【イベント告知】田母神としお講演会1月24日in福岡、及び友人の紹介(拡散の裏側)


本日はイベント告知になります。
古くからの友人が呼びかけ人となり、福岡で講演を行います。
参加費は無料のため、振るってご参加のほどよろしくお願いします。

また遠方の方は、拡散・支援のほどよろしくお願いします。

<特記>
会費無料のため、250席もすぐに埋まるように思います。
FBのイベントページにおいて告知がなされておりますが、すでに参加者予定は55名。

以下にリンクを紹介しておりますので、FBアカウントをお持ちの方は事前に参加予定をお願いします。

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

講師:田母神俊雄(第29代航空幕僚長)
演題:「新たな戦いに向けてー本来の日本を取り戻す!」(仮)

政界に旋風を巻き起こしてこられた田母神俊雄先生が、今また新たな戦いに向けてその思いを語られます。
一度飛び立ったら任務遂行、撃墜するまで終わらない。

本来の日本を取り戻し、
日本人の、日本人による、日本人のための政治を実現する。

憲法改正を実現するために何を為すべきか。
また田母神俊雄先生は何を為そうとしているのか。

衆議院選挙を踏まえ、年の改まったこの時に、
まずその第一声を共にお聞きしましょう。

日時:1月24日(土)
   12:30~14:00
場所:福岡国際会議場4階
   (福岡市博多区石城町2-1)
会費:無料

またこの講演会は、先の衆議院選挙の結果を踏まえて、次期国政選挙までの間に考えるべき視点として、次世代の党の地方組織の確立ということもテーマのひとつでもあります。
当日新たな発表もなされる予定です。

参加費無料、先着順です。
ぜひご参加下さい。

定員:250名
主催:夢・大アジア
呼びかけ人:石井英俊

<お問い合わせ>
TEL : 092-263-8085
mail : info@npodga.asia
FBイベントページ:<緊急>田母神俊雄先生、新たな戦いを語る!(無料)

tamogami

 

 

<石井英俊について>
せっかくなのでと言うと笑われそうですが、石井氏とは古くからの友人です。
地元の政治系ロビイストの友人らについて、あまりブログ等で触れる機会もありませんでしたが、私自身も地元福岡で共に戦う仲間が多数おります。

 

<福岡のベテラン勢は凄まじく強力>
福岡は保守王国として知られており、ベテラン勢には全国にパイプを持つ著名人も多数おります。先輩方の実力は化け物じみており、政治用語で言うところの妖怪クラスが大量におります。
私から見ても恐ろしいほどで、何より信頼できる人材ばかりです。

そのため、実力で埋もれてしまい(結果的に若手の露出は少ないものの)そのベテラン勢が手塩にかけて育てあげた実直な青年層も非常に厚いのが特徴です。

そして、私もその一人であります。
石井氏、本山氏、そして私。
共に切磋琢磨し、ベテラン勢に(スパルタで)育てて頂いた同期生であります。

 

<石井氏と共に動いたイベント>
石井氏は、その中でも有数の実力を持ち、先日も中山成彬・恭子夫妻(豪華なW中山による講演会は滅多にない。)を招いてのイベントを大盛会に導いた立役者です。

(石井氏が僅か2~3日で準備したイベント)
実は、私はただの弁士に過ぎません。
企画・運営の一切は石井氏の手によるものです。
【2014衆院選】次世代の党、選挙演説(中山成彬・小坪慎也・RANDOMYOKO)
【12月10日】次世代の党・街頭演説(動画あり)

同じ30代でありますが、石井氏の専門分野は(中国・韓国・北朝鮮を除く)アジア圏全域であります。
特化スキルは、イベントの企画・運営(いわゆる裏方。)

以下、石井氏に関連する新聞記事を転載させて頂きます。
共に産経新聞の記事になります。

 

「中国の覇権主義と戦おう」 福岡でチベット独立運動指導者ら講演

チベットやウイグルなどでの独立・民主化運動の指導者らが講演する「アジアに自由と独立を! 福岡フォーラム」(NPO法人夢・大アジアなど主催)が18日、福岡市中央区の都久志会館で開かれた。

