たろう のコメント:

    (調子こいて、長文連投、誠に申し訳ございません。上記の後半です)
    女性の人権問題と切り離せといっても完全に切り離すことができない微妙な問題であるからなおさら厄介です。世論の統一は難しいでしょうが、この両者の意見がうまく国際社会へ伝わって長い期間をかけてでも落ち着いていかせるしかありません。こういった国際世論が複雑にからむ問題は逆転ホームランのような外交的解決はありえません。時間をかけて日本人が向き合う問題であると考えます。

    さてこのおぞましい慰安婦騒動をいかに学問にフィードバックしていくか、また日本人の歴史的教訓として残していくかという問題があります。私は学問をする人間ではないですが、朝日新聞の報道を一市民として見てきた証言をしっかりと伝えたいです。

    朝日新聞のものすごいところはあれほどの慰安婦大騒動で日韓関係を完膚なきまでに破壊して滅茶苦茶にしたにもかかわらず、その自覚がまったくないところです。これはほんとうに恐ろしいことです。こういうメディアがオピニオンリーダーを名乗ってきたことに震撼し、心から日本の不幸を嘆かざるをえません。
    朝日新聞または朝日信者の言論人はこの辺の歴史的経緯を確実に捏造してくると思われるので我々は歴史を生きた証言者として、しっかりと後世の日本人に真実を伝えなければならないという義務を感じています。
    (韓国を犬にたとえるのは失礼かもしれないが)朝日新聞はうしろから犬を蹴っ飛ばして犬が日本に噛み付くようにけしかけたのです。ところが朝日新聞の言い草は「噛み付いてきた犬に気に入るような餌を与えなかった日本が悪い」。こう言いたいのです。朝日新聞に洗脳された歴史家であれば、朝日新聞が犬を思いっきり蹴っ飛ばしてけしかけたところをきれいに抹消して、まるで気に入る餌を与えなかった日本が悪いという風に歴史的因果関係を捏造してくるでしょう。(繰り返しますが韓国を犬にたとえたのは特に悪意はありません)。日本の左翼の末裔は確実に歴史的因果関係を捏造して世界に拡散するでしょう。それはわかりきっているのです。政治家の方々は絶対にこのような反日勢力の扇動に乗らないようにお願いいたします。

  12. たろう のコメント:

    (櫻盛居士さん)
    「慰安婦問題は『問題』と銘打ってるだけで、問題ではありません 」

    まったくご指摘は理路整然としており同感です。
    ただし反日左翼はこういう発言を揚げ足とってプロパガンダを流してきました。(その経緯も十分ご承知で書かれていると思いますが・・)

    反日左翼の典型的な揚げ足とりの例です。

    (ケース1)
    ・まともな日本人の発言
    「従軍看護婦や従軍記者などがあったが、従軍慰安婦(という用語または概念)は当時なかった。従軍慰安婦は朝日新聞が広めた政治的用語である」

    これが反日左翼の揚げ足とりにかかると
    「慰安婦は当時いなかった。日本人が無いと思えば無くなるのである」

    (ケース2)
    ・まともな日本人の発言
    「慰安婦問題は、“問題”と称しているが、実態は問題というものではない。朝日新聞が捏造記事で政治問題化、外交問題化したものである」

    これが反日左翼の揚げ足とりにかかると
    「世界的にこれだけ日本の慰安婦問題が騒がれているのに、日本の右翼はこの問題を無かったようにしている」

    以上、まあひどいものでしょう。
    一貫性とか歴史的公平性の観点とかぜんぜん関係無い連中で、揚げ足取りの才能だけしかなく頭脳が完全に破綻しているから、こういう印象操作を何万回も繰り返してきました。日本をおとしめるのだけが楽しみで、それを商売にしています。これが共産主義者の哲学や学問を継承してきた反日左翼の正体です。

    日本人や、特に政治家は、こういった反日左翼の揚げ足取りにひっかからないように反論していく必要があります。
    しかし日本の反日左翼は、海外のユダヤ団体まで焚き付けて、慰安婦騒動にまで巻き込もうとしたのは驚愕しました。やつらは本当に日本を破壊しようとしてました。

    すべて朝日新聞が諸悪の根源です。朝日新聞が狂ったキャンペーンをやらなければ、いくら反日左翼が醜悪だったとしても間違いなくこれほどの騒動にはなっていなかったのです。

    • たろう のコメント:

      過去の共産主義者と(その末裔の)反日左翼の書籍を読んできた印象ですが、左翼たちは戦後ずっと「貧困問題」をネタに日本人を洗脳し脅迫してきました。要は「共産主義を採用していれば、貧困問題は早期に無くなったはず」と言いたかったのでしょう。
      ところが、共産主義の正体が明らかにされ、高度経済成長で日本人が豊かになってくると、左翼が貧困問題を訴えても、あまりインパクトが無い時代となってきた。それで次は「人権問題」にシフトしてきたように思われます。朝鮮人の強制連行神話は、この人権問題にぴたりとフィットし、しかも朝鮮人の怒りを煽り、日本人の贖罪意識を煽るのに絶好のトピックであったので、左翼は徹底的に便乗して利用しました。