新疆ウイグル自治区出身のイリハム・マハムティ氏は、米中枢同時テロによってイスラム教徒であるウイグル人に対する中国共産党政権の弾圧が正当化されたとし、「どれほど多くのウイグル人がでたらめな理由で逮捕され、虐殺されたことか。中国の目的はわが民族の抹消なんです」と声を荒らげた。

内モンゴル(南モンゴル)自治区出身のオルホノド・ダイチン氏は、文化大革命で大量虐殺された事例をあげ、「(先の大戦で)植民地解放のために戦った日本だからこそ、アジアの民族とともに中国の覇権主義と戦ってほしい」と訴えた。
http://www.sankei.com/region/news/141019/rgn1410190078-n1.html

 

 

圧政下の声なき声を聞け オピニオン誌「夢・大アジア」創刊 福岡

中国共産党政権に抑圧されるチベットやウイグルなど、諸民族の解放を目指す季刊オピニオン誌「夢・大アジア」(A5判)が創刊された。各地の独立運動、民主化運動のリーダーや国際政治の専門家らが寄稿した。編集を担当するNPO法人「夢・大アジア」(福岡市、石井英俊理事長)によれば、地方発のオピニオン誌はめずらしいという。

創刊号(192ページ)では、チベット出身の国際政治学者、ペマ・ギャルポ氏や、亡命ウイグル人による組織「世界ウイグル会議」幹部のイリハム・マハムティ氏らが、チベット自治区や新疆ウイグル自治区における中国共産党による民族弾圧の実情を記した。

この中でマハムティ氏は、ほかの村への移動やコーラン購入が制限されていることや、漢民族に仕事を奪われるなど、自治区とは名ばかりの現地の情報を報告した。

編集長も務める石井氏は、幕末から先の大戦にかけて福岡を拠点とした政治団体「玄洋社」の精神を引き継ごうと、平成24年にNPO法人を結成し、講演会などを開催してきた。

創刊号の巻頭言では、こう記した。

「中国の圧政のもと、チベットでは130人を超える焼身抗議者が続くが日本は沈黙を保っている。戦後の日本は平和というが、目の前の非道を知らぬふりをすることで保たれてきた。それが本当の平和と呼べるのか」

石井氏は「自由に発言できないチベットやモンゴル、ウイグル人の意見の受け皿となろうと創刊を決めた。アジアと日本の、歴史と今に関してはどこよりも詳しい雑誌を目指す」と語った。

1千円(消費税抜き)。インターネット通販のアマゾンや、全国の大型書店で購入できる。

http://www.sankei.com/region/news/141114/rgn1411140027-n1.html

 

<産経新聞に報じられている理由>
なぜ、一民間人である石井氏が、これほどに紙面に取り上げられたのか。
彼自身は、ほぼネット上での活動をしておらず、webより起こし頂いた方は「誰?」と思っているのではないでしょうか。
当然ながら取り上げるだけの理由と活動実績があるのです。

石井氏は完全なリアル派、実務主義者でイベントの裏方を行っております。
イベントの企画・運営に長けている、ある意味では「ただの裏方」に過ぎません。
石井氏が主催する団体、夢・大アジアが昨年10月に行ったイベントを紹介しますので、「福岡県のただの裏方」が行う規模をご覧ください。

 

<「アジアに自由と独立を!」福岡フォーラムについての紹介>
アジア圏のリーダーが、このレベルで一同に会したことは、日本全国を見渡せど在り得ないのではないでしょうか。

以下、参集頂いたフォーラム出席者を列挙しますが、その層の厚み、コネクションを見るに、ほとんどの方が驚くのではないかと思います。

これは九州がアジア独立を目指した玄洋社の発祥であることとも関連しており、これらのGHQに削除された政治の近代史を紐解かねば理解できぬでしょう。

約500名の方にご参加いただき大変盛況のうちに終了することが出来ました。
講師の方全員と崇福寺(福岡市博多区)の玄洋社墓地をお参りしました。
この日は、玄洋社の来島恒喜烈士が大隈重信に対し外務省前において爆裂弾を投擲、その場にて自刃されて、屈辱的条約改正案を吹き飛ばした日からちょうど125年目に当たる日でした。

お経  :高僧アシン・ヴァヤマ師(玄洋社墓地にて。)
     (ミャンマーよりお越しいただきました。)

開会挨拶:イリハム・マハムティ先生による開会挨拶
     (アジア自由民主連帯協議会・会長代行)
提言  :浦辺登先生(作家・評論家)
基調講演:ペマ・ギャルポ先生
     (アジア自由民主連帯協議会会長、チベット出身)
提言  :イリハム・マハムティ先生
     (アジア自由民主連帯協議会会長代行、東トルキスタン出身)
提言  :オルホノド・ダイチン先生
     (アジア自由民主連帯協議会常務理事、南モンゴル出身)
提言  :井本勝幸先生
     (ビルマ統一民族連邦評議会コンサルタント)
提言  :チャリーダ・タジャロエンスック先生
     (People’s empowerment Foundation、タイ出身)
提言  :アシン・ヴァヤマ先生
     (四方僧伽ビルマ代表、ミャンマー出身)
挨拶  :惠隆之介先生(沖縄)

閉会の辞:石井英俊
     (特定非営利活動法人夢・大アジア理事長)

当日、頂いた提言の簡易まとめと写真等、詳細は以下の夢・大アジアにて報告されております。
よければご覧ください。
「アジアに自由と独立を!」福岡フォーラム 報告

 

 

産経にて触れられている「オピニオン誌」とはどのような内容か。
本イベントとも深く関連するため紹介する。

<凄い雑誌が新創刊!! (インタビュー)>
有名ユーチューバーのRANDOMYOKO氏により動画での紹介もあります。
石井氏は、とても笑顔がチャーミングな青年で、とてもこのようなイベントを仕掛け、これらの名士らの調整を行い、企画運営を行っているようには思えないかもしれません。

しかし、この笑顔こそが彼の本質であり、
だからこそこれだけの成果があげられるのだと思います。
(6分少々の動画になります。石井氏の照れ笑いに注目してご覧ください。)

見ているこちらが恥ずかしくなるほど、照れ笑いが素敵な石井氏。
そんな石井氏が手掛けた、報道に載るほどの「地域版のオピニオン誌」の執筆陣を見て頂きたい。

これが福岡のリアル派若手の実力である。
このクラスが、あと1ダースほどいる。

夢・大アジア 創刊号
(順はamazonより。改行、/を追加。)

【目次と執筆陣】
特集1 大アジア主義と日本人
特集2 中国覇権主義とアジア
特集3 アジア外交と日本・日本こそはアジアの希望

田母神俊雄  :今こそアジアが中国の膨張に立ち向かう時
石平     :台湾の夢と中国の夢
黄文雄    :沖縄の危機的現状
惠隆之介   :ウイグル問題は植民地問題である
イリハム・マハムティ:日本の対アジア外交のあるべき姿
藤井厳喜   :日本よ、アジアに夢を描け!
ペマ・ギャルポ:季刊『夢・大アジア』創刊を祝って
頭山興助   :若い人に伝えたい 祖国日本の大義と悲願
加瀬英明   :山村明義

福島香織/楊海英/トゥール・ムハメット/野田雅也/太田秀雄/劉燕子
永山英樹/麻生晴一郎/峯まゆみ/いしゐのぞむ/南星雄大/廣瀬勝
三浦小太郎/井本勝幸/小暮恵介/浦辺登

これが福岡のリアル派若手の実力である。
あと1ダースほどいる。

私(小坪慎也)など、たまたまネットでブレイクしたのみであって、リアル特化型の若手層が福岡にはまだまだいる。
私たちの主戦場は、リアルだ。

そして若手を率いるベテラン勢は、輪をかけて凄まじい戦闘力を発揮する。
この石井氏ですら埋没するほどに。

 

<今回のイベントに際して>
石井氏が、イベント企画・運営として、「ただの裏方」としてどれほどの努力をしてきたか。
そこで彼が培ってきたコネクションがどれほどのものか。
ある意味では、インターネットなどまったく無視して、リアル一本だったゆえにできたものでもある。