      そして、その強制連行の人権問題と、当時流行しはじめたフェミニズムをからめて絶好のプロパガンダにおさまったのが慰安婦問題でした。反日を商売にしてきた連中にすれば1億円の宝くじに当たったような心境だったでしょう。でも日本人にとっては耐え難い屈辱のはじまりでした。(朝日新聞の捏造キャンペーンが続き、CNNが50万人か100万人とかのアジア人女性を日本軍が強制連行して性奴隷にしたというとんでもないニュースを世界的に垂れ流しているのを見て、米国は日米貿易摩擦で反日ムードがいまだおさまらないのだろうか。あーなんと嫌な時代がやってきたことかと暗澹たる気持ちになったのを覚えています)

    • 櫻盛居士 のコメント:

      御説明の通り、サヨクは揚げ足取りにかけては超一流ですね。
      民主党議員による「我が」発言の揚げ足取りの例を見れば、一目瞭然です。
      但し、今回は革マル派幹事長が直後に「我が党」と発言した事により、オチがつきましたが・・・。

      偖て、このサヨクの揚げ足取り、実は無力化出来る方法があります。

      知識が答えです。

      上記の従軍慰安婦の例を取ります。
      おそらく、日本人なら祖父や曽祖父の代の殆どが従軍経験者であろうと思います。
      直系の身内にいらっしゃらなくても、一族のどなたかは従軍経験者ではないでしょうか。

      軍人・軍属だけではなく、正規の従軍許可を受けた者ならば、一般人であっても従軍記章(勲章みたいなリボン付メダル)と、それを証明する従軍記章之證が発行されていますので、コレが無い者は従軍者ではありません。

      従軍記章は戦争、事変の出兵の度に発行されていますので、どのご家庭でもどれか一つ位はどなたかが過去に所有していた事でしょう。

       ・明治七年従軍記章 – 台湾出兵
       ・明治二十七八年従軍記章 – 日清戦争
       ・明治三十三年従軍記章 – 北清事変
       ・明治三十七八年従軍記章 – 日露戦争
       ・大正三四年従軍記章/大正三年乃至九年戦役従軍記章 – 第一次世界大戦/シベリア出兵
       ・昭和六年乃至九年事変従軍記章 – 満洲事変・第一次上海事変
       ・国境事変従軍記章 – ノモンハン事件
       ・支那事変従軍記章 – 支那事変
       ・大東亜戦争従軍記章 – 大東亜戦争

      これらの知識があれば、朝日新聞のあの捏造記事が出た時即座に「従軍記章を見せて見ろ」と、反論出来た筈です。
      つまり、それが無ければ『従軍』とは言えない事自体を、多くの日本人が知らなかったのです。
      その知識の無さを、見事に突かれました。

      そもそも論で恐縮ですが軍と言う組織の性質上、身元重視で排他的である事も無視して論じられたのです。
      軍はスパイに潜入される事を非常に嫌います。
      つまり、怪しい者に従軍許可を下す事は無いのです。
      売春婦などは、ハニートラップ工作員の入り込みやすい業種でありますので、従軍許可など出る訳が無かったのです。

      しかしながら、性犯罪防止の観点から特殊慰安所の設置は暗黙の了解である事は、現在でも変わっておりませんので、置屋が全滅する様な施策は多くの国で乗り気ではありません。
      余談ですが、駐屯地などを回る芸人やボランティアの女性も慰安婦であり、当時性的サービスを提供する場所を『特殊慰安所』、性的サービスを実施する従業員は『特殊慰安婦』として、一般の慰安婦とは区別されておりました。

      この、ハニートラップ工作員防止と性犯罪防止のバランスを取る為に、常に苦慮するのが近代的正規軍の定めとなっているのです。(欧州等でも私兵による戦争が主流の時代は、寧ろ強姦が兵の任務に近い扱いでした。これは、血を混ぜる事によって戦争防止に繋がると考えられていた為です。)
      従って、近代的正規軍はハニートラップ工作員の脅威をある程度許容する事が多く、従業員や置屋経営者の監視や指導、また兵員保持の為に衛生的介入が行われる事があります。
      旧日本軍はコレを厳正に行っていた事が、サヨクに突かれ捏造されました。

      法的に見ても、無主地に於いては占領軍が行政機能を担いますので、置屋の営業許可も軍が行う事になります。
      ここも、戦時国際法や法治概念の知識が無いと、サヨクの詭弁に惑わされます。

      言うなれば、サヨクは常に無知なる者を欲していると言う事です。

      ですから、これに対抗するには知識の拡散です。

      サヨクを殲滅するには、金と無知な者の供給を絶つ事です。

      日教組は、無知な者の生産供給元の役割を担っている訳です。

  13. 生野区民 2 のコメント:

    韓国軍はベトナムでも女子供相手の大虐殺をしてるし、とんでもない国だ
    今回思ったのは、反日をアメリカがやらせてると確信した
    公文書に日本の慰安婦は売春婦と書いてるし、判って韓国を利用してコントロールが出来なくなったのだろうとしか思えない
    日本は軍備を増強して憲法を変えない限りは、このようなことが永遠と繰り返されると痛感した

    • たろう のコメント:

      確実に言えるのは、日本の反日左翼のプロパガンダにひっかかっている米国人は異様な学者とか評論家、記者、政治家(マイクホンダなど)だけです。
      国防省やCIAなどがこれを利用して日本をおとしめようとしているよううな気配はまったくありません。民主党の一部議員は人権意識の高さをアピールするために、共和党は米国の戦争犯罪を日本から非難されるのがいやでそれを封じるために、この問題を利用しようとしてきましたが、基本的にはこれらはすべて米国人の誤解です。

      「日本は軍備を増強して憲法を変えない限りは、このようなことが永遠と繰り返されると痛感した」

      日本人のこういう発言こそ、左翼の格好のえじきです。
      たとえば、たまたま日本の政治家たちが国民の大多数の支持を運よく獲得して、現行憲法の無効を宣言したとする。そしたら、それを「待ってました。俺たちの出番だ」と思って、いっせいにグラウンドに飛び出してくるのは反日左翼です。俺たちの時代がやってきたと左翼は大喜びするでしょう。
      そして日本は極右のクーデターが起こったと徹底的に国際宣伝し、死に物狂いで抵抗する。警察の出動どころか自衛隊出動になるまで抵抗して、抵抗者の死者がでるまで暴れて、日本を危険な国家であるかのようにイメージづけようとする。
      かたや政治家は憲法無効を宣言したが、ではどういう新憲法にしたらいいのか紛糾して憲法を決められない。皇族方もこれを見て、なぜ昭和天皇も承認された憲法を否定するのかと発言して、マスコミが拡散する。

      もうにっちもさっちもいかない状況になってしまいます。
      ですから、左翼の悪質なプロパガンダである「おれたちは日本の右傾化やファシズムを阻止してきた人道的勢力である」という捏造にひっかからないためには、日本の政治家は基本的に全体主義的な思考に共鳴を示さずに民主主義的なセンスが高く、人間の本性的自由についての感性もすぐれている日本人でいてもらわなければ確実に左翼のえじきとなってしまいます。

      憲法改正や独自の歴史観をもつのはぜんぜん構わないと思います。そして日本だけが良かったらいいと考えるような独善的な人間ではなく、世界のことも考えている政治家であってほしい。
      今まず考えなければならない最優先事項は世界的な戦争の阻止です。
      日本は皇室という長い王朝をもつ最古の国のひとつであり、よほど間抜けなことをしない限り、こんな古い伝統をもつ国を破壊しようなどという日本人は異常な反日左翼以外にほとんど出てこないでしょう。

  14. 松蔵 のコメント:

    さすが小坪さん。
    慰安婦制度は20世紀における女性の人権の大問題です。
    二度とこのような悲劇が」繰り返されぬよう、事実を明らかにし、犯罪者を追及して裁くべきです。
    勿論我が国が先頭に立って、自国の問題の解決を急ぎましょう。
    それをせずに「他国が~」と言っても、誰も聞いてくれないどころか、世界中の女性から総スカンを食らい、日本の信頼性を失うだけです。

    • ヒデのシソン(女) のコメント:

      小坪議員、今回も記事をありがとうございます。
      以前、コメントしたヒデのシソン(女)です。

      本題ですが、
      松蔵さんへ。
      ・・・・・・というよりも、
      ここに来られる読者の皆様へ、耳寄り情報です♪ 。

      5:40PMから、
      「たろう」さんが懇切丁寧に、
      この松蔵の論理の欠陥を指摘してくださっています。ええ、小気味よいほどに。

      私の言いたかったことを、すべて「たろう」さんがおっしゃっておられるので、ここでの私は
      余計なことは申し上げません。
      みなさん、5:40PMのコメに注目ですよ~!!

  15. 松蔵 のコメント:

    >残念ながら何件かの犯罪はあったようです。
    その上で、それらの者は、日本軍によって処断されています。

    おそらく誤解されていると思いますが、スマラン事件などを裁いたのは戦勝国です。事件発覚後日本軍は慰安所を閉鎖はしましたが、犯罪者たちは何のお咎めも無く、昇進までしています。なので、日本軍に自浄能力が無かった証拠とされています。
    そうした「事実」をあなたも含めて現代の若者が知らないどころか、真逆の解釈をして、日本軍に自浄能力が有ったかのようにデマを流し、慰安婦=売春婦=何をしても良い(?)という短絡的な図式にして被害者を貶めることが問題であると思います。

    確かに戦争を推し進めるには必要な事だったのでしょうが、他国では日本軍程組織的に膨大な人数の素人女性を騙して、強制的(断ることが出来ない)長期監禁状況に置いて利用したのはナチスドイツ軍以外には証明されておりません。しかも利用の仕方が酷く、毎日10~70人!もの相手をさせ、報酬は軍票で戦後は紙くず同然、準軍属という名目だったのに戦後補償は無しでは、「売」春とも言えないのです。強姦防止と言いますが、それでも強姦が減らなかったという将校の記述も有ります。
    そしてそういったことを必要とした戦争自体を起こしたことが間違いなのですから、慰安婦制度のことを正当化するのは「犯罪者の論理」と解釈され、言えば言う程日本を貶めることに繋がり、国際社会で通じるはずも有りません。