恐らく福岡県内の若手数名が協力すれば、ネット保守層が驚くようなレベルのことをいとも簡単に成し遂げることができるように思う。
そして、福岡の先輩方は、私たち若手が数名がかりで行うタスクを、たった一人で一瞬で片づけてしまう。
(本当に恐ろしいまでの顔の広さと実力を持つ。)

今回のイベントに際して、なぜ石井氏と雑誌を紹介したのか。
執筆陣をよくご覧頂きたい。
そのトップバッターには、ある方の名が記されている。

たった一つのイベントにしても、30代の主催者がなぜこれを取り仕切れるのか。
その理由が、目次と執筆陣に記されているはずだ。

 

<拡散の裏側でを知って欲しい。>
私は読者の皆様に、拡散を依頼することが多い。
tweetするだけ、シェアするだけ、それだけでいい。
そう言っている。

ただ、tweetする裏側、シェアしたイベントの「裏側」もたまには知って頂きたい。
裏側というと悪いイメージがあるので、「裏方」としよう。

裏方、裏方と言葉が脳内を駆け巡るうち、まっさきに思いついたのが、友人の石井英俊氏のことであった。

よければこの名を覚えておいて欲しい。
彼がネット上で何かを始めることは恐らくないだろうが、ネット上であってもその名を聞くことはあるかもしれない。

石井英俊氏は、私の福岡における同期生である。
他の若手層(リアル特化型)についても、そのうち紹介したいと思う。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

告知文を抜粋、再掲。

講師:田母神俊雄(第29代航空幕僚長)
演題:「新たな戦いに向けてー本来の日本を取り戻す!」(仮)

政界に旋風を巻き起こしてこられた田母神俊雄先生が、今また新たな戦いに向けてその思いを語られます。
一度飛び立ったら任務遂行、撃墜するまで終わらない。

本来の日本を取り戻し、
日本人の、日本人による、日本人のための政治を実現する。

日時:1月24日(土)
   12:30~14:00
場所:福岡国際会議場4階
   (福岡市博多区石城町2-1)
会費:無料

参加費無料、先着順です。
ぜひご参加下さい。

定員:250名
主催:夢・大アジア
呼びかけ人:石井英俊

<お問い合わせ>
TEL : 092-263-8085
mail : info@npodga.asia
FBイベントページ:<緊急>田母神俊雄先生、新たな戦いを語る!(無料)

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【イベント告知】田母神としお講演会1月24日in福岡、及び友人の紹介(拡散の裏側) への18件のフィードバック

  1. 鈴木敦哉 のコメント:

    羨ましいです。
    ツイッターで知っていましたが・・・なかなか行ける距離ではないので
    大阪って次世代の講演とかあまりないですよね
    別れた維新はあると思うんですが、知らないだけですかね(:_;)
    以前伊丹に住んでいたこともあり、杉田水脈さんを応援しています。

  2. soramame のコメント:

    道を占拠し、みかじめ料をせしめるのはテロリストの常道です。
    国鉄が主要な輸送手段でなくなったのはそれが理由です。

    道のルートがいくつもあるのはテロリストとしてはやりにくい。

    大学の件もそうですが、教育のルートがいくつもある、報道の
    ルートがいくつもあるというのは、やっぱりテロリストとしては
    やりにくい。みかじめ料も取れない。

    だから、知らせる(シラス)ことに全力を上げることは正しいと
    思います。

    乱数選択。

  3. soramame のコメント:

    そうだった、政治のルートも一緒です。

    乱数選択。

  4. 町工場の親方 のコメント:

    「狼魔神日記」ーー2012-11-25 21:40:46
    >チャンネル桜の出演は、ピンチヒッターとして突然決まり急遽上京したため、事前に何の準備も出来ず飛び入り状態で出演したため、思ったことの半分も話せなかったのは心残りであった。

    急な上京お疲れ様でした。
    とても面白く視聴するとともに、文字、文章の上でしか存じ上げなかった、狼魔人さん、當山正範さん、奥茂治さんの素顔を拝見することができたのは幸いでした。(恵隆之助さんは何回もビデオで拝見したほか、生の講演を聞いたことがあります。)