    但し、今回のように他国でも酷いことが行われていたのであれば、日本が自国の問題を片づけ、国連から信頼を得た後に率先して問題提起するべきです。国連で信頼を勝ち取れば、敗戦国かどうかは関係有りません。人権と平和の為に尽くす国の言う事を世界は支持しない訳にはいかないのですから。
    「国益」「正論」とはそういうことです。

  16. ふう のコメント:

    慰安所があったにもかかわらず、
    なぜ何十万人ものベトナム人女性を強姦・虐殺したのか。

    答えは「韓国人だから」としか言いようがありません。

    嫌味でもなんでもなく。

    彼らはもはや人間とは言えない。
    日本人は、この民族とは未来永劫関わってはいけません。

    まずは日本から全員追い出すことだけを考えて、活動していきます。

  17. 生野区民 2 のコメント:

    こんな狂った国とは、国交断絶するのが一番いいだろう
    もう関わりたくない

  18. MAZDA のコメント:

    日本陸軍は南京入城後に市内で強姦・乱暴を働いたという日本兵を軍法会議ののち処分・処罰(死刑含む)を自軍でやっておりますので(証言のみですので一次資料の存在は不確実ですが)自浄作用とモラルの高さは世界の比ではなかったと考えております。皆様、いつの間にか思考に入り込んでしまった妙なバイアスは脳みそから取り除かれたほうがよろしいのではないでしょうか。
     現実問題は「歴史」は勝者が作るもの。負けたからこそ言われ続けているのでしょう。連合国側の行った非道にたいしては英米は口を閉ざしております。ソ連・中共もしかり。日本国内にいるあなたのような人も簡単に相手の言葉を鵜呑みにして先達をないがしろにしていると思います。
    お年を召されていて思考が硬化されているのであれば、また反日が生きがいや収入になってしまった人達には今更難しいとは思いますが。

  19. たろう のコメント:

    上の方に典型的な偏執的左翼がやってきましたね。これが左翼の典型的な論理です。よく観察しておいてください。説得は不可能です。若い学生とかであれば完全に洗脳されると思います。

    反日左翼は、まず何か落ち度を見つけたら、それをネタにして徹底的に糾弾する。全体を見て他と比較してバランス感覚を持って見るということが無くて、オウムのように同じことを繰り返す。これは最近の原発騒動でも見られた左翼の特質です。一見論理的なように見せかけて、プロパガンダを永久に繰り返します。理性的な議論など不可能です。

    「(スマラン事件は)日本軍に自浄能力が無かった証拠」

    これも左翼学者の受け売りで、永久にオウム返しのように繰り返しています。一つの事件を根拠に日本軍全体を完全否定するのです。異様そのものです。
    本テーマで話題になったベトナム戦争では数々の米軍による虐殺事件が起こったが、早期に発覚したソシミ村の関係者は一人処罰されただけで他の兵士は無罪になり、処罰を受けた指揮官もその後仮釈放されました。これは論議を呼びました。また他の虐殺も表面化されたが首謀者は時効等で処罰を受けていません。韓国軍などはベトナム戦争の博物館までつくっています。

    これを指して「米軍でも規律はいい加減だから日本軍もうるさく言うな」と言いたいのではありません。言いたいのは、こういう事件を指して「米軍に自浄作用などない」などと米軍を完全否定する米国人などほとんどいません。つまり、こういう風に一時をもって全てを否定するような印象操作を行う工作員が日本には圧倒的に多いのです。これも共産主義者が何十年もプロパガンダを教育やマスコミで流してきた後遺症です。吉田清治の捏造がばれたくらいで萎縮するような連中ではありません。

    慰安婦の論点として人権問題というけれど、まず慰安婦によるサービスは商行為でした。戦地での慰安婦によるサービスは兵士の健康管理に関わることなので、軍隊も慰安所に関与しようとします。ベトナムでは米軍も所属医師(軍医?)がベトナム人の慰安婦女性の健康診断を有無を言わさず強制的に行っていたようです。つまり軍による慰安所への関与があったのです。

    「長期監禁状況に置いて利用したのはナチスドイツ軍以外には証明されておりません。」

    とありますが、どこの国のバカ学者がわざわざ何十年前の慰安所の状況を調べて、人権侵害だ賠償しろ、告発しろ、国際的に糾弾しろなどと国連にまでおしかけて陳情しますか?そんなの完璧に狂っているでしょ。
    しかも吉見義明などの論文を見ても海外の軍隊の慰安所を精査したという痕跡はほとんどないように見える。日本をおとしめるだけに研究をやって学問を悪用したのだろう。

  20. たろう のコメント:

    「慰安婦制度のことを正当化するのは「犯罪者の論理」と解釈され、言えば言う程日本を貶めることに繋がり、国際社会で通じるはずも有りません。」

    これも典型的な反日左翼の言い草です。左翼がこのレトリックをよく使うということは、朝日新聞も最終的にはこのレトリックに逃げ込む可能性が非常に高いと思います。

    まず、多くの日本人は慰安婦制度そのものを100%正当化などしていません。
    いいですか。物事には順序があります。

    まず朝日新聞が日本軍の慰安婦実態についておぞましい捏造や歪曲と印象操作をやり続けた。
    それで、多くの日本人が当時の実態を真実にもとづいて客観的に説明し反論した。
    基本的に論点は二つ。