    これを機会に半年に一回くらい、「沖縄の真実」、を本土の人たちに教えていただけりばと思います。

    超アルファブロガーのブログにも貼られ、大勢の人が読んで、沖縄に関する知識、情報を得たのは間違いありません。
    上記狼魔人さんの文章を読み、一人の人物を思い出しました。今日はそれについて書き込みいたします。
    今、全国飛び回り、演説して歩いている、田母神・元航空幕僚長は、話の枕を、「危険人物の田母神です。」、と自己紹介をして始め、かなり聴衆を笑わせながら、言いたい放題語り、「今日は思っていたことを殆ど喋れませんでした。」 で結びます。

    狼摩人さんにしても田母神閣下にしても、その気持ちはよくわかります。(笑)
    2年以上前、書き込んだもですが。

    《このままじゃヤバイぞ。》
    「朝日新聞を叩き潰す掲示板」---投稿者・・町工場の親方 、 投稿日:2010年 9月13日(月)20時37分40秒

    「雇用!雇用!雇用!」-----菅直人

    9月11日、東京、赤坂星陵会館において、「新しい歴史教科書を作る会」、の総会が開催されました。
    総会は何年か前のように、もめたり、大荒れになることもなく、滞りなく終了し、懇親会へ移りました。
    懇親会は毎年有名人の参加が多く、楽しみです。
    今年は、乾杯の前に、(乾杯は宮崎正弘氏)、田母神・前航空幕僚長が挨拶されました。

    今更言うまでもありませんが、田母神航空幕僚長の罷免はまったく酷いものでした。
    田母神さんがいつものユーモアで話すように、「普段は三日経ってもなにも決断できぬ、防衛庁が、私のクビを切るときはその日の夜中に決まってしまった。」
    他の防衛庁幹部の退職と異なり、あらゆる栄誉を剥奪され、送別会等は一切なく、まさに与野党、や、マスコミにより、《石もて追われるように》、防衛庁を追い出されました。
    あるTVキャスター(たしか、みの・もんた、と記憶しています)は図に乗って、「懲戒免職にすべきだ」、と息巻きました。

    国会に喚問されたときも、議員たちは、田母神航空幕僚長の意見は聞こうとせず、(しゃべらせず)、糾弾しました。その後で、田母神・航空幕僚長は記者団に対して、
    「これでは言論の自由に関して、北朝鮮と同じではないか、と語りました」

    「朝日新聞」=築地・チョーニチは社説で、

    「こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに、自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である・・・」、と書きました。

    これに対し、
    「朝日」=築地カルト・チョーニチ、が何より嫌いな、H.N.町工場の親方が、「朝日新聞を叩き潰す掲示板に」

    「こんな歪んだ、真っ赤な嘘、捏造、偏向記事を書きまくり、日本の国家・国民を蔑み、国益を害し、反省せず、責任も一切取らぬような、考えの持ち主が、こともあろうに、日本を代表するクオリィティペーパーだと称するとは。!
    驚き、呆れ、心胆が寒くなるような日本の実情である・・・」、との
    返歌を呈しました。

    田母神・航空幕僚長は一体、どんな悪いことをしたのでしょうか。
    強姦殺人、や悪質な詐欺をしたわけでなく、私にはGHQ、コミンテルン史観に異議を唱えたから、あそこまで叩かれたとしか思えません。

    あれだけ叩きまくられ、孤立無援、四面楚歌ともいえる中で、田母神氏が立派だったのは、決してブレず、自分の信念を貫いたことです。

    昭和史研究所、会報、
    中村粲ーーー「年頭所感」・・・平成21年元旦より。

    ・・・・
    《謝罪を拒否した田母神空漠長》

    その東京裁判の後遺症は今なほ癒えていないどころか、むしろ病膏肓に入るの感さへある。昨年だけを見ても、既に本会報で触れた沖縄集団自決冤罪訴訟然り。そしてあの田母神空爆長問題である。