    ・(一点目は)
    各国軍隊(特に米軍など先進国の軍隊)と日本軍の共通事象(軍隊が慰安婦を利用していた)については、日本だけをひたすら糾弾するのはおかしい、つまり不公正ではないか、不当なプロパガンダではないかということ。これは日本を正当化しているのではありません。共通事象としての慰安婦が真に深刻な人権問題であると考えるなら日本だけをスケープゴートにするのはおかしいのではないかという論理であり、日本人からするとまったく正当な反論です。

    ・(二点目)
    各国軍隊と明らかに異なる日本軍の特殊事象について。まず軍隊による民間人の強制連行と性奴隷化については完全に朝日新聞の捏造であったのに朝日新聞はその後に論点をすりかえたということ。強制連行については、強制性に切り替えて慰安婦の移動の自由がないとか廃業の自由がないと左翼は非難しているが、それは慰安婦の身分を管理していたのは慰安所の経営者(朝鮮半島においては主に朝鮮人)になり、そう考えると米軍が利用したベトナムの慰安所でも慰安婦が廃業できないのは慰安所を経営したベトナム人の責任となり、一点目の共通事象と同じになるのではないかということ。
    そして吉田清治の捏造証言を歴史的一次史料と位置づけた左翼の研究はまったく信用にならないということ。

    当たり前のことを書くのも気がひけますが、慰安婦は軍隊むけの売春制度です。裕福な子女が売春婦になるケースもありますが、過去の売春制度は主に貧困がつくりだしたものです。
    飢え死にするよりマシというケースで家族を救うために慰安婦になったケースもあるでしょうが、借金の肩に家族に売られたケースも多かったでしょう。その場合は人権では完全に割り切れない時代背景もありますが、人身売買そのものは大きな人権問題であるのは今も昔も変わらないと思います。

  21. たろう のコメント:

    「勿論我が国が先頭に立って、自国の問題の解決を急ぎましょう。
    それをせずに「他国が~」と言っても、誰も聞いてくれないどころか、世界中の女性から総スカンを食らい、日本の信頼性を失うだけです。」

    これが反日左翼のゴマすり商法というやつです。
    名誉心とかプライドを微妙にくすぐって、日本をおとしめる方向に巧妙に誘導します。最近ではよほど間抜けな日本人でない限り、ひっかからないと思いますが、いい格好したがりのアホ政治家は今でも容易にひっかかります。一時は地方会議などがひどかった。だから多くの日本人が嘆いて苦労したのです。

    なにもかも反日左翼がオピニオンリーダーとして生き残るために仕組んだ猿芝居であり、滑稽な人権芝居です。ドイツの大統領や首相は誰ひとりとして、ドイツの慰安婦制度について謝罪どころか言及さえしない。
    ところが吉見義明など左翼勢力は「ドイツは反省したが日本は反省しない」と言い続けてきた。
    海外はできるだけ美化する、そして日本だけはひたすら悪魔化する。そんな反日左翼が生き残れたのは偏向マスコミと偏向教育で徹底的に左翼が日本人を洗脳しつづけたからです。

  22. たろう のコメント:

    最後に本題を。
    慰安婦制度というものは過去の多くの軍隊につきものだったが、たしかに現代から見ると人権問題としての側面はある。そして日本は朝日新聞の捏造報道により、必要以上に、あまりに過激に世界から糾弾され、日本人も屈辱を受けた。もうこれ以上、日本を誹謗中傷するのは日本人として許さない。

    だがもっと重要な現代の人権問題が手付かずで残っている。反日左翼は日本が加害者となると威勢がよいが、被害者になると沈黙するが、以下の二つは絶対に大きい。
    ・北朝鮮による日本人などの拉致問題
    ・北朝鮮が楽園と信じこませて10万人近くの在日や日本人(おそらく一万人くらいか)を北朝鮮に行かせたこと

    前者は大きく報道されたが、後者は確実に国際的には知られていないことです。
    後者の犯罪については日本の左翼の責任も相当に大きい。
    そしてこれこそ戦後の西側諸国ではほんとうに稀有な例です。西ドイツの左翼が共産主義国を美化して、多くの国民を東ドイツに行かせたでしょうか。
    日本のとんでもない左翼の犯罪です。
    そして日本の反日左翼が、この北朝鮮と癒着してきたという犯罪を隠蔽するために、慰安婦騒動を起こしたというのが私の個人的確信です。

  23. 松蔵 のコメント:

    たろうさんが妄想で「反日左翼」と断定していますが、私が支持するのは保守中道ですよ。たまに議論にもなりますが右翼の友人も左翼の友人も居ますから、思想のみで陰謀論を述べるのは首を捻ります。

    たろうさんの意見は感情論に過ぎず、世界的に通じる論理では有りません。
    だから日本の政治家の誰も公にその主張が出来ないのです。
    世界で日本国が主張して受け入れられるのは「正論」だけです。
    学者の調査に由らない「俗説」では勝負になりません。
    たろうさんが真面目に自説で勝負したいなら、漫画家や評論家の「なんちゃって論」ではなく、歴史学界で通じる専門家の意見を述べるべきです。
    しかし、私はそれは無理だと悟り、諦めたので、出来るだけ日本の尊厳を貶めない方法を述べているだけです。
    残念ですがたろうさんの個人的な言い分は世界に通じません。「左翼の反日」と言っている時点で「イデオロギー主体の意見」としか思われず、取り上げられる訳が無いのです。
    「スマラン事件を裁いたのは日本軍」や、ビルマでのハイパーインフレを説明せずに「慰安婦は兵士よりも高給」と言った段階でアウトなのです。
    また、「世界でも同じことが有った」と言うなら、それを証明出来なければ認められません。

    但し、私は日本軍が素人女性を残酷に酷使した慰安婦制度はやむを得ずそうなっていったものであると思っています。だからこそ軍部も隠蔽しようとしたし、自浄は最初から無理な事だったのです。
    兵士の中には制度を利用しなかった者も居たでしょうし、人権を大事に考えていた者も多かったでしょう。
    出来ることなら慰安婦の少女を救い出したいと願った者も居たはずです。そういった証言や記述が残されています。
    しかし、それを許さないのが戦争というものなのです。
    「罪を憎んで人を憎まず」この理念の通りに何が行われたのかを詳細に調査し、事実を追求するしか、日本が信用回復する手段は有りません。無い事まで有ったことにする必要は有りませんが、有ったことは有ったと認めなければならないのです。

    たろうさんは「朝日のせいで世界から糾弾された」と言いますが、世界が糾弾しているのは、「事実を隠してデマで被害者を貶める行為」に対してです。日本政府は当初「慰安所の軍の関与は無かった」と言いました。そのせいか今でも「ただの売春婦」だと嘘を付く者が後を絶ちません。だから責められているのです。そこも事実認識がずれていると思われます。

  24. MAZDA のコメント:

    <<<しかし、私はそれは無理だと悟り、諦めたので、>>>
    諦めたのなら静かにしていてくれませんかね。妙にニュートラルの立場を装っていらっしゃいますが、ウソをウソだと証明する苦しい戦いの真っ最中に迷惑千万。勝手に何を悟ったか判りませんがアナタの祖先様も外道のような畜生だったという事を間接的としても認めているという事になりますけど。畜生の子供(子孫)さん。
    私はあきらめていませんので突っ込むところは突っ込みます。

    <<>>
    どうしてそこに「日本軍が」とワザワザ入ってしまうのか理解が出来ません。単純に他国は如何でしょう? そもそもご褒美として現地女性の強姦やり放題はアタリマエの時代がずっと続いていたでしょう。
    小坪議員の今日のブログを読んで理解できない人がいる事に改めて驚きました。やはり変なバイアスは死ぬまで解けないものですね。民族の誇りをかけたこの戦いはどれだけの時間が必要か全く見当もつきませんが、それでもハイ、そうですかと諦めるわけにはいかないのですよ、日本人であれば。

  25. 櫻盛居士 のコメント:

    相手が史実や事実などどうでも良い論をひけらかすなら、力で勝負すれば良いだけの話です。

    そもそも、戦争も経済と外交で遂行するものです。

    日本を陥れるなら、敵を黙らせれば良いだけです。

    嘗ての日本が口を開けなかった様に、今度は日本の敵の口を自ら塞がざる得ない様にすれば良いのです。
    それが外交であり、国家間の駆け引きです。

    人権を持ち出して勝てるのは、力が有り多くの国にメリットを齎す事の出来る国だけであり、人権を無視する力も持ち合わせている国だけです。

    国連常任理事国の大使を襲撃し、しかもG7を務める国の大使襲撃の前科者を野放しどころか支援していた国の言い分など、どこの国が聞くでしょうか。

    南鮮が竹島で軍事訓練を行った事で、日本は軍事攻撃を受けたと言う根拠も成立し、自衛権を発動出来る状態にあります。

    唯一の配慮は、駐韓米軍と米国の国益だけですね。

    十分、敵を仕留める事が出来る条件が揃っているのです。
    但し、武力まで行使せずとも屠れる相手ですが。

    そして、敵を容赦無く仕留めれば、中共への抑止力にも繋がります。
    中共は強い国には手出ししませんからね。
    因みに、国連憲章では今でも常任理事国は中華民国であり、中華人民共和国ではありません。
    中共の軍拡は第二次大戦の戦勝国も燻しかしく感じて来ておる様ですし、中共が欧米に朝貢し続ける事が出来なければどうなるでしょうね。

    いざという時には、即座に懐刀を抜ける者が正義であるのが国際的実態です。

    サヨクもそろそろ妥協しないと、行き着く所まで行くかも知れませんね。

  26. うーん のコメント:

    (松蔵さん)
    「世界が糾弾しているのは、「事実を隠してデマで被害者を貶める行為」に対してです」

    この「事実を隠してデマを広める」という行為をやった張本人こそ朝日新聞です。
    しかもあなたは「世界」と書いているが、日本はこの問題に関して世界中から糾弾されているわけではありませんよ。あなたは、そこで早速軽く印象操作をしています。いままで何度もこういう印象操作をやり続けてきたのでしょう。「ドイツのメルケル首相も慰安婦問題で日本を非難している」とドイツまで日本を非難しているように見せかけるため捏造報道を行った連中と同じ臭い・同じ精神構造を感じますよ。