    田母神論文は東京裁判史観に対する決然たるアンチ・テーゼを提起したものと云へる。

    さらに従来の同様の事例と違って、囂囂たる非難に対して田母神氏が謝罪も弁解もしなかった点が重要だ。右論文は村山談話の誤りを具体的に指摘し、か様な日本悪玉史観の呪縛の下では自衛隊は戦ふことが出来ず、戦はざる国民は他国の支配に隷従する他ないと喝破し、日本には輝かしい歴史があると論結する。マグマの如く沸々と煮えたぎっていたものが、遂に地殻を破って噴出したと云ふべきか。

    しかし、あの孤立無援、四面楚歌、とも言えた、田母神航空幕僚長を救い、以後の活動の場をもたらしたのは、チャンネル・桜、水島社長、雑誌、「WILL」、花田編集長のお二人と私は思っています。

    以後、求めに応じて、全国を演説して回り、多くの国民の共感を得て、休む閑も無い毎日です。。
    革新の巣と言われる、広島でも、北海道でも、沖縄でも、会場満員の国民が詰め掛けました。

    昨日も、田母神・前航空幕僚長は、今日、北海道の留萌から帰京してこちらへ来た、と話しておられました。
    北海道日本海沿岸の小さな都市、留萌でも会場満員の人が集まり、熱心に耳むを傾けたのは間違いありません。
    東奔西走、ならぬ、南奔北走の体です。

    星陵会館での話の内容はいつものように、「私は正直な善人です。しかし私の両親は泥棒で、祖父母も悪党でした」、と言うような人間を誰が信用する」、と語っていましたが、特に私に面白かったのは、田母神さんのいつものさりげないユーモアで語った次の言葉でした。

    「私が防衛庁を辞めさせられたときは、『お前の先のことなど、金輪際面倒見ないぞ!』、と言われたが、最近になって、「いくつか良い口がありますが、就職しませんか」、と言う話がきたので、「就職する気はありません。結構です」、と断った、と話しておられました。

    あれだけ酷い仕打ちをしておきながら、今更どの面下げてそんなことをヌカす、と彼らの損得勘定しかない、モラル、節操のなさ、根性に呆れるとともに、哂えてきました。

    自民・民主、その他の政治家や、叩きまくった築地・チョーニチたちにとっては、袋叩きにして、葬り去ったと思った、田母神航空幕僚長があの事件以来、まったく逆に、元気に全国を行脚して、我が国の防衛体制の実体、欠陥、を語っております。田母神氏にこれ以上しゃべって歩かれたのではまずいし、また連中の好きな、戦前の日本悪者論が破綻しかねず、そこで他の防衛庁退職幹部のように、○○重工とか、▽▽造船、□□製作所とかに就職させて、今後防衛体制や国に対する批判をして歩かぬよう、口封じを考えたのでしょうが、考えること、やることがあまりにもお粗末です。

    NHKや民放テレビで、チョーニチ、新報、タイムスでは絶対に得られない、情報を提供させていただきました。

    • 七子 のコメント:

      町工場の親方さま
      田母神閣下が書かれた論文の内容はネット上で近代史を学び直してしまった者にとっては、これのどこが辞めなきゃいけない理由?という内容ですね。逆に言えば、ここ二、三年で目覚めた人達が凄い勢いで増えたということです。

      教科書からも従軍慰安婦と強制連行の記述が削除されるようです。日本はまだ黎明期とは言え徐々に変わりつつあります。

      教科書から「従軍慰安婦」記述削除、韓国が反発
      2015年01月09日 22時41分
       【ソウル=吉田敏行】文部科学省が「数研出版」(東京都)の高校教科書から「従軍慰安婦」と「強制連行」が含まれる記述を削除する申請を認めたことについて、韓国外交省は9日、「国際社会の要求に対して正面から挑戦する行為だ」などと反発する声明を発表した。
      http://www.yomiuri.co.jp/world/20150109-OYT1T50135.html

      狼魔人さんのブログ、毎日見てます。お陰で沖縄の実態、実情が見えるようになってきて関心が持てるようになりました。日本全国何処にでも巣食うサヨクは皆、日本を貶め破壊を企んでいますが沖縄サヨクはまさに沖縄自滅の道に導こうとしていますね。政府の対応は正しいと思います。