    「日本政府は当初「慰安所の軍の関与は無かった」と言いました。」
    「ビルマでのハイパーインフレを説明せずに「慰安婦は兵士よりも高給」と言った段階でアウトなのです」

    こういうのを重箱の隅をつっつくと言います。そもそも、上記のようなばかばかしい反論を日本人がしなければならなくなったのは誰のせいですか?朝日新聞の慰安婦捏造報道のキャンペーンからでしょう。

    文章を読んでいて「歴史の反省とか歴史の清算」のような話をしているように見えますが、そこがまさに反日左翼のおそるべき印象操作です。この問題はもともと韓国人の元慰安婦に現在の日本政府が補償を行うかどうかという問題です。それ以上でもそれ以下でもありません。それを左翼が歴史の清算のように見せかけたのです。論点はあちこちで絶叫している韓国人慰安婦のだれそれに補償すべきかどうかという問題につきます。
    また歴史の反省とか歴史の清算などを完全否定するわけではありませんが、そんなもの韓国や米国などにどうこう言われたくありません。原爆おとしたり、ベトナムで強姦競争やったような国、しかも自ら慰安婦制度を利用しながら他国に罵詈雑言あびせるような国(しかも韓国は竹島侵略して日本人を多数殺傷して拉致)から反省を促されて、あなた、正直に従えますか?
    それこそ理解しがたい精神構造だと思えてならないのですよ。私にはね。

  27. うーん のコメント:

    「歴史学界で通じる専門家の意見を述べるべきです」

    さて、どんな専門家でしょうか。なんとかルミ子というおばさんは日本人慰安婦の本をだしましたね。この連中が専門家ですか?

    それとも以下のような妖怪たちでしょうか?

    「歴史学研究会」の歴代委員長
    1960年~1962年:江口朴郎 ※マルクス主義歴史学者
    1963年~1965年:遠山茂樹 ※マルクス主義歴史学者。羽仁五郎の弟子
    1965年~1969年:太田秀通 ※古代ギリシャ専門だが、典型的なマルクス主義歴史学者
    1969年~1970年:藤原彰  ※井上清(マルクス主義者)の弟子。毒ガス写真報道で捏造
    1970年~1973年:永原慶二 ※典型的なマルクス主義歴史学者
    1973年~1976年:稲垣泰彦 ※日本の戦争責任資料センター共同代表
    1976年~1979年:野沢豊  ※(おそらく)典型的なマルクス主義歴史学者
    1982年~1986年:荒井信一 ※日本の戦争責任資料センター共同代表
    1986年~1989年:中村平治 ※インド専門だが、左翼シンパ 
    1989年~1993年:西川正雄 ※日本と韓国の歴史学の交流。社会主義を美化。
    1993年~1996年:中村政則 ※マルクス主義歴史学者。「最後の講座派」と呼ばれた。
    1996年~1999年:峰岸純夫 ※「九条科学者の会」呼びかけ人
    1999年~2002年:小谷汪之 ※インド専門だが、左翼シンパ。
    2004年~2007年:木畑洋一 ※イギリス専門。戦争捕虜に関心
    2010年~2013年:池享  ※永原慶二(マルクス主義歴史学者)の弟子
    2013年~現在 :久保亨  <---※朝日新聞の「強制連行」捏造報道を擁護

  28. 小坪しんや のコメント:

    松蔵様

    コメントありがとうございます。

    >さすが小坪さん。
    >慰安婦制度は20世紀における女性の人権の大問題です。
    >二度とこのような悲劇が」繰り返されぬよう、事実を明らかにし、犯罪者を追及して裁くべきです。
    >勿論我が国が先頭に立って、自国の問題の解決を急ぎましょう。
    >それをせずに「他国が~」と言っても、誰も聞いてくれないどころか、世界中の女性から総スカンを食らい、日本の信頼性を失うだけです。

    「さすが」と言って頂けましたし、、、
    「日本の信頼性を失うだけ」は困りますね。

    私は若輩者ゆえ、先人に学ぶより他ございません。
    実際、私が経験したわけではございませんゆえ。

    よって、「紙の力」を敢えて今、振り返りつつ
    私なりの「回答」として以下、上梓させて頂きました。
    良ければお読みください。

    これが私からの答えでございます。
    【紙の力】日本人なら知っておくべき朝鮮人の暴虐の過去~先人の財産~

  29. うーん のコメント:

    松蔵さん、あなたは立派な朝日新聞の記者になれますよ。
    最近の平然と開きなおって立派な人権家のふりをする朝日新聞の底知れぬ不気味な論調や文体に非常に近いものを感じる。