      では、失礼致します。

  5. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    小坪市議、石井様
    中山(ご夫婦)議員の時もすごく行きたくて、今回は田母神様と言う事で前回同様に行きたい気持ちでいっぱいです。
    しかし都合がつきません…会に関わる皆様、どうか反日に気をつけつつ成功をお祈りしています。
    そしてまた、地球の癌がなんかやらかしてます

    ミャンマーで中国人による大規模な森林違法伐採が横行、軍の摘発で大量逮捕―米メディア
    Record China [1/10 09:10]
    米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、ミャンマーで森林違法伐採の中国人数十名が逮捕された。

    ミャンマー軍
    外国人112人、ミャンマー人20人を違法伐採容疑で逮捕

    伐採用の重機436両
    原木や興奮剤
    アヘン
    人民元

    を積んだトラック14両の押収も発表
    逮捕された外国人のほとんどは中国人

    カチン州南部
    中国人が地方政府や武装勢力に賄賂を贈り許可証を獲得
    大規模な木材伐採を行っている

    ミャンマー軍の発表
    押収物の中にカチンの武装勢力による伐採許可証も含まれていた

  6. 綱吉 のコメント:

    250名以上集まっても入れますか?
    福岡まで行って入れなかったら立ち直れないので。

    • 小坪しんや のコメント:

      綱吉様

      コメントありがとうございます。
      入力して頂いたメールアドレスより返信させて頂いております。
      (ご覧ください。)

      必要でしたら、石井より連絡させたく思います。
      つきましては本件、石井に伝達させて頂きたく思うのですが、いかがでしょうか?
      よろしくご検討ください。

      (個人情報を含む返信になるかと思いますので、メールにて返信をお待ちしております。)

  7. ごろう のコメント:

    反日左翼は沖縄が圧政下にあるような印象操作を長年やってきましたが、
    チベットやウイグルなどのほんとうの悪質な圧制については完全無視してきました。
    中国共産党という共産主義政権を美化してきたからです。
    ほんとうにインチキな自称リベラリストどもの無残なダブルスタンダードを
    日本人みんなで暴露すべきです。
    それをえぐりだすということについてはチベットやウィグルの人々が
    真の自由を得ると同時に日本人の精神的独立のためにも重大なことです。
    反核信仰の反日左翼は、なぜ過去のおそろしいほどの中国によるウィグル地区での
    核実験に抗議しなかったのか。おそろしいほど反日左翼は脳みそが狂ってます。
    1949年 中国がウイグルを侵略
    1950年~ 文化大革命で大粛清・民族浄化及び餓死で3000万人以上が死亡
    1950年 中国が朝鮮戦争に参戦
    1951年 中国がチベットに侵略し現地民数百万人を虐殺

    中国の核実験
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93
    ウイグル人医師アニワルは、「中国では被曝者が団体を作ることも抗議デモを
    することも許されないし、国家から治療費も出ない。
    中国政府は『核汚染はない』と公言し、被害状況を隠蔽しているので、
    海外の援助支援団体も入れない。原爆症患者が30年以上も放置されたままなのだ
    ~~~~~~
    反日左翼はせっせと欧米の核実験には抗議したが、中国のこのような横暴には
    ほとんど抗議です。
    反日で中国と連携するために中国を怒らせては連携し共闘できない。
    それでなにもかも中国の暗黒面も隠蔽したのです。

  8. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生、こんばんは。
    「田母神戦争大学」読んだら、とても面白かったです。防空識別圏と管轄権の違いなど、それまで知らなかったことをたくさん学ばせて頂きました。軍事(抑止力)というのは非常に奥深い分野なわけで、能力のある若い人はどんどん関心を持って勉強したらよいと思います。また石井義哲氏が、社会で軍事学を提供する場面があってもいい、と仰っていますが、社会人向けの軍事学講座のようなものがあれば、「戦争を避けるために日本がすべきこと」についてより広く理解されるでしょう。

    福岡で有望な若手が大勢育っているとお聞きし、嬉しいです。私も父の実家が福岡なので、親しみを感じております。祖父は軍事教練の教師でしたが、戦争の話はあまりしませんでしたね。でも、早朝の神社参拝など、神様を大事にしていたことを思い出します。水天宮のお祭りにもよく連れて行ってくれた優しい祖父です。戦後は筑後川の治水の陳情に力を注いでいたようです。私は現在他県に住んでいるので、遠くから応援しています。

  9. 山家雄三郎 のコメント:

     田母神先生におかれては、ご健康に留意され、ますますのご活躍を祈念いたします。
    支援される関係各位に対し、感謝申し上げます。
    ここ関西でも講演会があれば参加したいと思います。
    よろしくお願いいたします。
    以上

  10. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    悪質斡旋業者、悪徳日本語学校、なんとかならないものですかね…日本の治安を悪化させてる立派な一因な気がします
    てか、日本政府がこの実態知らないわけないのでは??

    「留学生30万人」計画で日本の治安が悪くなる! 出井康博(ジャーナリスト)――急増するベトナム人留学生の実態を追う〈週刊新潮〉
    BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり [1/13 11:21]
    ジャーナリストの出井康博氏
    ベトナム人留学生の実態を追った。

    オックさんは14年7月、日本語学校の留学生として来日
    実家は農家で、月収は日本円で2万円程度。
    彼女を日本に留学させるため、父親は田畑を担保に140万円もの借金
    内訳は
    日本語学校に支払う初年度の学費が約70万円
    半年分の寮費に18万円
    留学の斡旋業者に30万円
    など

    斡旋業者からは
    「日本に留学すれば、アルバイトで月20万円は簡単に稼げる」
    と聞かされていた。

    03年に達成された
    「外国人留学生10万人計画」
    をバージョンアップさせて、
    08年に自民党・福田(康夫)政権
    のもとで作られ、
    今の安倍政権へと引き継がれた。
    中国人留学生の減少によって、大きな打撃を受けたのが
    日本語学校

    30万人計画実現のため、
    途上国出身者であろうと留学ビザ取得は簡単

    ユニクロと同様、日本での盗品がベトナムヘと運ばれるケースも多い。
    化粧品の製造も、ベトナム人留学生が担っている
    ベトナム人が日本で「盗品用」の製品を作り、それをベトナム人がベトナムに運ぶ……。

    留学生のアルバイトは、法律で「週28時間」以内までと定められている。

    学生不足に悩む専門学校が
    「偽装留学生」の受け入れで生き残りを図っている

    一体、誰が窃盗団を形成しているのか
    「日本には(1970年代後半から)難民としてやってきたベトナム人のコミュニティがあります。
    そのなかに悪い人(首謀者)がいて、(職場や学校から失踪した)元実習生や元留学生が加わっているんです」
    窃盗団は新たに来日した留学生に声をかけ、「実動部隊」として利用

    外国人留学生事情に詳しい坂内(ばんない)正・ミンダナオ国際大学客員教授が言う。

    「大学などと比べ日本語学校は比較的簡単に設立でき、規制も緩い。30万人計画のもとで、金儲けの学校がどんどんつくられる。
    斡旋業者と組み、
    留学生1人につき、学費や寮費、アルバイト紹介などで年100万円程度の収入を得ている学校も、なかにはある」

    政府がやるべきなのは、
    留学ビザの審査を厳しくすること
    そうすれば悪質な斡旋業者は潰れ
    ベトナム人留学生で食いつないでいる日本語学校も淘汰されていく

    ベトナムを必死に悪者にしようとしてますが、ベトナムだけじゃないですからね

  11. ピンバック: 【支援のお願い】石井ひでとし(福岡市・東区) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  12. ピンバック: 九州唯一!次世代の党公認の予定候補者! - 保守つべ

  13. ピンバック: 九州唯一!次世代の党公認の予定候補者!2015-1.25|koe政治動画

  14. ピンバック: 【田母神節】⑥公明党 - 連立与党の障害 - 保守つべ

  15. ピンバック: 【田母神節】③国際社会を生き抜くには - 保守つべ

  16. ピンバック: 【ISIL問題に思う。】外務官僚・中山恭子(2月21日、来福) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です