    どんな共通点があるかというと
    ・マンガやネットでなく歴史専門家こそがまともという一種の権威主義に逃げ込む姑息さ
     (専門家といいながら実態は工作員とほとんど変わらないこそ日本人が苦労しているのだ)
    ・論点を自分の好きなようにぼかして印象操作する。
     (過去の慰安婦が活躍した時代には執拗に戻っても、朝日新聞が捏造した時期には決して戻ろうとしない。 そちらの時代のほうがはるかに新しいというのに)
    ・特殊に限定された対象にだけ同情や憐憫を示す、おどろくべき異様な偽善性と特殊性
     日本軍むけの韓国人慰安婦にだけは同情話やお涙ちょうだいの逸話もせっせとしつこく語るが、
     朝鮮戦争の時代の韓国人慰安婦や、外国人から日本人が受けた被害や、現代の反日韓国人の
     工作員から受けた現在の日本人の屈辱にはたいして同情も示さない。
    ・過去に首相が謝罪までしているのに、とにかく日本軍慰安婦だけに徹底的にこだわる。
     なんども書くように被害の深刻さからいえば、韓国人慰安婦などより、ベトナム戦争での性犯罪
     などのほうがはるかに深刻であるのに、韓国には迎合して日本だけ糾弾する。なかには韓国
     から表彰状までもらった日本人活動家がいる。

    実によく似てる。慰安婦の捏造ばばれて袋叩きになって以降の朝日新聞とびっくりするほど思考が同じ。

    ひょっとしてどんな論調を投げかければだますことが出来ると思って実験でもしてるの?

    • MAZDA のコメント:

      うーんさん。

      そうなんです。体の良い文章に見せかけてその実、爬虫類的な粘質を感じさせられました。
      もうこういうパターンの文章にはウンザリしているのです。
      言葉足らず、能力不足の私が直感で感じたことをズバリといってくださいましてありがとうございました。

  30. 旧新人類 のコメント:

    凄惨な画像、他にも見ました。このように数多のベトナム女性をなぶり殺しにしたうえ遺体をバラバラにするなど、とても人間のすることとは思えません。これらの人々には、彼女達の御霊を鎮めるという発想もないのでしょうね。根本的な文化文明の違いを感じます。

    ところで、「二世兵士 激戦の記録」(新潮新書)なる本に、カール・ヨネダという二世の労働運動家が書いたという「がんばってーー日系米人革命家60年の軌跡」から以下の引用があります。

      「そこ(筆者注:コロラド州デンバー)では、中国人の鉄道労働請負人が1860年代に日本人売春婦をたくさ   ん連れてきた・・・この売春婦たちが、実はアメリカ本土での最初の日本人”契約”労働者だった」(田中美智  子他訳、大月書店)

    こういう、一体何の資料に基づいているとも明記されていない本(伝聞か?)はどう受け止めてよいか分かりませんが、1860年代にたくさんの売春婦が渡米できたというのが不思議です。彼女達はいわゆるからゆきさんなのでしょうか。「中国人の鉄道労働請負人」が一体何なのかも奇怪です。それにしても、”契約”労働者か性奴隷か、どの言葉を使うかでかなり印象が違ってきますね。からゆきさんも好きでからゆきさんになったわけでなし。女性の人権を言うのなら慰安婦だけでなく、この際からゆきさんにも言及して下さい。それから、インドのchild bride や女性虐待・放火虐殺、イスラム過激派の性奴隷問題、その他全世界で山ほどあります。なお、アメリカにいわゆる戦争花嫁と呼ばれる日本人女性が大勢います。占領下の日本で、米兵相手のダンスホール等で知り合ったみたいで、間接的ですが何人か知っていまして、皆さんそこそこ安定した生活をしておられます。ひと昔前の芸者も、よい旦那に身請けされたらそれもそれでOKかも知れないし、結婚していてもDVで不幸せかも知れないし、女性の人権は一律にどうとはいえません。ただし、ベトナム女性の虐殺や通州事件など日本人女性の虐殺は絶対に許せません。そんなこと考えなくても分かることでしょう、人間なら。

  31. harmomixy のコメント:

    問題をスリカエてはいけない!
    慰安所の必要性や強姦の弁護をする前に
    搾取のために企てる戦争自体を語るべきだろうに!

  32. mariko imai のコメント:

    この頃はたしか、みせしめか恐怖か、なわばりか、恐怖の拡散、バナーといって、あらゆるところで女性が逃げ回っていたのではないだろうか。しかも、娼婦対象。だから、今のじたいになっても
    そういう方々が意味なく避けられるのか?これは、肌の色の問題なのか、性格の違いなのか、はたまた国民性でうまくあわない相違のズレが埋まらなかったのか、、、、、名を語る人たちの作戦だたたのか。。支配というのは、廃止してはどうだろうか。
    影響と支配という事柄や、出来事や行為を見分けてみてはいかがだろうか。。

  33. Y・K のコメント:

    一つだけ確認をお願いしたいのですが、写真でニヤついているヤカラ共は間違いなく韓国野郎なのでしょうか?ベトコン女スパイを嘲笑している南ベトナム軍ではないでしょうか?兵装などから当時の韓国軍であるという立証をお願いしたいのです。でないと、これは韓国軍ではない!と、それをたてにカモってきそうですからね。連中は。
    (因みに私はベトコン好きです。ホーチミンおじさんも形は社会主義を取っていますが、只の愛国主義者で近所の優しいおじさんというイメージしかありません「相当賢い切れ者ではあると思いますが…」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です